"太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20JN040)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Photovoltaic (PV) glass integrates solar cells to convert solar energy into electricity. The solar cells are fixed between two glass panes with a filling of special resin. These resins securely wrap solar cells from all sides. Each cell is connected with two electrical connections and is attached to other cells to form a module.

Supportive government regulations toward installation of solar PV plants drives the demand for solar PV glasses. In addition, growth in demand for solar systems in residential, commercial, and utility-scale boosts the growth of the solar PV glass market. However, high cost involved in installation, storage, and purchase of solar devices is expected to hamper the growth of the market. The global solar PV glass market is yet to explore its full potential. The rise in demand for renewable energy is expected to offer growth opportunities to the market. The market is also driven by domestic content laws and rise in photovoltaic panel installation projects, owing to expiration of federal investment tax credit (ITC).

The global solar PV glass market is segmented on the basis of type, end-use industry, and region. By type, it is classified into anti-reflective coated glass, tempered glass, TCO glass, and others. By end-use industry, the market is divided into residential, commercial, and utility-scale. Region wise, it is segmented into North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

The key players involved in the global solar PV glass market are Suntech Power Holding Co. Ltd, Sun Power Corporation, First Solar Inc, Yingli Green Energy Holding Co. Ltd, Canadian Solar Inc, Schott Solar Ag, Sharp Corporation, Solar World Ag, Jinko Solar Holding Company Ltd, and Trina Solar Ltd. To stay competitive, these market players are adopting different strategies such as product launch, partnership, mergers, and acquisitions. These key strategies are enabling the market players to sustain the intensive competition. For instance, SunPower Corp. launched its SunPower X-Series Solar Panels (X-Series) for the residential market. The company’s X-Series delivers more energy, higher reliability, and superior aesthetics than conventional solar panels. .

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• Porter’s five forces analysis helps to analyze the potential of buyers & suppliers and the competitive scenario of the industry for strategy building.
• It outlines the current trends and future scenario of the solar photovoltaic glass market from 2018 to 2026 to understand the prevailing opportunities and potential investment pockets.
• Major countries in four major regions, namely, North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA have been mapped according to their individual revenue contribution to the regional market.
• The key drivers, restraints, and Solar photovoltaic glass market opportunities and their detailed impact analysis are elucidated in the study.
• The profiles of key players along with their key strategic developments are enlisted in the report.

KEY MARKET SEGMENTS
By Type
• Anti-reflective Coated Glass
• Tempered Glass
• TCO Glass
• Others

By End-use Industry
• Residential
• Commercial
• Utility-scale

By Region
 North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
 Europe
o Germany
o France
o Spain
o Italy
o UK
o Rest of Europe
 Asia-Pacific
o China
o Japan
o South Korea
o India
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
 LAMEA
o Brazil
o Saudi Arabia
o South Africa
o Rest of LAMEA

KEY PLAYERS
• Onyx Solar Group LLC
• Shenzhen Topray Solar Co., Ltd.
• Borosil Glass Works Limited
• Trina Solar
• JA Solar Holdings Co. Ltd
• Sharp Corporation
• Brite Solar
• Wuxi Suntech Power Co. Ltd.
• Gruppo STG
• Polysolar


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings

2.1.1. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Parent/Peer Market Overview
3.3. Key Forces Shaping Solar Photovoltaic Glass Market

3.3.1. High Bargaining Power Of Suppliers
3.3.2. Moderate Bargaining Power Of Buyer
3.3.3. High Threat Of Substitutes
3.3.4. Highly Competitive Rivalry
3.3.5. High Threat Of New Entrants

3.4. Market Evolution/Industry Roadmap
3.5. Value Chain Analysis
3.6. Impact Of Government Regulations On The Global Solar Photovoltaic Glass Market
3.7. Patent Analysis

3.7.1. By Region (2012-2017)

3.8. Case Studies

3.8.1. Case Study 01

3.9. Market Dynamics

3.9.1. Drivers

3.9.1.1. Increase In Demand For Solar Photovoltaic (Pv) Glass Among Residential Applications
3.9.1.2. Supportive Government Regulations For Usage Of Photovoltaic Technology

3.9.2. Restraints

3.9.2.1. High Cost

3.9.3. Opportunity

3.9.3.1. Growing Demand For Renewable Energy

Chapter 4: Solar Photovoltaic Glass Market, By Type

4.1. Overview
4.2. Anti-Reflective Coated Glass

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Tempered Glass

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

4.4. Tco Glass

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Region
4.4.3. Market Analysis By Country

4.5. Others

4.5.1. Market Size And Forecast, By Region
4.5.2. Market Analysis By Country

Chapter 5: Solar Photovoltaic Glass Market, By End-Use Industry

5.1. Overview
5.2. Residential

5.2.1. Market Size And Forecast, By Region
5.2.2. Market Analysis By Country

5.3. Commercial

5.3.1. Market Size And Forecast, By Region
5.3.2. Market Analysis By Country

5.4. Utility-Scale

5.4.1. Market Size And Forecast, By Region
5.4.2. Market Analysis By Country

Chapter 6: Solar Photovoltaic Glass Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Product
6.2.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.2.4. Market Analysis By Country

6.2.4.1. Us

6.2.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.1.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.2.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.2.4.3. Mexico

6.2.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.4.3.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Product
6.3.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.3.4. Market Analysis By Country

6.3.4.1. Germany

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.1.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.3.4.2. France

6.3.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.2.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.3.4.3. Uk

6.3.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.3.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.3.4.4. Spain

6.3.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.4.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.3.4.5. Italy

6.3.4.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.5.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.3.4.6. Rest Of Europe

6.3.4.6.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.4.6.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Product
6.4.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.4.4. Market Analysis By Country

6.4.4.1. China

6.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.4.4.2. India

6.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.4.4.3. Japan

6.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.4.4.4. South Korea

6.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.4.4.5. Rest Of Asia-Pacific

6.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Product
6.5.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.5.4. Market Analysis By Country

6.5.4.1. Brazil

6.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.5.4.2. Saudi Arabia

6.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.5.4.3. South Africa

6.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

6.5.4.4. Rest Of Lamea

6.5.4.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.4.4.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction

7.1.1. Market Player Positioning, 2018

7.2. Product Mapping Of Top 10 Player
7.3. Competitive Heatmap

Chapter 8: Company Profiles:

8.1. Onyx Solar Group Llc

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments

8.2. Shenzhen Topray Solar Co., Ltd.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Portfolio

8.3. Borosil Glass Works Limited

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Product Portfolio
8.3.4. Business Performance

8.4. Trina Solar

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Operating Business Segments
8.4.4. Product Portfolio

8.5. Ja Solar Holdings Co. Ltd.

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Project/Plant Portfolio
8.5.5. Business Performance

8.6. Sharp Corporation

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Product Portfolio
8.6.5. Business Performance

8.7. Brite Solar

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Product Portfolio

8.8. Wuxi Suntech Power Co., Ltd.

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Operating Business Segments
8.8.4. Product Portfolio

8.9. Gruppostg.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Product Portfolio

8.10. Polysolar

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Product Portfolio

8.11. Other Players

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)
【発行日】2019年11月30日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20JN040
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • プラズマ切断機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラズマ切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラズマ切断機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプラズマ切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ESAB • Hypertherm• Komatsu• Messer Cutting Systems• NISSAN TANAKA等です。
  • 医薬品契約販売の世界市場2016-2026
  • 脂質異常症治療薬の世界市場:薬剤クラス別(スタチン、PCSK9阻害剤、胆汁酸封鎖剤、コレステロール吸収抑制剤、フィブリン酸誘導体、併用)、セグメント予測
    脂質異常症治療薬の世界市場は2022年には226億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率2.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、標的集団の増加や、高コレステロール血症による心血管疾患(CVD)のリスクに対する意識の高まりなどが考えられます。本調査レポートでは、脂質異常症治療薬の世界市場について調査・分析し、脂質異常症治療薬の世界市場動向、脂質異常症治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別脂質異常症治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 薬物乱用検査の世界市場予測
  • 民間航空機用健全性監視システム(AHMS)の世界市場
    当調査レポートでは、民間航空機用健全性監視システム(AHMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用健全性監視システム(AHMS)の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数駆動の世界市場
    当調査レポートでは、可変周波数駆動の世界市場について調査・分析し、可変周波数駆動の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場について調査・分析し、廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別廃棄物利用エネルギー(WTE)シェア、市場規模推移、市場規模予測、廃棄物利用エネルギー(WTE)種類別分析()、廃棄物利用エネルギー(WTE)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)の市場概観 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場規模 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のアメリカ市場規模推移 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のカナダ市場規模推移 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のメキシコ市場規模推移 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • Hadoopの世界市場2015-2022
  • ボンディングフィルムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ボンディングフィルムの世界市場について調査・分析し、ボンディングフィルムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ボンディングフィルムの世界市場:市場動向分析 - ボンディングフィルムの世界市場:競争要因分析 - ボンディングフィルムの世界市場:フィルムタイプ別 ・アクリル ・エポキシ ・ポリウタレン ・その他 - ボンディングフィルムの世界市場:技術別 ・高圧硬化 ・加熱硬化 ・その他の技術 - ボンディングフィルムの世界市場:エンドユーザー別 ・包装 ・電気・電子 ・運輸業 ・その他のエンドユーザー - ボンディングフィルムの世界市場:主要地域別分析 - ボンディングフィルムの北米市場規模(アメリカ市場等) - ボンディングフィルムのヨーロッパ市場規模 - ボンディングフィルムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ボンディングフィルムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用ベアリングの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用ベアリングの世界市場について調査・分析し、自動車用ベアリングの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用ベアリングの世界市場規模:原材料別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:チャンネルタイプ別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:車両種類別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:ベアリング種類別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:用途別分析 ・自動車用ベアリングの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 喘息治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、喘息治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、喘息治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、投与経路(ROA)別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプ塗装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプ塗装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパイプ塗装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Akzo Nobel• BASF• Celanese• LyondellBasell Industries Holdings• The Dow Chemical Company等です。
  • セラミック装甲の世界市場:材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素)、用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶)、プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間)、地域別予測
    本資料は、セラミック装甲の世界市場について調べ、セラミック装甲の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素)分析、用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶)分析、プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セラミック装甲の世界市場概要 ・セラミック装甲の世界市場環境 ・セラミック装甲の世界市場動向 ・セラミック装甲の世界市場規模 ・セラミック装甲の世界市場規模:材料別(アルミナ、SiC、セラミック-金属複合材、炭化ホウ素) ・セラミック装甲の世界市場規模:用途別(ボディアーマー、航空機、防衛、船舶) ・セラミック装甲の世界市場規模:プラットフォーム別(防衛、国土安全、民間) ・セラミック装甲の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミック装甲の北米市場規模・予測 ・セラミック装甲のアメリカ市場規模・予測 ・セラミック装甲のヨーロッパ市場規模・予測 ・セラミック …
  • 一酸化炭素警報器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一酸化炭素警報器の世界市場について調査・分析し、一酸化炭素警報器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一酸化炭素警報器シェア、市場規模推移、市場規模予測、一酸化炭素警報器種類別分析(壁面固定式一酸化炭素アラーム、ポータブル一酸化炭素アラーム)、一酸化炭素警報器用途別分析(家庭用、工業用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一酸化炭素警報器の市場概観 ・一酸化炭素警報器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一酸化炭素警報器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一酸化炭素警報器の世界市場規模 ・一酸化炭素警報器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一酸化炭素警報器のアメリカ市場規模推移 ・一酸化炭素警報器のカナダ市場規模推移 ・一酸化炭素警報器のメキシコ市場規模推移 ・一酸化炭素警報器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・一酸化炭素警報器のドイツ市場規模推移 ・一酸化炭素警報器のイギリス市場規模推移 ・一酸化炭 …
  • 組織切除の世界市場
    当調査レポートでは、組織切除の世界市場について調査・分析し、組織切除の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 組織切除の世界市場:市場動向分析 - 組織切除の世界市場:競争要因分析 - 組織切除の世界市場:種類別 ・泌尿器科 ・眼科 ・腫瘍科 ・婦人科 ・美容術 ・循環器科 - 組織切除の世界市場:用途別 ・超音波切除 ・高周波切除 ・マイクロ波切除 ・レーザー切除 ・熱水切除 ・外照射 ・凍結切除装置 - 組織切除の世界市場:主要地域別分析 - 組織切除の北米市場規模(アメリカ市場等) - 組織切除のヨーロッパ市場規模 - 組織切除のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・組織切除の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動
    MarketsandMarkets社は、自動曲げ機の世界市場規模が2019年19億ドルから2024年24億ドルまで年平均4.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動曲げ機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(自動および半自動)分析、技術別(電気、油圧、空気圧、誘導ベース)分析、用途別(チューブ/パイプ、金属板、バー)分析、自動曲げ機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水素化リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の水素化リチウム市場2016について調査・分析し、水素化リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用ラックの世界市場:チューブラック、ボトルラック
    当調査レポートでは、実験室用ラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用ラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 診断用試験紙の世界市場2017-2021:ラテラルフローアッセイ・キット、オイルゲージ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、診断用試験紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用試験紙の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は診断用試験紙の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alere、Bio-Rad Laboratories、Siemens Healthcare等です。
  • 胃潰瘍(Gastric Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の概要 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 自転車用日中点灯用ライト(DRL)の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、自転車用日中点灯用ライト(DRL)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自転車用日中点灯用ライト(DRL)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • MEPサービスの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、MEPサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEPサービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)、最終用途別(家庭用、商用)、流通経路別(オンライン、オフライン)
    本調査レポートでは、ストレートヘアアイロンの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)分析、最終用途別(家庭用、商用)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:最終用途別(家庭用、商用) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界の塩素酸カリウム(99.8%)市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩素酸カリウム(99.8%)市場2016について調査・分析し、塩素酸カリウム(99.8%)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属射出成形の世界市場:材料タイプ別(ステンレス鋼、低合金鋼、軟磁性鋼材)、最終用途産業別、地域別予測
    本資料は、金属射出成形の世界市場について調べ、金属射出成形の世界規模、市場動向、市場環境、材料タイプ別(ステンレス鋼、低合金鋼、軟磁性鋼材)分析、最終用途産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・金属射出成形の世界市場概要 ・金属射出成形の世界市場環境 ・金属射出成形の世界市場動向 ・金属射出成形の世界市場規模 ・金属射出成形の世界市場規模:材料タイプ別(ステンレス鋼、低合金鋼、軟磁性鋼材) ・金属射出成形の世界市場規模:最終用途産業別 ・金属射出成形の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属射出成形の北米市場規模・予測 ・金属射出成形のアメリカ市場規模・予測 ・金属射出成形のヨーロッパ市場規模・予測 ・金属射出成形のアジア市場規模・予測 ・金属射出成形の日本市場規模・予測 ・金属射出成形の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • ファイバーレーザーの世界市場2020-2024
    「ファイバーレーザーの世界市場2020-2024」は、ファイバーレーザーについて市場概要、市場規模、用途別(材料加工、高度な応用、ヘルスケア、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ファイバーレーザーの世界市場:用途別(材料加工、高度な応用、ヘルスケア、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • A型肝炎(Hepatitis A):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるA型肝炎(Hepatitis A)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、A型肝炎(Hepatitis A)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・A型肝炎(Hepatitis A)の概要 ・A型肝炎(Hepatitis A)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のA型肝炎(Hepatitis A)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・A型肝炎(Hepatitis A)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・A …
  • LED交通標識及び信号の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LED交通標識及び信号の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED交通標識及び信号の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はLED交通標識及び信号の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• SWARCO• Federal Signal• Econolite Group等です。
  • バイオマーカー の世界市場:類型別(安全性、効能、バリデーション)、用途別(診断、薬物開発、個別化医療)、疾患別    
    本調査レポートでは、 バイオマーカー の世界市場について調査・分析し、 バイオマーカー の世界市場動向、 バイオマーカー の世界市場規模、市場予測、セグメント別 バイオマーカー 市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ビデオ監視およびVSaaSの世界市場
    当調査レポートでは、ビデオ監視およびVSaaSの世界市場について調査・分析し、ビデオ監視およびVSaaSの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 耕作用機器の世界市場:種類別(プラウ、耕うん機、ディスクハロー、ハロー、その他)、製品別(ガス動力、電力、その他)、地域別予測
    本資料は、耕作用機器の世界市場について調べ、耕作用機器の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プラウ、耕うん機、ディスクハロー、ハロー、その他)分析、製品別(ガス動力、電力、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAGCO、John Deere、CASH IH、New Holland 、Alamo group Inc.、Oliver Farm Equipment Company、Autotech International LLC、Bare-Co USA、Northstar Attachments LLC、Weak-Tec Inc. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・耕作用機器の世界市場概要 ・耕作用機器の世界市場環境 ・耕作用機器の世界市場動向 ・耕作用機器の世界市場規模 ・耕作用機器の世界市場規模:種類別(プラウ、耕うん機、ディスクハロー、ハロー、その他) ・耕作用機器の世界市場規模:製品別(ガス動力、電力、その他) ・耕作用機器の …
  • 日本の防衛市場予測
  • タンパク質発現の世界市場分析:発現システム別(原核細胞、哺乳動物細胞)、製品別(試薬、コンピテントセル)、用途別(治療、工業用)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、タンパク質発現の世界市場について調査・分析し、タンパク質発現の世界市場動向、タンパク質発現の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質発現市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 甲状腺機能検査の世界市場2017-2021:TSH検査、FT3検査、FT4検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、甲状腺機能検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、甲状腺機能検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は甲状腺機能検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott、bioMérieux、Danaher、DiaSorin、Siemens Healthineers等です。
  • 世界の額温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の額温度計市場2015について調査・分析し、額温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港用スタンド装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、空港用スタンド装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港用スタンド装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療用カートリッジの世界市場:材質別(ガラス、プラスチック)、セグメント予測
    医療用カートリッジの世界市場は2026年には18億3,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、包装業界で医薬用カートリッジを使用することの利点についての意識の高まりが考えられます。利点として、正確で安全な薬物送達、耐久性に優れた包装、残留薬物の低減などを実現します。関節炎、糖尿病、および口腔疾患といった慢性疾患の増加や薬物の長期保存に対する高い需要もまた、市場の成長に寄与することが予想されます。本調査レポートでは、医療用カートリッジの世界市場について調査・分析し、医療用カートリッジの世界市場動向、医療用カートリッジの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カートリッジ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 銅鉱業の世界市場(~2020)
  • スーパーフルーツジュースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スーパーフルーツジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、スーパーフルーツジュースの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルバッジの世界市場:種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:種類別 ・デジタルバッジの世界市場規模:用途別 ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 抗てんかん薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、抗てんかん薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗てんかん薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、てんかん発作別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工スナックの世界市場:押出スナック、トルティーヤ・チップス、ポーク・スクラッチング
    当調査レポートでは、加工スナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加工スナックの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 傾斜計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、傾斜計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、傾斜計の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩素化塩化ビニル樹脂(CPVC)市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩素化塩化ビニル樹脂(CPVC)市場2016について調査・分析し、塩素化塩化ビニル樹脂(CPVC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グリオブラストーマ(膠芽腫)治療薬の世界市場機会分析・予測
    当調査レポートでは、グリオブラストーマ(膠芽腫)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・グリオブラストーマ(膠芽腫)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・グリオブラストーマ(膠芽腫)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 心臓血管トレーニング器具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心臓血管トレーニング器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓血管トレーニング器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子産業向け化学品・材料の世界市場:ウェハー、雰囲気ガス・特殊ガス、補助化学品、光レジスト化学品、化学機械研磨(CMP)スラリー、湿式処理用化学品
    当調査レポートでは、電子産業向け化学品・材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子産業向け化学品・材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用飼料添加物の世界市場分析:製品別(酸化防止剤、アミノ酸、酵素(フィターゼ、非澱粉多糖)、酸性化剤、家畜(豚肉/豚、鶏、牛、養殖漁業)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、動物用飼料添加物の世界市場について調査・分析し、動物用飼料添加物の世界市場動向、動物用飼料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別動物用飼料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"