"ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20JN042)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Emulsion can be described as an emulsion process that consists of at least one immiscible liquid dispersed in another liquid in the form of droplets, whose diameter exceeds 0.1 μm. Earlier emulsions were used in pharmaceutical and animal nutrition industries; however, their use in the food industry has grown noticeably in the past decade. Emulsion in the food is processed to make changes in its organoleptic and physicochemical characteristics such as texture, appearance, taste, flavor, and shelf life. A few major types of emulsion techniques used in the production of emulsifiers or to activate the emulsion process in foods include macroemulsion, nanoemulsion and multiple emulsion.
Nanoemulsions are known as particles having structures of 20–200 nm droplet diameter. They are superior to conventional emulsions, owing to the fact that they have a transparent, semi-translucent appearance; comparatively smaller droplet size; and most are stable against sedimentation & creaming. In addition, they tend to increase bioavailability. Moreover, as nanoemulsions provide a wide surface area, they cause the active components in the food to be penetrated rapidly. Unlike thermodynamically stable microemulsions, nanoemulsions are unstable systems, which might be exposed to environmental degradation. Thus, high-energy methods are required to process nanoemulsions.
Three types of nanoemulsions includes small-molecule surfactant, protein-stabilized emulsions, and polysaccharide. Depending upon the size and type, nanoemulsions can be used in various industries such as cosmetics, food & beverage, and pharmaceutical industries. Small-molecule surfactants lie between the size of 0–100 nm. Polysorbate 80 and Polysorbate 20 are the most commonly used surfactants in food industry. The size range of protein-stabilized emulsions is between 100 nm and 400 nm. Whey protein isolates, lactoferrin, and sodium caseinate are the most commonly used emulsions. The size of polysaccharides lies between 400 nm and 1,000 nm. Most commonly used polysaccharides are gum arabic, pectin, and octenyl succinic anhydride starch.
Nanoemulsions are majorly used in food applications to encapsulate various aromas, certain bioactive compounds, or sensitive food compounds, and to produce low-fat products. Moreover, they are able to encapsulate a diverse range of lipophilic compounds, including bioactive lipids, flavors, antimicrobials, antioxidants, and drugs, thus increasing their bioactivity, desirability, and palatability. Furthermore, they find their application in bakery, dairy, and beverages industries.
Increase in popularity of nanoemulsions in the food industry, due to their stability, optical transparency, and diffusion characteristics fuels the market growth. They are widely used for flavor encapsulation, food preservation, food safety, and to maintain food quality, which further boosts their need in the food industry. The process of nanoemulsifying a food item takes incurs high cost. Hence, lowering the cost of the technique will be accepted widely by the local manufacturers. Nanoemulsions have potential advantages over conventional emulsions such as their improved bioavailability and physical stability. However, there are a number of regulatory aspects that should be overcome to for wide applicability of nanoemulsions. From availability of conventional emulsifiers in the market for long period to high cost of processing nanoemulsifiers being high, the factor of cost poses a potential threat to the market in developing as well as underdeveloped countries.
The global nanoemulsion market is segmented into type, application, and region. Depending on type, the market is classified into small-molecule surfactant, protein-stabilized emulsion, and polysaccharide. The applications covered in the study are beverage, dairy, and bakery. Region wise, the market is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
Major players operating in the global nanoemulsion market are AQUANOVA AG, Keystone Foods, Shemen Industries Ltd., Frutarom Group, Jamba, WILD Flavors and Specialty Ingredients, Unilever Group, Nestle S.A., DuPont, and the Kraft Heinz Company

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This report provides a quantitative analysis of the current trends, estimations, and dynamics of the global nanoemulsion market from 2018 to 2026 to identify the prevailing market opportunities.
• Porter’s five forces analysis highlights the potency of the buyers and suppliers to enable stakeholders to make profit-oriented business decisions and strengthen their supplier–buyer network.
• In-depth analysis of the market segmentation assists to determine the prevailing market opportunities.
• Major countries in each region are mapped according to their revenue contribution to the global industry.
• The market player positioning segment facilitates benchmarking while providing a clear understanding of the present position of the key market players.
• The report includes analyses of the regional as well as global market, key players, market segments, application areas, and growth strategies.

KEY MARKET SEGMENTS
 By Type
 Small-molecule Surfactant
 Protein-stabilized Emulsions
 Polysaccharide

 By Application
 Beverage
 Dairy
 Bakery

 By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 France
 Netherlands
 Germany
 Turkey
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 South Korea
 Australia
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Brazil
 Saudi Arabia
 South Africa
 Rest of LAMEA


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Key Benefits For Stakeholders
1.2. Key Market Segments
1.3. Research Methodology

1.3.1. Secondary Research
1.3.2. Primary Research
1.3.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Market Overview

2.1. Market Definition And Scope
2.2. Parent/Peer Market Overview
2.3. Key Findings

2.3.1. Top Investment Pockets

2.4. Porter’S Five Force Analysis

2.4.1. Bargaining Power Of Suppliers
2.4.2. Bargaining Power Of Buyers
2.4.3. Threat Of New Entrants
2.4.4. Threat Of Substitution
2.4.5. Intensity Of Competitive Rivalry

2.5. Market Evolution/Industry Roadmap
2.6. Market Dynamics

2.6.1. Drivers

2.6.1.1. Growing Use Of Nanoemulsion In Food & Beverages Industry
2.6.1.2. Rising Trend Of Nanostructured Food Ingredients And Additive In Food & Beverages

2.6.2. Restraints

2.6.2.1. Higher Cost Of Nanoemulsion Technology

2.6.3. Opportunities

2.6.3.1. Nano Technology Enduring Its Trend In Various Industry

Chapter 3: Nanoemulsion Market, By Type

3.1. Overview

3.1.1. Market Size And Forecast

3.2. Small-Molecule Surfactant

3.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
3.2.2. Market Size And Forecast
3.2.3. Market Analysis By Region

3.3. Protein-Stabilized Emulsions

3.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
3.3.2. Market Size And Forecast
3.3.3. Market Analysis By Region

3.4. Polysaccharide

3.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
3.4.2. Market Size And Forecast, By Region
3.4.3. Market Analysis By Region

Chapter 4: Nanoemulsion Market, By Application Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Beverages

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast
4.2.3. Market Analysis By Region

4.3. Dairy

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast
4.3.3. Market Analysis By Region

4.4. Bakery

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast
4.4.3. Market Analysis By Region

Chapter 5: Nanoemulsion Market, By Region

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast, By Region

5.2. North America

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast By Type
5.2.3. Market Size And Forecast By Application Type
5.2.4. Market Size And Forecast By Country

5.3. U.S.

5.3.1. Market Size And Forecast, By Type
5.3.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.4. Canada

5.4.1. Market Size And Forecast, By Type
5.4.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.5. Mexico

5.5.1. Market Size And Forecast, By Type
5.5.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.6. Europe

5.6.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.6.2. Market Size And Forecast By Type
5.6.3. Market Size And Forecast By Application Type
5.6.4. Market Size And Forecast By Country

5.7. Uk

5.7.1. Market Size And Forecast, By Type
5.7.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.8. France

5.8.1. Market Size And Forecast, By Type
5.8.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.9. Netherlands

5.9.1. Market Size And Forecast, By Type
5.9.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.10. Germany

5.10.1. Market Size And Forecast, By Type
5.10.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.11. Turkey

5.11.1. Market Size And Forecast, By Type
5.11.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.12. Rest Of Europe

5.12.1. Market Size And Forecast, By Type
5.12.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.13. Asia-Pacific

5.13.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.13.2. Market Size And Forecast By Type
5.13.3. Market Size And Forecast By Application Type
5.13.4. Market Size And Forecast By Country

5.14. China

5.14.1. Market Size And Forecast, By Type
5.14.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.15. Japan

5.15.1. Market Size And Forecast, By Type
5.15.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.16. India

5.16.1. Market Size And Forecast, By Type
5.16.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.17. South Korea

5.17.1. Market Size And Forecast, By Type
5.17.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.18. Australia

5.18.1. Market Size And Forecast, By Type
5.18.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.19. Rest Of Asia-Pacific

5.19.1. Market Size And Forecast, By Type
5.19.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.20. Lamea

5.20.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.20.2. Market Size And Forecast By Type
5.20.3. Market Size And Forecast By Application Type
5.20.4. Market Size And Forecast By Country

5.21. Brazil

5.21.1. Market Size And Forecast, By Type
5.21.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.22. South Africa

5.22.1. Market Size And Forecast, By Type
5.22.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.23. United Arab Emirates

5.23.1. Market Size And Forecast, By Type
5.23.2. Market Size And Forecast, By Application Type

5.24. Rest Of Lamea

5.24.1. Market Size And Forecast, By Type
5.24.2. Market Size And Forecast, By Application Type

Chapter 6: Competitive Landscape

6.1. Market Player Positioning, 2018
6.2. Competitive Dashboard
6.3. Competitive Heatmap

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Aquanova Ag

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Key Executive
7.1.3. Company Snapshot
7.1.4. Product Portfolio

7.2. Dupont Nutrition & Biosciences

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Key Executives
7.2.3. Company Snapshot
7.2.4. Product Portfolio
7.2.5. R&D Expenditure
7.2.6. Business Performance

7.3. Frutarom Industries Ltd.

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Key Executives
7.3.3. Company Snapshot
7.3.4. Operating Business Segments
7.3.5. Product Portfolio
7.3.6. R&D Expenditure
7.3.7. Business Performance

7.4. Jamba

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Key Executives
7.4.3. Company Snapshot
7.4.4. Product Portfolio

7.5. Keystone Foods

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Key Executives
7.5.3. Company Snapshot
7.5.4. Product Portfolio
7.5.5. Business Performance

7.6. Nestle S A

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Key Executive
7.6.3. Company Snapshot
7.6.4. Operating Business Segments
7.6.5. Product Portfolio
7.6.6. Business Performance

7.7. Shemen Industries Ltd.

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Key Executives
7.7.3. Company Snapshot
7.7.4. Product Portfolio
7.7.5. Business Performance

7.8. The Kraft Heinz Company (Heinz)

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Key Executives
7.8.3. Company Snapshot
7.8.4. Product Portfolio
7.8.5. R&D Expenditure
7.8.6. Business Performance

7.9. Unilever Group

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Key Executive
7.9.3. Company Snapshot
7.9.4. Operating Business Segments
7.9.5. Product Portfolio
7.9.6. R&D Expenditure
7.9.7. Business Performance

7.10. Wild Flavors And Specialty Ingredients

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Key Executive
7.10.3. Company Snapshot
7.10.4. Operating Business Segments
7.10.5. Product Portfolio
7.10.6. R&D Expenditure
7.10.7. Business Performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)
【発行日】2019年11月30日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20JN042
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のクレーン市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界のクレーン市場について調査・分析し、世界のクレーン市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ブースターコンプレッサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ブースターコンプレッサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、冷却タイプ(空気、水)別分析、種類別分析、圧力別分析、需要先(産業)別分析、ブースターコンプレッサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの麻酔器市場動向(~2021)
  • 高度道路交通システム(ITS)の世界市場
    当調査レポートでは、高度道路交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:構成品別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)のアメリカ市場規模予測 ・高度道路交通システム(ITS)のヨーロッパ市場規模予測 ・高度道路交通システム(ITS)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 建築・建設用アルミニウムの世界市場:アルミニウム押出製品、アルミニウムRFP、アルミニウム鋳物、アルミニウム粉末
    当調査レポートでは、建築・建設用アルミニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築・建設用アルミニウムの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場:用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置)、地域別予測
    本資料は、高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場について調べ、高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場概要 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場環境 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場動向 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場規模 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場規模:用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置) ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の北米市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のアメリカ市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のヨーロッパ市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のアジア市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDP …
  • 世界のプロクロラズ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロクロラズ市場2015について調査・分析し、プロクロラズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット溶接の世界市場:タイプ別(アーク溶接、スポット溶接)、ペイロード別(50Kg未満、50~150Kg、150Kg超)、エンドユーザー別(自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛)、地域別予測
    本資料は、ロボット溶接の世界市場について調べ、ロボット溶接の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(アーク溶接、スポット溶接)分析、ペイロード別(50Kg未満、50~150Kg、150Kg超)分析、エンドユーザー別(自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ロボット溶接の世界市場概要 ・ロボット溶接の世界市場環境 ・ロボット溶接の世界市場動向 ・ロボット溶接の世界市場規模 ・ロボット溶接の世界市場規模:タイプ別(アーク溶接、スポット溶接) ・ロボット溶接の世界市場規模:ペイロード別(50Kg未満、50~150Kg、150Kg超) ・ロボット溶接の世界市場規模:エンドユーザー別(自動車・輸送、金属・機械、電気・電子、航空宇宙・防衛) ・ロボット溶接の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ロボット溶接の北米市場規模・予測 ・ロボット溶接のアメリカ市場規模・予測 ・ロボット溶接のヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 世界の偵察用カメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界の偵察用カメラ市場2015について調査・分析し、偵察用カメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の吸入器開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、吸入器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・吸入器の概要 ・吸入器の開発動向:開発段階別分析 ・吸入器の開発動向:セグメント別分析 ・吸入器の開発動向:領域別分析 ・吸入器の開発動向:規制Path別分析 ・吸入器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別吸入器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・吸入器の最近動向
  • アジア太平洋のスマートホームM2M市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のスマートホームM2M市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のスマートホームM2M市場規模及び予測、主要地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の据置型ガス発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国の据置型ガス発電機市場2015について調査・分析し、据置型ガス発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場予測2019-2024
    「2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、HPA≥95.0%、HPA≥97.0%、HPA≥98.0%、その他など、用途別には、Coatings & Paints、Adhesives、Resins & Rubbers、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場概要(サマリー) ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の企業別販売量・売上 ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の企業別市場シェア ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場規模:種類別(HPA≥95.0%、HPA≥97.0%、HPA≥98.0%、その他) ・2-ヒドロキシプロピルアクリレート (HPA)の世界市場規模:用途別(C …
  • 世界の金属顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属顕微鏡市場2015について調査・分析し、金属顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 銀ろう・金ろう(ろう付け材料)の世界市場
    当調査レポートでは、銀ろう・金ろう(ろう付け材料)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、銀ろう・金ろう(ろう付け材料)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アパレル業界向け物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アパレル業界向け物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アパレル業界向け物流市場規模、サービス種類別(輸送、倉庫業・流通)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アパレル業界向け物流の世界市場概要 ・アパレル業界向け物流の世界市場環境 ・アパレル業界向け物流の世界市場動向 ・アパレル業界向け物流の世界市場規模 ・アパレル業界向け物流の世界市場:業界構造分析 ・アパレル業界向け物流の世界市場:サービス種類別(輸送、倉庫業・流通) ・アパレル業界向け物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アパレル業界向け物流のアメリカ市場規模・予測 ・アパレル業界向け物流のヨーロッパ市場規模・予測 ・アパレル業界向け物流のアジア市場規模・予測 ・アパレル業界向け物流の主要国分析 ・アパレル業界向け物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・アパレル業界向け物流の世界市場:成長要因、課題 ・アパレル業界向け物流の世界市場:競争環境 …
  • 甲状腺疾患治療の世界市場
    当調査レポートでは、甲状腺疾患治療の世界市場について調査・分析し、甲状腺疾患治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 便槽の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、便槽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、便槽の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場2017-2021:オルソフタル酸系樹脂、イソフタル酸系樹脂、DCPD
    当調査レポートでは、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用乳化剤の世界市場予測2022:モノグリセリド、ジグリセリド、レシチン、ソルビタンエステル、ステアロイルラクチラート塩、ポリグリセロールエステル
    当調査レポートでは、食品用乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、食品用乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エアリフトジャックの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用エアリフトジャックの世界市場について調べ、自動車用エアリフトジャックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用エアリフトジャックの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(個人顧客、プロ顧客)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用エアリフトジャックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均26%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用エアリフトジャックの市場状況 ・自動車用エアリフトジャックの市場規模 ・自動車用エアリフトジャックの市場予測 ・自動車用エアリフトジャックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(個人顧客、プロ顧客) ・自動車用エアリフトジャックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 石油増進回収法(EOR)の世界市場
    当調査レポートでは、石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油増進回収法(EOR)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自己免疫疾患診断の世界市場
    当調査レポートでは、自己免疫疾患診断の世界市場について調査・分析し、自己免疫疾患診断の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 在宅ニキビ光線療法装置の世界市場予測2019-2024
    「在宅ニキビ光線療法装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Male、Femaleなどに区分してまとめた調査レポートです。在宅ニキビ光線療法装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・在宅ニキビ光線療法装置の世界市場概要(サマリー) ・在宅ニキビ光線療法装置の企業別販売量・売上 ・在宅ニキビ光線療法装置の企業別市場シェア ・在宅ニキビ光線療法装置の世界市場規模:種類別(光力学、レーザー、無線周波数、その他) ・在宅ニキビ光線療法装置の世界市場規模:用途別(Male、Female) ・在宅ニキビ光線療法装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・在宅ニキビ光線療法装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・在宅ニキビ光線療法装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・在宅ニキビ光線療法装置の中東・ …
  • 業務用包丁の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、業務用包丁の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用包丁市場規模、製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用包丁の世界市場概要 ・業務用包丁の世界市場環境 ・業務用包丁の世界市場動向 ・業務用包丁の世界市場規模 ・業務用包丁の世界市場:業界構造分析 ・業務用包丁の世界市場:製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他) ・業務用包丁の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用包丁の北米市場規模・予測 ・業務用包丁のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・業務用包丁のアジア太平洋市場規模・予測 ・業務用包丁の主要国分析 ・業務用包丁の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用包丁の世界市場:成長要因、課題 ・業務用包丁の世界市場:競争環境 ・業務用包丁の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 血液透析装置の世界市場:製品別(シングルポンプ、ダブルポンプ)、エンドユーザー別(血液透析装置、血液透析ろ過装置、ベッドサイド血液透析ろ過装置)、地域別予測
    本資料は、血液透析装置の世界市場について調べ、血液透析装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(シングルポンプ、ダブルポンプ)分析、エンドユーザー別(血液透析装置、血液透析ろ過装置、ベッドサイド血液透析ろ過装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFresenius、Nikkiso、Diaverum?Gambro?、Asahi Kasei、Nipro、B.Braum、Nxstage、Toray、Bellco、Allmed、WEGO、JMS、Shanwaishan、Jihua、NxStage Medicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・血液透析装置の世界市場概要 ・血液透析装置の世界市場環境 ・血液透析装置の世界市場動向 ・血液透析装置の世界市場規模 ・血液透析装置の世界市場規模:製品別(シングルポンプ、ダブルポンプ) ・血液透析装置の世界市場規模:エンドユーザー別(血液透析装置、血液透析ろ過装置、ベッドサイド血液透析ろ過装置) ・血液 …
  • 藻類製品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、藻類製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、藻類製品市場規模、種類別(カロテノイド・顔料、スピルリナ、脂質、オメガ3脂肪酸、藻類タンパク質)分析、価値区分別(低価値、中価値、高価値)分析、形態別(液体、固体)分析、原料別(藍藻類、紅藻類、緑藻類、褐藻類、その他)分析、販売経路別(間接、直接)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 藻類製品の世界市場:市場動向分析 ・ 藻類製品の世界市場:競争要因分析 ・ 藻類製品の世界市場:種類別(カロテノイド・顔料、スピルリナ、脂質、オメガ3脂肪酸、藻類タンパク質) ・ 藻類製品の世界市場:価値区分別(低価値、中価値、高価値) ・ 藻類製品の世界市場:形態別(液体、固体) ・ 藻類製品の世界市場:原料別(藍藻類、紅藻類、緑藻類、褐藻類、その他) ・ 藻類製品の世界市場:販売経路別(間接、直接) ・ 藻類製品の世界市場:主要地域別分析 ・ 藻類製品の北米市場規模(アメリカ市場等) …
  • 卵代替材料の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:デンプン、ミルクプロテイン、大豆製品、藻類粉、タンパク質
  • セラミックマトリックス複合材料の世界市場:炭化ケイ素強化炭化ケイ素(SIC / SIC)、炭素強化炭素(C / C)、酸化物-酸化物(OX / OX)、その他(炭化ケイ素および炭素(SIC / C))
    当調査レポートでは、セラミックマトリックス複合材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、複合タイプ別(炭化ケイ素強化炭化ケイ素(SIC / SIC)、炭素強化炭素(C / C)、酸化物-酸化物(OX / OX)およびその他(炭化ケイ素および炭素(SIC / C))分析、繊維種類別(短繊維および連続繊維)分析、繊維材料別(アルミナ繊維、非晶質セラミック繊維(RCF)、炭化ケイ素繊維(SIC)、およびその他)分析、用途別(航空宇宙および防衛、自動車、エネルギーおよび電力、電気および電子機器、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・セラミックマトリックス複合材料の世界市場:複合タイプ別(炭化ケイ素強化炭化ケイ素(SIC / SIC)、炭素強化炭素(C / C)、酸化物-酸化物(OX / OX)およびその他(炭化ケイ素および炭素(SIC / C)) ・セラミックマトリックス複合材料の世界市場:繊維種類別(短繊維および連続繊維) ・セラミックマトリックス複合材料の世界市場:繊維材料別(アルミナ繊維 …
  • 光トランシーバの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、光トランシーバの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、形態別分析、データ速度別分析、波長別分析、用途別分析、光トランシーバの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊ファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊ファイバー市場2015について調査・分析し、特殊ファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の中型および大型商用車(MHCV)市場2015
    本調査レポートでは、世界の中型および大型商用車(MHCV)市場2015について調査・分析し、中型および大型商用車(MHCV)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 外装ケーブルの世界市場予測2019-2024
    「外装ケーブルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、テープ、ワイヤなど、用途別には、Infrastructure Construction、Gas&Oil Industry、Construction and Manufacturing Industry、Mining Industryなどに区分してまとめた調査レポートです。外装ケーブルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・外装ケーブルの世界市場概要(サマリー) ・外装ケーブルの企業別販売量・売上 ・外装ケーブルの企業別市場シェア ・外装ケーブルの世界市場規模:種類別(テープ、ワイヤ) ・外装ケーブルの世界市場規模:用途別(Infrastructure Construction、Gas&Oil Industry、Construction and Manufacturing Industry、Mining Industry) ・外装ケーブルの米州市場規模(アメリカ、カ …
  • 海外旅行のイギリス市場ー旅行&支出
  • バイオシミュレーションの世界市場分析:製品別(ソフトウェア、サービス、社内サービス、契約サービス)、用途別(薬の開発、薬の発見)、エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー企業、CRO、規制当局、学術研究機関)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオシミュレーションの世界市場について調査・分析し、バイオシミュレーションの世界市場動向、バイオシミュレーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオシミュレーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の小腸内視鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の小腸内視鏡市場2016について調査・分析し、小腸内視鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フローズンヨーグルトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フローズンヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローズンヨーグルトの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 園芸用LED照明の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、園芸用LED照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、園芸用LED照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、技術動向、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脳腫瘍(Brain Tumor):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳腫瘍(Brain Tumor):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脳腫瘍(Brain Tumor)のフェーズ3治験薬の状況 ・脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬の市場規模(販売予測) ・脳腫瘍(Brain Tumor)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脳腫瘍(Brain Tumor)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬剤
  • 農業IoTの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、農業IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア&サービス)分析、用途別(精密農業、精密林業、家畜監視、養魚場監視、スマート温室)分析、農業IoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、農業IoTの世界市場規模が2019年127億ドルから2024年209億ドルまで年平均10.4%成長すると予測しています。
  • クリーンルーム技術の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(HVAC、HEPAフィルター、エアシャワー、アパレル、手袋、真空システム、消毒剤)分析、建設別(ドライウォール、ハードウォール、ソフトウォール)分析、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、病院)分析、クリーンルーム技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリーンルーム技術の世界市場規模が2019年57億ドルから2024年79億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場について調査・分析し、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)種類別分析(エクセレントグレード、ファーストグレード)、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)用途別分析(子供用おもちゃ、日常用化学製品・食品用包装、医療用機器・医療用包装、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の市場概観 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場規模 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のアメ …
  • 点頭てんかん治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、点頭てんかん治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、点頭てんかん治療薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境試験の世界市場:廃水/下水、土壌、水、空気
    当調査レポートでは、環境試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、標本別分析、汚染物質別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 4-1BBアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における4-1BBアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・4-1BBアゴニストの概要 ・4-1BBアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の4-1BBアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・4-1BBアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・4-1BBアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の合成ゴム・ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の合成ゴム・ケーブル市場2015について調査・分析し、合成ゴム・ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の見えない歯列矯正装置市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の見えない歯列矯正装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の見えない歯列矯正装置市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 止血および組織密閉剤の世界市場分析:製品別(局所的止血剤、アクティブ、機械的、流動性止血剤、接着剤、組織シーラント、合成組織シーラント、天然組織シーラント、接着バリア製品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、止血および組織密閉剤の世界市場について調査・分析し、止血および組織密閉剤の世界市場動向、止血および組織密閉剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別止血および組織密閉剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場分析:サービス・製品別(モバイルデバイス、モバイルアプリケーション、企業用モビリティプラットフォーム)、用途別(企業用ソリューション、mヘルス)、エンドユーザー別、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場について調査・分析し、ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場動向、ヘルスケアモビリティソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケアモビリティソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 省エネルギー建物の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、省エネルギー建物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、省エネルギー建物の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"