"神経診断および監視デバイスの米国市場:製品別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40602)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"神経診断および監視デバイスの米国市場:製品別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Neurodiagnostic and Monitoring Devices Market in the US: About this market
Technavio’s neurodiagnostic and monitoring devices market in the US analysis considers sales ICP monitoring devices, EEG devices, EMG devices, and other products. In 2019, the ICP monitoring devices segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as the growing number of traumatic brain injury and brain tumor cases will play a significant role in the ICP monitoring devices segment to maintain its market position. Also, our neurodiagnostic and monitoring devices market in the US report looks at factors such as increasing incidences and prevalence of neurological conditions, new product launches, and the growing number of mergers and acquisitions. However, high costs associated with neurodiagnostic and monitoring devices, complications related to neurodiagnostic procedures and monitoring, and frequent product recalls may hamper the growth of the neurodiagnostic and monitoring devices market in the US over the forecast period.

Neurodiagnostic and Monitoring Devices Market in the US: Overview
Increasing incidences and prevalence of neurological conditions
Patients with a comprehensive range of neurological disorders, including epilepsy, stroke, Parkinson’s disease, and brain tumors, have a substantial risk of developing a disability. These neurological disorders develop due to several factors such as bacterial and viral infections, genetic factors, and the lack of immune response. Healthcare professionals use neurodiagnostic and monitoring devices such as EEG, EMG, MEG, and ICP to diagnose neurological diseases for further interventions to save the life of the patients. The increasing number of cases of patients with brain tumors and stroke in the US is driving the need for brain hemorrhage treatment. Stroke can also lead to malignant cerebral edema, which increases the intracranial pressure and brain shift. Intracranial pressure can be monitored using ICP monitoring devices. Thus, the growing use of neurodiagnostic and monitoring devices due to the high prevalence of neurological conditions in the US will lead to the expansion of the neurodiagnostic and monitoring devices market in the US at a CAGR of over 7% during the forecast period.
Paradigm shift toward hybrid brain-computer interface
The demand for non-invasive, hybrid brain-computer interface (HBCI) technologies has increased for enhancing and improving the accuracy of neurodiagnostic procedures. EEG is the widely accepted and majorly performed procedure for diagnosis purposes. It is mostly used in combination with other modalities such as EMG and PSG to enhance the number of control commands, improve accuracy, and minimize the signal detection time. HBCI generally combines with one or more brain-computer interface (BCI) signals or human-machine interface (HMI) biosignals, which helps in improving customer satisfaction and boosting system performance. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the neurodiagnostic and monitoring devices market in the US during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of a few major players, the neurodiagnostic and monitoring devices market in the US is concentrated. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of few leading manufacturers, that include Cadwell Industries Inc., Compumedics Ltd., Koninklijke Philips NV, Masimo Corp., Medtronic Plc, Natus Medical Inc., and Nihon Kohden Corp.
Also, the neurodiagnostic and monitoring devices market in the US analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"神経診断および監視デバイスの米国市場:製品別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Value chain analysis
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market size and forecast 2019-2024
• Market outlook
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY PRODUCT
• Market segmentation by product
• Comparison by product
• ICP monitoring devices – Market size and forecast 2019-2024
• EEG devices – Market size and forecast 2019-2024
• EMG devices – Market size and forecast 2019-2024
• Others – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by product
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: DECISION FRAMEWORK
PART 09: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 10: MARKET TRENDS
• Technological advances
• Initiatives to promote neurodiagnostic and monitoring devices
• Paradigm shift toward hybrid brain-computer interface
PART 11: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 12: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Cadwell Industries Inc.
• Compumedics Ltd.
• Koninklijke Philips NV
• Masimo Corp.
• Medtronic Plc
• Natus Medical Inc.
• Nihon Kohden Corp.
PART 13: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 14: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global healthcare equipment market
Exhibit 02: Segments of global healthcare equipment market
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Product overview
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Country market: Size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 09: Country market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Product – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 19: Comparison by product
Exhibit 20: ICP monitoring devices – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 21: ICP monitoring devices – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 22: EEG devices – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 23: EEG devices – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 24: EMG devices – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 25: EMG devices – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 26: Others – Market size and forecast 2019-2024 ($ millions)
Exhibit 27: Others – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 28: Market opportunity by product
Exhibit 29: Customer landscape
Exhibit 30: Product launch details and market impact analysis
Exhibit 31: Business strategies and their impact analysis
Exhibit 32: Product recalls
Exhibit 33: Impact of drivers and challenges
Exhibit 34: Vendor landscape
Exhibit 35: Landscape disruption
Exhibit 36: Vendors covered
Exhibit 37: Vendor classification
Exhibit 38: Market positioning of vendors
Exhibit 39: Cadwell Industries Inc. – Vendor overview
Exhibit 40: Cadwell Industries Inc. – Product segments
Exhibit 41: Cadwell Industries Inc. – Key offerings
Exhibit 42: Cadwell Industries Inc. – Key customers
Exhibit 43: Compumedics Ltd. – Vendor overview
Exhibit 44: Compumedics Ltd. – Business segments
Exhibit 45: Compumedics Ltd. – Organizational developments
Exhibit 46: Compumedics Ltd. – Geographic focus
Exhibit 47: Compumedics Ltd. – Key offerings
Exhibit 48: Compumedics Ltd. – Key customers
Exhibit 49: Koninklijke Philips NV – Vendor overview
Exhibit 50: Koninklijke Philips NV – Business segments
Exhibit 51: Koninklijke Philips NV – Organizational developments
Exhibit 52: Koninklijke Philips NV – Geographic focus
Exhibit 53: Koninklijke Philips NV – Segment focus
Exhibit 54: Koninklijke Philips NV – Key offerings
Exhibit 55: Koninklijke Philips NV – Key customers
Exhibit 56: Masimo Corp. – Vendor overview
Exhibit 57: Masimo Corp. – Business segments
Exhibit 58: Masimo Corp. – Organizational developments
Exhibit 59: Masimo Corp. – Geographic focus
Exhibit 60: Masimo Corp. – Key offerings
Exhibit 61: Masimo Corp. – Key customers
Exhibit 62: Medtronic Plc – Vendor overview
Exhibit 63: Medtronic Plc – Business segments
Exhibit 64: Medtronic Plc – Organizational developments
Exhibit 65: Medtronic Plc – Geographic focus
Exhibit 66: Medtronic Plc – Segment focus
Exhibit 67: Medtronic Plc – Key offerings
Exhibit 68: Medtronic Plc – Key customers
Exhibit 69: Natus Medical Inc. – Vendor overview
Exhibit 70: Natus Medical Inc. – Business segments
Exhibit 71: Natus Medical Inc. – Organizational developments
Exhibit 72: Natus Medical Inc. – Geographic focus
Exhibit 73: Natus Medical Inc. – Segment focus
Exhibit 74: Natus Medical Inc. – Key offerings
Exhibit 75: Natus Medical Inc. – Key customers
Exhibit 76: Nihon Kohden Corp. – Vendor overview
Exhibit 77: Nihon Kohden Corp. – Business segments
Exhibit 78: Nihon Kohden Corp. – Organizational developments
Exhibit 79: Nihon Kohden Corp. – Geographic focus
Exhibit 80: Nihon Kohden Corp. – Segment focus
Exhibit 81: Nihon Kohden Corp. – Key offerings
Exhibit 82: Nihon Kohden Corp. – Key customers
Exhibit 83: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 84: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】神経診断および監視デバイスの米国市場:製品別
【発行日】2019年12月9日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40602
【対象地域】米国
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ヘルスケア
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
神経診断および監視デバイスの米国市場:製品別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 特殊繊維の世界市場
    当調査レポートでは、特殊繊維の世界市場について調査・分析し、特殊繊維の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊繊維の世界市場:市場動向分析 - 特殊繊維の世界市場:競争要因分析 - 特殊繊維の世界市場:種類別 ・炭素繊維 ・アラミド繊維 ・機能繊維 ・弾性繊維 ・パラ系アラミドおよび部分酸化ポリアクリロニトリル繊維 ・高強度ポリエチレン繊維 ・ポリベンゾイミダゾール(PBI)繊維 ・メタ系アラミド ・耐食性繊維 ・難燃性繊維 ・その他の先端繊維 - 特殊繊維の世界市場:用途別 ・摩擦材料 ・補強材料 ・安全な用途 ・航空宇宙 ・耐衝撃性 ・工業用 ・国防 ・医療用 ・環境保護 ・商業用船舶 ・その他 - 特殊繊維の世界市場:主要地域別分析 - 特殊繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊繊維のヨーロッパ市場規模 - 特殊繊維のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊繊維の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • フランジガスケットシートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フランジガスケットシートの世界市場について調査・分析し、フランジガスケットシートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フランジガスケットシートシェア、市場規模推移、市場規模予測、フランジガスケットシート種類別分析(金属型、半金属型、非金属型)、フランジガスケットシート用途別分析(石油・ガス産業、化学産業、電力産業、自治体インフラ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フランジガスケットシートの市場概観 ・フランジガスケットシートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フランジガスケットシートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フランジガスケットシートの世界市場規模 ・フランジガスケットシートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フランジガスケットシートのアメリカ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのカナダ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのメキシコ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ディジタル保存装置の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ディジタル保存装置の世界市場について調査・分析し、ディジタル保存装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディジタル保存装置の世界市場:市場動向分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:競争要因分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:デバイス種類別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の北米市場規模 ・ディジタル保存装置の欧州市場規模 ・ディジタル保存装置のアジア市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • クロム鉱業の世界市場(~2020)
  • ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場分析
    本調査レポートでは、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場について調査・分析し、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場動向、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BUNN、FETCO、Grindmaster-Cecilware、MAHLKÖNIG、Mazzer等です。
  • ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハンドヘルド型ラベルプリンタ市場規模、エンドユーザ―別(製造、輸送・物流、小売、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Brother Industries, CASIO COMPUTER, Newell Brands, Seiko Epsonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場概要 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場環境 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場動向 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場規模 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場:業界構造分析 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場:エンドユーザ―別(製造、輸送・物流、小売、その他) ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハンドヘルド型ラベルプリンタの北米市場規模・予測 ・ハンドヘルド型ラベ …
  • ライブチャット用ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ライブチャット用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライブチャット用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒートメーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒートメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(機械式、静的)分析、コネクティビティ別(有線、無線)分析、エンドユーザー別(住宅、商業・公共施設、工業)分析、ヒートメーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル風力計市場2016
    本調査レポートでは、世界のデジタル風力計市場2016について調査・分析し、デジタル風力計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車AT(オートマチックトランスミッション)装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車AT(オートマチックトランスミッション)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車AT(オートマチックトランスミッション)装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車AT(オートマチックトランスミッション)装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.96%成長すると予測しています。
  • 北米の装具市場動向(~2021)
  • インドの病院用品市場
  • 世界のブレーキパッド市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキパッド市場2016について調査・分析し、ブレーキパッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別(侵入テスト、脆弱性管理、インシデントレスポンス、セキュリティリスク、コンプライアンス管理、CISCOアドバイザリ&サポート)分析、組織規模別分析、業種別分析、セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場規模が2019年78億ドルから2024年188億ドルまで年平均19.3%成長すると予測しています。
  • 商用車用電子制御エアサスペンション(ECAS) の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車用電子制御エアサスペンション(ECAS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用電子制御エアサスペンション(ECAS) の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨延長装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、骨延長装置の世界市場について調べ、骨延長装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、骨延長装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(下顎伸延器、口蓋伸延器、小骨伸延器、肺胞伸延器、その他)、配置種類別(内部伸延器、外部伸延器)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は骨延長装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・骨延長装置の市場状況 ・骨延長装置の市場規模 ・骨延長装置の市場予測 ・骨延長装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(下顎伸延器、口蓋伸延器、小骨伸延器、肺胞伸延器、その他) ・市場セグメンテーション:配置種類別(内部伸延器、外部伸延器) ・骨延長装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状 …
  • 世界のエアフライヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のエアフライヤー市場2015について調査・分析し、エアフライヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用屋内天井クレーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用屋内天井クレーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用屋内天井クレーン市場規模、用途別分析、製品別(二重桁、単一桁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eilbeck Cranes, GH Crane & Components, GORBEL, KITO, Konecranes, Mazzella Companiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場概要 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場環境 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場動向 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場規模 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:業界構造分析 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:用途別 ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:製品別(二重桁、単一桁) ・産業用屋内天井クレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用屋内天井クレーンの北米市場規模・予測 ・産業用屋内天井クレーンのヨーロッパ・中東 …
  • 特殊紙の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊紙の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 外傷治療用製品の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、外傷治療用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、外傷治療用製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアウトドア用バックパック市場2015
    本調査レポートでは、世界のアウトドア用バックパック市場2015について調査・分析し、アウトドア用バックパックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業設備用テスターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業設備用テスターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業設備用テスター市場規模、製品の特長別分析、最終用途別(ディスクリート産業、プロセス産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業設備用テスターの世界市場概要 ・産業設備用テスターの世界市場環境 ・産業設備用テスターの世界市場動向 ・産業設備用テスターの世界市場規模 ・産業設備用テスターの世界市場:業界構造分析 ・産業設備用テスターの世界市場:製品の特長別 ・産業設備用テスターの世界市場:最終用途別(ディスクリート産業、プロセス産業) ・産業設備用テスターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業設備用テスターのアメリカ市場規模・予測 ・産業設備用テスターのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業設備用テスターのアジア市場規模・予測 ・産業設備用テスターの主要国分析 ・産業設備用テスターの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業設備用テスターの世界市場:成長 …
  • CNC立形マシニングセンタの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、CNC立形マシニングセンタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CNC立形マシニングセンタの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機電装システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、航空機電装システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、航空機電装システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身性エリテマトーデスの世界市場:薬剤クラス別(免疫抑制薬、生物製剤、抗マラリア薬、NSAID、コルチコステロイド)、投与経路別、セグメント予測
    全身性エリテマトーデスの世界市場は2025年には30億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.0%で成長すると予測されています。開発パイプラインにおいて代替治療法として追加される新しい生物学的療法は、市場の収益創出を促すと考えられています。本調査レポートでは、全身性エリテマトーデスの世界市場について調査・分析し、全身性エリテマトーデスの世界市場動向、全身性エリテマトーデスの世界市場規模、市場予測、セグメント別全身性エリテマトーデス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の包装用フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の包装用フィルム市場2015について調査・分析し、包装用フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Beta-3受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBeta-3受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Beta-3受容体作動薬の概要 ・Beta-3受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のBeta-3受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Beta-3受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Beta-3受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ミリング・マシン(フライス盤)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ミリング・マシン(フライス盤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミリング・マシン(フライス盤)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベトナムの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ディスポーザブル医療機器センサの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 南アフリカの脊椎手術装置市場見通し
  • 世界の1-オクタノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の1-オクタノール市場2016について調査・分析し、1-オクタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 構造健全性監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、構造健全性監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別(有線、無線)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、垂直産業別(公共インフラ、エネルギー)分析、用途別分析、構造健全性監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジマススラスターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アジマススラスターの世界市場について調査・分析し、アジマススラスターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アジマススラスターシェア、市場規模推移、市場規模予測、アジマススラスター種類別分析(ディーゼルエンジン、電力、その他)、アジマススラスター用途別分析(タグボート、海洋支援船、フェリー)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アジマススラスターの市場概観 ・アジマススラスターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アジマススラスターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アジマススラスターの世界市場規模 ・アジマススラスターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アジマススラスターのアメリカ市場規模推移 ・アジマススラスターのカナダ市場規模推移 ・アジマススラスターのメキシコ市場規模推移 ・アジマススラスターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アジマススラスターのドイツ市場規模推移 ・アジマススラスターのイギリス市 …
  • トルコの膝関節再建装置市場見通し
  • 世界のシンチレーションカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシンチレーションカメラ市場2015について調査・分析し、シンチレーションカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔ガスモニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔ガスモニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔ガスモニタリング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 放射性医薬品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、放射性医薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、放射性医薬品の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は放射性医薬品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bayer, • Cardinal Health, • GE Healthcare, • Lantheus Medical Imaging等です。
  • 世界のL‐アルギニン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐アルギニン市場2015について調査・分析し、L‐アルギニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界市場:コンテンツ別(テキスト、動画、音声)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、用途別(臨床検査室、病院、開業医、その他)、地域別予測
    本資料は、臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界市場について調べ、臨床コミュニケーション・コラボレーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンテンツ別(テキスト、動画、音声)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(臨床検査室、病院、開業医、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVocera Communication、Tiger Text、Intelligent Business Communication-AGNITY、Cisco Systems Inc.、Jive Software Inc.、Microsoft Corporation、Everbridge Inc.、PerfectServe Inc.、Uniphy Health Holdings LLC、Spok Inc.、NEC Corporation、Ashfield Healthcare Communication、Ascom Holding AG、Patientsafe …
  • 外科手術用ステープリング装置の世界市場:製品別(電動式、手動式)、タイプ別(使い捨て、再利用可能)、最終用途別(病院、通院外科診療所)、セグメント予測
    外科手術用ステープリング装置の世界市場は2025年には73億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.13%で成長すると予測されています。外科手術用ステープラーの用途は、侵襲外科手術から低侵襲外科手術へと徐々に広がりを見せています。高度な外科手術用ステープラーの導入により、従来ステープラーの使用に伴う課題が解決されました。本調査レポートでは、外科手術用ステープリング装置の世界市場について調査・分析し、外科手術用ステープリング装置の世界市場動向、外科手術用ステープリング装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別外科手術用ステープリング装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートシティの世界市場:ビジネス要因、技術、企業動向、ソリューション
  • 組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他)、用途別(データ処理、民生機器、産業、防衛・航空宇宙、自動車、テレコム、その他)
    本資料は、組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場について調べ、組み込み(エンベデッド)FPGAの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場概要 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場環境 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場動向 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場規模 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:市場シェア ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他) ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:用途別(データ処理、民生機器、産業、防衛・航空宇宙、自動車、テレコム、その他) ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:地域別市場規模・分析 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの北米 …
  • HEPAフィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、HEPAフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HEPAフィルターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スケートボード用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スケートボード用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スケートボード用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • メイク落としのアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • G.fastチップセットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、G.fastチップセットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、G.fastチップセット市場規模、展開種類別(CPE、DPU)分析、エンドユーザ―別(住宅、企業/商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Broadcom, Intel, Metanoia Communications, Sckipio Technologiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・G.fastチップセットの世界市場概要 ・G.fastチップセットの世界市場環境 ・G.fastチップセットの世界市場動向 ・G.fastチップセットの世界市場規模 ・G.fastチップセットの世界市場:業界構造分析 ・G.fastチップセットの世界市場:展開種類別(CPE、DPU) ・G.fastチップセットの世界市場:エンドユーザ―別(住宅、企業/商業) ・G.fastチップセットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・G.fastチップセットの北米市場規模・ …
  • 真菌血症(Fungemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真菌血症(Fungemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真菌血症(Fungemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真菌血症(Fungemia)の概要 ・真菌血症(Fungemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真菌血症(Fungemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真菌血症(Fungemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・真菌血症(Fungemia)治療薬開発 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"