"クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR40610)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Cross-border E-commerce Logistics Market: About this market
Technavio’s cross-border e-commerce logistics market analysis considers sales from transportation, warehousing, and other services. Our study also finds the sales of cross-border e-commerce logistics in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2019, the transportation segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as increasing government expenditure on logistics infrastructure will play a significant role in the transportation segment to maintain its market position. Also, our global cross-border e-commerce logistics market report looks at factors such as increasing penetration of mobile computing devices, growth of e-commerce startups, and cross-border e-commerce activities. However, the high cost of air freight and logistics, the growing number of cargo thefts, and stringent regulations on e-commerce logistics may hamper the growth of the cross-border e-commerce logistics industry over the forecast period.

Global Cross-border E-commerce Logistics Market: Overview
Increasing penetration of mobile computing devices
Several e-commerce vendors are developing mobile compatible applications due to the growing penetration of mobile devices and preference for shopping through smartphone shopping apps. These mobile compatible applications are expected to transform the customer shopping experience with features such as ease of payment, comfort, and convenience. Moreover, vendors obtain information about their customers through these apps, which helps them in providing a tailored shopping experience through targeted advertising to achieve customer loyalty and customer retention. Therefore, the increasing penetration of mobile computing devices is leading to an increase in online orders which, in turn, will benefit cross-border e-commerce logistics companies by driving the demand for services such as transportation and warehousing. Thus, the increasing penetration of mobile computing devices will lead to the expansion of the global cross-border e-commerce logistics market at a CAGR of over 8% during the forecast period.
Adoption of blockchain technology in the logistics market
Blockchain technology can be used to record digital transactions such as log miles and hours drove, and improve security, visibility, and accuracy of data. This technology is expected to help the logistics industry in forecasting and predicting asset volumes more accurately and ensure better asset utilization. It has the potential to prevent fraudulent activities in freight management and manage elements such as freight contracts and parts management. Due to several benefits of this technology, some of the leading logistics service providers in the market are expected to adopt this technology in the coming years. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global cross-border e-commerce logistics market during the forecast period 2020-2024, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global cross-border e-commerce logistics market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading cross-border e-commerce logistics manufacturers, that include A.P. Møller – Mærsk AS, Aramex International LLC, C.H. Robinson Worldwide Inc., CEVA Logistics AG, Deutsche Post AG, DSV Panalpina AS, FedEx Corp., Kuehne + Nagel International AG, United Parcel Service of America Inc., and XPO Logistics Inc.
Also, the cross-border e-commerce logistics market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: MARKET SEGMENTATION BY APPLICATION
• Market segmentation by application
• Comparison by application
• Passenger vehicles – Market size and forecast 2018-2023
• Commercial vehicles – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by application
PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 09: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 10: MARKET TRENDS
• Development of advanced automotive steering system designs
• Emergence of all-electric power steering for commercial vehicles
• Developments in the field of steering system torque sensors
PART 11: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 12: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Huf Hülsbeck & Fürst
• Johnson Electric
• Spark Minda
• STRATTEC SECURITY
• TOKAIRIKA
• Valeo
PART 13: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations

Exhibit 01: Years in consideration
Exhibit 02: Global automotive components market
Exhibit 03: Segments of global automotive components market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Application – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 19: Comparison by application
Exhibit 20: Passenger vehicles – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 21: Passenger vehicles – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 22: Commercial vehicles – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 23: Commercial vehicles – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 24: Market opportunity by application
Exhibit 25: Customer landscape
Exhibit 26: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 27: Geographic comparison
Exhibit 28: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 29: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 30: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 31: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 32: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 33: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 34: Key leading countries
Exhibit 35: Market opportunity
Exhibit 36: Decision framework
Exhibit 37: Impact of drivers and challenges
Exhibit 38: Vendor landscape
Exhibit 39: Landscape disruption
Exhibit 40: Vendors covered
Exhibit 41: Vendor classification
Exhibit 42: Market positioning of vendors
Exhibit 43: Huf Hülsbeck & Fürst – Vendor overview
Exhibit 44: Huf Hülsbeck & Fürst – Business segments
Exhibit 45: Huf Hülsbeck & Fürst – Organizational developments
Exhibit 46: Huf Hülsbeck & Fürst – Key offerings
Exhibit 47: Johnson Electric – Vendor overview
Exhibit 48: Johnson Electric – Product segments
Exhibit 49: Johnson Electric – Organizational developments
Exhibit 50: Johnson Electric – Geographic focus
Exhibit 51: Johnson Electric – Segment focus
Exhibit 52: Johnson Electric – Key offerings
Exhibit 53: Spark Minda – Vendor overview
Exhibit 54: Spark Minda – Product segments
Exhibit 55: Spark Minda – Organizational developments
Exhibit 56: Spark Minda – Segment focus
Exhibit 57: Spark Minda – Key offerings
Exhibit 58: STRATTEC SECURITY – Vendor overview
Exhibit 59: STRATTEC SECURITY – Business segments
Exhibit 60: STRATTEC SECURITY – Organizational developments
Exhibit 61: STRATTEC SECURITY – Segment focus
Exhibit 62: STRATTEC SECURITY – Key offerings
Exhibit 63: TOKAIRIKA – Vendor overview
Exhibit 64: TOKAIRIKA – Business segments
Exhibit 65: TOKAIRIKA – Organizational developments
Exhibit 66: TOKAIRIKA – Geographic focus
Exhibit 67: TOKAIRIKA – Segment focus
Exhibit 68: TOKAIRIKA – Key offerings
Exhibit 69: Valeo – Vendor overview
Exhibit 70: Valeo – Business segments
Exhibit 71: Valeo – Organizational developments
Exhibit 72: Valeo – Geographic focus
Exhibit 73: Valeo – Segment focus
Exhibit 74: Valeo – Key offerings
Exhibit 75: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 76: List of abbreviations


facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別
【発行日】2019年12月11日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR40610
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】物流
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
クロスボーダーEコマース物流の世界市場:サービス別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • クラウドソーシングテストの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラウドソーシングテストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、テスト種類別(パフォーマンステスト、機能テスト、ユーザビリティテスト、ローカリゼーションテスト、およびセキュリティテスト)分析、プラットフォーム別分析、組織規模別分析、業種別分析、クラウドソーシングテストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラウドソーシングテストの世界市場規模が2019年13億ドルから2024年20億ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。
  • 世界の両面テープ市場2016
    本調査レポートでは、世界の両面テープ市場2016について調査・分析し、両面テープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 周波数変換器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、周波数変換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、周波数変換器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動力率制御装置(APFC)の世界市場予測(~2022年):リレー、コンデンサ、ディスプレイ、マイクロコントローラ、スイッチ、レジスター
    当調査レポートでは、自動力率制御装置(APFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、自動力率制御装置(APFC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動化・制御システムにおける防爆装置市場
  • 物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は物理的セキュリティー情報管理(PSIM)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CNL SoftwarE、Qognify、Johnson Controls、Vidsys 等です。
  • 世界のランニング・フットウェア市場2015
    本調査レポートでは、世界のランニング・フットウェア市場2015について調査・分析し、ランニング・フットウェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生理食塩水の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生理食塩水の世界市場について調査・分析し、生理食塩水の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生理食塩水シェア、市場規模推移、市場規模予測、生理食塩水種類別分析()、生理食塩水用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生理食塩水の市場概観 ・生理食塩水のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生理食塩水のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生理食塩水の世界市場規模 ・生理食塩水の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生理食塩水のアメリカ市場規模推移 ・生理食塩水のカナダ市場規模推移 ・生理食塩水のメキシコ市場規模推移 ・生理食塩水のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生理食塩水のドイツ市場規模推移 ・生理食塩水のイギリス市場規模推移 ・生理食塩水のロシア市場規模推移 ・生理食塩水のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・生理食塩水の日本市場規模推移 ・生理食塩水の中国市場規模推移 ・生理食塩 …
  • 世界の絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)市場2016
    本調査レポートでは、世界の絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)市場2016について調査・分析し、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)治療薬剤
  • 偽造防止包装技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、偽造防止包装技術の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・偽造防止包装技術の役割 ・偽造防止包装技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・偽造防止包装技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・偽造防止包装技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 防蚊剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防蚊剤の世界市場について調査・分析し、防蚊剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防蚊剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、防蚊剤種類別分析()、防蚊剤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防蚊剤の市場概観 ・防蚊剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防蚊剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防蚊剤の世界市場規模 ・防蚊剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防蚊剤のアメリカ市場規模推移 ・防蚊剤のカナダ市場規模推移 ・防蚊剤のメキシコ市場規模推移 ・防蚊剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防蚊剤のドイツ市場規模推移 ・防蚊剤のイギリス市場規模推移 ・防蚊剤のロシア市場規模推移 ・防蚊剤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・防蚊剤の日本市場規模推移 ・防蚊剤の中国市場規模推移 ・防蚊剤の韓国市場規模推移 ・防蚊剤のインド市場規模推移 ・防蚊剤の東南アジア市場規模推移 …
  • 30Sリボソーマルサブユニット阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における30Sリボソーマルサブユニット阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・30Sリボソーマルサブユニット阻害剤の概要 ・30Sリボソーマルサブユニット阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の30Sリボソーマルサブユニット阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・30Sリボソーマルサブユニット阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・30Sリボソーマルサブユニット阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 飲料包装の世界市場:種類別(びん、缶、パウチ、カートン)、材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙)、用途別、地域別予測
    本資料は、飲料包装の世界市場について調べ、飲料包装の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(びん、缶、パウチ、カートン)分析、材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・飲料包装の世界市場概要 ・飲料包装の世界市場環境 ・飲料包装の世界市場動向 ・飲料包装の世界市場規模 ・飲料包装の世界市場規模:種類別(びん、缶、パウチ、カートン) ・飲料包装の世界市場規模:材料別(ガラス、プラスチック、金属、板紙) ・飲料包装の世界市場規模:用途別 ・飲料包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・飲料包装の北米市場規模・予測 ・飲料包装のアメリカ市場規模・予測 ・飲料包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・飲料包装のアジア市場規模・予測 ・飲料包装の日本市場規模・予測 ・飲料包装の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場予測(~2023年):スマートフォンカメラ、スタンドアローンカメラ、マシンビジョン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、提供方式別分析、地域別分析、コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石灰の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、石灰の世界市場について調査・分析し、石灰の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 石灰の世界市場:市場動向分析 - 石灰の世界市場:競争要因分析 - 石灰の世界市場:製品別 ・消石灰 ・生石灰 ・その他 - 石灰の世界市場:用途別 ・農業 ・建設 ・環境 ・鉱業・冶金 ・水処理 ・その他 - 石灰の世界市場:主要地域別分析 - 石灰の北米市場規模(アメリカ市場等) - 石灰のヨーロッパ市場規模 - 石灰のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・石灰の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 種子の世界市場予測(~2022):作物別、種類別(GM、従来型)、 種子形質別、種子処理別、地域別
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、作物別分析、種類別分析、種子形質別分析、種子処理別分析、種子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケフィア製品の世界市場
    当調査レポートでは、ケフィア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケフィア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データセンターラックPDUの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターラックPDUの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターラックPDUの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マリンオーディオシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マリンオーディオシステムの世界市場について調査・分析し、マリンオーディオシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マリンオーディオシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、マリンオーディオシステム種類別分析()、マリンオーディオシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マリンオーディオシステムの市場概観 ・マリンオーディオシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マリンオーディオシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マリンオーディオシステムの世界市場規模 ・マリンオーディオシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マリンオーディオシステムのアメリカ市場規模推移 ・マリンオーディオシステムのカナダ市場規模推移 ・マリンオーディオシステムのメキシコ市場規模推移 ・マリンオーディオシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・マリンオーディオシステムのドイツ市場規模推移 ・マリ …
  • 子宮内膜症治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、子宮内膜症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子宮内膜症治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ワイヤーハーネス市場規模、車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、用途別(シャーシ、HVAC、センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場概要 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場環境 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別(シャーシ、HVAC、センサー) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ワイヤーハーネスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのアジア市場規模・予測 …
  • 世界の遠心ファン市場2016
    本調査レポートでは、世界の遠心ファン市場2016について調査・分析し、遠心ファンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の下大静脈フィルター市場2015
    本調査レポートでは、世界の下大静脈フィルター市場2015について調査・分析し、下大静脈フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブリスター包装の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ブリスター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、ブリスター包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動リキッドハンドリング機器の世界市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動リキッドハンドリング機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動リキッドハンドリング機器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動リキッドハンドリング機器の世界市場が2018-2022年期間中に年平均6.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Hamilton Company、Thermo Fisher Scientific、Tecan Group等です。
  • コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストの概要 ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のコルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コルチコトロピン放出因子受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用無段自動変速機(CVT)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aisin Seiki、JATCO、Punch Power Train、IAV Automotive Engineering等です。
  • 世界のエチレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のエチレン市場2016について調査・分析し、エチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用エンコーダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用エンコーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用エンコーダーの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 エンコーダーとは、各種の機械部品の位置情報を捕捉し、そのデータを他のデバイスへ転送するためのセンサーです。工業用エンコーダーの場合、機械部品の位置や速度、移動方向などを探知して、機械の精密制御ができるようにしています。ロータリーエンコーダーとリニアエンコーダーの2種類があり、ロータリーエンコーダーは回転運動する物体の角度を探知し、リニアエンコーダーは直線移動する部品の位置を探知します。Technavio社は産業用エンコーダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Baumer• BEI Sensors• Dynapar• OMRON• Rockwell Automatio …
  • 風力発電用塗料の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、風力発電用塗料の世界市場について調査・分析し、風力発電用塗料のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(ポリマーコーティング、金属コーティング、セラミックコーティング)、用途別販売分析(オンショア、オフショア)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、風力発電用塗料産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・風力発電用塗料市場概要 ・風力発電用塗料のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・風力発電用塗料の世界市場:種類別販売量(ポリマーコーティング、金属コーティング、セラミックコーティング) ・風力発電用塗料の世界市場:用途別販売量(オンショア、オフショア) ・風力発電用塗料の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・風力発電用塗料の米国市場規模 ・風力発電用塗料の中国市場規模 ・風力発電用塗料の欧州市場規模 ・風力発電用塗料の日本市場規模 ・風力発電用塗料の東南アジア市場規模 ・風力発電用塗料のインド市場規模 ・風力発電用塗料のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等 …
  • Nrf2伝達経路活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNrf2伝達経路活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Nrf2伝達経路活性因子の概要 ・Nrf2伝達経路活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のNrf2伝達経路活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Nrf2伝達経路活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Nrf2伝達経路活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の概要 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-18(IL-18)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フランスの外傷固定市場動向(~2021)
  • 世界のガリウムひ素市場2015
    本調査レポートでは、世界のガリウムひ素市場2015について調査・分析し、ガリウムひ素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腹部肥満(Abdominal Obesity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腹部肥満(Abdominal Obesity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腹部肥満(Abdominal Obesity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腹部肥満(Abdominal Obesity)の概要 ・腹部肥満(Abdominal Obesity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腹部肥満(Abdominal Obesity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腹部肥満(Abdominal Obesity)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • ラピッドプロトタイピング(RP)材料の世界市場予測(~2021年):ポリマー、金属、セラミックス
    当調査レポートでは、ラピッドプロトタイピング(RP)材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、機能別分析、需要先別分析、ラピッドプロトタイピング(RP)材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペシャルティモルトの世界市場:ソース別(小麦、ライ麦、大麦)、状態別(乾燥、液体)、用途別(乳製品&冷凍製品、パン&菓子、アルコール飲料、ノンアルコール飲料、その他)、製品別(カラメル麦芽、ローストモルト、その他)
    当調査レポートでは、スペシャルティモルトの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、ソース別分析、状態別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・スペシャルティモルトの世界市場:ソース別(小麦、ライ麦、大麦) ・スペシャルティモルトの世界市場:状態別(乾燥、液体) ・スペシャルティモルトの世界市場:用途別(乳製品&冷凍製品、パン&菓子、アルコール飲料、ノンアルコール飲料、その他) ・スペシャルティモルトの世界市場:製品別(カラメル麦芽、ローストモルト、その他) ・スペシャルティモルトの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場
    当調査レポートでは、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場について調査・分析し、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:市場動向分析 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:競争要因分析 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:製品別 ・オンポンプ式冠動脈バイパス装置 ・オフポンプ式冠動脈バイパス装置 ・吻合補助装置 ・内視鏡による血管採取用の装置 ・経心筋血行再建装置 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:種類別 ・内胸動脈移植 ・伏在静脈移植 ・その他 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:外科手術別 ・1枝のCABG手術 ・2枝のCABG手術 ・3枝のCABG手術 ・4枝のCABG手術 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:技術別 ・切開による血管採取(OVH)/従来の血管採取 ・内視鏡による血管採取 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:エンドユーザー別 ・循環器科のクリニック ・病院 ・研究機関 …
  • ダイカストの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ダイカストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイカストの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイカストの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcoa、Dynacast、Precision Castparts等です。
  • 世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別
    MarketsandMarkets社は、心臓マッピングの世界市場規模が2019年14億ドルから2024年21億ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の心臓マッピング市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(接触心臓マッピングシステム、非接触心臓マッピングシステム)分析、疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節リエントリー頻脈(Avnrt)、その他の不整脈)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の心臓マッピング市場:種類別(接触心臓マッピングシステム、非接触心臓マッピングシステム) ・世界の心臓マッピング市場:疾患別(心房細動、心房粗動、房室結節リエントリー頻脈(Avnrt)、その他の不整脈) ・世界の心臓マッピング市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 自動車用アクティブ空気力学システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アクティブ空気力学システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アクティブ空気力学システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空管制用装置の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空管制用装置の世界市場について調査・分析し、航空管制用装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空管制用装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空管制用装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・航空管制用装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 液体ろ過の世界市場予測(~2023年):ポリマー、コットン、アラミド
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液体ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、ファブリック材料別(ポリマー、コットン、アラミド)分析、ろ過媒体別(織布、不織布)分析、エンドユーザー別(地方自治体、食品・飲料、鉱業)分析、液体ろ過の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊化学品の世界市場分析:塗料、農薬、電子用、建設用
    本調査レポートでは、特殊化学品の世界市場について調査・分析し、特殊化学品の世界市場動向、特殊化学品の世界市場規模、市場予測、セグメント別特殊化学品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イギリスの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 自動車用軸継手の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用軸継手の世界市場について調査・分析し、自動車用軸継手の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用軸継手の世界市場:市場動向分析 - 自動車用軸継手の世界市場:競争要因分析 - 自動車用軸継手の世界市場:製品別 ・軟質の軸継手 ・硬質の軸継手 - 自動車用軸継手の世界市場:流通経路別 ・アフターマーケット ・相手先商標製品の製造会社(OEM) - 自動車用軸継手の世界市場:車両の種類別 ・乗用車 ・小型商用車 ・大型商用車 - 自動車用軸継手の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用軸継手の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用軸継手のヨーロッパ市場規模 - 自動車用軸継手のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用軸継手の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • リーチスタッカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リーチスタッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、リーチスタッカーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸保護装置の世界市場予測(~2022年):空気浄化式人工呼吸器、送気式人工呼吸器
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、呼吸保護装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、呼吸保護装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートフォンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートフォンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートフォンの世界市場規模及び予測、技術別分析、画面サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 スマートフォンは、世界中のすべての人の生活に必要不可欠になっています。スマートフォンは、コンピューターの様に機能する携帯電話です。スマートフォンには、タッチスクリーンインターフェイス、インターネットアクセス、そしてリアルタイムでユーザーに情報を提供するデバイスやセンサーと一体化したアプリを動作するOSで構成されていますTechnavio社はスマートフォンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apple• Samsung• Huawei• OPPO• Vivo• Xiaomi• Lenovo• LG Electronics• Sony• ZTE等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"