"世界のウェーハ洗浄装置市場:装置種類別(枚葉式スプレーシステム、バッチ式スプレー洗浄システム、スクラバー)、用途別、技術別、動作モード別、ウェーハサイズ別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 1235)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のウェーハ洗浄装置市場:装置種類別(枚葉式スプレーシステム、バッチ式スプレー洗浄システム、スクラバー)、用途別、技術別、動作モード別、ウェーハサイズ別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The wafer cleaning equipment market projected to grow at a CAGR of 10.3% during 2020–2025.”
The wafer cleaning equipment market size is expected to grow from USD 7.4 billion in 2020 to USD 12.1 billion by 2025; it is projected to grow at a CAGR of 10.3% during the forecast period. Rise in the conventional application of MEMS and expansion in the number of cleaning steps in the wafer manufacturing industry are the key factors driving the growth of the wafer cleaning equipment market.

“The batch spray cleaning systems to hold the largest market by equipment type during the forecast period.”
The market for batch spray cleaning systems is expected to hold the largest market size during the forecast period. Batch spray cleaning systems have the ability of both batch immersion processing systems and single-wafer processing systems, which gives it a cutting-edge advantage and the ability to yield process large batches with high throughput or small batches with short cycle times.

“The market for LED application is expected to grow at the highest CAGR during the forecast.”
The market for LED applications is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The demand for LED applications is rising due to the increasing demand for LED lightings across the globe. The growing demand for LEDs would directly increase the demand for silicon wafers and indirectly increased the market for wafer cleaning equipment market.

“APAC to dominate the Wafer cleaning equipment market in 2020.”
In terms of value, APAC is expected to dominate the wafer cleaning equipment market in 2020. The global semiconductor market is expected to unveil substantial development in the APAC region due to low-cost labour and extraordinary demand for consumer electronics. Many semiconductors giants in APAC are investing in the manufacturing of electronic devices. Asian counties’ favorable economic conditions reinforced these investments. All these factors are placing the wafer cleaning equipment market in a positive growth trajectory.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and sub-segments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the wafer cleaning equipment market space. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1= 15%, Tier 2 = 30%, and Tier 3 =55%
• By Designation: C-level Executives =60%, Directors =40%
• By Region: Americas = 20%, EMEA = 50%, and APAC = 30%,
Screen Holding Corporation (Japan), Tokyo Electron Limited (Japan), Applied Material (US), Lam Research (US), Shibaurau Mechatronics Corporation (Japan), PVA TePLA AG (Germany), Entregris Inc., (US), Semes Co. Ltd (US), Modutek Corporation (Japan), Veeco Instruments (US), Toho Technology (US), Semsysco (Austria), Semptek Corporation (US), Ultron Corporation (US), SCHMID Group (Germany), Naurau Akrion (US), Speedline Technologies Inc., (US), and Mei Wet Processing systems and services (US) are a few of the major companies dominating the Wafer cleaning equipment market .

Research Coverage:
This research report categorizes the global Wafer cleaning equipment market based on application, equipment type, wafer size, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities about the wafer cleaning equipment market and forecasts the same till 2025.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the Wafer cleaning equipment market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product developments and launches, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のウェーハ洗浄装置市場:装置種類別(枚葉式スプレーシステム、バッチ式スプレー洗浄システム、スクラバー)、用途別、技術別、動作モード別、ウェーハサイズ別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.1.1 Wafer Market Segmentation
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Wafer Cleaning Equipment Market
4.2 Wafer Cleaning Equipment Market, By Application
4.3 Wafer Cleaning Equipment Market in APAC, By Equipment Type
4.4 Wafer Market, By Wafer Size
4.5 Wafer Cleaning Equipment Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Growing Adoption of MEMS Technology in Conventional and Modern Applications
5.1.1.2 Increasing Number of Critical Steps in Wafer Cleaning Sequence
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Environmental Concerns Owing to Emission of Hazardous Chemicals and Gases During Wafer Cleaning Process
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Increasing Adoption of Silicon-Based Sensors, Chips, and Diodes in IoT Applications
5.1.3.2 Rising Demand for Wafers in 3D Structure
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Complexities Related to Miniaturized Structures of Circuits
5.1.4.2 Lack of Investments By Wafer Manufacturers for Capacity Expansion
6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Emerging Trends
6.3.1 Necessity to Increase Wafer Size
6.3.2 Use of Analytics to Optimize Semiconductor Manufacturing Processes
7 Technologies and Processes Used in Wafer Cleaning Equipment Market (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Wet Chemical Cleaning Process
7.2.1 Hf Acid Solution
7.2.2 Sulfuric Acid Solution
7.2.3 Rca Cleaning Process
7.2.4 Alternative Cleaning Solutions
7.3 Vapor Dry Cleaning Process
7.3.1 Vapor Phase Cleaning Process
7.3.2 Plasma Stripping and Cleaning Process
7.4 Aqueous Cleaning Process
7.4.1 Aqueous Feol Cleaning Process
7.4.2 Aqueous Beol Cleaning Process
7.5 Cryogenic Aerosols and Super-Critical Fluid Cleaning Process
7.6 Emerging Technologies
7.6.1 Laser Cleaning
7.6.1.1 Dry Laser Cleaning
7.6.1.2 Steam Laser Cleaning
7.6.2 Aqueous-Based Emerging Technologies
7.6.2.1 Foam/Bubble Cleaning
7.6.2.2 Immersion Pressure Pulsation Cleaning
7.6.2.3 Spray Pressure Pulsation Cleaning
7.6.3 Chemical-Based Emerging Technologies
7.6.4 Dry Particle Removal
7.6.4.1 Liquid Clusters
7.6.4.2 Nanoprobe Cleaning
8 Wafer Cleaning Equipment Market, By Equipment Type (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Single Wafer Spray System
8.2.1 Single Wafer Spray System is Effective Tool to Remove Impurities From Wafer Surface
8.3 Single Wafer Cryogenic System
8.3.1 Single Wafer Cryogenic System is Useful in Post-Chemical Mechanical Polishing (CMP) Cleaning Process
8.4 Batch Immersion Cleaning System
8.4.1 Batch Immersion Cleaning is Cost-Effective and Time-Saving Technique
8.5 Batch Spray Cleaning System
8.5.1 Batch Spray Cleaning System Can Process Large Batches With High Throughput Or Small Batches With Short Cycle Times
8.6 Scrubbers
8.6.1 Scrubbers are Mechanical Tools Used to Clean Surface of Wafers
9 Wafer Market, By Size (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 =150 mm
9.2.1 Market for =150 mm Will Be Impacted Due to Increasing Adoption of Large-Sized Wafers By Semiconductor Manufacturers
9.3 200 mm
9.3.1 Demand for 200 mm Wafers is Expected to Increase Significantly During Forecast Period
9.4 300 mm
9.4.1 300 mm Wafer Market is Expected to Witness Highest Growth Rate During Forecast Period
10 Operating Modes of Wafer Cleaning Equipment (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 Automatic Equipment
10.3 Semiautomatic Equipment
10.4 Manual Equipment
11 Wafer Cleaning Equipment Market, By Application (Page No. – 79)
11.1 Introduction
11.2 MEMS
11.2.1 Growth of MEMS is Attributed to High Demand From Consumer Electronics Manufacturers
11.3 Cis
11.3.1 Growth of Cis Market is Due to Increasing Demand From Medical and Aerospace Verticals
11.4 Memory
11.4.1 Wide Adoption of Nand Flash Memory Chipsin Consumer Electronics Expected to Surge Demand for Advanced Semiconductor Manufacturing Equipment
11.5 RF Device
11.5.1 Growing Adoption of RF Devices in Smartphones to Augment Market Growth During Forecast Period
11.6 LED
11.6.1 Deployment of LED in Smart Lighting Systems to Foster Market Growth During Forecast Period
11.7 Interposer
11.7.1 Wafer Cleaning Equipment Market to Witness Significant Growth for Interposer Application During 2019–2025
11.8 Logic
11.8.1 Logic Devices to have Significant Market Share Due to Their Various End-Use Applications
11.9 Others
12 Impurities in Wafer Cleaning Equipment (Page No. – 110)
12.1 Introduction
12.2 Metallic Impurities
12.3 Particle Impurities
12.4 Chemical Impurities
13 Geographic Analysis (Page No. – 113)
13.1 Introduction
13.2 Americas
13.2.1 US
13.2.1.1 US Would Lead Wafer Cleaning Equipment Market in Americas During Forecast Period
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Government Support to Promote Use of Electric Vehicles and Growth of Telecommunications Industry to Boost Canadian Wafer Cleaning Equipment Market Growth
13.2.3 Rest of Americas
13.2.3.1 Increasing Demand for Semiconductor Devices From Telecommunications and Energy Industries Fuels Wafer Cleaning Equipment Market Growth in Rest of Americas
13.3 EMEA
13.3.1 Germany
13.3.1.1 Focus of Semiconductor Manufacturers on Expanding Their Production Capacity to Drive Market Growth in Germany
13.3.2 France
13.3.2.1 Developed Communication Network has Prompted Market Growth in France
13.3.3 Italy
13.3.3.1 Presence of Fabrication Plants of Stmicroelectronics Drives Italian Market Growth
13.3.4 UK
13.3.4.1 Growing Semiconductor Industry in UK to Spur Demand for Wafer Cleaning Equipment
13.3.5 Ireland
13.3.5.1 Presence of Intel Fab Facility Boosts Wafer Cleaning Equipment Market Growth in Ireland
13.3.6 Rest of EMEA
13.3.6.1 Increased Demand for Wafers From Semiconductor Manufacturers in Belgium and Israel Would Drive Wafer Cleaning Equipment Market Growth in Rest of EMEA
13.4 APAC
13.4.1 Taiwan
13.4.1.1 Presence of Many Key Osat Companies Drives Market Growth in Taiwan
13.4.2 China
13.4.2.1 Wafer Cleaning Equipment Market in China to Grow at Significant Rate in APAC
13.4.3 Japan
13.4.3.1 Presence of Major Market Players and Related Ecosystems Drive Japanese Wafer Cleaning Equipment Market Growth
13.4.4 South Korea
13.4.4.1 Increasing Focus of Semiconductor Manufacturers on Adoption of Cutting-Edge Technologies and Modification of Their Facilities Accelerates South Korean Market Growth
13.4.5 Rest of APAC
13.4.5.1 Presence of Fabrication Plants to Drive Wafer Cleaning Equipment Market in Rest of APAC
14 Competitive Landscape (Page No. – 143)
14.1 Overview
14.2 Key Players in Wafer Cleaning Equipment Market
14.3 Competitive Leadership Mapping
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Dynamic Differentiators
14.3.3 Innovators
14.3.4 Emerging Companies
14.4 Strength of Product Portfolio (25 Companies)
14.5 Business Strategy Excellence (For 25 Companies)
14.6 Competitive Scenario
14.6.1 Product Launches and Developments
14.6.2 Partnerships and Agreements
14.6.3 Mergers and Acquisitions
14.6.4 Expansions
14.6.5 Collaboration and Agreements
15 Company Profiles (Page No. – 152)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
15.1 Key Players
15.1.1 Screen Holdings Co., LTD.
15.1.2 Tokyo Electron Limited
15.1.3 LAM Research Corporation
15.1.4 Applied Materials, Inc.
15.1.5 Shibaura Mechatronics Corporation
15.1.6 Semes Co., LTD.
15.1.7 Modutek Corporation
15.1.8 PVA Tepla AG
15.1.9 Entegris, Inc.
15.1.10 Veeco Instruments Inc.
15.2 Right to Win
15.3 Other Players
15.3.1 Naura Akrion
15.3.2 Schmid Group
15.3.3 Toho Technology
15.3.4 Ultron Systems
15.3.5 Cleaning Technologies Group
15.3.6 Semtek Corporation
15.3.7 Semsysco GmbH
15.3.8 Ap&S International GmbH
15.3.9 Speedline Technologies, Inc.
15.3.10 Met Wet Processing Systems & Services LLC
15.3.11 Onboard Solutions Pty LTD.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 181)
16.1 Insights From Industry Experts
16.2 Discussion Guide
16.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.4 Available Customizations
16.5 Related Reports
16.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のウェーハ洗浄装置市場:装置種類別(枚葉式スプレーシステム、バッチ式スプレー洗浄システム、スクラバー)、用途別、技術別、動作モード別、ウェーハサイズ別、地域別
【発行日】2019年12月5日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 1235
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のウェーハ洗浄装置市場:装置種類別(枚葉式スプレーシステム、バッチ式スプレー洗浄システム、スクラバー)、用途別、技術別、動作モード別、ウェーハサイズ別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別
    MarketsandMarkets社は、インダストリー4.0の世界市場規模が2019年717億ドルから2024年1566億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のインダストリー4.0市場について調査・分析し、市場概要、技術別(3Dプリント、産業ロボティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、産業計測、デジタルツイン、拡張現実&バーチャルリアリティ、5G)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のインダストリー4.0市場:技術別(3Dプリント、産業ロボティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、産業計測、デジタルツイン、拡張現実&バーチャルリアリティ、5G) ・世界のインダストリー4.0市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 広帯域幅メモリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、広帯域幅メモリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、広帯域幅メモリ市場規模、用途別(HPC、グラフィックス、その他)分析、製品別(GPU、CPU、APU、ASIC、FPGA)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Micro Devices, Intel, SAMSUNG, SK HYNIX, XILINXなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・広帯域幅メモリの世界市場概要 ・広帯域幅メモリの世界市場環境 ・広帯域幅メモリの世界市場動向 ・広帯域幅メモリの世界市場規模 ・広帯域幅メモリの世界市場:業界構造分析 ・広帯域幅メモリの世界市場:用途別(HPC、グラフィックス、その他) ・広帯域幅メモリの世界市場:製品別(GPU、CPU、APU、ASIC、FPGA) ・広帯域幅メモリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・広帯域幅メモリの北米市場規模・予測 ・広帯域幅メモリのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • 埋込用樹脂の世界市場:エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、シリコーン樹脂、ポリエステル、ポリアミド
    当調査レポートでは、埋込用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別
    MarketsandMarkets社は、農業用ロボットの世界市場規模が2020年74億ドルから2025年206億ドルまで年平均22.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の農業用ロボット市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、サービス)分析、種類別(無人航空機(UAVS)/ドローン、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム、その他)分析、農業環境別(屋外、屋内)分析、農産物別(果物&野菜、畑作物、乳牛、家畜、その他)分析、用途別(収穫管理、フィールドファーミング、酪農および家畜管理、土壌管理、灌漑管理、剪定管理、気象追跡および監視、在庫管理、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の農業用ロボット市場:提供別(ハードウェア、サービス) ・世界の農業用ロボット市場:種類別(無人航空機(UAVS)/ドローン、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム、その他) ・世界の農業用ロボット市 …
  • 発電機レンタルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、発電機レンタルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 発電機レンタルの世界市場:市場動向分析 - 発電機レンタルの世界市場:競争要因分析 - 発電機レンタルの世界市場:燃料タイプ別 ・ガス発電 ・ディーゼル発電 ・その他燃料タイプ - 発電機レンタルの世界市場:定格電力別 ・50kW未満 ・51~500kW ・501~2,500kW - 発電機レンタルの世界市場:用途別 ・ベースロード・常時電力 ・ピークシェービング ・予備電源 - 発電機レンタルの世界市場:エンドユーザー別 ・建設 ・イベント ・製造業 ・鉱業 ・石油・ガス ・運送 ・ユーティリティ ・その他 - 発電機レンタルの世界市場:主要地域別分析 - 発電機レンタルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 発電機レンタルのヨーロッパ市場規模 - 発電機レンタルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・発電機レンタルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 北米のウォーターヒーター市場
    当調査レポートでは、北米のウォーターヒーター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のウォーターヒーター市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のm-フェニレンジアミン(mPDA)市場2016
    本調査レポートでは、世界のm-フェニレンジアミン(mPDA)市場2016について調査・分析し、m-フェニレンジアミン(mPDA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マリファナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マリファナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マリファナの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の概要 ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • アテローム性動脈硬化症治療法の世界市場:小分子、生物製剤
    Technavio社の本調査レポートでは、アテローム性動脈硬化症治療法の世界市場について調べ、アテローム性動脈硬化症治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、アテローム性動脈硬化症治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(小分子、生物製剤)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はアテローム性動脈硬化症治療の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場状況 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場規模 ・アテローム性動脈硬化症治療法の市場予測 ・アテローム性動脈硬化症治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(小分子、生物製剤) ・アテローム性動脈硬化症治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • パキスタンのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場
    当調査レポートでは、携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場について調査・分析し、携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:市場動向分析 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:競争要因分析 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:流通経路別 ・単一のブランドの店舗 ・オンライン店舗 ・様々なブランドの店舗 - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:製品の種類別 ・ケース&外装 ・ポーチ&スリーブ ・フリップタイプのケース ・強化ガラス - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:素材別 ・シリコンケース ・プラスチック ・レザー ・布製のケース ・ハードケース - 携帯電話用ケースおよびカバーの世界市場:主要地域別分析 - 携帯電話用ケースおよびカバーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 携帯電話用ケースおよびカバーのヨーロッパ市場規模 - 携帯電話用ケースおよびカバーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・携帯 …
  • 世界の次亜塩素酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の次亜塩素酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、次亜塩素酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)市場規模、エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学・石油化学製品、W・WW)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, GENERAL ELECTRIC, Honeywell, Schneider Electric, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場概要 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場環境 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場動向 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場:業界構造分析 ・インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、電力、化学・石油化学製品、W・WW) ・インテリジェント遠隔端末装置(R …
  • B型肝炎ウイルス(HPV)治療市場:中国の治療薬市場
  • アクチュエータの世界市場:空気圧式アクチュエータ、油圧式アクチュエータ、電気式アクチュエータ、機械式アクチュエータ
    当調査レポートでは、アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、産業別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨接合用機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨接合用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、骨接合用機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エアゾール噴射剤の世界市場分析:製品別(炭化水素、DME、亜酸化窒素、二酸化炭素)、用途別(パーソナルケア、家庭用、自動車・産業、食品、塗料、医療)、セグメント予測 2022
    本調査レポートでは、エアゾール噴射剤の世界市場について調査・分析し、エアゾール噴射剤の世界市場動向、エアゾール噴射剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別エアゾール噴射剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バソプレッシンV2受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるバソプレッシンV2受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・バソプレッシンV2受容体アゴニストの概要 ・バソプレッシンV2受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のバソプレッシンV2受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・バソプレッシンV2受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・バソプレッシンV2受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アンジオテンシン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシン受容体アゴニストの概要 ・アンジオテンシン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ECG装置のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、ECG装置のヨーロッパ市場について調査・分析し、ECG装置のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 注射薬物送達の世界市場の収益分析:機器別(自己注射機器、従来の機器)、処方別(従来型薬物送達、新規型薬物送達)、治療使用方法別(自己免疫疾患、ホルモン障害、腫瘍学)、エンドユーザー用途別(病院、ホームケア施設、研究機関、臨床検査室)、地域別(アメリカ、カナダ、ドイツ、英国、中国、インド、南アフリカ、サウジアラビア、ブラジル、メキシコ)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、注射薬物送達の世界市場について調査・分析し、注射薬物送達の世界市場動向、注射薬物送達の世界市場規模、市場予測、セグメント別注射薬物送達市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートパイロットシステムの世界市場
    当調査レポートでは、オートパイロットシステムの世界市場について調査・分析し、オートパイロットシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 沈降シリカの世界市場分析:用途別(ゴム、農薬、オーラルケア、食品産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、沈降シリカの世界市場について調査・分析し、沈降シリカの世界市場動向、沈降シリカの世界市場規模、市場予測、セグメント別沈降シリカ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の前立腺がん診断検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、前立腺がん診断検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・前立腺がん診断検査装置の概要 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:領域別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・前立腺がん診断検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別前立腺がん診断検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・前立腺がん診断検査装置の最近動向
  • 海中マニホールドの世界市場
    当調査レポートでは、海中マニホールドの世界市場について調査・分析し、海中マニホールドの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • OEM絶縁材の世界市場:発泡プラスチック、鉱物綿
    当調査レポートでは、OEM絶縁材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、需要先別分析、地域別分析、OEM絶縁材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエン酸市場
  • 実験室情報システムの北米市場
  • 複合材料製ベアリングの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、複合材料製ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、複合材料製ベアリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 音楽ストリーミングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音楽ストリーミングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽ストリーミングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は音楽ストリーミングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apple, • Deezer, • Google,• iHeartMedia, • Pandora Media, • Spotify等です。
  • コネクテッドマイニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッドマイニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッドマイニングの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用照明の世界市場予測:商業、軍事、ビジネスジェットおよび一般航空、ヘリコプター
    MarketsandMarkets社は、航空機用照明の世界市場規模が2019年11億ドルから2030年21億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、航空機用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、航空機種類別(商業、軍事、ビジネスジェットおよび一般航空、ヘリコプター)分析、光源別(LED、蛍光灯)分析、ライト種類別(インテリアライト、エクステリアライト)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、航空機用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場規模及び予測、OEM/アフターマーケット別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RFID(無線周波数識別)技術の世界市場分析:製品別(RFIDタグ、RFIDリーダ、およびミドルウェア)、周波数別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場について調査・分析し、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場動向、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別RFID(無線周波数識別)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 臨床検査サービスの世界市場分析
    本調査レポートでは、臨床検査サービスの世界市場について調査・分析し、臨床検査サービスの世界市場動向、臨床検査サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床検査サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ギリシャの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 瞬間接着剤の世界市場予測(~2022年):シアノアクリレート系瞬間接着剤、エポキシ系瞬間接着剤
    当調査レポートでは、瞬間接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、化学成分別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、瞬間接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 寝巻・室内着の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、寝巻・室内着の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、寝巻・室内着市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(寝巻、部屋着)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・寝巻・室内着の世界市場概要 ・寝巻・室内着の世界市場環境 ・寝巻・室内着の世界市場動向 ・寝巻・室内着の世界市場規模 ・寝巻・室内着の世界市場:業界構造分析 ・寝巻・室内着の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・寝巻・室内着の世界市場:製品別(寝巻、部屋着) ・寝巻・室内着の世界市場:地域別市場規模・分析 ・寝巻・室内着の北米市場規模・予測 ・寝巻・室内着のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・寝巻・室内着のアジア太平洋市場規模・予測 ・寝巻・室内着の主要国分析 ・寝巻・室内着の世界市場:意思決定フレームワーク ・寝巻・室内着の世界市場:成長要因、課題 ・寝巻・室内着の世界市場:競争環境 ・寝巻・室内着の世界市場:関連企業 …
  • 窒素肥料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、窒素肥料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、窒素肥料市場規模、製品別(尿素、NPK、CAN及びAN、DAP及びMAP、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・窒素肥料の世界市場概要 ・窒素肥料の世界市場環境 ・窒素肥料の世界市場動向 ・窒素肥料の世界市場規模 ・窒素肥料の世界市場:業界構造分析 ・窒素肥料の世界市場:製品別(尿素、NPK、CAN及びAN、DAP及びMAP、その他) ・窒素肥料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・窒素肥料の北米市場規模・予測 ・窒素肥料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・窒素肥料のアジア太平洋市場規模・予測 ・窒素肥料の主要国分析 ・窒素肥料の世界市場:意思決定フレームワーク ・窒素肥料の世界市場:成長要因、課題 ・窒素肥料の世界市場:競争環境 ・窒素肥料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 天然痘(Smallpox):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における天然痘(Smallpox)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、天然痘(Smallpox)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・天然痘(Smallpox)の概要 ・天然痘(Smallpox)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の天然痘(Smallpox)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・天然痘(Smallpox)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・天然痘(Smallpox)治療薬開発に取り組んでい …
  • 活性炭素の世界市場
    当調査レポートでは、活性炭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、活性炭素の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用テレマティクスの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、商用車用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、商用車用テレマティクスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・商用車用テレマティクスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・商用車用テレマティクスの世界市場:セグメント別市場分析 ・商用車用テレマティクスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 仮想イベントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想イベントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想イベントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商用テレマティクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用テレマティクスの世界市場規模及び予測、技術別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 禁煙治療薬の世界市場:ニコチン置換療法(NRT)、電子たばこ
    当調査レポートでは、禁煙治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疫学分析、禁煙治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、処方薬/OTC薬別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッドの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、スマートグリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、装置別分析、サービス別分析、地域別分析、スマートグリッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用照明市場予測2017-2025:用途別(内装・外装)、技術別(ハロゲン、Xenon、・LED照明)、車種別(乗用車、LCVs、トラック・バス)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用照明市場について調査・分析し、世界の自動車用照明市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用照明関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用ロボットの世界市場:製品別(多関節、直角座標、円筒座標、極座標、スカラ)、用途別(アセンブリ、分配、マテリアルハンドリング、溶接)、地域別予測
    本資料は、自動車用ロボットの世界市場について調べ、自動車用ロボットの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(多関節、直角座標、円筒座標、極座標、スカラ)分析、用途別(アセンブリ、分配、マテリアルハンドリング、溶接)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用ロボットの世界市場概要 ・自動車用ロボットの世界市場環境 ・自動車用ロボットの世界市場動向 ・自動車用ロボットの世界市場規模 ・自動車用ロボットの世界市場規模:製品別(多関節、直角座標、円筒座標、極座標、スカラ) ・自動車用ロボットの世界市場規模:用途別(アセンブリ、分配、マテリアルハンドリング、溶接) ・自動車用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ロボットの北米市場規模・予測 ・自動車用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ロボットのアジア市場規模・予測 ・自動車用ロボットの日本市場規模・予測 ・自動車用ロボットの中国市 …
  • 代替燃料式軍用フリートの世界市場
    当調査レポートでは、代替燃料式軍用フリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、代替燃料式軍用フリートの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"