"世界の神経診断市場:製品別(診断および画像システム(MRI、超音波)、臨床検査(PCR、NGS)、試薬および消耗品)、疾患病理学別(てんかん、脳卒中)、エンドユーザー別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7460)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の神経診断市場:製品別(診断および画像システム(MRI、超音波)、臨床検査(PCR、NGS)、試薬および消耗品)、疾患病理学別(てんかん、脳卒中)、エンドユーザー別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global neurodiagnostics market is projected to grow at a CAGR of 7.3% during the forecast period.”
The global neurodiagnostics market is expected to reach USD 8.4 billion by 2024 from USD 5.9 billion in 2019, at a CAGR of 7.3%. The demand for neurodiagnostic products is expected to grow due to the increasing prevalence of neurological disorders & diseases. The neurodiagnostics market is segmented on product, condition, end-user, and region.

“The hospitals & surgical centers segment accounted for the largest share of the neurodiagnostics market by end-user in 2018.”
Based on end-user, the neurodiagnostics market is segmented into hospitals & surgical centers, diagnostic laboratories & imaging centers, neurology centers, ambulatory care centers (ACCs), and research laboratories & academic institutes. In 2018, hospitals & surgical centers accounted for the largest share of the neurodiagnostics market due to the financial capabilities of hospitals to purchase expensive equipment, such as neurodiagnostic devices.

“The neurodegenerative diseases segment accounted for the largest share of the neurodiagnostics market by condition in 2018.”
The neurodiagnostics market, by condition, is segmented into neurodegenerative diseases, epilepsy, stroke, headache disorders, sleep disorders, and other conditions. In 2019, the neurodegenerative diseases segment is expected to account for the largest share of the neurodiagnostics market due to the increasing incidence of traumatic brain injuries, dementia, Parkinson’s disease, and Huntington’s disease, and the growing number of neurological examinations for the diagnosis of these conditions.

“North America accounted for the largest share of the neurodiagnostics market in 2018.”
North America accounted for the largest share of the neurodiagnostics market in 2018, followed by Europe. This can primarily be attributed to the presence of a highly developed healthcare system, high adoption of innovative neurodiagnostic devices among medical professionals, full availability of advanced neurodiagnostic tools, and the large number of neurodiagnostic devices manufacturing companies that have an established base or are headquartered in the US.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (48%), Tier 2 (36%), and Tier 3 (16%)
• By Designation: C-level (10%), Director-level (14%), and Others (76%)
• By Region: North America (40%), Europe (32%), APAC (20%), and RoW (8%)

Some of the prominent players in the neurodiagnostics market GE Healthcare (US), Siemens Healthineers (Germany), Philips Healthcare (Netherlands), Canon, Inc. (Japan), Hitachi, Ltd. (Japan), Lifelines Neuro Company, LLC (US), Natus Medical Incorporated (US), Hoffman-La Roche AG (Switzerland), FUJIFILM Holdings Corporation (Japan), Mitsar Co., Ltd. (Russia), Advanced Brain Monitoring (US), Thermo Fisher Scientific, Inc. (US), Bio-Rad Laboratories (US), QIAGEN N.V. (Netherlands), and Nihon Kohden Corporation (Japan) among others.

Research Coverage
This report studies the neurodiagnostics market based on product, condition, end-user, and region. It studies major factors (such as drivers and restraints) affecting market growth. The report also analyzes opportunities and challenges in the market for stakeholders and provides details of the competitive landscape for market leaders. It analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends, prospects, and contributions to the total market. The report forecasts the revenue of market segments with respect to five major regions and their respective major countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views. It also analyzes the competitive landscape; emerging segments of the neurodiagnostics market; and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の神経診断市場:製品別(診断および画像システム(MRI、超音波)、臨床検査(PCR、NGS)、試薬および消耗品)、疾患病理学別(てんかん、脳卒中)、エンドユーザー別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Used for the Study
1.5 Major Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 End User-Based Market Estimation
2.2.2 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.3 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Market Overview
4.2 Neurodiagnostics Market, By Product, 2019 Vs. 2024
4.3 Market Share, By End User and Region (2019)
4.4 Market, By Condition, 2019 Vs. 2024 (USD Million)
4.5 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Prevalence of Neurological Diseases & Disorders
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 Growing Patient Emphasis on Effective and Early Disease Diagnosis
5.2.1.4 Increasing Number of Diagnostic Centers & Hospitals
5.2.1.5 Advances in Genomics and Proteomics for the Diagnosis of Neurodegenerative Disorders
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Neurodiagnostic Devices
5.2.2.2 Growing Adoption of Refurbished Neurodiagnostic Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Application in Clinical Trials
5.2.3.2 Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Surgeons
6 Neurodiagnostics Market, By Product (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Diagnostic Imaging Systems
6.2.1 Growing Number of Diagnostic Laboratories & Imaging Centers to Drive the Adoption of Diagnostic Imaging Systems
6.2.1.1 MRI Systems
6.2.1.2 EEG Systems
6.2.1.3 CT Scanners
6.2.1.4 PET Scanners
6.2.1.5 EMG Devices
6.2.1.6 Ultrasound Imaging Systems
6.2.1.7 MEG Devices
6.2.1.8 Angiography Systems
6.2.1.9 Other Diagnostic Imaging Systems
6.3 Clinical Diagnostic Instruments
6.3.1 Increasing Public-Private Investments are Supporting the Growth of This Market Segment
6.3.1.1 PCR Instruments
6.3.1.2 NGS Instruments
6.3.1.3 Sanger Sequencers
6.3.1.4 Other Clinical Diagnostic Instruments
6.4 Reagents & Consumables
6.4.1 High Consumption of Reagents in Various Routine Assays & Techniques is Driving the Growth of This Segment
6.4.1.1 Media & Sera
6.4.1.2 Antibodies
6.4.1.3 Buffers
6.4.1.4 Solvents
6.4.1.5 Enzymes, Proteins, & Peptides
6.4.1.6 Probes
6.4.1.7 Other Reagents & Consumables
7 Neurodiagnostics Market, By Condition (Page No. – 87)
7.1 Introduction
7.2 Neurodegenerative Diseases
7.2.1 Growing Number of Neurological Examinations is Supporting the Growth of This Segment
7.3 Stroke
7.3.1 Growing Awareness About Strokes & Its Treatment Options in the Market are Supporting Market Growth
7.4 Epilepsy
7.4.1 Favorable Government Initiatives Have Resulted in the Increased Adoption of Neurodiagnostic Products
7.5 Headache Disorders
7.5.1 Increasing Incidence of Migraines & Tension Headaches to Support Market Growth
7.6 Sleep Disorders
7.6.1 Increasing Stress & Unhealthy Lifestyles are Supporting the Growth of This Market Segment
8 Neurodiagnostics Market, By End User (Page No. – 95)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals & Surgical Centers
8.2.1 Hospitals & Surgical Centers are the Major End Users of Neurodiagnostic Devices Owing to Their High Purchasing Power to Buy Expensive Equipment
8.3 Diagnostic Laboratories & Imaging Centers
8.3.1 Growing Number of Private Imaging Centers Supports the Growth of This End-User Segment
8.4 Neurology Centers
8.4.1 Lower Costs and Shorter Waiting Periods Compared to Hospitals to Drive Market Growth
8.5 Ambulatory Care Centers
8.5.1 High-Quality and Lower-Cost Services Offered By Ambulatory Care Centers to Drive Market Growth
8.6 Research Laboratories & Academic Institutes
8.6.1 Budgetary Limitations Faced By Small Research Laboratories & Academic Institutes Will Restrain Market Growth
9 Neurodiagnostics Market, By Region (Page No. – 102)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Dominates the Market Due to the Increased Adoption of High-End Neurodiagnostic Systems
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Favorable Environment for R&D in the Field of Neurosciences is Driving Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Commands the Largest Share of the Neurodiagnostics Market in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Market Growth in the UK is Mainly Driven By the Increasing Incidence of Neurodegenerative Diseases
9.3.3 France
9.3.3.1 Increasing Healthcare Expenditure Coupled With the High-End Medical Infrastructure Will Drive Demand for Neurodiagnostic Devices
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Ongoing Economic Crisis in the Country and Rising Government Pressure to Reduce Healthcare Costs May Slow Market Growth
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increased Cost Burden on the State-Run Health Insurance System Will Hinder Market Growth
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Favorable Reimbursement and Growing Neurological Disorder Patients Have Propelled Market Growth in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Government Initiatives to Modernize Healthcare Facilities and the Rising Geriatric Population Will Drive Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Low Entry Barriers Have Made India a Prominent Market to Invest In
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Technology Advancements and Improving Healthcare Infrastructure Will Drive the Market in Australia
9.4.5 South Korea
9.4.5.1 Rising Healthcare Spending and Medical Coverage for Neurological Disease Treatment Will Propel the Market Growth
9.4.6 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Inadequate Accessibility to Healthcare has Driven the Government to Undertake Corrective Measures
9.5.2 Mexico
9.5.2.1 Mexico is a Prominent Medical Tourism Hub for US Patients
9.5.3 Rest of Latin America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Infrastructural Development and Growing Healthcare Expenditure Will Contribute to Market Growth in the MEA
10 Competitive Landscape (Page No. – 165)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Key Product Launches
10.3.2 Key Expansions
10.3.3 Key Acquisitions
10.3.4 Key Partnerships, Agreements, and Collaborations
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 172)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 GE Healthcare
11.2 Philips Healthcare
11.3 Siemens Healthineers
11.4 Hitachi, Ltd.
11.5 Canon, Inc.
11.6 Lifelines Neuro Company, LLC
11.7 Natus Medical Incorporated
11.8 F. Hoffmann-La Roche AG
11.9 FUJIFILM Holdings Corporation
11.10 Mitsar Co., Ltd.
11.11 Advanced Brain Monitoring, Inc.
11.12 Thermo Fisher Scientific, Inc.
11.13 Bio-Rad Laboratories
11.14 QIAGEN N.V.
11.15 Nihon Kohden Corporation
11.16 Other Companies
11.16.1 ANT Neuro
11.16.2 Fonar Corporation
11.16.3 Fujirebio (A Part of Miraca Group)
11.16.4 DRG Instruments GmbH
11.16.5 Tecan Trading AG
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 213)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の神経診断市場:製品別(診断および画像システム(MRI、超音波)、臨床検査(PCR、NGS)、試薬および消耗品)、疾患病理学別(てんかん、脳卒中)、エンドユーザー別、地域別
【発行日】2019年12月9日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7460
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の神経診断市場:製品別(診断および画像システム(MRI、超音波)、臨床検査(PCR、NGS)、試薬および消耗品)、疾患病理学別(てんかん、脳卒中)、エンドユーザー別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場2017-2021:cPDM、CAD
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はアパレル向け製品ライフサイクル管理 (PLM)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDassault SystèmesGerber TechnologyLectraVisualNext等です。
  • 肺がん治療薬の世界市場2016-2020:NSCLC、SCLC
    当調査レポートでは、肺がん治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肺がん治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 泡制止剤の世界市場
    当調査レポートでは、泡制止剤の世界市場について調査・分析し、泡制止剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • クラウドファンディングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドファンディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドファンディングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドファンディングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(16.96%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GoFundMe, • Indiegogo, • Kickstarter, • Patreon, • Teespring等です。
  • データセンターコロケーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データセンターコロケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンターコロケーション市場規模、コロケーション種類別(小売、卸売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AT&T, China Telecom, Digital Realty Trust, Equinix, NTT Communicationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンターコロケーションの世界市場概要 ・データセンターコロケーションの世界市場環境 ・データセンターコロケーションの世界市場動向 ・データセンターコロケーションの世界市場規模 ・データセンターコロケーションの世界市場:業界構造分析 ・データセンターコロケーションの世界市場:コロケーション種類別(小売、卸売) ・データセンターコロケーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・データセンターコロケーションの北米市場規模・予測 ・データセンターコロケーションのヨーロッパ・ …
  • 超音波の世界市場予測(~2021年):技術(診断、治療、2D、3D/4D、HIFU)、ディスプレイ、携帯性、用途、エンドユーザー
    当調査レポートでは、超音波の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、ディスプレイ別分析、携帯性別分析、用途別分析、超音波の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオメタンプラントの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、バイオメタンプラントの世界市場について調べ、バイオメタンプラントの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、バイオメタンプラントの市場規模をセグメンテーション別(フォードストック種類別(農業、下水、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はバイオメタンプラントの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・バイオメタンプラントの市場状況 ・バイオメタンプラントの市場規模 ・バイオメタンプラントの市場予測 ・バイオメタンプラントの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:フォードストック種類別(農業、下水、その他) ・バイオメタンプラントの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中性エンドペプチダーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における中性エンドペプチダーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・中性エンドペプチダーゼ阻害剤の概要 ・中性エンドペプチダーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の中性エンドペプチダーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・中性エンドペプチダーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・中性エンドペプチダーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 返却可能輸送包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、返却可能輸送包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、返却可能輸送包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 世界の自動車用添加剤市場規模・予測2017-2025:添加剤別(可塑剤、傷防止剤、安定剤、酸化防止剤)、用途別(外装、内装、ボンネット下)、プラスチック別(PP、PUR、PVC、ABS)、車種別、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車用添加剤市場について調査・分析し、世界の自動車用添加剤市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車用添加剤関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アルミカーテンウォールの世界市場2014-2025:種類別(現場組み立て、半ユニット化、ユニット化)、用途別(業務用、住居用)、地域別
    本調査レポートでは、アルミカーテンウォールの世界市場について調査・分析し、アルミカーテンウォールの世界市場動向、アルミカーテンウォールの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルミカーテンウォール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エンタープライズラベリングソフトウェア市場規模、エンドユーザー別(FMCG、小売り、ヘルスケア、倉庫及びロジスティックス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場概要 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場環境 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場動向 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場規模 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場:業界構造分析 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(FMCG、小売り、ヘルスケア、倉庫及びロジスティックス、その他) ・エンタープライズラベリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エンタープライズラベリングソフトウェアの北米市場規模・予測 ・エンタープライズ …
  • アデノウイルス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 先進炭素材料の世界市場分析:製品別(炭素繊維、カーボンナノチューブ、構造用黒鉛、炭素フォーム)、用途別(航空&防衛、エネルギー、電子、スポーツ、自動車、建設)、セグメント予測 2024
    本調査レポートでは、先進炭素材料の世界市場について調査・分析し、先進炭素材料の世界市場動向、先進炭素材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別先進炭素材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 大腸癌治療薬の世界市場予測・分析
  • プロジェクト・ロジスティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロジェクト・ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ロジスティクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロジスティックスとは、製品や材料の全ての流れを計画、企画、管理、処理、コントロールするプロセス、また顧客の要求を満たすための出荷地から消費現場間の情報を指します。ロジスティックにより、現在の生産と流通プロセスの効率性・競争力が最適化されます。Technavio社はプロジェクト・ロジスティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CEVA Logistics• C.H.Robinson• DB Schenker• Deutsche Post DHL Group• Kuehne+Nagel等です。
  • 産業自動化ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業自動化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業自動化ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業用機器の世界市場:用途別(収穫・脱穀、種蒔き・植え付け)、製品別(トラクター、収穫機)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、農業用機器の世界市場について調査・分析し、農業用機器の世界市場動向、農業用機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)、用途別(建設、輸送、産業、発電)、地域別予測
    本資料は、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場について調べ、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界規模、市場動向、市場環境、電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)分析、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)分析、用途別(建設、輸送、産業、発電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場概要 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場環境 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場動向 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:タイプ別(気中、真空、油入り、SF6) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:用途別(建設、輸送、産業、発電) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:地域別市場 …
  • 自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用慣性計測装置(IMU)センサー市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、製品別(MEMSジャイロスコープベース、FOGベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場概要 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場環境 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場動向 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場規模 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:製品別(MEMSジャイロスコープベース、FOGベース) ・自動車用慣性計測装置(IMU)センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用慣性計測装置( …
  • モバイル決済のアジア太平洋市場
  • 中国のアクリル酸市場(~2019)
  • 航空宇宙用3Dプリントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空宇宙用3Dプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空宇宙用3Dプリントの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スタイラスペンの世界市場:タブレット用スタイラスペン、電子黒板用スタイラスペン
    当調査レポートでは、スタイラスペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スタイラスペンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の概要 ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・院外感染 …
  • コーヒーポッドの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、コーヒーポッドの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コーヒーポッド市場規模、製品別(カプセル・プラスチックカップ入り、ホイル・紙バッグ入り)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コーヒーポッドの世界市場概要 ・コーヒーポッドの世界市場環境 ・コーヒーポッドの世界市場動向 ・コーヒーポッドの世界市場規模 ・コーヒーポッドの世界市場:業界構造分析 ・コーヒーポッドの世界市場:製品別(カプセル・プラスチックカップ入り、ホイル・紙バッグ入り) ・コーヒーポッドの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コーヒーポッドの北米市場規模・予測 ・コーヒーポッドのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・コーヒーポッドのアジア太平洋市場規模・予測 ・コーヒーポッドの主要国分析 ・コーヒーポッドの世界市場:意思決定フレームワーク ・コーヒーポッドの世界市場:成長要因、課題 ・コーヒーポッドの世界市場:競争環境 ・コーヒーポッドの世界市 …
  • 世界のスマートスケール市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートスケール市場2015について調査・分析し、スマートスケールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 醸造酵素の世界市場:アミラーゼ、β-グルカナーゼ、その他
    当調査レポートでは、醸造酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、醸造酵素市場規模、製品別(アミラーゼ、β-グルカナーゼ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Associated British Foods, DowDuPont, Kerry, Koninklijke DSM, Novozymesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・醸造酵素の世界市場概要 ・醸造酵素の世界市場環境 ・醸造酵素の世界市場動向 ・醸造酵素の世界市場規模 ・醸造酵素の世界市場:業界構造分析 ・醸造酵素の世界市場:製品別(アミラーゼ、β-グルカナーゼ、その他) ・醸造酵素の世界市場:地域別市場規模・分析 ・醸造酵素の北米市場規模・予測 ・醸造酵素のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・醸造酵素のアジア太平洋市場規模・予測 ・醸造酵素の主要国分析 ・醸造酵素の世界市場:意思決定フレームワーク ・醸造酵素の世界市場:成長要因、課題 ・醸造酵素の世界市 …
  • ナノシリカの世界市場分析:製品別(Pタイプ、Sタイプ、およびタイプ3)、用途別(ゴム、医療、食品、コーティング、プラスチック、コンクリート、石膏、電池、電子、化粧品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノシリカの世界市場について調査・分析し、ナノシリカの世界市場動向、ナノシリカの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノシリカ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ギアオイルの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ギアオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ギアオイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶剤の世界市場予測(~2021年):ケトン類、エステル類、アルコール類、グリコールエーテル類、香料、脂肪族化合物
    当調査レポートでは、溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、溶剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場について調査・分析し、バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バックグラウンドミュージック(BGM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、バックグラウンドミュージック(BGM)種類別分析(タイプ1、タイプ2)、バックグラウンドミュージック(BGM)用途別分析(小売店、レストラン、娯楽施設、公共施設、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バックグラウンドミュージック(BGM)の市場概観 ・バックグラウンドミュージック(BGM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バックグラウンドミュージック(BGM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場規模 ・バックグラウンドミュージック(BGM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バックグラウンドミュージック(BGM)のアメリカ市場規模推移 ・バックグラウンドミュージック( …
  • スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの整形外科補綴市場見通し
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場:デバイスタイプ別(光、パワー、RF)、ウェーハサイズ別、用途別(パワードライブ、電源、インバーター、RF、照明、レーザー)、垂直産業別(テレコム、民生機器、自動車)、地域別予測
    本資料は、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場について調べ、窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界規模、市場動向、市場環境、デバイスタイプ別(光、パワー、RF)分析、ウェーハサイズ別分析、用途別(パワードライブ、電源、インバーター、RF、照明、レーザー)分析、垂直産業別(テレコム、民生機器、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場概要 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場環境 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場動向 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模:デバイスタイプ別(光、パワー、RF) ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模:ウェーハサイズ別 ・窒化ガリウム(GaN)半導体デバイスの世界市場規模:用途別(パワードライブ、電源、インバーター、RF、照明、レーザー) ・ …
  • 生分解性超吸収の世界市場分析:材料別(ポリビニルアルコール、ポリイタコン酸、ポリアクリルアミド、多糖類)、用途別(使い捨ておむつ、成人失禁製品、女性用衛生製品、農業、医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生分解性超吸収の世界市場について調査・分析し、生分解性超吸収の世界市場動向、生分解性超吸収の世界市場規模、市場予測、セグメント別生分解性超吸収市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリオワクチンの世界市場2018-2022
    ポリオは、ピコルナウイルス科ヒトエンテロウイルスによって引き起こされる伝染性の高い疾患であり、麻痺または死亡をもたらします。ポリオワクチンにはOPVとIPVの2種類があります。感染に対する予防接種が世界的に政府の取り組みによって推進されているため、ポリオの発生率は減少しています。ポリオワクチンの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率17.65%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Astellas Pharma、GlaxoSmithKline、Sanofi、Serum Institute of Indiaなどです。 当調査レポートでは、ポリオワクチンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリオワクチン市場規模、ワクチンの種類別(OPV、IPV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリオワクチンの世界市場概要 ・ポリオワクチンの世界市場環境 ・ポリオワクチンの世界市場動向 ・ポリオワクチンの世界市場規模 …
  • 感染症診断の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、感染症診断の世界市場について調査・分析し、感染症診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・感染症診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・感染症診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・感染症診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 空港セキュリティの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、空港セキュリティの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・空港セキュリティの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・空港セキュリティの世界市場:セグメント別市場分析 ・空港セキュリティの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • セロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン再取り込み阻害薬の概要 ・セロトニン再取り込み阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン再取り込み阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン再取り込み阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン再取り込み阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • トルコの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 商業用HVACの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商業用HVACの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用HVAC市場規模、用途別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DAIKIN INDUSTRIES, Ingersoll-Rand, Johnson Controls, Lennox International, LG Electronics, United Technologies (Carrier)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業用HVACの世界市場概要 ・商業用HVACの世界市場環境 ・商業用HVACの世界市場動向 ・商業用HVACの世界市場規模 ・商業用HVACの世界市場:業界構造分析 ・商業用HVACの世界市場:用途別(機器、サービス) ・商業用HVACの世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業用HVACの北米市場規模・予測 ・商業用HVACのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商業用HVACのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 産業用スプレーバルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用スプレーバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スプレーバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のNi-MH電池市場2015
    本調査レポートでは、世界のNi-MH電池市場2015について調査・分析し、Ni-MH電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水泳用品の世界市場:水着、水泳帽子、スイミングゴーグル
    当調査レポートでは、水泳用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水泳用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体ウエハー検査装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、半導体ウエハー検査装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ウエハー検査装置市場規模、技術別(光学式ウエハー検査、電子ビームウエハー検査)分析、エンドユーザー別(半導体製造工場、IDM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ウエハー検査装置の世界市場概要 ・半導体ウエハー検査装置の世界市場環境 ・半導体ウエハー検査装置の世界市場動向 ・半導体ウエハー検査装置の世界市場規模 ・半導体ウエハー検査装置の世界市場:業界構造分析 ・半導体ウエハー検査装置の世界市場:技術別(光学式ウエハー検査、電子ビームウエハー検査) ・半導体ウエハー検査装置の世界市場:エンドユーザー別(半導体製造工場、IDM) ・半導体ウエハー検査装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ウエハー検査装置の北米市場規模・予測 ・半導体ウエハー検査装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・半導体ウエハー検査装置のアジア太平洋市場 …
  • 狭帯域IoT(NB-IoT)企業アプリケーションの世界市場予測:スマートガバナンス、スマートメータリング、スマートホーム、スマートアセットトラッキング
    当調査レポートでは、狭帯域IoT(NB-IoT)企業アプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、アプリケーションソフトウェア別分析、技術サービス別分析、産業別分析、スマートアプリケーション別分析、狭帯域IoT(NB-IoT)企業アプリケーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)の概要 ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • インタラクティブ・キオスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インタラクティブ・キオスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インタラクティブ・キオスクの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"