"世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、種類別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーズ別、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2375)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、種類別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーズ別、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

An increase in the number of security breaches and cyberattacks faced by organizations is driving the growth of the global intrusion detection and prevention systems market
The global Intrusion Detection and Prevention Systems (IDPS) market size is projected to grow from USD 4.7 billion in 2019 to USD 7.1 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 8.3% from 2019 to 2024. An increasing number of security breaches and cyberattacks and mandate to follow regulatory and data protection laws have contributed to the growth of the IDPS ecosystem.

By deployment, the cloud segment hold a larger market size in 2019
Organizations are migrating their infrastructure to cloud due to its lower cost and features, such as agility, scalability, speed, and cost-efficiency. In the cloud deployment mode, a service provider hosts the entire infrastructure and its capabilities, which are provided to organizations on a need-basis and can scale up when required. As the cloud system provides users with the ability to execute tasks anywhere, it makes the system more vulnerable to cyberattacks, and the malware can be spread in these environments more quickly.

However, cloud solutions make detection faster by scanning all the endpoints and servers that are connected in the system. Organizations suffer from staff shortage when it comes to maintaining security operations. Cloud platforms come with other additional services, such as support and consulting which are provided by security vendors, Managed Security Service Providers (MSSPs), and other vendors offering IDPS platform or solutions.

APAC to register the highest growth rate during the forecast period
Asia Pacific (APAC) comprises of emerging economies, such as India, China, Australia, and Japan, with developed security infrastructure. Machine Learning (ML), Internet of Things (IoT), big data analytics, and Artificial Intelligence (AI) are emerging methodologies that are being deployed in this region. APAC is home to large number of established Small and Medium-sized Enterprises (SMEs), which are growing at laudable pace to cater to their large customer base. Despite the growing importance of SMEs in this region, they are most affected mostly by cyber and malware attacks owing to budgetary constraints and resource shortages. According to FireEye, organizations in APAC take almost 3 times as long as the Rest of the World (RoW) to realize that a malware has successfully broken into their network mainly because of the dependency on external third-parties. According to a report by Malwarebytes in January 2019, APAC remains a prime target for cyberattacks, with Australia, Indonesia, Malaysia, Thailand, and the Philippines among the top 10 countries with most business malware detections globally.

• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 18%
• By Designation: C-level – 33%, D-level – 25%, and Others – 42%
• By Region: North America – 38%, Europe – 14%, APAC – 19%, RoW – 29%
Major vendors offering IDPS solutions include Cisco Systems (US), International Business Machines Corporation (US) , McAfee LLC (US), Trend Micro Inc. (Japan), Palo Alto Networks, Inc. (US), AT&T Cybersecurity (US), Darktrace (US and UK), FireEye, Inc. (US), Alert Logic, Inc. (US), Fortinet, Inc. (US). The IDPS market study includes an in-depth competitive analysis of these key players, along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the IDPS market size across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential across different segments, including components, type, organization size, deployment mode, vertical, and region. The study further includes an in-depth competitive analysis of the leading market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the global IDPS market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. Moreover, the report will provide insights for stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、種類別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーズ別、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Participants’ Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Opportunities in the IDPS Market
4.2 Market, By Component, 2019
4.3 Market , By Organization Size, 2019–2024
4.4 Market, By Deployment Type, 2019–2024
4.5 Intrusion Detection and Prevention Systems Market, Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in the Number of Security Breaches and Cyberattacks
5.2.1.2 Mandate to Follow Data Protection Laws and Regulations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Availability of Open-Source and Substitute Solutions
5.2.2.2 Limited Security Budget Among Small and Medium-Sized Enterprises
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Market for Cloud-Based Businesses
5.2.3.2 Rapid Growth in Byod and Cyod Trends
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Security Professionals
5.3 Regulatory Implications
5.3.1 General Data Protection Regulation
5.3.2 Payment Card Industry Data Security Standard
5.3.3 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.3.4 Federal Information Security Management Act
5.3.5 Gramm–Leach–Bliley Act
5.3.6 Sarbanes-Oxley Act
5.3.7 International Organization for Standardization 27001
6 IDPS Market, By Component (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Hardware
6.2.1.1 Provision of Sandbox Execution to Help Organizations Stay Ahead of Zero-Day Threats
6.2.2 Software
6.2.2.1 Higher Efficiency, Availability, and Low Cost to Drive Organizations to Deploy Software-Based IDPS
6.3 Services
6.3.1 Planning and Integration
6.3.1.1 Planning and Integration Services to Assist Organizations in Drilling Down to Their Set of Requirements
6.3.2 Support and Maintenance
6.3.2.1 Support Services to Provide Additional Training and Awareness Required for IDPS Deployment
7 IDPS Market, By Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Network-Based
7.2.1 Network-Based Technology Helps in Monitoring Network Traffic for Particular Segments
7.3 Wireless-Based
7.3.1 Increased Usage of Personal Devices at Work to Push Organizations for Adopting Wireless-Based Technology
7.4 Network Behavior Analysis
7.4.1 Effectiveness in Identifying Dos Attacks and Reconstructing Major Malware Infections
7.5 Host-Based
7.5.1 Small-Scale Businesses to use Host-Based IDPS for Its Efficiency
8 Intrusion Detection and Prevention Systems Market, By Deployment Type (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Subscription-Based Cloud Model to Boost the Overall Market Growth
8.3 On-Premises
8.3.1 On-Premises Deployment to Increase the Security and Privacy of Business Data
9 Intrusion Detection and Prevention Systems Market, By Organization Size (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Small and Medium-Sized Enterprises
9.2.1 Rising Security Issues to Drive Adoption of IDPS Solutions Among Small and Medium-Sized Enterprises
9.3 Large Enterprises
9.3.1 Increasing Cyberattacks and Hefty Fines for Regulatory Non-Compliance to Boost Adoption of IDPS Solutions Among Large Enterprises
10 IDPS Market, By Vertical (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services, and Insurance
10.2.1 Rising Adoption of Smart Banking and Already Existing Regulations to Drive Adoption of IDPS in Banking, Financial Services, and Insurance Organizations
10.3 Government and Defense
10.3.1 Increasing Need to Protect Sensitive Data of Citizens and Organizations Drives Adoption of IDPS in the Government and Defense Vertical
10.4 Healthcare
10.4.1 Need to Protect Patient Data and Payment Information to Drive Market Growth in Healthcare Vertical
10.5 IT and Telecom
10.5.1 Increased Attacks on Critical Infrastructure to Drive Market Growth in IT and Telecom Vertical
10.6 Retail and Ecommerce
10.6.1 Increasing Need to Manage Third-Party Relations to Fuel the Demand for IDPS in Retail and Ecommerce Vertical
10.7 Manufacturing
10.7.1 Growing Need to Curb Cyber Threats to Drive Adoption of IDPS in Manufacturing Vertical
10.8 Others
11 Intrusion Detection and Prevention Systems Market, By Region (Page No. – 77)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Rapid Growth in Technological Innovations and Stringent Regulations to Drive Market Growth in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Government Initiatives Against Cyberattacks to Set the Market Growth of IDPS in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Increased Ddos Attacks on Enterprises to Boost the IDPS Market Growth in the UK
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Increased Government Spending Owing to Several Cyberattacks to Boost the IDPS Market Growth in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Increased Government Spending on Security to Boost the IDPS Market Growth in France
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increased Cyberattacks to Boost the IDPS Market Growth in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Increased Government Spending on Cyberattacks to Boost the IDPS Market Growth in Japan
11.4.3 Australia and New Zealand
11.4.3.1 Increased Government Initiatives and Spending to Boost the IDPS Market Growth
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 United Arab Emirates
11.5.1.1 Increased Government Initiatives and Cyberattacks in the Country to Boost the Growth of IDPS Market
11.5.2 Kingdom of Saudi Arabia
11.5.2.1 Increased Cyberattacks in the Country to Boost the Growth of the IDPS Market in KSA
11.5.3 South Africa
11.5.3.1 Government Initiatives to Bring Awareness of Cyberattacks to Boost the Growth of the IDPS Market in South Africa
11.5.4 Rest of Middle East and Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Mexico
11.6.1.1 Government Initiatives to Bring Awareness of Cyberattacks to Boost the Growth of IDPS Market
11.6.2 Brazil
11.6.2.1 Increased Sophisticated Cyberattacks to Boost the Growth of IDPS Market in Brazil
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 128)
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.3.2 Partnerships and Collaborations
12.3.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 133)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products & Solutions, Platforms, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Cisco Systems
13.3 IBM
13.4 McAfee
13.5 Trend Micro
13.6 Palo Alto Networks
13.7 AT&T Cybersecurity
13.8 DarKTrace
13.9 FireEye
13.10 AlertLogic
13.11 Fortinet
13.12 WatchGuard
13.13 Vectra
13.14 NSFOCUS
13.15 Armor Defense
13.16 Bluvector
13.17 Extrahop Networks
13.18 Hilstone Networks
13.19 Secureworks
13.20 Huawei
13.21 Bricata
13.22 Right to Win
*Details on Business Overview, Solutions & Platforms, Products, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 170)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、種類別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーズ別、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別、地域別
【発行日】2019年12月11日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2375
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の侵入検知&防止システム市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、種類別、展開種類別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーズ別、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 大気質モニターの世界市場2016-2020:政府部門、商用・住宅部門、エネルギー・製薬部門
    当調査レポートでは、大気質モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大気質モニターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロラクチン受容体アンタゴニストの概要 ・プロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロラクチン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロラクチン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロラクチン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ケミカルインジケータ・インクの世界市場
    当調査レポートでは、ケミカルインジケータ・インクの世界市場について調査・分析し、ケミカルインジケータ・インクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 無人機(UAV)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、無人機(UAV)の世界市場について調査・分析し、無人機(UAV)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 無人機(UAV)の世界市場:市場動向分析 - 無人機(UAV)の世界市場:競争要因分析 - 無人機の世界市場:用途別 ・軍用・防衛 ・安全保障 ・商用 - 無人機の世界市場:移動手段別 ・無限軌道式UGV ・車輪付きUGV ・脚型UGV ・その他 - 無人機の世界市場:技術別 ・繋留 ・自律 ・半自律 ・遠隔操作 - 無人機の世界市場:観測機器別 ・カメラ ・センサー ・レーダー ・レーザー ・その他 - 無人機の世界市場:大きさ別 ・大型UGV ・中型UGV ・小型UGV ・超小型UGV ・その他 - 無人機(UAV)の世界市場:主要地域別分析 - 無人機(UAV)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 無人機(UAV)のヨーロッパ市場規模 - 無人機(UAV)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・無人機(UAV)の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 臨床化学分析装置の世界市場分析:製品別(分析装置、試薬)、試験別(BMP、電解質パネル、肝臓パネル、脂質プロファイル、腎プロファイル、甲状腺機能プロファイル、特殊化学検査)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、臨床化学分析装置の世界市場について調査・分析し、臨床化学分析装置の世界市場動向、臨床化学分析装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床化学分析装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レーザ切断装置の世界市場:CO2レーザ、ファイバレーザ、固体レーザ
    当調査レポートでは、レーザ切断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザ切断装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の高純度テレフタル酸(PTA)市場2015
    本調査レポートでは、中国の高純度テレフタル酸(PTA)市場2015について調査・分析し、高純度テレフタル酸(PTA)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの心臓血管手術装置市場見通し
  • クロロベンゼンの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のクロロベンゼン市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・クロロベンゼンの世界市場:イントロダクション ・クロロベンゼンの世界市場:市場概観 ・クロロベンゼンの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・クロロベンゼンの世界市場:セグメント別市場分析 ・クロロベンゼンの世界市場:主要地域別市場分析 ・クロロベンゼンの世界市場:関連企業分析
  • 世界のタブレット用スタイラスペン市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用スタイラスペン市場2015について調査・分析し、タブレット用スタイラスペンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • HVAC(空調)絶縁の世界市場:グラスウール、ストーンウール、フェノール・フォーム、エラストマ—・フォ—ム
    当調査レポートでは、HVAC(空調)絶縁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビタミンD試験の世界市場分析:試験タイプ別(25-ヒドロキシビタミンD試験; 1,25-ジヒドロキシビタミンD試験)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ビタミンD試験の世界市場について調査・分析し、ビタミンD試験の世界市場動向、ビタミンD試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別ビタミンD試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IGCTの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IGCTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IGCTの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はIGCTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Infineon Technologies• Mitsubishi Electric等です。
  • 植物成長調節剤の世界市場:オーキシン、サイトカイニン、エチレン、ジベレリン、メピコートクロリド
    当調査レポートでは、植物成長調節剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・植物成長調節剤の世界市場:種類別分析/市場規模 ・植物成長調節剤の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・植物成長調節剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・植物成長調節剤のアメリカ市場規模予測 ・植物成長調節剤のヨーロッパ市場規模予測 ・植物成長調節剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 東アジアの製薬市場:日本、台湾、韓国
  • 歯肉炎(Gingivitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、歯肉炎(Gingivitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯肉炎(Gingivitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・歯肉炎(Gingivitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・歯肉炎(Gingivitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・歯肉炎(Gingivitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・歯肉炎(Gingivitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の歯肉炎(Gingivitis)治療薬剤
  • テープストレージの世界市場
    本資料は、テープストレージの世界市場について調べ、テープストレージの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(LTO-1 to LTO-5、LTO-6、LTO-7、LTO-8、DDS-1、DDS-2、DDS-3、DDS-4、DDS IV)分析、構成要素別(テープカートリッジ、テープボールト)分析、産業別(IT&通信、銀行・金融サービス及び保険、メディア&エンターテインメント、調査機関&学術研究機関、ヘルスケア、オイル&ガス、政府&防御、その他)分析、エンドユーザー別(クラウド供給者、データーセンター、企業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTaxicaller、TaxiStartup、MTData、Taximobility、Limo Anywhere、Samsride 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テープストレージの世界市場概要 ・テープストレージの世界市場環境 ・テープストレージの世界市場動向 ・テープストレージの世界市場規模 …
  • ガムの世界市場:チューインガム、風船ガム
    当調査レポートでは、ガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • RFID(無線周波数識別)技術の世界市場分析:製品別(RFIDタグ、RFIDリーダ、およびミドルウェア)、周波数別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場について調査・分析し、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場動向、RFID(無線周波数識別)技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別RFID(無線周波数識別)技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場:フロアタイル、壁タイル
    当調査レポートでは、セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックタイル(陶磁器タイル)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物性ミルクの世界市場:アーモンドミルク、豆乳、ライスミルク
    当調査レポートでは、植物性ミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物性ミルクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラッサ熱(ラッサ出血熱)市場2019
    本調査レポートでは、世界のラッサ熱(ラッサ出血熱)市場2019について調査・分析し、ラッサ熱(ラッサ出血熱)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ラッサ熱(ラッサ出血熱)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の市場概要 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の上流・下流市場分析 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 梱包箱用仕切りの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、梱包箱用仕切りの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、梱包箱用仕切りの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は梱包箱用仕切りの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DS Smith、Multicell Packaging、Smurfit Kappa Group、The Golden Box等です。
  • 世界のLNG産業見通し
  • 脂肪代替品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脂肪代替品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脂肪代替品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 院内感染(Nosocomial Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・院内感染(Nosocomial Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・院内感染(Nosocomial Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・院内感染(Nosocomial Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・院内感染(Nosocomial Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・院内感染(Nosocomial Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の院内感染(Nosocomial Infections)治療薬剤
  • 石炭の世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「石炭の世界市場2020-2024」は、石炭について市場概要、市場規模、種類別(瀝青および亜瀝青、無煙炭、亜炭)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・石炭の世界市場:種類別(瀝青および亜瀝青、無煙炭、亜炭) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 心臓再同期療法(CRT)の世界市場分析:製品別(心臓再同期療法ペースメーカー[CRT-P]、心臓再同期化療法除細動器[CRT-D])、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、セグメント予測2014-2025
    本調査レポートでは、心臓再同期療法(CRT)の世界市場について調査・分析し、心臓再同期療法(CRT)の世界市場動向、心臓再同期療法(CRT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別心臓再同期療法(CRT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車ヒーターシートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ヒーターシートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ヒーターシートの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場について調べ、自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場規模をセグメンテーション別(サービス別(パワートレイン、完成車、電気/電子機器、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場状況 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場規模 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の市場予測 ・自動車エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(パワートレイン、完成車、電気 …
  • 世界のホホバ油市場2015
    本調査レポートでは、世界のホホバ油市場2015について調査・分析し、ホホバ油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のCOB(チップ・オン・ボード)LED市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のCOB(チップ・オン・ボード)LED市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のCOB(チップ・オン・ボード)LED市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ネオプレンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネオプレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネオプレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジアの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • オートバイレンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートバイレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイレンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アーユルヴェーダの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、アーユルヴェーダの世界市場について調査・分析し、アーユルヴェーダの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・アーユルヴェーダの世界市場:市場動向分析 ・アーユルヴェーダの世界市場:競争要因分析 ・アーユルヴェーダの世界市場:製品別分析/市場規模 ・アーユルヴェーダの世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・アーユルヴェーダの世界市場:販売形式別分析/市場規模 ・アーユルヴェーダの世界市場:用途別分析/市場規模 ・アーユルヴェーダの北米市場規模 ・アーユルヴェーダの欧州市場規模 ・アーユルヴェーダのアジア市場規模 ・アーユルヴェーダの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • メープルウォーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、メープルウォーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メープルウォーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • POS端末の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、POS端末の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、POS端末市場規模、製品別(固定型、モバイル型)分析、エンドユーザー別(小売業、サービス業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・POS端末の世界市場概要 ・POS端末の世界市場環境 ・POS端末の世界市場動向 ・POS端末の世界市場規模 ・POS端末の世界市場:業界構造分析 ・POS端末の世界市場:製品別(固定型、モバイル型) ・POS端末の世界市場:エンドユーザー別(小売業、サービス業) ・POS端末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・POS端末の北米市場規模・予測 ・POS端末のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・POS端末のアジア太平洋市場規模・予測 ・POS端末の主要国分析 ・POS端末の世界市場:意思決定フレームワーク ・POS端末の世界市場:成長要因、課題 ・POS端末の世界市場:競争環境 ・POS端末の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • ワイヤレス電力伝送の世界市場予測(~2022年):電磁誘導方式、磁界共振方式
    当調査レポートでは、ワイヤレス電力伝送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、ワイヤレス電力伝送の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターセキュリティの世界市場分析:用途別(金融サービス、IT・通信、政府、教育、ヘルスケア、メディア・エンターテイメント)、サービス別(コンサルティング、統合・展開、マネージドサービス)、ソリューション別(論理セキュリティ、物理セキュリティ)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、データセンターセキュリティの世界市場について調査・分析し、データセンターセキュリティの世界市場動向、データセンターセキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンターセキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の印刷用紙&筆記用紙市場:種類別、地域別
    本調査レポートは印刷用紙&筆記用紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(印刷用紙、筆記用紙)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・印刷用紙&筆記用紙の世界市場:種類別(印刷用紙、筆記用紙) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 業務用ミルクシェイクマシーンの世界市場2017-2021:多スピンドル、シングルスピンドル
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、業務用ミルクシェイクマシーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ミルクシェイクマシーンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用ミルクシェイクマシーンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はElectro Freeze、Hamilton Beach Brands、Vita-Mix、Waring等です。
  • コグニティブ・アナリティクスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コグニティブ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、アプリケーション別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、産業別分析、コグニティブ・アナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Wi-Fi(無線LAN)分析の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、Wi-Fi(無線LAN)分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ソリューション別分析、産業別分析、地域別分析、Wi-Fi(無線LAN)分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高カルシウム血症治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高カルシウム血症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高カルシウム血症治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの装具市場動向(~2021)
  • ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トコトリエノールの世界市場分析:製品別(アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ)、エンドユーザー別(サプリメント、医薬品、化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、トコトリエノールの世界市場について調査・分析し、トコトリエノールの世界市場動向、トコトリエノールの世界市場規模、市場予測、セグメント別トコトリエノール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 滑り止め添加剤の世界市場予測(~2023年):酸化アルミニウム、シリカ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、滑り止め添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類(酸化アルミニウム、シリカ、その他)分析、用途(建設床材、船舶甲板)分析、滑り止め添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"