"世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7473)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The edible packaging market is projected to grow at a CAGR of 4.3%; the key drivers include efficiency in water use in drought-prone areas, cost efficiency in agriculture production, and enhanced crop yields”

The edible packaging market is estimated at USD 527 million in 2019 and projected to grow at a CAGR of 4.3%, to reach USD 679 million by 2025. The growth of the edible packaging market is driven by factors such as government initiatives, water conservation activities, enhancement of production, and decrease in production cost. This market is also driven by factors such as the ban on single-use plastics, growing environmental and sustainability concerns, increased shelf-life of fresh products without refrigeration, and development of new plant- and microorganism-based sources.

“The seaweed and algae sources led the market with the largest share in 2019.”
On the basis of raw material, the edible packaging market is classified into seaweed and algae, polysaccharides, lipids, and others, which include surfactants, composites, and carbohydrates. Seaweeds have emerged as a key raw material in edible packaging, which can be attributed to the inherent attributes of seaweeds as an edible source. Seaweeds have high fiber and vitamin content, which aid in the development of seaweed into packaging without the requirement for additional chemical compounds. Given the biodegradable properties of seaweed, it can even be disposed of without any further environmental implications. Seaweed can also be grown with minimal resource support by negating requirements for water, fertilizers, and other key resources.

“Beverages accounted for the largest share of the edible packaging market in 2019.”
Based on end use, the use of edible packaging in beverages was observed to hold the dominant share in the edible packaging market. Beverages have emerged as a key area for growth in the market. This is primarily driven by water-soluble alternatives to standard plastic packaging. Products including water, juices, and even alcoholic beverages have emerged as the key areas for adoption in the edible packaging landscape. Products such as Ooho have gained widespread popularity among consumers as a water-pod, which can be ingested. Similarly, foodservice outlets are utilizing water-soluble packaging solutions in their everyday operations in an effort to reduce waste.

“Plant-based edible packaging holds the dominant market share, by source.”
On the basis of source, the plant-based segment is expected to hold the largest market share between 2019 and 2025. Plant-based sources have gained widespread popularity among manufacturers as a reliable source for the development of edible packaging solutions. Different types of plant-based sources, including fibrous vegetables, starch, carbohydrates, and seaweed have emerged as popular sources of edible packaging. Ingredients such as cassava have also been integrated into the process and are viewed as taste-neutral solutions to packaging. Seaweed-based sources have also been adapted into paper-packaging forms and witness widespread acceptance in foodservice industries.

“High growth is projected in the Asia Pacific edible packaging market.”
The Asia Pacific market is projected to be the fastest-growing market for the period considered for this study due to the strong potential for edible packaging solutions, which are being developed in the region. Edible packaging manufacturers see the region as a key launchpad for their offerings, given the growing resistance toward single-use plastics and government reforms toward packaging and waste generation. The region also hosts a strong manufacturing hub for the seaweed industry, which represents a key area for growth in the edible packaging market.

Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 70 %, Tier II – 25%, and Tier III – 5%
 By Designation: C Level – 50%, D Level – 30%, and Others* – 20%
 By Region: Asia Pacific – 45%, North America – 21%, Europe – 12%, South America – 12%, and RoW – 10%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• Monosol LLC (US)
• JRF Technology (US)
• Evoware (US)
• Tipa Corp. (Israel)
• Nagase America (US)
• Notpla Ltd. (UK)
• Avani (Indonesia)
• Wikicell Designs (US)
• Amtrex Nature Care Pvt. Ltd. (India)
• EnviGreen Biotech Pvt. Ltd. (India)
• Regeno Bio-Bags (India)
• Devro Plc (UK)
• Apeel Sciences (US)
• Coolhaus (US)
• Do Eat (Belgium)
• Ecoactive (US)
• Mantrose UK Ltd. (UK)
• Dental Development Systems LLC (US)
• Tomorrow Machine (Sweden)
• Lactips (France)

Research Coverage:
The report segments the edible packaging on the basis of end use, packaging process, source, raw material, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles, which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global edible packaging, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of edible packaging
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the edible packaging market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Segmentation
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
5.3 Regulatory Framework
5.4 Patents
5.5 Supply Chain/Value Chain
6 Edible Packaging Market, By Source (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Plant
6.3 Animal
7 Edible Packaging Market, By Raw Material (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Seaweeds and Algae
7.3 Polysaccharides
7.4 Lipids
7.5 Others
8 Edible Packaging Market, By End Use (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Food
8.2.1 Fresh Food
8.2.2 Bakery and Confectionery
8.2.3 Frozen Foods
8.2.4 Others
8.3 Beverage
8.3.1 Non-Alcoholic Beverages
8.3.2 Alcoholic Beverages
8.4 Pharmaceuticals
9 Edible Packaging Market, By Process Technology (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Antimicrobial
9.3 Nanotechnology
9.4 Electrohydrodynamic
9.5 Coatings
9.6 Others
10 Edible Packaging Market, By Region (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1 Germany
10.3.2 France
10.3.3 Italy
10.3.4 Spain
10.3.5 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Japan
10.4.4 Australia & New Zealand
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.2 Argentina
10.5.3 Rest of South America
10.6 RoW
10.6.1 The Middle East
10.6.2 Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Ranking of Key Players, 2018
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches and Approvals
10.4.2 Expansions & Investments
11.4.3 Acquisitions
10.4.4 Partnerships, Agreements, and Collaborations
11 Company Profiles (Page No. – 116)
11.1 Nagase America LLC
11.1.1 Business Overview
11.1.2 Products Offered
11.1.3 Recent Developments
11.1.4 SWOT Analysis
11.1.5 Right to Win
11.2 Devro PLC
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 SWOT Analysis
11.3 Monosol LLC
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 SWOT Analysis
11.3.5 Right to Win
11.4 JRF Technology
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.4 SWOT Analysis
11.5 Evoware
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 SWOT Analysis
11.6 Notpla LTD
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 Right to Win
11.7 Tipa Corp.
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.8 Avani.
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.8.4 Right to Win
11.9 Incredible Foods Inc.
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.10 Amtrex Nature Care Pvt. LTD.
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.11 Envi-Green Biotech Pvt. LTD.
11.11.1 Business Overview
11.11.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.12 Regeno Bio Bags
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.13 Apeel Sciences
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.14 Coolhaus
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.15 Do Eat
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.16 Ecoactive
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.17 Mantrose UK LTD.
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.18 Dental Development Systems LLC
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.19 Cuantec
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.20 Lactips
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
12 Appendix (Page No. – 143)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別
【発行日】2019年12月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7473
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 東南アジアのデータセンター市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアのデータセンター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアのデータセンター市場規模及び予測、IT装置別分析、電源管理別分析、冷却方式別分析、セキュリティ別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジアのマテリアルハンドリング装置市場2015
    本調査レポートでは、アジアのマテリアルハンドリング装置市場2015について調査・分析し、マテリアルハンドリング装置のアジア市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動マテリアルハンドリングの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリングの世界市場について調査・分析し、自動マテリアルハンドリングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:市場動向分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:競争要因分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:オペレーション別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:ソフトウェア&サービス別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの北米市場規模・分析 ・自動マテリアルハンドリングの欧州市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングのアジア市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 心血管疾患用医療機器の世界市場予測2017-2027:検査装置、診断装置、手術装置
    当調査レポートでは、心血管疾患用医療機器の世界市場について調査・分析し、心血管疾患用医療機器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・心血管疾患用医療機器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・心血管疾患用医療機器の世界市場:セグメント別市場分析 ・心血管疾患用医療機器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 半導体冷却装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体冷却装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体冷却装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品安定剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品安定剤の世界市場について調査・分析し、食品安定剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 顧客関係管理(CRM)の世界市場分析:展開別、企業規模別、用途別(BFSI、小売、ヘルスケア、テレコム&IT、ディスクリート型製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、顧客関係管理(CRM)の世界市場について調査・分析し、顧客関係管理(CRM)の世界市場動向、顧客関係管理(CRM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別顧客関係管理(CRM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 低温貯蔵の世界市場: 倉庫の類型別 (バルク倉庫、工場用倉庫)、保存温度別 (冷蔵、冷凍)、用途別、倉庫の形態別
    本調査レポートでは、低温貯蔵の世界市場について調査・分析し、低温貯蔵の世界市場動向、低温貯蔵の世界市場規模、市場予測、セグメント別低温貯蔵市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血友病A・血友病Bの組換え因子補充療法:世界の薬剤市場予測・分析
  • 悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の概要 ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 世界のふっ化リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のふっ化リチウム市場2016について調査・分析し、ふっ化リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非破壊検査(NDT)サービスの世界市場:超音波探傷試験、放射線透過試験、渦電流探傷試験、磁粉探傷試験、アコースティック・エミッション、テラヘルツ画像法、目視試験
    当調査レポートでは、非破壊検査(NDT)サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、非破壊検査(NDT)サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性肺傷害(Acute Lung Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性肺傷害(Acute Lung Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性肺傷害(Acute Lung Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性肺傷害(Acute Lung Injury)の概要 ・急性肺傷害(Acute Lung Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性肺傷害(Acute Lung Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性肺傷害(Acute Lung Injury)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 空気アルミニウム電池の世界市場予測2019-2024
    「空気アルミニウム電池の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、鉛蓄、Ni-Cd、MH-Ni、空気亜鉛、リチウムイオン、空気アルミニウムなど、用途別には、Military、Civilなどに区分してまとめた調査レポートです。空気アルミニウム電池のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・空気アルミニウム電池の世界市場概要(サマリー) ・空気アルミニウム電池の企業別販売量・売上 ・空気アルミニウム電池の企業別市場シェア ・空気アルミニウム電池の世界市場規模:種類別(鉛蓄、Ni-Cd、MH-Ni、空気亜鉛、リチウムイオン、空気アルミニウム) ・空気アルミニウム電池の世界市場規模:用途別(Military、Civil) ・空気アルミニウム電池の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・空気アルミニウム電池のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・空気アルミニウム電池の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イ …
  • 世界の亜ジチオン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜ジチオン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、亜ジチオン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス攪拌機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロセス攪拌機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、プロセス攪拌機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェアラブルフィットネス及びスポーツ端末・サービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硝酸ナトリウムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、硝酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硝酸ナトリウムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インフレータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インフレータの世界市場について調査・分析し、インフレータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インフレータシェア、市場規模推移、市場規模予測、インフレータ種類別分析(12V、120V、再充電可能)、インフレータ用途別分析(家庭用、自動車修理店、自動車製造会社)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インフレータの市場概観 ・インフレータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インフレータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インフレータの世界市場規模 ・インフレータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インフレータのアメリカ市場規模推移 ・インフレータのカナダ市場規模推移 ・インフレータのメキシコ市場規模推移 ・インフレータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・インフレータのドイツ市場規模推移 ・インフレータのイギリス市場規模推移 ・インフレータのロシア市場規模推移 ・インフレータのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • 企業向けクラウドサービスの世界市場:SaaS、IaaS、PaaS
    当調査レポートでは、企業向けクラウドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けクラウドサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グルホシネートの世界市場:作物種類別(シリアル&穀物、油料種子&豆類、果物&野菜、その他)、製剤種類別(水性懸濁液、液体、懸濁液濃縮物、可溶性(液体)濃縮物、その他)
    本調査レポートでは、グルホシネートの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、作物種類別(シリアル&穀物、油料種子&豆類、果物&野菜、その他)分析、製剤種類別(水性懸濁液、液体、懸濁液濃縮物、可溶性(液体)濃縮物、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・グルホシネートの世界市場:作物種類別(シリアル&穀物、油料種子&豆類、果物&野菜、その他) ・グルホシネートの世界市場:製剤種類別(水性懸濁液、液体、懸濁液濃縮物、可溶性(液体)濃縮物、その他) ・グルホシネートの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • 再生医療の世界市場予測(~2024年)
    再生医療の世界市場は、2019年の133億米ドルから2024年には387億米ドルに達し、この期間中23.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がん発生率の上昇、高齢者人口の増加、CAR-T細胞療法などの再生医療の技術的シフト、ヘルスケアセクターの成長や可処分所得の上昇につながる経済が考えられます。当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(細胞ベースの免疫療法・細胞療法、組織工学、遺伝子治療)分析、用途別(創傷・皮膚損傷、筋骨格系疾患、腫瘍)分析、再生医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボックスオフィス(興業収益)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボックスオフィス(興業収益)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボックスオフィス(興業収益)の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動運転トラクターの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動運転トラクターの世界市場について調査・分析し、自動運転トラクターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動運転トラクターの世界市場:市場動向分析 - 自動運転トラクターの世界市場:競争要因分析 - 自動運転トラクターの世界市場:ソリューション別 ・サービス ・ハードウェア ・ソフトウェア - 自動運転トラクターの世界市場:アプリケーション別 ・灌漑 ・収穫 ・種まき ・その他 - 自動運転トラクターの世界市場:主要地域別分析 - 自動運転トラクターの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動運転トラクターのヨーロッパ市場規模 - 自動運転トラクターのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動運転トラクターの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • VCAM-1遺伝子発現阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるVCAM-1遺伝子発現阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・VCAM-1遺伝子発現阻害剤の概要 ・VCAM-1遺伝子発現阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のVCAM-1遺伝子発現阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・VCAM-1遺伝子発現阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・VCAM-1遺伝子発現阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ビルディングインフォメーションモデリングソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルディングインフォメーションモデリングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ビルディングインフォメーションモデリングソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 循環流動層燃焼(CFB)ボイラーの世界市場
    当調査レポートでは、循環流動層燃焼 (CFB) ボイラーの世界市場について調査・分析し、循環流動層燃焼 (CFB) ボイラーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 油田用プロセス化学薬品の世界市場2017-2021:掘削薬品、刺激薬品、生産薬品、セメンチング剤、改修・仕上げ剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、油田用プロセス化学薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油田用プロセス化学薬品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は油田用プロセス化学薬品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBaker Hughes、BASF、Halliburton、Schlumberger、The Dow Chemical company等です。
  • 医療用栄養の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療用栄養の世界市場規模が2017年359.2億ドルから2026年706.2億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療用栄養の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用栄養市場規模、製品別(ビタミン、微量元素、スポーツ栄養、たんぱく質、非経口栄養)分析、製品由来別(野菜、フルーツ、動物向け食品、その他の製品由来)分析、疾患別(腎障害、腫瘍学栄養、神経学的障害、肝障害、一般的ウェルビーイング)分析、フレーバー別(レギュラー、フレーバー)分析、病気別(サルコペニア、小児栄養失調、肥満、代謝障害、胃腸疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用栄養の世界市場:市場動向分析 ・ 医療用栄養の世界市場:競争要因分析 ・ 医療用栄養の世界市場:製品別(ビタミン、微量元素、スポーツ栄養、たんぱく質、非経口栄養) ・ 医療用栄養の世界市場:製品由来別(野菜、フルーツ、動物向け食 …
  • PETパッケージングの世界市場:非結晶性PET、結晶性PET、ボトル・瓶、バック・ポーチ、トレー、蓋/キャップ・クロージャ
    当調査レポートでは、PETパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、形状別分析、種類別分析、 充填技術別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 協調ロボットの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、協調ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、積載量別(5kg未満、5kg・10kg、10kg超)分析、産業別(自動車、エレクトロニクス、金属・機械加工、プラスチック・ポリマー、食品・飲料、ヘルスケア)分析、用途別分析、協調ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスセンサの世界市場:電気化学式、赤外線、MOS(金属酸化膜半導体)、触媒式、ジルコニア、レーザー、光イオン化検出
    当調査レポートでは、ガスセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、ガス種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管炎治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血管炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管炎治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スーヴィーマシーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スーヴィーマシーンの世界市場について調査・分析し、スーヴィーマシーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スーヴィーマシーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、スーヴィーマシーン種類別分析(浸漬型、温水バス型)、スーヴィーマシーン用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スーヴィーマシーンの市場概観 ・スーヴィーマシーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スーヴィーマシーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スーヴィーマシーンの世界市場規模 ・スーヴィーマシーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スーヴィーマシーンのアメリカ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのカナダ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのメキシコ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スーヴィーマシーンのドイツ市場規模推移 ・スーヴィーマシーンのイギリス市場規模推移 ・スーヴィーマシーン …
  • デンマークの関節鏡検査装置市場見通し
  • 食品汚染検査の世界市場2017-2021:従来型検査法、迅速検査法
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品汚染検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品汚染検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品汚染検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Covance、Neogen、SGS、Thermo Fisher Scientific等です。
  • ウクライナの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 腫瘍アブレーションの世界市場予測(~2021年):ラジオ波アブレーション、マイクロ波アブレーション、冷凍アブレーション、IREアブレーション、超音波アブレーション、レーザアブレーション
    当調査レポートでは、腫瘍アブレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、治療別分析、用途別分析、地域別分析、腫瘍アブレーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業用モバイルアプリケーションの世界市場予測:会計&ファイナンス、ERP、コミュニケーション&コラボレーション、CRM
    当調査レポートでは、企業用モバイルアプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、オペレーティングシステム別分析、アプリケーション種類別分析、企業規模別分析、企業用モバイルアプリケーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、癌・腫瘍プロファイリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(免疫測定法、NGS、PCR、In Situ Hybridization)分析、がん種類別(乳房、肺、結腸直腸)分析、バイオマーカー種類別(ゲノムバイオマーカー、タンパク質バイオマーカー)分析、用途別(診断、予後)分析、癌・腫瘍プロファイリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、癌・腫瘍プロファイリングの世界市場規模が2019年75億ドルから2024年124億ドルまで年平均10.5%成長すると予測しています。
  • 眼底カメラの世界市場:無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ
    当調査レポートでは、眼底カメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼底カメラ市場規模、製品別(無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ)分析、エンドユーザー別(眼科クリニック、病院、ASC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canon, Carl Zeiss Meditec, Kowa Optimed, NIDEK, OPTOMED OY, TOPCONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・眼底カメラの世界市場概要 ・眼底カメラの世界市場環境 ・眼底カメラの世界市場動向 ・眼底カメラの世界市場規模 ・眼底カメラの世界市場:業界構造分析 ・眼底カメラの世界市場:製品別(無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ) ・眼底カメラの世界市場:エンドユーザー別(眼科クリニック、病院、ASC) ・眼底カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼底カメラの北米市場規模・予測 ・眼底カメラのヨーロッパ・中東・アフ …
  • 請負電子製造・設計サービスの世界市場分析:サービス別(設計、組立、製造)、エンドユーザー別(ヘルスケア、自動車、航空宇宙、テレコム)、地域別、セグメント予測、2015 – 2025
    本調査レポートでは、請負電子製造・設計サービスの世界市場について調査・分析し、請負電子製造・設計サービスの世界市場動向、請負電子製造・設計サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別請負電子製造・設計サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスチール・コード市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチール・コード市場2015について調査・分析し、スチール・コードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊油脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、特殊油脂の世界市場について調査・分析し、特殊油脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別特殊油脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、特殊油脂種類別分析(カカオ代用脂、その他)、特殊油脂用途別分析(家庭用、飲食店用、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・特殊油脂の市場概観 ・特殊油脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・特殊油脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・特殊油脂の世界市場規模 ・特殊油脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・特殊油脂のアメリカ市場規模推移 ・特殊油脂のカナダ市場規模推移 ・特殊油脂のメキシコ市場規模推移 ・特殊油脂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・特殊油脂のドイツ市場規模推移 ・特殊油脂のイギリス市場規模推移 ・特殊油脂のロシア市場規模推移 ・特殊油脂のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・特殊油脂の日本市場規模推移 ・特殊油脂の中国市場規模推移 …
  • クラウド式セキュリティサービス(Security as a Service)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド式セキュリティサービス(Security as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド式セキュリティサービス(Security as a Service)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の注入療法デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の注入療法デバイス市場2015について調査・分析し、注入療法デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの坑内採鉱装置市場予測
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"