"世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7473)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The edible packaging market is projected to grow at a CAGR of 4.3%; the key drivers include efficiency in water use in drought-prone areas, cost efficiency in agriculture production, and enhanced crop yields”

The edible packaging market is estimated at USD 527 million in 2019 and projected to grow at a CAGR of 4.3%, to reach USD 679 million by 2025. The growth of the edible packaging market is driven by factors such as government initiatives, water conservation activities, enhancement of production, and decrease in production cost. This market is also driven by factors such as the ban on single-use plastics, growing environmental and sustainability concerns, increased shelf-life of fresh products without refrigeration, and development of new plant- and microorganism-based sources.

“The seaweed and algae sources led the market with the largest share in 2019.”
On the basis of raw material, the edible packaging market is classified into seaweed and algae, polysaccharides, lipids, and others, which include surfactants, composites, and carbohydrates. Seaweeds have emerged as a key raw material in edible packaging, which can be attributed to the inherent attributes of seaweeds as an edible source. Seaweeds have high fiber and vitamin content, which aid in the development of seaweed into packaging without the requirement for additional chemical compounds. Given the biodegradable properties of seaweed, it can even be disposed of without any further environmental implications. Seaweed can also be grown with minimal resource support by negating requirements for water, fertilizers, and other key resources.

“Beverages accounted for the largest share of the edible packaging market in 2019.”
Based on end use, the use of edible packaging in beverages was observed to hold the dominant share in the edible packaging market. Beverages have emerged as a key area for growth in the market. This is primarily driven by water-soluble alternatives to standard plastic packaging. Products including water, juices, and even alcoholic beverages have emerged as the key areas for adoption in the edible packaging landscape. Products such as Ooho have gained widespread popularity among consumers as a water-pod, which can be ingested. Similarly, foodservice outlets are utilizing water-soluble packaging solutions in their everyday operations in an effort to reduce waste.

“Plant-based edible packaging holds the dominant market share, by source.”
On the basis of source, the plant-based segment is expected to hold the largest market share between 2019 and 2025. Plant-based sources have gained widespread popularity among manufacturers as a reliable source for the development of edible packaging solutions. Different types of plant-based sources, including fibrous vegetables, starch, carbohydrates, and seaweed have emerged as popular sources of edible packaging. Ingredients such as cassava have also been integrated into the process and are viewed as taste-neutral solutions to packaging. Seaweed-based sources have also been adapted into paper-packaging forms and witness widespread acceptance in foodservice industries.

“High growth is projected in the Asia Pacific edible packaging market.”
The Asia Pacific market is projected to be the fastest-growing market for the period considered for this study due to the strong potential for edible packaging solutions, which are being developed in the region. Edible packaging manufacturers see the region as a key launchpad for their offerings, given the growing resistance toward single-use plastics and government reforms toward packaging and waste generation. The region also hosts a strong manufacturing hub for the seaweed industry, which represents a key area for growth in the edible packaging market.

Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 70 %, Tier II – 25%, and Tier III – 5%
 By Designation: C Level – 50%, D Level – 30%, and Others* – 20%
 By Region: Asia Pacific – 45%, North America – 21%, Europe – 12%, South America – 12%, and RoW – 10%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• Monosol LLC (US)
• JRF Technology (US)
• Evoware (US)
• Tipa Corp. (Israel)
• Nagase America (US)
• Notpla Ltd. (UK)
• Avani (Indonesia)
• Wikicell Designs (US)
• Amtrex Nature Care Pvt. Ltd. (India)
• EnviGreen Biotech Pvt. Ltd. (India)
• Regeno Bio-Bags (India)
• Devro Plc (UK)
• Apeel Sciences (US)
• Coolhaus (US)
• Do Eat (Belgium)
• Ecoactive (US)
• Mantrose UK Ltd. (UK)
• Dental Development Systems LLC (US)
• Tomorrow Machine (Sweden)
• Lactips (France)

Research Coverage:
The report segments the edible packaging on the basis of end use, packaging process, source, raw material, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles, which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global edible packaging, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of edible packaging
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the edible packaging market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Segmentation
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
5.3 Regulatory Framework
5.4 Patents
5.5 Supply Chain/Value Chain
6 Edible Packaging Market, By Source (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Plant
6.3 Animal
7 Edible Packaging Market, By Raw Material (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Seaweeds and Algae
7.3 Polysaccharides
7.4 Lipids
7.5 Others
8 Edible Packaging Market, By End Use (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Food
8.2.1 Fresh Food
8.2.2 Bakery and Confectionery
8.2.3 Frozen Foods
8.2.4 Others
8.3 Beverage
8.3.1 Non-Alcoholic Beverages
8.3.2 Alcoholic Beverages
8.4 Pharmaceuticals
9 Edible Packaging Market, By Process Technology (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Antimicrobial
9.3 Nanotechnology
9.4 Electrohydrodynamic
9.5 Coatings
9.6 Others
10 Edible Packaging Market, By Region (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.2 Canada
10.2.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 UK
10.3.1 Germany
10.3.2 France
10.3.3 Italy
10.3.4 Spain
10.3.5 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.2 India
10.4.3 Japan
10.4.4 Australia & New Zealand
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.2 Argentina
10.5.3 Rest of South America
10.6 RoW
10.6.1 The Middle East
10.6.2 Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Ranking of Key Players, 2018
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches and Approvals
10.4.2 Expansions & Investments
11.4.3 Acquisitions
10.4.4 Partnerships, Agreements, and Collaborations
11 Company Profiles (Page No. – 116)
11.1 Nagase America LLC
11.1.1 Business Overview
11.1.2 Products Offered
11.1.3 Recent Developments
11.1.4 SWOT Analysis
11.1.5 Right to Win
11.2 Devro PLC
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 SWOT Analysis
11.3 Monosol LLC
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 SWOT Analysis
11.3.5 Right to Win
11.4 JRF Technology
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.4 SWOT Analysis
11.5 Evoware
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 SWOT Analysis
11.6 Notpla LTD
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 Right to Win
11.7 Tipa Corp.
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.8 Avani.
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.8.4 Right to Win
11.9 Incredible Foods Inc.
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.10 Amtrex Nature Care Pvt. LTD.
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.11 Envi-Green Biotech Pvt. LTD.
11.11.1 Business Overview
11.11.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.12 Regeno Bio Bags
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.13 Apeel Sciences
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.14 Coolhaus
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.15 Do Eat
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.16 Ecoactive
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.17 Mantrose UK LTD.
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.18 Dental Development Systems LLC
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.19 Cuantec
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
11.20 Lactips
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 Right to Win
12 Appendix (Page No. – 143)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別
【発行日】2019年12月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7473
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の食用包装市場:由来別(植物および動物)、原材料別(海藻・藻類、多糖類、脂質)、エンドユーズ別、包装プロセス別(抗菌、ナノテクノロジー、電気流体力学、コーティング、微生物)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 防食コーティングの世界市場2017-2021:エポキシ、ポリウレタン、アルキド、アクリル、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、防食コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防食コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は防食コーティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、RPM International、The Dow Chemical Company、The Sherwin-Williams Company等です。
  • 風疹(Rubella):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における風疹(Rubella)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、風疹(Rubella)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・風疹(Rubella)の概要 ・風疹(Rubella)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の風疹(Rubella)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・風疹(Rubella)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・風疹(Rubella)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 脂質異常症治療薬の世界市場予測・分析
  • 高齢者介護サービスの世界市場分析:サービス別(ホームケア、成人デイケア、施設医療、非医療、医療、養護老人ホーム、病院、コミュニティセンター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高齢者介護サービスの世界市場について調査・分析し、高齢者介護サービスの世界市場動向、高齢者介護サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別高齢者介護サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 早産(陣痛抑制)(Premature Labor (Tocolysis)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における早産(陣痛抑制)(Premature Labor (Tocolysis))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、早産(陣痛抑制)(Premature Labor (Tocolysis))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・早産(陣痛抑制)(Premature Labor (Tocolysis))の概要 ・早産(陣痛抑制)(Premature Labor (Tocolysis))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の早産(陣痛抑制)(Premature Labor (Tocolysis))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・早産(陣 …
  • ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場について調査・分析し、ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:市場動向分析 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:競争要因分析 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:技術別 ・接触ベースジェスチャー認識 ・非接触ジェスチャー認識 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:産業別 ・広告 ・自動車 ・防衛 ・医療 ・ショッピングセンター ・教育ハブ ・その他 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:製品別 ・非接触生体認証 ・衛生設備 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:技術別 ・センサー ・RFID技術 ・音声認識 ・カメラベース技術 ・その他 - ジェスチャー認識および非接触センシングの世界市場:産業別 ・金融・銀行 ・家電 ・自動車 ・行政 ・医療 ・その他 - ジェスチ …
  • バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場分析:用途別(ボトル、技術系、消費財)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場動向、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場について調査・分析し、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓種類別分析(ドア、窓)、ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓用途別分析(住居用、商業用、工業・建築用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の市場概観 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の世界市場規模 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のアメリカ市場規模推移 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓のカナダ市場規模推移 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)ドア・窓の …
  • 眼科治療の世界市場2020-2024
    「眼科治療の世界市場2020-2024」は、眼科治療について市場概要、市場規模、製品別(網膜障害治療薬、緑内障治療薬、ドライアイ疾患治療薬、眼感染症および炎症治療薬、その他の治療薬)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・眼科治療の世界市場:製品別(網膜障害治療薬、緑内障治療薬、ドライアイ疾患治療薬、眼感染症および炎症治療薬、その他の治療薬) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • シリコンウェハ再生の世界市場分析:製品別(150mm、200mm、300mm)、用途別(集積回路、太陽電池)、セグメント予測
    本調査レポートでは、シリコンウェハ再生の世界市場について調査・分析し、シリコンウェハ再生の世界市場動向、シリコンウェハ再生の世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコンウェハ再生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の直鎖アルキルベンゼン(LAB)市場2016
    本調査レポートでは、世界の直鎖アルキルベンゼン(LAB)市場2016について調査・分析し、直鎖アルキルベンゼン(LAB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 質量分析法(MS)の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、質量分析法(MS)の世界市場について調査・分析し、質量分析法(MS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・質量分析法(MS)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・質量分析法(MS)の世界市場:技術別市場分析 ・質量分析法(MS)の世界市場:用途別市場分析 ・質量分析法(MS)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 落下防止の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、落下防止の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、落下防止の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽電池用バックシート市場2016
    本調査レポートでは、世界の太陽電池用バックシート市場2016について調査・分析し、太陽電池用バックシートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フルオロエラストマーの世界市場予測(~2022年):フルオロカーボン、フルオロシリコーン、パーフロロエラストマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フルオロエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、フルオロエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインスリンデテミル市場2015
    本調査レポートでは、世界のインスリンデテミル市場2015について調査・分析し、インスリンデテミルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるα1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)の概要 ・α1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のα1アンチトリプシン欠乏症(Alpha- Antitrypsin Deficiency)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • 性感染症(STD)検査の世界市場:実験室検査装置、POC検査装置
    Technavio社の本調査レポートでは、性感染症(STD)検査の世界市場について調べ、性感染症(STD)検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、性感染症(STD)検査の市場規模をセグメンテーション別(製品別(実験室検査装置、POC検査装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は性感染症(STD)検査の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・性感染症(STD)検査の市場状況 ・性感染症(STD)検査の市場規模 ・性感染症(STD)検査の市場予測 ・性感染症(STD)検査の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(実験室検査装置、POC検査装置) ・性感染症(STD)検査の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 包装済パルメザンチーズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装済パルメザンチーズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装済パルメザンチーズ市場規模、用途別(焼成食品、ソース・ディップ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装済パルメザンチーズの世界市場概要 ・包装済パルメザンチーズの世界市場環境 ・包装済パルメザンチーズの世界市場動向 ・包装済パルメザンチーズの世界市場規模 ・包装済パルメザンチーズの世界市場:業界構造分析 ・包装済パルメザンチーズの世界市場:用途別(焼成食品、ソース・ディップ、その他) ・包装済パルメザンチーズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装済パルメザンチーズのアメリカ市場規模・予測 ・包装済パルメザンチーズのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装済パルメザンチーズのアジア市場規模・予測 ・包装済パルメザンチーズの主要国分析 ・包装済パルメザンチーズの世界市場:意思決定フレームワーク ・包装済パルメザンチーズの世界市場:成長要因、課 …
  • スリップ剤の世界市場予測(~2023年):脂肪族アミド、ワックス・ポリシロキサン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スリップ剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(脂肪族アミド、ワックス・ポリシロキサン)別分析、キャリア樹脂(LDPE、LLDPE、HDPE、PP)別分析、用途(パッケージング、非パッケージング)別分析、スリップ剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイパースケールデータセンターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ハイパースケールデータセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析、ハイパースケールデータセンターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 学校用家具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アスファルト工場の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アスファルト工場の世界市場について調査・分析し、アスファルト工場の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アスファルト工場シェア、市場規模推移、市場規模予測、アスファルト工場種類別分析(3000未満、3000-4000、4001以上)、アスファルト工場用途別分析(道路建設、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アスファルト工場の市場概観 ・アスファルト工場のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アスファルト工場のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アスファルト工場の世界市場規模 ・アスファルト工場の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アスファルト工場のアメリカ市場規模推移 ・アスファルト工場のカナダ市場規模推移 ・アスファルト工場のメキシコ市場規模推移 ・アスファルト工場のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アスファルト工場のドイツ市場規模推移 ・アスファルト工場のイギリス市場規模推移 ・アスファルト工場の …
  • 神経形態学的コンピューティングの世界市場分析:用途別(信号処理、画像処理、データ処理、物体検出、その他)、エンドユーザー別(家電、自動車、ヘルスケア、軍用、防衛など)、2024年までに6,480,100,000米ドルに達すると思われる
    本調査レポートでは、神経形態学的コンピューティングの世界市場について調査・分析し、神経形態学的コンピューティングの世界市場動向、神経形態学的コンピューティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別神経形態学的コンピューティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 次世代ファイアウォールの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、次世代ファイアウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、次世代ファイアウォールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • X線検出器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、X線検出器の世界市場について調査・分析し、X線検出器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別X線検出器シェア、市場規模推移、市場規模予測、X線検出器種類別分析(アモルファスシリコン(TFT)、CMOS、その他)、X線検出器用途別分析(医療、歯科、安全、獣医、工業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・X線検出器の市場概観 ・X線検出器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・X線検出器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・X線検出器の世界市場規模 ・X線検出器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・X線検出器のアメリカ市場規模推移 ・X線検出器のカナダ市場規模推移 ・X線検出器のメキシコ市場規模推移 ・X線検出器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・X線検出器のドイツ市場規模推移 ・X線検出器のイギリス市場規模推移 ・X線検出器のロシア市場規模推移 ・X線検出器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 世界のベアリング市場規模・予測2014-2025:用途別(自動車、農業、電子、鉱業・建築、線路・航空宇宙、自動車アフターマーケット・その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベアリング市場について調査・分析し、世界のベアリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベアリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 塩素アルカリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、塩素アルカリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塩素アルカリ市場規模、製品別(苛性ソーダ、塩素、ソーダ灰)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・塩素アルカリの世界市場概要 ・塩素アルカリの世界市場環境 ・塩素アルカリの世界市場動向 ・塩素アルカリの世界市場規模 ・塩素アルカリの世界市場:業界構造分析 ・塩素アルカリの世界市場:製品別(苛性ソーダ、塩素、ソーダ灰) ・塩素アルカリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・塩素アルカリの北米市場規模・予測 ・塩素アルカリのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・塩素アルカリのアジア太平洋市場規模・予測 ・塩素アルカリの主要国分析 ・塩素アルカリの世界市場:意思決定フレームワーク ・塩素アルカリの世界市場:成長要因、課題 ・塩素アルカリの世界市場:競争環境 ・塩素アルカリの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 画像診断装置の世界市場2017-2021:X線、超音波、MRI、CTスキャナー、SPECT、PET
    当調査レポートでは、画像診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、画像診断装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康・ウェルネス食品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、健康・ウェルネス食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、健康・ウェルネス食品市場規模、流通経路別(小売店、オンラインストア)分析、製品別(自然健康食品、機能性食品、BFY食品、オーガニックフード、食物不耐性用製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Danone, General Mills, GlaxoSmithKline, Kellogg, Nestlé, PepsiCoなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・健康・ウェルネス食品の世界市場概要 ・健康・ウェルネス食品の世界市場環境 ・健康・ウェルネス食品の世界市場動向 ・健康・ウェルネス食品の世界市場規模 ・健康・ウェルネス食品の世界市場:業界構造分析 ・健康・ウェルネス食品の世界市場:流通経路別(小売店、オンラインストア) ・健康・ウェルネス食品の世界市場:製品別(自然健康食品、機能性食品、BFY食品、オーガニックフード、食物不耐性用製品) ・健康・ウェルネス …
  • 胃がん治療薬の世界市場:研究開発、市場動向、予測
    当調査レポートでは、胃がん治療薬の世界市場について調査・分析し、胃がん治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 胃がん治療の概要 3. 主要な胃がん治療薬 4. 胃がん治療の研究開発パイプライン分析 2016-2026 5. 胃がん治療の世界市場 2015-2026:予測およびSWOT分析 6. 主要国の胃がん治療市場 2015-2026 7. 調査インタビュー 8. 結論
  • 電気殺虫器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気殺虫器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気殺虫器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場分析:製品別(ブランド、ビスホスホネート、副甲状腺ホルモン療法、カルシトニン、選択的エストロゲン阻害モジュレーター(SERM)、ランクリガンド阻害剤、ジェネリック)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場について調査・分析し、骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場動向、骨粗鬆症薬と保持器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨粗鬆症薬と保持器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 船舶用燃料噴射装置の世界市場:燃料噴射器、燃料バルブ、燃料ポンプ、電子制御ユニット(ECU)
    当調査レポートでは、船舶用燃料噴射装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、構成品別分析、HP範囲別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • てんかん治療のアジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、てんかん治療のアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、てんかん治療のアジア市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • セルフペース型eラーニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セルフペース型eラーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフペース型eラーニングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルラジオグラフィの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルラジオグラフィの世界市場について調査・分析し、デジタルラジオグラフィの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルラジオグラフィシェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルラジオグラフィ種類別分析(CRテックデジタルX線システム、DRテックデジタルX線システム)、デジタルラジオグラフィ用途別分析(歯科、整形外科、一般外科、獣医、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デジタルラジオグラフィの市場概観 ・デジタルラジオグラフィのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デジタルラジオグラフィのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デジタルラジオグラフィの世界市場規模 ・デジタルラジオグラフィの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デジタルラジオグラフィのアメリカ市場規模推移 ・デジタルラジオグラフィのカナダ市場規模推移 ・デジタルラジオグラフィのメキシコ市場規模推移 ・デジタルラジオグラフィのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フラン …
  • イノベーション管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、イノベーション管理の世界市場について調査・分析し、イノベーション管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - イノベーション管理の世界市場:市場動向分析 - イノベーション管理の世界市場:競争要因分析 - イノベーション管理の世界市場:エンドユーザー別 健康管理及び製薬化学 自動車及び製造工場 輸送及び流通 宇宙航空学及び防衛 一般部門及び教育 小売及び消費財 情報技術、銀広報及び通信技術 銀行、金融機関及び保険 その他のエンドユーザー - イノベーション管理の世界市場:種類別 サービス ソフトウェア - イノベーション管理の世界市場:団体規模別 大規模企業 中小企業(SMES) - イノベーション管理の世界市場:用途別 市場開発、デザイン及びアイディア基盤 製品調査及び開発基盤 情報収集及び予測基盤 人事及び契約雇用基盤 - イノベーション管理の世界市場:展開層別 クラウド 自社運用/専用運用 - イノベーション管理の世界市場:主要地域別分析 - イノベーション管理の北米市場規模(ア …
  • 種子の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・種子の世界市場:市場動向分析 ・種子の世界市場:競争要因分析 ・種子の世界市場:製品別分析/市場規模 ・種子の世界市場:バイオテクノロジー形質別分析/市場規模 ・種子の世界市場:地域別分析/市場規模 ・種子の北米市場規模 ・種子の欧州市場規模 ・種子のアジア市場規模 ・種子の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • インベルターゼの世界市場:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)、ソース別(植物、微生物)、地域別予測
    本資料は、インベルターゼの世界市場について調べ、インベルターゼの世界規模、市場動向、市場環境、産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)分析、ソース別(植物、微生物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSigma-Aldrich Co. LLC、Koninklijke DSM N.V.、Parchem Fine & Speciality Chemicals、SternEnzym GmbH & Co. KG、Kerry Inc.、Meteoric Exim Private Ltd.、MP Biomedicals LLC、BIO-CAT、Megazyme Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インベルターゼの世界市場概要 ・インベルターゼの世界市場環境 ・インベルターゼの世界市場動向 ・インベルターゼの世界市場規模 ・インベルターゼの世界市場規模:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他) ・インベルターゼの世界 …
  • 押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レベルセンサーの世界市場:接触式レベルセンサー、非接触式レベルセンサー
    当調査レポートでは、レベルセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、需要先別分析、モニタリングタイプ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 断熱塗料の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、断熱塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュアWebゲートウェイの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • スペインの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界の高純度アルミナ市場2016
    本調査レポートでは、世界の高純度アルミナ市場2016について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 水素化ビスフェノールAの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水素化ビスフェノールAの世界市場について調査・分析し、水素化ビスフェノールAの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水素化ビスフェノールAシェア、市場規模推移、市場規模予測、水素化ビスフェノールA種類別分析()、水素化ビスフェノールA用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水素化ビスフェノールAの市場概観 ・水素化ビスフェノールAのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水素化ビスフェノールAのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水素化ビスフェノールAの世界市場規模 ・水素化ビスフェノールAの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水素化ビスフェノールAのアメリカ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのカナダ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのメキシコ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水素化ビスフェノールAのドイツ市場規模推移 ・水素化ビスフェノールAのイギリス市 …
  • インドの防衛産業におけるFDI(直接投資)機会
  • 電池用セパレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電池用セパレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電池用セパレータの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電池用セパレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.45 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASAHI KASEI, • Cangzhou Mingzhu Plastic, • Celgard, • Daramic, • Dreamweaver等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"