"世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 7483)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing focus of countries on electrification of their public transport fleets and increasing awareness toward ecofriendly vehicles are the significant growth drivers which have led the global electric bus market”
The global electric bus market size is projected to grow from 137 thousand units in 2019 to reach 935 thousand units by 2027, at a CAGR of 27.2%. The advancements in battery pack technologies and electric powertrains are some of the major factors driving the growth of the electric bus and coach market. Many countries are focusing on electrification of their mass transit solutions, especially buses and coaches. Factors such as rise in pollution and environmental hazards, stringent government regulations, and stiff competition have compelled automotive OEMs to make fuel-efficient and environment-friendly buses.

“Large volumes of electric buses used in public transport is likely to propel the growth of the 9-14m segment during the forecast period”
In the electric bus market, by length of bus, the 9–14 m segment is projected to be the largest market during the forecast period in terms of volume. The 9–14 m segment is dominating the electric bus segment due to the large volumes of electric passenger buses used in public transport fleet. Most of the public transport fleets, especially in China, which accounts for almost 99% of the market have electric buses that are 9–14 m in length. Also, many of the leading OEMs such as BYD, Proterra, and Yutong have been providing electric buses in the 9–14 m length range. Countries that are planning to replace existing public fleets with electric ones are considering electric buses of the same lengths as well.

“Asia Pacific is expected to be the largest market during the forecast period”
The Asia Pacific region is the largest electric bus market in the world. It comprises some of the fastest developing and developed economies in the world. The growth in the region can be attributed to the dominance of the Chinese market and the presence of leading OEMs in the country as well, resulting in exponential growth of the Asia Pacific electric bus and coach market. The favorable regulations for electric buses, availability of electric and electronics components, and rapidly growing charging infrastructure are projected to boost the electric bus market in the region.

“Middle East & Africa bus market is expected to register the fastest growth during the forecast period”
The Middle East & Africa, which includes Egypt, South Africa, and UAE, is projected to be the fastest growing market during the forecast period. The increasing demand for electric mass transit solutions, renowned OEMs expanding in the region, and government support are factors driving the Middle East & Africa electric bus market. For instance, in November 2019, Egypt’s Arab Organisation for Industrialisation (AOI) started its first smart electric bus in the country with the help of Shanghai Wanxiang Group, China. Also, in May 2019, Foton Motor signed an agreement with Egypt’s Military Production Ministry to manufacture more than 2,000 electric buses in the country over the next four years. Middle East & Africa has become a key region for OEMs to explore, as major countries in the Middle East & Africa, such as Egypt, Africa, and UAE, have high demand for public transport due to the increasing number of tourists visiting these countries. Thus, governments are planning to replace the existing public transport with more efficient and emission-free public transport because of emission concerns.

In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in this market.
• By Company Type: Tier I – 40%, Tier II – 42%, and Tier III – 18%
• By Designation: C Level – 57%, D Level – 29%, and Others – 14%
• By Region: North America – 39%, Europe – 33%, and Asia Pacific – 28%

The electric bus market comprises major manufacturers such as BYD (China), Yutong (China), Proterra (US), VDL Groep (Netherlands), and AB Volvo (Sweden).

Research Coverage:
The market study covers the electric bus market across segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as by propulsion type, application, consumer segment, range, length of bus, component, battery capacity, power output, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
• The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of revenue numbers for the overall electric bus market and its subsegments.
• This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies.
• The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 the Market Size Covered in the Study Would be on Electric Bus Sales Only as Authenttic Production Data is Not Available
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
5.2.5 Impact of Market Dynamics
6 Technological Overview
7 Electric Bus Market, By Consumer Segment
7.1 Introduction
7.2 Fleet Operators
7.3 Government
8 Electric Bus Market, By Application
8.1 Introduction
8.2 Intercity
8.3 Intra-City
9 Electric Bus Market, By Length Type
9.1 Introduction
9.2 Less Than 9 M
9.3 9-14 M
9.4 More Than 14 M
10 Electric Bus Market, By Component
10.1 Introduction
10.2 Battery
10.3 Motor
10.4 Fuel Cell Stack
11 Electric Bus Market, By Propulsion Type
11.1 Introduction
11.2 Battery Electric Vehicle (BEV)
11.3 Plug-In Hybrid Electric Vehicle (PHEV)
11.4 Fuel Cell Electric Vehicle (FCEV)
12 Electric Bus Market, By Range Type
12.1 Introduction
12.2 Up to 200 Miles
12.3 201-400 Miles
12.4 Above 400 Miles
13 Electric Bus Market, By Battery Capacity Type
13.1 Introduction
13.2 Up to 400 kWh
13.3 Above 400 kWh
14 Electric Bus Market, By Power Output Type
14.1 Introduction
14.2 Up to 250 KW
14.3 Above 250 KW
15 Electric Bus Market, By Region
15.1 Introduction
15.2 Asia Pacific
15.2.1 China
15.2.2 India
15.2.3 Japan
15.2.4 South Korea
15.2.5 Singapore
15.3 Europe
15.3.1 Austria
15.3.2 Belgium
15.3.3 France
15.3.4 Germany
15.3.5 the Netherlands
15.3.6 Norway
15.3.7 Spain
15.3.8 Sweden
15.3.9 Switzerland
15.3.10 Turkey
15.3.11 United Kingdom
15.4 North America
15.4.1 Canada
15.4.2 US
15.5 Latin America
15.5.1 Brazil
15.5.2 Chile
15.5.3 Mexico
15.5.4 Argentina
15.6 Middle East & Africa
15.6.1 UAE
15.6.2 Egypt
15.6.3 South Africa
16 Competitive Landscape
16.1 Overview
16.2 Market Ranking Analysis
16.3 Competitive Scenario
16.3.1 New Product Developments
16.3.2 Collaborations/Joint Ventures/Supply Contracts/ Partnerships/Agreements
16.3.3 Expansions, 2017–2018
16.4 Competitive Leadership Mapping
16.4.1 Visionary Leaders
16.4.2 Innovators
16.4.3 Dynamic Differentiators
16.4.4 Emerging Companies
16.5 Upcoming Buses Models
17 Company Profiles
17.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis)*
17.1.1 BYD
17.1.2 Yutong
17.1.3 Proterra
17.1.4 VDL
17.1.5 Volvo
17.1.6 Daimler
17.1.7 Solaris Bus & Coach S.A
17.1.8 Ebusco Bv
17.1.9 New Flyer Group
17.1.10 Tata Motors
17.1.11 Ashok Leyland
17.1.12 Zhongtong Bus Holding Co., Ltd
17.1.13 Iveco
17.1.14 King Long United Automotive
17.1.15 Skoda Transportation
17.1.16 Ankai
17.1.17 Scania
17.1.18 Irizar
17.1.19 Bluebird
17.1.20 Iveco
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
17.2 Key Players From Other Regions
17.2.1 North America
17.2.2 Europe
17.2.3 Asia Pacific
18 Appendix
18.1 Discussion Guide
18.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
18.3 Available Customizations
18.4 Related Reports
18.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別
【発行日】2019年12月12日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 7483
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 生分解性プラスチックの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生分解性プラスチック市場規模、タイプ別(生分解性、化石系、ポリ-3-ヒドロキシブチラート(PHB)、再生セルロース、バイオベース、その他)分析、材料別(トウモロコシ、サトウキビ・シュガービート、木材、その他)分析、用途別(繊維、射出成形、パッケージング、その他)分析、エンドユーザー別(電気・電子、農業・園芸、建築・建設、自動車、テキスタイル、医療、コーティング剤、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 生分解性プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・ 生分解性プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・ 生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別(生分解性、化石系、ポリ-3-ヒドロキシブチラート(PHB)、再生セルロース、バイオベース、その他) ・ 生分解性プラスチックの世界市場:材料別(トウモロコシ、サトウキビ・シュガービート、木材、その他) ・ …
  • 酵素阻害薬の世界市場                             
    当調査レポートでは、酵素阻害薬の世界市場について調査・分析し、酵素阻害薬の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 酵素阻害薬の世界市場:市場動向分析 - 酵素阻害薬の世界市場:競争要因分析 - 酵素阻害薬の世界市場:種類別 ・可逆性のもの ・不可逆性のもの - 酵素阻害薬の世界市場:エンドユーザー別 ・農薬 ・医薬品 ・バイオテクノロジー ・食品&飲料 ・その他 - 酵素阻害薬の世界市場:病気の症状別 ・関節炎 ・循環器疾患 ・慢性閉塞性肺疾患 ・胃腸障害 ・炎症性疾患 ・その他 - 酵素阻害薬の世界市場:用途別 ・殺虫剤の合成 ・医薬品開発 ・診断用薬 ・その他 - 酵素阻害薬の世界市場:主要地域別分析 - 酵素阻害薬の北米市場規模(アメリカ市場等) - 酵素阻害薬のヨーロッパ市場規模 - 酵素阻害薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・酵素阻害薬の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アメリカのバイオ発電(バイオマス、バイオガス)市場2015
  • 世界の核酸抽出装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の核酸抽出装置市場2015について調査・分析し、核酸抽出装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用アダプティブフロントライティングシステム(AFS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用アダプティブフロントライティングシステム(AFS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アダプティブフロントライティングシステム(AFS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生鮮食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生鮮食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートパーキングの北米市場
  • グラフデータベースの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、グラフデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、グラフデータベースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホスピタリティ産業向けVOD(ビデオ・オン・デマンド)ソリューションの世界市場:ペイテレビ、IPテレビ、OTT
    当調査レポートでは、ホスピタリティ産業向けVOD(ビデオ・オン・デマンド)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、収益モデル別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 湿式創傷包帯の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「湿式創傷包帯の世界市場2020-2024」は、湿式創傷包帯について市場概要、市場規模、製品別(フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、アルギン酸塩ドレッシング、フィルムドレッシング、ハイドロゲルドレッシング、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・湿式創傷包帯の世界市場:製品別(フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、アルギン酸塩ドレッシング、フィルムドレッシング、ハイドロゲルドレッシング、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ヨーロッパ主要国の血液検査市場動向(~2021)
  • 世界の白金採掘市場2020
  • 仮想検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、仮想検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、仮想検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカプセル化農薬の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、マイクロカプセル化農薬の世界市場について調査・分析し、マイクロカプセル化農薬の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:技術別分析 ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:種類別分析 ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:用途別分析 ・マイクロカプセル化農薬の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 浮きドックの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、浮きドックの世界市場について調査・分析し、浮きドックの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別浮きドックシェア、市場規模推移、市場規模予測、浮きドック種類別分析()、浮きドック用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・浮きドックの市場概観 ・浮きドックのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・浮きドックのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・浮きドックの世界市場規模 ・浮きドックの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・浮きドックのアメリカ市場規模推移 ・浮きドックのカナダ市場規模推移 ・浮きドックのメキシコ市場規模推移 ・浮きドックのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・浮きドックのドイツ市場規模推移 ・浮きドックのイギリス市場規模推移 ・浮きドックのロシア市場規模推移 ・浮きドックのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・浮きドックの日本市場規模推移 ・浮きドックの中国市場規模推移 ・浮きドッ …
  • 世界のスパンデックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のスパンデックス市場2015について調査・分析し、スパンデックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 2型糖尿病の疫学的予測
    当調査レポートでは、2型糖尿病の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・2型糖尿病の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・2型糖尿病の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 世界の実体顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の実体顕微鏡市場2015について調査・分析し、実体顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 流量計の世界市場:差圧式流量計、容積式流量計、超音波流量計、コリオリ流量計、タービン流量計、渦流量計、磁気式流量計
    当調査レポートでは、流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、流量計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッドデバイスの世界市場
    当調査レポートでは、ハイブリッドデバイスの世界市場について調査・分析し、ハイブリッドデバイスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エタノール燃料自動車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エタノール燃料自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エタノール燃料自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデカブロモジフェニルエタン(DBDPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界のデカブロモジフェニルエタン(DBDPE)市場2016について調査・分析し、デカブロモジフェニルエタン(DBDPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のX線チューブ市場規模・予測2017-2025:用途別(デンタルシステム、モバイルCアーム、マンモグラフィーシステム、DR、CT、DSA)、種類別(回転陽極管、マイクロフォーカスX線管)、エンドユーザー別(製造、ヘルスケア、食料、航空宇宙・防衛・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のX線チューブ市場について調査・分析し、世界のX線チューブ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のX線チューブ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • クレーンの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、クレーンの世界市場について調査・分析し、クレーンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 工業用耐火材料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、工業用耐火材料の世界市場について調査・分析し、工業用耐火材料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別工業用耐火材料シェア、市場規模推移、市場規模予測、工業用耐火材料種類別分析(形成済、未形成)、工業用耐火材料用途別分析(鉄・鋼、セメント/石灰、非鉄金属、ガラス、セラミックス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・工業用耐火材料の市場概観 ・工業用耐火材料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・工業用耐火材料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・工業用耐火材料の世界市場規模 ・工業用耐火材料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・工業用耐火材料のアメリカ市場規模推移 ・工業用耐火材料のカナダ市場規模推移 ・工業用耐火材料のメキシコ市場規模推移 ・工業用耐火材料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・工業用耐火材料のドイツ市場規模推移 ・工業用耐火材料のイギリス市場規模推移 ・工業用耐火材料のロシア市場規模推移 ・ …
  • マヨネーズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マヨネーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マヨネーズの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アクセス制御・認証の世界市場
    当調査レポートでは、アクセス制御・認証の世界市場について調査・分析し、アクセス制御・認証の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の拡張現実市場:提供別(ハードウェア(センサー、ディスプレイとプロジェクター、カメラ)、ソフトウェア)、デバイス種類別(ヘッドマウント、ヘッドアップ)、用途別(エンタープライズ、コンシューマ、コマーシャル、ヘルスケア、自動車)、地域別
    MarketsandMarkets社は、拡張現実の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年727億ドルまで年平均46.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の拡張現実市場を広く調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェアコンポーネント、ソフトウェア)分析、装置種類別(ヘッドマウントディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ)分析、種類別(マーカーベース拡張現実、マーカーレス拡張現実、アンカーベース)分析、用途別(消費者、商業、旅行、観光、Eラーニング、エンタープライズ、ヘルスケア、航空宇宙、防衛、エネルギー、自動車、その他)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の拡張現実市場:提供別(ハードウェアコンポーネント、ソフトウェア) ・世界の拡張現実市場:装置種類別(ヘッドマウントディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ) ・世界の拡張現実市場:種類別(マーカーベース拡張現実、マーカーレス拡張現実、アンカーベース) ・世界の拡張現実市場:用途別( …
  • オートバイ用ヘッドライトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用ヘッドライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用ヘッドライト市場規模、技術別(ハロゲン、LED、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場概要 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場環境 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場動向 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場規模 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:技術別(ハロゲン、LED、その他) ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用ヘッドライトのアメリカ市場規模・予測 ・オートバイ用ヘッドライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・オートバイ用ヘッドライトのアジア市場規模・予測 ・オートバイ用ヘッドライトの主要国分析 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:意思決定フレームワーク ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:成 …
  • 超音波式流量計の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、超音波式流量計の世界市場規模が2017年11.7億ドルから2026年25.7億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、超音波式流量計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超音波式流量計市場規模、測定技術別(ハイブリッド、通過時間 - マルチパス、ドップラー、通過時間 - シングル/デュアルパス)分析、実施タイプ別(インライン、クランプオン、挿入、スプールペイス、他の実施タイプ)分析、顧客タイプ別(システムインテグレーター、エンジニア/コンサルタント、利用者、再販業者、相手先商標製造会社(OEM))分析、パス数別(8.2 6以上パス通過時間、5-パス通過時間、4-パス通過時間、3-パス通過時間、2-パス通過時間)分析、流通チャンネル別(オンライン、 独立型代表、販売代理店、直販)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 超音波式流量計の世界市場:市場動向分析 ・ 超音波式流量計 …
  • 複合イベント処理(CEP)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、複合イベント処理(CEP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、アプリケーション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乗り物酔い用薬の世界市場:抗コリン薬、抗ヒスタミン薬
    Technavio社の本調査レポートでは、乗り物酔い用薬の世界市場について調べ、乗り物酔い用薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乗り物酔い用薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、抗ヒスタミン薬)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は乗り物酔い用薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・乗り物酔い用薬の市場状況 ・乗り物酔い用薬の市場規模 ・乗り物酔い用薬の市場予測 ・乗り物酔い用薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、抗ヒスタミン薬) ・乗り物酔い用薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アメリカの微生物培養市場動向(~2021)
  • 住宅用換気扉の世界市場:軸流ファン、遠心送風機、インラインファン
    当調査レポートでは、住宅用換気扉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用換気扉市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Air King America, Broan-NuTone, Panasonic, Systemair, Titonなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用換気扉の世界市場概要 ・住宅用換気扉の世界市場環境 ・住宅用換気扉の世界市場動向 ・住宅用換気扉の世界市場規模 ・住宅用換気扉の世界市場:業界構造分析 ・住宅用換気扉の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・住宅用換気扉の世界市場:製品別(軸流ファン、遠心送風機、インラインファン) ・住宅用換気扉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用換気扉の北米市場規模・予測 ・住宅用換気扉のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用換気扉のアジア太平洋市 …
  • ドローン・ペイロードの世界市場:EO/IR、カメラ、SAR、Sigint、Elint、Comint、MPR、レーザーセンサー、CBRNセンサー、オプトロニクス
    当調査レポートでは、ドローン・ペイロードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ドローン・ペイロードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 若年性関節炎(Juvenile Arthritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、若年性関節炎(Juvenile Arthritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・若年性関節炎(Juvenile Arthritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の若年性関節炎(Juvenile Arthritis)治療薬剤
  • フランジガスケットシートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フランジガスケットシートの世界市場について調査・分析し、フランジガスケットシートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フランジガスケットシートシェア、市場規模推移、市場規模予測、フランジガスケットシート種類別分析(金属型、半金属型、非金属型)、フランジガスケットシート用途別分析(石油・ガス産業、化学産業、電力産業、自治体インフラ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フランジガスケットシートの市場概観 ・フランジガスケットシートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フランジガスケットシートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フランジガスケットシートの世界市場規模 ・フランジガスケットシートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フランジガスケットシートのアメリカ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのカナダ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのメキシコ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 組織検査の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、組織検査の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・組織検査の世界市場:イントロダクション ・組織検査の世界市場:市場概観 ・組織検査の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・組織検査の世界市場:セグメント別市場分析 ・組織検査の世界市場:技術別分析/市場規模 ・組織検査の世界市場:疾病別分析/市場規模 ・組織検査の世界市場:製品別分析/市場規模 ・組織検査の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・組織検査の世界市場:主要地域別市場分析 ・組織検査の世界市場:関連企業分析
  • 中国の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 生鮮食料品の海上輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生鮮食料品の海上輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食料品の海上輸送の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は生鮮食料品の海上輸送の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• C.H. Robinson• CMA CGM• KUEHNE + NAGEL• Maersk Line• MSC (Mediterranean Shipping Company)等です。
  • 浴室付属品の世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、浴室付属品の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・浴室付属品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アメリカの自然食品/有機食品市場2015-2019
    当調査レポートでは、アメリカの自然食品/有機食品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの自然食品/有機食品市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬剤溶出性ステントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、薬剤溶出性ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、薬剤溶出性ステントの世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮内膜症(Endometriosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、子宮内膜症(Endometriosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・子宮内膜症(Endometriosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・子宮内膜症(Endometriosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・子宮内膜症(Endometriosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・子宮内膜症(Endometriosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・子宮内膜症(Endometriosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の子宮内膜症(Endometriosis)治療薬剤
  • エアサスペンションの世界市場:空気バネ、ショックアブソーバー、エアー コンプレッサー‎、ECU、エアリザーバー、車高センサー
    当調査レポートでは、エアサスペンションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、車両種類別分析、構成品別分析、技術別分析、地域別分析、エアサスペンションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科のアジア市場
    本調査レポートでは、整形外科のアジア市場について調査・分析し、整形外科のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の第3世代太陽電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の第3世代太陽電池市場2015について調査・分析し、第3世代太陽電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メンズスキンケア用品の世界市場2019-2023
    スキンケア用品とは、さまざまなスキン関連のトラブル、トリートメント、および美肌目的に使用される美容用品およびパーソナルケア用品を指します。メンズスキンケア用品の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率3.34%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Beiersdorf、Estée Lauder Companies、L'Oréal、Procter & Gamble、Unileverなどです。 当調査レポートでは、メンズスキンケア用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メンズスキンケア用品市場規模、製品別(フェイススキンケア用品、ボディスキンケア用品)分析、販売チャネル別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・メンズスキンケア用品の世界市場概要 ・メンズスキンケア用品の世界市場環境 ・メンズスキンケア用品の世界市場動向 ・メンズスキンケア用品の世界市場規模 ・メンズスキンケア用品の世界 …
  • ナノカプセルの世界市場分析:用途別(ヘルスケア、食品・栄養補助食品、化粧品、農業生産、その他)、治療分野別(腫瘍学、疼痛管理、内分泌学、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノカプセルの世界市場について調査・分析し、ナノカプセルの世界市場動向、ナノカプセルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノカプセル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"