"世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(SAN、NAS、DAS、ビデオレコーダー)、ストレージメディア別、エンタープライズサイズ別、用途別(商業、都市監視、産業)、展開モード別、業種別(教育、BFSI)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2222)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(SAN、NAS、DAS、ビデオレコーダー)、ストレージメディア別、エンタープライズサイズ別、用途別(商業、都市監視、産業)、展開モード別、業種別(教育、BFSI)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global Video Surveillance Storage (VSS) market size to grow at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 18.1% during the forecast period.
MarketsandMarkets forecasts the global VSS market size to grow from USD 7.6 billion in 2019 to USD 17.5 billion by 2024, at a CAGR of 18.1% during 2019–2024. Major growth factors for the market include the adoption of IP cameras and demand for video surveillance and its storage to secure public places. On the other hand, the low awareness of the availability of storage technologies and systems may restrain the market growth of the VSS market.

The city surveillance segment is expected to hold the highest market share during the forecast period
The VSS market by application is segmented into commercial, defense/military, city surveillance, and industrial. The city surveillance segment is expected to hold the largest market size and highest growth rate during the forecast period. The city surveillance application helps in monitoring traffic, preventing criminal activities at public places, and monitoring suspicious activities at public places. The public places include airports, railway stations, seaports, theaters, playgrounds, and institutes. For monitoring cities, a large number of high-resolution cameras are installed. These high-resolution cameras demand scalable storage that supports the increasing demand for storing video surveillance footages.

The healthcare and pharmaceutical vertical to grow at the highest growth rate during the forecast period
By vertical, the VSS market is segmented into government and defense, education, BFSI, transportation and logistics, healthcare and pharmaceutical, manufacturing, media and entertainment, retail, and others (IT and telecommunications, legal, and construction). Among these verticals, the healthcare and pharmaceutical vertical is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Hospital administrators are relying more on video surveillance to protect from false claims against nurses, physicians, and staff. More cameras are being installed to increase viewing areas so that a complete picture of patient-staff interaction can be captured. This contributes to the growth of the VSS market.

Among regions, Asia Pacific to hold the highest market share during the forecast period
The VSS market by region covers North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America. APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, owing to the rapid deployment of VSS solutions for monitoring city traffic and investigating crime scenes, and storing the video surveillance footage either on-premises or in cloud. Major APAC countries such as China, Australia, India, and New Zealand are expected to record high growth rates in this market. The companies such as NetApp, Dell, Cisco, and IBM are expanding their cloud-based storage business in the region due to the availability of IT infrastructure.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the VSS market.
 By Company: Tier I: 15%, Tier II: 40%, and Tier III: 45%
 By Designation: C-Level Executives: 40%, Directors: 35%, Managers: 15, and Others: 10%
 By Region: North America: 45%, Europe: 15%, APAC: 30%, MEA: 5%, and Latin America: 10%
The major VSS vendors operating in the market include Cisco (US), Hitachi (Japan), Dell (US), Honeywell (US), Avigilon (Canada), NetApp (US), Bosch (Germany), Seagate (US), Quantum (US), and Schneider Electric (France). The report provides these players’ company profiles, business overview, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The report segments the global VSS market by product, storage media, deployment mode, enterprise size, application, vertical, and region. The product segment includes Storage Area Network (SAN), Network Attached Storage (NAS), Direct Attached Storage (DAS), and video recorders. The VSS market has been segmented by deployment mode into on-premises and cloud. The VSS market by enterprise size has been segmented into Small and Medium-sized Enterprises (SMEs) and large enterprises. By application, the VSS market has been segmented into commercial, defense/military, city surveillance, and industrial. The vertical segment includes government and defense, education, Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI), transportation and logistics, healthcare and pharmaceuticals, manufacturing, energy and utilities, media and entertainment, retail, and others (IT and telecommunications, legal, and construction). The report covers the VSS market in five major regions: North America, Europe, APAC, Middle East and Africa (MEA), and Latin America.

The report would help the market leaders and new entrants in the global VSS market in the following ways:
1. The report segments the market into various subsegments; hence, it covers the market comprehensively. It provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. The market numbers are split further across applications and regions.
2. It helps in understanding the overall growth of the market. It also provides information about key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. It helps stakeholders in understanding their competitors better and gaining more insights to strengthen their positions in the market. The study also presents the positioning of the key players based on their product offerings and business strategies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(SAN、NAS、DAS、ビデオレコーダー)、ストレージメディア別、エンタープライズサイズ別、用途別(商業、都市監視、産業)、展開モード別、業種別(教育、BFSI)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Video Surveillance Storage Market
4.2 Market, By Storage Media, 2019 Vs. 2024
4.3 Market, By Vertical, 2019–2024
4.4 Market: Market Investment Scenario (2019–2024)
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Physical Threats Around the World
5.2.1.2 Increasing Mandates for Video Surveillance Across Industries and Regions
5.2.1.3 Adoption of Ip Cameras Leading to Additional Storage Demands
5.2.1.4 Reduced Cost of Hard Disk Drives and Solid-State Drives
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lower Awareness of the Availability of Storage Technologies and Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Funds From Governments and Stakeholders for Developing Smart Cities
5.2.3.2 Impact of Disruptive Technologies on Video Surveillance Systems
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Cybersecurity Threats
5.2.4.2 Demand for Higher Bandwidth Leading to Higher Associated Costs
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case 1: Entertainment
5.3.2 Use Case 2: Government
5.3.3 Use Case 3: Education
6 Video Surveillance Storage Market, By Product (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Storage Area Network
6.3 Network Attached Storage
6.4 Direct Attached Storage
6.5 Video Recorders
7 Video Surveillance Storage Market, By Storage Media (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Hard Disk Drives
7.3 Solid State Drives
8 Video Surveillance Storage Market, By Deployment Mode (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.3 Cloud
9 Video Surveillance Storage Market, By Enterprise Size (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Large Enterprises
9.3 Small and Medium-Sized Enterprises
10 Video Surveillance Storage Market, By Application (Page No. – 57)
10.1 Introduction
10.2 Commercial
10.3 Defense/Military
10.4 City Surveillance
10.5 Industrial
11 Video Surveillance Storage Market, By Vertical (Page No. – 62)
11.1 Introduction
11.2 Government and Defense
11.3 Education
11.4 Banking, Financial Services and Insurance
11.5 Transportation and Logistics
11.6 Healthcare and Pharmaceutical
11.7 Manufacturing, Energy, and Utilities
11.8 Media and Entertainment
11.9 Retail
11.10 Others
12 Video Surveillance Storage Market, By Region (Page No. – 71)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 United States
12.2.2 Canada
12.3 Europe
12.3.1 United Kingdom
12.3.2 Rest of Europe
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.2 Rest of Asia Pacific
12.5 Middle East and Africa
12.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
12.5.2 Rest of Middle East and Africa
12.6 Latin America
12.6.1 Brazil
12.6.2 Rest of Latin America
13 Competitive Landscape (Page No. – 121)
13.1 Introduction
13.2 Competitive Scenario
13.2.1 New Product Launches and Product Enhancements
13.2.2 Partnerships
13.3 Competitive Leadership Mapping
13.3.1 Visionary Leaders
13.3.2 Innovators
13.3.3 Dynamic Differentiators
13.3.4 Emerging Companies
14 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.1 Introduction
14.2 Cisco
14.3 Hitachi
14.4 Dell EMC
14.5 Honeywell
14.6 Avigilon
14.7 NetApp
14.8 Bosch
14.9 Seagate
14.10 Quantum
14.11 Schneider Electric
14.12 Fujitsu
14.13 Western Digital
14.14 Bcdvideo
14.15 Cloudian
14.16 Spectra Logic
14.17 Micron Technology
14.18 Nexsan
14.19 Raidix
14.20 Infortrend
14.21 Rasilient Systems
14.22 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 160)
15.1 Insights of Industry Experts
15.2 Discussion Guide
15.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.4 Available Customization
15.5 Related Reports
15.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(SAN、NAS、DAS、ビデオレコーダー)、ストレージメディア別、エンタープライズサイズ別、用途別(商業、都市監視、産業)、展開モード別、業種別(教育、BFSI)、地域別
【発行日】2019年12月13日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2222
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(SAN、NAS、DAS、ビデオレコーダー)、ストレージメディア別、エンタープライズサイズ別、用途別(商業、都市監視、産業)、展開モード別、業種別(教育、BFSI)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 避妊法(Contraception):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、避妊法(Contraception)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・避妊法(Contraception):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・避妊法(Contraception)のフェーズ3治験薬の状況 ・避妊法(Contraception)治療薬の市場規模(販売予測) ・避妊法(Contraception)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・避妊法(Contraception)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の避妊法(Contraception)治療薬剤
  • 患者監視装置の世界市場:血糖、EEG、ECG、カプノグラフ、肺活量計、睡眠時無呼吸、パルスオキシメータ、胎児ドップラー、マルチパラメータ、リモート、体重、体温モニタリング
    当調査レポートでは、患者監視装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 世界のタングステン市場2015
    本調査レポートでは、世界のタングステン市場2015について調査・分析し、タングステンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用UAV(無人機)の世界市場2016-2026
  • 重症筋無力症(Myasthenia Gravis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)のフェーズ3治験薬の状況 ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬の市場規模(販売予測) ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬剤
  • 業績評価・管理ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業績評価・管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業績評価・管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドの外傷固定装置市場見通し
  • 小型風力タービンの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、小型風力タービンの世界市場について調査・分析し、小型風力タービンの世界市場動向、小型風力タービンの世界市場規模、市場予測、セグメント別小型風力タービン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストリアの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • キャビネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、キャビネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キャビネット市場規模、エンドユーザー(住宅、商業)分析、用途別(その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Woodmark, Fortune Brands Home & Security, Howden Joinery, Inter IKEA Systems, Nobiaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キャビネットの世界市場概要 ・キャビネットの世界市場環境 ・キャビネットの世界市場動向 ・キャビネットの世界市場規模 ・キャビネットの世界市場:業界構造分析 ・キャビネットの世界市場:エンドユーザー(住宅、商業) ・キャビネットの世界市場:用途別(その他) ・キャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・キャビネットの北米市場規模・予測 ・キャビネットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・キャビネットのアジア太平洋市場規模・予測 ・キ …
  • ノルウェーの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 病院照明の世界市場予測(~2021年):トロッファー、表面実装型ライト、手術用ランプ
    当調査レポートでは、病院照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、病院照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、吸収性ガラスマット(AGM)バッテリーの世界市場規模が2019年102億ドルから2025年139億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場を統合的に調査・分析し、市場概要、電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上)分析、種類別(静止、動機)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:種類別(静止、動機) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その …
  • 世界のハンダペースト市場2016
    本調査レポートでは、世界のハンダペースト市場2016について調査・分析し、ハンダペーストの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場について調査・分析し、整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • カナダの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 農場用感知装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農場用感知装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農場用感知装置市場規模、製品別(土壌管理、水管理、気候管理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農場用感知装置の世界市場概要 ・農場用感知装置の世界市場環境 ・農場用感知装置の世界市場動向 ・農場用感知装置の世界市場規模 ・農場用感知装置の世界市場:業界構造分析 ・農場用感知装置の世界市場:製品別(土壌管理、水管理、気候管理) ・農場用感知装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・農場用感知装置の北米市場規模・予測 ・農場用感知装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・農場用感知装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・農場用感知装置の主要国分析 ・農場用感知装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・農場用感知装置の世界市場:成長要因、課題 ・農場用感知装置の世界市場:競争環境 ・農場用感知装置の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、C …
  • 堅牢型サーマルカメラの世界市場
    当調査レポートでは、堅牢型サーマルカメラの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:カメラ種類別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:用途別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:地域別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラのアメリカ市場規模予測 ・堅牢型サーマルカメラのヨーロッパ市場規模予測 ・堅牢型サーマルカメラのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • Eラーニングの世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「Eラーニングの世界市場2020-2024」は、Eラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • レーザクラッディング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レーザクラッディング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザクラッディング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの股関節置換処置動向(~2021)
  • N95グレード医療用保護マスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、N95グレード医療用保護マスクの世界市場について調査・分析し、N95グレード医療用保護マスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別N95グレード医療用保護マスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、N95グレード医療用保護マスク種類別分析(呼気弁あり、呼気弁)、N95グレード医療用保護マスク用途別分析(個人用、工業用、病院・クリニック用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・N95グレード医療用保護マスクの市場概観 ・N95グレード医療用保護マスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・N95グレード医療用保護マスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・N95グレード医療用保護マスクの世界市場規模 ・N95グレード医療用保護マスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・N95グレード医療用保護マスクのアメリカ市場規模推移 ・N95グレード医療用保護マスクのカナダ市場規模推移 ・N95グレード医療用保護マスクのメキシコ市場規模推移 ・N95グレード医療用 …
  • 学生情報システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、学生情報システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生情報システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合失調症薬の世界市場2016-2022:治療クラス別(第2世代、第3世代の抗精神病薬)、治療別(経口、注射)、主なマーケット別
    本調査レポートでは、統合失調症薬の世界市場について調査・分析し、統合失調症薬の世界市場動向、統合失調症薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別統合失調症薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エネルギー貯蔵技術(EST)年報2016
    当調査レポートでは、エネルギー貯蔵技術(EST)市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 既存および新興エネルギー貯蔵技術の概要 3. エネルギー貯蔵の世界市場2016-2026 4. 揚水発電(PHS)技術 5. グリッドスケール電池技術 6. その他の既存エネルギー貯蔵技術 7. 新興エネルギー貯蔵技術 8. 次世代化学エネルギー貯蔵技術 9. 国別市場 10. エネルギー貯蔵市場のPEST分析 11. 専門家の意見 12. EST(エネルギー貯蔵技術)市場における主要企業 13. 結論 14. 用語集
  • エアコンの世界市場予測(~2022)
  • インドのファシリティ・マネジメント(FM)サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドのファシリティ・マネジメント(FM)サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドのファシリティ・マネジメント(FM)サービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 特発性肺線維症の疫学的予測
    当調査レポートでは、特発性肺線維症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・特発性肺線維症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・特発性肺線維症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 食品産業向け真空冷却装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品産業向け真空冷却装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品産業向け真空冷却装置市場規模、用途別(ベーカリー製品、肉製品、魚・野菜、インスタント食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場概要 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場環境 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場動向 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場規模 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場:業界構造分析 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場:用途別(ベーカリー製品、肉製品、魚・野菜、インスタント食品) ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品産業向け真空冷却装置のアメリカ市場規模・予測 ・食品産業向け真空冷却装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・食品産業向け真空冷却装置のアジア市場規模・予測 ・食品産業向け真空冷却装置の主要国分析 ・食品産業向け真空冷却装置の世界市場:意思決定フレ …
  • クロム採鉱の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クロム採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロム採鉱の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シトクロムP450 17阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシトクロムP450 17阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シトクロムP450 17阻害剤の概要 ・シトクロムP450 17阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のシトクロムP450 17阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シトクロムP450 17阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シトクロムP450 17阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用手保護用手袋の世界市場
  • 呼吸管理装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • オートクレーブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オートクレーブの世界市場について調査・分析し、オートクレーブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オートクレーブシェア、市場規模推移、市場規模予測、オートクレーブ種類別分析(100L以下、100L-200L、200L以上)、オートクレーブ用途別分析(医療、歯科医院・個人開業、実験室、製薬、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オートクレーブの市場概観 ・オートクレーブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オートクレーブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オートクレーブの世界市場規模 ・オートクレーブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オートクレーブのアメリカ市場規模推移 ・オートクレーブのカナダ市場規模推移 ・オートクレーブのメキシコ市場規模推移 ・オートクレーブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オートクレーブのドイツ市場規模推移 ・オートクレーブのイギリス市場規模推移 ・オートクレーブのロシア …
  • 商用車用トランスファーケースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用車用トランスファーケースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用トランスファーケースの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの産業自動化制御市場:PLC、DCS、SCADA、MES、APC
    当調査レポートでは、アジアの産業自動化制御市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジアの産業自動化制御市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非侵襲的脳損傷監視装置の世界市場分析:製品別(監視装置、消耗品)、エンドユーザー別(病院、神経センター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、非侵襲的脳損傷監視装置の世界市場について調査・分析し、非侵襲的脳損傷監視装置の世界市場動向、非侵襲的脳損傷監視装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別非侵襲的脳損傷監視装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 塗料用添加剤の世界市場2017-2021:建築、工業、木材・家具、自動車、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、塗料用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料用添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は塗料用添加剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Arkema、Ashland、BASF、The Dow Chemical等です。
  • ペット用ウェアラブル機器の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ペット用ウェアラブル機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(GPSチップ、RFIDチップ、センサー、Wi-Fi、セルラー、Bluetoothチップ、プロセッサー、メモリー、ディスプレイ、バッテリー)分析、製品別(スマートカラー、スマートカメラ、スマートハーネス)分析、ペット用ウェアラブル機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ペット用ウェアラブル機器の世界市場規模が2019年703百万ドルから2024年1718百万ドルまで年平均19.6%成長すると予測しています。
  • 血液分析装置および試薬の世界市場:製品別(免疫血液分析装置、免疫血液試薬)、最終用途べつ(血液バンク、診断ラボ)、地域別予測
    本資料は、血液分析装置および試薬の世界市場について調べ、血液分析装置および試薬の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(免疫血液分析装置、免疫血液試薬)分析、最終用途べつ(血液バンク、診断ラボ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・血液分析装置および試薬の世界市場概要 ・血液分析装置および試薬の世界市場環境 ・血液分析装置および試薬の世界市場動向 ・血液分析装置および試薬の世界市場規模 ・血液分析装置および試薬の世界市場規模:製品別(免疫血液分析装置、免疫血液試薬) ・血液分析装置および試薬の世界市場規模:最終用途べつ(血液バンク、診断ラボ) ・血液分析装置および試薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血液分析装置および試薬の北米市場規模・予測 ・血液分析装置および試薬のアメリカ市場規模・予測 ・血液分析装置および試薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・血液分析装置および試薬のアジア市場規模・予測 ・血液分析装置および試薬の日本市場規模・予測 ・血液 …
  • 世界の銀ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、世界の銀ナノ粒子市場2015について調査・分析し、銀ナノ粒子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用吸引機器の世界市場分析:携帯性別(携帯式、非携帯式)、吸着システム別(手動、電動、ベンチュリ)、エンドユーザー別(呼吸器、胃、創傷部分、分娩室、手術室、冠状動脈ケア、麻酔薬)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用吸引機器の世界市場について調査・分析し、医療用吸引機器の世界市場動向、医療用吸引機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用吸引機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 台湾の股関節再建装置市場見通し
  • ベルモット酒の世界市場:ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV)
    当調査レポートでは、ベルモット酒の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベルモット酒市場規模、製品別(ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV))分析、流通経路別(オントレード、オフトレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bacardi, Davide Campari-Milano, FRATELLI BRANCA DISTILLERIE, Giulio Cocchi Spumanti, Hotaling & Co., MARTINEZ LACUESTA, Regal Rogueなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベルモット酒の世界市場概要 ・ベルモット酒の世界市場環境 ・ベルモット酒の世界市場動向 ・ベルモット酒の世界市場規模 ・ベルモット酒の世界市場:業界構造分析 ・ベルモット酒の世界市場:製品別(ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV)) ・ベルモット酒の世界市場:流通経路別(オ …
  • 髄膜炎(Meningitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎(Meningitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎(Meningitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎(Meningitis)の概要 ・髄膜炎(Meningitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎(Meningitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・髄膜炎(Meningitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・髄膜炎(Meningiti …
  • パーソナルケア製品用成分の世界市場予測(~2022年):皮膚軟化剤、界面活性剤、乳化剤、レオロジーコントロール剤、有効成分
    当調査レポートでは、パーソナルケア製品用成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、成分別分析、用途別分析、地域別分析、パーソナルケア製品用成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 転倒検知システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、転倒検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成品別分析、アルゴリズム別分析、システム別分析、需要先別分析、転倒検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシイタケ市場2015
    本調査レポートでは、世界のシイタケ市場2015について調査・分析し、シイタケの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"