"世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7478)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The tow prepreg market is projected to register a CAGR of 10.0% during the forecast period.”
The tow prepreg market is expected to grow from USD 305 million in 2019 to USD 492 million by 2024, at a CAGR of 10.0% during the forecast period. New product developments leading to increased application of tow prepreg and growing usage of these products in existing applications in various end-use industries such as oil & gas, aerospace & defense, automotive & transportation, and sports & recreational are expected to augment the market growth. However, high manufacturing cost of tow prepreg is the major factor restraining the growth of the market.

“Automotive & transportation is the fastest-growing end-use industry of tow prepreg, in terms of value.”
Tow prepreg is gaining importance in the automotive & transportation industry. The automotive industry is researching on the commercial viability of advanced materials and is focused on increasing efficiency by reducing vehicle weight. Several car manufacturers, along with tow prepreg producers, are slowly venturing into the production of tow prepreg-based automotive parts. For instance, in November 2017, SGL Carbon entered into a joint venture with BMW Group for lightweight automotive construction. This helped the company to consolidate the key value chain activities, from tow prepreg to components under the roof.

The tow prepreg market in the automotive industry is expected to expand significantly in the coming years. Due to its high cost, currently, tow prepreg is only used in high-end racing cars and electric cars manufactured by companies such as BMW, Audi, Lamborghini, Chevrolet, Volkswagen, Ford, Chrysler, Daimler, Jaguar, and GM. Tow prepreg is increasingly being used in many new applications, and new partnership plans are made to meet the growing demand for tow prepreg in the automotive industry.

“Carbon fiber type accounted for major share of the overall tow prepreg market.”
The global tow prepreg market is projected to be dominated by the carbon fiber type during the forecast period. It has better mechanical properties, which is driving its use in many applications. It is possible to produce Class A surface finish on panels with the use of carbon fiber. This fiber is robust enough for handling and processing during the manufacturing process. Carbon fiber-based tow prepreg has long-term performance potential, in terms of resistance against fatigue and environmental effects.

“Europe is the largest tow prepreg market.”
The European region is projected to be the largest tow prepreg market with the presence of large aircraft manufacturers, electric car manufacturers, and offshore wind farm installations in the region. The region has presence of commercial aircraft manufacturers such as Boeing and Airbus. Europe is also home to some of the prominent automotive manufacturers such as BMW, Fiat, and Bentley. These automotive manufacturers use tow prepreg composites in various structural parts such as bonnets, bumpers, and frontends.
This study has been validated through primary interviews conducted with various industry experts, globally. The breakdown of primary interviews is as follows:
• By Company Type- Tier 1- 35%, Tier 2- 40%, and Tier 3- 25%
• By Designation- C Level- 25%, Director Level- 35%, and Others- 40%
• By Region- North America- 20%, Europe- 35%, APAC- 25%, MEA-15%, Latin America-5%

The report provides a comprehensive analysis of profiles of companies listed below:
• TCR Composites (US)
• SGL Carbon SE (Germany)
• JXTG Holdings, Inc. (Japan)
• Teijin Ltd. (Japan)
• Mitsubishi Chemical Holdings Corporation (Japan)
• Hexcel Corporation (US)
• Porcher Industries designs (France)
• Red Composites Ltd. (UK)
• Vitech Composites (France)
• Arisawa Mfg. Co., Ltd. (Japan)

Research Coverage
This report covers the global tow prepreg market and forecasts the market size until 2024. The report segments the market –on the basis of resin type (epoxy, phenolic, others), fiber type (carbon, glass, others), application (pressure vessel, oxygen cylinders, scuba tanks, others), end-use industry (aerospace & defense, automotive & transportation, oil & gas, sports & recreational, others), and region (Europe, North America, APAC, Latin America, and MEA). Porter’s Five Forces analysis, along with the drivers, restraints, opportunities, and challenges, are discussed in the report. It also provides competitive strategies adopted by the major players in the global tow prepreg market.

Key benefits of buying the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the global tow prepreg market comprehensively and provides the closest approximations of the revenues for the overall market and the sub-segments across different verticals and regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report will help stakeholders to understand competitors better and gain more insights to better their position in their businesses. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product development, and partnerships.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Tow Prepreg Market
4.2 Tow Prepreg Market, By Application and Region
4.3 Tow Prepreg Market, By End-Use Industry
4.4 Tow Prepreg Market, By Fiber Type
4.5 Tow Prepreg Market, By Resin Type
4.6 Tow Prepreg Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use of Tow Prepreg in the Oil & Gas Industry
5.2.1.2 Advantages Over Wet-Winding Process
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Processing and Manufacturing Cost
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand From Emerging Economies
5.2.3.2 Penetration of Tow Prepregs in New Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Developing Low-Cost Technologies
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview and Key Trends
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Trends in Aerospace Industry
5.4.4 Trends in Automotive Industry
6 Tow Prepreg Market, By Resin Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Epoxy Resin
6.3 Phenolic Resin
6.4 Others
7 Tow Prepreg Market, By Fiber Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Carbon Fiber
7.2.1 High Demand From Aerospace & Defense Industry Driving Demand for Carbon Fiber Based Tow Prepreg
7.3 Glass
7.3.1 Glass Fiber Segment Holds the Largest Market Share, in Terms of Volume
7.4 Others
8 Tow Prepreg Market, By Application (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Pressure Vessel
8.2.1 Growing Consumption in Oil & Gas Industry Driving the Demand in Pressure Vessel
8.3 Scuba Tanks
8.3.1 Growing Demand From North America and Europe is Fueling the Growth
8.4 Oxygen Cylinders
8.4.1 Oxygen Cylinder Witnessing Growing Demand in Medical Industry
8.5 Others
9 Tow Prepreg Market, By End-Use Industry (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Aerospace & Defense
9.2.1 High Demand From European Region Fueling Growth of Tow Prepreg in Aerospace & Defense Industry
9.3 Trends in Aerospace Industry
9.4 Automotive & Transportation
9.4.1 Automotive & Transportation is the Fastest-Growing Segment in the Overall Tow Prepreg Market
9.5 Sports & Recreational
9.5.1 Europe is Biggest Consumer of Tow Prepreg in Sports & Recreational Industry
9.6 Oil & Gas
9.6.1 Tow Prepreg Increasingly Used in Pressure Vessel
9.7 Others
10 Tow Prepreg Market, By Region (Page No. – 69)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US is the Largest Market for Tow Prepreg Across the Globe
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Aerospace & Defense Industry is Driving the Demand in the Country
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 High Demand From the Aerospace & Defense Industry is Augmenting the Growth in the Country
10.3.2 France
10.3.2.1 Presence of Major Aircraft Manufacturers Helping the Market Growth
10.3.3 UK
10.3.3.1 UK is the Third-Largest Market for Tow Prepreg in Europe
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Growth of Major End-Use Industries, Including Automotive & Transportation, Expected to Support the Market Growth
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 Growing Consumption in Oil & Gas and Automotive Industries Expected to Drive the Market
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japan is the Second-Largest Market for Tow Prepreg in APAC
10.4.3 South Korea
10.4.3.1 Heavy Investment in Automotive Industry Anticipated to Increase Consumption of Tow Prepreg
10.5 MEA
10.5.1 UAE
10.5.1.1 UAE is the Largest Market in the MEA
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Increasing Demand From Oil & Gas and Automotive Industries Driving the Market
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Automotive & Transportation to Drive the Tow Prepreg Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Mexico is Second-Largest Market for Tow Prepreg in the Region
11 Competitive Landscape (Page No. – 90)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Innovators
11.2.3 Visionary Leaders
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Benchmarking
11.3.1 Portfolio of Product Offering
11.3.2 Business Strategy Excellence
11.4 Market Ranking
11.5 Competitive Scenario
11.5.1 New Product Development
11.5.2 Partnership
12 Company Profile (Page No. – 95)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 TCR Composites
12.2 SGL Carbon SE
12.3 JXTG Holdings, Inc.
12.4 Teijin Limited
12.5 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
12.6 Hexcel Corporation
12.7 Porcher Industries
12.8 Red Composites Ltd.
12.9 Vitech Composites
12.10 Arisawa MFG. Co., Ltd.
12.11 Other Companies
12.11.1 Fibrtec
12.11.2 CTMI (Composite Textile Materials Innovation)
12.11.3 ATA Group
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 117)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別
【発行日】2019年12月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7478
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場2020-2024」は、産業用食品及び飲料ろ過システムについて市場概要、市場規模、製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場:製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の概要 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 極低温バイアルの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「極低温バイアルの世界市場2020-2024」は、極低温バイアルについて市場概要、市場規模、種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・極低温バイアルの世界市場:種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 医療オートメーションの世界市場:診断/モニタリング、治療、ラボ/薬局、物流、トレーニング
    当調査レポートでは、医療オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、アプリケーション別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサンルーフ市場2016
    本調査レポートでは、世界のサンルーフ市場2016について調査・分析し、サンルーフの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 製造分析の世界市場:資産管理、在庫管理、非常管理、サプライチェーン計画、販売・マーケティング管理
    当調査レポートでは、製造分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 魚加工の世界市場:冷凍魚、保存魚
    当調査レポートでは、魚加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコールドプレーナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のコールドプレーナー市場2015について調査・分析し、コールドプレーナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 髭グルーミング製品の世界市場:製品種類別(ひげ油、ひげシャンプー、シェービングクリーム、トリマー、シェービングジェル)、エンドユーザー別(個人、商業)、流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他)
    本市場調査レポートでは髭グルーミング製品の代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(ひげ油、ひげシャンプー、シェービングクリーム、トリマー、シェービングジェル)分析、エンドユーザー別(個人、商業)分析、流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・髭グルーミング製品の世界市場:製品種類別(ひげ油、ひげシャンプー、シェービングクリーム、トリマー、シェービングジェル) ・髭グルーミング製品の世界市場:エンドユーザー別(個人、商業) ・髭グルーミング製品の世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、オンラインストア、その他) ・髭グルーミング製品の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 自己血輸血装置・消耗品の世界市場:製品種類別(デバイス、消耗品)、エンドユーズ別(病院、外来手術セッティング、その他)
    本資料は、自己血輸血装置・消耗品の世界市場について調べ、自己血輸血装置・消耗品の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(デバイス、消耗品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場概要 ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場環境 ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場動向 ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場規模 ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場:市場シェア ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場:製品種類別(デバイス、消耗品) ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場:エンドユーズ別(病院、外来手術セッティング、その他) ・自己血輸血装置・消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自己血輸血装置・消耗品の北米市場規模・予測 ・自己血輸血装置・消耗品のアメリカ市場規模・予測 ・自己血輸血装置・消耗品のヨーロッパ市場規模・予測 ・自己血輸血装置・消耗品のアジア市場規模・予測 ・自己血輸血装置・消耗品の日本市場規模・予測 …
  • 呼吸ケア装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、呼吸ケア装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(治療(人工呼吸器、マスク、PAPデバイス、吸入器、ネブライザー)、監視(パルス酸素濃度計、カプノグラフ)、診断、消耗品)分析、エンドユーザー別(病院、在宅ケア)分析、疾患別分析、呼吸ケア装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、呼吸ケア装置の世界市場規模が2019年206億ドルから2024年318億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。
  • ヘルスケア支払人BPOの世界市場の規模・分析:サービス別(クレーム処理サービス、会員サービス、人事サービス、財務および会計)、動向分析、セグメント予測、2012-2022
    本調査レポートでは、ヘルスケア支払人BPOの世界市場について調査・分析し、ヘルスケア支払人BPOの世界市場動向、ヘルスケア支払人BPOの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア支払人BPO市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • コーヒーフレッシュの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コーヒーフレッシュの世界市場について調査・分析し、コーヒーフレッシュの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コーヒーフレッシュシェア、市場規模推移、市場規模予測、コーヒーフレッシュ種類別分析(低脂肪、中脂肪、高脂肪)、コーヒーフレッシュ用途別分析(コーヒー用、ミルクティ用、ベーキング・冷たい飲み物、お菓子用、固形飲料用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コーヒーフレッシュの市場概観 ・コーヒーフレッシュのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コーヒーフレッシュのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コーヒーフレッシュの世界市場規模 ・コーヒーフレッシュの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コーヒーフレッシュのアメリカ市場規模推移 ・コーヒーフレッシュのカナダ市場規模推移 ・コーヒーフレッシュのメキシコ市場規模推移 ・コーヒーフレッシュのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コーヒーフレッシュのドイツ市場規模推移 ・ …
  • 2輪車用ブレーキシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、2輪車用ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、2輪車用ブレーキシステム市場規模、用途別(オートバイ、スクーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場概要 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場環境 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場動向 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場規模 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:業界構造分析 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:用途別(オートバイ、スクーター) ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・2輪車用ブレーキシステムの北米市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・2輪車用ブレーキシステムの主要国分析 ・2輪車用ブレーキシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・2輪車用ブレーキシステムの世 …
  • 免疫組織化学の世界市場予測(~2021):抗体、試薬、キット、スライド染色装置、組織マイクロアレイ
    当調査レポートでは、免疫組織化学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫組織化学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スティック包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、スティック包装の世界市場について調査・分析し、スティック包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スティック包装の世界市場:市場動向分析 - スティック包装の世界市場:競争要因分析 - スティック包装の世界市場:材料別 ・紙 ・金属ポリエステル ・ポリエステル ・二軸配向ポリエチレン ・アルミニウム ・ポリエチレン ・その他 - スティック包装の世界市場:用途別 ・消費財 ・食品・飲料 ・機能性食品 ・調剤 - スティック包装の世界市場:製品別 ・液体製品 ・半固体製品 ・固体製品 - スティック包装の世界市場:重さ別 ・わずかに重い ・中くらいに重い ・少ない重量 ・非常に重い - スティック包装の世界市場:産業別 ・自動車 ・石油・ガス ・鉱業 ・水処理 ・化学 ・パルプ・紙 ・食品・飲料 ・調剤 ・消費財 ・農業 ・その他 - スティック包装の世界市場:主要地域別分析 - スティック包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - スティック包装のヨーロッパ市場規模 - スティック包 …
  • 鋼線材の世界市場:種類別(6mm、8mm、10mm)、用途別(建材、機械要素、その他)、地域別予測
    本資料は、鋼線材の世界市場について調べ、鋼線材の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(6mm、8mm、10mm)分析、用途別(建材、機械要素、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはWisco、Posco、An Steel、Gerdau、Emirates Steel、Bohai Steel、NSSMC、Bao Steel、Tata Steel、Magang などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・鋼線材の世界市場概要 ・鋼線材の世界市場環境 ・鋼線材の世界市場動向 ・鋼線材の世界市場規模 ・鋼線材の世界市場規模:種類別(6mm、8mm、10mm) ・鋼線材の世界市場規模:用途別(建材、機械要素、その他) ・鋼線材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・鋼線材の北米市場規模・予測 ・鋼線材のアメリカ市場規模・予測 ・鋼線材のヨーロッパ市場規模・予測 ・鋼線材のアジア市場規模・予測 ・鋼線材の日本市場規模・予測 ・鋼線材の中国市場規模・予測 ・関連企 …
  • 自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場2016-2020:遠隔操作自撮り棒、有線式自撮り棒、Bluetooth自撮り棒
    当調査レポートでは、自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自撮り棒(セルフィースティック)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アイススケート用具の世界市場2016-2020:アイススケート靴、アイススケートアクセサリ
    当調査レポートでは、アイススケート用具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイススケート用具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、苦味抑制剤およびフレーバーキャリア市場規模、形態別(固体、液体)分析、カテゴリー別(フレーバーキャリア、苦味抑制剤)分析、フレーバー別(人工、天然)分析、種類別(非カプセル化、カプセル化)分析、用途別(飲料、医薬品、食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:市場動向分析 ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:競争要因分析 ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:形態別(固体、液体) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:カテゴリー別(フレーバーキャリア、苦味抑制剤) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:フレーバー別(人工、天然) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリアの世界市場:種類別(非カプセル化、カプセル化) ・ 苦味抑制剤およびフレーバーキャリ …
  • 世界の手動カミソリ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手動カミソリ市場2015について調査・分析し、手動カミソリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池商用車(FCCV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料電池商用車(FCCV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daimler、Renault、Toyota Motor Corporation等です。
  • 次世代抗体療法の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、次世代抗体療法の世界市場について調査・分析し、次世代抗体療法の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代抗体療法の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代抗体療法の世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代抗体療法の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 航空機健全性モニタリングシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の温度センサ市場2016
    本調査レポートでは、世界の温度センサ市場2016について調査・分析し、温度センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 有料TV放送の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、有料TV放送の世界市場について調査・分析し、有料TV放送の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 有料TV放送の世界市場:市場動向分析 - 有料TV放送の世界市場:競争要因分析 - 有料TV放送の世界市場:技術別 ・衛星テレビ ・ケーブルテレビ ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV) - 有料TV放送の世界市場:用途別 ・商業用 ・家庭用 - 有料TV放送の世界市場:主要地域別分析 - 有料TV放送の北米市場規模(アメリカ市場等) - 有料TV放送のヨーロッパ市場規模 - 有料TV放送のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・有料TV放送の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ウィルスベクター製造の世界市場:種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他)、疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん)、用途別(ワクチン、遺伝子治療)、最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社)、地域別予測
    本資料は、ウィルスベクター製造の世界市場について調べ、ウィルスベクター製造の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他)分析、疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん)分析、用途別(ワクチン、遺伝子治療)分析、最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウィルスベクター製造の世界市場概要 ・ウィルスベクター製造の世界市場環境 ・ウィルスベクター製造の世界市場動向 ・ウィルスベクター製造の世界市場規模 ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:用途別(ワクチン、遺伝子治療) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社) ・ウィルスベクター製造の世 …
  • 世界のテクスチャー・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のテクスチャー・ワックス市場2015について調査・分析し、テクスチャー・ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 烏龍茶の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、烏龍茶の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、烏龍茶市場規模、製品別(従来型、有機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・烏龍茶の世界市場概要 ・烏龍茶の世界市場環境 ・烏龍茶の世界市場動向 ・烏龍茶の世界市場規模 ・烏龍茶の世界市場:業界構造分析 ・烏龍茶の世界市場:製品別(従来型、有機) ・烏龍茶の世界市場:地域別市場規模・分析 ・烏龍茶の北米市場規模・予測 ・烏龍茶のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・烏龍茶のアジア太平洋市場規模・予測 ・烏龍茶の主要国分析 ・烏龍茶の世界市場:成長要因、課題 ・烏龍茶の世界市場:競争環境 ・烏龍茶の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 医薬品有効成分/APIの世界市場予測(~2021):種類別(新薬、ジェネリック)、メーカー別、合成別、製品別、薬品別、治療別
    当調査レポートでは、医薬品有効成分/APIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、メーカー別分析、合成別分析、製品別分析、医薬品有効成分/APIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りココナッツウォーター市場規模、製品別(味のついていない、フレーバー付き)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場概要 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場環境 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場動向 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場規模 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場:製品別(味のついていない、フレーバー付き) ・パッケージ入りココナッツウォーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りココナッツウォーターのアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りココナッツウォーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りココナッツウォーターのアジア市場規模・予測 ・パッ …
  • 医療用放射線検出の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用放射線検出の世界市場について調査・分析し、医療用放射線検出の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用放射線検出の世界市場:市場動向分析 ・医療用放射線検出の世界市場:競争要因分析 ・医療用放射線検出の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:検出タイプ別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の北米市場規模・分析 ・医療用放射線検出の欧州市場・分析 ・医療用放射線検出のアジア市場・分析 ・医療用放射線検出の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アメリカの装具市場動向(~2021)
  • 溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンドロイチン硫酸の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、コンドロイチン硫酸の世界市場について調べ、コンドロイチン硫酸の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンドロイチン硫酸の市場規模をセグメンテーション別(用途別(栄養補助食品、医薬品、動物飼料、パーソナルケア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はコンドロイチン硫酸の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・コンドロイチン硫酸の市場状況 ・コンドロイチン硫酸の市場規模 ・コンドロイチン硫酸の市場予測 ・コンドロイチン硫酸の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(栄養補助食品、医薬品、動物飼料、パーソナルケア) ・コンドロイチン硫酸の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ボツリヌス症(Clostridium Botulinum Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるボツリヌス症(Clostridium Botulinum Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ボツリヌス症(Clostridium Botulinum Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ボツリヌス症(Clostridium Botulinum Infections)の概要 ・ボツリヌス症(Clostridium Botulinum Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のボツリヌス症(Clostridium Botulinum Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 世界のテレフタル酸ポリエチレン(PET)市場2016
    本調査レポートでは、世界のテレフタル酸ポリエチレン(PET)市場2016について調査・分析し、テレフタル酸ポリエチレン(PET)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光学イメージングシステムの世界市場分析:技術別(光音響トモグラフィ、光干渉断層撮影、ハイパースペクトル画像化、近赤外分光法)、製品別(イメージングシステム、光学イメージングソフトウェア、カメラ、照明システム、レンズ)、用途別(病理イメージング、術中イメージング)、エンドユーザー別、治療分野別(眼科、心臓病、腫瘍学、皮膚科、神経学)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光学イメージングシステムの世界市場について調査・分析し、光学イメージングシステムの世界市場動向、光学イメージングシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別光学イメージングシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の波長可変レーザー市場2015
    本調査レポートでは、世界の波長可変レーザー市場2015について調査・分析し、波長可変レーザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビリヤード及びスヌーカー用品の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ビリヤード及びスヌーカー用品の世界市場について調べ、ビリヤード及びスヌーカー用品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ビリヤード及びスヌーカー用品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ビリヤード&スヌーカーテーブル、ビリヤード&スヌーカーキュー及びボール、その他の用品)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はビリヤード及びスヌーカー用品の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ビリヤード及びスヌーカー用品の市場状況 ・ビリヤード及びスヌーカー用品の市場規模 ・ビリヤード及びスヌーカー用品の市場予測 ・ビリヤード及びスヌーカー用品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ビリヤード&スヌーカーテーブル、ビリヤード&スヌーカーキュー及びボール、その他の用品) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オ …
  • 商用機向けシートの世界市場2017-2021:ナローボディ機用、ワイドボディ機用、リージョナルジェット機用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用機向けシートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用機向けシートの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用機向けシートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAviointeriors、Geven、RECARO、Rockwell Collins (B/E Aerospace)、Zodiac Aerospace等です。
  • アメニティキットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アメニティキットの世界市場について調査・分析し、アメニティキットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アメニティキットシェア、市場規模推移、市場規模予測、アメニティキット種類別分析(ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラス)、アメニティキット用途別分析(女性用、男性用、子供用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アメニティキットの市場概観 ・アメニティキットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アメニティキットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アメニティキットの世界市場規模 ・アメニティキットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アメニティキットのアメリカ市場規模推移 ・アメニティキットのカナダ市場規模推移 ・アメニティキットのメキシコ市場規模推移 ・アメニティキットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アメニティキットのドイツ市場規模推移 ・アメニティキットのイギリス市場規模推移 ・アメニティ …
  • 世界主要国における電子ブレーキ装置(EBS)市場2018-2023
    本調査レポートでは、電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場について調査・分析し、電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ディスクEBS、ドラムEBS)、用途別市場規模(トラック、トレーラー、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・電子ブレーキ装置(EBS)の世界市場概要 ・電子ブレーキ装置(EBS)の企業別市場シェア ・電子ブレーキ装置(EBS)の地域別市場規模 ・電子ブレーキ装置(EBS)の種類別市場規模(ディスクEBS、ドラムEBS) ・電子ブレーキ装置(EBS)の用途別市場規模(トラック、トレーラー、その他) ・電子ブレーキ装置(EBS)の主要企業分析 ・電子ブレーキ装置(EBS)の北米市場規模 ・電子ブレーキ装置(EBS) …
  • 消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alpvision• Alien Technology• Avery Dennison• SICPA• Zebra等です。
  • 大人用おむつの世界市場
    当調査レポートでは、大人用おむつの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大人用おむつの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • POS紙幣釣銭機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、POS紙幣釣銭機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、POS紙幣釣銭機の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はPOS紙幣釣銭機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Boston Scientific、Medtronic、Sorin、St. Jude Medical、Terumo 等です。
  • グルコサミンの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、グルコサミンの世界市場について調べ、グルコサミンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、グルコサミンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(関節炎、その他の用途)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はグルコサミンの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・グルコサミンの市場状況 ・グルコサミンの市場規模 ・グルコサミンの市場予測 ・グルコサミンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(関節炎、その他の用途) ・グルコサミンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • インメモリデータベースの世界市場予測(~2021):用途別(トランザクション、レポート、分析)、データ種類別、処理形式別、導入モデル別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、インメモリデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別分析、データ種類別分析、処理形式別分析、導入モデル別分析、インメモリデータベースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"