"世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7478)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The tow prepreg market is projected to register a CAGR of 10.0% during the forecast period.”
The tow prepreg market is expected to grow from USD 305 million in 2019 to USD 492 million by 2024, at a CAGR of 10.0% during the forecast period. New product developments leading to increased application of tow prepreg and growing usage of these products in existing applications in various end-use industries such as oil & gas, aerospace & defense, automotive & transportation, and sports & recreational are expected to augment the market growth. However, high manufacturing cost of tow prepreg is the major factor restraining the growth of the market.

“Automotive & transportation is the fastest-growing end-use industry of tow prepreg, in terms of value.”
Tow prepreg is gaining importance in the automotive & transportation industry. The automotive industry is researching on the commercial viability of advanced materials and is focused on increasing efficiency by reducing vehicle weight. Several car manufacturers, along with tow prepreg producers, are slowly venturing into the production of tow prepreg-based automotive parts. For instance, in November 2017, SGL Carbon entered into a joint venture with BMW Group for lightweight automotive construction. This helped the company to consolidate the key value chain activities, from tow prepreg to components under the roof.

The tow prepreg market in the automotive industry is expected to expand significantly in the coming years. Due to its high cost, currently, tow prepreg is only used in high-end racing cars and electric cars manufactured by companies such as BMW, Audi, Lamborghini, Chevrolet, Volkswagen, Ford, Chrysler, Daimler, Jaguar, and GM. Tow prepreg is increasingly being used in many new applications, and new partnership plans are made to meet the growing demand for tow prepreg in the automotive industry.

“Carbon fiber type accounted for major share of the overall tow prepreg market.”
The global tow prepreg market is projected to be dominated by the carbon fiber type during the forecast period. It has better mechanical properties, which is driving its use in many applications. It is possible to produce Class A surface finish on panels with the use of carbon fiber. This fiber is robust enough for handling and processing during the manufacturing process. Carbon fiber-based tow prepreg has long-term performance potential, in terms of resistance against fatigue and environmental effects.

“Europe is the largest tow prepreg market.”
The European region is projected to be the largest tow prepreg market with the presence of large aircraft manufacturers, electric car manufacturers, and offshore wind farm installations in the region. The region has presence of commercial aircraft manufacturers such as Boeing and Airbus. Europe is also home to some of the prominent automotive manufacturers such as BMW, Fiat, and Bentley. These automotive manufacturers use tow prepreg composites in various structural parts such as bonnets, bumpers, and frontends.
This study has been validated through primary interviews conducted with various industry experts, globally. The breakdown of primary interviews is as follows:
• By Company Type- Tier 1- 35%, Tier 2- 40%, and Tier 3- 25%
• By Designation- C Level- 25%, Director Level- 35%, and Others- 40%
• By Region- North America- 20%, Europe- 35%, APAC- 25%, MEA-15%, Latin America-5%

The report provides a comprehensive analysis of profiles of companies listed below:
• TCR Composites (US)
• SGL Carbon SE (Germany)
• JXTG Holdings, Inc. (Japan)
• Teijin Ltd. (Japan)
• Mitsubishi Chemical Holdings Corporation (Japan)
• Hexcel Corporation (US)
• Porcher Industries designs (France)
• Red Composites Ltd. (UK)
• Vitech Composites (France)
• Arisawa Mfg. Co., Ltd. (Japan)

Research Coverage
This report covers the global tow prepreg market and forecasts the market size until 2024. The report segments the market –on the basis of resin type (epoxy, phenolic, others), fiber type (carbon, glass, others), application (pressure vessel, oxygen cylinders, scuba tanks, others), end-use industry (aerospace & defense, automotive & transportation, oil & gas, sports & recreational, others), and region (Europe, North America, APAC, Latin America, and MEA). Porter’s Five Forces analysis, along with the drivers, restraints, opportunities, and challenges, are discussed in the report. It also provides competitive strategies adopted by the major players in the global tow prepreg market.

Key benefits of buying the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the global tow prepreg market comprehensively and provides the closest approximations of the revenues for the overall market and the sub-segments across different verticals and regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report will help stakeholders to understand competitors better and gain more insights to better their position in their businesses. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product development, and partnerships.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Tow Prepreg Market
4.2 Tow Prepreg Market, By Application and Region
4.3 Tow Prepreg Market, By End-Use Industry
4.4 Tow Prepreg Market, By Fiber Type
4.5 Tow Prepreg Market, By Resin Type
4.6 Tow Prepreg Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use of Tow Prepreg in the Oil & Gas Industry
5.2.1.2 Advantages Over Wet-Winding Process
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Processing and Manufacturing Cost
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand From Emerging Economies
5.2.3.2 Penetration of Tow Prepregs in New Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Developing Low-Cost Technologies
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview and Key Trends
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Trends in Aerospace Industry
5.4.4 Trends in Automotive Industry
6 Tow Prepreg Market, By Resin Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Epoxy Resin
6.3 Phenolic Resin
6.4 Others
7 Tow Prepreg Market, By Fiber Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Carbon Fiber
7.2.1 High Demand From Aerospace & Defense Industry Driving Demand for Carbon Fiber Based Tow Prepreg
7.3 Glass
7.3.1 Glass Fiber Segment Holds the Largest Market Share, in Terms of Volume
7.4 Others
8 Tow Prepreg Market, By Application (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Pressure Vessel
8.2.1 Growing Consumption in Oil & Gas Industry Driving the Demand in Pressure Vessel
8.3 Scuba Tanks
8.3.1 Growing Demand From North America and Europe is Fueling the Growth
8.4 Oxygen Cylinders
8.4.1 Oxygen Cylinder Witnessing Growing Demand in Medical Industry
8.5 Others
9 Tow Prepreg Market, By End-Use Industry (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Aerospace & Defense
9.2.1 High Demand From European Region Fueling Growth of Tow Prepreg in Aerospace & Defense Industry
9.3 Trends in Aerospace Industry
9.4 Automotive & Transportation
9.4.1 Automotive & Transportation is the Fastest-Growing Segment in the Overall Tow Prepreg Market
9.5 Sports & Recreational
9.5.1 Europe is Biggest Consumer of Tow Prepreg in Sports & Recreational Industry
9.6 Oil & Gas
9.6.1 Tow Prepreg Increasingly Used in Pressure Vessel
9.7 Others
10 Tow Prepreg Market, By Region (Page No. – 69)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US is the Largest Market for Tow Prepreg Across the Globe
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Aerospace & Defense Industry is Driving the Demand in the Country
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 High Demand From the Aerospace & Defense Industry is Augmenting the Growth in the Country
10.3.2 France
10.3.2.1 Presence of Major Aircraft Manufacturers Helping the Market Growth
10.3.3 UK
10.3.3.1 UK is the Third-Largest Market for Tow Prepreg in Europe
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Growth of Major End-Use Industries, Including Automotive & Transportation, Expected to Support the Market Growth
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 Growing Consumption in Oil & Gas and Automotive Industries Expected to Drive the Market
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japan is the Second-Largest Market for Tow Prepreg in APAC
10.4.3 South Korea
10.4.3.1 Heavy Investment in Automotive Industry Anticipated to Increase Consumption of Tow Prepreg
10.5 MEA
10.5.1 UAE
10.5.1.1 UAE is the Largest Market in the MEA
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Increasing Demand From Oil & Gas and Automotive Industries Driving the Market
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Automotive & Transportation to Drive the Tow Prepreg Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Mexico is Second-Largest Market for Tow Prepreg in the Region
11 Competitive Landscape (Page No. – 90)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Innovators
11.2.3 Visionary Leaders
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Benchmarking
11.3.1 Portfolio of Product Offering
11.3.2 Business Strategy Excellence
11.4 Market Ranking
11.5 Competitive Scenario
11.5.1 New Product Development
11.5.2 Partnership
12 Company Profile (Page No. – 95)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 TCR Composites
12.2 SGL Carbon SE
12.3 JXTG Holdings, Inc.
12.4 Teijin Limited
12.5 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
12.6 Hexcel Corporation
12.7 Porcher Industries
12.8 Red Composites Ltd.
12.9 Vitech Composites
12.10 Arisawa MFG. Co., Ltd.
12.11 Other Companies
12.11.1 Fibrtec
12.11.2 CTMI (Composite Textile Materials Innovation)
12.11.3 ATA Group
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 117)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別
【発行日】2019年12月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7478
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • シンガポールのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 歯科用CAD/CAMフライス盤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、歯科用CAD/CAMフライス盤の世界市場について調査・分析し、歯科用CAD/CAMフライス盤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別歯科用CAD/CAMフライス盤シェア、市場規模推移、市場規模予測、歯科用CAD/CAMフライス盤種類別分析(4軸、5軸、その他)、歯科用CAD/CAMフライス盤用途別分析(歯科クリニック、歯科、歯科研究所、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・歯科用CAD/CAMフライス盤の市場概観 ・歯科用CAD/CAMフライス盤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・歯科用CAD/CAMフライス盤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・歯科用CAD/CAMフライス盤の世界市場規模 ・歯科用CAD/CAMフライス盤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・歯科用CAD/CAMフライス盤のアメリカ市場規模推移 ・歯科用CAD/CAMフライス盤のカナダ市場規模推移 ・歯科用CAD/CAMフライス盤のメキシコ市場規模推移 ・歯科用CAD/ …
  • アメリカのアクリル酸市場(~2019)
  • 塗料・コーティング剤の世界市場予測(~2022年):水性塗料、溶剤塗料、ハイソリッド塗料、粉体塗料
    当調査レポートでは、塗料・コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂別分析、技術別分析、地域別分析、塗料・コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 貯蔵分析の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、貯蔵分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、貯蔵種類別分析、地域別分析、貯蔵分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場について調査・分析し、移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・移植片対宿主病(GVHD)治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 工業用アルコールの世界市場2014-2025:製品別(エチルアルコール、メチルアルコール、イソプロピルアルコール、イソブチルアルコール)、由来別、用途別、地域別
    本調査レポートでは、工業用アルコールの世界市場について調査・分析し、工業用アルコールの世界市場動向、工業用アルコールの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用アルコール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、浸漬冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(単相および二相)分析、用途別(高性能コンピューティング、エッジコンピューティング、暗号通貨マイニング)分析、冷却液種類別(鉱油、合成油、フルオロカーボンベース)分析、浸漬冷却の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、浸漬冷却の世界市場規模が2019年177百万ドルから2024年501百万ドルまで年平均23.2%成長すると予測しています。
  • 農業用フィルムとボンドの世界市場分析:製品別(フィルム、より糸、ネット)、原材料別、用途別(温室、マルチング、サイレージ)、セグメント予測 2014 – 2024
    本調査レポートでは、農業用フィルムとボンドの世界市場について調査・分析し、農業用フィルムとボンドの世界市場動向、農業用フィルムとボンドの世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用フィルムとボンド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 敏捷性運動用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、敏捷性運動用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、敏捷性運動用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高速レールギアボックス市場2019
    本調査レポートでは、世界の高速レールギアボックス市場2019について調査・分析し、高速レールギアボックスの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、高速レールギアボックスのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、高速レールギアボックスメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・高速レールギアボックスの市場概要 ・高速レールギアボックスの上流・下流市場分析 ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速レールギアボックスの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速レールギアボックスの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速 …
  • 世界のシュウ酸リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のシュウ酸リチウム市場2016について調査・分析し、シュウ酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲脊椎手術機器の世界市場分析・予測
  • 世界の逆洗フィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の逆洗フィルター市場2016について調査・分析し、逆洗フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • GABAAモジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABAAモジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABAAモジュレーターの概要 ・GABAAモジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABAAモジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABAAモジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABAAモジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • レゾルシノールの世界市場
    当調査レポートでは、レゾルシノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レゾルシノールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 4-アセチルフェノールの世界市場予測2019-2024
    「4-アセチルフェノールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレードなど、用途別には、Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。4-アセチルフェノールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・4-アセチルフェノールの世界市場概要(サマリー) ・4-アセチルフェノールの企業別販売量・売上 ・4-アセチルフェノールの企業別市場シェア ・4-アセチルフェノールの世界市場規模:種類別(医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレード) ・4-アセチルフェノールの世界市場規模:用途別(Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Other) ・4-アセチルフェノールの米州市場規 …
  • クレーンレンタルの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クレーンレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(移動式、固定式)分析、重量挙げ能力別(低、低、中、重、極度の重さ)分析、エンドユーズ産業別(建築および建設、海洋およびオフショア、鉱業および掘削、石油およびガス、輸送)分析、クレーンレンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クレーンレンタルの世界市場規模が2019年421億ドルから2024年531億ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。
  • ガス分離膜の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ガス分離膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料種類別(ポリイミド・ポリアラミド、ポリスルホン、および酢酸セルロース)分析、用途別(窒素生成・酸素濃縮、二酸化炭素除去、水素回収)分析、ガス分離膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ガス分離膜の世界市場規模が2019年846百万ドルから2024年11億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • セットトップボックス(STB)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セットトップボックス(STB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セットトップボックス(STB)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の緑膿菌感染症(Pseudomonas Aeruginosa Infections)治 …
  • オレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体アンタゴニストの概要 ・オレキシン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオレキシン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オレキシン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オレキシン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 静脈瘤治療装置の世界市場:種類別(静脈内切除、硬化療法、外科的結紮・剥離)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、静脈瘤治療装置の世界市場について調査・分析し、静脈瘤治療装置の世界市場動向、静脈瘤治療装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別静脈瘤治療装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用除湿器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用除湿器の世界市場について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用除湿器シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用除湿器種類別分析(ポータブル、家全体)、家庭用除湿器用途別分析(家庭用、ホテル用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用除湿器の市場概観 ・家庭用除湿器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用除湿器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用除湿器の世界市場規模 ・家庭用除湿器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用除湿器のアメリカ市場規模推移 ・家庭用除湿器のカナダ市場規模推移 ・家庭用除湿器のメキシコ市場規模推移 ・家庭用除湿器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用除湿器のドイツ市場規模推移 ・家庭用除湿器のイギリス市場規模推移 ・家庭用除湿器のロシア市場規模推移 ・家庭用除湿器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等 …
  • セルフクリーニングガラスの世界市場:コーティングタイプ別(親水性、疎水性)、用途別(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)、地域別予測
    本資料は、セルフクリーニングガラスの世界市場について調べ、セルフクリーニングガラスの世界規模、市場動向、市場環境、コーティングタイプ別(親水性、疎水性)分析、用途別(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・セルフクリーニングガラスの世界市場概要 ・セルフクリーニングガラスの世界市場環境 ・セルフクリーニングガラスの世界市場動向 ・セルフクリーニングガラスの世界市場規模 ・セルフクリーニングガラスの世界市場規模:コーティングタイプ別(親水性、疎水性) ・セルフクリーニングガラスの世界市場規模:用途別(住宅建設、非住宅建設、ソーラーパネル、自動車) ・セルフクリーニングガラスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セルフクリーニングガラスの北米市場規模・予測 ・セルフクリーニングガラスのアメリカ市場規模・予測 ・セルフクリーニングガラスのヨーロッパ市場規模・予測 ・セルフクリーニングガラスのアジア市場規模・ …
  • ジオメンブレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ジオメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジオメンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はジオメンブレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atarfil、AGRU America、GSE Environmental、NAUE、Solmax等です。
  • ソノブイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ソノブイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ソノブイ市場規模、機能別(アクティブ、パッシブ)分析、最終用途別(防衛、商業、特殊用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ソノブイの世界市場概要 ・ソノブイの世界市場環境 ・ソノブイの世界市場動向 ・ソノブイの世界市場規模 ・ソノブイの世界市場:業界構造分析 ・ソノブイの世界市場:機能別(アクティブ、パッシブ) ・ソノブイの世界市場:最終用途別(防衛、商業、特殊用途) ・ソノブイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ソノブイのアメリカ市場規模・予測 ・ソノブイのヨーロッパ市場規模・予測 ・ソノブイのアジア市場規模・予測 ・ソノブイの主要国分析 ・ソノブイの世界市場:意思決定フレームワーク ・ソノブイの世界市場:成長要因、課題 ・ソノブイの世界市場:競争環境 ・ソノブイの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のリニアガイドウェイ市場2016
    本調査レポートでは、世界のリニアガイドウェイ市場2016について調査・分析し、リニアガイドウェイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、繊維強化ポリマー(FRP)複合材市場規模、用途別(自動車、建設、エレクトロニクス、防衛、その他)分析、種類別(ガラスFRP、カーボンFRP、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場概要 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場環境 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場動向 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場規模 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場:業界構造分析 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場:用途別(自動車、建設、エレクトロニクス、防衛、その他) ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場:種類別(ガラスFRP、カーボンFRP、その他) ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・繊維強化ポリマー(FRP)複合材のアメ …
  • 世界のリクローザ市場2015
    本調査レポートでは、世界のリクローザ市場2015について調査・分析し、リクローザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチモーダル生体認証の世界市場:指紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認証、静脈認証
    当調査レポートでは、マルチモーダル生体認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライフスタイル分析、マルチモーダル生体認証の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国のセージエッセンシャルオイル抽出物市場2017-2022
  • エリテマトーデス(Lupus Erythematosus):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬の状況 ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬の市場規模(販売予測) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・エリテマトーデス(Lupus Erythematosus)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のエリテマトーデス(Lupus Erythematosus)治療薬剤
  • スピーカーの世界市場2016-2020:ホームオーディオ用スピーカー、ポータブルスピーカー
    当調査レポートでは、スピーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スピーカーの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニューロトロフィンエンハンサーのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロトロフィンエンハンサーのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロトロフィンエンハンサーの概要 ・ニューロトロフィンエンハンサーのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロトロフィンエンハンサー ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロトロフィンエンハンサーの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロトロフィンエンハンサー開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • サンドイッチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サンドイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サンドイッチの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、形状別分析、産業別分析、地域別分析、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遠隔集中治療室(ICU)の世界市場:類型別、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別
    本調査レポートでは、遠隔集中治療室(ICU)の世界市場について調査・分析し、遠隔集中治療室(ICU)の世界市場動向、遠隔集中治療室(ICU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別遠隔集中治療室(ICU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 遠隔医療の世界市場予測(~2021):装置、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、遠隔医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、需要先別分析、遠隔医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィルムコンデンサの世界市場:製品別(AC、DC)、種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ)、業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他)
    本調査レポートでは、フィルムコンデンサの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(AC、DC)分析、種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ)分析、業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フィルムコンデンサの世界市場:製品別(AC、DC) ・フィルムコンデンサの世界市場:種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ) ・フィルムコンデンサの世界市場:業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他) ・フィルムコンデンサの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ティムットペッパーの世界市場2018-2022
    ティムットペッパーは、ネパールに自生する希少な唐辛子の一つです。破裂したような形の種子で、グレープフルーツのような香りを持つ刺激的な辛味を特徴としています。ティムットペッパーの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率8.43%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Natural Resources Industries、Organic farm Nepal、Satya International、Speciality Cooking Supplies、Spice Ace、Spice Mountain、Terre Exotique、Thiercelin- Health is good for youなどです。 当調査レポートでは、ティムットペッパーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティムットペッパー市場規模、用途別(食品・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ティムットペッパーの世界市場概要 …
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ガス処理の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガス処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(アミン、非アミン)分析、用途別(酸性ガスの除去、脱水)分析、ガス処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙用抗菌コーティング市場規模、原料別(銅、銀、その他)分析、適合別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(宇宙、航空)分析、用途別(航空、宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:市場動向分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:競争要因分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:原料別(銅、銀、その他) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:適合別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:プラットフォーム別(宇宙、航空) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:用途別(航空、宇宙) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:主要地域別分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングのヨーロッ …
  • アイメイクアップ(化粧品)の世界市場:マスカラ、アイライナー・ペンシル、アイシャドー
    当調査レポートでは、アイメイクアップ(化粧品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイメイクアップ(化粧品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 水スクーターの世界市場:用途別(個人用、商用、軍用)、推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動)、車両タイプ別(水上&水中)
    本調査レポートでは、水スクーターの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(個人用、商用、軍用)分析、推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動)分析、車両タイプ別(水上&水中)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水スクーターの世界市場:用途別(個人用、商用、軍用) ・水スクーターの世界市場:推進タイプ別(燃料作動、バッテリー作動) ・水スクーターの世界市場:車両タイプ別(水上&水中) ・水スクーターの世界市場:地域別 ・企業概要
  • ナノテクノロジーの世界市場:種類別(ナノデバイス、ナノセンサー)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、その他)
    本資料は、ナノテクノロジーの世界市場について調べ、ナノテクノロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(ナノデバイス、ナノセンサー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ナノテクノロジーの世界市場概要 ・ナノテクノロジーの世界市場環境 ・ナノテクノロジーの世界市場動向 ・ナノテクノロジーの世界市場規模 ・ナノテクノロジーの世界市場:市場シェア ・ナノテクノロジーの世界市場:種類別(ナノデバイス、ナノセンサー) ・ナノテクノロジーの世界市場:用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、その他) ・ナノテクノロジーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ナノテクノロジーの北米市場規模・予測 ・ナノテクノロジーのアメリカ市場規模・予測 ・ナノテクノロジーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ナノテクノロジーのアジア市場規模・予測 ・ナノテクノロジーの日本市場規模・予測 ・ナノテクノロジーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)
    ブロックチェーンIoTの世界市場は、2019年の1億1,310万米ドルから2024年には30億2,100万米ドルに達し、この期間中92.92%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、IoTの採用の増加、IoTセキュリティへのニーズの高まり、ビジネスプロセスの簡素化と透明性・不変性の提供、そして業務効率に対する注目の高まりが考えられます。また、成長を後押しする潜在的な好機としては、スマートコントラクトおよびデジタルID用のブロックチェーンソリューションの採用の増加、そして政府取り組みの強化などがあります。一方で、市場の主な制約は、規制の不確実性とノード数の増加に伴う遅延の増大です。また、ブロックチェーンテクノロジに対する認識の欠如および規格の欠如は、市場の成長に大きな課題をもたらします。当調査レポートでは、ブロックチェーンIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、インフラプロバイダー)分析、用途(スマートコントラクト、データセキュリティ、データ共有 …
  • 視覚障碍者用支援技術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、視覚障碍者用支援技術の世界市場について調査・分析し、視覚障碍者用支援技術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別視覚障碍者用支援技術シェア、市場規模推移、市場規模予測、視覚障碍者用支援技術種類別分析(ブレイル・ディスプレイ、ノートテーカー、拡大鏡)、視覚障碍者用支援技術用途別分析(盲学校、身体障碍者連合会・病院、企業、社会組織、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・視覚障碍者用支援技術の市場概観 ・視覚障碍者用支援技術のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・視覚障碍者用支援技術のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・視覚障碍者用支援技術の世界市場規模 ・視覚障碍者用支援技術の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・視覚障碍者用支援技術のアメリカ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のカナダ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のメキシコ市場規模推移 ・視覚障碍者用支援技術のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・視覚障碍 …
  • 台湾の心臓血管疾患用装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"