"世界の光ファイバ市場:ケーブル種類別(シングルモード、マルチモード)、光ファイバー種類別(ガラス、プラスチック)、用途別(テレコム、構内、ユーティリティ、CATV、軍事、産業、センサー、光ファイバー照明、セキュリティ、メトロポリタン)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2695)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の光ファイバ市場:ケーブル種類別(シングルモード、マルチモード)、光ファイバー種類別(ガラス、プラスチック)、用途別(テレコム、構内、ユーティリティ、CATV、軍事、産業、センサー、光ファイバー照明、セキュリティ、メトロポリタン)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing demand for the internet is expected to drive the fiber optics market.”
The global fiber optics market size is projected to grow from USD 4.3 billion in 2019 to USD 6.9 billion by 2024, at a CAGR of 10.0%. The fiber optics market is mainly driven by the increasing demand for internet and growing need for Fiber To The x (FTTx). The internet is a global system of connected devices. Fiber optics acts as the backbone of the internet; optical fiber cable is used as the medium for transmitting information from one point to another. According to the International Telecommunication Union (ITU) 51.2% of global population was using the internet in 2018. The growth rate of number of the internet users was around 45% in the same year. The growing importance of cloud computing, data transfer and storage, and Internet of Things (IoT) is driving the use of the internet.

“Glass is projected to account for the largest share of the overall fiber optics market, in terms of value, between 2019 and 2024.”
Glass is the largest fiber type of fiber optics due to its increasing demand from various applications. The high performance and easy availability of glass fiber optics is driving the glass fiber optics market. North America and Europe are mature markets. On the other hand, the markets in APAC and the Middle East & Africa are growing because of the rapid industrial growth in these regions.

“Single-mode is the largest cable type in the overall fiber optics market in terms of value.”
The consumption of single-mode fiber optic is very high in the fiber optics market. The single mode type optical cables are designed to transmit a single propagation mode per polarization direction for a given wavelength. Factors including changing demographic trends, increasing number of connected devices, and growth in penetration are expected to contribute to the growth of the single-mode cable type segment of the fiber optics market.

“Rapid industrialization in APAC to drive the demand for fiber optics.”
The APAC fiber optics market is projected to be the largest during the forecast period. The growing industrialization and infrastructural development in the region have offered enormous opportunities for the use of fiber optics across various applications in APAC. The major fiber optics markets in APAC are China, Japan, India, Australia, and South Korea. China is the major hub for manufacturing activities, globally, and is also one of the largest in terms of number of internet users.

In addition, China is the most populous country in the world, which has resulted in the growth of applications, such as telecom, premises, utility, CATV, and industrial. Moreover, countries including India and South Korea are also witnessing significant growth rates on account of the growing industrial activities in the region.
• By Company Type: Tier 1 – 46%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 27%, and Others – 27%
• By Region: North America – 33%, Europe – 27%, APAC – 27%, South America – 7%, Middle East & Africa – 6%

The key players profiled in the report include Corning Incorporated (US), Prysmian Group (Italy), Finisar (US), AFL Global (US), Sumitomo Electric Industries, Ltd (Japan), LS Cable & System (South Korea), Leoni AG (Germany), Furukawa Electric Co. Ltd. (Japan), General Cable Corporation (US), Sterlite Technologies Limited (India), and Optical Cable Corporation (US).

Research Coverage
This report segments the market for fiber optics based on fiber type, cable type, application, and region, and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, and key strategies associated with the market for fiber optics.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view of the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the fiber optics market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities.
The report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on fiber optics offered by top players in the global market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for fiber optics across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global fiber optics market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the fiber optics market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の光ファイバ市場:ケーブル種類別(シングルモード、マルチモード)、光ファイバー種類別(ガラス、プラスチック)、用途別(テレコム、構内、ユーティリティ、CATV、軍事、産業、センサー、光ファイバー照明、セキュリティ、メトロポリタン)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Market
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.3.3 Currency
1.4 Stakeholders
1.5 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Growth Opportunities for the Fiber Optics Manufacturers
4.2 Fiber Optics Market, By Region
4.3 Asia-Pacific Fiber Optics Market, By Country, and Application
4.4 Fiber Optics Market, By Key Country
4.5 Fiber Optics Market, By Application
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for the Internet
5.2.1.2 Growing Need for Fttx
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Wireless Communication Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Telecommunication Industry in Middle East & Africa
5.2.3.2 Advances in Technology
5.3 Regulatory Framework
6 Industry Trends (Page No. – 42)
6.1 Porter’s Five Forces Analysis
6.1.1 Bargaining Power of Buyers
6.1.2 Bargaining Power of Suppliers
6.1.3 Threat of New Entrants
6.1.4 Threat of Substitutes
6.1.5 Intensity of Competitive Rivalry
6.4 Macroeconomic Indicators
6.4.1 GDP Trends and Forecast
6.4.2 Internet Users
7 Fiber Optics Market, By Cable Type (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Market Analysis, By Cable Type
7.2.1 Single Mode
7.2.2 Multi-Mode
8 Fiber Optics Market, By Optical Fiber Type (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 Market Analysis, By Optical Fiber Type
8.2.1 Glass
8.2.2 Plastic
9 Fiber Optics Market, By Application (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Market Analysis, By Application
9.2.1 Communications
9.2.1.1 Telecom
9.2.1.2 Premises
9.2.1.3 Utility
9.2.1.4 CATV
9.2.1.5 Industrial
9.2.1.6 Military
9.2.1.7 Others
9.2.2 Non-Communications
9.2.2.1 Sensors
9.2.2.2 Fiber Optic Lighting
10 Fiber Optics Market, Regional Analysis (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 Asia-Pacific
10.2.1 Overview
10.2.2 Asia-Pacific: Fiber Optics Market Size, By Country
10.2.3 Asia-Pacific: Fiber Optics Market Size, By Optical Fiber Type
10.2.4 Asia-Pacific: Fiber Optics Market Size, By Cable Type
10.2.5 Asia-Pacific: Fiber Optics Market Size, By Application
10.2.6 Market Analysis, By Country
10.2.6.1 China
10.2.6.2 India
10.2.6.3 Australia
10.2.6.4 Japan
10.2.6.5 Indonesia
10.2.6.6 Malaysia
10.2.6.7 Thailand
10.3 North America
10.3.1 Overview
10.3.2 North America: Fiber Optics Market Size, By Country
10.3.3 North America: Fiber Optics Market Size, By Optical Fiber Type
10.3.4 North America: Fiber Optics Market Size, By Cable Type
10.3.5 North America: Fiber Optics Market Size, By Application
10.3.6 Market Analysis, By Country
10.3.6.1 U.S.
10.3.6.2 Canada
10.3.6.3 Mexico
10.4 Europe
10.4.1 Overview
10.4.2 Europe: Fiber Optics Market Size, By Country
10.4.3 Europe: Fiber Optics Market Size, By Optical Fiber Type
10.4.4 Europe: Fiber Optics Market Size, By Cable Type
10.4.5 Europe: Fiber Optics Market Size, By Application
10.4.6 Market Analysis, By Country
10.4.6.1 Germany
10.4.6.2 U.K.
10.4.6.3 France
10.4.6.4 Russia
10.4.6.5 Italy
10.4.6.6 Spain
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Overview
10.5.2 Middle East & Africa: Fiber Optics Market Size, By Country
10.5.3 Middle East & Africa: Fiber Optics Market Size, By Optical Fiber Type
10.5.4 Middle East & Africa: Fiber Optics Market Size, By Cable Type
10.5.5 Middle East & Africa: Fiber Optics Market Size, By Application
10.5.6 Market Analysis, By Country
10.5.6.1 Iran
10.5.6.2 Saudi Arabia
10.5.6.3 South Africa
10.5.6.4 Egypt
10.5.6.5 UAE
10.6 South America
10.6.1 Overview
10.6.2 South America: Fiber Optics Market Size, By Country
10.6.3 South America: Fiber Optics Market Size, By Optical Fiber Type
10.6.4 South America: Fiber Optics Market Size, By Cable Type
10.6.5 South America: Fiber Optics Market Size, By Application
10.6.6 Market Analysis, By Country
10.6.6.1 Brazil
10.6.6.2 Argentina
10.6.6.3 Colombia
11 Competitive Landscape (Page No. – 111)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping, Tier 1 Companies
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.3 Strength of Product Portfolio
11.4 Business Strategy Excellence
11.5 Competitive Leadership Mapping (Small and Medium-Sized Enterprises)
11.5.1 Progressive Companies
11.5.2 Responsive Companies
11.5.3 Starting Blocks
11.6 Strength of Product Portfolio
11.7 Business Strategy Excellence
11.8 Market Share Analysis
11.9 Competitive Scenario
12 Company Profiles (Page No. – 113)
12.1 Corning Inc.
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Recent Developments
12.2 Prysmian Group
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Recent Developments
12.3 Finisar
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Recent Developments
12.4 AFL Global
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Recent Developments
12.5 Sumitomo Electric Industries (SEI)
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Recent Developments
12.6 LS Cable & System
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Recent Developments
12.7 Leoni AG
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Recent Developments
12.8 Furukawa Electric
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Recent Developments
12.9 Finolex
12.10.1 Business Overview
12.10 Sterlite Technologies Limited
12.10.1 Business Overview
12.11 Optical Cable Corporation
12.11.1 Business Overview
12.12 Fujikura Limited
12.12.1 Business Overview
12.13 Yangtze Optical Fiber & Cable Co., Ltd.
12.13.1 Business Overview
12.14 Other Market Players
13 Appendix (Page No. – 126)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の光ファイバ市場:ケーブル種類別(シングルモード、マルチモード)、光ファイバー種類別(ガラス、プラスチック)、用途別(テレコム、構内、ユーティリティ、CATV、軍事、産業、センサー、光ファイバー照明、セキュリティ、メトロポリタン)、地域別
【発行日】2019年12月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2695
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の光ファイバ市場:ケーブル種類別(シングルモード、マルチモード)、光ファイバー種類別(ガラス、プラスチック)、用途別(テレコム、構内、ユーティリティ、CATV、軍事、産業、センサー、光ファイバー照明、セキュリティ、メトロポリタン)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 合板の世界市場
    当調査レポートでは、合板の世界市場について調査・分析し、合板の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 合板の世界市場:市場動向分析 - 合板の世界市場:競争要因分析 - 合板の世界市場:用途別 ・熱帯木材の合板 ・軟材の合板 ・装飾的な合板 ・硬材の合板 - 合板の世界市場:主要地域別分析 - 合板の北米市場規模(アメリカ市場等) - 合板のヨーロッパ市場規模 - 合板のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・合板の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車ワイヤーハーネスの世界市場
    当調査レポートでは、自動車 ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、自動車 ワイヤーハーネスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 北米の体外式除細動器市場(~2021)
  • Eノーズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Eノーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eノーズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • VoLTEの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、VoLTEの世界市場について調査・分析し、VoLTEの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・VoLTEの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・VoLTEの世界市場:セグメント別市場分析 ・VoLTEの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ニーム抽出物の世界市場動向・需要予測
  • 業務用薪式ピザ窯の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用薪式ピザ窯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用薪式ピザ窯の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 業務用薪式ピザ窯は、業務用厨房でのピザ作りに使用され、多くがドーム型であり、均一に熱が分布します。業務用薪式ピザ窯では、薪を使うことにより十分な熱が発生し、その熱は壁に吸収されます。そのため、業務用薪式ピザ窯内では、高熱を維持することができます。Technavio社は業務用薪式ピザ窯の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• FONTANA FORNI• Forno Bravo• Le Panyol• Mugnaini Imports• The Stone Bake Oven Company等です。
  • 温度センサーの世界市場予測(~2023年):バイメタル、サーミスタ、IC、RTD、熱電対、IR、光ファイバー
    当調査レポートでは、温度センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、温度センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インナーフェンダーの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用インナーフェンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インナーフェンダーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の外傷固定市場動向(~2021)
  • 電気泳動の世界市場予測(~2022年):ゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動、試薬
    当調査レポートでは、電気泳動の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、電気泳動の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 顔面紅潮(Hot Flashes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における顔面紅潮(Hot Flashes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・顔面紅潮(Hot Flashes)の概要 ・顔面紅潮(Hot Flashes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・顔 …
  • 鍛造品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鍛造品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鍛造品市場規模、最終用途別(自動車、その他)分析、製品別(型鍛造、自由鍛造、シームレス鍛造)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鍛造品の世界市場概要 ・鍛造品の世界市場環境 ・鍛造品の世界市場動向 ・鍛造品の世界市場規模 ・鍛造品の世界市場:業界構造分析 ・鍛造品の世界市場:最終用途別(自動車、その他) ・鍛造品の世界市場:製品別(型鍛造、自由鍛造、シームレス鍛造) ・鍛造品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・鍛造品のアメリカ市場規模・予測 ・鍛造品のヨーロッパ市場規模・予測 ・鍛造品のアジア市場規模・予測 ・鍛造品の主要国分析 ・鍛造品の世界市場:意思決定フレームワーク ・鍛造品の世界市場:成長要因、課題 ・鍛造品の世界市場:競争環境 ・鍛造品の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のポータブル超音波システム市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル超音波システム市場2015について調査・分析し、ポータブル超音波システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺疾患・呼吸器疾患ドラックデリバリー(薬物送達)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、肺疾患・呼吸器疾患ドラックデリバリー(薬物送達)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、デバイス別分析、需要先別分析、地域別分析、肺疾患・呼吸器疾患ドラックデリバリー(薬物送達)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子機器受託製造および設計サービスの世界市場:サービス別、エンドユーズ別(IT・通信、ヘルスケア、自動車)、地域別
    本調査レポートでは、電子機器受託製造および設計サービスの世界市場について調査・分析し、電子機器受託製造および設計サービスの世界市場動向、電子機器受託製造および設計サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子機器受託製造および設計サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 患者体温管理の世界市場2020-2024
    「患者体温管理の世界市場2020-2024」は、患者体温管理について市場概要、市場規模、製品別(患者加温装置、患者冷却装置)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・患者体温管理の世界市場:製品別(患者加温装置、患者冷却装置) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 生体認証技術の世界市場:最終用途別(政府、銀行・金融、輸送・物流、防衛・セキュリティ)、用途別(AFIS、虹彩、非AFIS)、セグメント予測
    生体認証技術の世界市場は2025年には593億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率19.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまなアプリケーションにおける生体認証技術に対する需要の高まりが考えられます。生体認証技術は、セキュリティ上の脅威に対処するために、公共、民間、商業といったさまざまな業界で採用されています。このことからも、予測期間にわたってこの市場が成長していくものと予想されます。本調査レポートでは、生体認証技術の世界市場について調査・分析し、生体認証技術の世界市場動向、生体認証技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別生体認証技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの整形外科処置動向(~2021)
  • 中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場について調査・分析し、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場動向、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動マテリアルハンドリングの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリングの世界市場について調査・分析し、自動マテリアルハンドリングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:市場動向分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:競争要因分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:オペレーション別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:ソフトウェア&サービス別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動マテリアルハンドリングの北米市場規模・分析 ・自動マテリアルハンドリングの欧州市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングのアジア市場・分析 ・自動マテリアルハンドリングの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ジベレリン酸(GA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ジベレリン酸(GA)の世界市場について調査・分析し、ジベレリン酸(GA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ジベレリン酸(GA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ジベレリン酸(GA)種類別分析()、ジベレリン酸(GA)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ジベレリン酸(GA)の市場概観 ・ジベレリン酸(GA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ジベレリン酸(GA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ジベレリン酸(GA)の世界市場規模 ・ジベレリン酸(GA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ジベレリン酸(GA)のアメリカ市場規模推移 ・ジベレリン酸(GA)のカナダ市場規模推移 ・ジベレリン酸(GA)のメキシコ市場規模推移 ・ジベレリン酸(GA)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ジベレリン酸(GA)のドイツ市場規模推移 ・ジベレリン酸(GA)のイギリス市場規模推移 ・ジベレリン酸(GA …
  • 世界のグローブバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のグローブバルブ市場2016について調査・分析し、グローブバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用レーザーの世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO₂レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用レーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、ROFIN-SINAR Technologies、TRUMPF等です。
  • アメリカの血液検査市場動向(~2021)
  • カーテンウォールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カーテンウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーテンウォールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はカーテンウォールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apogee Enterprises、Permasteelisa、Schüco International、Yuanda China Holdings、Skanska等です。
  • コーヒークリーマーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コーヒークリーマーの世界市場について調査・分析し、コーヒークリーマーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コーヒークリーマーシェア、市場規模推移、市場規模予測、コーヒークリーマー種類別分析(粉末、液体)、コーヒークリーマー用途別分析(コーヒー用、茶・その他用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コーヒークリーマーの市場概観 ・コーヒークリーマーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コーヒークリーマーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コーヒークリーマーの世界市場規模 ・コーヒークリーマーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コーヒークリーマーのアメリカ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのカナダ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのメキシコ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コーヒークリーマーのドイツ市場規模推移 ・コーヒークリーマーのイギリス市場規模推移 ・コーヒークリーマ …
  • アイメイク化粧品包装の世界市場
    当調査レポートでは、アイメイク化粧品包装の世界市場について調査・分析し、アイメイク化粧品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アイメイク化粧品包装の世界市場:市場動向分析 - アイメイク化粧品包装の世界市場:競争要因分析 - アイメイク化粧品包装の世界市場:製品の種類別 ・ブラシ&道具類 ・コンシーラー&下地 ・アイシャドー ・アイブロウ ・アイライナー ・付けまつ毛 ・マスカラ ・セット商品&パレット - アイメイク化粧品包装の世界市場:素材別 ・ガラス ・金属 ・板紙 ・プラスチック - アイメイク化粧品包装の世界市場:主要地域別分析 - アイメイク化粧品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - アイメイク化粧品包装のヨーロッパ市場規模 - アイメイク化粧品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アイメイク化粧品包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ディスクリート・ダイオードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディスクリート・ダイオードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディスクリート・ダイオードの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロジスティクスオートメーションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ロジスティクスオートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロジスティクスオートメーション市場規模、コンポーネント別(輸送管理、倉庫・保管管理)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、自動車、化学、食品・飲料、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ロジスティクスオートメーションの世界市場:市場動向分析 ・ ロジスティクスオートメーションの世界市場:競争要因分析 ・ ロジスティクスオートメーションの世界市場:コンポーネント別(輸送管理、倉庫・保管管理) ・ ロジスティクスオートメーションの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・ ロジスティクスオートメーションの世界市場:用途別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア) ・ ロジスティクスオートメーションの世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙・防衛、自動車、化学、食 …
  • 持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:イントロダクション ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場概観 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:セグメント別市場分析 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:治療法別分析/市場規模 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:主要地域別市場分析 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:関連企業分析
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場予測(~2023年):ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンジニアリングプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー)分析、最終用途産業(自動車・輸送、電気・電子、工業・機械、包装、民生機器)分析、エンジニアリングプラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーワイプの世界市場2017-2021:スパンレース技術、エアレイド技術、コフォーム技術、ニードルパンチ技術、その他技術
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベビーワイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーワイプの世界市場規模及び予測、技術別分析、サービス別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベビーワイプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kimberly-Clark、Johnson & Johnson、P&G、Svenska Cellulosa Aktiebolaget (SCA)、Unicharm等です。
  • スマートガラス/スマートウインドウの世界市場
    当調査レポートでは、スマートガラス/スマートウインドウの世界市場について調査・分析し、スマートガラス/スマートウインドウの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • インダストリアルIoTの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、インダストリアルIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、技術別分析、ソフトウェア別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光強度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の光強度計市場2015について調査・分析し、光強度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プラストマーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、プラストマーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料用植物性添加剤の世界市場:精油、ハーブ・香辛料、含油樹脂
    当調査レポートでは、飼料用植物性添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、機能別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ステアリングヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ステアリングヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ステアリングヒーターの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 自動車用ステアリングヒーターとは、内部に加熱装置が組み込まれ、手袋無しで触っても暖かいハンドルです。高級車の自動車部品として装備されていることが多いです。Technavio社は自動車用ステアリングヒーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Gentherm• Key Safety Systems• Takata• Whelio• ZF TRW等です。
  • フランスのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • レモンエッセンシャルオイルの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、レモンエッセンシャルオイルの世界市場について調べ、レモンエッセンシャルオイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レモンエッセンシャルオイルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型、オーガニック型)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はレモンエッセンシャルオイルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・レモンエッセンシャルオイルの市場状況 ・レモンエッセンシャルオイルの市場規模 ・レモンエッセンシャルオイルの市場予測 ・レモンエッセンシャルオイルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型、オーガニック型) ・レモンエッセンシャルオイルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のラベルプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のラベルプリンター市場2015について調査・分析し、ラベルプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉱山用化学品市場2015
    本調査レポートでは、世界の鉱山用化学品市場2015について調査・分析し、鉱山用化学品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 美容整形外科用製品の世界市場:インプラント、装置、注射剤、創傷ケア消耗品
    当調査レポートでは、美容整形外科用製品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・美容整形外科用製品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・美容整形外科用製品の世界市場:処置別分析/市場規模 ・美容整形外科用製品の世界市場:原料別分析/市場規模 ・美容整形外科用製品の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・美容整形外科用製品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・美容整形外科用製品のアメリカ市場規模予測 ・美容整形外科用製品のヨーロッパ市場規模予測 ・美容整形外科用製品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 台湾の脊椎手術装置市場見通し
  • 香料の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、香料の世界市場について調査・分析し、香料の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別香料シェア、市場規模推移、市場規模予測、香料種類別分析(天然香料、合成香料)、香料用途別分析(食品・飲料、化粧品、パーソナルケア・家庭用品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・香料の市場概観 ・香料のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・香料のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・香料の世界市場規模 ・香料の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・香料のアメリカ市場規模推移 ・香料のカナダ市場規模推移 ・香料のメキシコ市場規模推移 ・香料のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・香料のドイツ市場規模推移 ・香料のイギリス市場規模推移 ・香料のロシア市場規模推移 ・香料のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・香料の日本市場規模推移 ・香料の中国市場規模推移 ・香料の韓国市場規模推移 ・香料のインド市場規模推移 ・香料 …
  • 産業自動化ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業自動化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業自動化ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水素市場2016
    本調査レポートでは、世界の水素市場2016について調査・分析し、水素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ライムオイルの世界市場2019-2023
    ライムオイルは、シトラス系のエッセンシャルオイルの一種です。キーライム果実の皮から得られます。キーライムは単にライムとしても知られており、ミカン科の植物です。ライムオイルの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率7.38%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Aromaaz International、D?TERRA、Lionel Hitchen、PLANT THERAPY ESSENTIAL OILS、Young Living Essential Oilsなどです。 当調査レポートでは、ライムオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライムオイル市場規模、用途別(食品・飲料、パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライムオイルの世界市場概要 ・ライムオイルの世界市場環境 ・ライムオイルの世界市場動向 ・ライムオイルの世界市場規模 ・ライムオイルの世界市場:業界構造分析 ・ライムオイ …
  • 化粧品保存料(防腐剤)の世界市場:合成防腐剤、天然防腐剤
    Technavio社の本調査レポートでは、化粧品保存料(防腐剤)の世界市場について調べ、化粧品保存料(防腐剤)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、化粧品保存料(防腐剤)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(合成防腐剤、天然防腐剤)、用途別、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は化粧品保存料(防腐剤)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・化粧品保存料(防腐剤)の市場状況 ・化粧品保存料(防腐剤)の市場規模 ・化粧品保存料(防腐剤)の市場予測 ・化粧品保存料(防腐剤)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(合成防腐剤、天然防腐剤) ・市場セグメンテーション:用途別 ・化粧品保存料(防腐剤)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"