"世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(ステンレス、鋳鉄、低温、合金ベース)、バルブサイズ別、産業別(石油&ガス、水&廃水処理、エネルギー&電力、化学薬品)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7472)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(ステンレス、鋳鉄、低温、合金ベース)、バルブサイズ別、産業別(石油&ガス、水&廃水処理、エネルギー&電力、化学薬品)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Triple offset butterfly valve market to grow at CAGR of 4.1% from 2019 to 2025.”
The triple offset butterfly valve market is expected to grow from USD 2.8 billion in 2019 to USD 3.6 billion by 2025, at a CAGR of 4.1%. Rising need for tight shutoff, light in wieght, high pressure handling capacity with lower installation cost in critical processes, growing demand for energy & power generation in Asia Pacific, increasing adoption of valves in oil & gas industry, and growing urbanization are the major driving factors for the market’s growth during the forecast period. Growing industrialization in developing economies, rising use of 3D printing in manufacturing valves, need for valve replacement, and focus of valve manufacturers to offer improved customer service are among the other factors fueling the growth of the triple offset butterfly market. However, lack of standardized certifications and government policies is likely to hinder the growth of the triple offset butterfly market in the future.

“Stainless Steel to hold the largest market share during the forecast period.”
Steel offers efficient mechanical properties and good resistance to stress corrosion and sulfides. Carbon steel offers high- and low-temperature strength. Carbon steel valves can be used in many locations where extreme pressure and extreme temperature make other materials unusable. Carbon steel is used in the manufacturing of various types of triple offset butterfly valves. Also, the rising demand for high-quality triple offset butterfly valves in food & beverages and chemicals industries to mitigate the threat of contamination will drive the market for stainless steel triple offset butterfly valves during the forecast period.

“>3” to 10” sized triple offset butterfly valves to hold largest markt share during the forecast period.”
Triple offset butterfly valves sized >3”–10” are the most widely manufactured valves; these valves held the largest market share in 2018 and are expected to be the largest share holder during the forecast period also. These valves are selected on the basis of flow pressure, noise, media, and vibration. These valves are mostly used in industries such as chemicals, oil & gas, energy & power, and water & wastewater treatment because of their efficient working mechanisms. Typically, these valves require less maintenance time and are easy to replace.

“APAC is expected to record the highest growth rate during the forecast period”
APAC is expected to record the highest growth rate during the forecast period. Rapid population growth and urbanization in developing economies, such as China, Japan, South Korea, and India have prompted speedy development of several industries, such as energy & power, water & wastewater treatment, construction, chemicals, pharmaceuticals, and oil & gas, which, in turn, will upsurge the demand for triple offset butterfly valves.

The break-up of profiles of primary participants for the report has been given below.
• By Company Type: Tier 1 = 56%, Tier 2 = 23%, and Tier 3 = 21%
• By Designation: C-Level Executives = 75% and Directors = 25%
• By Region: North America = 40%, Europe = 23%, APAC = 26%, and RoW = 11%

Bürkert Fluid Control Systems (Germany), Emerson (US), Flowserve (US), IMI plc. (UK), Curtiss Wright (US), Trillium Flow Technologies (Weir Group) (US), Cameron – Schlumberger (US), Metso Corporation (Finland), Crane Co. (US), KITZ Corporation are among the major players in the triple offset butterfly valve market.

Research Coverage:
The triple offset butterfly valve market, in this report, is segmented into material, size, industry, and geography. The market based on material is further classified into satinless steel, cast iron, alloy based, cryogenic, and others. The triple offset butterfly valve market, by size, is further segmented into up to 3”, >3” to 10”, >10” to 25”, <25” to 50”, and >50”. The triple offset butterfly valve market, by industry, is further segmented into oil & gas, water & wastewater treatment, energy & power, pharmaceuticals & healthcare, food & beverages, chemicals, building & construction, pulp & paper, metals & mining, and others.

Key Benefits of Buying the Report:
Illustrative segmentation, analysis, and forecast for the market, by material, size, industry, and geography have been provided to give the overall view of the triple offset butterfly valve market.
Major drivers, restraints, opportunities, and challenges pertaining to the triple offset butterfly valve market have been provided in the research report.
The report includes a detailed competitive landscape and revenues of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(ステンレス、鋳鉄、低温、合金ベース)、バルブサイズ別、産業別(石油&ガス、水&廃水処理、エネルギー&電力、化学薬品)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key data from Secondary sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key data from Primary sources
2.1.2.2 Breakdown of primaries
2.2 Market size estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
6 Industry Trends
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
7 Triple Offset Butterfly Valves, By Material
7.1 Introduction
7.2 Carbon Steel
7.3 Stainless Steel
7.4 Alloy Based
7.5 Others
8 Triple Offset Butterfly Valve Market, By Size
8.1 Introduction
8.2 Up to 10”
8.3 >10” to 25”
8.4 >25” to 50”
8.5 > 50”
9 Triple Offset Butterfly Valves, By Application
9.1 Introduction
9.2 Oil & Gas
9.3 Energy & Power
9.4 Water and Wastewater Treatment
9.5 Food & Beverages
9.6 Metals and Mining
9.7 Chemicals
9.8 Pharmaceuticals & Healthcare
9.9 Building & Construction
9.10 Paper and Pulp
9.11 Others
10 Triple Offset Butterfly Valve Market, By Region
10.1 North America
10.1.1 US
10.1.2 Canada
10.1.3 Mexico
10.2 Europe
10.2.1 UK
10.2.2 Germany
10.2.3 France
10.2.4 Italy
10.2.5 Rest of Europe
10.3 Asia-Pacific
10.3.1 China
10.3.2 Japan
10.3.3 South Korea
10.3.4 India
10.3.5 Rest of APAC
10.4 RoW
10.4.1 South America
10.4.2 Middle East
10.4.3 Africa
11 Competitive Landscape
11.1 Introduction
11.2 Market Share Ranking Analysis
11.3 Competitive Situation and Trends
11.3.1 New product launch/development
11.3.2 Mergers & acquisitions
11.3.3 Partnerships/Agreements/Strategic Alliances/Collaborations
12 Company Profile
12.1 Emerson
12.2 Flowserve Corporation
12.3 Curtiss-Wright Corporation
12.4 Schlumberger
12.5 IMI PLC
12.6 Metso
12.7 Trillium Flow Technologies
12.8 Crane
12.9 KITZ Corporation
12.10 Velan
12.11 Samson Controls
12.12 Neway Valve
12.13 L&T Valves
12.14 Zwick Armaturen
12.15 AVK Holdings
12.16 Bray International
12.17 ABO valve
12.18 Wuzhou Valve Co.
12.19 SWI Valve Co.
12.20 HOBBS Valve
13 Appendix
13.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.2 Marketsandmarkets Knowledge Store: Snapshot
13.3 Related Reports
13.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(ステンレス、鋳鉄、低温、合金ベース)、バルブサイズ別、産業別(石油&ガス、水&廃水処理、エネルギー&電力、化学薬品)、地域別
【発行日】2019年12月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7472
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(ステンレス、鋳鉄、低温、合金ベース)、バルブサイズ別、産業別(石油&ガス、水&廃水処理、エネルギー&電力、化学薬品)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の段ボール市場2016
    本調査レポートでは、世界の段ボール市場2016について調査・分析し、段ボールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェットエッチング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェットエッチング装置市場2015について調査・分析し、ウェットエッチング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の感染症検査市場動向(~2021)
  • 世界の薬剤投与装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、薬剤投与装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・薬剤投与装置の概要 ・薬剤投与装置の開発動向:開発段階別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:セグメント別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:領域別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:規制Path別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別薬剤投与装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・薬剤投与装置の最近動向
  • 血液検査の世界市場:技術別(NAT、迅速検査、ウェスタン・ブロット法、NGS)、製品・サービス別(試薬、キット、装置、ソフトウェア、サービス)、需要先別、地域別予測
    本資料は、血液検査の世界市場について調べ、血液検査の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(NAT、迅速検査、ウェスタン・ブロット法、NGS)分析、製品・サービス別(試薬、キット、装置、ソフトウェア、サービス)分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・血液検査の世界市場概要 ・血液検査の世界市場環境 ・血液検査の世界市場動向 ・血液検査の世界市場規模 ・血液検査の世界市場規模:技術別(NAT、迅速検査、ウェスタン・ブロット法、NGS) ・血液検査の世界市場規模:製品・サービス別(試薬、キット、装置、ソフトウェア、サービス) ・血液検査の世界市場規模:需要先別 ・血液検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血液検査の北米市場規模・予測 ・血液検査のアメリカ市場規模・予測 ・血液検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・血液検査のアジア市場規模・予測 ・血液検査の日本市場規模・予測 ・血液検査の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • マネージドプリントサービス(MPS)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、マネージドプリントサービス(MPS)の世界市場について調べ、マネージドプリントサービス(MPS)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マネージドプリントサービス(MPS)の市場規模をセグメンテーション別(展開別(クラウドベース、オンプレミス、ハイブリット)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はマネージドプリントサービス(MPS)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マネージドプリントサービス(MPS)の市場状況 ・マネージドプリントサービス(MPS)の市場規模 ・マネージドプリントサービス(MPS)の市場予測 ・マネージドプリントサービス(MPS)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(クラウドベース、オンプレミス、ハイブリット) ・マネージドプリントサービス(MPS)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業 …
  • ハイブリッド航空機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッド航空機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド航空機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラジオ周波(RF)市場規模・予測2017-2025:構成要素別、商品別(フィルター、デュプレクサ、パワーアンプ、アンテナスイッチ・調整剤・復調器)、用途別(家電、自動車、軍事、ワイヤレスコミュニケーション)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のラジオ周波(RF)市場について調査・分析し、世界のラジオ周波(RF)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のラジオ周波(RF)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 2-オキサゾリドンの世界市場予測2019-2024
    「2-オキサゾリドンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、≥ 95%純度、≥ 98%純度、≥ 99%純度など、用途別には、Linezolid、Posizolid、Tedizolid、Radezolid、Cycloserine、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。2-オキサゾリドンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2-オキサゾリドンの世界市場概要(サマリー) ・2-オキサゾリドンの企業別販売量・売上 ・2-オキサゾリドンの企業別市場シェア ・2-オキサゾリドンの世界市場規模:種類別(≥ 95%純度、≥ 98%純度、≥ 99%純度) ・2-オキサゾリドンの世界市場規模:用途別(Linezolid、Posizolid、Tedizolid、Radezolid、Cycloserine、Other) ・2-オキサゾリドンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・2-オキサゾリドンのアジア市場規模( …
  • ジェネレーティブデザインの世界市場予測(~2023年)
    ジェネレーティブデザインの世界市場は、2018年の1億1,100万米ドルから2023年には2億7,500万米ドルに達し、この期間中19.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、先進的な製品設計用ソフトウェアの必要性の高まり、環境に優しい建造物に対する需要の高まり、そして生産効率の向上が考えられます。一方で、ジェネレーティブデザインソフトウェアの使用は複雑であることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ジェネレーティブデザインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(製品の設計・開発、コスト最適化)分析、コンポーネント分析、導入モデル分析、業種(自動車、航空宇宙・防衛、工業生産)分析、ジェネレーティブデザインの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UV接着剤の世界市場予測(~2021年):アクリル樹脂、シアノアクリレート樹脂、エポキシ樹脂、シリコーン樹脂、ポリウレタン樹脂
    当調査レポートでは、UV接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、UV接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モータ制御コンタクタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モータ制御コンタクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モータ制御コンタクタの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の解剖病理学におけるトラック&トレースソリューション市場:技術別、地域別
    本調査レポートは解剖病理学におけるトラック&トレースソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(バーコード、RFID)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・解剖病理学におけるトラック&トレースソリューションの世界市場:技術別(バーコード、RFID) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 半透明コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、半透明コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料種類別(コンクリート、光学素子)分析、用途別(ファサード&壁クラッディング、フローリング)分析、エンドユーズ産業別(建設、インフラ)分析、半透明コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、半透明コンクリートの世界市場規模が2019年から2024年まで年平均80.0%成長すると予測しています。
  • 組込みコンピュータの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、組込みコンピュータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組込みコンピュータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場2019-2023
    ボツリヌス毒素注射に対する償還プログラムの増加に伴い、頚部ジストニアの治療に対する需要が高まっています。 償還プログラムを利用し、頚部ジストニアの治療用の高価なボツリヌス毒素療法を受けることができます。 この償還プログラムによって、患者は医療保険の有無にかかわらず、ボツリヌス毒素による治療に対する適正な償還を受けることができます。 例を挙げると、BOTOXの製造元であるAllerganは、BOTOX Reimbursement Solutions Programという包括的な償還プログラムをスポンサーしています。 このプログラムには、BOTOXの注射治療を受けている患者を支援するBOTOXホットラインとBOTOX患者支援プログラムが含まれています。 Technavioのアナリストは、頚部ジストニア治療の世界市場が2023年までに約5%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、Eisai、Ipsen Pharma、Merz Pharma、US WorldMedsなどです。 当調査レポートでは、頚部ジストニア(痙性斜頸)治療薬の世界市場について調査・分析 …
  • レーザー距離計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レーザー距離計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー距離計の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーザー距離計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.59%成長すると予測しています。
  • 中国のプラスチック軸受市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック軸受市場2015について調査・分析し、プラスチック軸受の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • NFCシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、NFCシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、NFCシステムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • サウジアラビアの市場見通し(~2021年)
  • 経カテーテル的僧帽弁置換術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、経カテーテル的僧帽弁置換術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、経カテーテル的僧帽弁置換術の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別
    MarketsandMarkets社は、飼料用酵素の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年20億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当資料では、世界の飼料用酵素市場を統合的に調査・分析し、市場概要、機能別(パフォーマンス強化、フィード効率)分析、種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他)分析、由来別(微生物、植物、動物)分析、フォーム別(気体、液体)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の飼料用酵素市場:機能別(パフォーマンス強化、フィード効率) ・世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他) ・世界の飼料用酵素市場:由来別(微生物、植物、動物) ・世界の飼料用酵素市場:フォーム別(気体、液体) ・世界の飼料用酵素市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他) ・世界の飼料用酵素市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • リアシート用車載情報通信システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リアシート用車載情報通信システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、リアシート用車載情報通信システムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合発電システムの世界市場
    当調査レポートでは、複合発電システムの世界市場について調査・分析し、複合発電システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 複合発電システムの世界市場:市場動向分析 - 複合発電システムの世界市場:競争要因分析 - 複合発電システムの世界市場:種類別 ・太陽光(PV)-ディーゼル複合型 ・風力-太陽-ディーゼル複合型 ・風力-ディーゼル - 複合発電システムの世界市場:エンドユーザー別 ・住居用 ・地方の施設の充電用 ・非住居用 ・その他 - 複合発電システムの世界市場:主要地域別分析 - 複合発電システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 複合発電システムのヨーロッパ市場規模 - 複合発電システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・複合発電システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 衛星推進システムの世界市場
    当調査レポートでは、衛星推進システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星推進システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電動パワートレイン市場:コンポーネント別(モーター、12V、HV / 48Vバッテリー、BMS、48V ISG、コントローラー、PDM、DC / ACインバーター、DC / DCコンバーター、その他)、種類別(BEV、MHEV、シリーズ、パラレル&パラレルシリーズ)、車種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、電動パワートレインの世界市場規模が2019年629億ドルから2027年1914億ドルまで年平均14.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の電動パワートレイン市場を広く調査・分析し、市場概要、車両別(運用データ、HEV / PHEV、BEV、48vマイルドハイブリッド車)分析、パワートレイン種類別(BEVパワートレイン、MHEVパワートレイン、シリーズハイブリッドパワートレイン、パラレルハイブリッドパワートレイン)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の電動パワートレイン市場:車両別(運用データ、HEV / PHEV、BEV、48vマイルドハイブリッド車) ・世界の電動パワートレイン市場:パワートレイン種類別(BEVパワートレイン、MHEVパワートレイン、シリーズハイブリッドパワートレイン、パラレルハイブリッドパワートレイン) ・世界の電動パワートレイン市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • マイクロ流体の世界市場予測
  • サイディング(被覆材)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サイディング(被覆材)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サイディング(被覆材)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 新生児インキュベーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、新生児インキュベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新生児インキュベーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は新生児インキュベーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Atom Medical• Drägerwerk• GE Healthcare• Natus Medical 等です。
  • エンタープライズビデオの世界市場予測(~2023年)
    エンタープライズビデオの世界市場は、2018年の135億米ドルから2023年には198億米ドルに達し、この期間中7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インターネットの普及と動画ストリーミングに対する需要の高まり、運用コストの削減に対する企業ニーズの高まりなどが考えれられます。一方で、ネットワーク接続の問題やそれをサポートするインフラの欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、エンタープライズビデオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、ソリューション(ウェブキャスティング、動画コンテンツ管理、ビデオ会議)分析、用途(コーポレートコミュニケーション、トレーニング・開発)分析、産業分析、エンタープライズビデオの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤の概要 ・繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞活性化タンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ストック・ミュージックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ストック・ミュージックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストック・ミュージックの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 結腸腫瘍(Colon Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の概要 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・結 …
  • ポリウレタン(PU)の世界市場分析:製品別(硬質フォーム、軟質フォーム、塗料、接着剤およびシーラント、エラストマー)、エンドユーザー別(家具・インテリア、建築、家電家具、自動車、靴、包装)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリウレタン(PU)の世界市場について調査・分析し、ポリウレタン(PU)の世界市場動向、ポリウレタン(PU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリウレタン(PU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプロピレン生産能力および投資動向
  • ベーカリー&シリアルのポルトガル市場
  • アルコール依存症(Alcohol Addiction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の概要 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • セラミックコーティングの世界市場2016-2020:酸化物系セラミックコーティング、炭化ケイ素系セラミックコーティング、窒化系セラミックコーティング
    当調査レポートでは、セラミックコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックコーティングの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の心臓血管手術装置市場(~2021)
  • エンタプライズアセット管理の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、エンタプライズアセット管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形式別分析、産業別分析、地域別分析、エンタプライズアセット管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カーラックの世界市場
    当調査レポートでは、カーラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルツインの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調べ、デジタルツインの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルツインの市場規模をセグメンテーション別(展開別(オンプレミス、クラウド)、エンドユーザー別(製造業、エネルギー及びユーティリティ、航空宇宙及び防衛、自動車、健康管理、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルツインの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均38%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルツインの市場状況 ・デジタルツインの市場規模 ・デジタルツインの市場予測 ・デジタルツインの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(オンプレミス、クラウド) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(製造業、エネルギー及びユーティリティ、航空宇宙及び防衛、自動車、健康管理、その他のエンドユーザー) ・デジタル …
  • 産業用人員・荷物運搬車(電動)の世界市場
    当調査レポートでは、産業用人員・荷物運搬車(電動)の世界市場について調査・分析し、産業用人員・荷物運搬車(電動)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 油脂の世界市場予測(~2021年):パーム油、大豆油、菜種油、ひまわり油、オリーブ油
    当調査レポートでは、油脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、動物性脂肪別分析、用途別分析、形状別分析、油脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 給油所用タンクゲージシステムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、給油所用タンクゲージシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、給油所用タンクゲージシステムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は給油所用タンクゲージシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Censtar Science & Technology、Dover、Franklin Fueling Systems、Veeder-Root等です。
  • 石油樹脂の世界市場:脂肪族C5樹脂、芳香族C9樹脂、炭化水素樹脂
    当調査レポートでは、石油樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UPS の世界市場:用途別、地域別
    本レポートは、UPSの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(非居住、居住)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・UPSの世界市場:用途別(非居住、居住) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アイルランドの肩関節および小関節再建装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"