"世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7476)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Precision aquaculture market anticipated to grow at CAGR of 14.0% from 2019 to 2024
The precision aquaculture market is estimated to be worth USD 398 million in 2019 and is projected to reach USD 764 million by 2024,; it is expected to grow at a CAGR of 14.0% from 2019 to 2024. Major drivers for the precision aquaculture market are rising demand for protein rich aqua food across the world, the rapid adoption of advanced technologies–IoT, artificial intelligence (AI), feeding robots, and underwater remotely operated vehicles (ROVs) on aquaculture farms; increasing investment and rising R&D expenditure in aquaculture technology worldwide; and the growing popularity of land-based recirculating aquaculture systems.

Market for underwater ROVs estimated to grow at highest CAGR during forecast period
The market for underwater ROVs is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024 due to substantial cost savings associated with this technology, and the rising number of aquaculture farms in the European and South American regions. Underwater remotely operated vehicles (ROVs) are expected to witness high growth rate in the years to come. Underwater ROVs adoption trend in Western Europe and North America have gained good traction in recent years. Currently, more than 60% of underwater ROVs installed bases come from countries such as the US, Canada, Norway, and Chile.

Market for aquaculture monitoring & survelliance application to grow at highest CAGR during forecast period
The precision aquaculture market for the aquaculture monitoring & survelliance application is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The high growth in this segment is predominantly driven by the increasing adoption of hardware devices such as sensors, RFID tags & readers, and livestock collars for the early detection of diseases in livestock, management of the herd, and identification and tracking of livestock.

Precision aquaculture market in South America to grow at highest CAGR from 2019 to 2024
The increasing automation of aquaculture farms in countries such as Brazil and Chile is a major factor driving the precision aquaculture market in South America. Increasing demand for protein rich aqua food is mounting pressure on the suppliers of aquaculture products to become more efficient and productive, pushing the sales of aquaculture technology upward. The precision aquaculture market in South America is in its early growth phase and is expected to grow rapidly until 2024.

The breakup of primaries conducted during the study is depicted below:
• By Company Type: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 40%, and Tier 3 –25%
• By Designation: C-Level Executives – 57%, Directors – 29%, and Others – 14%
• By Region: Americas– 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, and RoW – 10%

Key players operating in the precision aquaculture market are AKVA Group (Norway), InnovaSea Systems (US), Deep Trekker (Canada), Eruvaka Technology (India), Steinsvik (Norway), Pentair AES (US), Aquabyte (US), Akuakare (Turkey), CPI Equipment (Canada), Lifegard Aquatics (US), Imenco AS (Norway), In-Situ (US), Vemco (US), Observe Technology, JALA Tech (Indonesia), MonitorFish (Germany), Imenco Aquaculture (Norway), Omso Systems (US), and Aqualine AS (Norway). These players adopt various strategies, such as product developments, mergers, partnerships, collaborations, and expansions, to cater to customer demands.

Research Coverage
This report covers the precision aquaculture market based on offering, technology, application, and region. The market based on offering has been segmented into hardware, software, and services. Based on application, the market has been segmented into feeding management, monitoring, control and survelliance; and others. Based on system type, the market has been classified into smart feeding systems, monitroing & control systems, underwater ROV systems, and others. Based on region, the precision aquaculture market has been segmented into the Americas, Europe, APAC, and RoW.

Key Benefits of Buying This Report
• This report includes the market statistics pertaining to offering, application, system type, and region.
• An in-depth value chain analysis has been done to provide deep insights into the precision aquaculture market.
• Major market drivers, restraints, challenges, and opportunities have been detailed in this report.
• Illustrative segmentation, analyses, and forecasts for the market based on offering, application, system type, and region have been conducted to provide an overall view of the precision aquaculture market.
• The report includes an in-depth analysis and ranking of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.2.1 Inclusion and Exclusion
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographical Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.4.1 Key Market Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in Precision Aquaculture Market
4.2 Market in APAC, By System Type
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Offering
4.5 Geographic Analysis of Market
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Increasing Adoption of Iot, Rovs, and Ai in Aquaculture Farms
5.1.1.2 Increasing Investment in Aquaculture Technology and R&D Projects
5.1.1.3 Increasing Middle Class Income and Rising Demand for Protein Rich Aqua Food
5.1.1.4 High Focus on Deployment of Large Scale Offshore Aquaculture Project and Various Government Initiatives
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Large Capital Expenditure (CAPEX) Requirement and High Monitoring Cost of Aquaculture Farm
5.1.2.2 System Complexity and Lack of Skilled Operators
5.1.2.3 Lack of Technological Awareness Among Aquaculture Farmers
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Increasing Adoption of Aquaculture Monitoring Technology in Developing Countries
5.1.3.2 Increasing Number of Aquaculture Farms and Rise of Aquaculture Production
5.1.3.3 Increasing Popularity of Land Based Recirculating Aquaculture Systems to Offer Substantial Opportunity
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Environmental Concern Due to Extensive Aquaculture Farming
6 Industry Trends (Page No. – 48)
6.1 Value Chain Analysis
6.1.1 Major Market Players in Precision Aquaculture Market
6.2 Industry Trends
6.2.1 Advent of Ai, Ar/Vr, and Blockchain in Aquaculture to Influence Market Expansion
6.2.2 Farm Automation, Rovs, and Feeding Robots to Mitigate Labor Shortage
6.2.3 Increasing Adoption of Robotics Cages and Underwater Drones on Aquaculture Farm
7 Precision Aquaculture Market, By Offering (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Monitoring Devices
7.2.1.1 Temperature and Environmental Monitoring Devices
7.2.1.1.1 Increasing Demand for Wireless Sensor Network System for Monitor Aquaculture Farms to Boost the Demand for Monitoring Devices
7.2.1.2 Ph & Dissolved Oxygen Sensors
7.2.1.2.1 Increasing Preference for Monitoring Dissolved Oxygen Content Expected to Boost Deployment of Ph & Dissolved Oxygen Sensors
7.2.1.3 Others
7.2.2 Camera System
7.2.2.1 Increasing Adoption of Smart Hd and 4k Enabled Camera Systems
7.2.3 Others
7.3 Software
7.3.1 On-Cloud
7.3.1.1 Increasing Popularity of Software-As-A-Service (SaaS) Model Due to Ability to Access Data Remotely
7.3.2 On-Premise
7.3.2.1 Lower Cost of Ownership is a Major Factor Associated With Adoption of On-Premise Software
7.4 Services
8 Precision Aquaculture Market, By System Type (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 Smart Feeding Systems
8.3 Monitoring & Control Systems
8.4 Underwater Rov Systems
8.5 Others
9 Precision Aquaculture Market, By Application (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Feeding Management
9.3 Monitoring, Control and Survellience
9.4 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 85)
10.1 Introduction
10.2 Americas
10.2.1 North America
10.2.1.1 US
10.2.1.1.1 US Accounted for Largest Share of Precision Aquaculture Market in North America
10.2.1.2 Canada
10.2.1.3 Mexico
10.2.1.3.1 Market in Mexico to Witness Highest CAGR in North America
10.2.2 South America
10.2.2.1 Brazil
10.2.2.2 Chile
10.2.2.3 Rest of South America
10.3 Europe
10.3.1 Norway
10.3.2 Spain
10.3.3 UK
10.3.3.1 Brexit Deal to Impact UK Aquaculture Industry
10.3.4 France
10.3.5 Italy
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 China Accounted for Largest Market Share in Asia Pacific
10.4.2 India
10.4.2.1 India to Witness Highest Growth for Precision Aquaculture Market Between 2019 and 2024
10.4.3 Indonesia
10.4.4 Vietnam
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of World
10.5.1 Africa
10.5.1.1 Weak Exchange Rate in African Countries and Low-Profit Margins are Major Challenges
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Increasing R&D Investments to Boost Adoption of Aquaculture Robots
11 Competitive Landscape (Page No. – 118)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis for the Precision Aquaculture Market, 2018
11.3 Competitive Situation and Trends
11.4 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.4.1.1 Visionary Leaders
11.4.1.2 Dynamic Differentiators
11.4.1.3 Innovators
11.4.1.4 Emerging Companies
11.5 Competitive Benchmarking
11.5.1 Strength of Product Portfolio (25 Players)
11.5.2 Business Strategies Excellence (25 Players)
11.6 Recent Developments
11.6.1 New Product Launches
11.6.2 Agreements, Partnerships, and Contracts
11.6.3 Mergers and Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 127)
12.1 Key Players
12.2 AKVA Group
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 MnM View
12.2.5 SWOT Analysis
12.3 Innovasea Systems
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 MnM View
12.3.5 SWOT Analysis
12.4 Deep Trekker
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.4.3 Recent Developments
12.4.4 MnM View
12.4.5 SWOT Analysis
12.5 Eruvaka Technology
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Recent Developments
12.5.4 MnM View
12.5.5 SWOT Analysis
12.6 Steinsvik
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Recent Developments
12.6.4 Steinsvik
12.7 Pentair AES (Subsidiary of Pentair LP)
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.8 Aquabyte
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.8.3 Recent Developments
12.8.4 MnM View
12.8.5 SWOT Analysis
12.9 Akuakare
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.10 CPI Equipment
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.11 Lifegard Aquatics
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products Offered
12.12 Other Players
12.12.1 Imenco AS
12.12.2 Optimar
12.12.3 In-Situ, Inc.
12.12.4 Vemco
12.13 Key Innovator
12.13.1 Observe Technology
12.13.2 JALA Tech Pte
12.13.3 MonitorFish
12.13.4 Imenco Aquaculture
12.13.5 Osmo Systems
12.13.6 Aqualine AS
12.13.7 Sensorex
12.14 Right-To-Win
13 Appendix (Page No. – 154)
13.1 Insights From Industry Experts
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customization
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別
【発行日】2019年12月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7476
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ニュージーランドの膝関節再建装置市場見通し
  • 世界の抗乳化剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の抗乳化剤市場2015について調査・分析し、抗乳化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子アルファアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子アルファアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フェノール樹脂の世界市場予測(~2021年):レゾール樹脂、ノボラック樹脂
    当調査レポートでは、フェノール樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、フェノール樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国のプライベートレーベル食品・飲料市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、米国のプライベートレーベル食品・飲料市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のプライベートレーベル食品・飲料市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は米国のプライベートレーベル食品・飲料市場が2017-2021年期間中に年平均2.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Costco Wholesale、The Kroger、Trader Joe's、Wal-Mart Stores、Wegmans Food Markets等です。
  • 屋根材の世界市場:瀝青、金属、タイル
    当調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、屋根材の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の走査型プローブ顕微鏡(SPM)市場2015
    本調査レポートでは、世界の走査型プローブ顕微鏡(SPM)市場2015について調査・分析し、走査型プローブ顕微鏡(SPM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体吸収性冠動脈ステントの世界市場2014-2025:ブランド外観別(ABSORB生体吸収性スキャフォールド、ABSORB第二世代、マグマリス、マグニチュード、MeRes100、DESolve)、地域別
    本調査レポートでは、生体吸収性冠動脈ステントの世界市場について調査・分析し、生体吸収性冠動脈ステントの世界市場動向、生体吸収性冠動脈ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別生体吸収性冠動脈ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱伝導流体の世界市場:アプリケーション別(石油・ガス、集光型太陽光発電)、製品別(芳香族、鉱油、シリコーン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱伝導流体の世界市場について調査・分析し、熱伝導流体の世界市場動向、熱伝導流体の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱伝導流体市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 機能性飲料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、機能性飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マスフローコントローラー (MFC) の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、マスフローコントローラー (MFC) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別分析、媒体別分析、接続技術別分析、流量別(低流量、中流量、高流量)分析、マスフローコントローラー (MFC) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人航空機(UAV)ペイロード・サブシステムの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、無人航空機(UAV)ペイロード・サブシステムの世界市場について調査・分析し、無人航空機(UAV)ペイロード・サブシステムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 キャリアイーサネットとは、通信事業者にイーサネットサービスを提供するサービスです。このサービスにはE-Line、E-LAN、E-Treeがあります。Technavio社はキャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Arista Networks• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell• HPE• Juniper Networks等です。
  • バナジウムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バナジウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バナジウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバナジウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bushveld Minerals、EVRAZ、LARGO RESOURCES、Panzhihua Iron and Steel Group、VanadiumCorp等です。
  • インドの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 保護継電器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、保護継電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護継電器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CTスキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CTスキャナー市場規模、デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー)分析、用途別(研究、医療、動物医療)分析、種類別(ポータブル型、据置型)分析、技術別(コーンビームCT(CBCT)、低線量CT、中線量CT、高線量CT)分析、エンドユーザー別(動物病院、研究所、病院、外来治療センター、診断センター、学術機関、臨床研究機関(CRO)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ CTスキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ CTスキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ CTスキャナーの世界市場:デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー) ・ CTスキャナーの世界市場:用途別(研究、医療、動物医療) ・ CTスキャナーの世界市場:種類別(ポータブル型、据置型) ・ CTスキャナーの世界市場:技術別(コー …
  • アデノシン注射の世界市場予測2019-2024
    「アデノシン注射の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、6 mg/2 mL、3 mg/mlなど、用途別には、Hospitals、Clinics、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アデノシン注射のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アデノシン注射の世界市場概要(サマリー) ・アデノシン注射の企業別販売量・売上 ・アデノシン注射の企業別市場シェア ・アデノシン注射の世界市場規模:種類別(6 mg/2 mL、3 mg/ml) ・アデノシン注射の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Other) ・アデノシン注射の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アデノシン注射のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アデノシン注射の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アデノシン注射の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、 …
  • HIV-2感染症(HIV-2 Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるHIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の概要 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 給油所用タンクゲージシステムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、給油所用タンクゲージシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、給油所用タンクゲージシステムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は給油所用タンクゲージシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Censtar Science & Technology、Dover、Franklin Fueling Systems、Veeder-Root等です。
  • ベンゼンの世界市場2017-2021:スチレン、クメン、シクロヘキサン、アニリン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベンゼンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンゼンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベンゼンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、ExxonMobil、Reliance Industries Limited、Shell、The Dow Chemical Company等です。
  • ラベリング装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ラベリング装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラベリング装置市場規模、製品別(感圧ラベル、回転ラベル、スリーブラベル、ロールラベル、コンビネーションラベル)分析、最終用途別(飲料、食品、医薬品・パーソナルケア用品、化学品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ラベリング装置の世界市場概要 ・ラベリング装置の世界市場環境 ・ラベリング装置の世界市場動向 ・ラベリング装置の世界市場規模 ・ラベリング装置の世界市場:業界構造分析 ・ラベリング装置の世界市場:製品別(感圧ラベル、回転ラベル、スリーブラベル、ロールラベル、コンビネーションラベル) ・ラベリング装置の世界市場:最終用途別(飲料、食品、医薬品・パーソナルケア用品、化学品、その他) ・ラベリング装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ラベリング装置のアメリカ市場規模・予測 ・ラベリング装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・ラベリング装置のアジア市 …
  • 手術用ドレープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、手術用ドレープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用ドレープの世界市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用ドレープの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• Cardinal Health等です。
  • インドネシアの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • キルギスのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 医療用カートの世界市場2014-2025:製品別(モバイルコンピューティングカート、壁掛け式ワークステーション、医薬品カート、医療用保管コラム、キャビネット・付属器具)、タイプ別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、医療用カートの世界市場について調査・分析し、医療用カートの世界市場動向、医療用カートの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PPM(プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント)及びアナリティクスの世界市場
    当調査レポートでは、PPM(プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント)及びアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PPM(プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント)及びアナリティクスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオール甘味料の世界市場予測(~2022年):ソルビトール、マルチトール、イソマルト、エリトリトール、キシリトール
    当調査レポートでは、ポリオール甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、形態別分析、地域別分析、ポリオール甘味料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場:材料別(ポリプロピレン、耐衝撃性ポリスチレン)、用途別(消費財・エレクトロニクス、家庭用品、パッケージング、園芸・農業、建設、自動車、テキスタイル、その他)
    本資料は、射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場について調べ、射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界規模、市場動向、市場環境、材料別(ポリプロピレン、耐衝撃性ポリスチレン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場概要 ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場環境 ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場動向 ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場規模 ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場:材料別(ポリプロピレン、耐衝撃性ポリスチレン) ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場:用途別(消費財・エレクトロニクス、家庭用品、パッケージング、園芸・農業、建設、自動車、テキスタイル、その他) ・射出成形用ポリプロピレン・耐衝撃性ポリスチレンの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 臍帯血バンクサービスの米国市場
  • ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場について調べ、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場状況 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場規模 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの市場予測 ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・ウェルケーシング(井戸ケーシング)及びセメンチン …
  • 世界のモグロシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のモグロシド市場2015について調査・分析し、モグロシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒気検知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、酒気検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酒気検知器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナツメグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のナツメグ市場2015について調査・分析し、ナツメグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ファイバースコープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバースコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバースコープの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・エンドユーザー別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 建築照明の世界市場
    当調査レポートでは、建築照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築照明の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アドバンスト創傷ケアの世界市場:製品別(感染管理、滲出液管理、能動的創傷治療、治療装置)、用途別(慢性創傷、急性創傷)、エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター)
    本市場調査レポートではアドバンスト創傷ケアについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(感染管理、滲出液管理、能動的創傷治療、治療装置)分析、用途別(慢性創傷、急性創傷)分析、エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:製品別(感染管理、滲出液管理、能動的創傷治療、治療装置) ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:用途別(慢性創傷、急性創傷) ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター) ・アドバンスト創傷ケアの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 菓子類加工機械の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、菓子類加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、製品別分析、作動モード別分析、地域別分析、菓子類加工機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超低温フリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超低温フリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超低温フリーザーの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用射出座席の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用射出座席の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用射出座席の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルエコノミー2025:通信およびインターネットエコシステムの未来
  • GISの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、GISの世界市場について調査・分析し、GISの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別GISシェア、市場規模推移、市場規模予測、GIS種類別分析(38 KV以下、38 KV-72KV、72 KV-150KV、150 KV以上)、GIS用途別分析(電力送電、産業用途)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・GISの市場概観 ・GISのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・GISのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・GISの世界市場規模 ・GISの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・GISのアメリカ市場規模推移 ・GISのカナダ市場規模推移 ・GISのメキシコ市場規模推移 ・GISのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・GISのドイツ市場規模推移 ・GISのイギリス市場規模推移 ・GISのロシア市場規模推移 ・GISのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・GISの日本市場規模推移 ・GISの中国市場規模 …
  • 感染症ポイントオブケア検査装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、感染症ポイントオブケア検査装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・感染症ポイントオブケア検査装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の製品パイプライン分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の治験動向 ・主要企業分析 ・感染症ポイントオブケア検査装置の世界市場規模予測 ・感染症ポイントオブケア検査装置の地域別市場規模予測
  • ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(垂直産業、サービスプロバイダー)分析、組織サイズ別分析、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 卵巣がん治療の世界市場機会分析・予測
  • 住宅用太陽光発電システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、住宅用太陽光発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、住宅用太陽光発電システム市場規模、用途別分析、技術別(結晶シリコン、薄膜型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場概要 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場環境 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場動向 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場規模 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:業界構造分析 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:用途別 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:技術別(結晶シリコン、薄膜型) ・住宅用太陽光発電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用太陽光発電システムの北米市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・住宅用太陽光発電システムの主要国分析 ・住宅用太陽光発電システムの世界市場: …
  • ブラジルの心臓補助装置市場(~2021)
  • インドのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 一次リチウム電池の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一次リチウム電池 の世界市場について調査・分析し、一次リチウム電池 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一次リチウム電池 シェア、市場規模推移、市場規模予測、一次リチウム電池 種類別分析()、一次リチウム電池 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一次リチウム電池 の市場概観 ・一次リチウム電池 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一次リチウム電池 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一次リチウム電池 の世界市場規模 ・一次リチウム電池 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一次リチウム電池 のアメリカ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のカナダ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のメキシコ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・一次リチウム電池 のドイツ市場規模推移 ・一次リチウム電池 のイギリス市場規模推移 ・一次リチウム電池 のロシア市場規模推移 ・一次リチ …
  • 小規模液化の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、小規模液化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小規模液化の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"