"世界のガラス繊維市場:ガラス種類別(E-ガラス、ECR-ガラス、H-ガラス、AR-ガラス、S-ガラス)、樹脂種類別、製品種類別(グラスウール、直接および組立ロービング、糸、チョップドストランド)、用途別(複合材料、絶縁)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 3670)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のガラス繊維市場:ガラス種類別(E-ガラス、ECR-ガラス、H-ガラス、AR-ガラス、S-ガラス)、樹脂種類別、製品種類別(グラスウール、直接および組立ロービング、糸、チョップドストランド)、用途別(複合材料、絶縁)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The fiberglass market is projected to grow at a CAGR of 7.0% from 2019 to 2024, in terms of value.”
The fiberglass market is projected to grow from USD 17.1 billion in 2019 to USD 23.9 billion by 2024, at a CAGR of 7.0% from 2019 to 2024. The growth of the construction industry is driving the fiberglass market.

“The glass wool fiberglass segment is projected to lead the fiberglass market in terms of both value and volume from 2019 to 2024.”
Based on product type, the glass wool fiberglass segment accounted for the largest share of the fiberglass market in 2018. This segment is projected to lead the market in terms of both value and volume during the forecast period. The growth of this segment can be attributed to increased usage in the construction & infrastructure end-use.

“The composites application segment is projected to lead the fiberglass market in terms of both, value and volume during the forecast period.”
Based on application, the composites application segment led the fiberglass market in 2018 in terms of both value and volume. The high growth of the construction and automotive industries in Asia Pacific and North America is driving this segment.

“The E-glass segment is projected to lead the fiberglass market in terms of both value and volume from 2019 to 2024.”
Based on glass type, the E-glass segment accounted for the largest share of the fiberglass market in 2018. This segment is projected to lead the market in terms of both value and volume during the forecast period. The growth of this segment can be attributed to its wide-ranging applications and corrosion-resistance and lightweight properties.

“The thermoset resins application segment is projected to lead the fiberglass market in terms of both value and volume during the forecast period.”
Based on resin type, the thermoset resins segment led the fiberglass market in 2018 in terms of both value and volume. Properties such as excellent resistance to solvents, abrasives, high temperature, and heat, flexibility, excellent adhesion, and high strength, as well as the availability of thermoset resins in various types make it preferable for use across applications.

“Asia Pacific is projected to lead the fiberglass market during the forecast period, in terms of both, value and volume.”
The Asia Pacific region is projected to lead the fiberglass market from 2019 to 2024 in terms of both, value and volume. The demand for fiberglass is increasing in Asia Pacific, owing to the growth of construction and automotive industries in the region.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level Executives – 33%, Directors – 33%, and Managers – 34%
• By Region: Asia Pacific – 20%, Europe – 25%, North America – 25%, the Middle East & Africa- 20%, and South America – 10%

China Jushi Co., Ltd. (China), Owens Corning (US), Nippon Electric Glass Co., Ltd. (Japan), Taishan Fiberglass Inc. (CTG) (China), Chongqing Polycomp International Corp. (CPIC), (China), Johns Manville Corp. (US), Binani 3B-the Fibreglass Company (Belgium), Taiwan Glass Ind. Corp. (Taiwan), PFG Fiber Glass (Kunshan) Co. Ltd. (China), Asahi Fiberglass Co. Ltd., (Japan), Knauf Insulation (Belgium), Saint-Gobain Vetrotex (US), CertainTeed Corporation (US), Saint-Gobain ADFORS (US), and AGY Holding Corp. (US) are some of the leading players operating in the fiberglass market.

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the fiberglass market based on glass type, resin type, product type, application, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments such as expansions, new product launches, agreements, acquisitions, investments, new product developments, and partnerships undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
The report is expected to help market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the fiberglass market and its segments. This report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のガラス繊維市場:ガラス種類別(E-ガラス、ECR-ガラス、H-ガラス、AR-ガラス、S-ガラス)、樹脂種類別、製品種類別(グラスウール、直接および組立ロービング、糸、チョップドストランド)、用途別(複合材料、絶縁)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.4.1 Package Size
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Primary and Secondary Research
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Opportunities in Fiberglass Market
4.2 Fiberglass Market, By Product Type
4.3 Fiberglass Market, By Application
4.4 Fiberglass Market, By Region
4.5 Asia Pacific Fiberglass Market, By Country & Product Type
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Evolution
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Extensive Use of Fiberglass in the Construction Industry
5.3.1.2 Increased Use of Fiberglass Composites in the Automotive Industry
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Issues in Recycling Glass Wool
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increasing Number of Wind Turbine Installations
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Capital-Intensive Production and Complex Manufacturing Process, of Fiberglass
6 Industry Trends (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Porter’s Five Forces Analysis
6.2.1 Bargaining Power of Suppliers
6.2.2 Threat of New Entrants
6.2.3 Threat of Substitutes
6.2.4 Bargaining Power of Buyers
6.2.5 Rivalry Among Existing Competitors
7 Fiberglass Market, By Glass Type (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 E-Glass
7.3 ECR-Glass
7.4 H-Glass
7.5 AR-Glass
7.6 S-Glass
7.7 Others
8 Fiberglass Market, By Resin Type (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Thermoset Resins
8.2.1 Polyester
8.2.2 Epoxy
8.2.3 Polyurethane
8.2.4 Vinyl Ester
8.2.5 Phenolic
8.3 Thermoplastic Resins
9 Fiberglass Market, By Product Type (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Glass Wool
9.2.1 Glass Wool is Used as A Thermal Insulator in Residential Walls and Ceilings to Reduce Power Consumption
9.3 Direct and Assembled Roving
9.3.1 High Demand From the Construction, Infrastructure, and Wind Energy Sectors is Expected to Drive the Growth of the Direct and Assembled Roving Segment
9.4 Yarn
9.4.1 The Rising Demand for Yarns From the Electronics and Construction Sectors is Expected to Drive the Growth Of, the Yarn Segment
9.5 Chopped Strand
9.5.1 The Rise in Automobile Production in Asia Pacific and Europe is Contributing to the Growing Demand for Chopped Strands
9.6 Others
10 Fiberglass Market, By Application (Page No. – 66)
10.1 Introduction
10.2 Composites
10.2.1 Construction & Infrastructure
10.2.1.1 Lightweight, High Tensile Strength, and High Strength to Weight Ratio Properties Makes Fiberglass Composites Preferable in Construction and Infrastructure Applications
10.2.2 Automotive
10.2.2.1 Weight Reduction, Increased Processing Speed, and Low Voc Emissions From Vehicles Encourages Adoption of Fiberglass in Automotive Applications
10.2.3 Wind Energy
10.2.3.1 High Tensile Strength of Fiberglass Composites is Driving Its Demand for Wind Turbine Blades Manufacturing
10.2.3.2 Trends in Wind Energy Industry
10.2.4 Electronics
10.2.4.1 High Thermal Resistance and Electrical Conductivity Properties of Fiberglass Increases Its Adoption in Electronics Application
10.2.5 Aerospace
10.2.5.1 S-Glass and E-Glass are the Most Widely Used Glass Types in Aerospace Applications
10.2.6 Others
10.3 Insulation
10.3.1 Residential Construction
10.3.1.1 The Residential Construction Segment Led Fiberglass Insulation Market in 2018
10.3.2 Non-Residential Construction
10.3.2.1 The Non-Residential Construction Segment Accounted for the Second-Largest Share of the Fiberglass Insulation Market in 2018
10.3.3 Industrial
10.3.3.1 High Demand for Glass Wool Fiber to Manufacture Industrial Pipes, Power Plant Boilers, and Smoke Flues is Driving the Industrial Insulation Application Segment
10.3.4 Others
11 Fiberglass Market, By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.1.1 China Dominated the Asia Pacific Fiberglass Market in 2018
11.2.2 Japan
11.2.2.1 Extensive Automotive Manufacturing in the Country is Fueling, the Demand for the Fiberglass in Japan
11.2.3 India
11.2.3.1 Growth of the Construction, Pipe & Tanks Manufacturing, and Wind Energy Industries in India is Driving the Growth of the Fiberglass Market
11.2.4 South Korea
11.2.4.1 High Demand for Fiberglass From the Electronics Industry is Fueling the Fiberglass Market in South Korea
11.2.5 Indonesia
11.2.5.1 The Expansion of the Construction Industry in Indonesia Propelling the Demand for the Fiberglass in the Country
11.2.6 Australia
11.2.6.1 High Demand for the Fiberglass From Aerospace & Defense, Wind Energy, Transportation, and Construction Industries is Driving, the Growth of the Fiberglass Market
11.2.7 Malaysia
11.2.7.1 Growth of Transportation and Aerospace Industries in the Country is Majorly Contributing to the Fiberglass Market Growth
11.2.8 Rest of Asia Pacific
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Germany is the Largest Consumer of Fiberglass in Europe
11.3.2 France
11.3.2.1 By Product Type, the Glass Wool Segment Dominated the Fiberglass Market in France in 2018
11.3.3 UK
11.3.3.1 The UK is the Third-Largest Consumer of Fiberglass in the European Region
11.3.4 Italy
11.3.4.1 By Product Type, the Chopped Strand Segment of the Fiberglass Market in Italy is Projected to Grow at the Highest Rate During, the Forecast Period
11.3.5 Russia
11.3.5.1 Growing Adoption of Carbon-Fiber Technologies is Driving to the Fiberglass Market in the Country
11.3.6 Spain
11.3.6.1 By Product Type, the Glass Wool Segment Dominated the Fiberglass Market in Spain in 2018
11.3.7 Rest of Europe
11.4 North America
11.4.1 US
11.4.1.1 The US Accounted for the Largest Share of the Fiberglass Market in 2018
11.4.2 Canada
11.4.2.1 Canada Accounted for the Second-Largest Share of the Fiberglass Market in North America in 2018
11.4.3 Mexico
11.4.3.1 By Application, the Composites Segment Dominated the Fiberglass Market in Mexico in 2018
11.5 Middle East & Africa
11.5.1 Saudi Arabia
11.5.1.1 Saudi Arabia is Estimated to Account for the Largest Share of the Fiberglass Market in the Middle East & African Region in 2019
11.5.2 UAE
11.5.2.1 The UAE is the Second-Largest Market for Fiberglass in the Middle East & African Region
11.5.3 Egypt
11.5.3.1 Increased Spending on Infrastructure Development in the Country is Contributing in the Growth of the Fiberglass Market
11.5.4 Rest of Middle East & Africa
11.6 South America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Brazil Accounted for the Largest Share of the South American Fiberglass Market in 2018
11.6.2 Argentina
11.6.2.1 Argentina is the Second-Largest Market for Fiberglass in South America
11.6.3 Colombia
11.6.3.1 By Product Type, the Glass Wool Segment Dominated the Fiberglass Market in 2018
11.6.4 Rest of South America
12 Competitive Landscape (Page No. – 166)
12.1 Overview
12.2 Competitive Landscape Mapping, 2019
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Strength of Product Portfolio
12.4 Business Strategy Excellence
12.5 Market Ranking of Key Players
12.6 Competitive Scenario
12.6.1 Expansions
12.6.2 New Product Launches
12.6.3 Agreements
12.6.4 Acquisitions
12.6.5 Investments
12.6.6 New Product Developments
12.6.7 Partnerships
13 Company Profiles (Page No. – 179)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 China Jushi Co., LTD.
13.2 Owens Corning
13.3 Nippon Electric Glass Co., LTD.
13.4 Taishan Fiberglass Inc. (CTG)
13.5 Chongqing Polycomp International Corp. (CPIC)
13.6 Binani 3b-The Fibreglass Company
13.7 Taiwan Glass Ind. Corp.
13.8 Johns Manville Corp.
13.9 PFG Fiber Glass (Kunshan) Co., LTD.
13.10 Asahi Fiberglass Co., LTD.
13.11 Knauf Insulation
13.12 Saint-Gobain Vetrotex
13.13 Certainteed Corporation
13.14 Saint-Gobain Adfors
13.15 AGY Holding Corp.
13.16 Other Companies
13.16.1 Saint-Gobain Isover
13.16.2 Soda Sanayii As
13.16.3 Saertex GmbH & Co.Kg
13.16.4 Nitto Boseki Co., LTD.
13.16.5 KCC Corporation
13.16.6 Jiangsu Changhai Composite Materials Co., LTD.
13.16.7 Fiberex Corporation
13.16.8 Bgf Industries, Inc.
13.16.9 Arabian Fiberglass Insulation Co., LTD. (AFICO)
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 223)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のガラス繊維市場:ガラス種類別(E-ガラス、ECR-ガラス、H-ガラス、AR-ガラス、S-ガラス)、樹脂種類別、製品種類別(グラスウール、直接および組立ロービング、糸、チョップドストランド)、用途別(複合材料、絶縁)、地域別
【発行日】2019年12月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 3670
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のガラス繊維市場:ガラス種類別(E-ガラス、ECR-ガラス、H-ガラス、AR-ガラス、S-ガラス)、樹脂種類別、製品種類別(グラスウール、直接および組立ロービング、糸、チョップドストランド)、用途別(複合材料、絶縁)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腎機能検査の世界市場分析:製品別(希釈・濃縮、クリアランス、尿、画像検査)、エンドユーザー別(病院、診断研究所、学術研究所)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、腎機能検査の世界市場について調査・分析し、腎機能検査の世界市場動向、腎機能検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別腎機能検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のペンタクロロピリジン市場2016
    本調査レポートでは、世界のペンタクロロピリジン市場2016について調査・分析し、ペンタクロロピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属くずリサイクルの世界市場2018-2022
    金属くずとは、様々な産業における製造過程の金属の残りであったり、不要な建築材を指します。再生金属くずは、自動車、建設、電力産業など様々な産業において重要な原材料であり、世界経済に大きく貢献しています。 Technavioのアナリストは、金属くずリサイクルの世界市場が2019年から2023年の間に3.16%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、ArcelorMittal、Nucor、OmniSource、SIMS METAL MANAGEMENT、AMERICAN IRON & METAL、Armco Metals Holdings、Aurubis、Commercial Metals、Ferrous Processing & Trading、Kuusakoski、PSC Metals、Schnitzer Steel Industries、SUNRISE METAL RECYCLING、TMS International、Upstate Metal Recycling、WM. MILLER SCRAP IRON & METALなどです。 当調査レポートでは、金属くずリ …
  • PTFEテープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PTFEテープの世界市場について調査・分析し、PTFEテープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PTFEテープシェア、市場規模推移、市場規模予測、PTFEテープ種類別分析(低密度、中密度、高密度)、PTFEテープ用途別分析(航空宇宙、家電、自動車、化学、電子・電気、配管・管、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PTFEテープの市場概観 ・PTFEテープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PTFEテープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PTFEテープの世界市場規模 ・PTFEテープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PTFEテープのアメリカ市場規模推移 ・PTFEテープのカナダ市場規模推移 ・PTFEテープのメキシコ市場規模推移 ・PTFEテープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PTFEテープのドイツ市場規模推移 ・PTFEテープのイギリス市場規模推移 ・PTFEテープのロシア市場規模推移 …
  • タワークレーンの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、タワークレーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タワークレーンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者登録ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、患者登録ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、患者登録ソフトウェアの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オーガニックパーソナルケア製品の世界市場:スキンケア、ヘアケア、カラー化粧品、口腔ケア、その他
    当調査レポートでは、オーガニックパーソナルケア製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オーガニックパーソナルケア製品市場規模、製品別(スキンケア、ヘアケア、カラー化粧品、口腔ケア、その他)分析、流通チャネル別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aveda, Beiersdorf, L'Oréal, Shiseido, Yves Rocherなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場概要 ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場環境 ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場動向 ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場規模 ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場:業界構造分析 ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場:製品別(スキンケア、ヘアケア、カラー化粧品、口腔ケア、その他) ・オーガニックパーソナルケア製品の世界市場:流通チャネル別(オフライン、オンライン) …
  • 産業用シンクライアントプラットフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用シンクライアントプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用シンクライアントプラットフォームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用シンクライアントプラットフォームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.77%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Centerm • Dell• HP• IGEL• Ncomputing等です。
  • 世界のマイカ(雲母)市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイカ(雲母)市場2015について調査・分析し、マイカ(雲母)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ブレーキシステムの世界市場2014-2025:ブレーキタイプ別(ディスク型、ドラム型)、車両タイプ別、技術別(ABS、TCS、ESC、EBD)、地域別
    本調査レポートでは、自動車ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、自動車ブレーキシステムの世界市場動向、自動車ブレーキシステムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車ブレーキシステム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グリーン・バイオ溶剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリーン・バイオ溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・バイオ溶剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラグジュアリートラベル(高級旅行)の世界市場:旅行者種類別、年齢層別、ツアー種類別
    当調査レポートでは、ラグジュアリートラベル(高級旅行)の世界市場について調査・分析し、市場概要、旅行者種類別(絶対的贅沢、意欲的贅沢、アクセシブル贅沢)分析、年齢層別(ミレニアル世代、ジェネレーションX、ベビーブーマー、シルバーヘア)分析、ツアー種類別(カスタマイズ&プライベートバケーション、アドベンチャー&サファリ、クルーズ/船旅、小グループジャーニー、祝賀&特別イベント、料理旅行&ショッピング)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ラグジュアリートラベル(高級旅行)の世界市場:旅行者種類別(絶対的贅沢、意欲的贅沢、アクセシブル贅沢) ・ラグジュアリートラベル(高級旅行)の世界市場:年齢層別(ミレニアル世代、ジェネレーションX、ベビーブーマー、シルバーヘア) ・ラグジュアリートラベル(高級旅行)の世界市場:ツアー種類別(カスタマイズ&プライベートバケーション、アドベンチャー&サファリ、クルーズ/船旅、小グループジャーニー、祝賀&特別イベント、料理旅行&ショッピング) ・ラグジュアリートラベル(高 …
  • フィリピンの物流サービス市場(~2019)
  • EV充電アダプターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EV充電アダプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EV充電アダプターの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 外来用生涯電子カルテ(EHR)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、外来用生涯電子カルテ(EHR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供方式別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、外来用生涯電子カルテ(EHR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械状態モニタリングの世界市場予測:振動モニタリング、サーモグラフィー、潤滑油分析、腐食モニタリング、超音波放射、電流徴候解析(MCSA)
    当調査レポートでは、機械状態モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、モニタリング種類別分析、商品別分析、産業別分析、モニタリングプロセス別分析、機械状態モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベトナムのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 欧州主要国の心臓補助装置市場(~2021)
  • 世界のゴルフボール市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール(NVDIMM)の世界市場2016-2020: NVDIMM-N、NVDIMM-F
    当調査レポートでは、不揮発性デュアルインラインメモリモジュール(NVDIMM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、不揮発性デュアルインラインメモリモジュール(NVDIMM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用電気モーターの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用電気モーターの世界市場について調査・分析し、小型自動車用電気モーターの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • 神経性無食欲症(Anorexia Nervosa):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)の概要 ・神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ヨーロッパの衛星ベース地球観測市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの衛星ベース地球観測市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの衛星ベース地球観測市場規模及び予測、産業別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自閉症(Autism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における自閉症(Autism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、自閉症(Autism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・自閉症(Autism)の概要 ・自閉症(Autism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の自閉症(Autism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・自閉症(Autism)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・自閉症(Autism)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 経腸栄養用機器の世界市場:経腸栄養用ポンプ、経腸栄養用チューブ、セット、注射器
    当調査レポートでは、経腸栄養用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • スリランカのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • データセンター用ラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター用ラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター用ラックの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カスパーゼ3活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカスパーゼ3活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カスパーゼ3活性因子の概要 ・カスパーゼ3活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のカスパーゼ3活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カスパーゼ3活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カスパーゼ3活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 血管性認知症(Vascular Dementias):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管性認知症(Vascular Dementias)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管性認知症(Vascular Dementias)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管性認知症(Vascular Dementias)の概要 ・血管性認知症(Vascular Dementias)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管性認知症(Vascular Dementias)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管性認知症(Vascular Dementias)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 使い捨てマスクの世界市場
    当調査レポートでは、使い捨てマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨てマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の合成着色料市場2015
    本調査レポートでは、世界の合成着色料市場2015について調査・分析し、合成着色料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ログ管理の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、ログ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、地域別分析、ログ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンバイン収穫機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コンバイン収穫機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンバイン収穫機市場規模、馬力別(300HP超、100-300HP、100HP未満)分析、製品別(動力取出式、自己推進式、トラクター牽引式)分析、流通経路別(オンライン販売、オフライン店舗)分析、用途別(米の収穫、大豆の収穫、小麦の収穫、その他)分析、クラス別(クラス4・5、クラス6、クラス7、クラス8、クラス9・10)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コンバイン収穫機の世界市場:市場動向分析 ・ コンバイン収穫機の世界市場:競争要因分析 ・ コンバイン収穫機の世界市場:馬力別(300HP超、100-300HP、100HP未満) ・ コンバイン収穫機の世界市場:製品別(動力取出式、自己推進式、トラクター牽引式) ・ コンバイン収穫機の世界市場:流通経路別(オンライン販売、オフライン店舗) ・ コンバイン収穫機の世界市場:用途別(米の収穫、大豆の収穫、小麦の収 …
  • 自動車用バンパーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用バンパーの世界市場について調査・分析し、自動車用バンパーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用バンパーシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用バンパー種類別分析(プラスチック、その他)、自動車用バンパー用途別分析(商用車、乗用車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用バンパーの市場概観 ・自動車用バンパーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用バンパーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用バンパーの世界市場規模 ・自動車用バンパーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用バンパーのアメリカ市場規模推移 ・自動車用バンパーのカナダ市場規模推移 ・自動車用バンパーのメキシコ市場規模推移 ・自動車用バンパーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用バンパーのドイツ市場規模推移 ・自動車用バンパーのイギリス市場規模推移 ・自動車用バンパーのロシア市場規模推移 ・自動車用 …
  • アジア太平洋の物流サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の物流サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の物流サービス市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カプロラクタムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ナイロン6繊維(テキスタイル、工業、カーペット用フィラメント、ステープルファイバー)・ナイロン6エンジニアリングプラスチック(自動車、電気・電子、産業・機械、ワイヤー&ケーブル))分析、カプロラクタムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発酵成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、発酵成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、発酵成分市場規模、種類別(有機酸、工業用酵素、アルコール、ポリマー(多糖類/キサンタン)、アミノ酸、抗生物質、ビタミン、その他)分析、流通経路別(オンラインストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他)分析、用途別(紙、動物用飼料、医薬品、パーソナルケア、飲食料品、バイオ燃料、繊維・革、ワイン・スピリッツ、農業、、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 発酵成分の世界市場:市場動向分析 ・ 発酵成分の世界市場:競争要因分析 ・ 発酵成分の世界市場:種類別(有機酸、工業用酵素、アルコール、ポリマー(多糖類/キサンタン)、アミノ酸、抗生物質、ビタミン、その他) ・ 発酵成分の世界市場:流通経路別(オンラインストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、その他) ・ 発酵成分の世界市場:用途別(紙、動物用飼料、医薬品、パーソナルケア、飲食料品、バイオ燃料、繊 …
  • 絶縁の世界市場分析:製品別(ガラス繊維、発泡プラスチック、ミネラルウール)、用途別(住宅建設、工業用、HVACおよびOEM、非住宅建設)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、絶縁の世界市場について調査・分析し、絶縁の世界市場動向、絶縁の世界市場規模、市場予測、セグメント別絶縁市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 骨成長刺激製品の世界市場予測(~2022年):骨成長刺激装置、骨形成タンパク質(BMP)、多血小板血漿(PRP)
    当調査レポートでは、骨成長刺激製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、骨成長刺激製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマッサージ枕市場2015
    本調査レポートでは、世界のマッサージ枕市場2015について調査・分析し、マッサージ枕の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハードウェア暗号化の世界市場
    当調査レポートでは、ハードウェア暗号化の世界市場について調査・分析し、ハードウェア暗号化の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ハードウェア暗号化の世界市場:市場動向分析 - ハードウェア暗号化の世界市場:競争要因分析 - ハードウェア暗号化の世界市場:アルゴリズムおよび基準別 ・リベスト・シャミア・エーデルマン(RSA)アルゴリズム ・最新式の暗号化基準(AES) ・その他 - ハードウェア暗号化の世界市場:使途別 ・外付ハードディスクドライブ ・インラインのネットワーク暗号化装置 ・内蔵ハードディスクドライブ ・ソリッドステートドライブ ・USBフラッシュドライブ - ハードウェア暗号化の世界市場:アーキテクチャ別 ・特定用途向け集積回路(ASIC) ・フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA) - ハードウェア暗号化の世界市場:用途別 ・自動車&運送 ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・家庭用電化製品 ・ヘルスケア ・IT&電気通信 ・軍事&航空宇宙部門 ・その他 - ハード …
  • 北米の能動防火(AFP)&受動防火(PFP)システム市場分析・予測
  • 世界のグルコン酸マンガン市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルコン酸マンガン市場2015について調査・分析し、グルコン酸マンガンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用IH調理器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用IH調理器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用IH調理器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・設備別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界のナトリウムエトキシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のナトリウムエトキシド市場2015について調査・分析し、ナトリウムエトキシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、幼児用電動バウンサー・スイング市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、4moms, Artsana, Joie International, Kids II, Mattel, Newell Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場概要 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場環境 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場動向 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場規模 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:業界構造分析 ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・幼児用電動バウンサー・スイングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・幼児用電動バウンサー・スイングの北米市場規模・予測 ・幼児用電動バウンサー・スイ …
  • 商用航空機MRO(保守・修理・点検)の世界市場2019-2023
    IoT対応ジェットエンジンの出現は、市場の成長を牽引する可能性があります。 IoTは、使用パターンや作業環境に関するデータを収集して共有し、それによって、生き生きとしていないオブジェクトとそのユーザーとの間にネットワークを形成することを容易にする新しい概念です。 Technavioのアナリストは、民間航空機のMRO市場は2023年までに4%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AAR、Hong Kong Aircraft Engineering Company、Lufthansa Technik、MTU AERO ENGINES、Singapore Technologies Engineeringなどです。 当調査レポートでは、商用航空機MRO(保守・修理・点検)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機MRO(保守・修理・点検)市場規模、種類別(エンジン、コンポーネント、機体、ライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー …
  • バルブポジショナーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、バルブポジショナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(電空、空気、デジタル)分析、作動別(単動、複動)分析、産業別(石油及びガス、電力、水及び廃水、化学物質、食品及び飲料)分析、バルブポジショナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、バルブポジショナーの世界市場規模が2019年17億万ドルから2024年22億万ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"