"世界のパッド取り付けスイッチギア市場:種類別(空気、ガス、固体誘電体)、電圧別(最大15 kV、15〜25 kV、25〜38 kV)、用途別(産業、商業、および住宅)、標準別(IEC、IEEE)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:EP 3869)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のパッド取り付けスイッチギア市場:種類別(空気、ガス、固体誘電体)、電圧別(最大15 kV、15〜25 kV、25〜38 kV)、用途別(産業、商業、および住宅)、標準別(IEC、IEEE)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The pad-mounted switchgear market is projected to reach USD 7.2 billion by 2024, at a CAGR of 5.4% from 2019 to 2024”
The global pad-mounted switchgear market is projected to reach USD 7.2 billion by 2024 from an estimated market size of USD 5.5 billion in 2019, at a CAGR of 5.4% during the forecast period. The growing investments in underground distribution to increase the reliability and stability of supply in developed countries are expected to drive the demand for pad-mounted switchgears. The functional and aesthetic advantages of underground distribution, along with improved reliability and decreased downtime, would further aid the growth of this market. The high installation cost of pad-mounted swtichgears is a restraint for the growth of the pad-mounted switchgear market.

“The IEC segment is expected to dominate the pad-mounted switchgear market in 2019”
The IEC segment is expected to dominate the pad-mounted switchgear market in 2019, owing to the increasing installation of pad-mounted switchgears in various countries across the globe. The widespread adoption of IEC standard equipment in Europe is responsible for the dominance of the IEC standard in the pad-mounted switchgear market. Europe is one of the largest markets for pad-mounted switchgears. The increasing adoption of IEC as a standard for all the pad-mount switchgears installed in the region is leading to the market growth of the IEC standard pad-mounted switchgears.

“The pad-mounted switchgear, solid dielectric type is expected to grow at the highest rate during the forecast period”
The solid dielectric segment is estimated to grow at the fastest rate of all segments during the forecast period. This growth can be attributed to the restrictions on sulfur hexafluoride (SF6). SF6 has the worst global warming potential of all gases and is largely emitted from the power sector. Increased restrictions on SF6 is expected to slow down the growth of gas insulated switchgears and drive the market for SF6 alternatives. Solid dielectric is a better alternative to SF6, as the insulating medium is epoxy, which is inert and environmentally safe.

“Europe is expected to lead the global pad-mounted switchgear market in terms of market size”
Europe is currently the largest pad-mounted switchgear market, followed by North America and Asia Pacific. Many utilities in Europe adopt underground distribution, given the advantages of underground distribution, especially in densely populated areas and hazardous locations. Many countries in Europe, such as the Netherlands, have a 100% underground distribution system. Europe is expected to be the biggest market for pad-mounted switchgears during the forecast period.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I: 60%, Tier II: 20%, and Tier III: 20%
By Designation: C-Level: 55%, Director Level: 30%, and Others: 15%
By Region: Asia Pacific: 30%, North America: 25%, Europe: 20%, South America: 15%, and the Rest of the World: 10%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue, as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: USD 500 million–1 billion, and Tier 3: The global pad-mounted switchgear market is dominated by a few major players that have an extensive global and regional presence. The leading players in the pad-mounted switchgear market are Eaton (Ireland), Hubbell (US), Federal Pacific (US), S&C Electric (US), G&W Electric (US), ABB (Switzerland), and AZZ (US).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global pad-mounted switchgear market by standard, type, voltage, application, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the pad-mounted switchgear market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のパッド取り付けスイッチギア市場:種類別(空気、ガス、固体誘電体)、電圧別(最大15 kV、15〜25 kV、25〜38 kV)、用途別(産業、商業、および住宅)、標準別(IEC、IEEE)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Regional Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Scope
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Demand-Side Analysis
2.3.1.1 Calculation
2.3.1.2 Assumptions
2.3.2 Supply-Side Analysis
2.3.2.1 Calculation
2.3.2.2 Assumptions
2.3.3 Forecast
2.4 Data Triangulation
2.5 Primary Insights
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the Pad-Mounted Switchgear Market
4.2 Pad-Mounted Switchgear Market, By Standard
4.3 Pad-Mounted Switchgear Market, By Voltage
4.4 Pad-Mounted Switchgear Market, By End-User
4.5 Pad-Mounted Switchgear Market, By Type
4.6 Pad-Mounted Switchgear Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Development in T&D Infrastructure
5.2.1.2 High Reliability of Underground Distribution Systems
5.2.1.3 Need for Upgrading the Aging Power Infrastructure
5.2.1.4 Increasing Adoption of Distribution Automation to Achieve Highly Reliable and Safe Power Transmission
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Installation Cost Associated With Pad-Mounted Switchgears
5.2.2.2 Fierce Competition From Unorganized Or Fragmented Switchgear Markets
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Trend of Adopting Underground Distribution Systems in Developing Countries
5.2.3.2 Implementation of Performance-Based Incentive Schemes and Guaranteed Service Programs
5.2.3.3 Stringent Environmental and Safety Regulations Imposed on the Use of Sf6
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Installation of Underground Distribution Systems Faces Challenges in Unplanned Cities
6 Pad-Mounted Switchgear Market, By Application (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Industrial
6.2.1 Growing Investments in Europe and North America are Likely to Drive the Industrial Pad-Mounted Switchgear Industry
6.3 Commercial
6.3.1 Increasing Energy Demand in the Commercial Sector is Expected to Drive the Demand for Pad-Mount Switchgears for Commercial Applications
6.4 Residential
6.4.1 Rising Demand for Reliable Power in Residential Complexes is Driving the Pad-Mounted Switchgear Industry in Residential Applications
7 Pad-Mounted Switchgear Market, By Standard (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 International Electrotechnical Commission (IEC)
7.3 Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
7.4 Other Standards
8 Pad-Mounted Switchgear Market, By Type (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Air Insulated
8.2.1 Air Insulated Switchgear Finds Extensive Application in Low Voltage Distribution Networks
8.3 Gas Insulated
8.3.1 Gas Insulated Pad-Mounted Switchgear Segment is Expected to Lead the Market During the Forecast Period
8.4 Solid Dielectric
8.4.1 Restrictions on the Use of Sf6 May Aid the Growth of the Solid Dielectric Switchgear Segment
8.5 Others
9 Pad-Mounted Switchgear Market, By Voltage (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 Up to 15 kV
9.2.1 Increasing Demand for Up to 15 kV Pad-Mounted Switchgears in Residential Applications is Expected to Drive the Market
9.3 15–25 kV
9.3.1 Increasing Demand for 15–25 kV Pad-Mounted Switchgears in Feeder and Substation Automation Applications is Likely to Propel the Market
9.4 25–38 kV
9.4.1 Growth in the Industrial and Commercial Sectors is Expected to Boost the Demand for the 25–38 kV Segment
10 Pad-Mounted Switchgear Market, By Region (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 By Type
10.2.2 By Voltage
10.2.3 By Application
10.2.4 By Country
10.2.4.1 China
10.2.4.1.1 Increasing Investment By the Government in the Power Sector is Expected to Drive the Chinese Pad-Mounted Switchgear Industry
10.2.4.2 Australia
10.2.4.2.1 Rising Investment in Renewables, Distribution Infrastructure, and Connectivity Will Drive the Australian Pad-Mounted Switchgear Industry
10.2.4.3 India
10.2.4.3.1 Increasing Urbanization Along With the Government Initiatives to Increase Industrial Infrastructure Will Drive the Market
10.2.4.4 South Korea
10.2.4.4.1 Increase in Consumption of Natural Gas, Nuclear Energy, and Coal in the Power Sector Will Rise the Demand for Pad-Mounted Switchgears
10.3 Europe
10.3.1 By Type
10.3.2 By Voltage
10.3.3 By Application
10.3.4 By Country
10.3.4.1 UK
10.3.4.1.1 Investments in Transmission & Distribution and the Initiatives to Increase Automation of Utilities Will Boost the Market for Pad-Mounted Switchgear
10.3.4.2 Germany
10.3.4.2.1 Government’s Focus on Energy Efficiency Fuels the Growth of the German Pad-Mounted Switchgear Industry
10.3.4.3 France
10.3.4.3.1 Increase in the Renewable Energy Sources in Power Generation Sector Will Drive the Market
10.3.4.4 Rest of Europe
10.3.4.4.1 Increasing Electricity Consumption in Italy Will Increase the Demand for Pad-Mounted Switchgears
10.4 North America
10.4.1 By Type
10.4.2 By Voltage
10.4.3 By Application
10.4.4 By Country
10.4.4.1 US
10.4.4.1.1 Large Planned Capex in Power Generation Infrastructure Will Drive the US Pad-Mounted Switchgear Industry
10.4.4.2 Canada
10.4.4.2.1 Initiatives Towards Upgrading Infrastructure Will Drive the Market
10.4.4.3 Mexico
10.4.4.3.1 Investments in Electric Power Infrastructure and Smart Grid Boost the Mexican Pad-Mounted Switchgear Industry
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 By Type
10.5.2 By Voltage
10.5.3 By Application
10.5.4 By Country
10.5.4.1 UAE
10.5.4.1.1 Growing Investments in Renewable Energy Will Increase the Demand for Pad-Mounted Switchgears in the Country
10.5.4.2 Saudi Arabia
10.5.4.2.1 Investments in Power Generation Projects Expected to Drive the Market for Pad-Mounted Switchgears
10.5.4.3 South Africa
10.5.4.3.1 Rising Investments in Power Capacity Addition and Energy Efficiency Will Drive the South African Market
10.5.4.4 Egypt
10.5.4.4.1 Increasing Electricity Demand Will Drive the Market in Egypt
10.5.4.5 Qatar
10.5.4.5.1 Rising Electricity Demand Will Increase the Demand for Pad-Mounted Switchgear
10.6 South America
10.6.1 By Type
10.6.2 By Voltage
10.6.3 By Application
10.6.4 By Country
10.6.4.1 Brazil
10.6.4.1.1 Initiatives to Modernize the Power Infrastructure Will Drive the Market in Brazil
10.6.4.2 Argentina
10.6.4.2.1 Government’s Investments in Renewable Energy Generation Will Increase the Demand for Pad-Mounted Switchgears
10.6.4.3 Rest of South America
10.6.4.3.1 Investments in the Construction Sector and Growth in Electricity Consumption Will Drive the Market
11 Competitive Landscape (Page No. – 113)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Players
11.3 Market Share, 2018
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Mergers & Acquisitions
11.4.3 Contracts & Agreements
11.4.4 Others
12 Company Profiles (Page No. – 119)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Eaton
12.2 Hubbell
12.3 G&W Electric
12.4 S&C Electric
12.5 Federal Pacific
12.6 ABB
12.7 Powell
12.8 Electronic & Electrical Industries Corporation
12.9 Trayer Switchgear
12.10 Tiepco
12.11 Entec
12.12 KDM Steel
12.13 Switchgear Power Systems
12.14 Scott Engineering
12.15 Park Detroit
12.16 AZZ
12.17 Beijing Kylin Power & Technology
12.18 Actom
12.19 Ormazabal
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 151)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のパッド取り付けスイッチギア市場:種類別(空気、ガス、固体誘電体)、電圧別(最大15 kV、15〜25 kV、25〜38 kV)、用途別(産業、商業、および住宅)、標準別(IEC、IEEE)、地域別
【発行日】2019年12月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】EP 3869
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー及び電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のパッド取り付けスイッチギア市場:種類別(空気、ガス、固体誘電体)、電圧別(最大15 kV、15〜25 kV、25〜38 kV)、用途別(産業、商業、および住宅)、標準別(IEC、IEEE)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ベビー用知育玩具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベビー用知育玩具の世界市場について調査・分析し、ベビー用知育玩具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベビー用知育玩具シェア、市場規模推移、市場規模予測、ベビー用知育玩具種類別分析(アクティビティ用玩具、ゲーム・パズル、建築作業車玩具、人形・アクセサリー)、ベビー用知育玩具用途別分析(ベビー、1-2歳、3-4歳、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ベビー用知育玩具の市場概観 ・ベビー用知育玩具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ベビー用知育玩具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ベビー用知育玩具の世界市場規模 ・ベビー用知育玩具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ベビー用知育玩具のアメリカ市場規模推移 ・ベビー用知育玩具のカナダ市場規模推移 ・ベビー用知育玩具のメキシコ市場規模推移 ・ベビー用知育玩具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ベビー用知育玩具のドイツ市場規模推移 ・ベビー用知育玩具の …
  • 尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の概要 ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高速レールギアボックス市場2019
    本調査レポートでは、世界の高速レールギアボックス市場2019について調査・分析し、高速レールギアボックスの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、高速レールギアボックスのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、高速レールギアボックスメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・高速レールギアボックスの市場概要 ・高速レールギアボックスの上流・下流市場分析 ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速レールギアボックスの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速レールギアボックスの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速 …
  • 使い捨て酸素マスクの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、使い捨て酸素マスクの世界市場について調べ、使い捨て酸素マスクの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、使い捨て酸素マスクの市場規模をセグメンテーション別(製品別(大人サイズ使い捨て酸素マスク、小児サイズ使い捨て酸素マスク)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は使い捨て酸素マスクの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・使い捨て酸素マスクの市場状況 ・使い捨て酸素マスクの市場規模 ・使い捨て酸素マスクの市場予測 ・使い捨て酸素マスクの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(大人サイズ使い捨て酸素マスク、小児サイズ使い捨て酸素マスク) ・使い捨て酸素マスクの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 結核治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、結核治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、結核治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 温室土壌の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、温室土壌の世界市場について調査・分析し、温室土壌の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別温室土壌シェア、市場規模推移、市場規模予測、温室土壌種類別分析(培養土、庭園土壌、根おおい、表層土、その他 )、温室土壌用途別分析(室内園芸、グリーンハウス、芝生・造園、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・温室土壌の市場概観 ・温室土壌のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・温室土壌のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・温室土壌の世界市場規模 ・温室土壌の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・温室土壌のアメリカ市場規模推移 ・温室土壌のカナダ市場規模推移 ・温室土壌のメキシコ市場規模推移 ・温室土壌のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・温室土壌のドイツ市場規模推移 ・温室土壌のイギリス市場規模推移 ・温室土壌のロシア市場規模推移 ・温室土壌のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・温室土壌の日本市場規 …
  • エアフィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアフィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用粘弾性装置(OVD)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、眼科用粘弾性装置(OVD)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼科用粘弾性装置(OVD)の概要 ・眼科用粘弾性装置(OVD)の開発動向:開発段階別分析 ・眼科用粘弾性装置(OVD)の開発動向:セグメント別分析 ・眼科用粘弾性装置(OVD)の開発動向:領域別分析 ・眼科用粘弾性装置(OVD)の開発動向:規制Path別分析 ・眼科用粘弾性装置(OVD)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼科用粘弾性装置(OVD)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼科用粘弾性装置(OVD)の最近動向
  • 印刷用インクの世界市場
    当調査レポートでは、印刷用インクの世界市場について調査・分析し、印刷用インクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用冷凍システムの世界市場規模が2019年193億ドルから2025年248億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用冷凍システム市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、容器、ポンプ、バルブ&補助機器)分析、冷媒種類別(アンモニア、CO2、その他)分析、用途別(冷蔵倉庫、果物&野菜加工、飲料、肉・家禽・魚加工、乳製品&アイスクリーム加工、化学、石油化学、医薬品、冷蔵輸送)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、容器、ポンプ、バルブ&補助機器) ・世界の産業用冷凍システム市場:冷媒種類別(アンモニア、CO2、その他) ・世界の産業用冷凍システム市場:用途別(冷蔵倉庫、果物&野菜加工、飲料、肉・家禽・魚加工、乳製品&アイスクリ …
  • ハイドロゲル創傷被覆材の世界市場2019-2023
    コンビネーション型創傷被覆材の需要が高まるにつれ、ハイドロゲル創傷被覆材市場は今後5年間で急速に成長すると予想されています。銀、蜂蜜、ヨウ素、ハイドロゲルなどの抗菌剤の需要の増加により、コンビネーション型創傷被覆材の使用が増加し、ハイドロゲル創傷被覆材の世界市場の成長が促進されています。 例えば、Cardinal Health社は抗菌性銀化合物と組み合わせた不定形ハイドロゲルであるCardinal Health Hydrogel + Agを製造販売しています。この製品は、細菌浸透に対し効果的なバリアとなり、微生物がゲルに接触しないようになっています。 Technavioのアナリストは、ハイドロゲル創傷被覆材市場が2023年までに6%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、3M、Cardinal Health、Coloplast、ConvaTec、Integra LifeSciences、Smith & Nephewなどです。 当調査レポートでは、ハイドロゲル創傷被覆材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイドロゲル創傷被覆材市場規模、製品別(アモ …
  • 世界のポリアミド11(ナイロン11)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド11(ナイロン11)市場2015について調査・分析し、ポリアミド11(ナイロン11)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の女性用インティメートケア製品市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートは女性用インティメートケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・女性用インティメートケア製品の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)
    本調査レポートでは、防護服の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)分析、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)分析、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他) ・防護服の世界市場:用途別(熱、機械、化学、放射線、その他) ・防護服の世界市場:エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他) ・防護服の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 機械式アクチュエータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機械式アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機械式アクチュエータの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 アクチュエータは、エネルギー源と制御システムにより、回転運動を直線運動に変換、またはその逆等、エネルギーの形を別のエネルギーの形に変換する機械要素です。Technavio社は機械式アクチュエータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Tolomatic• TiMOTION• Warner Linear• Sonceboz• Aerotech • Thomson• Physik Instrumente (PI)• Venture• Exlar Actuation Solutions• Varedan Technologies• REXA• ENERPAC等です。
  • 電気生理学診断用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気生理学診断用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気生理学診断用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウォールデコの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ウォールデコの世界市場について調査・分析し、ウォールデコの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ウォールデコシェア、市場規模推移、市場規模予測、ウォールデコ種類別分析(壁紙、壁掛け型鏡、ウォールアート、その他)、ウォールデコ用途別分析(家庭用、オフィス・企業用、医療・歯科施設用、ホテル・スパ用、飲食店・喫茶店、バー用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ウォールデコの市場概観 ・ウォールデコのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ウォールデコのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ウォールデコの世界市場規模 ・ウォールデコの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ウォールデコのアメリカ市場規模推移 ・ウォールデコのカナダ市場規模推移 ・ウォールデコのメキシコ市場規模推移 ・ウォールデコのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ウォールデコのドイツ市場規模推移 ・ウォールデコのイギリス市場規模推移 ・ウォールデコのロ …
  • タンクレス電気温水器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、タンクレス電気温水器の世界市場について調査・分析し、タンクレス電気温水器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別タンクレス電気温水器シェア、市場規模推移、市場規模予測、タンクレス電気温水器種類別分析()、タンクレス電気温水器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・タンクレス電気温水器の市場概観 ・タンクレス電気温水器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・タンクレス電気温水器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・タンクレス電気温水器の世界市場規模 ・タンクレス電気温水器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・タンクレス電気温水器のアメリカ市場規模推移 ・タンクレス電気温水器のカナダ市場規模推移 ・タンクレス電気温水器のメキシコ市場規模推移 ・タンクレス電気温水器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・タンクレス電気温水器のドイツ市場規模推移 ・タンクレス電気温水器のイギリス市場規模推移 ・タンクレス電気温水 …
  • 鉄道用コネクターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、鉄道用コネクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道用コネクター市場規模、プラットフォーム別(シグナル/インフラ、鉄道車両)分析、コンポーネント別(バックシェル、コネクターボディ)分析、コネクタータイプ別(RF/HF同軸コネクタ、パワーコネクター、ポゴピンコネクター/スプリング装填コネクター、モジュール・混合コネクター、データコネクター、ボードレベルコネクター/PCBコネクター)分析、用途別(ライトレール/トラム、電車(EMU)、地下鉄/メトロ、客車、気動車(DMU))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 鉄道用コネクターの世界市場:市場動向分析 ・ 鉄道用コネクターの世界市場:競争要因分析 ・ 鉄道用コネクターの世界市場:プラットフォーム別(シグナル/インフラ、鉄道車両) ・ 鉄道用コネクターの世界市場:コンポーネント別(バックシェル、コネクターボディ) ・ 鉄道用コネクターの世界市場:コネクタータイプ別( …
  • ナフタレン誘導体の世界市場予測:ナフタレンスルホン酸、SNF、ANS、ナフトール
    当調査レポートでは、ナフタレン誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、形状別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ナフタレン誘導体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィブリノーゲン検査の世界市場2016-2020
  • Xバンドレーダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Xバンドレーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Xバンドレーダーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機食用油の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、有機食用油の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機食用油市場規模、製品別(有機大豆油、有機オリーブオイル、有機キャノーラ油、OOEO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・有機食用油の世界市場概要 ・有機食用油の世界市場環境 ・有機食用油の世界市場動向 ・有機食用油の世界市場規模 ・有機食用油の世界市場:業界構造分析 ・有機食用油の世界市場:製品別(有機大豆油、有機オリーブオイル、有機キャノーラ油、OOEO) ・有機食用油の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機食用油の北米市場規模・予測 ・有機食用油のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・有機食用油のアジア太平洋市場規模・予測 ・有機食用油の主要国分析 ・有機食用油の世界市場:成長要因、課題 ・有機食用油の世界市場:競争環境 ・有機食用油の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Adams Group、Bunge、Cargill、N …
  • 工業用触媒の世界市場:石油精製、化学合成、石油化学・ポリマー用途
    当調査レポートでは、工業用触媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用触媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 坑井介入 (ウェルインターベンション) の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、坑井介入 (ウェルインターベンション) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、坑井介入 (ウェルインターベンション) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用スマート兵器の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用スマート兵器の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍用スマート兵器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍用スマート兵器の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍用スマート兵器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 自動車用油圧システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用油圧システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用油圧システム市場規模、コンポーネント別(従動シリンダー、ホース、マスターシリンダー、タンク)分析、オンハイウェイ車種類別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PC))分析、オフハイウェー車種類別(農業用車両、建設用車両)分析、用途別(油圧タペット、油圧クラッチ、油圧ブレーキ、油圧サスペンション)分析、流通経路別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用油圧システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用油圧システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用油圧システムの世界市場:コンポーネント別(従動シリンダー、ホース、マスターシリンダー、タンク) ・ 自動車用油圧システムの世界市場:オンハイウェイ車種類別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV)、乗用車(PC)) ・ 自動車用油圧システムの世界市場:オ …
  • 燃料電池の世界市場:PEMFC、SOFC、MCFC、DMFC
    当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用軽航空機の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用軽航空機の世界市場について調査・分析し、軍用軽航空機の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 軍用軽航空機市場の概要 3. 軍用軽航空機の世界市場 4. 世界の軍用軽航空機2次市場予測 5. 主要国の軍用軽航空機市場予測 6. 軍用軽航空機市場のSWOT分析 7. 軍用軽航空機市場のPEST分析 8. 軍用軽航空機企業主要11社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • リール・スプールの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、リール・スプールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リール・スプール市場規模、製品別(リール、スプール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リール・スプールの世界市場概要 ・リール・スプールの世界市場環境 ・リール・スプールの世界市場動向 ・リール・スプールの世界市場規模 ・リール・スプールの世界市場:業界構造分析 ・リール・スプールの世界市場:製品別(リール、スプール) ・リール・スプールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リール・スプールの北米市場規模・予測 ・リール・スプールのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・リール・スプールのアジア太平洋市場規模・予測 ・リール・スプールの主要国分析 ・リール・スプールの世界市場:意思決定フレームワーク ・リール・スプールの世界市場:成長要因、課題 ・リール・スプールの世界市場:競争環境 ・リール・スプールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 無線テレコムインフラストラクチャの世界市場:種類別(タワー、アウトドアスモールセル、インドアスモールセル、サイト開発、ファイバー)、用途別(データープロセス、コミュニケーション、公共安全、自動車&産業利用、その他)、地域別予測
    本資料は、無線テレコムインフラストラクチャの世界市場について調べ、無線テレコムインフラストラクチャの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(タワー、アウトドアスモールセル、インドアスモールセル、サイト開発、ファイバー)分析、用途別(データープロセス、コミュニケーション、公共安全、自動車&産業利用、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLaperla、Chantelle、Lise Charmel、Triumph、Bordello、La Senza、Aubade、Fleur of England、Agent Provocateur、Pleasurements、Myla、Victoria’s Secret、Carine Gilson、Kisskill などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無線テレコムインフラストラクチャの世界市場概要 ・無線テレコムインフラストラクチャの世界市場環境 ・無線テレコムインフラストラクチャの世界市場動向 ・無線テレコ …
  • 自動車用カーボンモノコック製シャーシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用カーボンモノコック製シャーシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用カーボンモノコック製シャーシの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インバーターの世界市場2017-2021:モーター駆動インバーター、再生エネルギーインバーター、UPSインバーター
    当調査レポートでは、インバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのカラーコスメティクス(カラー化粧品)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのカラーコスメティクス(カラー化粧品)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アメリカのカラーコスメティクス(カラー化粧品)市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業用グローバッグの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農業用グローバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用グローバッグ市場規模、製品別分析、素材別(ポリエチレン、布)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業用グローバッグの世界市場概要 ・農業用グローバッグの世界市場環境 ・農業用グローバッグの世界市場動向 ・農業用グローバッグの世界市場規模 ・農業用グローバッグの世界市場:業界構造分析 ・農業用グローバッグの世界市場:製品別 ・農業用グローバッグの世界市場:素材別(ポリエチレン、布) ・農業用グローバッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用グローバッグの北米市場規模・予測 ・農業用グローバッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・農業用グローバッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・農業用グローバッグの主要国分析 ・農業用グローバッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・農業用グローバッグの世界市場:成長要因、課題 ・農業用グローバッグの世界 …
  • カジノゲームのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、カジノゲームのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カジノゲームのアメリカ市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ゼオライトの世界市場:製品別(天然、人工)、用途別(触媒、洗剤ビルダー)、地域別予測
    本資料は、ゼオライトの世界市場について調べ、ゼオライトの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(天然、人工)分析、用途別(触媒、洗剤ビルダー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ゼオライトの世界市場概要 ・ゼオライトの世界市場環境 ・ゼオライトの世界市場動向 ・ゼオライトの世界市場規模 ・ゼオライトの世界市場規模:製品別(天然、人工) ・ゼオライトの世界市場規模:用途別(触媒、洗剤ビルダー) ・ゼオライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゼオライトの北米市場規模・予測 ・ゼオライトのアメリカ市場規模・予測 ・ゼオライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・ゼオライトのアジア市場規模・予測 ・ゼオライトの日本市場規模・予測 ・ゼオライトの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • イギリスの市場見通し(~2021年)
  • 遠心送風機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、遠心送風機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、遠心送風機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の小関節処置動向(~2021)
  • オーストラリアの体外式除細動器市場(~2021)
  • 欧州の産業用水処理化学品市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の産業用水処理化学品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の産業用水処理化学品市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • SUVの世界市場:SUV、サブコンパクトSUV、クロスオーバーSUV、MPV
    当調査レポートでは、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場インサイト ・地域別SUV及びサブコンパクトSUV市場ロードマップ及び競合ベンチマーキング  北米市場のSUVロードマップ  ヨーロッパ市場のSUVロードマップ  アジア市場のSUVロードマップ  競合ベンチマーキング  人口統計学的分析 ・安全機能別SUV及びサブコンパクトSUV動向  北米市場  ヨーロッパ市場  アジア市場 ・市場規模及び分析  北米のSUV市場規模(主要国別SUV生産量、SUV種類別生産量、主要国別SUV販売量、SUV種類別販売量)  ヨーロッパのSUV市場規模(主要国別SUV生産量、SUV種類別生産量、主要国別SUV販売量、SUV種類別販売量)  アジアのSUV市場規模(主要国別SUV生産量、SUV種類別生産量、主要国別SUV販売量、SUV種類別販売量)  その他地域のSUV市場規模
  • インドネシアの試験測定機器市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドネシアの試験測定機器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドネシアの試験測定機器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 4-HAPの世界市場予測2019-2024
    「4-HAPの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレードなど、用途別には、Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。4-HAPのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・4-HAPの世界市場概要(サマリー) ・4-HAPの企業別販売量・売上 ・4-HAPの企業別市場シェア ・4-HAPの世界市場規模:種類別(医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレード) ・4-HAPの世界市場規模:用途別(Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Other) ・4-HAPの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・4-HAPのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東 …
  • デスクトップ仮想化の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デスクトップ仮想化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、デスクトップ仮想化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場予測(~2024年)
    船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場は、2019年の推定7億7,200万米ドルから2024年には10億3,900万米ドルに達し、この期間中6.13%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エネルギー消費量とエネルギーコストの削減が考えられます。当調査レポートでは、船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ACドライブ、DCドライブ)分析、電圧別(低電圧(1kV未満)、中電圧(1kV以上))分析、用途別(ポンプ、ファン、コンプレッサー、推進・スラスタ、クレーン・ホイスト)分析、船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド6/12市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド6/12市場2015について調査・分析し、ポリアミド6/12の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の信号機市場2015
    本調査レポートでは、中国の信号機市場2015について調査・分析し、信号機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"