"世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PK 7480)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increased demand for paper straws for various end-use applications and rise in government reforms & campaigns to ban plastics are projected to drive the overall growth of the paper straw market across the globe from 2019 to 2024.
The paper straw market is projected to grow from USD 585 million in 2019 to USD 1,687 million by 2024, recording a CAGR of 23.6% during the forecast period. The growing consumer demand for environmental-friendly straws, increasing rising government reforms & campaigns to ban plastic straws, and rising intolerance toward the use of plastic straws are factors that are projected to drive the growth of the market for paper straws. However, the high cost of paper straws as compared to plastic ones is projected to inhibit the growth of the market.

The non-printed segment is projected to be the fasted growing segment from 2019 to 2024, in terms of both value and volume.
Non-printed paper straws are the majorly consumed paper straws, globally, and accounted for a larger share in terms of volume, in the global paper straw market. Non-printed paper straws are manufactured to avoid digestions of inks or dyes and are manufactured using sustainably sourced paper or food-grade paper. These straws are certified & approved by various food safety departments and are ideal for beverages, such as iced drinks, soda, slushies, soft drinks, beverages, juices, frozen drinks, general liquids, and water.

The 7.75-8.5 inches segment is projected to lead the paper straw market from 2019 to 2024, in terms of value.
The 7.75-8.5 inches segment, by straw length, is projected to lead the paper straw market from 2019 to 2025, in terms of both value and volume. In terms of value, the 7.75-8.5 inches segment is projected to be the largest market in the paper straw market. 7.75 inches (197 mm) is the standard & most preferred length of paper straws. These straws are ideal for regular cups & glasses used for cocktails, iced tea, soda, smoothies, bubble tea, and milkshakes.

The segment is projected to be the fastest-growing segment, during the forecast period, in terms of both value and volume.
The <0.15 inches segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of both value & volume. These straws can be used as drink stirrers. They have wider diameters than stirrers and are an ideal solution for any mixed drink or cocktail. Further, they are mostly preferred by bars, cafes, or restaurants, as they can also be used to stir mixed drinks & cocktails in small, regular, or taller glasses, cups, or other vessels used for drinking.

The foodservice segment is projected to lead the paper straw market during the forecast period, in terms of both value and volume.
The foodservice segment, by end-use application, is projected to register the fastest growth in the paper straw market from 2019 to 2024. The wide range of applications of paper straws in the foodservice industry and the increase in the number of foodservice outlets, worldwide, drive the demand for paper straws in the market. Furthermore, the increasing consumer demand for environment-friendly straws, rising government reforms & campaigns to ban plastic straws, and growing intolerance toward the use of plastic straws are factors that are projected to drive the growth of the paper straws market for foodservice applications.

The breakup of the profiles of primary participants is as follows:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
 By Designation: C-level: 40%, D-level: 35%, and Others*: 25%
 By Region: North America: 20%, Europe: 35%, Asia Pacific: 25%, Middle East & Africa: 15%, and South America: 5%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Footprint (US), Hoffmaster Group, Inc. (US), Transcend Packaging Ltd. (UK), Huhtamaki Oyj (Finland), Fuling Global Inc. (China), Tipi Straws (UK), Canada Brown Eco Products Ltd (China), Bygreen (Australia), Royal Paper Industries (Canada), Shenzhen Grizzlies Industries Co., LTD (China), Biopac (UK) Ltd (UK), Okstraw Paper Straws (US), Lollicup USA, Inc. (US), Soton Daily Necessities Co., Ltd. (China), YuTong Eco-Technology (SuQian) Co., Ltd (China), and Ningbo Jiangbei Shenyu Industry and Trade Co., Ltd. (China) are the key players operating in the paper straw market.

Research Coverage
The market study covers the paper straw market across various segments. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments based on material type, product type, straw length, straw diameter, end-use application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their products and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their positions in the paper straw market.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall paper straw market and its segments and sub-segments. This report would also help the stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the positions of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also aims at helping them understand the pulse of the market and would provide them with information on key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Tudy Scope
1.3.1 Paper Straw Market Segmentation
1.4 Years Considered
1.4.1 Regional Scope
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Research: Supply Side Analysis
2.1.2 Primary and Secondary Research (Value Market)
2.1.3 Primary Research (Volume Market)
2.1.4 Primary Research (Volume & Value Market)
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Secondary Data
2.2.4 Primary Data
2.3 Research Assumptions & Limitations
2.3.1 Assumptions
2.3.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Paper Straw Market
4.2 Asia Pacific: Paper Straw Market, By Material Type and Country
4.3 Paper Straw Market, By Material Type
4.4 Paper Straw Market, By Product Type
4.5 Paper Straw Market, By Straw Length
4.6 Paper Straw Market, By Straw Diameter
4.7 Paper Straw Market, By End-Use Application
4.8 Paper Straw Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Intolerance Toward Plastic Straws, Rising Consumer Demand for Eco-Friendly Straws, and Globally Increasing Government Reforms and Campaigns to Ban Plastic Straws
5.2.1.2 Recyclability of Paper Straw
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Paper Straw Production Capacities
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Concentration on Capacity Expansion
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Cost of Paper Straws
6 Paper Straw Market, By Material Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.1.1 Paper Straw Market, By Material Type
6.1.1.1 The Virgin Paper Segment to Grow at A Higher Rate in the Global Paper Straw Market
6.2 Virgin Paper
6.3 Recycled Paper
7 Paper Straw Market, By Product Type (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.1.1 Paper Straw Market, By Product Type
7.1.1.1 Non-Printed Segment to Grow at A Higher Rate in the Global Paper Straw Market
7.2 Printed
7.3 Non-Printed
8 Paper Straw Market, By Straw Length (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.1.1 Paper Straw Market, By Straw Length
8.1.1.1 >10.5 Inches Segment to Be the Fastest-Growing in the Global Paper Straw Market, in Terms of Value
8.2 <5.75 Inches
8.3 5.75-7.75 Inches
8.4 7.75-8.5 Inches
8.5 8.5-10.5 Inches
8.6 >10.5 Inches
9 Paper Straw Market, By Straw Diameter (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.1.1 Paper Straw Market, By Straw Diameter
9.1.1.1 <0.15 Inches Segment to Be the Fastest-Growing in the Global Paper Straw Market
9.2 <0. 15 Inches
9.3 0.15 - 0.196 Inches
9.4 0.196 - 0.25 Inches
9.5 0.25 - 0.4 Inches
9.6 >0.4 Inches
10 Paper Straw Market, By End-Use Application (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.1.1 Paper Straw Market, By End-Use Application
10.1.1.1 Foodservice Segment to Be the Fastest-Growing in the Paper Straw Market
10.2 Foodservice
10.3 Hotels
10.4 Institutional
10.5 Household
11 Paper Straw Market, By Region (Page No. – 65)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.1.1 The Chinese Paper Straw Market is Projected to Be the Fastest Growing Market in Asia Pacific Region
11.2.2 Japan
11.2.2.1 The Non-Printed Segment is Projected to Grow at the Highest Rate in the Paper Straw Market By 2024
11.2.3 India
11.2.3.1 India is Projected to Witness the Second-Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Value
11.2.4 South Korea
11.2.4.1 Southeast Asia is Projected to Witness the Fourth-Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Value
11.2.5 Rest of Asia Pacific
11.2.5.1 Paper Straw Market to Have Moderate Growth During the Forecast Period in the Region
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Germany Accounted for the Second-Largest Market in the European Paper Starw Market in 2018
11.3.2 UK
11.3.2.1 The UK Paper Straw Market is Projected to Be the Fastest Growing Market in Europe
11.3.3 France
11.3.3.1 Increase in the Number of Food Service Industry to Boost the Paper Straw Market in France
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Italy is Projected to Experience Slow Growth in the Paper Straw Market During the Forecast Period
11.3.5 Russia
11.3.5.1 Rise in Demand for Sustainable Alternative to Plastic Straws to Boost the Russian Paper Starw Market
11.3.6 Spain
11.3.6.1 The Spanish Paper Straw Market is Projected to Be the Second Fastest Growing Market for Paper Straws in the European Region
11.3.7 Rest of Europe
11.3.7.1 Rest of Europe is Projected to Record Moderate Growth in the European Paper Straw Market By 2024
11.4 North America
11.4.1 US
11.4.1.1 The US Was the Largest Producer of Consumer Plastic Waste in North America in 2018
11.4.2 Canada
11.4.2.1 Canada to Be the Second-Fastest-Growing Market in North America
11.4.3 Mexico
11.5 Middle East & Africa
11.5.1 Turkey
11.5.1.1 Turkey is Estimated to Be the Fastest-Growing Market for Paper Straws in the Middle East & Africa
11.5.2 UAE
11.5.2.1 UAE is Estimated to Be the Largest Market in the Middle East & Africa
11.5.3 South Africa
11.5.3.1 The Packaging Segment Led the South African Post-Consumer Recycled Plastics Market, in Terms of Value, in 2018
11.5.4 Saudi Arabia
11.5.4.1 Saudi Arabia is Projected to Be the Third-Largest Market in Middle East & Africa
11.5.5 Rest of Middle East & Africa
11.5.5.1 The Rest of Mea Market is Projected to Have A High Potential for Growth in the Post-Consumer Recycled Plastics Market During the Forecast Period
11.6 South America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Paper Straw Market
11.6.2 Argentina
11.6.2.1 Argentina Accounted for the Second-Largest Share of the Paper Straw Market in South America
11.6.3 Rest of South America
11.6.3.1 The Virgin Paper Segment is Projected to Remain the Largest, in Terms of Consumption, in the Rest of South American Paper Straw Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 111)
12.1 Overview
12.2 Competitive Scenario
12.2.1 Expansions
12.2.2 Acquisitions
12.2.3 New Product Developments
12.2.4 Contracts
12.3 Competitive Leadership Mapping for Paper Straw Manufacturers
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio
12.5 Business Strategy Excellence
13 Company Profiles (Page No. – 120)
13.1 Hoffmaster Group, Inc.
13.2 Transcend Packaging Ltd.
13.3 Footprint
13.4 Fuling Global Inc.
13.5 Huhtamaki OYJ
13.6 Bygreen
13.7 Royal Paper Industries
13.8 Canada Brown Eco Products Ltd
13.9 Biopak
13.10 Charta Global
13.11 Soton Daily Necessities Co., Ltd. Y.W.
13.12 Wuxi Jiejing Packing Co., Ltd
13.13 Yutong Eco-Technology (Suqian) Co., Ltd
13.14 Other Players
13.14.1 Ningbo Jiangbei Shenyu Industry and Trade Co., Ltd.
13.14.2 Aleco Industrial Co., Ltd.
13.14.3 Vegware
13.14.4 Tetra Pak International S.A.
13.14.5 US Paper Straw
13.14.6 Hello Straw
13.14.7 Tipi Straws
13.14.8 Pt. Strawland
13.14.9 Okstraw Paper Straws
13.14.10 Biopac (UK) Ltd
13.14.11 Wilbistraw
13.14.12 Sharp Serviettes
13.14.13 Lollicup Usa, Inc.
13.14.14 Shenzhen Grizzlies Industries Co., Ltd
14 Paper Straw Raw Material Suppliers (Page No. – 159)
14.1 International Paper
14.2 Stora Enso
14.3 Nippon Paper Group
14.4 Mondi
14.5 ITC Limited
14.6 Sappi Limited
14.7 Smurfit Kappa
14.8 CMPC
14.9 Daio Paper Corporation
14.1 Billerudkorsnas
15 Paper Straw Machine Suppliers (Page No. – 169)
15.1 Ruian Lifeng Machinery Co., Ltd.
15.2 Wenzhou Bohang Machinery Co., Ltd
15.3 Ruian Win-Win Machinery Co., Ltd
15.4 Ruian Ruiting Machinery Co., Ltd.
15.5 NSC Group
15.6 Wenzhou Gaoda Paper Tube Machinery Co., Ltd.
15.7 Future Enterprises
15.8 Ruian Sunlight Machinery Factory
15.9 Aman Impex
15.1 Tirth Corporation
16 Appendix (Page No. – 174)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports
16.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別
【発行日】2019年12月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PK 7480
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】パッケージング
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • がん胎児性抗原の世界市場分析:用途別(結腸直腸がん、膵臓がん、卵巣がん、乳がん、甲状腺がん)、セグメント予測
    本調査レポートでは、がん胎児性抗原の世界市場について調査・分析し、がん胎児性抗原の世界市場動向、がん胎児性抗原の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん胎児性抗原市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ユーザーエンティティ行動分析の世界市場見通し2016-2022:継続的な最適化、実効、データ消失防止、内部脅威、危険な資格証明書
    当調査レポートでは、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場について調査・分析し、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:市場動向分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:競争要因分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の北米市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の欧州市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析のアジア市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ケラチンの世界市場:アルファケラチン、ベータケラチン
    Technavio社の本調査レポートでは、ケラチンの世界市場について調べ、ケラチンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ケラチンの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アルファケラチン、ベータケラチン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はケラチンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ケラチンの市場状況 ・ケラチンの市場規模 ・ケラチンの市場予測 ・ケラチンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アルファケラチン、ベータケラチン) ・ケラチンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 痙縮(Spasticity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における痙縮(Spasticity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、痙縮(Spasticity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・痙縮(Spasticity)の概要 ・痙縮(Spasticity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の痙縮(Spasticity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・痙縮(Spasticity)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・痙縮(Spasticity)治療薬開発 …
  • 心筋虚血(Myocardial Ischemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心筋虚血(Myocardial Ischemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心筋虚血(Myocardial Ischemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心筋虚血(Myocardial Ischemia)の概要 ・心筋虚血(Myocardial Ischemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心筋虚血(Myocardial Ischemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心筋虚血(Myocardial Ischemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • GPON技術の世界市場予測(~2023年):2.5G PON、XG-PON、XGS-PON、NG-PON2
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、GPON技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、GPON技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬の概要 ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤の概要 ・ポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ポリマーアデノシン二リン酸塩」リボースポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コンポーザブルインフラストラクチャの世界市場予測(~2023年)
    コンポーザブルインフラストラクチャの市場規模は、2018年の616百万米ドルから2023年には5,102百万米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は52.6%と予測されています。この市場の成長を促進する主な要因としては、従来のインフラストラクチャと新しいインフラストラクチャのギャップを埋める必要性と、コンポーザブルインフラストラクチャが持つ高いスケーラビリティと機敏性が考えられます。当調査レポートでは、コンポーザブルインフラストラクチャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、産業別(BFSI、ヘルスケア、IT・テレコム、政府、製造)分析、コンポーザブルインフラストラクチャの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リハビリ用ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リハビリ用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リハビリ用ロボット市場規模、製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リハビリ用ロボットの世界市場概要 ・リハビリ用ロボットの世界市場環境 ・リハビリ用ロボットの世界市場動向 ・リハビリ用ロボットの世界市場規模 ・リハビリ用ロボットの世界市場:業界構造分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:製品別(上肢用、下肢用、フルボディ外骨格、治療用リハビリロボット) ・リハビリ用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リハビリ用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットのアジア市場規模・予測 ・リハビリ用ロボットの主要国分析 ・リハビリ用ロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・リハビリ用ロボットの世界市場:成長要因、課題 ・リハビリ用 …
  • オフィス家具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オフィス家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフィス家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオフィス家具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Herman Miller、HNI、KOKUYO、Okamura、Steelcase等です。
  • マットレスの世界市場2017-2021:スプリング入りマットレス、メモリーフォームマットレス、ラテックスマットレス
    当調査レポートでは、マットレスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マットレスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 堅牢型サーマルカメラの世界市場
    当調査レポートでは、堅牢型サーマルカメラの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:カメラ種類別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:用途別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラの世界市場:地域別分析/市場規模 ・堅牢型サーマルカメラのアメリカ市場規模予測 ・堅牢型サーマルカメラのヨーロッパ市場規模予測 ・堅牢型サーマルカメラのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 超コンデンサの世界市場
    当調査レポートでは、超コンデンサの世界市場について調査・分析し、超コンデンサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高級フレグランスの世界市場
    本資料は、高級フレグランスの世界市場について調べ、高級フレグランスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、 オー フレッシュ、その他)分析、用途別(メンズ、ウィメンズ、キッズ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSteel Case、Ashley Furniture Industries、Inter IKEA Group、Sears Holdings、Haworth、Herman Miller、HNI、Kimball International、Knoll、KOKUYO Furniture、Poltrona Frau、Masco、Mercury Row、Red Barrel Studio、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高級フレグランスの世界市場概要 ・高級フレグランスの世界市場環境 ・高級フレグランスの世界市場動向 ・高級フレグランスの世界市場規模 ・高級フレグランスの世界市場規模: …
  • アルメニアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • フローズンヨーグルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フローズンヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローズンヨーグルトの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • ワインのアメリカ市場:製品種類別(無発泡性ワイン、スパークリングワイン、酒精強化ワイン)、セグメント予測
  • ベントナイトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベントナイトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベントナイトの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ゼオライトの世界市場予測(~2022年):ゼオライトA、ゼオライトY、ゼオライトX、ゼオライトZsm-5
    当調査レポートでは、合成ゼオライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、合成ゼオライトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨内注入デバイスの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:B.I.G、FAST1、EZ-IO、FASTレスポンダー、骨内注入用針
  • 世界の透明表示市場規模・予測2017-2025:技術別(LCD、OLED、E紙)、用途別(ウエアラブル、モバイル表示、建物、小売、自動車、軍事)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の透明表示市場について調査・分析し、世界の透明表示市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の透明表示関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • カプロラクタムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ナイロン6繊維(テキスタイル、工業、カーペット用フィラメント、ステープルファイバー)・ナイロン6エンジニアリングプラスチック(自動車、電気・電子、産業・機械、ワイヤー&ケーブル))分析、カプロラクタムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用殺虫剤の世界市場:スプレー、気化器、蚊取り線香、餌、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、家庭用殺虫剤の世界市場について調べ、家庭用殺虫剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、家庭用殺虫剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(スプレー、気化器、蚊取り線香、餌、その他)、流通チャンネル別、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は家庭用殺虫剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・家庭用殺虫剤の市場状況 ・家庭用殺虫剤の市場規模 ・家庭用殺虫剤の市場予測 ・家庭用殺虫剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(スプレー、気化器、蚊取り線香、餌、その他) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別 ・家庭用殺虫剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • バイオシミラー・モノクローナル抗体の世界市場:インフリキシマブ、リツキシマブ、トラスツズマブ、アダリムマブ、ベバシズマブ、アブシキシマブ
  • 関節リウマチ治療薬の世界市場2018–2025:分子の種類別(バイオ医薬品(バイオ医薬品、バイオシミラー)、医薬品)、販路別(調剤、OTC)
    本調査レポートでは、関節リウマチ治療薬の世界市場について調査・分析し、関節リウマチ治療薬の世界市場動向、関節リウマチ治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別関節リウマチ治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 商用ドローンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用ドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用ドローンの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・要点 ・付録
  • 海賊対策システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、海賊対策システムの世界市場について調査・分析し、海賊対策システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 海賊対策システムの世界市場:市場動向分析 - 海賊対策システムの世界市場:競争要因分析 - 海賊対策システムの世界市場:製品別 ・非致死性兵器 ・殺傷兵器 - 海賊対策システムの世界市場:主要地域別分析 - 海賊対策システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 海賊対策システムのヨーロッパ市場規模 - 海賊対策システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・海賊対策システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 廃棄物管理の世界市場:都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物
    当調査レポートでは、廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、廃棄物種類別(都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物)分析、サービス(収集&廃棄)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・廃棄物管理の世界市場:廃棄物種類別(都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物) ・廃棄物管理の世界市場:サービス(収集&廃棄) ・廃棄物管理の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 新ディスプレイ技術の世界市場2017-2021:OLED、ディジタル・ホログラフィ、VRD、True 3D
    当調査レポートでは、新ディスプレイ技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新ディスプレイ技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 尿道カテーテルの世界市場分析:製品別(断続的カテーテル、フォーリー/留置カテーテル、外部カテーテル)、用途別(良性前立腺肥大、尿失禁、その他)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、尿道カテーテルの世界市場について調査・分析し、尿道カテーテルの世界市場動向、尿道カテーテルの世界市場規模、市場予測、セグメント別尿道カテーテル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動光学検査システムの世界市場:種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、オーフレッシュ、その他)、用途別(男性、女性、子供、その他)、地域別予測
    本資料は、自動光学検査システムの世界市場について調べ、自動光学検査システムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、オーフレッシュ、その他)分析、用途別(男性、女性、子供、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAvon、Chanel、Coty、LVHM、Elizabeth Arden、Loreal、Ralph Laurenなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動光学検査システムの世界市場概要 ・自動光学検査システムの世界市場環境 ・自動光学検査システムの世界市場動向 ・自動光学検査システムの世界市場規模 ・自動光学検査システムの世界市場規模:種類別(オードパルファム、オードトワレ、オーデコロン、オーフレッシュ、その他) ・自動光学検査システムの世界市場規模:用途別(男性、女性、子供、その他) ・自動光学検査システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動光学検査システムの北米市場規模・予測 ・ …
  • 世界の自動車用シートベルトプリテンショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用シートベルトプリテンショナー市場2015について調査・分析し、自動車用シートベルトプリテンショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テレマティクスの世界市場
    本資料は、テレマティクスの世界市場について調べ、テレマティクスの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(フリート/資産管理、ナビゲーション及びロケーションベース、インフォテインメント、保険テレマティクス、テレ-ヘルス、遠隔アラーム及びモニタリング、その他)分析、最終用途別(自動車、政府&防御、ヘルスケア、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlsident System、Engmar 、Fumex、Geovent A/S、Kemper、Klimawent、Lincoln Electric、Menegon Sp. z.o.o.、Norfi Absaugtehchnik GmbH、Plymovent、Teka、OSKAR、Airflow Systems、Nederman、Diversitech 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレマティクスの世界市場概要 ・テレマティクスの世界市場環境 ・テレマティクスの世界市場動向 ・テレマティクス …
  • 世界のインスリンデテミル市場2015
    本調査レポートでは、世界のインスリンデテミル市場2015について調査・分析し、インスリンデテミルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場分析:用途別(注射、テキスタイル、フィルム)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場動向、バイオ系ポリプロピレン(PP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリプロピレン(PP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブロックチェーン技術の世界市場分析:、タイプ別(公共、私用、混合)、用途別(金融サービス、消費者/工業製品、テクノロジー、メディア・テレコム、ヘルスケア、交通、公共部門)、地域別、セグメント予測、2015 – 2024
    本調査レポートでは、ブロックチェーン技術の世界市場について調査・分析し、ブロックチェーン技術の世界市場動向、ブロックチェーン技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別ブロックチェーン技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のコンクリート管市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンクリート管市場2016について調査・分析し、コンクリート管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の横紋筋肉腫(Rhabdomyosarcoma)治療薬剤
  • 携帯電話補助金の再考:通信キャリアの戦略およびバリューチェーンの発展における携帯電話の役割
  • PoC血液凝固検査の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PoC血液凝固検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PoC血液凝固検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ポンプレンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ポンプレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ポンプレンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用ポンプレンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Xylem• MWI• United Rentals• Cornell Pump• Thompson Pump等です。
  • ECG装置の北米市場
    本調査レポートでは、ECG装置の北米市場について調査・分析し、ECG装置の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の薬剤投与装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、薬剤投与装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・薬剤投与装置の概要 ・薬剤投与装置の開発動向:開発段階別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:セグメント別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:領域別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:規制Path別分析 ・薬剤投与装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別薬剤投与装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・薬剤投与装置の最近動向
  • 溶接装置世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、溶接装置世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接装置世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 仮想イベントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仮想イベントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想イベントの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マツ由来化学物質の世界市場:TOFA、タル油ロジン、ガムテレビン油、ガムロジン、ピッチ、ステロール
    当調査レポートでは、マツ由来化学物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、地域別分析、マツ由来化学物質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用手術台の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、 整形外科用手術台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、 整形外科用手術台の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は 整形外科用手術台の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.08 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allen Medical Systems • AMTAI Medical Equipment• INFIMED • medifa• Trumpf Medical 等です。
  • 世界の角度エンコーダ市場2015
    本調査レポートでは、世界の角度エンコーダ市場2015について調査・分析し、角度エンコーダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"