"世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PK 7480)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increased demand for paper straws for various end-use applications and rise in government reforms & campaigns to ban plastics are projected to drive the overall growth of the paper straw market across the globe from 2019 to 2024.
The paper straw market is projected to grow from USD 585 million in 2019 to USD 1,687 million by 2024, recording a CAGR of 23.6% during the forecast period. The growing consumer demand for environmental-friendly straws, increasing rising government reforms & campaigns to ban plastic straws, and rising intolerance toward the use of plastic straws are factors that are projected to drive the growth of the market for paper straws. However, the high cost of paper straws as compared to plastic ones is projected to inhibit the growth of the market.

The non-printed segment is projected to be the fasted growing segment from 2019 to 2024, in terms of both value and volume.
Non-printed paper straws are the majorly consumed paper straws, globally, and accounted for a larger share in terms of volume, in the global paper straw market. Non-printed paper straws are manufactured to avoid digestions of inks or dyes and are manufactured using sustainably sourced paper or food-grade paper. These straws are certified & approved by various food safety departments and are ideal for beverages, such as iced drinks, soda, slushies, soft drinks, beverages, juices, frozen drinks, general liquids, and water.

The 7.75-8.5 inches segment is projected to lead the paper straw market from 2019 to 2024, in terms of value.
The 7.75-8.5 inches segment, by straw length, is projected to lead the paper straw market from 2019 to 2025, in terms of both value and volume. In terms of value, the 7.75-8.5 inches segment is projected to be the largest market in the paper straw market. 7.75 inches (197 mm) is the standard & most preferred length of paper straws. These straws are ideal for regular cups & glasses used for cocktails, iced tea, soda, smoothies, bubble tea, and milkshakes.

The segment is projected to be the fastest-growing segment, during the forecast period, in terms of both value and volume.
The <0.15 inches segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of both value & volume. These straws can be used as drink stirrers. They have wider diameters than stirrers and are an ideal solution for any mixed drink or cocktail. Further, they are mostly preferred by bars, cafes, or restaurants, as they can also be used to stir mixed drinks & cocktails in small, regular, or taller glasses, cups, or other vessels used for drinking.

The foodservice segment is projected to lead the paper straw market during the forecast period, in terms of both value and volume.
The foodservice segment, by end-use application, is projected to register the fastest growth in the paper straw market from 2019 to 2024. The wide range of applications of paper straws in the foodservice industry and the increase in the number of foodservice outlets, worldwide, drive the demand for paper straws in the market. Furthermore, the increasing consumer demand for environment-friendly straws, rising government reforms & campaigns to ban plastic straws, and growing intolerance toward the use of plastic straws are factors that are projected to drive the growth of the paper straws market for foodservice applications.

The breakup of the profiles of primary participants is as follows:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
 By Designation: C-level: 40%, D-level: 35%, and Others*: 25%
 By Region: North America: 20%, Europe: 35%, Asia Pacific: 25%, Middle East & Africa: 15%, and South America: 5%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Footprint (US), Hoffmaster Group, Inc. (US), Transcend Packaging Ltd. (UK), Huhtamaki Oyj (Finland), Fuling Global Inc. (China), Tipi Straws (UK), Canada Brown Eco Products Ltd (China), Bygreen (Australia), Royal Paper Industries (Canada), Shenzhen Grizzlies Industries Co., LTD (China), Biopac (UK) Ltd (UK), Okstraw Paper Straws (US), Lollicup USA, Inc. (US), Soton Daily Necessities Co., Ltd. (China), YuTong Eco-Technology (SuQian) Co., Ltd (China), and Ningbo Jiangbei Shenyu Industry and Trade Co., Ltd. (China) are the key players operating in the paper straw market.

Research Coverage
The market study covers the paper straw market across various segments. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments based on material type, product type, straw length, straw diameter, end-use application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their products and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their positions in the paper straw market.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall paper straw market and its segments and sub-segments. This report would also help the stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the positions of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also aims at helping them understand the pulse of the market and would provide them with information on key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Tudy Scope
1.3.1 Paper Straw Market Segmentation
1.4 Years Considered
1.4.1 Regional Scope
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Research: Supply Side Analysis
2.1.2 Primary and Secondary Research (Value Market)
2.1.3 Primary Research (Volume Market)
2.1.4 Primary Research (Volume & Value Market)
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Secondary Data
2.2.4 Primary Data
2.3 Research Assumptions & Limitations
2.3.1 Assumptions
2.3.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Paper Straw Market
4.2 Asia Pacific: Paper Straw Market, By Material Type and Country
4.3 Paper Straw Market, By Material Type
4.4 Paper Straw Market, By Product Type
4.5 Paper Straw Market, By Straw Length
4.6 Paper Straw Market, By Straw Diameter
4.7 Paper Straw Market, By End-Use Application
4.8 Paper Straw Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Intolerance Toward Plastic Straws, Rising Consumer Demand for Eco-Friendly Straws, and Globally Increasing Government Reforms and Campaigns to Ban Plastic Straws
5.2.1.2 Recyclability of Paper Straw
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Paper Straw Production Capacities
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Concentration on Capacity Expansion
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Cost of Paper Straws
6 Paper Straw Market, By Material Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.1.1 Paper Straw Market, By Material Type
6.1.1.1 The Virgin Paper Segment to Grow at A Higher Rate in the Global Paper Straw Market
6.2 Virgin Paper
6.3 Recycled Paper
7 Paper Straw Market, By Product Type (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.1.1 Paper Straw Market, By Product Type
7.1.1.1 Non-Printed Segment to Grow at A Higher Rate in the Global Paper Straw Market
7.2 Printed
7.3 Non-Printed
8 Paper Straw Market, By Straw Length (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.1.1 Paper Straw Market, By Straw Length
8.1.1.1 >10.5 Inches Segment to Be the Fastest-Growing in the Global Paper Straw Market, in Terms of Value
8.2 <5.75 Inches
8.3 5.75-7.75 Inches
8.4 7.75-8.5 Inches
8.5 8.5-10.5 Inches
8.6 >10.5 Inches
9 Paper Straw Market, By Straw Diameter (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.1.1 Paper Straw Market, By Straw Diameter
9.1.1.1 <0.15 Inches Segment to Be the Fastest-Growing in the Global Paper Straw Market
9.2 <0. 15 Inches
9.3 0.15 - 0.196 Inches
9.4 0.196 - 0.25 Inches
9.5 0.25 - 0.4 Inches
9.6 >0.4 Inches
10 Paper Straw Market, By End-Use Application (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.1.1 Paper Straw Market, By End-Use Application
10.1.1.1 Foodservice Segment to Be the Fastest-Growing in the Paper Straw Market
10.2 Foodservice
10.3 Hotels
10.4 Institutional
10.5 Household
11 Paper Straw Market, By Region (Page No. – 65)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.1.1 The Chinese Paper Straw Market is Projected to Be the Fastest Growing Market in Asia Pacific Region
11.2.2 Japan
11.2.2.1 The Non-Printed Segment is Projected to Grow at the Highest Rate in the Paper Straw Market By 2024
11.2.3 India
11.2.3.1 India is Projected to Witness the Second-Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Value
11.2.4 South Korea
11.2.4.1 Southeast Asia is Projected to Witness the Fourth-Highest Growth in the Asia Pacific Market, in Terms of Value
11.2.5 Rest of Asia Pacific
11.2.5.1 Paper Straw Market to Have Moderate Growth During the Forecast Period in the Region
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Germany Accounted for the Second-Largest Market in the European Paper Starw Market in 2018
11.3.2 UK
11.3.2.1 The UK Paper Straw Market is Projected to Be the Fastest Growing Market in Europe
11.3.3 France
11.3.3.1 Increase in the Number of Food Service Industry to Boost the Paper Straw Market in France
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Italy is Projected to Experience Slow Growth in the Paper Straw Market During the Forecast Period
11.3.5 Russia
11.3.5.1 Rise in Demand for Sustainable Alternative to Plastic Straws to Boost the Russian Paper Starw Market
11.3.6 Spain
11.3.6.1 The Spanish Paper Straw Market is Projected to Be the Second Fastest Growing Market for Paper Straws in the European Region
11.3.7 Rest of Europe
11.3.7.1 Rest of Europe is Projected to Record Moderate Growth in the European Paper Straw Market By 2024
11.4 North America
11.4.1 US
11.4.1.1 The US Was the Largest Producer of Consumer Plastic Waste in North America in 2018
11.4.2 Canada
11.4.2.1 Canada to Be the Second-Fastest-Growing Market in North America
11.4.3 Mexico
11.5 Middle East & Africa
11.5.1 Turkey
11.5.1.1 Turkey is Estimated to Be the Fastest-Growing Market for Paper Straws in the Middle East & Africa
11.5.2 UAE
11.5.2.1 UAE is Estimated to Be the Largest Market in the Middle East & Africa
11.5.3 South Africa
11.5.3.1 The Packaging Segment Led the South African Post-Consumer Recycled Plastics Market, in Terms of Value, in 2018
11.5.4 Saudi Arabia
11.5.4.1 Saudi Arabia is Projected to Be the Third-Largest Market in Middle East & Africa
11.5.5 Rest of Middle East & Africa
11.5.5.1 The Rest of Mea Market is Projected to Have A High Potential for Growth in the Post-Consumer Recycled Plastics Market During the Forecast Period
11.6 South America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Paper Straw Market
11.6.2 Argentina
11.6.2.1 Argentina Accounted for the Second-Largest Share of the Paper Straw Market in South America
11.6.3 Rest of South America
11.6.3.1 The Virgin Paper Segment is Projected to Remain the Largest, in Terms of Consumption, in the Rest of South American Paper Straw Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 111)
12.1 Overview
12.2 Competitive Scenario
12.2.1 Expansions
12.2.2 Acquisitions
12.2.3 New Product Developments
12.2.4 Contracts
12.3 Competitive Leadership Mapping for Paper Straw Manufacturers
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio
12.5 Business Strategy Excellence
13 Company Profiles (Page No. – 120)
13.1 Hoffmaster Group, Inc.
13.2 Transcend Packaging Ltd.
13.3 Footprint
13.4 Fuling Global Inc.
13.5 Huhtamaki OYJ
13.6 Bygreen
13.7 Royal Paper Industries
13.8 Canada Brown Eco Products Ltd
13.9 Biopak
13.10 Charta Global
13.11 Soton Daily Necessities Co., Ltd. Y.W.
13.12 Wuxi Jiejing Packing Co., Ltd
13.13 Yutong Eco-Technology (Suqian) Co., Ltd
13.14 Other Players
13.14.1 Ningbo Jiangbei Shenyu Industry and Trade Co., Ltd.
13.14.2 Aleco Industrial Co., Ltd.
13.14.3 Vegware
13.14.4 Tetra Pak International S.A.
13.14.5 US Paper Straw
13.14.6 Hello Straw
13.14.7 Tipi Straws
13.14.8 Pt. Strawland
13.14.9 Okstraw Paper Straws
13.14.10 Biopac (UK) Ltd
13.14.11 Wilbistraw
13.14.12 Sharp Serviettes
13.14.13 Lollicup Usa, Inc.
13.14.14 Shenzhen Grizzlies Industries Co., Ltd
14 Paper Straw Raw Material Suppliers (Page No. – 159)
14.1 International Paper
14.2 Stora Enso
14.3 Nippon Paper Group
14.4 Mondi
14.5 ITC Limited
14.6 Sappi Limited
14.7 Smurfit Kappa
14.8 CMPC
14.9 Daio Paper Corporation
14.1 Billerudkorsnas
15 Paper Straw Machine Suppliers (Page No. – 169)
15.1 Ruian Lifeng Machinery Co., Ltd.
15.2 Wenzhou Bohang Machinery Co., Ltd
15.3 Ruian Win-Win Machinery Co., Ltd
15.4 Ruian Ruiting Machinery Co., Ltd.
15.5 NSC Group
15.6 Wenzhou Gaoda Paper Tube Machinery Co., Ltd.
15.7 Future Enterprises
15.8 Ruian Sunlight Machinery Factory
15.9 Aman Impex
15.1 Tirth Corporation
16 Appendix (Page No. – 174)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports
16.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別
【発行日】2019年12月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PK 7480
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】パッケージング
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の紙ストロー市場:材料種類別(バージンペーパー、再生紙)、製品種類別(印刷、非印刷)、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別(食品サービス、施設、家庭)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ドイツの肩関節置換処置動向(~2021)
  • ヘアスプレーの世界市場:ヘアスタイリングスプレー、ドライシャンプー
    当調査レポートでは、ヘアスプレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアスプレーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場規模が2019年851百万ドルから2024年1149百万ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
  • 排水処理用フィルターの世界市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、排水処理用フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、排水処理用フィルターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は排水処理用フィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Water & Process Technologies、Lenntech、Pall、Parker Hannifin、Veolia等です。
  • 自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場について調査・分析し、自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:市場動向分析 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:競争要因分析 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:基質別分析/市場規模 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:材料別分析/市場規模 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの北米市場規模・分析 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの欧州市場・分析 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントのアジア市場・分析 ・自動車用塗装・接着剤・シーラントの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動倉庫 (ASRS) の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自動倉庫 (ASRS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別 (ユニットロード、ミニロード、VLM、カルーセル、ミッドロード、オートストア)分析、機能別 (組立、キッティング 、オーダーピッキング、物流、保管)分析、産業別分析、自動倉庫 (ASRS) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の通信産業におけるエネルギー貯蔵用バッテリーの世界市場
    当調査レポートでは、世界の通信産業におけるエネルギー貯蔵用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の通信産業におけるエネルギー貯蔵用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 双方向型キオスクの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、双方向型キオスクの世界市場について調査・分析し、双方向型キオスクの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 双方向型キオスクの世界市場:市場動向分析 - 双方向型キオスクの世界市場:競争要因分析 - 双方向型キオスクの世界市場:産業別 ・小売 ・輸送 ・行政 ・銀行・金融 ・娯楽 ・医療 ・接客 ・その他 - 双方向型キオスクの世界市場:種類別 ・セルフサービス式キオスク ・販売キオスク ・現金自動預け払い機(ATM) - 双方向型キオスクの世界市場:構成機器別 ・ソフトウェア構成機器・サービス ・ハードウェア構成機器 - 双方向型キオスクの世界市場:主要地域別分析 - 双方向型キオスクの北米市場規模(アメリカ市場等) - 双方向型キオスクのヨーロッパ市場規模 - 双方向型キオスクのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・双方向型キオスクの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • データセンター向け精密空調機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンター向け精密空調機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター向け精密空調機器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのフィンランド市場
  • 世界のホエイプロテイン市場2016
    本調査レポートでは、世界のホエイプロテイン市場2016について調査・分析し、ホエイプロテインの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管性認知症(Vascular Dementias):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管性認知症(Vascular Dementias)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管性認知症(Vascular Dementias)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管性認知症(Vascular Dementias)の概要 ・血管性認知症(Vascular Dementias)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管性認知症(Vascular Dementias)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管性認知症(Vascular Dementias)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 量子コンピューティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、量子コンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、量子コンピューティングの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マリファナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マリファナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マリファナの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 段ボールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、段ボールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は段ボールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はInternational Paper、KapStone、Mondi、Packaging Corporation of America、WestRock等です。
  • 韓国の血液検査市場動向(~2021)
  • 世界のレーザエッチング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザエッチング装置市場2015について調査・分析し、レーザエッチング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料向けコールドチェーン物流の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・飲料向けコールドチェーン物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、食品・飲料向けコールドチェーン物流の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人工採油システムの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、人工採油システムの世界市場について調査・分析し、人工採油システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工採油システムの世界市場:市場動向分析 - 人工採油システムの世界市場:競争要因分析 - 人工採油システムの世界市場:種類別 ・電動水中ポンプ(ESP) ・ロッドリフト ・プランジャー採油 ・一軸ねじポンプ(PCP) ・ガスリフト ・油圧ポンプ ・その他 - 人工採油システムの世界市場:部品別 ・ポンプ ・モーター ・ケーブルシステム ・ガスリフトマンドレル ・制御システム ・ガスリフトバルブ ・ドライブヘッド ・ポンプジャック ・サッカーロッド ・分離機 ・その他 - 人工採油システムの世界市場:機構別 ・ガスアシスト ・ポンプアシスト - 人工採油システムの世界市場:主要地域別分析 - 人工採油システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 人工採油システムのヨーロッパ市場規模 - 人工採油システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・人工採油システムの世界市 …
  • エッジコンピューティングの世界市場:技術別(モバイルエッジコンピューティング、フォグコンピューティング)、業種別、組織規模別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、エッジコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エッジコンピューティングの世界市場動向、エッジコンピューティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別エッジコンピューティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウド運用サービスの世界市場2014-2025:サービスタイプ別(ビジネス、ネットワーク、セキュリティ、データセンター、可動性)、展開別(公的、私的)、エンドユーザー別、垂直別、地域別
    本調査レポートでは、クラウド運用サービスの世界市場について調査・分析し、クラウド運用サービスの世界市場動向、クラウド運用サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラウド運用サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気メス装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電気メス装置の世界市場について調べ、電気メス装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電気メス装置の市場規模をセグメンテーション別(種類別(再使用可能電気メス装置、使い捨て電気メス装置)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は電気メス装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電気メス装置の市場状況 ・電気メス装置の市場規模 ・電気メス装置の市場予測 ・電気メス装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(再使用可能電気メス装置、使い捨て電気メス装置) ・電気メス装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 日本の原子力発電市場2016
  • エアロスタットの北米市場
    本調査レポートでは、エアロスタットの北米市場について調査・分析し、エアロスタットの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用シートの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場:製品別、エンドユーズ別(化学、HVAC・冷却、発電、石油化学)
    本調査レポートでは、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場について調査・分析し、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場動向、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場規模、市場予測、セグメント別プレート及びフレーム式熱交換器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のトラック用タイヤ市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラック用タイヤ市場2015について調査・分析し、トラック用タイヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニキビ除去装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ除去装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光線力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ除去装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ除去装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ除去装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ除去装置の企業別市場シェア ・ニキビ除去装置の世界市場規模:種類別(光線力学、レーザー、無線周波数、その他) ・ニキビ除去装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ除去装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ除去装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ除去装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・ニキビ除去装置の中東・アフ …
  • アメリカの新生児スクリーニング市場展望
  • 車載監視製品の世界市場:パーキングアシストシステム、自律走行システム、ヘッドアップディスプレイ、車線逸脱警報システム、死角検知システム、GPS
    当調査レポートでは、車載監視製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の概要 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • バーチャル試着室の世界市場予測(~2024年)
    バーチャル試着室の世界市場は、2019年の29億米ドルから2024年には76億米ドルに達し、この期間中20.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、ARやVRなどの高度な技術の採用増加が考えられます。一方で、仮想のコンピューター化された世界と現実の物理的世界の間に存在する複雑性は、市場の成長を抑える可能性があります。当調査レポートでは、バーチャル試着室の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(実店舗、仮想店舗)分析、ユースケース別(アパレル、アイウェア、ジュエリー・ウォッチ、ビューティー・コスメ)分析、バーチャル試着室の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、フィードバインダーの世界市場規模が2019年48億ドルから2025年59億ドルまで年平均3.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のフィードバインダー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他)分析、由来別(ナチュラル、合成)分析、家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のフィードバインダー市場:種類別(リグノスルホン酸塩、植物ガムおよびデンプン、ゼラチンおよびその他のハイドロコロイド、糖蜜、粘土、その他) ・世界のフィードバインダー市場:由来別(ナチュラル、合成) ・世界のフィードバインダー市場:家畜別(家禽、豚、牛、水生動物、犬・猫、その他) ・世界のフィードバインダー市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ポリオルとポリウレタンの世界市場
    当調査レポートでは、ポリオルとポリウレタンの世界市場について調査・分析し、ポリオルとポリウレタンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ハーブサプリメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハーブサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハーブサプリメントの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ライススナックの世界市場:ライスケーキ、ライスクリスプ、その他
    当調査レポートでは、ライススナックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライススナック市場規模、製品別(ライスケーキ、ライスクリスプ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、KAMEDA SEIKA, Lundberg, Mars, PepsiCo, Ricegrowers (SunRice), Sanoriceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライススナックの世界市場概要 ・ライススナックの世界市場環境 ・ライススナックの世界市場動向 ・ライススナックの世界市場規模 ・ライススナックの世界市場:業界構造分析 ・ライススナックの世界市場:製品別(ライスケーキ、ライスクリスプ、その他) ・ライススナックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ライススナックの北米市場規模・予測 ・ライススナックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ライススナックのアジア太平洋市場規模・予測 ・ライススナックの主要国分析 ・ライススナックの世界市 …
  • リーフブロワーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リーフブロワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リーフブロワーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非小細胞肺癌治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、非小細胞肺癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非小細胞肺癌治療薬市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場概要 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場環境 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場動向 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場規模 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非小細胞肺癌治療薬の北米市場規模・予測 ・非小細胞肺癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非小細胞肺癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・非小細胞肺癌治療薬の主要国分析 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:競争環境 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場:製品別(試薬、器具)、技術別(イムノアッセイ、分子診断)、エンドユーザー別(研究機関、病院)、地域別予測
    本資料は、神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場について調べ、神経科学研究用抗体およびアッセイの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(試薬、器具)分析、技術別(イムノアッセイ、分子診断)分析、エンドユーザー別(研究機関、病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場概要 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場環境 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場動向 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模:製品別(試薬、器具) ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模:技術別(イムノアッセイ、分子診断) ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場規模:エンドユーザー別(研究機関、病院) ・神経科学研究用抗体およびアッセイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経科学研究用抗体およびアッセイの北米市場規模・予測 ・神経科学研究用抗体 …
  • アジアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 脱塩プラントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脱塩プラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脱塩プラントの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・地域別分析 ・エンドユーザー別市場分類 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 施設管理サービスの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、施設管理サービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、施設管理サービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスオーディオ機器の世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、ワイヤレスオーディオ機器の世界市場について調査・分析し、ワイヤレスオーディオ機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 水溶性肥料の世界市場予測(~2022年):窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料、微量栄養素
    当調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物種類別分析、地域別分析、水溶性肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • K-12インターナショナルスクールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、K-12インターナショナルスクールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12インターナショナルスクールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モノのインターネット(IoT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モノのインターネット(IoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モノのインターネット(IoT)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アミンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アミンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用画像装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、眼科用画像装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼科用画像装置の概要 ・眼科用画像装置の開発動向:開発段階別分析 ・眼科用画像装置の開発動向:セグメント別分析 ・眼科用画像装置の開発動向:領域別分析 ・眼科用画像装置の開発動向:規制Path別分析 ・眼科用画像装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼科用画像装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼科用画像装置の最近動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"