"世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 3382)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Provision of cost-efficiency in the usage of feed and increasing demand for animal-based products, such as meat products, dairy products, and eggs, are projected to drive the growth of the global feed enzymes market.”
The global feed enzymes market size is projected to grow from USD 1.2 billion in 2019 to USD 2.0 billion by 2025, at a CAGR of 9.1% during the forecast period. Provision of maintaining cost-efficiency in the usage f feed; increasing demand for animal-based products, such as meat products, dairy products, and eggs; and a rise in the global demand for naturally produced feed additives drive the feed enzyme industry. However, the hydrolysis of cellulose, which remains difficult, is projected to hinder the growth of the market.

“The poultry segment, by livestock, is estimated to dominate the feed enzymes market in 2019.”
Poultry is domesticated for the production of eggs and meat for consumption. Many factors impact the feed intake of poultry birds and significantly impact the nutritional well-being and efficiency of poultry production. The poultry segment accounted for the largest share in 2018, in terms of value. The dominance of poultry can be attributed to the increased consumption of poultry meat in the Asia Pacific region, as consumers are adding white meat instead of red meat to their diets.

“The phytase segment, by type, is projected to account for the largest share during the forecast period in the feed enzymes market.”
Phytases are digestive enzymes that release plant phosphorus from phytic acid; monogastric animals, such as poultry birds, lack sufficient phytases to release this phosphorus. Adding extra phytases to the diet increases phytate breakdown and consequent utilization of plant phosphorus. According to DuPont, one of the major feed enzyme manufacturers, phytases are the most widely used type of feed enzymes in the world, included in 90% of poultry and 70% of swine diets. Thus, increasing phytic acid degradation and improving the availability of plant phosphorus could have major benefits for poultry and swine producers, including lower levels of inorganic phosphorus inclusion in diets, reduced feed costs, and better sustainability of animal production.

“Asia Pacific is projected to be the fastest-growing region in the feed enzymes market.”
Asia Pacific dominated the feed enzymes market in 2018; this has been supported by the presence of a large livestock population (FAO 2016) and the growth rate. Also, livestock producers in China and India are focusing on animal health by resorting to natural solutions. Additionally, there has been a rise in the demand for meat and meat products, in accordance with the need for a protein-rich meat diet. The market for poultry is estimated to increase in India and China due to factors such as the focus on meat quality and public health campaigns, which encourage the consumption of lower-fat protein options. Fish consumption is also increasing in the region, owing to similar health trends. On the other hand, there has been an increase in production as well as consumption of dairy products in the region. These factors are expected to drive the feed enzymes market in the Asia Pacific region.

The presence of key feed enzymes manufacturers, such as BASF SE (Germany), DowDu Pont (US), Koninklijke DSM N.V (Netherlands), Bluestar Adisseo (China), Kemin Industries (US), and Cargill Incorporated (US) is also responsible for the high growth of the region.
In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, feed additive manufacturers, and executives from various key organizations operating in the feed enzymes market. Below is the breakdown of the primary participants:

• By Company: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 35% ,Tier – 25%
• By Designation: C-level – 30%, D-level 20%, and Others* – 50%
• By Region: Asia Pacific – 40%, South America – 20%, North America -15%, Europe – 15%, RoW** – 10%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes the Middle East & Africa.

The feed enzymes market comprises major manufacturers, such as BASF SE (Germany), DowDu Pont (US), Koninklijke DSM N.V (Netherlands), Bluestar Adisseo (China), Kemin Industries (US), and Cargill Incorporated (US).The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the feed enzymes industry, along with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage
The study covers the feed enzymes market across various segments. It aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as type, livestock, source, function, form, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall feed enzymes market and its sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Opportunities in the Feed Enzymes Market
4.2 Feed Enzymes Market, By Type and Region, 2019
4.3 Asia Pacific: Feed Enzymes Market, By Livestock and Country, 2019
4.4 Feed Enzymes Market, By Form, 2019
4.5 Feed Enzymes Market, By Key Country, 2019
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Macroindicators
5.2.1 Increase in Feed Production
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Provision of Feed Cost-Efficiency
5.3.1.1.1 Poultry
5.3.1.1.2 Ruminants
5.3.1.1.3 Swine
5.3.1.1.4 Aquatic Animals
5.3.1.1.5 Pets
5.3.1.2 Increasing Demand for Animal-Based Products, Such as Meat Products, Dairy Products, and Eggs
5.3.1.2.1 Improved Meat Quality Or Egg Production
5.3.1.2.2 Improved Animal Health to Increase the Consumption of Animal-Based Food Products
5.3.1.3 Rise in the Global Demand for Naturally Produced Feed and Feed Additives
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Hydrolysis of Cellulose Remains Difficult
5.3.2.2 Higher Inclusion Rates of Enzymes May Have Negative Effects
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Innovation in Phytase Production Processes
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 High R&D Investments
5.3.4.2 Thermostability of Enzymes
5.4 Value Chain
5.5 Regulatory Framework
5.5.1 Regulation 1831/2003 on Feed Additives
6 Feed Enzymes Market, By Function (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Performance Enhancement
6.3 Feed Efficiency
7 Feed Enzymes Market, By Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Phytase
7.2.1 Phytases Help Break Down Indigestible Phytioc Acid and Release Digestible Phosphorus
7.3 Protease
7.3.1 Protease Reduces Nitrogen Emission During Livestock Production
7.4 Carbohydrase
7.4.1 Xylanase and Amylase are the Major Types of Carbohydrase
7.4.2 Xylanase
7.4.3 Amylase
7.4.4 Cellulase
7.4.5 Other Carbohydrases
7.5 Others
8 Feed Enzymes Market, By Source (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 Microorganism
8.2.1 Microorganisms are the Most Preferred Source of Feed Enzymes Due to High Stability
8.3 Plant
8.3.1 Plant-Based Feed Enzymes Increase Phytate Breakdown, Thus Aiding in the Release of Phosphorous in Livestock
8.4 Animal
8.4.1 Animal-Sourced Feed Enzymes are the Least Preferred Because of Their Instability and High Cost
9 Feed Enzymes Market, By Form (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Dry
9.2.1 Ease of Application and Storage Makes It A Preferred Form
9.3 Liquid
9.3.1 Requirement of A Special Apparatus for Application Makes the Liquid Form Less Economical Than the Dry Form
10 Feed Enzymes Market, By Livestock (Page No. – 71)
10.1 Macroindicators
10.1.1 Livestock Population Increase
10.2 Connected Market: Feed Additives
10.2.1 Growth in the Compound Feed Industry
10.2.1.1 Increasing Compound Feed Production
10.3 Introduction
10.4 Poultry
10.4.1 Poultry Segment Projected to Be the Largest During the Forecast Period
10.4.2 Broilers
10.4.3 Turkeys
10.4.4 Layers
10.4.5 Others
10.5 Swine
10.5.1 Feed Enzymes Help in the Breakdown of Complex Carbohydrates, Which are Not Utilized By Swine
10.5.2 Starter
10.5.3 Grower
10.5.4 Sow
10.6 Ruminants
10.6.1 Feed Enzymes are Added to Cattle Diets to Enhance Milk Production and Improve Feed Efficiency
10.6.2 Calves
10.6.3 Dairy Cattle
10.6.4 Beef Cattle
10.6.5 Others
10.7 Aquatic Animals
10.7.1 The Use of Feed Enzymes in Fish Feed has Provided Environmental Benefits as Well as Enabled the Use of Lower-Cost Feedstuffs
10.8 Others
11 Feed Enzymes Market, By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 The US Accounted for the Largest Share in the North American Feed Enzymes Market in 2018
11.2.2 Canada
11.2.2.1 The Rise in Demand for Meat Products and the Introduction of Lenient Regulations Pertaining to the Use of Growth Promoters in the Country are Factors That are Projected to Drive the Growth of the Market
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Increasing Support of Government Programs and the Rise in Livestock Production to Encourage the Consumption of Feed Enzymes in the Country 91
11.3 Europe
11.3.1 Russia
11.3.1.1 The Russian Meat and Pork Industry has Witnessed Significant Growth in Recent Years
11.3.2 Spain
11.3.2.1 Rise in the Demand for Meat and Dairy Products
11.3.3 Germany
11.3.3.1 Modernization of the Livestock Industry has Resulted in the Usage of Scientific Methods for the Production of Livestock
11.3.4 France
11.3.4.1 Domestic Demand for Meat Products Plays A Vital Role in the Increasing Demand for Essential Feed Enzymes in Livestock Feed
11.3.5 Italy
11.3.5.1 The Country Accounted for the Fifth-Largest Share for Feed Enzymes in the Region
11.3.6 UK
11.3.6.1 Adoption of Mega-Farms and Intensive Factory Farming for Cattle, Poultry, and Swine to Drive the Market Growth of Feed Enzymes
11.3.7 Rest of Europe
11.3.7.1 Rising Awareness About the Benefits of Feed Enzymes Among Livestock Growers
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Established Players in the Market are Focusing on Developing Feed Enzyme Products
11.4.2 India
11.4.2.1 Availability of Raw Materials and A Major Destination for Foreign Companies
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Stabilization in Feed Prices to Drive the Adoption of Feed Enzymes
11.4.4 Thailand
11.4.4.1 Wider Opportunities in the Poultry Industry
11.4.5 Indonesia
11.4.5.1 Increasing Feed Production to Have A Proportional Impact on the Consumption of Feed Enzymes
11.4.6 Rest of Asia Pacific
11.4.6.1 Rising Awareness Regarding the Importance of Feed Enzymes for Livestock Nutrition for Good Quality Meat and Other Animal-Based By-Products
11.5 South America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 High Animal Product Exports to Drive Growth
11.5.2 Argentina
11.5.2.1 The Rise in the Adoption of Advanced Technologies has Led to the Usage of Additives, Such as Enzymes
11.5.3 Rest of South America
11.6 Rest of the World (RoW)
11.6.1 Africa
11.6.1.1 Increase in the Presence of Substantial Livestock Population in the Region to Drive the Demand for Feed Enzymes
11.6.2 Middle East
11.6.2.1 The Rising Meat Consumption and Improved Performance in Feed are Factors Driving the Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Company Ranking
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Leadership Mapping (For Smes/Start-Ups)
12.4.1 Progressive Companies
12.4.2 Starting Blocks
12.4.3 Responsive Companies
12.4.4 Dynamic Companies
12.5 Competitive Scenario
12.5.1 New Product Launches
12.5.2 Expansions and Investments
12.5.3 Mergers & Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 136)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 BASF SE
13.2 Dowdupont
13.3 Koninklijke DSM N.V
13.4 Bluestar Adisseo
13.5 Cargill
13.6 Associated British Foods PLC
13.7 Novozymes
13.8 Advanced Enzyme Technologies
13.9 Kemin Industries, Inc.
13.10 Novus International Inc.
13.11 Azelis Holdings SA
13.12 Alltech
13.13 Bio Cat
13.14 Rossari Biotech Ltd.
13.15 Biovet JSC
13.16 Bec Feed Solutions
13.17 Bioresource International Inc.
13.18 Amorvet
13.19 Nutrex BE
13.20 Sunson Industry Group Co. Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 174)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別
【発行日】2019年12月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 3382
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の渦電流センサ市場2016
    本調査レポートでは、世界の渦電流センサ市場2016について調査・分析し、渦電流センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • ピックトゥライト(PTL)の世界市場予測(~2023年):方式、電源、作動、産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ピックトゥライト(PTL)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、方式別分析、電源別分析、動作別分析、地域別分析、ピックトゥライト(PTL)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調べ、ソフトウェアテストサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソフトウェアテストサービスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アプリケーションテスト、製品テスト)、エンドユーザー別(金融、テレコム及びメディア、製造業、小売、IT、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はソフトウェアテストサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ソフトウェアテストサービスの市場状況 ・ソフトウェアテストサービスの市場規模 ・ソフトウェアテストサービスの市場予測 ・ソフトウェアテストサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アプリケーションテスト、製品テスト) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(金融、テレコム及 …
  • 電気外科デバイスの世界市場分析:方法別(モノポーラー、バイポーラー)、製品別(電気外科発電機、活性電極、分散電極、その他の付属品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電気外科デバイスの世界市場について調査・分析し、電気外科デバイスの世界市場動向、電気外科デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気外科デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • X線装置の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、X線装置の世界市場について調べ、X線装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、X線装置の市場規模をセグメンテーション別(技術別(デジタル、アナログ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はX線装置の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・X線装置の市場状況 ・X線装置の市場規模 ・X線装置の市場予測 ・X線装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(デジタル、アナログ) ・X線装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のアウトドア・スポーツ用GPSデバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界のアウトドア・スポーツ用GPSデバイス市場2015について調査・分析し、アウトドア・スポーツ用GPSデバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、地域別生産規模分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中圧スイッチギヤーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、中圧スイッチギヤーの世界市場について調査・分析し、中圧スイッチギヤーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別中圧スイッチギヤーシェア、市場規模推移、市場規模予測、中圧スイッチギヤー種類別分析(空気絶縁、ガス絶縁、その他)、中圧スイッチギヤー用途別分析(住居用、工業用、商業用、ユーティリティ設置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・中圧スイッチギヤーの市場概観 ・中圧スイッチギヤーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・中圧スイッチギヤーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・中圧スイッチギヤーの世界市場規模 ・中圧スイッチギヤーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・中圧スイッチギヤーのアメリカ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのカナダ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのメキシコ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・中圧スイッチギヤーのドイツ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのイギリ …
  • エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エレクトロクロミックガラス・デバイス市場規模、製品別(鏡、ディスプレイ、窓、その他)分析、材料別(ナノ結晶、ポリマー、反射性水素化物、遷移金属酸化物(TMO)、ビオロゲン)分析、用途別(住居、輸送、サービス、小売、商業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:市場動向分析 ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:競争要因分析 ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:製品別(鏡、ディスプレイ、窓、その他) ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:材料別(ナノ結晶、ポリマー、反射性水素化物、遷移金属酸化物(TMO)、ビオロゲン) ・ エレクトロクロミックガラス・デバイスの世界市場:用途別(住居、輸送、サービス、小売、商業、その他) ・ エレクトロクロミックガ …
  • 脳モニタリング装置の世界市場予測2017-2027:脳波図、CT、MRI、脳磁図
    当調査レポートでは、脳モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、脳モニタリング装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・脳モニタリング装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・脳モニタリング装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・脳モニタリング装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アジア太平洋のK-12教育技術支出市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のK-12教育技術支出市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のK-12教育技術支出市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用生物製剤試験の世界市場予測(~2021年):バイオ農薬、バイオ肥料、バイオスティミュラント
    当調査レポートでは、農業用生物製剤試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、農業用生物製剤試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場予測2019-2024
    「航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、パレット、コンテナなど、用途別には、Civil Air Transport、Cargo Air Transport、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空貨物ULD(Unit Load Device)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場概要(サマリー) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別販売量・売上 ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の企業別市場シェア ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:種類別(パレット、コンテナ) ・航空貨物ULD(Unit Load Device)の世界市場規模:用途別(Civil Air Transport、Cargo Air Transport、O …
  • 石油・ガス産業向け産業自動化ソリューションの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け産業自動化ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、装置別分析、地域別分析、石油・ガス産業向け産業自動化ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓アブレーション治療の世界市場
    当調査レポートでは、心臓アブレーション治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓アブレーション治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トークナイゼーションの世界市場予測(~2023年)
    トークナイゼーションの世界市場は、2018年の9億8,300万米ドルから2023年には26億7,000万米ドルに達し、この期間中、22.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、PCI DSSガイドラインに従ってカード保有者のデータを保護する必要性が高まっていること、および支払い詐欺を防止する必要性が高まっていることが考えられます。一方で、エンドユーザーでセキュリティトークンに関する知識が不足していることは、組織にとって依然として懸念材料となっています。組織が堅牢なトークナイゼーションソリューションを提供できなければ、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、トークナイゼーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント分析、用途分野(ペイメントセキュリティ、アプリケーション領域、コンプライアンス管理)分析、トークナイゼーション技術(APIベース、ゲートウェイベース)分析、導入モード分析、トークナイゼーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、 …
  • フィンテック投資の世界市場:用途別(P2P融資、オンライン購入・モバイルウォレット、個人財務管理・私的ファイナンシャルプランニング、MSMEサービス、MPOS、MobileFirstバンキング、ビットコイン、クラウドファンディング、その他)、地域別予測
    本資料は、フィンテック投資の世界市場について調べ、フィンテック投資の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(P2P融資、オンライン購入・モバイルウォレット、個人財務管理・私的ファイナンシャルプランニング、MSMEサービス、MPOS、MobileFirstバンキング、ビットコイン、クラウドファンディング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはZhongAn (China)、Oscar.、Wealth front、Quefangi、Funding Circle、Kreditech、Avant.、Atom Bank、Klarna.、Our Crowdなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フィンテック投資の世界市場概要 ・フィンテック投資の世界市場環境 ・フィンテック投資の世界市場動向 ・フィンテック投資の世界市場規模 ・フィンテック投資の世界市場規模:用途別(P2P融資、オンライン購入・モバイルウォレット、個人財務管理・私的ファイナンシャルプラン …
  • レーザーマーキングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、レーザーマーキングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、レーザー種類別(ファイバーレーザー、ダイオードレーザー、半導体レーザー、CO2レーザー)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)分析、エンドユーザー別(工作機械、半導体・電子機器、自動車)分析、レーザーマーキングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、レーザーマーキングの世界市場規模が2018年21億ドルから2024年30億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤の概要 ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 半導体ウエハー洗浄装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ウエハー洗浄装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ウエハー洗浄装置市場規模、種類別(単一ウエーハ処理システム、自動洗浄装置、スクラバー、その他)分析、ウェハーサイズ別(150mm、200mm、300mm)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場概要 ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場環境 ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場動向 ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場規模 ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場:業界構造分析 ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場:種類別(単一ウエーハ処理システム、自動洗浄装置、スクラバー、その他) ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場:ウェハーサイズ別(150mm、200mm、300mm) ・半導体ウエハー洗浄装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ウエハー洗浄装置のアメリカ市場規模・予測 ・半導体ウエハー洗浄装置のヨーロッパ市場規模・ …
  • 小規模LNG基地の世界市場
    当調査レポートでは、小規模LNG基地の世界市場について調査・分析し、小規模LNG基地の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマートトイ(玩具)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スマートトイ(玩具)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートトイ(玩具)市場規模、技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートトイ(玩具)の世界市場概要 ・スマートトイ(玩具)の世界市場環境 ・スマートトイ(玩具)の世界市場動向 ・スマートトイ(玩具)の世界市場規模 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:業界構造分析 ・スマートトイ(玩具)の世界市場:技術別(Wi-Fi、Bluetooth、RFID/NFC) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・スマートトイ(玩具)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートトイ(玩具)の北米市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートトイ(玩具)のアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートトイ …
  • HIV-2感染症(HIV-2 Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるHIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の概要 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • フィンランドの心臓補助装置市場見通し
  • オーストリアの整形外科装置市場見通し
  • 世界の水中ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の水中ポンプ市場2015について調査・分析し、水中ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の天然ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界の天然ワックス市場2015について調査・分析し、天然ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎細胞癌治療薬の世界市場
    ※本調査レポートでは、腎細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、腎細胞癌治療薬の世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗膜防水用メンブレンの世界市場:エラストマ膜(アクリル膜、ポリウレタン膜)、歴青膜、セメント膜
    当調査レポートでは、塗膜防水用メンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用遠心分離機の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、デザイン別分析、地域別分析、産業用遠心分離機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業バイオテクノロジーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業バイオテクノロジー市場規模、技術別(バイオチップ、リボ核酸干渉(RNAi)、ゲノム編集ツール、合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンシング)分析、製品別(作物保護製品、トランスジェニック種子、合成生物製品)分析、種類別(分子診断、分子マーカー、体組織培養、ワクチン、遺伝子工学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:市場動向分析 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:競争要因分析 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:技術別(バイオチップ、リボ核酸干渉(RNAi)、ゲノム編集ツール、合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンシング) ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:製品別(作物保護製品、トランスジェニック種子、合成生物製品) ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:種類別(分子診断、分子マーカ …
  • 虫除けの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、虫除けの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、虫除けの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用排出物質浄化装置の世界市場
    当調査レポートでは、産業用排出物質浄化装置の世界市場について調査・分析し、産業用排出物質浄化装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 産業向けRTLS(リアルタイム位置情報システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業向けRTLS(リアルタイム位置情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業向けRTLS(リアルタイム位置情報システム)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • UAV(ドローン)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、UAV(ドローン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV(ドローン)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機付随サービスの世界市場2017-2021:FFPマイル販売、機内販売・アラカルトサービス、手荷物料金、旅行小売り
    当調査レポートでは、航空機付随サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機付随サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーザダイオードの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、レーザダイオードの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レーザダイオードの世界市場:イントロダクション ・レーザダイオードの世界市場:市場概観 ・レーザダイオードの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・レーザダイオードの世界市場:セグメント別市場分析 ・レーザダイオードの世界市場:種類別分析/市場規模 ・レーザダイオードの世界市場:操作モード別分析/市場規模 ・レーザダイオードの世界市場:波長別分析/市場規模 ・レーザダイオードの世界市場:適用分野別分析/市場規模 ・レーザダイオードの世界市場:主要地域別市場分析 ・レーザダイオードの世界市場:関連企業分析
  • タイの試験測定機器市場2016-2020
    当調査レポートでは、タイの試験測定機器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイの試験測定機器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸マグネシウムの世界市場:種類別(七水和物、無水、一水和物)、製品別(粉末、結晶、液体)、用途別(農業、食品添加物・医薬品、化学・工業、その他)、地域別予測
    本資料は、硫酸マグネシウムの世界市場について調べ、硫酸マグネシウムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(七水和物、無水、一水和物)分析、製品別(粉末、結晶、液体)分析、用途別(農業、食品添加物・医薬品、化学・工業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCOMPO GmbH & Co. KG、S. Chemicals LLC、Baymag、QingHai Salt Lake Industry、SDIC Xinjiang Luobupo Potash、Geermuzige Potash、Qinghai Hanhai Group、Rech Chemical、Yash Chemicals、Hengyang Jumbo Feed Additives、Jinxing Chemical、K+S Group、KOLOD、Mani Agro Chem、HebeiRongkemeiyeなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・硫酸マグネシウムの世界市場概要 ・ …
  • 特殊顔料の世界市場2016-2020:有機顔料、金属エフェクト顔料、高性能顔料、光干渉顔料、錯体無機顔料、蛍光顔料、発光顔料
    当調査レポートでは、特殊顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチクッカーの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、マルチクッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチクッカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メンズウェア(紳士服)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、メンズウェア(紳士服)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メンズウェア(紳士服)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の冠動脈ステント市場2016
    本調査レポートでは、世界の冠動脈ステント市場2016について調査・分析し、冠動脈ステントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症のフェーズ3治験薬の状況 ・呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症治療薬の市場規模(販売予測) ・呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症治療薬剤
  • 関節鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、関節鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、関節鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リーフブロワーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リーフブロワーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リーフブロワーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)の概要 ・アレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアレルギー性鼻結膜炎(Allergic Rhino-Conjunctivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • クリーンルーム技術の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(HVAC、HEPAフィルター、エアシャワー、アパレル、手袋、真空システム、消毒剤)分析、建設別(ドライウォール、ハードウォール、ソフトウォール)分析、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、病院)分析、クリーンルーム技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリーンルーム技術の世界市場規模が2019年57億ドルから2024年79億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • 膵臓&胆汁用ステントの世界市場分析・予測
  • 世界のラケット・ストリング機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のラケット・ストリング機械市場2015について調査・分析し、ラケット・ストリング機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"