"世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 3382)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Provision of cost-efficiency in the usage of feed and increasing demand for animal-based products, such as meat products, dairy products, and eggs, are projected to drive the growth of the global feed enzymes market.”
The global feed enzymes market size is projected to grow from USD 1.2 billion in 2019 to USD 2.0 billion by 2025, at a CAGR of 9.1% during the forecast period. Provision of maintaining cost-efficiency in the usage f feed; increasing demand for animal-based products, such as meat products, dairy products, and eggs; and a rise in the global demand for naturally produced feed additives drive the feed enzyme industry. However, the hydrolysis of cellulose, which remains difficult, is projected to hinder the growth of the market.

“The poultry segment, by livestock, is estimated to dominate the feed enzymes market in 2019.”
Poultry is domesticated for the production of eggs and meat for consumption. Many factors impact the feed intake of poultry birds and significantly impact the nutritional well-being and efficiency of poultry production. The poultry segment accounted for the largest share in 2018, in terms of value. The dominance of poultry can be attributed to the increased consumption of poultry meat in the Asia Pacific region, as consumers are adding white meat instead of red meat to their diets.

“The phytase segment, by type, is projected to account for the largest share during the forecast period in the feed enzymes market.”
Phytases are digestive enzymes that release plant phosphorus from phytic acid; monogastric animals, such as poultry birds, lack sufficient phytases to release this phosphorus. Adding extra phytases to the diet increases phytate breakdown and consequent utilization of plant phosphorus. According to DuPont, one of the major feed enzyme manufacturers, phytases are the most widely used type of feed enzymes in the world, included in 90% of poultry and 70% of swine diets. Thus, increasing phytic acid degradation and improving the availability of plant phosphorus could have major benefits for poultry and swine producers, including lower levels of inorganic phosphorus inclusion in diets, reduced feed costs, and better sustainability of animal production.

“Asia Pacific is projected to be the fastest-growing region in the feed enzymes market.”
Asia Pacific dominated the feed enzymes market in 2018; this has been supported by the presence of a large livestock population (FAO 2016) and the growth rate. Also, livestock producers in China and India are focusing on animal health by resorting to natural solutions. Additionally, there has been a rise in the demand for meat and meat products, in accordance with the need for a protein-rich meat diet. The market for poultry is estimated to increase in India and China due to factors such as the focus on meat quality and public health campaigns, which encourage the consumption of lower-fat protein options. Fish consumption is also increasing in the region, owing to similar health trends. On the other hand, there has been an increase in production as well as consumption of dairy products in the region. These factors are expected to drive the feed enzymes market in the Asia Pacific region.

The presence of key feed enzymes manufacturers, such as BASF SE (Germany), DowDu Pont (US), Koninklijke DSM N.V (Netherlands), Bluestar Adisseo (China), Kemin Industries (US), and Cargill Incorporated (US) is also responsible for the high growth of the region.
In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, feed additive manufacturers, and executives from various key organizations operating in the feed enzymes market. Below is the breakdown of the primary participants:

• By Company: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 35% ,Tier – 25%
• By Designation: C-level – 30%, D-level 20%, and Others* – 50%
• By Region: Asia Pacific – 40%, South America – 20%, North America -15%, Europe – 15%, RoW** – 10%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes the Middle East & Africa.

The feed enzymes market comprises major manufacturers, such as BASF SE (Germany), DowDu Pont (US), Koninklijke DSM N.V (Netherlands), Bluestar Adisseo (China), Kemin Industries (US), and Cargill Incorporated (US).The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the feed enzymes industry, along with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage
The study covers the feed enzymes market across various segments. It aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as type, livestock, source, function, form, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall feed enzymes market and its sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Opportunities in the Feed Enzymes Market
4.2 Feed Enzymes Market, By Type and Region, 2019
4.3 Asia Pacific: Feed Enzymes Market, By Livestock and Country, 2019
4.4 Feed Enzymes Market, By Form, 2019
4.5 Feed Enzymes Market, By Key Country, 2019
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Macroindicators
5.2.1 Increase in Feed Production
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Provision of Feed Cost-Efficiency
5.3.1.1.1 Poultry
5.3.1.1.2 Ruminants
5.3.1.1.3 Swine
5.3.1.1.4 Aquatic Animals
5.3.1.1.5 Pets
5.3.1.2 Increasing Demand for Animal-Based Products, Such as Meat Products, Dairy Products, and Eggs
5.3.1.2.1 Improved Meat Quality Or Egg Production
5.3.1.2.2 Improved Animal Health to Increase the Consumption of Animal-Based Food Products
5.3.1.3 Rise in the Global Demand for Naturally Produced Feed and Feed Additives
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Hydrolysis of Cellulose Remains Difficult
5.3.2.2 Higher Inclusion Rates of Enzymes May Have Negative Effects
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Innovation in Phytase Production Processes
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 High R&D Investments
5.3.4.2 Thermostability of Enzymes
5.4 Value Chain
5.5 Regulatory Framework
5.5.1 Regulation 1831/2003 on Feed Additives
6 Feed Enzymes Market, By Function (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Performance Enhancement
6.3 Feed Efficiency
7 Feed Enzymes Market, By Type (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Phytase
7.2.1 Phytases Help Break Down Indigestible Phytioc Acid and Release Digestible Phosphorus
7.3 Protease
7.3.1 Protease Reduces Nitrogen Emission During Livestock Production
7.4 Carbohydrase
7.4.1 Xylanase and Amylase are the Major Types of Carbohydrase
7.4.2 Xylanase
7.4.3 Amylase
7.4.4 Cellulase
7.4.5 Other Carbohydrases
7.5 Others
8 Feed Enzymes Market, By Source (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 Microorganism
8.2.1 Microorganisms are the Most Preferred Source of Feed Enzymes Due to High Stability
8.3 Plant
8.3.1 Plant-Based Feed Enzymes Increase Phytate Breakdown, Thus Aiding in the Release of Phosphorous in Livestock
8.4 Animal
8.4.1 Animal-Sourced Feed Enzymes are the Least Preferred Because of Their Instability and High Cost
9 Feed Enzymes Market, By Form (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Dry
9.2.1 Ease of Application and Storage Makes It A Preferred Form
9.3 Liquid
9.3.1 Requirement of A Special Apparatus for Application Makes the Liquid Form Less Economical Than the Dry Form
10 Feed Enzymes Market, By Livestock (Page No. – 71)
10.1 Macroindicators
10.1.1 Livestock Population Increase
10.2 Connected Market: Feed Additives
10.2.1 Growth in the Compound Feed Industry
10.2.1.1 Increasing Compound Feed Production
10.3 Introduction
10.4 Poultry
10.4.1 Poultry Segment Projected to Be the Largest During the Forecast Period
10.4.2 Broilers
10.4.3 Turkeys
10.4.4 Layers
10.4.5 Others
10.5 Swine
10.5.1 Feed Enzymes Help in the Breakdown of Complex Carbohydrates, Which are Not Utilized By Swine
10.5.2 Starter
10.5.3 Grower
10.5.4 Sow
10.6 Ruminants
10.6.1 Feed Enzymes are Added to Cattle Diets to Enhance Milk Production and Improve Feed Efficiency
10.6.2 Calves
10.6.3 Dairy Cattle
10.6.4 Beef Cattle
10.6.5 Others
10.7 Aquatic Animals
10.7.1 The Use of Feed Enzymes in Fish Feed has Provided Environmental Benefits as Well as Enabled the Use of Lower-Cost Feedstuffs
10.8 Others
11 Feed Enzymes Market, By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 The US Accounted for the Largest Share in the North American Feed Enzymes Market in 2018
11.2.2 Canada
11.2.2.1 The Rise in Demand for Meat Products and the Introduction of Lenient Regulations Pertaining to the Use of Growth Promoters in the Country are Factors That are Projected to Drive the Growth of the Market
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Increasing Support of Government Programs and the Rise in Livestock Production to Encourage the Consumption of Feed Enzymes in the Country 91
11.3 Europe
11.3.1 Russia
11.3.1.1 The Russian Meat and Pork Industry has Witnessed Significant Growth in Recent Years
11.3.2 Spain
11.3.2.1 Rise in the Demand for Meat and Dairy Products
11.3.3 Germany
11.3.3.1 Modernization of the Livestock Industry has Resulted in the Usage of Scientific Methods for the Production of Livestock
11.3.4 France
11.3.4.1 Domestic Demand for Meat Products Plays A Vital Role in the Increasing Demand for Essential Feed Enzymes in Livestock Feed
11.3.5 Italy
11.3.5.1 The Country Accounted for the Fifth-Largest Share for Feed Enzymes in the Region
11.3.6 UK
11.3.6.1 Adoption of Mega-Farms and Intensive Factory Farming for Cattle, Poultry, and Swine to Drive the Market Growth of Feed Enzymes
11.3.7 Rest of Europe
11.3.7.1 Rising Awareness About the Benefits of Feed Enzymes Among Livestock Growers
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Established Players in the Market are Focusing on Developing Feed Enzyme Products
11.4.2 India
11.4.2.1 Availability of Raw Materials and A Major Destination for Foreign Companies
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Stabilization in Feed Prices to Drive the Adoption of Feed Enzymes
11.4.4 Thailand
11.4.4.1 Wider Opportunities in the Poultry Industry
11.4.5 Indonesia
11.4.5.1 Increasing Feed Production to Have A Proportional Impact on the Consumption of Feed Enzymes
11.4.6 Rest of Asia Pacific
11.4.6.1 Rising Awareness Regarding the Importance of Feed Enzymes for Livestock Nutrition for Good Quality Meat and Other Animal-Based By-Products
11.5 South America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 High Animal Product Exports to Drive Growth
11.5.2 Argentina
11.5.2.1 The Rise in the Adoption of Advanced Technologies has Led to the Usage of Additives, Such as Enzymes
11.5.3 Rest of South America
11.6 Rest of the World (RoW)
11.6.1 Africa
11.6.1.1 Increase in the Presence of Substantial Livestock Population in the Region to Drive the Demand for Feed Enzymes
11.6.2 Middle East
11.6.2.1 The Rising Meat Consumption and Improved Performance in Feed are Factors Driving the Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Company Ranking
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Leadership Mapping (For Smes/Start-Ups)
12.4.1 Progressive Companies
12.4.2 Starting Blocks
12.4.3 Responsive Companies
12.4.4 Dynamic Companies
12.5 Competitive Scenario
12.5.1 New Product Launches
12.5.2 Expansions and Investments
12.5.3 Mergers & Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 136)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 BASF SE
13.2 Dowdupont
13.3 Koninklijke DSM N.V
13.4 Bluestar Adisseo
13.5 Cargill
13.6 Associated British Foods PLC
13.7 Novozymes
13.8 Advanced Enzyme Technologies
13.9 Kemin Industries, Inc.
13.10 Novus International Inc.
13.11 Azelis Holdings SA
13.12 Alltech
13.13 Bio Cat
13.14 Rossari Biotech Ltd.
13.15 Biovet JSC
13.16 Bec Feed Solutions
13.17 Bioresource International Inc.
13.18 Amorvet
13.19 Nutrex BE
13.20 Sunson Industry Group Co. Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 174)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別
【発行日】2019年12月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 3382
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 歯科用診断・手術装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 北米の核医学/放射性医薬品市場:診断用(SPECT、PET)、治療用(ベータ放射体、アルファ放射体、小線源治療)
  • ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)、用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他)、地域別予測
    本資料は、ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場について調べ、ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)分析、用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場概要 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場環境 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場動向 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場規模 ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場規模:タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上) ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場規模:用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他) ・ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:地域別市 …
  • リテールクラウドの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、リテールクラウドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、サービス別分析、企業規模別分析、地域別分析、リテールクラウドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲車両の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、装甲車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、製品別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 画像診断装置の世界市場予測(~2021年):X線装置、MRI装置、超音波装置、CT、SPECT、ハイブリッドPET
    当調査レポートでは、画像診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、画像診断装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015
    本調査レポートでは、中国のPLD(プログラマブルロジックデバイス)市場2015について調査・分析し、PLD(プログラマブルロジックデバイス)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イラクの発電市場2016
  • 油田ケーシングスプールの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田ケーシングスプールの世界市場について調べ、油田ケーシングスプールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田ケーシングスプールの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は油田ケーシングスプールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・油田ケーシングスプールの市場状況 ・油田ケーシングスプールの市場規模 ・油田ケーシングスプールの市場予測 ・油田ケーシングスプールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・油田ケーシングスプールの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • フォトクロミックレンズの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フォトクロミックレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトクロミックレンズの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフォトクロミックレンズの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Corning、ESSILOR INTERNATIONAL、Rodenstock、ZEISS等です。
  • 発泡金属の世界市場2014-2025:材料別(アルミ、ニッケル、マグネシウム、銅)、用途別(熱交換器、減勢装置、サイドインパクトバー)、最終用途別
    本調査レポートでは、発泡金属の世界市場について調査・分析し、発泡金属の世界市場動向、発泡金属の世界市場規模、市場予測、セグメント別発泡金属市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のm-フェニレンジアミン(mPDA)市場2016
    本調査レポートでは、世界のm-フェニレンジアミン(mPDA)市場2016について調査・分析し、m-フェニレンジアミン(mPDA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場:技術別(磁気浮上、インクジェットベース、シリンジベース、レーザーベース)、用途別(医療、歯科、バイオセンサー、バイオインク)、セグメント予測
    本調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dバイオプリンティングの世界市場動向、3Dバイオプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dバイオプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場分析:薬の種類別(ヌクレオシドアナログ逆転写酵素阻害剤(NRTI)、非NRTI、侵入・融合、プロテアーゼ、インテグラーゼ阻害剤、補助受容体拮抗薬)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場について調査・分析し、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場動向、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒト免疫不全ウイルス(HIV)-1治療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、個人および在宅医療部門におけるロボット市場規模、種類別分析、製品別(コンパニオンロボット、感情療法ロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場概要 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場環境 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場動向 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場規模 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:種類別 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:製品別(コンパニオンロボット、感情療法ロボット) ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・個人および在宅医療部門におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・個人 …
  • 潜水艦用バッテリーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、潜水艦用バッテリーの世界市場について調査・分析し、潜水艦用バッテリーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別潜水艦用バッテリーシェア、市場規模推移、市場規模予測、潜水艦用バッテリー種類別分析(制御弁式鉛(VRLA)蓄電池、浸水鉛酸蓄電池、その他)、潜水艦用バッテリー用途別分析(民間用、軍事用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・潜水艦用バッテリーの市場概観 ・潜水艦用バッテリーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・潜水艦用バッテリーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・潜水艦用バッテリーの世界市場規模 ・潜水艦用バッテリーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・潜水艦用バッテリーのアメリカ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのカナダ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのメキシコ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・潜水艦用バッテリーのドイツ市場規模推移 ・潜水艦用バッテリーのイギリス …
  • 世界主要国におけるエンクロージャエアコン市場2018-2023
    本調査レポートでは、エンクロージャエアコンの世界市場について調査・分析し、エンクロージャエアコンの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(熱電式エンクロージャエアコン、コンプレッサー式エンクロージャエアコン、空調付き電撃防止エンクロージャ)、用途別市場規模(電子産業、軍用、食品・飲料、排水設備、発電所、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、エンクロージャエアコンの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・エンクロージャエアコンの世界市場概要 ・エンクロージャエアコンの企業別市場シェア ・エンクロージャエアコンの地域別市場規模 ・エンクロージャエアコンの種類別市場規模(熱電式エンクロージャエアコン、コンプレッサー式エンクロージャエアコン、空調付き電撃防止エンクロージャ) ・エンクロージャエアコンの用途別市場規模(電子産業、軍 …
  • 世界の最小侵襲手術(MIS)用デバイス開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、最小侵襲手術(MIS)用デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの概要 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:領域別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別最小侵襲手術(MIS)用デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・最小侵襲手術(MIS)用デバイスの最近動向
  • マイクロ電池の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、マイクロ電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(薄膜、印刷済み、固体チップ電池)分析、容量別分析、再充電性別分析、用途別(スマートカード、スマートパッケージ、医療機器、ウェアラブルデバイス)分析、マイクロ電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、マイクロ電池の世界市場規模が2019年128百万ドルから2025年631百万ドルまで年平均30.4%成長すると予測しています。
  • 自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界市場について調べ、自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場規模をセグメンテーション別(用途別(乗用車、軽商用車、中型及び大型商用車)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場状況 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場規模 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの市場予測 ・自動車用暖房・換気・空調(HVAC)コンプレッサーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別 …
  • QSFPモジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、QSFPモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、QSFPモジュールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用医療画像の世界市場2017-2021:X線システム、CTスキャナ、MRIスキャナ、超音波システム、核撮像システム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科用医療画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療画像の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科用医療画像の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Hitachi、Philips Healthcare、Siemens Healthineers、Toshiba Medical Systems等です。
  • パッケージ入りウォーターの世界市場2014–2025:製品別(スティルウォーター、ガス入りウォーター、フレーバーウォーター、機能性ウォーター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、パッケージ入りウォーターの世界市場について調査・分析し、パッケージ入りウォーターの世界市場動向、パッケージ入りウォーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別パッケージ入りウォーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 段ボール原紙の北米市場2016-2020
    当調査レポートでは、段ボール原紙の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、段ボール原紙の北米市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 治療薬剤モニタリングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、治療薬剤モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、治療薬剤モニタリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター用ラックの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、データセンター用ラックの世界市場について調査・分析し、データセンター用ラックの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別データセンター用ラックシェア、市場規模推移、市場規模予測、データセンター用ラック種類別分析(オープンフレームラック、ラックエンクロージャー、ウォールマウント型ラック)、データセンター用ラック用途別分析(ネットワークデータセンター、サーバーデータセンター、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・データセンター用ラックの市場概観 ・データセンター用ラックのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・データセンター用ラックのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・データセンター用ラックの世界市場規模 ・データセンター用ラックの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・データセンター用ラックのアメリカ市場規模推移 ・データセンター用ラックのカナダ市場規模推移 ・データセンター用ラックのメキシコ市場規模推移 ・データセンター用ラックのヨーロッパ市場分析(ド …
  • 1,6-ヘキサンジオールの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、1,6-ヘキサンジオールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ポリウレタン、コーティング、アクリレート、接着剤、ポリエステル樹脂、可塑剤)分析、1,6-ヘキサンジオールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、1,6-ヘキサンジオールの世界市場規模が2019年902百万ドルから2025年1401百万ドルまで年平均8%成長すると予測しています。
  • 患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、患者登録ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、ソフトウェア別分析、機能別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用PoEの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用PoEの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用PoEの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用PoEの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Broadcom• Linear Technology• Maxim Integrated• STMicroelectronics• Texas Instruments等です。
  • コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024
    「コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024」は、コーポレートリーダーシップトレーニングについて市場概要、市場規模、用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場:用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 溶接装置・付属品・消耗品の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、溶接装置・付属品・消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、溶接装置・付属品・消耗品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪吸引機器の世界市場
    当調査レポートでは、脂肪吸引機器の世界市場について調査・分析し、脂肪吸引機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脂肪吸引機器の世界市場:市場動向分析 - 脂肪吸引機器の世界市場:競争要因分析 - 脂肪吸引機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・美容整形センター ・病院 - 脂肪吸引機器の世界市場:技術別 ・吸引機器 ・レーザーによる脂肪吸引 ・電力による脂肪吸引 ・高周波による脂肪吸引 ・吸引による脂肪吸引 ・チューメセント法による脂肪吸引 ・2本のカニューレによる脂肪吸引 ・超音波による脂肪吸引 ・外付けの超音波による脂肪吸引 ・水による脂肪吸引 - 脂肪吸引機器の世界市場:製品別 ・持ち運び可能な脂肪吸引機器 ・スタンドアロンの脂肪吸引機器 - 脂肪吸引機器の世界市場:主要地域別分析 - 脂肪吸引機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 脂肪吸引機器のヨーロッパ市場規模 - 脂肪吸引機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脂肪吸引機器の世界市場:主な市場開拓 …
  • パッシブ防火の世界市場分析:製品別(セメント系材料、膨張性コーティング、耐火被覆管)、用途別(石油・ガス、建設、工業、倉庫)、セグメント予測
    本調査レポートでは、パッシブ防火の世界市場について調査・分析し、パッシブ防火の世界市場動向、パッシブ防火の世界市場規模、市場予測、セグメント別パッシブ防火市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ギリシャの整形外科補綴市場見通し
  • ロシアの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • ローズオイルの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ローズオイルの世界市場について調べ、ローズオイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ローズオイルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型ローズオイル、オーガニックローズオイル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はローズオイル世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ローズオイルの市場状況 ・ローズオイルの市場規模 ・ローズオイルの市場予測 ・ローズオイルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型ローズオイル、オーガニックローズオイル) ・ローズオイルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のマンニトール市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンニトール市場2015について調査・分析し、マンニトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用ARヘッドギアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ARヘッドギアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ARヘッドギアの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事用ARヘッドギアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Applied Research Associates (ARA)• BAE Systems• Elbit Systems• Rockwell Collins• Thales Group等です。
  • 小規模LNG基地の世界市場
    当調査レポートでは、小規模LNG基地の世界市場について調査・分析し、小規模LNG基地の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高リン血症治療薬のアジア太平洋市場
  • エジプトの脊椎手術装置市場見通し
  • 航空機ドアの世界市場:用途別(民間機、軍用機)、最終使用別、ドア種類別、地域別予測
    本資料は、航空機ドアの世界市場について調べ、航空機ドアの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(民間機、軍用機)分析、最終使用別分析、ドア種類別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・航空機ドアの世界市場概要 ・航空機ドアの世界市場環境 ・航空機ドアの世界市場動向 ・航空機ドアの世界市場規模 ・航空機ドアの世界市場規模:用途別(民間機、軍用機) ・航空機ドアの世界市場規模:最終使用別 ・航空機ドアの世界市場規模:ドア種類別 ・航空機ドアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空機ドアの北米市場規模・予測 ・航空機ドアのアメリカ市場規模・予測 ・航空機ドアのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空機ドアのアジア市場規模・予測 ・航空機ドアの日本市場規模・予測 ・航空機ドアの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 完全空乏型SOI(FD-SOI)技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、完全空乏型SOI(FD-SOI)技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、完全空乏型SOI(FD-SOI)技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は完全空乏型SOI(FD-SOI)技術の世界市場が2017-2021年期間中に年平均43.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GLOBALFOUNDRIES• SAMSUNG• STMicroelectronics• SOITEC等です。
  • 産業用ヘンプの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、産業用ヘンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ヘンプシード、ヘンプシードオイル、ヘンプファイバー、およびCBDヘンプオイル)分析、用途別(食品、飲料、パーソナルケア製品、繊維製品、医薬品)分析、由来別(有機、従来)分析、産業用ヘンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、産業用ヘンプの世界市場規模が2019年46億ドルから2025年266億ドルまで年平均34.0%成長すると予測しています。
  • 世界の自動車減速装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車減速装置市場2016について調査・分析し、自動車減速装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • RFIDプリンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、RFIDプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFIDプリンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はRFIDプリンターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Avery Dennison• Honeywell International• Primera Technology• Printronix• SATO America• Zebra Technologies等です。
  • 世界のLTE市場およびMBBスペクトラム
  • コンテキスト・リッチ・システムの世界市場
    当調査レポートでは、コンテキスト・リッチ・システムの世界市場について調査・分析し、コンテキスト・リッチ・システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 炭素回収・隔離の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、炭素回収・隔離の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、サービス種類別分析、用途別分析、地域別分析、炭素回収・隔離の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"