"世界のアイトラッキング市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、追跡種類別(リモートおよびモバイル)、用途別(支援コミュニケーション、人間行動&市場調査)、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 3886)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のアイトラッキング市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、追跡種類別(リモートおよびモバイル)、用途別(支援コミュニケーション、人間行動&市場調査)、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising adoption of eye tracking technology for personalized advertisements and consumer research and surging demand for eye tracking-based assistive communication devices drive market growth
The eye tracking market is expected to grow at a CAGR of 26.1% from 2020 to 2025, to reach USD 1,786 million by 2025 from USD 560 million in 2020. The rising adoption of eye tracking technology for personalized advertisements and consumer research and surging demand for eye tracking-based assistive communication devices are key driving factors for the eye tracking market growth. However, the lack of technological standardization and the high cost of equipment are a few of the factors hindering the growth of the eye tracking market.

Assistive Communication application to dominate eye tracking market, in terms of size, during forecast period
The eye tracking market, by application, is segmented into assistive communication, human behavior & market research, and others. The eye tracking market for the assistive communication application is expected to hold a dominant position during the forecast period. The need for effective assistive communication devices for physically impaired people and improvements in eye tracking technology drive the market for this segment.

Remote eye tracking segment to hold largest share of eye tracking market from 2020 to 2025
In terms of market size, the remote eye tracking segment is expected to dominate the eye tracking market during the forecast period and is likely to witness significant growth in the said market during the forecast period. Remote eye tracking devices are easily configurable and are usually cheaper than mobile eye tracking devices. This is one of the key factors that has led to the dominating position of this segment in the eye tracking market. Healthcare & research labs, retail & advertisement, and automotive & transportation are a few of the major verticals, which are generating high demand for remote eye tracking devices.

APAC to witness highest growth in market during forecast period
APAC is expected to witness the highest growth in the eye tracking market during the forecast period. A number of untapped verticals and applications; and growing awareness about eye tracking technology are expected to contribute to the fast growth of the eye tracking market in the region. Consumer electronics and automotive verticals are expected to demonstrate higher growth compared with other verticals in the region.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key officials in the eye tracking market. Following is the breakup of the profiles of primary participants for the report.
• By Company Type: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level Executives – 35%, Managers – 25%, and Others – 40%
• By Region: Americas – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 5%
The report profiles key players in the eye tracking market and analyzes their market rankings. Players profiled in this report are Tobii (Sweden), EyeTracking (US), SR Research (Canada), Seeing Machines (Australia), PRS IN VIVO (France), Smart Eye (Sweden), EyeTech Digital Systems (US), LC Technologies (US), Ergoneers (Germany), ISCAN (US), Pupil Labs (Germany), iMotions (Denmark), Converus (US), Mirametrix (Canada), Beijing 7invensun Technology (China), Gazepoint (Canada), EyeSee (Belgium), alea technologies (Germany), Irisbond (Spain), and Lumen Research (UK).

Research Coverage
This report segments the eye tracking market by offering, tracking type, application, vertical, and geography. It also describes major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as includes the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy This Report
The report will help leaders/new entrants in the eye tracking market in the following ways:
1. The report segments the eye tracking market comprehensively and provides the closest market size estimation for all subsegments across regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the eye tracking market.
3. The report will help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the eye tracking market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のアイトラッキング市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、追跡種類別(リモートおよびモバイル)、用途別(支援コミュニケーション、人間行動&市場調査)、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Share By Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for Research Study
2.4.1 Specific Factors Considered While Estimating and Projecting Market Size
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Eye-Tracking Market
4.2 Eye-Tracking Market, By Tracking Type
4.3 Eye-Tracking Market in North America, By Country and Vertical
4.4 Eye-Tracking Market, By Application
4.5 Eye-Tracking Market, By Country (2020)
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Eye-Tracking Based Assistive Communication Devices
5.2.1.2 Rising Adoption of Eye-Tracking Technology in Advertisement and Consumer Research
5.2.1.3 Increasing Penetration of Eye-Tracking Technology in Automotive and Transportation Industry Especially in Driver Monitoring Systems
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Growth in Gesture Recognition Market
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Penetration of Eye-Tracking Technology in AR/VR Devices
5.2.3.2 Integration of Consumer Electronics Devices With Eye-Tracking Technology
5.2.3.3 Rise in Demand for Eye-Tracking Technology in Emerging Regions
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Technological Standardization
5.2.4.2 High-Cost of Eye-Tracking Systems Hinder Its Penetration in High Volume Applications
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Use Cases
5.4.1 Tobii and Prc-Saltillo Worked Together on Look Eye Tracker
5.4.2 Tobii and Righteye Collaborated to Help Healthcare Professionals and Performance Specialists for Better Treatment of Their Patients and Clients
5.4.3 Looxid Labs Combined VR Headset With Eye-Tracking and Eeg Sensors Which Helps Researchers Easily Integrate VR Into Their Research
5.4.4 Lumen Research Through Eye-Tracking Technology Helped British Gas in Enhancing Their Digital Display Advertising
6 Eye-Tracking Market, By Offering (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Remote Eye Trackers Dominate Eye-Tracking Market for Hardware
6.3 Software
6.3.1 Eye-Tracking Market for Software is Expected to Grow at Highest Rate
6.4 Research & Consulting Services
6.4.1 With Advancement and Growing Popularity of Eye-Tracking Technology Demand for This Technology Based Research & Consulting Services is on Rise
7 Eye-Tracking Market, By Tracking Type (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Remote Tracking
7.2.1 Hardware Segment is Dominating in Remote Eye-Tracking Market
7.3 Mobile Tracking
7.3.1 Freedom of Movement Offered By Mobile Eye Trackers is Key Driving Factor for Mobile Eye-Tracking Market
8 Eye-Tracking Market, By Application (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Assistive Communication
8.2.1 Assistive Communication to Grow Due to Increased Awareness and Product Affordability
8.3 Human Behaviour and Research
8.3.1 Study of Human Behavior and Research Using Eye-Tracking Devices Helps Marketers to Invest Carefully in Marketing Program
8.4 Other Applications
8.4.1 AR/VR
8.4.2 Automotive Vehicles
8.4.3 Consumer Applications
9 Eye-Tracking Market, By Vertical (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Retail and Advertisement
9.2.1 Eye-Tracking Technology Helps in Creating Targeted, Focused, and Impactful Content
9.3 Consumer Electronics
9.3.1 Technological Advancement, Price Reduction, and Fast Adoption of Eye-Tracking Devices Propelling Their Use in Consumer Electronic Products
9.4 Healthcare & Research Labs
9.4.1 Assistive Communication Makes Most Prominent Use of Eye-Tracking Technology in Healthcare Segment
9.5 Government, Defense, and Aerospace
9.5.1 North American Region Accounted for Largest Share of Eye-Tracking Devices in Government, Defense, and Aerospace Vertical
9.6 Automotive & Transportation
9.6.1 Automotive Companies are Using Eye-Tracking Devices to Enhance Driver Safety
9.7 Other Verticals
10 Eye-Tracking Market, By Mounting Type (Page No. – 101)
10.1 Introduction
10.2 Head Mounted
10.3 Wheelchair Mounted
10.4 Table/Device Mounted
11 Geographic Analysis (Page No. – 103)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US Accounted for Largest Share of Eye-Tracking Market in North America
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Retail & Advertisement Vertical is A Key Contributor to Eye-Tracking Market in Canada
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Increasing Demand for Assistive Communication Devices is Driving Growth of Eye-Tracking Market in Mexico
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 Increased Awareness for Assistive Communication is One of the Drivers for the Growth of Eye-Tracking Technology in Healthcare & Research Labs Vertical
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Automotive & Transportation Vertical is Significant Contributor to Growth of Eye-Tracking Market in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 France to Witness Significant Growth in Eye-Tracking Market in Europe
11.3.4 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 China Dominates Eye-Tracking Market in APAC
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Focus on Improving Driver Safety Drives Growth of Eye-Tracking Market in Japan
11.4.3 South Korea
11.4.3.1 Consumer Electronics is Among Key Verticals Contributing Significantly Toward Growth of Eye-Tracking Market in South Korea
11.4.4 Rest of APAC
11.5 RoW
11.5.1 South America
11.5.1.1 South America Contributes Largest Share in Eye-Tracking Market in RoW
11.5.2 Middle East
11.5.2.1 Consumer Electronics Vertical to Grow at Fastest CAGR in Middle East
11.5.3 Africa
11.5.3.1 Retail & Advertisement is Major Contributor Towards Growth of Eye-Tracking Market in Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 126)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis: Eye-Tracking Market
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Dynamic Differentiators
12.3.3 Innovators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Competitive Benchmarking
12.4.1 Strength of Product Portfolio (20 Players)
12.4.2 Business Strategy Excellence (20 Players)
12.5 Competitive Situations and Trends
12.5.1 Product Launches & Developments
12.5.2 Expansions & Acquisitions
12.5.3 Partnerships, Collaborations, and Agreements
13 Company Profiles (Page No. – 133)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 Tobii
13.1.2 Seeing Machines
13.1.3 SR Research
13.1.4 Eyetech Digital Systems
13.1.5 Smart Eye
13.1.6 Eyetracking
13.1.7 Prs in Vivo
13.1.8 LC Technologies
13.1.9 Ergoneers
13.1.10 Iscan
13.2 Right-To-Win
13.3 Other Companies
13.3.1 Pupil Labs
13.3.2 Imotions
13.3.3 Gazepoint
13.3.4 Eyesee
13.3.5 Converus
13.3.6 Mirametrix
13.3.7 Alea Technologies
13.3.8 Lumen
13.3.9 Irisbond
13.3.10 Beijing 7invensun Technology
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 158)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のアイトラッキング市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、追跡種類別(リモートおよびモバイル)、用途別(支援コミュニケーション、人間行動&市場調査)、業種別、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 3886
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のアイトラッキング市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)、追跡種類別(リモートおよびモバイル)、用途別(支援コミュニケーション、人間行動&市場調査)、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 建設業・農業・鉱業用電気自動車の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建設業・農業・鉱業用電気自動車の世界市場について調査・分析し、建設業・農業・鉱業用電気自動車の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建設業・農業・鉱業用電気自動車シェア、市場規模推移、市場規模予測、建設業・農業・鉱業用電気自動車種類別分析(ハイブリッド、電気)、建設業・農業・鉱業用電気自動車用途別分析(建設業、鉱業、農業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車の市場概観 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建設業・農業・鉱業用電気自動車のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車の世界市場規模 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建設業・農業・鉱業用電気自動車のアメリカ市場規模推移 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車のカナダ市場規模推移 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車のメキシコ市場規模推移 ・建設業・農業・鉱業用電気自動車のヨー …
  • 固体酸化物形燃料電池の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、固体酸化物形燃料電池の世界市場について調査・分析し、固体酸化物形燃料電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 固体酸化物形燃料電池の世界市場:市場動向分析 - 固体酸化物形燃料電池の世界市場:競争要因分析 - 固体酸化物形燃料電池の世界市場:技術別 ・平面 ・薄膜 ・管状 ・その他 - 固体酸化物形燃料電池の世界市場:用途別 ・軍用 ・コジェネレーション(CHP) ・エキゾチック ・固定 ・輸送 ・航空 ・リモート・補助電源ユニット(APU) ・発電機 - 固体酸化物形燃料電池の世界市場:主要地域別分析 - 固体酸化物形燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 固体酸化物形燃料電池のヨーロッパ市場規模 - 固体酸化物形燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・固体酸化物形燃料電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • インメモリー・コンピューティングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インメモリー・コンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インメモリー・コンピューティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の剥離剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の剥離剤市場2015について調査・分析し、剥離剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PKI (公開鍵基盤) の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、PKI (公開鍵基盤) の世界市場について調べ、PKI (公開鍵基盤) の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、PKI (公開鍵基盤) の市場規模をセグメンテーション別(展開別(クラウド、オンプレミス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はPKI (公開鍵基盤) の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・PKI (公開鍵基盤) の市場状況 ・PKI (公開鍵基盤) の市場規模 ・PKI (公開鍵基盤) の市場予測 ・PKI (公開鍵基盤) の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(クラウド、オンプレミス) ・PKI (公開鍵基盤) の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ネットワークスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワークスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はネットワークスイッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(2.64%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Brocade Communications• Cisco Systems• D-Link• Juniper Networks等です。
  • 世界のランニング・フットウェア市場2015
    本調査レポートでは、世界のランニング・フットウェア市場2015について調査・分析し、ランニング・フットウェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 陽電子放射断層撮像(PET)スキャナの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:フルリングPETスキャナ、部分リングPETスキャナ
  • トルコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • ガレージ装置の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ガレージ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(OEM、独立)分析、用途別(ボディショップ、診断及びテスト、排出、リフティング、ホイール&タイヤ、洗浄)分析、設置別(モバイル、固定)分析、機能別(機械、電子)分析、ガレージ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ガレージ装置の世界市場規模が2019年61億万ドルから2027年107億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 三輪自動車の世界市場
    当調査レポートでは、三輪自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、三輪自動車の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の木材用塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の木材用塗料市場2015について調査・分析し、木材用塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インフォテインメントOSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インフォテインメントOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用インフォテインメントOSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒュームド・シリカの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヒュームド・シリカの世界市場について調査・分析し、ヒュームド・シリカの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヒュームド・シリカシェア、市場規模推移、市場規模予測、ヒュームド・シリカ種類別分析()、ヒュームド・シリカ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヒュームド・シリカの市場概観 ・ヒュームド・シリカのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヒュームド・シリカのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヒュームド・シリカの世界市場規模 ・ヒュームド・シリカの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヒュームド・シリカのアメリカ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのカナダ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのメキシコ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ヒュームド・シリカのドイツ市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのイギリス市場規模推移 ・ヒュームド・シリカのロシア市場規模推移 ・ヒューム …
  • 成長障害(Growth Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における成長障害(Growth Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、成長障害(Growth Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・成長障害(Growth Disorders)の概要 ・成長障害(Growth Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の成長障害(Growth Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成長障害(Growth Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 肝臓移植(Liver Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝臓移植(Liver Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝臓移植(Liver Transplantation)の概要 ・肝臓移植(Liver Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の概要 ・遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema (HAE))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・遺伝性血 …
  • 世界の監視装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の監視装置市場2015について調査・分析し、監視装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用テキスタイルの世界市場分析:製品別(織物、不織布、複合材)、用途別(内装、タイヤ、安全装置、エンジン部品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、自動車用テキスタイルの世界市場動向、自動車用テキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用テキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の呼吸装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の呼吸装置市場2015について調査・分析し、呼吸装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器保護器具(RPE)の世界市場分析:製品別(空気清浄呼吸器(APR)、無給電式、使い捨てフィルターハーフマスク、ハーフマスク、フルフェイスマスク、電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)、ハーフマスク、フルフェイスマスク、ヘルメット、フード&バイザー、避難用呼吸用保護具、供給空気呼吸器、自給式呼吸器(SCBA)、フルフェイスマスク、航空機用呼吸器)、エンドユーザー別、セグメント予測
    本調査レポートでは、呼吸器保護器具(RPE)の世界市場について調査・分析し、呼吸器保護器具(RPE)の世界市場動向、呼吸器保護器具(RPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別呼吸器保護器具(RPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の概要 ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・樺花粉アレルギー(Birch Pollen Allergy)治療薬の評価    …
  • 産業用同期タイミングベルトの世界市場
    当調査レポートでは、産業用同期タイミングベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用同期タイミングベルトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクロロメタン市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロロメタン市場2016について調査・分析し、クロロメタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエチルエーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界のエチルエーテル市場2015について調査・分析し、エチルエーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • メイクアップベースの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、メイクアップベースの世界市場について調べ、メイクアップベースの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、メイクアップベースの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ファウンデーション、コンシーラー、パウダー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はメイクアップベースの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・メイクアップベースの市場状況 ・メイクアップベースの市場規模 ・メイクアップベースの市場予測 ・メイクアップベースの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ファウンデーション、コンシーラー、パウダー) ・メイクアップベースの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • プレッツェルの世界市場
    当調査レポートでは、プレッツェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレッツェルの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • スイスの関節鏡検査装置市場見通し
  • ヒトミルクオリゴ糖の世界市場分析:用途別(乳児用調合乳、機能性食品・飲料、食品サプリメント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヒトミルクオリゴ糖の世界市場について調査・分析し、ヒトミルクオリゴ糖の世界市場動向、ヒトミルクオリゴ糖の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒトミルクオリゴ糖市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーエレクトロニクス市場規模、製品別(IC、ディスクリート、モジュール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パワーエレクトロニクスの世界市場概要 ・パワーエレクトロニクスの世界市場環境 ・パワーエレクトロニクスの世界市場動向 ・パワーエレクトロニクスの世界市場規模 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:製品別(IC、ディスクリート、モジュール) ・パワーエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パワーエレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスの主要国分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・パワーエレクトロニクスの世界市場:成長要因、課題 …
  • クラウドマイクロサービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウドマイクロサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素(プラットフォーム、サービス)別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、クラウドマイクロサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの心臓血管手術装置市場(~2021)
  • 世界及び米国の鉄粉市場2017-2022
  • イタリアの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 医療用電極の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用電極の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用電極の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱伝導材料の世界市場:放熱パッド、放熱グリス、相変化物質、填隙剤、金属TIMS
    当調査レポートでは、熱伝導材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・熱伝導材料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:材料別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・熱伝導材料のアメリカ市場規模予測 ・熱伝導材料のヨーロッパ市場規模予測 ・熱伝導材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 食肉検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食肉検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検査対象(病原菌、種、アレルゲン、GMO、マイコトキシン、重金属、残留獣医薬)別分析、サンプル(肉、シーフード)別分析、技術(PCR、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、分光法)別分析、食肉検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バッテリーモニタリングシステムの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、バッテリーモニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バッテリーモニタリングシステムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック添加物の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、プラスチック添加物の世界市場について調査・分析し、プラスチック添加物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プラスチック添加物の世界市場:市場動向分析 - プラスチック添加物の世界市場:競争要因分析 - プラスチック添加物の世界市場:製品別 ・抗菌/バイオ安定化 ・抗酸化 ・難燃材 ・耐衝撃性改良剤 ・可塑剤 ・紫外線吸収剤 ・その他 - プラスチック添加物の世界市場:プラスチック別 ・高性能プラスチック ・汎用プラスチック ・エンジニアリングプラスチック - プラスチック添加物の世界市場:用途別 ・自動車 ・建設 ・消費財 ・調剤 ・包装 ・ワイヤー・ケーブル ・その他 - プラスチック添加物の世界市場:機能別 ・加工助剤 ・性質安定 ・特性調節 ・特性拡張 - プラスチック添加物の世界市場:主要地域別分析 - プラスチック添加物の北米市場規模(アメリカ市場等) - プラスチック添加物のヨーロッパ市場規模 - プラスチック添加物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) …
  • プラスチック用酸化防止剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プラスチック用酸化防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プリマー樹脂別分析、酸化防止剤種類別分析、地域別分析、プラスチック用酸化防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のターボチャージャー市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボチャージャー市場2015について調査・分析し、ターボチャージャーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの電気生理装置市場見通し
  • 介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 木材防腐剤の世界市場予測(~2022年):水性、オイル系、溶剤系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、木材防腐剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、木材防腐剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車トランスミッション市場規模・予測2017-2025:トランスミッションの種類別(マニュアル・オートマチック)、燃料別(ガソリン・ディーゼル)、車種別(乗用車、LCV、ICV、HCV、道路外、建築、防衛・農業用トラクター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車トランスミッション市場について調査・分析し、世界の自動車トランスミッション市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車トランスミッション関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 肉の代用品の世界市場:製品別(豆腐、セイタン、テンペ、クォーン)、原材料別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン)、セグメント予測
    肉の代用品の世界市場は2022年には58億1000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、健康意識の高まりに伴うビーガンの嗜好の高まりが考えられます。本調査レポートでは、肉の代用品の世界市場について調査・分析し、肉の代用品の世界市場動向、肉の代用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別肉の代用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート輸送の世界市場:ソリューション別(交通管理、乗客情報、駐車場、統合監視、その他)、サービス別(クラウド、プロフェッショナル、ビジネス)、地域別予測
    本資料は、スマート輸送の世界市場について調べ、スマート輸送の世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(交通管理、乗客情報、駐車場、統合監視、その他)分析、サービス別(クラウド、プロフェッショナル、ビジネス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート輸送の世界市場概要 ・スマート輸送の世界市場環境 ・スマート輸送の世界市場動向 ・スマート輸送の世界市場規模 ・スマート輸送の世界市場規模:ソリューション別(交通管理、乗客情報、駐車場、統合監視、その他) ・スマート輸送の世界市場規模:サービス別(クラウド、プロフェッショナル、ビジネス) ・スマート輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート輸送の北米市場規模・予測 ・スマート輸送のアメリカ市場規模・予測 ・スマート輸送のヨーロッパ市場規模・予測 ・スマート輸送のアジア市場規模・予測 ・スマート輸送の日本市場規模・予測 ・スマート輸送の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ソーラーアレイ切断スイッチの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ソーラーアレイ切断スイッチの世界市場について調べ、ソーラーアレイ切断スイッチの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソーラーアレイ切断スイッチの市場規模をセグメンテーション別(用途別(ユーティリティ、ノンユーティリティ)、)と地域別(米州、アジア、EMEA)に分けて算出しました。Technavio社はソーラーアレイ切断スイッチの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ソーラーアレイ切断スイッチの市場状況 ・ソーラーアレイ切断スイッチの市場規模 ・ソーラーアレイ切断スイッチの市場予測 ・ソーラーアレイ切断スイッチの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(ユーティリティ、ノンユーティリティ) ・ソーラーアレイ切断スイッチの顧客状況 ・主要地域別市場規模:米州、アジア、EMEA ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のクロム金属粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロム金属粉市場2016について調査・分析し、クロム金属粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"