"世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別(3– 50 KW)、用途別(ホーム&コマーシャル)、流通チャンネル別(アフターマーケット&OE)、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 5554)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別(3– 50 KW)、用途別(ホーム&コマーシャル)、流通チャンネル別(アフターマーケット&OE)、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing focus on R&D activities, rapid development of EV technology, and the ease of charging vehicles are expected to fuel the demand in wireless charging for electric vehicle market.”
The wireless charging for electric vehicle market is projected to grow at a CAGR of 46.8% during the forecast period, from USD 16 million in 2020 to USD 234 million by 2027. The rising demand for BEVs and PHEVs is expected to fuel the overall growth of the wireless charging for electric vehicle market. Increasing R&D investments by manufacturers of wireless charging systems and the growing number of partnerships and joint ventures between major OEMs and domestic players have created growth opportunities in the wireless charging for electric vehicle market. However, the high cost of upgrading to wireless charging technology may restrain the growth of the market. The transmission range of a wireless charger through electromagnetic induction and/or magnetic resonance is limited to a certain distance. This limitation of range poses a serious challenge for manufacturers, especially in case of LCVs and SUVs with high ground clearance.

“>50 KW segment is expected to grow at a significant rate during the forecast period, by power supply range.”
The >50 kW segment of the wireless charging for electric vehicle market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Various incentives are provided for the development of commercial electric vehicles. Moreover, the >50 kW segment focuses on dynamic charging, which is a new and upcoming technology and has not yet commercialized. Thus, the development of dynamic charging is likely to fuel the >50 kW segment in the wireless charging for electric vehicle market.

“Home Charging Station is estimated to be the largest segment of wireless charging for electric vehicle market, by charging station type.”
The rising demand for BEVs and PHEVs has fueled the growth of the wireless charging for electric vehicle market. Growing environmental concerns, rising fossil fuel prices, long-term supply concerns, and improved technology have accelerated the growth of the BEV and PHEV technology. Many OEMs are now offering BEVs and PHEVs equipped with wireless power transfer technology. For instance, the new Toyota Prius, a PHEV by Toyota, is equipped with a new wireless charging system developed by WiTricity Corporation. These developments are expected to drive the home charging station segment.

“Europe is estimated to be the fastest growing region in the wireless charging for electric vehicle market during the forecast period.”
The availability of sound infrastructure and increasing electric vehicles sales in the region are expected to drive the wireless charging for electric vehicle market in Europe. The presence of leading players in the wireless charging for electric vehicle market, such as Robert Bosch GmbH, Continental AG, and HELLA KGaA Hueck & Co, would also drive market growth in the region. The adoption of wireless charging technology by automotive companies such as BMW is also expected to fuel the market during the forecast period.

The study contains insights from various industry experts, ranging from component suppliers to tier 1 companies and OEMs. The break-up of the primaries is as follows:
• By Company Type: Tier 1: 46%, Tier 2: 41%, OEM: 13%
• By Designation: C level: 49%, D level: 42%, Others: 9%
• By Region: North America: 33%, Europe: 52%, Asia Pacific: 13%, RoW: 2%
Major players profiled in the report are:
• Robert Bosch GmbH (Germany)
• Continental AG (Germany)
• WiTricity Corporation (US)
• ZTE Corporation (China)
• HELLA KGaA Hueck & Co. (Germany)
• Bombardier Inc (Canada)
• Toshiba Corporation (Japan)
• Toyota Motor Corporation (Japan)
• HEVO Inc. (US)
• Evatran Group Inc. (US)

Research Coverage:
The report segments the wireless charging for electric vehicle market, by volume and value, on the basis of power supply (3–<11 KW, 11–50 KW, and >50 KW), application (Home charging units, and Public/Commercial charging unit), distribution channel (Aftermarket and OE), component (Base charging pad, Power control unit, and Vehicle charging pad), charging system (Inductive power transfer, Capacitive power transfer, and Magnetic power transfer), charging type (Dynamic and Stationary), propulsion type (Battery electric vehicle (BEV) and Plug-in Hybrid Vehicle (PHEV)), vehicle type (Passenger cars and Commercial Vehicle), and region( Asia Pacific, Europe, North America, and RoW.
The report contains various levels of analysis, including industry analysis, industry trends, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the emerging and high-growth segments of the wireless charging for electric vehicle market, high-growth regions and countries, government initiatives, and market dynamics such as drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to Buy the Report:
The report enables new entrants and smaller firms as well as established firms to understand the market better to help them acquire a larger market share. Firms purchasing the report could use any one or a combination of the 4 strategies (market development, product development/innovation, market diversification, and competitive assessment) mentioned below to strengthen their position in the market.
The report provides insights into the following points:
• Market Penetration: The report offers comprehensive information about the wireless charging for electric vehicle market and the top players in the market.
• Product Development/Innovation: The report provides detailed insights into the upcoming technologies, R&D activities, and new product launches in the wireless charging for electric vehicle market.
• Market Development: The report offers comprehensive information about the wireless charging for electric vehicle market. The report analyzes the wireless charging for electric vehicle market across regions and provides comprehensive information about lucrative emerging markets.
• Market Diversification: The report provides exhaustive information about new products, untapped regional markets, recent developments, and investments in the wireless charging for electric vehicle market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別(3– 50 KW)、用途別(ホーム&コマーシャル)、流通チャンネル別(アフターマーケット&OE)、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions & Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Package Size
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Top-Down Approach
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions & Associated Risks
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Opportunities in the Wireless Charging for Electric Vehicle Market
4.2 Wireless Charging for Electric Vehicle Market Growth Rate, By Region
4.3 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Vehicle Type
4.4 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Propulsion Type
4.5 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Power Supply Type
4.6 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Charging System Type
4.7 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Application Type
4.8 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Charging Type
4.9 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Component Type
4.1 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Distribution Channel Type
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Emission-Free and Safe Electric Vehicles
5.2.1.2 Rapid Development of Fast-Charging Infrastructure for Electric Vehicle
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Upgrading to Wireless Charging Technology
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Support From Government for Wireless Charging
5.2.3.2 New Revenue Pockets in Europe and Asia Pacific
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Minimizing Loss of Efficiency
5.2.4.2 High Investment in Infrastructure for Dynamic Charging
5.3 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, Scenarios (2020–2027)
5.3.1 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, Most Likely Scenario
5.3.2 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, Optimistic Scenario
5.3.3 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, Pessimistic Scenario
6 Industry Trends (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Porter’s 5 Forces Analysis
6.3 Value Chain Analysis
6.3.1 Research & Development
6.3.2 Manufacturing
6.3.3 Product Development & Marketing:
6.3.4 Post-Sales Services:
6.4 Technological Analysis
6.4.1 Wireless Charging System Technology
6.4.1.1 Inductive Coupling
6.4.1.2 Magnetic Wireless Charging
6.4.1.2.1 Magnetic Resonance Coupling
6.4.1.2.2 Magneto Dynamic Coupling (MDC)
6.4.1.3 Capacitive Wireless Power Transfer (CWPT)
7 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Application (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Operational Data
7.2.1 Assumptions & Limitations
7.2.2 Research Methodology for Application Segment
7.3 Commercial Charging Station
7.3.1 Advancements in Technology are Expected to Drive the Market for Commercial Charging Station
7.4 Home Charging Unit
7.4.1 Rising Demand for Electric Passenger Cars is Likely to Drive the Demand for Home Charging Unit
7.5 Key Industry Insights
8 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Component (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.1.1 Assumptions & Limitations
8.1.2 Research Methodology for Component Segment
8.2 Base Charging Pad
8.2.1 Technological Advancements Will Drive the Overall Growth of the Market
8.3 Power Control Unit
8.3.1 Increased Focus on the Development of Wireless Ev Charging Infrastructure is Expected to Drive the Market
8.4 Vehicle Charging Pad
8.4.1 Increasing Sales of Electric Vehicles Would Fuel the Vehicle Charging Pad Segment
8.5 Key Industry Insights
9 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Charging System (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 Operational Data
9.2.1 Assumptions & Limitations
9.2.2 Research Methodology for Charging System Segment
9.3 Magnetic Power Transfer
9.4 Inductive Power Transfer
9.5 Capacitive Power Transfer
9.6 Key Industry Insights
10 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Charging Type (Page No. – 75)
10.1 Introduction
10.2 Operational Data
10.2.1 Assumptions & Limitations
10.2.2 Research Methodology for Charging Segment
10.3 Dynamic Wireless Charging System
10.3.1 Improved Efficiency is Expected to Drive the Dynamic Wireless Charging System Market
10.4 Stationary Wireless Charging System
10.4.1 Increasing Sales of Electric Vehicles is Likely to Drive the Market
10.5 Key Industry Insights
11 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Distribution Channel Type (Page No. – 81)
11.1 Introduction
11.2 Operational Data
11.2.1 Assumptions
11.2.2 Research Methodology for Distribution Channel Segment
11.3 Aftermarket
11.3.1 Increased Compatibility of the Wireless Charging System Will Drive the Aftermarket Segment
11.4 OE
11.4.1 Technological Advancements in Wireless Charging of Electric Vehicles Will Drive the Market
11.5 Key Industry Insights
12 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Power Supply (Page No. – 87)
12.1 Introduction
12.2 Operational Data
12.2.1 Assumptions & Limitations
12.2.2 Research Methodology for Power Supply Segment
12.3 3–<11 Kw
12.3.1 Growing Demand for Home Charging Unit Will Drive the Market
12.4 11–50 Kw
12.4.1 Increasing Focus on Luxury Electric Vehicles Will Fuel Market Growth
12.5 >50 Kw
12.5.1 Development of Wireless Charging Infrastructure for Commercial Vehicles is Expected to Boost Demand
12.6 Key Industry Insights
13 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Vehicle Type (Page No. – 93)
13.1 Introduction
13.2 Operational Data
13.2.1 Assumptions & Limitations
13.2.2 Research Methodology for Vehicle Segment
13.3 Passenger Car (PC)
13.3.1 Easy Operation of Wireless Charging Will Drive the Passenger Car Segment
13.4 Commercial Vehicle (CV)
13.4.1 Electric Bus
13.4.2 Electric Vans
13.4.3 Electric Pick-Up Trucks
13.4.4 Electric Trucks
13.4.5 Technological Advancements Will Improve the Efficiency of Wireless Charging in Commercial Vehicles
13.5 Key Industry Insights
14 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Propulsion Type (Page No. – 100)
14.1 Introduction
14.2 Operational Data
14.2.1 Assumptions & Limitations
14.2.2 Research Methodology for Propulsion Segment
14.3 Battery Electric Vehicle (BEV)
14.3.1 Increasing Sales of BEV Will Boost the Demand for Wireless Charging
14.4 Plug-In Hybrid Electric Vehicle (PHEV)
14.4.1 Rising Popularity of Luxury PHEV is Expected to Drive the Market
14.5 Key Industry Insights
15 Wireless Charging for Electric Vehicle Market, By Region (Page No. – 106)
15.1 Introduction
15.1.1 Increasing Demand for Safe Charging of Electric Vehicles is Expected to Boost the Market
15.2 Asia Pacific
15.2.1 China
15.2.1.1 Increasing Stringency of Emission Regulation Would Drive the Market
15.2.2 India
15.2.2.1 Favorable Government Policies Will Impact the Market Positively
15.2.3 Japan
15.2.3.1 Development of Advanced Ev Technology Will Fuel the Market
15.2.4 South Korea
15.2.4.1 Reduced Price of Components of Wireless Charging System Will Drive the Market
15.3 Europe
15.3.1 Austria
15.3.1.1 Reduced Cost of Batteries Will Increase the Market
15.3.2 Denmark
15.3.2.1 Installation of A Large Number of Ev Charging Stations Will Drive the Market
15.3.3 France
15.3.3.1 Increased Sales of PHEVs and BEVs Would Fuel the Growth of This Region
15.3.4 Germany
15.3.4.1 Presence of Leading Players Will Boost the Market in Germany
15.3.5 The Netherlands
15.3.5.1 Huge Investments in Ev Technology are Expected to Boost the Overall Growth
15.3.6 Norway
15.3.6.1 Rapid Advancements in Wireless Charging System Would Initiate Rapid Growth of the Market
15.3.7 Russia
15.3.7.1 Increasing Focus on Ev Technology is Driving the Demand
15.3.8 Spain
15.3.8.1 Increasing Focus on Low Emission Vehicles is Driving the Demand
15.3.9 Sweden
15.3.9.1 Rapid Advancements in Dynamic Wireless Charging Would Accelerate the Market
15.3.10 Switzerland
15.3.10.1 Increased Purchasing Power Will Boost the Market
15.3.11 UK
15.3.11.1 Increased Financial Support From the Government Would Drive the Market
15.4 North America
15.4.1 Canada
15.4.1.1 Developments in Ev Infrastructure Will Fuel the Growth
15.4.2 Mexico
15.4.2.1 Rising Awareness of Low Emission Vehicles Will Drive the Market
15.4.3 US
15.4.3.1 Presence of Wireless Ev Charging System Manufacturers and Increased Ev Sales Will Boost the Market
15.5 Rest of the World (RoW)
15.5.1 Brazil
15.5.1.1 Increasing Government Support for Electric Vehicles Will Boost the Demand
15.5.2 South Africa
15.5.2.1 Growing Adoption of Ev Technology Will Impact the Market
16 Competitive Landscape (Page No. – 136)
16.1 Overview
16.2 Market Ranking Analysis
16.3 Competitive Scenario
16.3.1 Mergers & Acquisitions
16.3.2 Partnerships/Supply Contracts/Collaborations/Joint Ventures/License Agreements
16.3.3 Expansions
16.4 Competitive Leadership Mapping
16.4.1 Visionary Leaders
16.4.2 Innovators
16.4.3 Dynamic Differentiators
16.4.4 Emerging Companies
16.5 Adjacent Market Players: Competitive Leadership Mapping
16.5.1 Progressive Company
16.5.2 Resposive Companies
16.5.3 Dynamic Companies
16.5.4 Starting Blocks
16.6 Winners vs. Tail-Enders
17 Company Profiles (Page No. – 145)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
17.1 Witricity Corporation
17.2 Mojo Mobility
17.3 Momentum Dynamics Corporation
17.4 Elix Wireless Inc.
17.5 Efacec
17.6 Continental AG
17.7 Robert Bosch GmbH
17.8 Toshiba Corporation
17.9 Toyota Motor Corporation
17.10 Bombardier Inc.
17.11 Hella Kgaa Hueck & Co.
17.12 ZTE Corporation
17.13 Evatran Group Inc.
17.14 HEVO Inc.
17.15 Tgood Electric Co
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
17.16 Key Players From Other Regions
17.16.1 North America.
17.16.1.1 Wave
17.16.1.2 Lear Corporation
17.16.2 Europe
17.16.2.1 BMW
17.16.2.2 Fortum Corporation
17.16.3 Asia Pacific
17.16.3.1 Mitsubishi Electric
17.16.3.2 Hyundai
17.16.4 Rest of the World (RoW)
17.16.4.1 Electreon
17.16.4.2 NXP
17.17 Adjacent Market Players in Electric Vehicle Charging Solutions
17.17.1 North America
17.17.1.1 Leviton
17.17.1.2 Allego
17.17.1.3 Blink Charging
17.17.1.4 Clippercreek
17.17.1.5 Semaconnect
17.17.1.6 Webasto
17.17.1.7 Opconnect
17.17.1.8 EVGO
17.17.1.9 Volta
17.17.1.10 Ev Safe Charge
17.17.1.11 Chargepoint
17.17.1.12 Pulse Charge
17.17.2 Europe
17.17.2.1 New Motion B.V
17.17.2.2 Alfen
17.17.2.3 Ionity
17.17.2.4 Wallbox Ok
17.17.2.5 Heliox
17.17.2.6 Spark Horizon
17.17.2.7 BP Chargemaster
17.17.2.8 POD Point
17.17.2.9 ECOG
18 Recommendations By Marketsandmarkets (Page No. – 196)
18.1 Europe Will Be the Major Market for Wireless Charging of Electric Vehicles
18.2 Home Charging Unit Can Be A Key Focus for Manufacturers
18.3 Conclusion
19 Appendix (Page No. – 197)
19.1 Key Insights of Industry Experts
19.2 Currency
19.3 Discussion Guide
19.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
19.5 Available Customizations
19.6 Related Reports
19.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別(3– 50 KW)、用途別(ホーム&コマーシャル)、流通チャンネル別(アフターマーケット&OE)、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 5554
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車及び輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場:電源別(3– 50 KW)、用途別(ホーム&コマーシャル)、流通チャンネル別(アフターマーケット&OE)、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ダウン症候群(Down Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるダウン症候群(Down Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ダウン症候群(Down Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ダウン症候群(Down Syndrome)の概要 ・ダウン症候群(Down Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のダウン症候群(Down Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ダウン症候群(Down Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • ネパールの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スマートグリッドの世界市場予測(~2023年)
    スマートグリッドの世界市場は、2018年の238億米ドルから2023年には613億米ドルに達し、この期間中20.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマートグリッド運用の効果的な管理、老朽化したグリッドインフラの近代化、および費用対効果の高いサービスを提供できる専門のサービスプロバイダーの必要性が考えれられます。一方で、スマートグリッドテクノロジソリューションの導入にかかる高い初期コストにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、スマートグリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア(AMI、グリッド配電、グリッドネットワーク、グリッド資産、グリッドセキュリティ、変電所自動化、ビリング・CIS)分析、ハードウェア(スマートメーター)分析、サービス(コンサルティング、統合、サポート)分析、スマートグリッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの体外診断(IVD)市場:免疫測定法、臨床化学、分子診断、微生物
  • セルフレジ装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、セルフレジ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、設置方式別分析、モデル種類別分析、地域別分析、セルフレジ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーキング材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ベーキング材料の世界市場について調査・分析し、ベーキング材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ベーキング材料の世界市場:市場動向分析 - ベーキング材料の世界市場:競争要因分析 - ベーキング材料の世界市場:種類別 ベーキングパウダー及びベーキングミックス 食料染料及びフレーバー 生地コンディショナー 乳化剤 酵素 脂質及びショートニング 膨張剤 抗カビ剤 油脂 防腐剤 デンプン 加糖剤 イースト その他 - ベーキング材料の世界市場:用途別 ロール及びパイ ケーキ及びペーストリー パン ビスケット及びクッキー トルティヤ その他の用途 - ベーキング材料の世界市場:主要地域別分析 - ベーキング材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - ベーキング材料のヨーロッパ市場規模 - ベーキング材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ベーキング材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スウェーデンの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 食物繊維の世界市場:不溶性食物繊維、可溶性食物繊維
    当調査レポートでは、食物繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食物繊維の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の垂直回転式噴霧器市場2015
    本調査レポートでは、世界の垂直回転式噴霧器市場2015について調査・分析し、垂直回転式噴霧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用半導体の世界市場:プロセッサー、アナログIC、ディスクリートパワーデバイス、センサー、メモリー
    当調査レポートでは、自動車用半導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成品別分析、車両種類別分析、燃料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアフィルター用カートリッジの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エアフィルター用カートリッジの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアフィルター用カートリッジ市場規模、エンドユーザー別(工業用、商業用、住居用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場概要 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場環境 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場動向 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場規模 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場:業界構造分析 ・エアフィルター用カートリッジの世界市場:エンドユーザー別(工業用、商業用、住居用) ・エアフィルター用カートリッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアフィルター用カートリッジの北米市場規模・予測 ・エアフィルター用カートリッジのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアフィルター用カートリッジのアジア太平洋市場規模・予測 ・エアフィルター用カートリッジの主要国分析 ・エアフィルター用カ …
  • ビルエネルギー管理サービスのインド市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルエネルギー管理サービスのインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルエネルギー管理サービスのインド市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 海軍ISRの世界市場
    当調査レポートでは、海軍ISRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海軍ISRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グルコースバイオセンサの世界市場
    当調査レポートでは、グルコースバイオセンサの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・グルコースバイオセンサの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサの世界市場:種類別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・グルコースバイオセンサのアメリカ市場規模予測 ・グルコースバイオセンサのヨーロッパ市場規模予測 ・グルコースバイオセンサのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場:種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)、地域別予測
    本資料は、G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場について調べ、G-CSF製剤バイオシミラーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ヒト成長ホルモン、エリスロポエチン、モノクローナル抗体、インスリン、インターフェロン、顆粒球コロニー刺激因子)分析、用途別(血液疾患、腫瘍性疾患、慢性・自己免疫疾患、成長ホルモン欠乏症)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPfizer 、Novartis、Roche、Merck & Co.、Sanofi、Johnson & Johnson、Gilead Science、GlaxoSmithKline、AbbVie、Amgen、AstraZeneca 、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場概要 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場環境 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場動向 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場規模 ・G-CSF製剤バイオシミラーの世界市場 …
  • 鉄道車両用バッテリーの世界市場:電車用、貨車用、機関車用
    当調査レポートでは、鉄道車両用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両用バッテリーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)
    MarketsandMarkets社は、動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサーの世界市場規模が2019年139億ドルから2024年185億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(非抗生物質増殖促進剤およびパフォーマンスエンハンサー、抗生物質増殖促進剤)分析、動物種類別(家禽、豚、家畜、水生動物、その他の動物)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:種類別(非抗生物質増殖促進剤およびパフォーマンスエンハンサー、抗生物質増殖促進剤) ・世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:動物種類別(家禽、豚、家畜、水生動物、その他の動物) ・世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 飼料用リン酸塩の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料用リン酸塩の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料用リン酸塩の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、買掛金 (AP) 自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、組織規模別分析、展開タイプ別分析、産業別(BFSI、IT&テレコム、製造、消費財&小売、ヘルスケア、エネルギー&ユーティリティ)分析、買掛金 (AP) 自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、買掛金 (AP) 自動化の世界市場規模が2019年17億ドルから2024年30億ドルまで年平均12.1%成長すると予測しています。
  • チタン延伸材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チタン延伸材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チタン延伸材の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中電圧モーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中電圧モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中電圧モーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 中電圧モーターは、出力範囲が25MWから75MWで駆動するモーターです。中電圧モーターは、様々な生産工程において非常に有益です。具体例としては、器具の負荷を下げ、騒音レベルを下げ、炭素放出量を下げ、エンドユーザーの工程の管理を容易にし、機械的なメンテナンスを最小限に抑え、有害業務を容易にすることが挙げられます。Technavio社は中電圧モーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• WEG• GE• TOSHIBA• TECO-Westinghouse 等です。
  • ソフトコンタクトレンズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソフトコンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトコンタクトレンズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 性器疣贅(尖圭コンジローム):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における性器疣贅(尖圭コンジローム)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・性器疣贅(尖圭コンジローム)の概要 ・性器疣贅(尖圭コンジローム)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬開発 …
  • 医療用ロボットの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 製造モニタリングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、製造モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、ソリューション別分析、サービス別(プロフェッショナル、マネージド)分析、組織サイズ別分析、製造モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛)の概要 ・ネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ネザートン症候群(重積裂毛症、竹状毛)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 世界のUSBフラッシュドライブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のUSBフラッシュドライブ市場2016について調査・分析し、USBフラッシュドライブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテンツ保護の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンテンツ保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテンツ保護の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコンテンツ保護の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.93%成長すると予測しています。
  • レベルセンサの世界市場予測(~2023年):磁歪式、振動プローブ、超音波式、光学式
    当調査レポートでは、レベルセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、レベルセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トール様受容体5アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体5アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体5アゴニストの概要 ・トール様受容体5アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体5アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体5アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体5アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 北米の血栓管理装置市場(~2021)
  • 世界の乳糖市場2016
    本調査レポートでは、世界の乳糖市場2016について調査・分析し、乳糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アトピー性皮膚炎治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アトピー性皮膚炎治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アトピー性皮膚炎治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、ROA別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カンジダ症(Candidiasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、カンジダ症(Candidiasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カンジダ症(Candidiasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・カンジダ症(Candidiasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・カンジダ症(Candidiasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・カンジダ症(Candidiasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・カンジダ症(Candidiasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のカンジダ症(Candidiasis)治療薬剤
  • ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場について調査・分析し、ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:市場動向分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:競争要因分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:ソフトウェアタイプ別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:ハードウェア装置別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ビッグデータ分析&Hadoopの北米市場規模・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの欧州市場・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopのアジア市場・分析 ・ビッグデータ分析&Hadoopの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートフォン用パワーマネジメントIC市場規模、価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場概要 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場環境 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場動向 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場規模 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:業界構造分析 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:価格帯別(中価格帯、低価格帯、高価格帯) ・スマートフォン用パワーマネジメントICの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートフォン用パワーマネジメントICの北米市場規模・予測 ・スマートフォン用パワーマネジメントICのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートフォン用 …
  • 世界のタンパク質アッセイ市場規模・予測2017-2025:商品別(試薬、キット、機器)、種類別(色素結合、試験紙、銅イオン)、用途別(創薬&開発、病状診断)、技術別(蛍光ベース、比色分析)、エンドユーザー別(医薬品、臨床ラボ、病院、学術研究機関)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のタンパク質アッセイ市場について調査・分析し、世界のタンパク質アッセイ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のタンパク質アッセイ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ガスメーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ガスメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスメーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、精密養殖の世界市場規模が2019年398百万ドルから2024年764百万ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の精密養殖市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他)分析、用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の精密養殖市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界の精密養殖市場:システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他) ・世界の精密養殖市場:用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他) ・世界の精密養殖市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬市場規模、治療薬別(抗精神病治療薬、抗うつ薬、その他治療薬)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allergan, GlaxoSmithKline, Janssen Pharmaceuticals, Pfizer, UCBなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場概要 ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場環境 ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場動向 ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場規模 ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場:業界構造分析 ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場:治療薬別(抗精神病治療薬、抗うつ薬、その他治療薬) ・自閉症スペクトラム障害(ASD)治療薬の世界市場:地域別市場 …
  • 世界のデータセンターUPS市場規模・予測、2017-2025:技術別(ラインインタラクティブ方式、ダブルコンバージョンオンライン方式)、商品別(小データセンター、中データセンター、大データセンター)、用途別(クラウド格納、ERPシステム、データ倉庫、ファイルサーバー、アプリケーションサーバー、CRMシステム)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターUPS市場について調査・分析し、世界のデータセンターUPS市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターUPS関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • セラミックタイルの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、セラミックタイルの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、テストサービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 架橋ポリエチレンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、架橋ポリエチレンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、架橋ポリエチレン市場規模、用途別(配管、電気ケーブル、自動車部品、その他)分析、技術別分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・架橋ポリエチレンの世界市場概要 ・架橋ポリエチレンの世界市場環境 ・架橋ポリエチレンの世界市場動向 ・架橋ポリエチレンの世界市場規模 ・架橋ポリエチレンの世界市場:業界構造分析 ・架橋ポリエチレンの世界市場:用途別(配管、電気ケーブル、自動車部品、その他) ・架橋ポリエチレンの世界市場:技術別 ・架橋ポリエチレンの世界市場:製品別 ・架橋ポリエチレンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・架橋ポリエチレンのアメリカ市場規模・予測 ・架橋ポリエチレンのヨーロッパ市場規模・予測 ・架橋ポリエチレンのアジア市場規模・予測 ・架橋ポリエチレンの主要国分析 ・架橋ポリエチレンの世界市場:意思決定フレームワーク ・架橋ポリエチレンの世界 …
  • 内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場について調査・分析し、内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別内視鏡洗浄-殺菌機シェア、市場規模推移、市場規模予測、内視鏡洗浄-殺菌機種類別分析(単室型、複室型)、内視鏡洗浄-殺菌機用途別分析(病院、外来手術センター、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・内視鏡洗浄-殺菌機の市場概観 ・内視鏡洗浄-殺菌機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・内視鏡洗浄-殺菌機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・内視鏡洗浄-殺菌機の世界市場規模 ・内視鏡洗浄-殺菌機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・内視鏡洗浄-殺菌機のアメリカ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のカナダ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のメキシコ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・内視鏡洗浄-殺菌機のドイツ市場規模推移 ・内視鏡洗浄-殺菌機のイギリス市場規模推 …
  • 血漿分画の世界市場予測(~2024年)
    血漿分画の世界市場は、2019年の254億米ドルから2024年には349億米ドルに達し、この期間中6.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな治療分野における免疫グロブリンの使用の増加、血漿採取(および血漿採取センターの数)の増加、α1-アンチトリプシンの使用の増加などが考えられます。一方で、血漿生成物の高コスト、限られた保険償還、および遺伝子組み換え型血液製剤の代替品の出現により、市場の成長は抑制されると予想されます。当調査レポートでは、血漿分画の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(IVIG、アルブミン、第VIII因子、フォン・ヴィレブランド因子、PCC、プロテアーゼ阻害剤)分析、用途(免疫、血液、クリティカルケア、リウマチ)分析、エンドユーザー(病院、診療所、学術機関) 分析、血漿分画の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の直線加速器市場2015
    本調査レポートでは、世界の直線加速器市場2015について調査・分析し、直線加速器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの外傷固定装置市場見通し
  • プロバイオティクスの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、プロバイオティクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・プロバイオティクスの世界市場:市場動向分析 ・プロバイオティクスの世界市場:競争要因分析 ・プロバイオティクスの世界市場:菌種別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・プロバイオティクスの北米市場規模 ・プロバイオティクスの欧州市場規模 ・プロバイオティクスのアジア市場規模 ・プロバイオティクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"