"世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growth in the OTT services market with flexibility and ease-of-use to offer seamless customer experience”
The global Over-The-Top (OTT) services market size is expected to grow from USD 81.6 billion in 2019 to USD 156.9 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 14.0% during the forecast period. The major factors driving the growth of the OTT services market include internet proliferation with penetration of smart devices along with flexibility and ease-of-use to offer seamless customer experience.

“Video on Demand (VoD) type segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
The flexibility, comfort, and personalization of content have driven the adoption of VoD services. Home entertainment has made its way via streaming services, enabling customers to consume the offered content depending on their preferred choice of genre, comfort, freedom, and flexibility. Viewers are further provided with a plethora of choices, with titles from diverse genres within the vast library to choose from at any given time. Owing to this ease-of-use and flexibility, viewers can have a seamless experience.

“Smartphones and Tablets streaming devices segment to lead the OTT services market in 2019”
The rising penetration of high-speed data networks and mobile subscriptions, mass adoption of mobile-connected devices, and fresh features, as well as advanced capabilities in smartphones, are some of the biggest catalysts for the growth of the global OTT services market with regards to streaming content. Growing penetration of the internet, ongoing demand for OTT services, demand for a platform for streaming content, and high traction among customers to share rich media content are expected to drive the OTT services market.

“Subscription-based monetization model segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Subcription VoD (SVoD) players, such as Hulu, Amazon, and Netflix, have over 158 million paid memberships across 190 countries. The platform offers TV series, documentaries, and feature films across a wide variety of genres and languages. In the OTT services market space, the SVoD platform enables end users to pay monthly/yearly fees to access its services. The subscription sales include fees associated with memberships and access to content, including audiobooks, digital videos, eBooks, and digital music.

“Media and entertainment service verticals segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
With the digitalization of media and entertainment mediums, the consumers’ appetite for gaining access to the right information or preferred channels is growing increasingly. The players in the media and entertainment service vertical seek to interact with their consumers to achieve deeper customer engagement. Enterprises can easily communicate with their customers via messaging services. By utilizing OTT messaging services, enterprises can interact with their consumers to deliver media and advertising content via rich messaging channels.

“APAC OTT services market to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Major economies in the Asia Pacific (APAC) include China, India, Australia, and Japan. The proliferation of smart devices, broadband, and internet connectivity, which is augmented by the emergence of advanced technologies, such as 5G, 4G, developed payment infrastructure, and a dynamic local content ecosystem, is driving the OTT services market forward. In APAC countries, VoD players such as YouTube, iQiyi, Tencent Video, Youku, ByteDance, Netflix, Amazon, Hotstar, and Hulu Japan, will account to a major share of revenue along with the huge penetration of instant messaging apps, such as WhatsApp, Facebook Messenger, Line, and WeChat.

• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 40%, Directors – 35%, Managers-15% and Others – 10%
• By Region: North America – 45%, Europe – 15%, APAC – 30%, and RoW – 10%.
Some prominent players across all service types profiled in the study include Facebook (US), Netflix (US), Amazon (US), Microsoft (US), Google (US), YouTube (US), Apple (US), Home Box Office (US), Roku (US), IndieFlix (US), Vudu (US), Hulu (US), Tencent (China), Rakuten (Japan), Kakao (South Korea), and Line (Japan).

Research Coverage
The market study covers the OTT services market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of the market across different segments, such as type (online gaming, music streaming, VoD, communications, and others), streaming devices (smartphones and tablets, desktops and laptops, and IPTV and consoles), monetization model (subscription-based, advertising-based, and transaction-based), service vertical (media and entertainment, education and learning, service utilities, and gaming). The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall OTT services market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primaries
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Over-the-Top Services Market
4.2 Over-the-Top Services Market, By Monetization Model, 2019
4.3 North America: Market, By Streaming Device and Monetization Model, 2019
4.4 Asia Pacific: Market, By Streaming Device and Monetization Model, 2019
5 OTT Services Market Overview and Industry Trends (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Flexibility and Ease-Of-Use to Offer Seamless Customer Experience
5.2.1.2 Internet Proliferation With Penetration of Smart Devices
5.2.1.3 Global and Local Players Offering Freemium Models in Price-Sensitive Markets
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Disparity in Opinion Between Producers and Aggregators Over Licensed Business Model
5.2.2.2 Threat to Privacy of Content Consumption and Security of User Database Due to Spyware
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Mergers With National Producers and Film Studios Across Regions for the Svod Model
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complex IP, Government Regulatory Frameworks, and Licensing Regimes Across Regions
6 Over-the-Top Services Market, By Monetization Model (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Subscription-Based
6.2.1 Billing as Per Services Opted By Customers to Drive the Demand for OTT Services
6.3 Advertising-Based
6.3.1 Higher Penetration of Internet and Use of Mobile Devices to Increase the Adoption of OTT Services
6.4 Transaction-Based
6.4.1 Attractive Video Packages Through Transaction-Based Monetization Model to Propel the Adoption of OTT Services
7 Over-the-Top Services Market, By Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Online Gaming
7.2.1 Growing Demand for Online Games in Hd Quality to Drive the Growth of the Online Gaming Segment
7.3 Music Streaming
7.3.1 Subscription and Transaction-Based Monetization Models are Highly Embraced By End Users With Regards to Music Streaming
7.4 Video on Demand
7.4.1 Flexibility, Comfort, and Personalization of Content to Drive the Adoption of VOD Services
7.5 Communication
7.5.1 Rich Communication Services to Support Market Growth for the Communication Segment Globally
7.6 Others
8 Over-the-Top Services Market, By Streaming Device (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Smartphones and Tablets
8.2.1 Growing Internet Penetration to Lead to Increased Number of Smartphones, Contributing to the Overall Market Growth
8.3 Desktops and Laptops
8.3.1 Growing Need to View Hd Content on Bigger Screens and Multitasking Habits of Customers to Support Market Growth of Content Viewing on Desktops and Laptops
8.4 Internet Protocol Television and Consoles
8.4.1 Growth of the Gaming Industry to Boost the Adoption of Internet Protocol Television and Consoles for Streaming Over-the-Top Services
9 Over-the-Top Services Market, By Service Vertical (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.2 Media and Entertainment
9.2.1 Growing Internet Penetration and Increasing Demand for Entertainment in the Media and Entertainment Vertical
9.3 Education and Learning
9.3.1 Emergence of Smart Education System and Diverse Learning Needs of Online Learners to Drive the Market Growth in the Education and Learning Sector
9.4 Gaming
9.4.1 Growing Traction Among Millennials to Boost the Gaming Vertical in the Market
9.5 Service Utilities
9.5.1 Growing Demand for On-The-Go Services on Handheld Devices to Boost Service Utilities Adoption
10 Over-the-Top Services Market, By Region (Page No. – 61)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 North America: Over-the-Top Market Drivers
10.2.2 North America: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.2.3 United States
10.2.4 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Europe: Over-the-Top Market Drivers
10.3.2 Europe: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.3.3 United Kingdom
10.3.4 Germany
10.3.5 France
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific: Over-the-Top Market Drivers
10.4.2 Asia Pacific: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.4.3 China
10.4.4 Japan
10.4.5 India
10.4.6 Australia and New Zealand
10.4.7 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Latin America: Over-the-Top Market Drivers
10.5.2 Latin America: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.5.3 Mexico
10.5.4 Brazil
10.5.5 Rest of Latin America
10.6 Middle East and Africa
10.6.1 Middle East and Africa: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.6.2 Middle East: Over-the-Top Market Drivers
10.6.3 Africa: Over-the-Top Market Drivers
11 Competitive Landscape (Page No. – 98)
11.1 Overview
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Partnerships
11.2.2 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 102)
(Business Overview, Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Netflix
12.2 Amazon
12.3 Google
12.4 Apple
12.5 Facebook
12.6 Youtube
12.7 Hbo
12.8 Microsoft
12.9 Hulu
12.10 Indieflix
12.11 Vudu
12.12 Roku
12.13 Tencent
12.14 Rakuten
12.15 Kakao
12.16 Line
12.17 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 133)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 地理空間分析の世界市場:地表面分析、ネットワーク分析、ジオビジュアライゼーション
    当調査レポートでは、地理空間分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空気圧装置の世界市場:空気圧シリンダ、空気圧弁、空気圧エンジン・モータ
    当調査レポートでは、空気圧装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気圧装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 世界の三酸化モリブデン市場2015
    本調査レポートでは、世界の三酸化モリブデン市場2015について調査・分析し、三酸化モリブデンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性用アパレルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性用アパレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用アパレルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 暗号化USBフラッシュメモリの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、暗号化USBフラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、暗号化USBフラッシュメモリの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別暗号化USBフラッシュメモリシェア、市場規模推移、市場規模予測、暗号化USBフラッシュメモリ種類別分析(ソフトウェアベース、ハードウェアベース)、暗号化USBフラッシュメモリ用途別分析(政府・軍事、金融、企業、個人)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・暗号化USBフラッシュメモリの市場概観 ・暗号化USBフラッシュメモリのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・暗号化USBフラッシュメモリのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・暗号化USBフラッシュメモリの世界市場規模 ・暗号化USBフラッシュメモリの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・暗号化USBフラッシュメモリのアメリカ市場規模推移 ・暗号化USBフラッシュメモリのカナダ市場規模推移 ・暗号化USBフラッシュメモリのメキシコ市場規模推移 ・暗号化USBフラッシュメモリのヨ …
  • エモリエント・エステルの世界市場:イソプロピルミリステート、C12-15安息香酸アルキル、カプリル酸トリグリセリド、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸ミリスチル
    当調査レポートでは、エモリエント・エステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPVBフィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界のPVBフィルム市場2015について調査・分析し、PVBフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヴァーチャルリアリティ(VR)の世界市場分析:機器別、コンポーネント別、用途別(航空宇宙・防衛、商業、家庭用電化製品、工業、医療)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヴァーチャルリアリティ(VR)の世界市場について調査・分析し、ヴァーチャルリアリティ(VR)の世界市場動向、ヴァーチャルリアリティ(VR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヴァーチャルリアリティ(VR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の人工骨補填材市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工骨補填材のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工骨補填材の概要 ・人工骨補填材の開発動向:開発段階別分析 ・人工骨補填材の開発動向:セグメント別分析 ・人工骨補填材の開発動向:領域別分析 ・人工骨補填材の開発動向:規制Path別分析 ・人工骨補填材の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工骨補填材の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工骨補填材の最近動向
  • 大気炉の世界市場予測2019-2024
    「大気炉の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、水平、垂直など、用途別には、Aerospace Industry、Automotive Industry、Steel Industry、Food Industry、Medical Industry、Paint Industry、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。大気炉のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・大気炉の世界市場概要(サマリー) ・大気炉の企業別販売量・売上 ・大気炉の企業別市場シェア ・大気炉の世界市場規模:種類別(水平、垂直) ・大気炉の世界市場規模:用途別(Aerospace Industry、Automotive Industry、Steel Industry、Food Industry、Medical Industry、Paint Industry、Other) ・大気炉の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・大気炉のアジ …
  • アジア太平洋の美白製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の美白製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の美白製品市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 足白癬治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、足白癬治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、足白癬治療の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 中国のオンライン宝くじ市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のオンライン宝くじ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のオンライン宝くじ市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の細管レオメーター市場2016
    本調査レポートでは、世界の細管レオメーター市場2016について調査・分析し、細管レオメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コイルドチュービング(CT)の世界市場分析:サービス別(井戸完了、井戸洗浄、掘削)、オペレーション別(循環/水除去、ポンプ、ロギング、穿孔)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コイルドチュービング(CT)の世界市場について調査・分析し、コイルドチュービング(CT)の世界市場動向、コイルドチュービング(CT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別コイルドチュービング(CT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用エアコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用エアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用エアコンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場予測2019-2024
    「APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、APAP装置、APAPマスクなど、用途別には、Intensive Care、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。APAP(自動気道陽圧)装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場概要(サマリー) ・APAP(自動気道陽圧)装置の企業別販売量・売上 ・APAP(自動気道陽圧)装置の企業別市場シェア ・APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場規模:種類別(APAP装置、APAPマスク) ・APAP(自動気道陽圧)装置の世界市場規模:用途別(Intensive Care、Home Use) ・APAP(自動気道陽圧)装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・APAP(自動気道陽圧)装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・APAP(自動気道陽圧)装置の欧州市 …
  • 糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の概要 ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬の評価    …
  • 全身スキャナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、全身スキャナーの世界市場について調査・分析し、全身スキャナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別全身スキャナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、全身スキャナー種類別分析(X線スキャナ、ミリ波パッシブ撮像装置 )、全身スキャナー用途別分析(工業用、公共用、刑務所用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・全身スキャナーの市場概観 ・全身スキャナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・全身スキャナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・全身スキャナーの世界市場規模 ・全身スキャナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・全身スキャナーのアメリカ市場規模推移 ・全身スキャナーのカナダ市場規模推移 ・全身スキャナーのメキシコ市場規模推移 ・全身スキャナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・全身スキャナーのドイツ市場規模推移 ・全身スキャナーのイギリス市場規模推移 ・全身スキャナーのロシア市場規模推移 ・全身スキャナー …
  • 口腔内カメラの世界市場:有線、ワイヤレス
    当調査レポートでは、口腔内カメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、口腔内カメラ市場規模、製品別(有線、ワイヤレス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ACTEON, Carestream Health, Danaher, Dentsply Sironaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・口腔内カメラの世界市場概要 ・口腔内カメラの世界市場環境 ・口腔内カメラの世界市場動向 ・口腔内カメラの世界市場規模 ・口腔内カメラの世界市場:業界構造分析 ・口腔内カメラの世界市場:製品別(有線、ワイヤレス) ・口腔内カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・口腔内カメラの北米市場規模・予測 ・口腔内カメラのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・口腔内カメラのアジア太平洋市場規模・予測 ・口腔内カメラの主要国分析 ・口腔内カメラの世界市場:意思決定フレームワーク ・口腔内カメラの世界市場:成長要因、課題 ・口腔内カメラの世界市場:競争環境 …
  • クラウドファンディングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドファンディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドファンディングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データセンター用水冷の世界市場:水冷ソリューション別(間接水冷、直接水冷)、サービス別(設計・コンサルティング、設置・展開、サポート・保守)、データセンター別、産業別、地域別予測
    本資料は、データセンター用水冷の世界市場について調べ、データセンター用水冷の世界規模、市場動向、市場環境、水冷ソリューション別(間接水冷、直接水冷)分析、サービス別(設計・コンサルティング、設置・展開、サポート・保守)分析、データセンター別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データセンター用水冷の世界市場概要 ・データセンター用水冷の世界市場環境 ・データセンター用水冷の世界市場動向 ・データセンター用水冷の世界市場規模 ・データセンター用水冷の世界市場規模:水冷ソリューション別(間接水冷、直接水冷) ・データセンター用水冷の世界市場規模:サービス別(設計・コンサルティング、設置・展開、サポート・保守) ・データセンター用水冷の世界市場規模:データセンター別 ・データセンター用水冷の世界市場規模:産業別 ・データセンター用水冷の世界市場:地域別市場規模・分析 ・データセンター用水冷の北米市場規模・予測 ・データセンター用水冷のア …
  • 太陽熱の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、太陽熱の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、太陽熱市場規模、用途別(発熱、発電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abengoa, ACCIONA, Bosch Thermotechnology, GREENoneTEC, Viessmannなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・太陽熱の世界市場概要 ・太陽熱の世界市場環境 ・太陽熱の世界市場動向 ・太陽熱の世界市場規模 ・太陽熱の世界市場:業界構造分析 ・太陽熱の世界市場:用途別(発熱、発電) ・太陽熱の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽熱の北米市場規模・予測 ・太陽熱のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・太陽熱のアジア太平洋市場規模・予測 ・太陽熱の主要国分析 ・太陽熱の世界市場:意思決定フレームワーク ・太陽熱の世界市場:成長要因、課題 ・太陽熱の世界市場:競争環境 ・太陽熱の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ロードセルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ロードセルの世界市場について調査・分析し、ロードセルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ロードセルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ロードセル種類別分析(シングルポイントロードセル、圧縮ロードセル、shear beamロードセル、S型ロードセル、その他)、ロードセル用途別分析(工業、医療、小売、輸送、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ロードセルの市場概観 ・ロードセルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ロードセルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ロードセルの世界市場規模 ・ロードセルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ロードセルのアメリカ市場規模推移 ・ロードセルのカナダ市場規模推移 ・ロードセルのメキシコ市場規模推移 ・ロードセルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ロードセルのドイツ市場規模推移 ・ロードセルのイギリス市場規模推移 ・ロードセルのロシア市場規模推移 ・ロードセルのアジ …
  • 産業用湿度分析計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用湿度分析計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用湿度分析計市場規模、種類別(卓上型、手持ち型、インライン/オンライン型)分析、最終用途別(食品・飲料、化学・石油化学、水・排水処理、プラスチック・ポリマー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用湿度分析計の世界市場概要 ・産業用湿度分析計の世界市場環境 ・産業用湿度分析計の世界市場動向 ・産業用湿度分析計の世界市場規模 ・産業用湿度分析計の世界市場:業界構造分析 ・産業用湿度分析計の世界市場:種類別(卓上型、手持ち型、インライン/オンライン型) ・産業用湿度分析計の世界市場:最終用途別(食品・飲料、化学・石油化学、水・排水処理、プラスチック・ポリマー、その他) ・産業用湿度分析計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用湿度分析計のアメリカ市場規模・予測 ・産業用湿度分析計のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用湿度分析計のアジア市場規模 …
  • RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場について調べ、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場規模をセグメンテーション別(用途別(病院および診断センター、血液バンク、その他)、製品別、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はRFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均20%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場状況 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場規模 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場予測 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(病院および診断センター、血液バンク、その他) ・市場セグメンテーション:製品別 ・RFID血液保冷庫及び冷凍庫の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状 …
  • 世界のダイヤモンド採掘市場2020
  • 世界のスマート鉄道システム市場:製品別、地域別
    本調査レポートはスマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ソリューション、構成部品、サービス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマート鉄道システムの世界市場:製品別(ソリューション、構成部品、サービス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 荷役機械の世界市場分析:製品別(貯蔵・取扱機器、自動貯蔵・回収システム、産業用トラック、バルク材料処理機器)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、荷役機械の世界市場について調査・分析し、荷役機械の世界市場動向、荷役機械の世界市場規模、市場予測、セグメント別荷役機械市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ライノウイルス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界の澱粉誘導体市場:マルトデキストリン、シクロデキストリン、ブドウ糖果糖液糖、化工澱粉
  • アジアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の動力付き農業機械市場
    本調査レポートでは、世界の動力付き農業機械市場について調査・分析し、世界の動力付き農業機械市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 表面消毒剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、表面消毒剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、組成別(4級アンモニウム、アルコール、塩素、過酸化水素)分析、種類別(液体、スプレー、ワイプ)分析、用途別(インハウス、機器)分析、エンドユーザー別(病院、診断、研究所)分析、表面消毒剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、表面消毒剤の世界市場規模が2019年837百万ドルから2024年1252百万ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。
  • 世界のドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウ市場2016
    本調査レポートでは、世界のドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウ市場2016について調査・分析し、ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 双方向型キオスクの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、双方向型キオスクの世界市場について調査・分析し、双方向型キオスクの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 双方向型キオスクの世界市場:市場動向分析 - 双方向型キオスクの世界市場:競争要因分析 - 双方向型キオスクの世界市場:産業別 ・小売 ・輸送 ・行政 ・銀行・金融 ・娯楽 ・医療 ・接客 ・その他 - 双方向型キオスクの世界市場:種類別 ・セルフサービス式キオスク ・販売キオスク ・現金自動預け払い機(ATM) - 双方向型キオスクの世界市場:構成機器別 ・ソフトウェア構成機器・サービス ・ハードウェア構成機器 - 双方向型キオスクの世界市場:主要地域別分析 - 双方向型キオスクの北米市場規模(アメリカ市場等) - 双方向型キオスクのヨーロッパ市場規模 - 双方向型キオスクのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・双方向型キオスクの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 軍用スマートテキスタイルの世界市場2016-2020:アクティブスマートテキスタイル、パッシブスマートテキスタイル、ウルトラスマートテキスタイル
    当調査レポートでは、軍用スマートテキスタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用スマートテキスタイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ナノファイバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナノファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ナノファイバーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 美容レーザーの世界市場予測:CO2レーザー、Er:YAGレーザー、ダイオードレーザー、Nd:YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、パルス色素レーザー
    当調査レポートでは、美容レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、美容レーザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイヤモンド採掘の世界市場:宝石細工、産業用途
    当調査レポートでは、ダイヤモンド採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ダイヤモンド採掘の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肉種判別検査の世界市場予測(~2022):種別(ウシ、イノシシ、ニワトリ、ウマ、ヒツジ)、技術別(ポリメラーゼ連鎖反応PCR、ELISA、分子診断)、形態別(未加工、調理済、加工済)、地域別
    当調査レポートでは、肉種判別検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、形態別分析、地域別分析、肉種判別検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの心臓補助装置市場(~2021)
  • 医薬品偽造防止技術の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、医薬品偽造防止技術の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 医薬品偽造の概要 3. 医薬品偽造防止技術の世界市場 2016-2026 4. 医薬品バーコード市場 2016-2026 5. 医薬品RFID2次市場 2016-2026 6. 医薬品タガント2次市場 2016-2026 7. 医薬品ホログラム/OVD市場 2016-2026 8. その他の医薬品偽造防止技術市場: 売上予測 2016-2026 9. 医薬品偽造防止技術の国別市場 2016-2026 10. 医薬品偽造防止市場のパイプライン 11. 医薬品偽造防止市場における主要企業 12. 医薬品偽造防止技術市場の定性分析 2016-2026 13. 調査インタビュー 14. 結論
  • ポンペ病(Pompe Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポンペ病(Pompe Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポンペ病(Pompe Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ポンペ病(Pompe Disease)の概要 ・ポンペ病(Pompe Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のポンペ病(Pompe Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポンペ病(Pompe Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 世界のワイヤレス充電器市場2015
    本調査レポートでは、世界のワイヤレス充電器市場2015について調査・分析し、ワイヤレス充電器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭蓋内圧モニターの世界市場
    当調査レポートでは、頭蓋内圧モニターの世界市場について調査・分析し、頭蓋内圧モニターの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • 自動車用車内装飾材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用車内装飾材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用車内装飾材料市場規模、車両種類別(大型車、小型車)分析、統合技術別(換気シート、従来型シート、スマートシート)分析、生地種類別(織物、非織物)分析、原料種類別(ビニール、織物、皮革、綿、その他)分析、用途別(天井張り、床張りカーペット、サンバイザー用ライニング、サイド用ライニング、トランク内、シートカバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用車内装飾材料の世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用車内装飾材料の世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用車内装飾材料の世界市場:車両種類別(大型車、小型車) ・ 自動車用車内装飾材料の世界市場:統合技術別(換気シート、従来型シート、スマートシート) ・ 自動車用車内装飾材料の世界市場:生地種類別(織物、非織物) ・ 自動車用車内装飾材料の世界市場:原料種類別(ビニール、織物、皮革、綿、その他) ・ 自動車用 …
  • 業務用テレマティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用テレマティクスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用テレマティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• MiX Telematics,• TomTom Telematics, • Trimble, • Verizon等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"