"世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growth in the OTT services market with flexibility and ease-of-use to offer seamless customer experience”
The global Over-The-Top (OTT) services market size is expected to grow from USD 81.6 billion in 2019 to USD 156.9 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 14.0% during the forecast period. The major factors driving the growth of the OTT services market include internet proliferation with penetration of smart devices along with flexibility and ease-of-use to offer seamless customer experience.

“Video on Demand (VoD) type segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
The flexibility, comfort, and personalization of content have driven the adoption of VoD services. Home entertainment has made its way via streaming services, enabling customers to consume the offered content depending on their preferred choice of genre, comfort, freedom, and flexibility. Viewers are further provided with a plethora of choices, with titles from diverse genres within the vast library to choose from at any given time. Owing to this ease-of-use and flexibility, viewers can have a seamless experience.

“Smartphones and Tablets streaming devices segment to lead the OTT services market in 2019”
The rising penetration of high-speed data networks and mobile subscriptions, mass adoption of mobile-connected devices, and fresh features, as well as advanced capabilities in smartphones, are some of the biggest catalysts for the growth of the global OTT services market with regards to streaming content. Growing penetration of the internet, ongoing demand for OTT services, demand for a platform for streaming content, and high traction among customers to share rich media content are expected to drive the OTT services market.

“Subscription-based monetization model segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Subcription VoD (SVoD) players, such as Hulu, Amazon, and Netflix, have over 158 million paid memberships across 190 countries. The platform offers TV series, documentaries, and feature films across a wide variety of genres and languages. In the OTT services market space, the SVoD platform enables end users to pay monthly/yearly fees to access its services. The subscription sales include fees associated with memberships and access to content, including audiobooks, digital videos, eBooks, and digital music.

“Media and entertainment service verticals segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
With the digitalization of media and entertainment mediums, the consumers’ appetite for gaining access to the right information or preferred channels is growing increasingly. The players in the media and entertainment service vertical seek to interact with their consumers to achieve deeper customer engagement. Enterprises can easily communicate with their customers via messaging services. By utilizing OTT messaging services, enterprises can interact with their consumers to deliver media and advertising content via rich messaging channels.

“APAC OTT services market to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Major economies in the Asia Pacific (APAC) include China, India, Australia, and Japan. The proliferation of smart devices, broadband, and internet connectivity, which is augmented by the emergence of advanced technologies, such as 5G, 4G, developed payment infrastructure, and a dynamic local content ecosystem, is driving the OTT services market forward. In APAC countries, VoD players such as YouTube, iQiyi, Tencent Video, Youku, ByteDance, Netflix, Amazon, Hotstar, and Hulu Japan, will account to a major share of revenue along with the huge penetration of instant messaging apps, such as WhatsApp, Facebook Messenger, Line, and WeChat.

• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 40%, Directors – 35%, Managers-15% and Others – 10%
• By Region: North America – 45%, Europe – 15%, APAC – 30%, and RoW – 10%.
Some prominent players across all service types profiled in the study include Facebook (US), Netflix (US), Amazon (US), Microsoft (US), Google (US), YouTube (US), Apple (US), Home Box Office (US), Roku (US), IndieFlix (US), Vudu (US), Hulu (US), Tencent (China), Rakuten (Japan), Kakao (South Korea), and Line (Japan).

Research Coverage
The market study covers the OTT services market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of the market across different segments, such as type (online gaming, music streaming, VoD, communications, and others), streaming devices (smartphones and tablets, desktops and laptops, and IPTV and consoles), monetization model (subscription-based, advertising-based, and transaction-based), service vertical (media and entertainment, education and learning, service utilities, and gaming). The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall OTT services market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primaries
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Over-the-Top Services Market
4.2 Over-the-Top Services Market, By Monetization Model, 2019
4.3 North America: Market, By Streaming Device and Monetization Model, 2019
4.4 Asia Pacific: Market, By Streaming Device and Monetization Model, 2019
5 OTT Services Market Overview and Industry Trends (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Flexibility and Ease-Of-Use to Offer Seamless Customer Experience
5.2.1.2 Internet Proliferation With Penetration of Smart Devices
5.2.1.3 Global and Local Players Offering Freemium Models in Price-Sensitive Markets
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Disparity in Opinion Between Producers and Aggregators Over Licensed Business Model
5.2.2.2 Threat to Privacy of Content Consumption and Security of User Database Due to Spyware
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Mergers With National Producers and Film Studios Across Regions for the Svod Model
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complex IP, Government Regulatory Frameworks, and Licensing Regimes Across Regions
6 Over-the-Top Services Market, By Monetization Model (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Subscription-Based
6.2.1 Billing as Per Services Opted By Customers to Drive the Demand for OTT Services
6.3 Advertising-Based
6.3.1 Higher Penetration of Internet and Use of Mobile Devices to Increase the Adoption of OTT Services
6.4 Transaction-Based
6.4.1 Attractive Video Packages Through Transaction-Based Monetization Model to Propel the Adoption of OTT Services
7 Over-the-Top Services Market, By Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Online Gaming
7.2.1 Growing Demand for Online Games in Hd Quality to Drive the Growth of the Online Gaming Segment
7.3 Music Streaming
7.3.1 Subscription and Transaction-Based Monetization Models are Highly Embraced By End Users With Regards to Music Streaming
7.4 Video on Demand
7.4.1 Flexibility, Comfort, and Personalization of Content to Drive the Adoption of VOD Services
7.5 Communication
7.5.1 Rich Communication Services to Support Market Growth for the Communication Segment Globally
7.6 Others
8 Over-the-Top Services Market, By Streaming Device (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Smartphones and Tablets
8.2.1 Growing Internet Penetration to Lead to Increased Number of Smartphones, Contributing to the Overall Market Growth
8.3 Desktops and Laptops
8.3.1 Growing Need to View Hd Content on Bigger Screens and Multitasking Habits of Customers to Support Market Growth of Content Viewing on Desktops and Laptops
8.4 Internet Protocol Television and Consoles
8.4.1 Growth of the Gaming Industry to Boost the Adoption of Internet Protocol Television and Consoles for Streaming Over-the-Top Services
9 Over-the-Top Services Market, By Service Vertical (Page No. – 55)
9.1 Introduction
9.2 Media and Entertainment
9.2.1 Growing Internet Penetration and Increasing Demand for Entertainment in the Media and Entertainment Vertical
9.3 Education and Learning
9.3.1 Emergence of Smart Education System and Diverse Learning Needs of Online Learners to Drive the Market Growth in the Education and Learning Sector
9.4 Gaming
9.4.1 Growing Traction Among Millennials to Boost the Gaming Vertical in the Market
9.5 Service Utilities
9.5.1 Growing Demand for On-The-Go Services on Handheld Devices to Boost Service Utilities Adoption
10 Over-the-Top Services Market, By Region (Page No. – 61)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 North America: Over-the-Top Market Drivers
10.2.2 North America: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.2.3 United States
10.2.4 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Europe: Over-the-Top Market Drivers
10.3.2 Europe: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.3.3 United Kingdom
10.3.4 Germany
10.3.5 France
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific: Over-the-Top Market Drivers
10.4.2 Asia Pacific: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.4.3 China
10.4.4 Japan
10.4.5 India
10.4.6 Australia and New Zealand
10.4.7 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Latin America: Over-the-Top Market Drivers
10.5.2 Latin America: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.5.3 Mexico
10.5.4 Brazil
10.5.5 Rest of Latin America
10.6 Middle East and Africa
10.6.1 Middle East and Africa: Core Over-the-Top Vendor Initiatives and Developments
10.6.2 Middle East: Over-the-Top Market Drivers
10.6.3 Africa: Over-the-Top Market Drivers
11 Competitive Landscape (Page No. – 98)
11.1 Overview
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Partnerships
11.2.2 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 102)
(Business Overview, Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Netflix
12.2 Amazon
12.3 Google
12.4 Apple
12.5 Facebook
12.6 Youtube
12.7 Hbo
12.8 Microsoft
12.9 Hulu
12.10 Indieflix
12.11 Vudu
12.12 Roku
12.13 Tencent
12.14 Rakuten
12.15 Kakao
12.16 Line
12.17 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 133)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 半導体ガラスウエハーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ガラスウエハーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ガラスウエハー市場規模、用途別(自動車、工業、航空宇宙、防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ガラスウエハーの世界市場概要 ・半導体ガラスウエハーの世界市場環境 ・半導体ガラスウエハーの世界市場動向 ・半導体ガラスウエハーの世界市場規模 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:業界構造分析 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:用途別(自動車、工業、航空宇宙、防衛、その他) ・半導体ガラスウエハーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ガラスウエハーのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーのアジア市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーの主要国分析 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ガラスウエハーの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ガラスウエハー …
  • 耕運機の世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、耕運機の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・耕運機の世界市場:製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • コンピュータ数値制御(CNC)装置の世界市場2014–2025:種類別(旋盤、フライス盤、レーザー、研削盤、溶接機、巻線機)、エンドユーズ別(産業、パワー・電力、自動車、航空宇宙・防衛)
    本調査レポートでは、コンピュータ数値制御(CNC)装置の世界市場について調査・分析し、コンピュータ数値制御(CNC)装置の世界市場動向、コンピュータ数値制御(CNC)装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ数値制御(CNC)装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンタープライズ・コンテンツ・コラボレーションの世界市場:ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、エンタープライズ・コンテンツ・コラボレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、導入方式別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの微生物培養市場動向(~2021)
  • 世界の心臓補助装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、心臓補助装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心臓補助装置の概要 ・心臓補助装置の開発動向:開発段階別分析 ・心臓補助装置の開発動向:セグメント別分析 ・心臓補助装置の開発動向:領域別分析 ・心臓補助装置の開発動向:規制Path別分析 ・心臓補助装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心臓補助装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心臓補助装置の最近動向
  • ベルギーのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 植物育成灯の世界市場:HIDランプ、FL(蛍光照明)、LED照明
    当調査レポートでは、植物育成灯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、設置方式別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブホワイトボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インタラクティブホワイトボードの世界市場について調査・分析し、インタラクティブホワイトボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インタラクティブホワイトボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、インタラクティブホワイトボード種類別分析()、インタラクティブホワイトボード用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インタラクティブホワイトボードの市場概観 ・インタラクティブホワイトボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インタラクティブホワイトボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インタラクティブホワイトボードの世界市場規模 ・インタラクティブホワイトボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インタラクティブホワイトボードのアメリカ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのカナダ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのメキシコ市場規模推移 ・インタラクティブホワイトボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • マイクロ波装置の世界市場予測(~2022年):アクティブマイクロ波装置、パッシブマイクロ波装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロ波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、周波数別分析、用途別分析、地域別分析、マイクロ波装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場:室内装飾用品、住宅リフォーム用品、その他
    当調査レポートでは、家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭・園芸用品向けB2C Eコマース市場規模、製品別(室内装飾用品、住宅リフォーム用品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amazon.com, Home Depot Product Authority, Inter IKEA System, Lowe's, Wayfairなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場概要 ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場環境 ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場動向 ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場規模 ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場:業界構造分析 ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場:製品別(室内装飾用品、住宅リフォーム用品、その他) ・家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場:地 …
  • 輸血検査の世界市場:米国、欧州、日本
  • 閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructive Sleep Apnea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructive Sleep Apnea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructive Sleep Apnea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructive Sleep Apnea)の概要 ・閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructive Sleep Apnea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructive Sleep Apnea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・閉塞性睡眠時無呼吸(Obstructi …
  • 自閉症(Autism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、自閉症(Autism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・自閉症(Autism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・自閉症(Autism)のフェーズ3治験薬の状況 ・自閉症(Autism)治療薬の市場規模(販売予測) ・自閉症(Autism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・自閉症(Autism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の自閉症(Autism)治療薬剤
  • 産業用操作レバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用操作レバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用操作レバーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中放射線療法(IORT)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、術中放射線療法(IORT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、方法別(電子IORT、術中近接照射療法)分析、製品及びサービス別(加速器、治療計画システム、アプリケーター、アフターローダー、アクセサリー)分析、用途別(乳房、脳)分析、術中放射線療法(IORT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、術中放射線療法(IORT)の世界市場規模が2019年48百万ドルから2024年68百万ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場2018-2025:ソリューション別(アダプティブクルーズコントロール(ACC)・死角検知(BSD))、構成要素別、自動車別
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場動向、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別先進運転支援システム(ADAS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のクラウドラジオアクセスネットワーク(C-RAN)市場規模・予測2017-2025:構成要素別(インフラストラクチャー、リモートラジオユニット、ベースバンドユニット、フロントホール、ソリューション、サービス、コンサルティング、デザイン・展開、メンテナンス・サポート、その他)、ネットワークタイプ別(3G、5G・LTE)、展開種類別(インドア、アウトドア)・地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウドラジオアクセスネットワーク(C-RAN)市場について調査・分析し、世界のクラウドラジオアクセスネットワーク(C-RAN)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウドラジオアクセスネットワーク(C-RAN)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • フットウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フットウェアの世界市場について調べ、フットウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フットウェアの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、製品別(非運動用靴、運動用靴)、エンドユーザ別(女性、男性、子供))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフットウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フットウェアの市場状況 ・フットウェアの市場規模 ・フットウェアの市場予測 ・フットウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:製品別(非運動用靴、運動用靴) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(女性、男性、子供) ・フットウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意 …
  • 船舶交通サービス(VTS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、船舶交通サービス(VTS)の世界市場について調査・分析し、船舶交通サービス(VTS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別船舶交通サービス(VTS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、船舶交通サービス(VTS)種類別分析(INS・NAS、TOS、その他)、船舶交通サービス(VTS)用途別分析(港湾サービス、沿岸航行、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・船舶交通サービス(VTS)の市場概観 ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・船舶交通サービス(VTS)の世界市場規模 ・船舶交通サービス(VTS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・船舶交通サービス(VTS)のアメリカ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のカナダ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のメキシコ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • 眼科用フェムト秒レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ルーマニアの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 救急機サービスの世界市場分析:タイプ別(回転翼、固定翼)、サービスモデル別(コミュニティベース、病院ベース)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、救急機サービスの世界市場について調査・分析し、救急機サービスの世界市場動向、救急機サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別救急機サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の代謝性アシドーシス(Metabolic Acidosis)治療薬剤
  • インドのオンラインファッション小売(ネット通販)市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドのオンラインファッション小売(ネット通販)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドのオンラインファッション小売(ネット通販)市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロスイッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロスイッチ市場2015について調査・分析し、マイクロスイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用AMTトランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車用AMTトランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用AMTトランスミッションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS3プロテアーゼ阻害剤の概要 ・NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS3プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS3プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS3プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • Muアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるMuアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のMuアンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 飽和ポリエステル樹脂(SPR)の世界市場:液状SPR、固形SPR
    当調査レポートでは、飽和ポリエステル樹脂(SPR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モデルマウスの世界市場分析・予測(~2021):近交系モデルマウス、ノックアウトモデルマウス、雑種モデルマウス
    当調査レポートでは、モデルマウスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、サービス別分析、モデルマウスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メンズスキンケア用品の世界市場2019-2023
    スキンケア用品とは、さまざまなスキン関連のトラブル、トリートメント、および美肌目的に使用される美容用品およびパーソナルケア用品を指します。メンズスキンケア用品の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率3.34%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Beiersdorf、Estée Lauder Companies、L'Oréal、Procter & Gamble、Unileverなどです。 当調査レポートでは、メンズスキンケア用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メンズスキンケア用品市場規模、製品別(フェイススキンケア用品、ボディスキンケア用品)分析、販売チャネル別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・メンズスキンケア用品の世界市場概要 ・メンズスキンケア用品の世界市場環境 ・メンズスキンケア用品の世界市場動向 ・メンズスキンケア用品の世界市場規模 ・メンズスキンケア用品の世界 …
  • 合成皮革の世界市場分析:製品別(PU、PVC、バイオベース)、用途別(家具、自動車、履物、バッグ・財布、衣料品、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、合成皮革の世界市場について調査・分析し、合成皮革の世界市場動向、合成皮革の世界市場規模、市場予測、セグメント別合成皮革市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心房細動治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、心房細動治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心房細動の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・心房細動の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・心房細動治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・心房細動治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・心房細動治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・心房細動治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • インスリン様増殖因子2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインスリン様増殖因子2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インスリン様増殖因子2阻害剤の概要 ・インスリン様増殖因子2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインスリン様増殖因子2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インスリン様増殖因子2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インスリン様増殖因子2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用スーパーチャージャーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dセンサーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、3Dセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dセンサー市場規模、タイプ別(位置センサー、音響センサー、画像センサー、加速度センサー、近接センサー、温度センサー、圧力センサー、その他)分析、技術別(超音波、カメラベース認識3D、ToF(飛行時間)、立体照明、ホール効果、静電容量センシング、電界、赤外線センシング、インタラクティブディスプレイ、MEMS、立体視、その他)分析、用途別(ヘルスケア、航空宇宙・防衛、監視・セキュリティ、産業オートメーション、自動車、産業用ロボット、メディア・エンターテイメント、家電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 3Dセンサーの世界市場:市場動向分析 ・ 3Dセンサーの世界市場:競争要因分析 ・ 3Dセンサーの世界市場:タイプ別(位置センサー、音響センサー、画像センサー、加速度センサー、近接センサー、温度センサー、圧力センサー、その他) ・ 3Dセンサーの世界市場:技術 …
  • リトポンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リトポンの世界市場について調査・分析し、リトポンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リトポンシェア、市場規模推移、市場規模予測、リトポン種類別分析()、リトポン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リトポンの市場概観 ・リトポンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リトポンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リトポンの世界市場規模 ・リトポンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リトポンのアメリカ市場規模推移 ・リトポンのカナダ市場規模推移 ・リトポンのメキシコ市場規模推移 ・リトポンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リトポンのドイツ市場規模推移 ・リトポンのイギリス市場規模推移 ・リトポンのロシア市場規模推移 ・リトポンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リトポンの日本市場規模推移 ・リトポンの中国市場規模推移 ・リトポンの韓国市場規模推移 ・リトポンのインド市 …
  • 自律型無人潜水機(AUV)の世界市場見通し2016-2022:中海域AUV、浅海域AUV、深海域AUV
    当調査レポートでは、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場について調査・分析し、自律型無人潜水機(AUV)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:市場動向分析 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:競争要因分析 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の北米市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の欧州市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)のアジア市場規模 ・自律型無人潜水機(AUV)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • デジタル単一市場におけるテレビ:現在の規制変更がオーディオビジュアルバリューチェーンに及ぼす影響
  • 自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力変圧器の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、電力変圧器の世界市場について調査・分析し、電力変圧器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 電力変圧器の世界市場:市場動向分析 - 電力変圧器の世界市場:競争要因分析 - 電力変圧器の世界市場:冷却種別 油冷却電力変圧器 空冷電力変圧器 - 電力変圧器の世界市場:等級別 高(801 MVA to 1200 MVA) 中(501 MVA to 800 MVA) 低(100 MVA to 500 MVA) - 電力変圧器の世界市場:主要地域別分析 - 電力変圧器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 電力変圧器のヨーロッパ市場規模 - 電力変圧器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・電力変圧器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車遠隔診断の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車遠隔診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車遠隔診断の世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • E-バイクドライブユニットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、E-バイクドライブユニットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、E-バイクドライブユニット市場規模、モーター種類別(ミッドドライブモーター、ハブモーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・E-バイクドライブユニットの世界市場概要 ・E-バイクドライブユニットの世界市場環境 ・E-バイクドライブユニットの世界市場動向 ・E-バイクドライブユニットの世界市場規模 ・E-バイクドライブユニットの世界市場:業界構造分析 ・E-バイクドライブユニットの世界市場:モーター種類別(ミッドドライブモーター、ハブモーター) ・E-バイクドライブユニットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・E-バイクドライブユニットの北米市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットのアジア太平洋市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットの主要国分析 ・E-バイクドライブユ …
  • 空気タイヤの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、空気タイヤの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、空気タイヤ市場規模、製品別(ラジアルタイヤ、クロスプライタイヤ)分析、車両別(二輪車、四輪車、航空機、自転車、オートバイ、その他)分析、販売種類別(取替需要、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 空気タイヤの世界市場:市場動向分析 ・ 空気タイヤの世界市場:競争要因分析 ・ 空気タイヤの世界市場:製品別(ラジアルタイヤ、クロスプライタイヤ) ・ 空気タイヤの世界市場:車両別(二輪車、四輪車、航空機、自転車、オートバイ、その他) ・ 空気タイヤの世界市場:販売種類別(取替需要、OEM) ・ 空気タイヤの世界市場:主要地域別分析 ・ 空気タイヤの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 空気タイヤのヨーロッパ市場規模 ・ 空気タイヤのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・空気タイヤの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ワインの世界市場:スティルワイン、スパークリングワイン
    当調査レポートでは、ワインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワインの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パルス酸素濃度計の世界市場の規模と予測:タイプ別(指先、ハンドヘルド、その他)、エンドユーザー別(病院・医療施設、ホームケア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、パルス酸素濃度計の世界市場について調査・分析し、パルス酸素濃度計の世界市場動向、パルス酸素濃度計の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルス酸素濃度計市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ラテラルフローアッセイの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、ラテラルフローアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • SDN及びNFVの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、SDN及びNFVの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、SDN及びNFVの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セットトップボックスの世界市場
    当調査レポートでは、セットトップボックスの世界市場について調査・分析し、セットトップボックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"