"世界の気管支鏡市場:製品気管支鏡別(フレキシブル、リジッド、EBUS)、イメージング装置別(モニター、カメラ)、アクセサリ別、作業チャネル直径別(2.8、2.2、3.0)、ユーザビリティ別(再利用可能、使い捨て)、エンドユーザー別(病院、ACS /クリニック)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7495)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の気管支鏡市場:製品気管支鏡別(フレキシブル、リジッド、EBUS)、イメージング装置別(モニター、カメラ)、アクセサリ別、作業チャネル直径別(2.8、2.2、3.0)、ユーザビリティ別(再利用可能、使い捨て)、エンドユーザー別(病院、ACS /クリニック)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The bronchoscopy market projected to grow at a CAGR of 5.9% during the forecast period (2019–2024).”
The global bronchoscopy market is projected to reach USD 2.6 billion by 2024 from an estimated USD 2.0 billion in 2019, at a CAGR of 5.9% during the forecast period. The key factors driving the growth of this market include the growing demand for minimally invasive surgery, growing hospital investments in bronchoscopy facilities, and technological advancements in bronchoscopy. However, the dearth of trained physicians and pulmonologists is the major challenge for the growth of this market.

“By application, the bronchial treatment segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period (2019–2024).”
On the basis of application, the market is segmented into bronchial treatment and bronchial diagnosis. The bronchial treatment segment commanded the largest share of the bronchoscopy market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the rising prevalence of target diseases, which will drive the demand for bronchoscopy equipment in therapeutic procedures.

“By end user, the hospitals segment is expected to dominate the market during the forecast period (2019–2024).”
On the basis of end user, the market is segmented into hospitals and ambulatory surgery centers/clinics. The hospitals segment accounted for the largest share of the bronchoscopy market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the high patient preference for hospital-based treatment & procedures, availability of skilled healthcare professionals, technologically advanced facilities, and favorable reimbursement scenario.

“The Asia Pacific to witness the highest growth during the forecast period (2019–2024).”
The Asia Pacific market is projected to register the highest growth during the forecast period. Factors such as presence of a well-developed healthcare system in Japan and the large patient populations and healthcare infrastructure improvements in China and India and high prevalence of cancer in Australia are driving the growth of the bronchoscopy market in the Asia Pacific.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–23%, and Others–45%
• By Region: North America–36%, Europe–32%, Asia Pacific–17%, RoW–15%

Prominent players in the global bronchoscopy market include Olympus Corporation (Japan), KARL STORZ (Germany), Ambu A/S (Denmark), Boston Scientific (US), Ethicon (US), Fujifilm Holdings Corporation (Japan), Medtronic (Ireland), and HOYA Corporation (Japan).

Research Coverage:
The report analyzes the bronchoscopy market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments such as product, application, working channel diameter, usability, patient age, end user, and region. The report also includes competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product and service offerings, recent developments, and key market strategies.

Reasons to Buy the Report
The report can help established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or any combination of the below mentioned five strategies.

This report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the bronchoscopy market. The report analyzes the market based on product, application, working channel diameter, usability, patient age, end user, and region.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research and development activities, and product launches in the bronchoscopy market.
• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets. The report analyzes the markets for various bronchoscopy equipment across regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about products, untapped regions, recent developments, and investments in the bronchoscopy market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, distribution networks, and manufacturing capabilities of the leading players in the bronchoscopy market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の気管支鏡市場:製品気管支鏡別(フレキシブル、リジッド、EBUS)、イメージング装置別(モニター、カメラ)、アクセサリ別、作業チャネル直径別(2.8、2.2、3.0)、ユーザビリティ別(再利用可能、使い捨て)、エンドユーザー別(病院、ACS /クリニック)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Share Analysis
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Market Overview
4.2 North America: Bronchoscopy Market, By Product (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Bronchoscopy Market
5 Industry Insights (Page No. – 40)
5.1 Industry Trends
5.1.1 Market Consolidation
5.1.2 High Cost of Repair and Reprocessing of Reusable Bronchoscopes
5.1.3 Growth in Robotic Bronchoscopy
5.2 Regulatory Assessment
5.2.1 North America
5.2.1.1 US
5.2.1.1.1 Introduction
5.2.1.1.2 Class II Medical Devices
5.2.1.1.3 US: Regulatory Approval Timeline Assessment
5.2.1.1.4 Stringent Fda Regulations Governing Product Approvals
5.2.1.2 Canada
5.2.1.2.1 Introduction
5.2.1.2.2 Canada: Regulatory Approval Timeline Assessment
5.2.1.2.3 Health Canada Classification
5.2.2 Europe
5.2.2.1 Introduction
5.2.2.2 European Medical Device Classification
5.2.2.3 Europe: Regulatory Approval Timeline Assessment
5.2.2.4 Possible Increase in Stringency in the European Regulatory Process
5.2.3 Asia Pacific
5.2.3.1 Japan
5.2.3.1.1 Introduction
5.2.3.1.2 Pmda Device Classification
5.2.3.1.3 Japan: Regulatory Approval Timeline Assessment
5.2.3.2 China
5.2.3.2.1 Introduction
5.2.3.2.2 CFDA Device Classification
5.2.3.2.3 China: Regulatory Approval Timeline Assessment
5.2.3.3 India
5.2.3.3.1 Introduction
5.2.3.3.2 Indian Medical Devices Classification
5.2.3.4 Australia
5.2.3.4.1 Introduction
5.2.3.4.2 Tga Device Classification
5.2.3.4.3 Australia: Regulatory Approval Timeline Assessment
5.2.4 Latin America
5.2.4.1 Brazil
5.2.4.2 Mexico
6 Market Overview (Page No. – 64)
6.1 Introduction
6.2 Market Dynamics
6.2.1 Drivers
6.2.1.1 Rising Prevalence of Respiratory Diseases
6.2.1.2 Growing Demand for Minimally Invasive Surgery
6.2.1.3 Growing Hospital Investments in Bronchoscopy Facilities
6.2.1.4 Technological Advancements
6.2.2 Opportunities
6.2.2.1 Growing Healthcare Markets in Emerging Economies
6.2.3 Challenges
6.2.3.1 Dearth of Trained Physicians and Pulmonologists
6.2.4 Burning Issues
6.2.4.1 Product Recalls
7 Bronchoscopy Market, By Product (Page No. – 68)
7.1 Introduction
7.2 Bronchoscopes
7.2.1 Flexible Bronchoscopes
7.2.1.1 Flexible Bronchoscopes are the Most Widely Adopted Bronchoscopes
7.2.2 Rigid Bronchoscopes
7.2.2.1 Complications Associated With Rigid Bronchoscopy to Limit Its Adoption
7.2.3 Ebus Bronchoscopes
7.2.3.1 Ebus Bronchoscopes to Register Steady Growth During the Forecast Period
7.3 Imaging Systems
7.3.1 Video Processors
7.3.1.1 Video Processors to Register the Highest Growth During the Forecast Period
7.3.2 Light Sources
7.3.2.1 Light Sources are Essential Components of Bronchoscopy Visualization Systems
7.3.3 Camera Heads
7.3.3.1 Technological Advancements Will Support the Growth of This Market Segment
7.3.3.2 Single-Chip Cameras
7.3.3.3 3-Chip Cameras
7.3.3.4 HD Cameras
7.3.3.5 3D Cameras
7.3.3.6 4K Camera Heads
7.3.4 Wireless Displays & Monitors
7.3.4.1 Wireless Displays & Monitors are Essential in Diagnostic and Therapeutic Procedures
7.3.5 Other Components
7.4 Accessories
7.4.1 Cytology Brushes
7.4.1.1 Cytology Brushes are Used to Collect Cell Samples From the Bronchus
7.4.2 Transbronchial Aspiration Needles
7.4.2.1 Transbronchial Aspiration Needles are Projected to Witness the Highest Growth in the Forecast Period
7.4.3 Biopsy Forceps
7.4.3.1 Biopsy Forceps Aid in Diagnosing Malignant and Nonmalignant Disorders
7.4.4 Biopsy Valves
7.4.4.1 Biopsy Valves are Majorly Designed for Single-Use, Which Eliminates the Need for Manual Cleaning and Reprocessing
7.4.5 Cleaning Brushes
7.4.5.1 Stringent Regulations for Cleaning Bronchoscopes is Driving the Market for Cleaning Brushes
7.4.6 Mouthpieces
7.4.6.1 Growing Number of Bronchoscopy Procedures Performed Will Support the Adoption of This Product Segment
7.4.7 Other Accessories
7.5 Other Bronchoscopy Equipment
8 Bronchoscopy Market, By Application (Page No. – 84)
8.1 Introduction
8.2 Bronchial Treatment
8.2.1 Bronchial Treatment Accounts for the Largest Share of the Market, By Application
8.3 Bronchial Diagnosis
8.3.1 Increasing Number of Diagnostic Procedures Will Drive Market Growth
9 Bronchoscopy Market, By Usability (Page No. – 88)
9.1 Introduction
9.2 Reusable Bronchoscopes
9.2.1 Reusable Bronchoscopes Account for the Largest Share of the Market
9.3 Disposable Bronchoscopes
9.3.1 Disposable Bronchoscopes Will Grow at the Highest Rate During the Forecast Period
10 Bronchoscopy Market, By Patient Age (Page No. – 92)
10.1 Introduction
10.2 Adult Patients
10.2.1 High Prevalence of Chronic Respiratory Diseases in Adult Patients—Major Factor Driving Market Growth
10.3 Pediatric Patients/Neonates
10.3.1 Improving Healthcare Infrastructure in Developing Countries Will Support the Growth of This Segment
11 Bronchoscopy Market, By Working Channel Diameter (Page No. – 96)
11.1 Introduction
11.2 2.8 mm
11.2.1 2.8 mm Segment Accounts for the Largest Share of the Market
11.3 2.2 mm
11.3.1 These Bronchoscopes are Mainly Used in Pediatric Patients
11.4 3.0 mm
11.4.1 Possibility of Patient Discomfort Associated With 3.0 mm-Diameters May Limit the Growth of This Segment
11.5 Other Working Channel Diameters
12 Bronchoscopy Market, By End User (Page No. – 101)
12.1 Introduction
12.2 Hospitals
12.2.1 in 2018, the Hospitals Segment Accounted for the Largest Market Share
12.3 Ambulatory Surgery Centers/Clinics
12.3.1 Growing Number of Ascs is Expected to Increase the Demand for Bronchoscopy Equipment
13 Bronchoscopy Market, By Region (Page No. – 106)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 US
13.2.1.1 US is the Largest Market for Bronchoscopy Equipment Due to the High Healthcare Spending in the Country
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Long Waiting Times for Bronchoscopy Procedures Will Restrain the Growth of This Market
13.3 Europe
13.3.1 Germany
13.3.1.1 Germany Dominates the European Market for Bronchoscopy Equipment
13.3.2 UK
13.3.2.1 Supportive Reimbursement Policies Will Drive Market Growth in the UK
13.3.3 France
13.3.3.1 Favorable Health Insurance System Will Drive the Market for Bronchoscopy Equipment in France
13.3.4 Italy
13.3.4.1 Growing Medical Tourism and Rising Geriatric Population are Contributing to Market Growth in Italy
13.3.5 Spain
13.3.5.1 The Country has A Well-Organized and Efficient Healthcare System, Which Indicates Opportunities for Market Growth
13.3.6 RoE
13.4 Asia Pacific
13.4.1 China
13.4.1.1 China’s Large Patient Population has Driven Demand for Bronchoscopy Equipment in the Country
13.4.2 Japan
13.4.2.1 Universal Healthcare Coverage and Rising Geriatric Population are Driving the Japanese Market
13.4.3 India
13.4.3.1 Healthcare Infrastructural Development and Favorable Government Initiatives are Supporting Market Growth in India
13.4.4 Australia
13.4.4.1 High Prevalence of Cancer Will Drive the Demand for Bronchoscopy in Australia in the Coming Years
13.4.5 RoAPAC
13.5 Rest of the World
13.5.1 Latin America
13.5.1.1 Increasing Purchasing Power and Healthcare Affordability Will Favor Market Growth in Latam Countries
13.5.2 Middle East & Africa
13.5.2.1 Healthcare Infrastructural Development Will Drive the Market in Mea
14 Competitive Landscape (Page No. – 178)
14.1 Introduction
14.2 Market Share Analysis
14.3 Competitive Leadership Mapping (Overall Market) (2018)
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Innovators
14.3.3 Dynamic Differentiators
14.3.4 Emerging Companies
14.4 Competitive Scenario
14.4.1 Key Developments in the Endoscopy Market
14.4.2 Key Product Launches
14.4.3 Key Acquisitions
14.4.4 Key Expansions
15 Company Profile (Page No. – 185)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Right to Win, Competitive Analysis)*
15.1 Olympus Corporation
15.2 Karl Storz
15.3 Ambu A/S
15.4 Boston Scientific
15.5 Ethicon
15.6 Fujifilm Holdings Corporation
15.7 Medtronic
15.8 Hoya Corporation
15.9 Richard Wolf GmbH
15.10 Cook Medical
15.11 Conmed Corporation
15.12 Roper Technologies
15.13 Teleflex Incorporated
15.14 Lymol Medical
15.15 Laborie Medical Technologies
15.16 Other Companies
15.16.1 EFER Endoscopy
15.16.2 EMOS Technology GmbH
15.16.3 VBM Medizintechnik GmbH
15.16.4 Hunan Vathin Medical Instrument Co., LTD.
15.16.5 Machida Endoscope Co., LTD.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Right to Win, Competitive Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 219)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports
16.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の気管支鏡市場:製品気管支鏡別(フレキシブル、リジッド、EBUS)、イメージング装置別(モニター、カメラ)、アクセサリ別、作業チャネル直径別(2.8、2.2、3.0)、ユーザビリティ別(再利用可能、使い捨て)、エンドユーザー別(病院、ACS /クリニック)
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7495
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の気管支鏡市場:製品気管支鏡別(フレキシブル、リジッド、EBUS)、イメージング装置別(モニター、カメラ)、アクセサリ別、作業チャネル直径別(2.8、2.2、3.0)、ユーザビリティ別(再利用可能、使い捨て)、エンドユーザー別(病院、ACS /クリニック)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • テレビ会議の世界市場
    当調査レポートでは、テレビ会議の世界市場について調査・分析し、テレビ会議の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • プラスチック製ストラップの世界市場:タイプ別(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、紙、合成、コード付き、織布)、最終用途産業別(繊維、スチール、コットン、紙、レンガ・タイル)、地域別予測
    本資料は、プラスチック製ストラップの世界市場について調べ、プラスチック製ストラップの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、紙、合成、コード付き、織布)分析、最終用途産業別(繊維、スチール、コットン、紙、レンガ・タイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プラスチック製ストラップの世界市場概要 ・プラスチック製ストラップの世界市場環境 ・プラスチック製ストラップの世界市場動向 ・プラスチック製ストラップの世界市場規模 ・プラスチック製ストラップの世界市場規模:タイプ別(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、紙、合成、コード付き、織布) ・プラスチック製ストラップの世界市場規模:最終用途産業別(繊維、スチール、コットン、紙、レンガ・タイル) ・プラスチック製ストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチック製ストラップの北米市場規模・予測 ・プラスチック製ストラップのアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • インターロイキン-23阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-23阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-23阻害剤の概要 ・インターロイキン-23阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-23阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-23阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-23阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • セリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤の概要 ・セリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のセリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セリン/トレオニン得意タンパク質キナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーストラリアの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 鉛酸電池の世界市場分析:製品別(SLI、静止、輸送性)、工法別(フラッド、VRLA)、用途別(自動車、UPS、電気通信、電動自転車、輸送車両)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、鉛酸電池の世界市場について調査・分析し、鉛酸電池の世界市場動向、鉛酸電池の世界市場規模、市場予測、セグメント別鉛酸電池市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 成形ポリマーの世界市場:固体表面材料、人工大理石、人造石
    当調査レポートでは、成形ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 介入的脊椎装置の世界市場2017-2021:椎体形成術、椎骨形成術、ラジオ波焼灼術
    当調査レポートでは、介入的脊椎装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、介入的脊椎装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークモニタリングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(機器、ソリューション、サービス)分析、帯域幅別(1・10Gbps、40Gbps、100Gbps)分析、技術別(イーサネット、光ファイバー、InfiniBand)分析、エンドユーザー別(企業、テレコム)分析、ネットワークモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場について調査・分析し、整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場:市場動向分析 - 整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場:競争要因分析 - 整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場:製品別 ・足および足首用装具&サポーター ・膝用装具&サポーター ・体幹装具 ・上肢用装具&サポーター - 整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場:エンドユーザー別 ・病院 ・市販(OTC) ・整形外科のクリニック ・その他 - 整形外科用装具およびサポートシステムの世界市場:主要地域別分析 - 整形外科用装具およびサポートシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 整形外科用装具およびサポートシステムのヨーロッパ市場規模 - 整形外科用装具およびサポートシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・整形外科用装具およびサポートシステムの …
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • フレーバーシステムの世界市場予測(~2023年):ブラウン、乳製品、ハーブ・植物、果物・野菜
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フレーバーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(ブラウン、乳製品、ハーブ・植物、果物・野菜)分析、用途別(飲料、セイボリー・スナック、ベーカリー・菓子製品、乳製品・冷凍デザート)分析、由来別分析、形態別分析、フレーバーシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品加工用シール製品の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、食品加工用シール製品の世界市場について調べ、食品加工用シール製品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品加工用シール製品の市場規模をセグメンテーション別(材料別(金属、フェイス素材、エラストマー、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は食品加工用シール製品の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品加工用シール製品の市場状況 ・食品加工用シール製品の市場規模 ・食品加工用シール製品の市場予測 ・食品加工用シール製品の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料別(金属、フェイス素材、エラストマー、その他) ・食品加工用シール製品の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • プロフェッショナルモバイル無線(PMR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロフェッショナルモバイル無線(PMR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロフェッショナルモバイル無線(PMR)の世界市場規模及び予測、デバイス別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 顧客経験管理(CEM)の世界市場予測(~2022年):タッチポイント(企業ウェブサイト、店、ウェブ、コールセンター)、産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、顧客経験管理(CEM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タッチポイント別分析、産業別分析、地域別分析、顧客経験管理(CEM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽光線制御被覆ガラス市場:用途別、地域別
    本調査レポートは太陽光線制御被覆ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(商業用、家庭用、自動車用、ソーラー用、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・太陽光線制御被覆ガラスの世界市場:用途別(商業用、家庭用、自動車用、ソーラー用、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • サーフェスコンピューティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、サーフェスコンピューティングの世界市場について調査・分析し、サーフェスコンピューティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - サーフェスコンピューティングの世界市場:市場動向分析 - サーフェスコンピューティングの世界市場:競争要因分析 - サーフェスコンピューティングの世界市場:表面の種類別 ・フラットディスプレイ ・曲面ディスプレイ ・部品 - サーフェスコンピューティングの世界市場:使用方法別 ・直接 ・マルチユーザー,物体認識 ・マルチタッチ ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:技術別 ・抵抗 ・光学 ・容量性 ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:映像別 ・二次元 ・三次元 - サーフェスコンピューティングの世界市場:ハードウェア別 ・CPU ・スクリーン ・赤外線 ・その他 - サーフェスコンピューティングの世界市場:用途別 ・医療 ・教育 ・自動車 ・小売 ・金融サービス ・病院 ・娯楽 ・行政 ・その他 - サーフェスコンピューティ …
  • ブラジルの股関節置換処置動向(~2021)
  • 工業用マーガリンの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、工業用マーガリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、工業用マーガリンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター用ラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター用ラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター用ラックの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Eディスカバリの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、Eディスカバリの世界市場について調査・分析し、Eディスカバリの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・Eディスカバリの世界市場規模:展開別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:サービス別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:ソリューション別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・Eディスカバリの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • オンライン言語学習の世界市場
    当調査レポートでは、オンライン言語学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン言語学習の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 木材防腐剤の世界市場予測(~2022年):水性、オイル系、溶剤系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、木材防腐剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、木材防腐剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギヤモータの世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、ギヤモータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、ギヤ種類別分析、定格電力別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 解凍装置の世界市場予測(~2022年):種類、サンプル(血、血漿、RBC、血小板、全血、胎芽、精液)、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、解凍装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、サンプル別分析、需要先別分析、地域別分析、解凍装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用プラスチックの世界市場:製品種類別、用途別(内装、外装、エンジンルーム)、地域別予測
    本資料は、自動車用プラスチックの世界市場について調べ、自動車用プラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別分析、用途別(内装、外装、エンジンルーム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用プラスチックの世界市場概要 ・自動車用プラスチックの世界市場環境 ・自動車用プラスチックの世界市場動向 ・自動車用プラスチックの世界市場規模 ・自動車用プラスチックの世界市場規模:製品タイプ別 ・自動車用プラスチックの世界市場規模:用途別(内装、外装、エンジンルーム) ・自動車用プラスチックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用プラスチックの北米市場規模・予測 ・自動車用プラスチックのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用プラスチックのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用プラスチックのアジア市場規模・予測 ・自動車用プラスチックの日本市場規模・予測 ・自動車用プラスチックの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)市場:日本の治療薬市場
  • 自律走行トラクターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自律走行トラクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自律走行トラクター市場規模、出力別(30HP以下、31-100HP、101HP以上)分析、コンポーネント別(レーダー、カメラ・視覚セグメント、ハンドヘルド装置、LiDAR、GPS、超音波センサー)分析、穀物種類別(油糧種子・豆類、穀草類・穀類、果物・野菜)分析、農業利用別(耕作、収穫、播種、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自律走行トラクターの世界市場:市場動向分析 ・ 自律走行トラクターの世界市場:競争要因分析 ・ 自律走行トラクターの世界市場:出力別(30HP以下、31-100HP、101HP以上) ・ 自律走行トラクターの世界市場:コンポーネント別(レーダー、カメラ・視覚セグメント、ハンドヘルド装置、LiDAR、GPS、超音波センサー) ・ 自律走行トラクターの世界市場:穀物種類別 …
  • 食品用増粘剤の世界市場規模・シェア・動向分析2018-2025
  • 世界のユーバイオティクス市場規模・予測2017-2025:種類別(合成、天然)、用途別(食品・飲料、動物飼料、コスメティクス、洗剤・その他)、形態別(無水ベタイン・コカミドプロピルベタイン・ベタイン一水和物)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のユーバイオティクス市場について調査・分析し、世界のユーバイオティクス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のユーバイオティクス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 燃料電池の世界市場:PEMFC、SOFC、MCFC、DMFC
    当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)のフェーズ3治験薬の状況 ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬の市場規模(販売予測) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の排卵機能不全(Ovulatory Dysfunction)治療薬剤
  • 航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場:セグメント別市場分析 ・航空・防衛産業における3Dプリンティングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤の概要 ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸酸化物阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 肥料の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、肥料の世界市場について調査・分析し、肥料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・肥料の世界市場:市場動向分析 ・肥料の世界市場:競争要因分析 ・肥料の世界市場:肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:作物別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:配合肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:アンモニウム肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:窒素肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:カリ肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・肥料の北米市場規模・分析 ・肥料の欧州市場・分析 ・肥料のアジア市場・分析 ・肥料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 生分解性マルチフィルムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生分解性マルチフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生分解性マルチフィルム市場規模、組成別(ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)配合でんぷん、ポリ乳酸(PLA)配合でんぷん、でんぷん、その他)分析、穀物種類別(花・植物、果物・野菜、穀物・油糧種子)分析、生分解性プラスチック別(制御分解マスターバッチ、熱可塑性でんぷん(TPS)、脂肪族・芳香族コポリエステル(AAC))分析、販売経路別(B2C、B2B)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:市場動向分析 ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:競争要因分析 ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:組成別(ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)配合でんぷん、ポリ乳酸(PLA)配合でんぷん、でんぷん、その他) ・ 生分解性マルチフィルムの世界市場:穀物種類別(花・植物、果物・野菜、穀物・油糧種子) ・ 生分解性マルチフィルムの世界市 …
  • 世界のデータセンターパワー市場規模・予測2017-2025:ソリューション別(配電・計測、電源バックアップ、ケーブル基盤)、サービス別(システム統合、トレーニング・コンサルティング、サポート・メンテナンス)、業界別(BFSI、小売、ICT、ヘルスケア、電力、政府・防衛)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターパワー市場について調査・分析し、世界のデータセンターパワー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターパワー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • マネージド・プリントサービス(MPS)の世界市場2014–2025:販路別、展開別、組織別、用途別(BFSI、教育、政府、ヘルスケア)
    本調査レポートでは、マネージド・プリントサービス(MPS)の世界市場について調査・分析し、マネージド・プリントサービス(MPS)の世界市場動向、マネージド・プリントサービス(MPS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別マネージド・プリントサービス(MPS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 製品分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、製品分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、モード別(データ追跡、データ分析)分析、コンポーネント別分析、エンドユーザー別(デザイナー、製造業者、販売およびマーケティング専門家、消費者エンゲージメント)分析、展開別分析、製品分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、製品分析の世界市場規模が2019年69億ドルから2024年139億ドルまで年平均15.1%成長すると予測しています。
  • アルゼンチンの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 煆焼石油コークスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、煆焼石油コークスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、煆焼石油コークス市場規模、アプリケーション別(アルミニウム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・煆焼石油コークスの世界市場概要 ・煆焼石油コークスの世界市場環境 ・煆焼石油コークスの世界市場動向 ・煆焼石油コークスの世界市場規模 ・煆焼石油コークスの世界市場:業界構造分析 ・煆焼石油コークスの世界市場:アプリケーション別(アルミニウム、その他) ・煆焼石油コークスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・煆焼石油コークスの北米市場規模・予測 ・煆焼石油コークスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・煆焼石油コークスのアジア太平洋市場規模・予測 ・煆焼石油コークスの主要国分析 ・煆焼石油コークスの世界市場:意思決定フレームワーク ・煆焼石油コークスの世界市場:成長要因、課題 ・煆焼石油コークスの世界市場:競争環境 ・煆焼石油コークスの世界市場:関連企 …
  • リチウムイオン電池の世界市場予測(~2022年):コバルト酸リチウム、リン酸鉄リチウム、リチウム・ニッケル・マンガン・コバルト
    当調査レポートでは、リチウムイオン電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、電力容量別分析、産業別分析、地域別分析、リチウムイオン電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事シミュレーション・軍事訓練の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、軍事シミュレーション・軍事訓練の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、訓練種類別分析、地域別分析、軍事シミュレーション・軍事訓練の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリマーエマルジョンの世界市場予測(~2023年)
    ポリマーエマルジョンの世界市場は、2018年の298億米ドルから2023年には429億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。市場規模が大きいのは特に中国、日本、インドなどの国々で、建築・建設、自動車・輸送、ならびに工業部門からの需要が高いためです。 欧州のREACH規則や大気浄化法などの厳しい政府規制もこの市場の成長を後押ししています。一方で、不安定な原材料価格は、市場の成長を妨げる要因となります。当調査レポートでは、ポリマーエマルジョンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(アクリル、ポリ酢酸ビニル、SBラテックス)分析、用途(塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント、紙・板紙)分析、ポリマーエマルジョンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の血栓管理装置市場(~2021)
  • 産業廃棄物処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、産業廃棄物処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業廃棄物処理市場規模、サービス別(焼却、埋め立て、回収、再利用)分析、廃棄物タイプ別(製造廃棄物、エネルギー廃棄物、農業廃棄物、核廃棄物、発電所廃棄物、その他)分析、種類別(無害廃棄物、有害廃棄物)分析、エンドユーザー別(製薬、航空宇宙・防衛、紙・パルプ、食品・飲料、エレクトロニクス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業廃棄物処理の世界市場:市場動向分析 ・ 産業廃棄物処理の世界市場:競争要因分析 ・ 産業廃棄物処理の世界市場:サービス別(焼却、埋め立て、回収、再利用) ・ 産業廃棄物処理の世界市場:廃棄物タイプ別(製造廃棄物、エネルギー廃棄物、農業廃棄物、核廃棄物、発電所廃棄物、その他) ・ 産業廃棄物処理の世界市場:種類別(無害廃棄物、有害廃棄物) ・ 産業廃棄物処理の世界市場:エンドユーザー別(製薬、航空宇宙・防衛、紙・パルプ、食品・飲料、エ …
  • メキシコの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 鎮痛剤注入ポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鎮痛剤注入ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鎮痛剤注入ポンプの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 鎮痛剤注入ポンプとは、注入ポンプで患者に鎮痛剤を注入し疼痛管理を行う際に使用する医療機器です。脳性麻痺、脊髄損傷(SCI)、癌、鎌状赤血球貧血などの慢性疾患、または陣痛、事故および外傷、手術跡の痛みなどの症状による疼痛を和らげるために使用されます。Technavio社は鎮痛剤注入ポンプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Baxter• B. Braun• BD• Medtronic• Smiths Medical等です。
  • 軟性内視鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軟性内視鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軟性内視鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 軟性内視鏡とは、カメラ、端子などを組み込んだ光ファイバー機器であり、それによって医師が人体内部にアクセスして、その内部を観察したり、診断や治療のための装置を挿入します。この器具は他の医療装置よりも安全で、胃腸系を始め、耳鼻咽喉系、泌尿器系、腹腔鏡検査などの領域で幅広く活用できますTechnavio社は軟性内視鏡の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Olympus• KARL STORZ• HOYA GROUP• FUJIFILM Holdings• Stryker等です。
  • 両性界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、両性界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、両性界面活性剤市場規模、種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート)分析、用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 両性界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 両性界面活性剤の世界市場:種類別(アミンオキシド、ベタイン、スルタイン、アンホアセテート、イミノプロピオネート) ・ 両性界面活性剤の世界市場:用途別(ホームケア・業務用洗浄剤、農薬、油田用化学品、パーソナルケア、発泡剤) ・ 両性界面活性剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 両性界面活性剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 両性界面活性剤のヨーロッパ市場規模 ・ 両性界面活性剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・両性界面活性剤の世 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"