"世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 4540)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Instrumentation valves and fittings market to grow at 3.0% CAGR from 2019 to 2025”
The global instrumentation valves and fittings market size is expected to grow from USD 3.2 billion in 2019 to USD 3.9 billion by 2025, at a CAGR of 3.0%. The uptrend in the oil & gas industry, mainly in the upstream sector, growth in the electronics & semiconductor industry and a large number of coal-based power projects in the Asian region, and increasing automation are creating scope for the instrumentation valves and fittings market. However, lack of standardization and policy issues are likely to hinder the growth of the instrumentation valves and fittings industry in the future.

“Stainless steel material to dominate instrumentation valves and fittings market during forecast period”
The instrumentation valves and fittings industry is expected to witness limited product development and innovation in the coming years. Productivity improvement, cost control, and solid inventory planning will be the major focus areas of the manufacturers to improve profit margins in the coming years. Manufacturers will look to incorporate new products with tough materials for construction of valve body to increase their strength, mechanical properties, and reliability while reducing the material cost during manufacturing. Instrumentation valves manufactured from stainless steel are expected to hold a major share of the instrumentation valves and fittings market during the forecast period. This is attributed owing to their high demand in the end-use industries, including oil & gas, chemicals, healthcare, and semiconductors.

“Market for valves to grow at highest CAGR from 2019 to 2024”
Valves play a crucial role in the growth of the instrumentation valves and fittings market. Ball valves are used extensively owing to their low pressure drop and the ability to open and close quickly. These valves are used in various transmission, storage, and gas processing applications across industries. Check valves are mainly used in wastewater, portable water, and irrigation applications; these valves also find use in process, mining, food & beverages, oil & gas, and pharmaceuticals industries. The growing use of instrumentation valves in various end-user industries, including oil & gas, healthcare, and chemicals, is fueling the growth of the valves market. As a result, the valves offerings segment is expected to grow at a higher CAGR during the forecast period.

“Oil & gas to dominate instrumentation valves and fittings market (in terms of share) during forecast period”
Instrumentation valves and fittings are used in the oil & gas industry in offshore rigs, refinery plants, and gas handling systems. Valves and fittings used in the oil & gas industry should be able to withstand harsh environmental conditions. As a result, maintenance, repair, and operations (MRO) activities are crucial for valves used in the oil & gas industry. Oil & gas is a cyclical industry; hence, players of this industry procure instrumentation valves and fittings to minimize dependency on suppliers. Over the past few years, oil & gas products have witnessed strong demand from developing nations. Such continuously increasing demand for oil and gas products is expected to drive the instrumentation valves and fittings market.

“APAC to grow at highest CAGR in instrumentation valves and fittings market during forecast period.”
Major semiconductor players, such as Sony, Samsung, LG, and TSMC, have their presence in APAC. Instrumentation valves and fittings are used in fabrication and manufacturing processes of the semiconductor industry. The food & beverages industry in India and China is experiencing rapid growth. Many food & beverages industry players are upgrading their facilities to match international standards. Increased focus on cleanliness and hygiene will boost the demand for ultraclean valves. Hence, the penetration of instrumentation valves and fittings is expected to increase between 2019 and 2025. APAC is witnessing a surge in smart city projects, which is also creating demand for instrumentation valves and fittings products. In recent years, APAC has witnessed tremendous economic growth, political transformation, and social change. Organizations in APAC are expected to invest heavily in deploying instrumentation valves and fittings products, thus, driving the instrumentation valves and fittings market growth.

In the process of determining and verifying the market sizes for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with people holding key positions across several regions. The breakup of the profiles of primary participants has been given below:

• By Company Type: Tier 1 = 30%, Tier 2 = 25%, and Tier 3 = 45%
• By Designation: C-Level Executives = 35%, Directors = 45%, and Others = 20%
• By Region: North America = 45%, Europe = 15%, APAC = 35%, and RoW = 5%

Key players in the instrumentation valves and fittings market include Swagelok (US), Parker Hannifin (US), HY-LOK Corporation (South Korea), Fujikin (Japan), Bray International (US), Circor International (US), Hex Valves (US), AS-Schneider (Germany), Ham-Let (Israel), Oliver Valves (England), and Safelok (England)

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the instrumentation valves and fittings market based on product, material, industry, and geography. It provides detailed information regarding the major factors influencing the growth of the instrumentation valves and fittings industry (drivers, restraints, opportunities, and challenges). It also analyzes the competitive developments—such as joint ventures, collaborations, agreements, contracts, partnerships, mergers and acquisitions, and product launches—carried out by key players to grow in the market.

Reasons to Buy the Report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast pertaining to the instrumentation valves and fittings market based on product, material, industry, and geography have been conducted to provide an overall view of the instrumentation valves and fittings industry.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the instrumentation valves and fittings market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape of the key players in the market and their ranking.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.3 Study Scope
1.3.1 Inclusions and Exclusions
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Market Size Estimation Methodology
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumption
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1 Attractive Opportunities in Instrumentation Valves and Fittings Market
4.2 Market, By Industry
4.3 Market, By Product
4.4 Market in APAC, By Industry & Country
4.5 Market, By Country
5 Market Overview
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Growing Requirement for Reducing Excessive Noise, Pressure, Vibration, and Cavitation in Critical Industrial Processes
5.1.1.2 Increasing Industrialization and Urbanization, Along With Growing Number of Smart City Initiatives
5.1.1.3 Rising Need for Connected Networks to Maintain and Monitor Varieties of Equipment in Plants
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Lack of Standardization of Certification and Policies
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Integration of Iiot-Enabled Instrumentation Valves to Minimize Unexpected Downtime
5.1.3.2 Focus of Valve Manufacturers to Offer Improved Customer Services
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Minimization of Lead Time
5.2 Value Chain Analysis
5.3 Industry Trends
6 Instrumentation Valves Market, By Material
6.1 Introduction
6.2 Stainless Steel
6.3 Alloy Based
6.4 Cast Iron
6.5 Others
7 Instrumentation Valves and Fittings Market, By Product
7.1 Introduction
7.2 Valves
7.2.1 Ball Valves
7.2.2 Needle Valves
7.2.3 Check Valves
7.2.4 Plug Valves
7.2.5 Other Valves
7.3 Fittings
7.3.1 Single Ferrule
7.3.2 Double Ferrule
7.3.3 Pipe Fittings
7.3.4 Flare Fittings
7.3.5 Others
7.4 Pneumatic Actuators
7.5 Others (Gaskets, Manifolds, Glands, in Line Filters)
8 Market, By Industry
8.1 Introduction
8.2 Oil & Gas
8.3 Food & Beverages
8.4 Chemicals
8.5 Healthcare
8.6 Paper and Pulp
8.7 Energy & Power
8.8 Others
9 Market, By Region
9.1 North America
9.1.1 US
9.1.2 Canada
9.1.3 Mexico
9.2 Europe
9.2.1 Germany
9.2.2 UK
9.2.3 France
9.2.4 Rest of Europe
9.3 Asia-Pacific
9.3.1 China
9.3.2 Japan
9.3.3 South Korea
9.3.4 India
9.3.5 Rest of APAC
9.4 RoW
9.4.1 South America
9.4.2 Middle East
9.4.3 Africa
10 Competitive Landscape
10.1 Introduction
10.2 Market Player Ranking Analysis
10.3 Competitive Situation and Trends
10.3.1 New Product Launch/Development
10.3.2 Partnerships/Agreements/Strategic Alliances/Collaborations
10.3.3 Mergers & Acquisitions
10.3.4 Expansions
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Dynamic Differentiators
10.4.3 Innovators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profile
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Swagelok
11.2 Parker Hannifin
11.3 Circor International
11.4 Ham-Let
11.5 Hy-Lok Corporation
11.6 Bray International
11.7 As-Schneider
11.8 Fujikin
11.9 Hex Valve
11.10 Oliver Valves
11.11 Safelok
11.12 SSP Corporation
11.13 Dwyer Instruments
11.14 Fitok
11.15 Other Key Players
11.15.1 Tylok International
11.15.2 Walter Stauffenberg GmbH & Co (Stauff)
11.15.3 Alco Valves Group
11.15.4 Brennan Industries
11.15.5 Waverley Brownall
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix
12.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.2 Marketsandmarkets Knowledge Store: Snapshot
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 4540
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の計装用バルブ及び継手市場:材料別、製品別(バルブ、継手、アクチュエーター)、産業別(半導体、石油&ガス、食品&飲料、化学薬品、ヘルスケア、パルプ&紙、エネルギー&電力)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のアセトン市場2015
    本調査レポートでは、世界のアセトン市場2015について調査・分析し、アセトンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型クーラーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、携帯型クーラーの世界市場について調べ、携帯型クーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、携帯型クーラーの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は携帯型クーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・携帯型クーラーの市場状況 ・携帯型クーラーの市場規模 ・携帯型クーラーの市場予測 ・携帯型クーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・携帯型クーラーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向 …
  • ロシアの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • トライク(3輪バイク)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、トライク(3輪バイク)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、トライク(3輪バイク)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はトライク(3輪バイク)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bombardier Recreational Products、Campagna Motors、Harley Davidson、Polaris Industries等です。
  • シングルユースバイオリアクターの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シングルユースバイオリアクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、分子タイプ別分析、細胞タイプ別分析、用途別分析、シングルユースバイオリアクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ディジタル保存装置の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ディジタル保存装置の世界市場について調査・分析し、ディジタル保存装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディジタル保存装置の世界市場:市場動向分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:競争要因分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:デバイス種類別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の北米市場規模 ・ディジタル保存装置の欧州市場規模 ・ディジタル保存装置のアジア市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 二軸スクリューポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、二軸スクリューポンプの世界市場について調査・分析し、二軸スクリューポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別二軸スクリューポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、二軸スクリューポンプ種類別分析()、二軸スクリューポンプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・二軸スクリューポンプの市場概観 ・二軸スクリューポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・二軸スクリューポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・二軸スクリューポンプの世界市場規模 ・二軸スクリューポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・二軸スクリューポンプのアメリカ市場規模推移 ・二軸スクリューポンプのカナダ市場規模推移 ・二軸スクリューポンプのメキシコ市場規模推移 ・二軸スクリューポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・二軸スクリューポンプのドイツ市場規模推移 ・二軸スクリューポンプのイギリス市場規模推移 ・二軸スクリューポン …
  • 電極ペーストの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電極ペーストの世界市場について調査・分析し、電極ペーストの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電極ペーストシェア、市場規模推移、市場規模予測、電極ペースト種類別分析(ブリケット型、台形型、シリンダ―型)、電極ペースト用途別分析(合金鉄、炭化カルシウム、金属洗浄プロセス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電極ペーストの市場概観 ・電極ペーストのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電極ペーストのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電極ペーストの世界市場規模 ・電極ペーストの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電極ペーストのアメリカ市場規模推移 ・電極ペーストのカナダ市場規模推移 ・電極ペーストのメキシコ市場規模推移 ・電極ペーストのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電極ペーストのドイツ市場規模推移 ・電極ペーストのイギリス市場規模推移 ・電極ペーストのロシア市場規模推移 ・電極ペーストのアジア市場分析 …
  • NSCLC治療薬の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、NSCLC治療薬の世界市場について調査・分析し、NSCLC治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・NSCLC治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・NSCLC治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・NSCLC治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のアクリル酸メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のアクリル酸メチル市場2015について調査・分析し、アクリル酸メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの鉄鋼産業展望
  • 自動車OBD(自己診断機能)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車OBD(自己診断機能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車OBD(自己診断機能)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車OBD(自己診断機能)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.55%成長すると予測しています。
  • エアスタータの世界市場:ベーンエアスタータ、タービンエアスタータ
    当調査レポートでは、エアスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用コーヒーグラインダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家庭用コーヒーグラインダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用コーヒーグラインダー市場規模、用途別(自動式、その他)分析、製品別(電動バーグラインダー、電動ブレードグラインダー、手動バーグラインダー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場概要 ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場環境 ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場動向 ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場規模 ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場:業界構造分析 ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場:用途別(自動式、その他) ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場:製品別(電動バーグラインダー、電動ブレードグラインダー、手動バーグラインダー) ・家庭用コーヒーグラインダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用コーヒーグラインダーのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用コーヒーグラインダーのヨーロッパ市 …
  • 双極性障害治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・双極性障害の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・双極性障害の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・双極性障害治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・双極性障害治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・双極性障害治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・双極性障害治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • e-バイクの世界市場:種類別(ペダルアシスト、スロットル、スピードペデレック、原付・オートバイ)、電池の種類別(リン酸鉄リチウム、リチウムイオン、ニッケル水素、リチウムポリマー、チタン酸リチウム、その他)、変換キットの種類別(ハブモーター、ミッドドライブ、オールインワンホイール、摩擦駆動式)、地域別予測
    本資料は、e-バイクの世界市場について調べ、e-バイクの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ペダルアシスト、スロットル、スピードペデレック、原付・オートバイ)分析、電池の種類別(リン酸鉄リチウム、リチウムイオン、ニッケル水素、リチウムポリマー、チタン酸リチウム、その他)分析、変換キットの種類別(ハブモーター、ミッドドライブ、オールインワンホイール、摩擦駆動式)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはRobert Bosch GmbH、Accell Group N.V.、Giant Manufacturing Co. Ltd.、Derby Cycle Holding GmbH、Jiangsu Xinri E-Vehicle Co. Ltd.、Panasonic Corp、Bionx International Corporation、Mahindra & Mahindra Ltd.、Samsung SDI Co. Ltd.、Prodeco Technologies LLC …
  • マイクロ流体の世界市場予測
  • 小型衛星の世界市場:ミニサテライト、マイクロサテライト、ナノサテライト、ピコサテライト、フェムトサテライト
    当調査レポートでは、小型衛星の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ミニサテライト、マイクロサテライト、ナノサテライト、ピコサテライト、フェムトサテライト)分析、用途別(画像、地球観測、衛星通信、科学&探査、技術開発、宇宙状況認識)分析、エンドユーザー別(市民、商業、政府、防衛)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・小型衛星の世界市場:種類別(ミニサテライト、マイクロサテライト、ナノサテライト、ピコサテライト、フェムトサテライト) ・小型衛星の世界市場:用途別(画像、地球観測、衛星通信、科学&探査、技術開発、宇宙状況認識) ・小型衛星の世界市場:エンドユーザー別(市民、商業、政府、防衛) ・小型衛星の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場の規模と予測:用途別(腫瘍学、リプロダクティブヘルス)、技術別(ターゲットシーケンス)、ワークフロー別(データ分析)、エンドユーザー別(学術・臨床研究)、動向分析、2014-2025
    本調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場動向、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング(NGS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 整形外科向け矯正装置の世界市場:用途別(股関節、膝関節、脊椎、頭蓋・顎顔面、歯科、SET)、製品別(関連装具、手術装置)、セグメント予測
    整形外科向け矯正装置の世界市場は2025年には477億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、交通事故の発生増加と整形外科疾患の有病率の増加に伴う整形外科手術の需要の高さなどが考えられます。本調査レポートでは、整形外科向け矯正装置の世界市場について調査・分析し、整形外科向け矯正装置の世界市場動向、整形外科向け矯正装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別整形外科向け矯正装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 主要ディスプレイ技術およびデバイスの世界市場予測(~2022):LED、OLED、バーチャル網膜ディスプレイ、量子ドット、フレキシブルディスプレイ、インタラクティブディスプレイ、3Dディスプレイ、スクリーンレスディスプレイ
    当調査レポートでは、主要ディスプレイ技術およびデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、形態別分析、原料別分析、種類別分析、主要ディスプレイ技術およびデバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スーパーフルーツジュースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スーパーフルーツジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、スーパーフルーツジュースの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:展開タイプ別(クラウドおよびオンプレミス)、技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、および音声認識)、組織規模別(大企業および中小企業)、業種別(メディアおよび広告、BFSI、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、自動車&輸送、その他)
    当調査レポートでは、エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、展開タイプ別分析、技術別分析、組織規模別分析、業種別、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:展開タイプ別(クラウドおよびオンプレミス) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、および音声認識) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:組織規模別(大企業および中小企業) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:業種別(メディアおよび広告、BFSI、IT&テレコム、小売、ヘルスケア、自動車&輸送、その他) ・エンタープライズ人工知能(AI)の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • トルコの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 自動車用ショックアブソーバー及びストラットの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ショックアブソーバー及びストラットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ショックアブソーバー及びストラットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アクセス制御・認証の世界市場
    当調査レポートでは、アクセス制御・認証の世界市場について調査・分析し、アクセス制御・認証の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の政府部門におけるスマートカード市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の政府部門におけるスマートカード市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライフスタイル分析、世界の政府部門におけるスマートカード市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場魅力度分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場規模が2017年131.5億ドルから2026年466.2億ドルまで年平均15.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレスRFIDリーダー市場規模、種類別(ポータブル型、固定型・壁掛け型)分析、作動システム別(Windows、アンドロイド、メディアアクセス制御(MAC)、その他の作動システム)分析、用途別(在庫管理、人事トラッキング、資産管理、アクセス制御)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場:市場動向分析 ・ ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場:競争要因分析 ・ ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場:種類別(ポータブル型、固定型・壁掛け型) ・ ワイヤレスRFIDリーダーの世界市場:作動システム別(Windows、アンドロイド、メディアアクセス …
  • イギリスの市場見通し(~2021年)
  • 基油の世界市場
    当調査レポートでは、基油の世界市場について調査・分析し、基油の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • EV充電用通信装置の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、EV充電用通信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、システム別(EVCCおよびSECC)分析、充電タイプ別(有線、無線)分析、電気自動車種類別(BEVおよびPHEV)分析、車両タイプ別(乗用車および商用車)分析、EV充電用通信装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、EV充電用通信装置の世界市場規模が2019年55百万ドルから2027年563百万ドルまで年平均33.8%成長すると予測しています。
  • 肝臓-大腸転移(Hepatic – Colorectal Metastasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の概要 ・肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝臓-大腸転移(Hepatic - Colorectal Metastasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 脂肪酸エステルの世界市場:モノステアリン酸グリセリン、パルミチン酸イソプロピル、中鎖脂肪酸トリグリセリド
    当調査レポートでは、脂肪酸エステルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・脂肪酸エステルの世界市場:製品別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルのアメリカ市場規模予測 ・脂肪酸エステルのヨーロッパ市場規模予測 ・脂肪酸エステルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 中国の防護服市場2015
    本調査レポートでは、中国の防護服市場2015について調査・分析し、防護服の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CCR4阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR4阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR4阻害薬の概要 ・CCR4阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR4阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR4阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR4阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポリカーボネートの世界市場分析:用途別(輸送、電気・電子、建設、包装、消費財、光学メディア、医療機器)、動向分析
    本調査レポートでは、ポリカーボネートの世界市場について調査・分析し、ポリカーボネートの世界市場動向、ポリカーボネートの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリカーボネート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブリスター包装の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ブリスター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、ブリスター包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤の概要 ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トランスクリプション5のシグナル物質と活性因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 発泡断熱材の世界市場:ポリスチレン、ポリウレタン・ポリイソシアヌレート、ポリオレフィン、フェノール、エラストマー
    当調査レポートでは、発泡断熱材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、発泡断熱材市場規模、製品種類別(ポリスチレン、ポリウレタン・ポリイソシアヌレート、ポリオレフィン、フェノール、エラストマー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Armacell, BASF, Covestro, DowDuPont, Huntsman International, Saint-Gobain, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・発泡断熱材の世界市場概要 ・発泡断熱材の世界市場環境 ・発泡断熱材の世界市場動向 ・発泡断熱材の世界市場規模 ・発泡断熱材の世界市場:業界構造分析 ・発泡断熱材の世界市場:製品種類別(ポリスチレン、ポリウレタン・ポリイソシアヌレート、ポリオレフィン、フェノール、エラストマー) ・発泡断熱材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・発泡断熱材の北米市場規模・予測 ・発泡断熱材のヨーロッパ・中東・ …
  • カルボキシメチルセルロースの世界市場分析:用途別(化粧品・医薬品、食品・飲料、石油・ガス、紙・段ボール、洗剤)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、カルボキシメチルセルロースの世界市場について調査・分析し、カルボキシメチルセルロースの世界市場動向、カルボキシメチルセルロースの世界市場規模、市場予測、セグメント別カルボキシメチルセルロース市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラスロッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブラスロッドの世界市場について調査・分析し、ブラスロッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブラスロッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブラスロッド種類別分析(従来型、特別型)、ブラスロッド用途別分析(機械、自動車、電気、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブラスロッドの市場概観 ・ブラスロッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブラスロッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブラスロッドの世界市場規模 ・ブラスロッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブラスロッドのアメリカ市場規模推移 ・ブラスロッドのカナダ市場規模推移 ・ブラスロッドのメキシコ市場規模推移 ・ブラスロッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブラスロッドのドイツ市場規模推移 ・ブラスロッドのイギリス市場規模推移 ・ブラスロッドのロシア市場規模推移 ・ブラスロッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • シュガーフリー食品・飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シュガーフリー食品・飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シュガーフリー食品・飲料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ガス絶縁変圧器の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガス絶縁変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(計器用変成器、その他)別分析、電圧別分析、設置別分析、需要先別分析、ガス絶縁変圧器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートパッケージングの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、スマートパッケージングの世界市場について調査・分析し、スマートパッケージングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. スマートパッケージング市場の概要 3. スマートパッケージングの世界市場2016-2026 4. スマートパッケージングの需要先別2次市場2016-2026 5. スマートパッケージングの技術別2次市場2016-2026 6. スマートパッケージングの主要国市場2016-2026 7. スマートパッケージング市場のSWOT分析 8. スマートパッケージング市場における主要企業 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 世界の塩基性硫酸クロム市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩基性硫酸クロム市場2016について調査・分析し、塩基性硫酸クロムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポータブル発電機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ポータブル発電機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブル発電機市場規模、種類別(ディーゼル、ガス)分析、エンドユーザー別(住宅用、商業用、産業・インフラ用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブル発電機の世界市場概要 ・ポータブル発電機の世界市場環境 ・ポータブル発電機の世界市場動向 ・ポータブル発電機の世界市場規模 ・ポータブル発電機の世界市場:業界構造分析 ・ポータブル発電機の世界市場:種類別(ディーゼル、ガス) ・ポータブル発電機の世界市場:エンドユーザー別(住宅用、商業用、産業・インフラ用) ・ポータブル発電機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポータブル発電機の北米市場規模・予測 ・ポータブル発電機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポータブル発電機のアジア太平洋市場規模・予測 ・ポータブル発電機の主要国分析 ・ポータブル発電機の世界市場:意思決定フレームワーク ・ポータブル …
  • スマートロックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートロック市場規模、エンドユーザー別(住宅、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allegion, APX Group, ASSA ABLOY, SALTO Systems, Spectrum Brandsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートロックの世界市場概要 ・スマートロックの世界市場環境 ・スマートロックの世界市場動向 ・スマートロックの世界市場規模 ・スマートロックの世界市場:業界構造分析 ・スマートロックの世界市場:エンドユーザー別(住宅、その他) ・スマートロックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートロックの北米市場規模・予測 ・スマートロックのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートロックのアジア太平洋市場規模・予測 ・スマートロックの主要国分析 ・スマートロックの世界市場:意思決定フレームワーク ・スマートロッ …
  • 細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性心内膜炎(Bacterial Endocarditis)治療薬剤
  • 中国のメモリーカード‎市場2015
    本調査レポートでは、中国のメモリーカード‎市場2015について調査・分析し、メモリーカード‎の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の股関節置換処置動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"