"世界のプッシュトゥトーク市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソリューション、サービス)、ネットワーク種類別(LMRおよびセルラー)、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別(公共安全、政府および防衛、商業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7493)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のプッシュトゥトーク市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソリューション、サービス)、ネットワーク種類別(LMRおよびセルラー)、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別(公共安全、政府および防衛、商業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for PTT over Cellular (PoC) to drive the demand for Push to Talk (PTT)
MarketsandMarkets forecasts the global PTT market size to grow from USD 25.0 billion in 2019 to USD 38.4 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 9.0% from 2019 to 2024. Major factors expected to drive the growth of the PTT market include the demand for PoC, proliferation of rugged and ultra-rugged smartphones, need for driver safety, and transition of Land Mobile Radio (LMR) systems from analog to digital.

By organization size, the large enterprises segment to account for a higher share of the PTT market during the forecast period
Enterprises with more than 1,000 employees are categorized as large enterprises. Large enterprises are the early adopters of the PTT technology, as they have a high number of field-related works and possess strong budget capabilities. They are significantly investing in PTT solutions and associated services to efficiently manage their workforce communication. They majorly focus on the efficiency of connectivity services, as they tend to be more risk-averse in their business interactions. Additionally, they are more geographically dispersed with a high scale of business operations, which involves the need for real-time and secured communications, and ability to share multimedia contents. The emergence of cloud-based PTT also allows for instant real-time communication between workforce teams by using their own devices. The PoC solution is device-agnostic, and hence, the large enterprises can leverage their employees’ devices to install PoC applications in these devices for communication purposes.

Under network types, the LMR segment to hold a larger chunk of the PTT market share during the forecast period
The LMR network type is expected to hold a higher market share, owing to the major investments in the LMR system from commercial, defense and public safety, and transportation sectors. Despite the availability of several inexpensive radio products built over P25 (phase I and phase II) and radio technologies, it is extremely difficult for manufacturers to follow the industry standards, such as TETRA and DMR, to develop their LMR products. The development of LMR over these technologies requires extensive testing, which increases the overall development cost of the products.

Among regions, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
The APAC PTT market is expected to record the highest growth rate during the forecast period, due to the rising adoption of PoC across enterprise verticals, such as transportation and logistics, travel and hospitality, and construction. The region is also the fastest adopter of smartphones, which further augment the adoption of PoC solutions. Additionally, major countries of APAC, such as China, Japan, and Singapore, have the best telecom infrastructure that allows for seamless connectivity via the PTT solution.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the PTT market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 35%
• By Designation: C-Level – 35%, Directors – 25%, Managers–20%, and Others -20%
• By Region: North America – 40%, Europe – 35%, APAC – 20%, and RoW – 5%
The following key PTT vendors are profiled in the report:
• AINA Wireless (US)
• AT&T (US)
• Azetti Networks (Spain)
• Bell Canada (Canada)
• ESChat (US)
• GroupTalk (Sweden)
• Hytera (China)
• iPTT (England)
• Iridium (US)
• Motorola Solutions (US)
• Orion (US)
• Qualcomm (US)
• Sprint (US)
• Simoco Wireless Solutions (England)
• TAIT (New Zealand)
• Telstra (Australia)
• Verizon Wireless (US)
• VoiceLayer (US)
• Voxer (US)
• Zebra (US)
• Zello (US)
• Zinc by ServiceMax (US)

Research Coverage
The PTT market is segmented by component (hardware, solutions, and services), organization size, network type, vertical, and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overview; services; key strategies; new service and product launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the PTT market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the PTT market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, challenges, and opportunities.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のプッシュトゥトーク市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソリューション、サービス)、ネットワーク種類別(LMRおよびセルラー)、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別(公共安全、政府および防衛、商業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 12)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Inclusions and Exclusions
1.4 Market Scope
1.4.1 Market Segmentation
1.4.2 Regional Scope
1.4.3 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Push to Talk Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Service, 2019—2024
4.4 Market By Organization Size, 2019—2024
4.5 Market By Network Type, 2019 — 2024
4.6 Market By Vertical, 2019 Vs. 2024
4.7 Market By Commercial Vertical, 2017—2024
4.8 Market Investment Scenario (2019–2024)
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for POC
5.2.1.2 Proliferation of Rugged and Ultra-Rugged Smartphones
5.2.1.3 Growing Need for Driver Safety
5.2.1.4 Transition of LMR Systems From Analog to Digital
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 High-Speed 5g Network for Enhancing PTT-Related Operations
5.2.2.2 Standardization of Infrastructure Platforms
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 LMR and PTT Interoperability Issues
5.2.3.2 High On-Going Investments By the Public Sector to Deploy LMR Systems
5.3 Industry use Cases
5.3.1 Use Case 1: Orion Labs Increases Summit Hospitality Group’s Operational Efficiency Across Multiple Properties With Its PTT Voice Services
5.3.2 Use Case 2: Iridium Helps Protect Communities and Wildlife in Kenya With Its PTT Solution and Services
5.3.3 Use Case 3: Zello Helped Yrc Worldwide to Improve Communications for Dispatchers
5.4 1- Many Push-To-Talk Over Cellular Session
6 Push to Talk Market By Component (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Smartphones Expected to Drive the Adoption of Push to Talk
6.3 Solutions
6.3.1 Push to Talk Enables Secured and Reliable Communication for Mission and Non-Mission Critical Purposes
6.4 Services
6.4.1 Consulting
6.4.2 Implementation
6.4.2.1 Implementation Services to Offer Significant Revenue Growth Opportunities in Asia Pacific
6.4.3 Support and Maintenance
6.4.3.1 Field Service Assurance to Fuel the Demand for Support and Maintenance Services
7 Push to Talk Market By Organization Size (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 POC Provides Wide Range Communication for Large Enterprises
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1.1 Cost-Effectiveness of Cloud-Based Solutions to Drive the Demand Among Small and Medium-Sized Enterprises
8 Push to Talk Market By Network Type (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Land Mobile Radio
8.2.1.1 Public Safety Vertical is the Major Adopter of Land Mobile Radio Systems
8.3 Cellular
8.4 Long Term Evolution to Drive the Cellular Push to Talk
9 Push to Talk Market By Vertical (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Public Safety
9.2.1 Land Mobile Radio a Reliable Network for Mission Critical Communication
9.3 Government and Defense
9.3.1 Use of Push to Talk Solutions to Augment the Existing use of Land Mobile Radios
9.4 Commercial
9.5 POC Solution to Drive the Demand for Push to Talk Solutions Across the Commercial Vertical
9.6 Transportation and Logistics
9.6.1.1 Push to Talk Solution is a Vital Tool for the Fleet Dispatchers
9.7 Travel and Hospitality
9.7.1.1 POC to Improve Overall Guest and Traveler Experience
9.8 Energy and Utilites
9.8.1.1 Push to Talk Devices Enable Real-Time Communication and Ensure Safety of the Large Workforce
9.9 Construction
9.9.1.1 Push to Talk Solutions Offer an Effective Communication Tool on Construction Sites
9.10 Manufacturing
9.10.1.1 Push to Talk Solutions Help Manufacturers to Improve Worker Safety and Improved Productivity
9.11 Others
10 Push to Talk Market By Region (Page No. – 69)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 Firstnet Driving the Demand for Lte Based PTT Solution in Public Safety
10.3 United States
10.3.1 Highly Developed Telecom Infrastructure and Presence of Many PTT Vendors to Drive PTT Market Growth in the US
10.4 Canada
10.4.1 Adoption of Critical Communication Solutions Todrive PTT Market Growth in Canada
10.5 Europe
10.5.1 PSCE Initiatives Towards Citizen Safety to Drive the Adoption of PTT Solutions
10.6 United Kingdom
10.6.1 Increasing Demand for Digital Transformation to Boost PTT Market Growth in the UK
10.7 Germany
10.7.1 Lack of 5g Readiness to Hinder the Deployment of Advanced PTT Solutions
10.8 Rest of Europe
10.9 Asia Pacific
10.9.1 Proliferation of Smartphones and Better Cellular Connectivity to Drive POC Adoption in APAC
10.10 China
10.10.1 CCSA Adoption of 3Gpp Standards is Expected to Drive the Adoption of POC Solutions
10.11 Japan
10.11.1 Government Initiatives to Improve Public Safety and Worker Productivity to Drive the Market Growth in Japan
10.12 Rest of Asia Pacific
10.13 Latin America
10.13.1 Government Initiatives for Lte Adoption to Drive the POC Solutions
10.14 Brazil
10.14.1 Established 4G Lte Networks to Boost the Adoption of POC Solutions in Brazil
10.15 Mexico
10.15.1 Telecom Reforms to Boost the Adoption of PTT Technology in Mexico
10.16 Rest of Latin America
10.17 Middle East and Africa
10.17.1 Prevalence of Digital LMR to Boost the PTT Adoption in Mea
10.18 United Arab Emirates
10.18.1 Adoption of Lte to Drive PTT Market in the Middle East
10.19 Kingdom of Saudi Arabia
10.19.1 Focus on Safe Communications is Expected to Drive the Adoption of Mcptt Solutions in Ksa
10.20 Rest of Middle East and Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 106)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product Launches and Product Enhancements
11.2.2 Mergers and Acquisitions
11.2.3 Agreements and Partnerships
11.3 Market Ranking of Key Players
12 Company Profiles (Page No. – 109)
12.1 Introduction
12.2 AT&T
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Solutions Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.3.1 Organic Growth Strategies
12.2.4 MnM View
12.3 Verizon Wireless
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Solutions Offered
12.3.3 MnM View
12.4 MotoRoLA Solutions
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.4.3 Recent Developments
12.4.3.1 Organic Growth Strategies
12.4.4 MnM View
12.5 Sprint
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Solutions Offered
12.5.3 MnM View
12.6 Bell Canada
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Solutions Offered
12.7 Iridium
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products and Services Offered
12.7.3 Recent Developments
12.7.3.1 Organic Growth Strategies
12.7.3.2 Inorganic Growth Strategies
12.8 Qualcomm
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Solutions Offered
12.8.3 Recent Developments
12.8.3.1 Organic Growth Strategies
12.9 Tait Communications
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.9.3 Recent Developments
12.9.3.1 Organic Growth Strategies
12.10 Zebra
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Solutions Offered
12.10.3 Recent Developments
12.10.3.1 Organic Growth Strategies
12.11 Telstra
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products Offered
12.11.3 Recent Developments
12.11.3.1 Organic Growth Strategies
12.11.3.2 Inorganic Growth Strategies
12.12 Simoco Wireless Solutions
12.12.1 Products Offered
12.12.2 Recent Developments
12.12.2.1 Inorganic Growth Strategies
12.13 Orion
12.14 Zello
12.15 VoiceLayer
12.16 Grouptalk
12.17 Voxer
12.18 IPTT
12.19 ESChat
12.2 Aina Wireless
12.21 Azetti Networks
12.22 Zinc By ServiceMax
12.23 Hytera
13 Appendix (Page No. – 138)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customization
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のプッシュトゥトーク市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソリューション、サービス)、ネットワーク種類別(LMRおよびセルラー)、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別(公共安全、政府および防衛、商業)、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7493
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のプッシュトゥトーク市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソリューション、サービス)、ネットワーク種類別(LMRおよびセルラー)、組織規模別(中小企業および大企業)、業種別(公共安全、政府および防衛、商業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 生分解性パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、生分解性パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生分解性パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・生分解性パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・生分解性パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・生分解性パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・生分解性パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・生分解性パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • Gタンパク質共役受容体119アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGタンパク質共役受容体119アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Gタンパク質共役受容体119アゴニストの概要 ・Gタンパク質共役受容体119アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のGタンパク質共役受容体119アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Gタンパク質共役受容体119アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Gタンパク質共役受容体119アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のアセトニル・アセテート市場2016
    本調査レポートでは、世界のアセトニル・アセテート市場2016について調査・分析し、アセトニル・アセテートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート・バスルームの世界市場:非接続式水栓、スマートトイレ、水石鹸入れ、水槽、ハンドドライヤー、スマートウインドウ
    当調査レポートでは、スマート・バスルームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・バスルームの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 配電変圧器のアジア太平洋市場
  • ブロックチェーン技術の世界市場予測(~2021年):支払、両替、スマートコントラクト、ドキュメンテーション、デジタルアイデンティティ、清算・決済
    当調査レポートでは、ブロックチェーン技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プロバイダー別分析、用途別分析、企業規模別分析、産業別分析、ブロックチェーン技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフ旅行の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゴルフ旅行の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ旅行の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データ統合の世界市場予測(~2022年):データ統合ツール、データ統合サービス
    当調査レポートでは、データ統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ビジネス用途別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、データ統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ココナッツウォーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 液体包装の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、液体包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、パッケージ種類別分析、樹脂種類別分析、技術別分析、地域別分析、液体包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生医療の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、再生医療の世界市場動向、再生医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別再生医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築プロジェクト管理ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、建築プロジェクト管理ソフトウェア種類別分析(パソコンインストール型ソフトウェア、携帯端末インストール型ソフトウェア、クラウドベースソフトウェア)、建築プロジェクト管理ソフトウェア用途別分析(ゼネラルコントラクター、個人建設マネージャー、請負業者 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの市場概観 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの世界市場規模 ・建築プロジェクト管理ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築プロジェクト管理ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・建築プ …
  • いびき防止用マウスピースの世界市場予測2019-2024
    「いびき防止用マウスピースの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、調整可能、調整不可など、用途別には、Male、Femaleなどに区分してまとめた調査レポートです。いびき防止用マウスピースのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・いびき防止用マウスピースの世界市場概要(サマリー) ・いびき防止用マウスピースの企業別販売量・売上 ・いびき防止用マウスピースの企業別市場シェア ・いびき防止用マウスピースの世界市場規模:種類別(調整可能、調整不可) ・いびき防止用マウスピースの世界市場規模:用途別(Male、Female) ・いびき防止用マウスピースの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・いびき防止用マウスピースのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・いびき防止用マウスピースの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・いびき防止用マウスピースの中東・アフリカ市場( …
  • トール油脂肪酸の世界市場
    当調査レポートでは、トール油脂肪酸の世界市場について調査・分析し、トール油脂肪酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の包装用ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界の包装用ロボット市場2015について調査・分析し、包装用ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフレーク製氷機市場2016
    本調査レポートでは、世界のフレーク製氷機市場2016について調査・分析し、フレーク製氷機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脅威インテリジェンスの世界市場予測(~2023年)
    脅威インテリジェンスの市場は、2018年の53億米ドルから2023年には129億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は19.7%と予測されています。当調査レポートでは、脅威インテリジェンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別(脅威インテリジェンスプラットフォーム、SIEM、IAM、SVM、リスク・コンプライアンス管理、インシデントフォレンジック)分析、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)分析、導入モード別分析、組織サイズ別分析、脅威インテリジェンスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用IoT(IIoT)チップセットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用IoT(IIoT)チップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用IoT(IIoT)チップセットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドライコンテナフリートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドライコンテナフリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ドライコンテナフリートの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ドライコンテナは、20-40フィートの大きさの鋼鉄製またはアルミ製のコンテナです。ドライコンテナは、衣服、繊維製品、日用品・雑貨、各種容器 (カートン・袋・ドラム缶・箱・パレット等)入り商品、ばら荷積み貨物など、あらゆる乾燥した貨物 の搬送に適しています。Technavio社はドライコンテナフリートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Maersk Group, • MSC, • CMA CGM Group, • China COSCO Shipping.等です。
  • 自動車変速機ダイナモメータの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車変速機ダイナモメータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車変速機ダイナモメータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車変速機ダイナモメータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SuperFlow Dynamometers & Flowbenches、Meidensha、HORIBA MIRA、SAKOR Technologies、Taylor Dynamometer、Power Test等です。
  • 自律走行車市場動向
  • 医薬品ラベリングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医薬品ラベリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品ラベリングの世界市場規模及び予測、ラベル種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コントロールバルブ(調節弁)の世界市場予測(~2023年):リニア制御弁、ロータリーバルブ
    当調査レポートでは、コントロールバルブ(調節弁)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、大きさ別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、コントロールバルブ(調節弁)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先端超音波画像システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、先端超音波画像システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、先端超音波画像システム市場規模、製品別(3D・4D、5D)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canon Medical Systems, GE Healthcare, Samsung Healthcare, Siemens Healthcare, Koninklijke Philipsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・先端超音波画像システムの世界市場概要 ・先端超音波画像システムの世界市場環境 ・先端超音波画像システムの世界市場動向 ・先端超音波画像システムの世界市場規模 ・先端超音波画像システムの世界市場:業界構造分析 ・先端超音波画像システムの世界市場:製品別(3D・4D、5D) ・先端超音波画像システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・先端超音波画像システムの北米市場規模・予測 ・先端超音波画像システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 …
  • レーザ刻印機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、レーザ刻印機械の世界市場規模が2017年21.0億ドルから2026年40.9億ドルまで年平均7.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、レーザ刻印機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザ刻印機械市場規模、レーザー種類別(YVO4レーザー、イットリウムアルミニウムガーネットレーザー、紫外線レーザー、半導体レーザータイプ、グリーンレーザー)分析、製品別(ポータブル型、ハンドヘルド型、デスクトップ型、その他の製品)分析、エンドユーザー別(精密機器、パッケージング、石油ガス、移動通信、軍事・防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ レーザ刻印機械の世界市場:市場動向分析 ・ レーザ刻印機械の世界市場:競争要因分析 ・ レーザ刻印機械の世界市場:レーザー種類別(YVO4レーザー、イットリウムアルミニウムガーネットレーザー、紫外線レーザー、半導体レーザータイプ、グリーンレーザー) ・ レーザ …
  • 重症筋無力症(Myasthenia Gravis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の概要 ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 欧州のリーフスプリング(板ばね)市場動向・予測
  • 建物用断熱材の世界市場予測(~2021年):ガラスウール断熱材、ストーンウール断熱材、EPS、XPS、PUフォーム、ポリイソシアヌレート、フェノール・フォーム
    当調査レポートでは、建物用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、建物用断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用安全システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用安全システム市場規模、提供物別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、電気自動車別(燃料電池電気自動車(FCEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテリー式電気自動車(BEV))分析、技術別(受動型安全システム、むち打ち症保護システム、乗員保護、能動型安全システム)分析、オフハイウェー車別(建設用車両、農業用車両)分析、オンハイウェイ車別(小型商用車(LCV)、乗用車(PC)、トラック、バス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用安全システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用安全システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用安全システムの世界市場:提供物別(ソフトウェア、ハードウェア) ・ 自動車用安全システムの世界市場:電気自動車別(燃料電池電気自動車(FCEV)、ハイブリッド電気自動車( …
  • 水路測量装置の世界市場:ポジショニングシステム、水中音響システム、海洋地球物理学システム、海洋学装置
    当調査レポートでは、水路測量装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 天然澱粉の世界市場
    当調査レポートでは、天然澱粉の世界市場について調査・分析し、天然澱粉の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 天然澱粉の世界市場:市場動向分析 - 天然澱粉の世界市場:競争要因分析 - 天然澱粉の世界市場:製品の種類別 ・天然馬鈴薯澱粉 ・天然ワキシーコーンスターチ ・天然トウモロコシ澱粉 ・天然小麦澱粉 ・その他 - 天然澱粉の世界市場:由来別 ・米 ・小麦 ・キャッサバ ・トウモロコシ ・ジャガイモ ・その他 - 天然澱粉の世界市場:形状別 ・ジェル ・粉末 ・その他 - 天然澱粉の世界市場:用途別 ・非食品用 ・食品&飲料 - 天然澱粉の世界市場:主要地域別分析 - 天然澱粉の北米市場規模(アメリカ市場等) - 天然澱粉のヨーロッパ市場規模 - 天然澱粉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・天然澱粉の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 解乳化剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、解乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、解乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバー保険の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、サイバー保険の世界市場について調査・分析し、サイバー保険の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・サイバー保険の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・サイバー保険の世界市場:セグメント別市場分析 ・サイバー保険の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • プロジェクションマッピングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロジェクションマッピングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、投写距離別(標準、短距離)分析、次元別(2D、3D、4D)分析、用途別(イベント、フェスティバル、大規模会場、小売・エンターテイメント)分析、プロジェクションマッピングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のパッケージ変電所市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、アジア太平洋のパッケージ変電所市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、主要国別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトリメチルほう素(TMB)市場2016
    本調査レポートでは、世界のトリメチルほう素(TMB)市場2016について調査・分析し、トリメチルほう素(TMB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの食品サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの食品サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの食品サービス市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セイボリー成分の世界市場予測:酵母エキス、植物タンパク質加水分解物、動物性蛋白質加水分解物、グルタミン酸ソーダ、ヌクレオチド
    当調査レポートでは、セイボリー成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、由来別分析、地域別分析、セイボリー成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 世界のシャワートロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のシャワートロリー市場2016について調査・分析し、シャワートロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの心臓人工弁市場(~2021)
  • 食品安全性検査の世界市場
    当調査レポートでは、食品安全性検査の世界市場について調査・分析し、食品安全性検査の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・食品安全性検査の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・食品安全性検査の世界市場:セグメント別市場分析 ・食品安全性検査の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アメリカの肩関節置換処置動向(~2021)
  • 眼炎(Ocular Inflammation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における眼炎(Ocular Inflammation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、眼炎(Ocular Inflammation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・眼炎(Ocular Inflammation)の概要 ・眼炎(Ocular Inflammation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の眼炎(Ocular Inflammation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・眼炎(Ocular Inflammation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 女性用避妊用具・避妊薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 中国のテラヘルツ波システム市場2015
    本調査レポートでは、中国のテラヘルツ波システム市場2015について調査・分析し、テラヘルツ波システムの中国市場概要、市場規模、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • グローバルの風力発電市場2016
  • 表面実装技術(SMT)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、表面実装技術(SMT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、装置別分析、用途別分析、地域別分析、表面実装技術(SMT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酒気検知器の世界市場分析:技術別(燃料電池、半導体センサー、赤外線(IR)分光法、その他)、用途別(薬物乱用検出、アルコール検出、医療用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、酒気検知器の世界市場について調査・分析し、酒気検知器の世界市場動向、酒気検知器の世界市場規模、市場予測、セグメント別酒気検知器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"