"世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7482)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing trend of using deep cycle technology in stationary AGM batteries propelling growth of AGM battery market”
The global AGM battery market is expected to grow at a CAGR of 5.3% from 2019 to 2025, reaching USD 13.9 billion by 2025 from USD 10.2 billion in 2019. Stationary batteries are seldom used for backup power, power supply storage, and emergency power applications. These batteries are meant for stand-by power supply applications with excellent long deep discharges. These batteries are used in static applications in the industrial sector, medical equipment, telecommunication devices, energy storage sector such as emergency lighting, and also by utilities. They are also applicable for stationary heavy duty applications such as backup power supply for UPS & emergency systems, standby power supply for ship & marine use, and power supply storage for solar & wind energy.

“AGM batteries with a voltage range of 12 Volts & above accounted for largest share during forecast period”
AGM batteries with a voltage range of 12 Volts & above are expected to hold a significant share of the AGM battery market during the forecast period. The majority of the manufacturers prefer these batteries as they support and power high-current applications and have a long life span. These batteries are one of the most demanded batteries giving a high-current performance and having longer design life. AGM batteries with this voltage range are equipped with high capacity and unmatched capabilities.

“Market for OEM end user segment to grow at significant CAGR during forecast period”
The AGM battery market for the OEM end user has a significant opportunity for applications such as automotive, industrial, and UPS, which is further boosting the growth of the market. Original equipment manufacturers are an important part of the market since they are engaged in customizing and selling the original product. OEMs have a significant role in the AGM battery ecosystem being the manufacturers of automotive vehicles, commercial vehicles, RVs, emergency lighting systems, military land vehicles, agriculture equipment, electric lifts, cleaning equipment, golf trolleys renewable energy systems, UPS, commercial inverters, solar power systems, and many more, which creates need for AGM batteries.

“AGM battery market in APAC to witness highest growth rate in coming years”
The AGM battery market in APAC is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2025. The rising demand for AGM batteries from grid and microgrid applications in India and China is one of the factors driving the growth of this market. In addition to this, increase in renewable energy investments, regulations demanding energy efficiency, the expansion of power generation capacities, China being the major producer of lead, the electrification of the transport sector, and decline in costs due to technology advancements in developing countries in APAC have driven the growth of the AGM battery market. Also, industrial growth in countries such as India, China, South Korea, Malaysia, and Thailand is leading to the high growth of the AGM battery market for commercial and industrial applications.

To determine and verify the market size of several segments and subsegments, extensive primary interviews have been conducted with key personalities in the AGM battery market. Following is the breakup of the primary participants:
• By Company Type: Tier 1 = 45 %, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-Level Executives = 40%, Directors = 45%, and Others = 15%
• By Region: North America = 30%, Europe = 20%, APAC = 35%, and RoW = 15%
The report profiles the key players in the AGM battery market and analyzes their market rankings. A few prominent players profiled in this report include Clarios (US), Exide Technologies (US), EnerSys (US), Power Sonic Corporation (US), East Penn Manufacturing Company (US), C&D Technologies (US), Universal Power Group (US), and Fullriver Battery (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the AGM battery market by type, end user, voltage, application, and region. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy the Report:
The report would help leaders/new entrants in the AGM battery market in the following ways:
1. The report segments the AGM battery market comprehensively and provides the market size estimation for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report would help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the AGM battery market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Primary Sources
2.1.3.2 Key Industry Insights
2.1.3.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at the Market Share By Bottom-Up Approach (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at the Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the AGM Battery Market
4.2 AGM Battery Market, By Voltage
4.3 AGM Battery Market, By Type
4.4 AGM Battery Market in APAC, By Country and Application
4.5 AGM Battery Market, By Application
4.6 AGM Battery Market, By Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Inherent Advantages of AGM Batteries
5.2.1.2 Upsurge in Renewable Energy Investment
5.2.1.3 Easy Recyclability of AGM Batteries
5.2.1.4 Increasing Demand for AGM Batteries for A Wide Range of High-Current Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Inclination Toward Other Effective Alternatives in the Energy Storage Space
5.2.2.2 Safety-Related Issues
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Adoption of High-Performance Engine Starter Batteries in Vehicles
5.2.3.2 Large Storage Requirements in Data Centers
5.2.3.3 Increase in Renewable Energy Generation Target
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lower Specific Energy Than Other Batteries
5.2.4.2 Growth of Electric Vehicles
5.3 Value Chain Analysis
5.3.1 R&D
5.3.2 Component Providers
5.3.3 Manufacturers
5.3.4 System Integrators & Distributors
5.3.5 End-Users
5.3.6 Post-Sales Service Providers
6 AGM Battery Market, By Voltage (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 2–4 V
6.2.1 Designed to Meet the Needs of UPS and Other General-Purpose Applications
6.3 6–8 V
6.3.1 Suitable for Deep-Cycle Applications
6.4 12 V & Above
6.4.1 Designed for High-Current Applications, Thus the Most Demanded Ones
7 AGM Battery Market, By Type (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Stationary
7.2.1 Deep Cycle Technology in Stationary AGM Batteries Provides Power for Longer Time With Low Discharge Rate
7.3 Motive
7.3.1 Reduced Co2 Emission and Noise Reduction Drive the Demand for Motive AGM Batteries
8 AGM Battery Market, By End-User (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 OEM
8.2.1 OEM Segment is One of the Biggest Adopters of AGM Batteries
8.3 Aftermarket
8.3.1 Rising Need for Replacing Old AGM Batteries Drives the Aftermarket Segment
9 AGM Battery Market, By Application (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 Automotive
9.2.1 Passenger Vehicle
9.2.1.1 AGM Batteries are A Preferred Solution for Start-Stop Vehicle Technology
9.2.2 Motorcycle
9.2.2.1 AGM Batteries are Ideal for Motorbikes With High Energy Requirements
9.2.3 Others
9.2.3.1 Significant Demand for AGM Batteries in Motor Homes, Agvs, and Golf Carts Applications Propel the Market
9.3 UPS
9.3.1 AGM Batteries Work as an Emergency Power Supply for Various Industries
9.4 Industrial
9.4.1 Growth in Industrial Automation is Expected to Boost the Demand for AGM Batteries
9.5 Energy Storage
9.5.1 Rapid Growth of Renewable Energy Installations Drive the Demand for AGM Batteries in Energy Storage Applications
9.6 Others
9.6.1 Medical Equipment
9.6.1.1 Need for Backup Power and Portability are the Factors Propelling the Demand for AGM Batteries for Medical Equipment
9.6.2 Marine
9.6.2.1 Demand for High Cranky Power and Deep-Cycle Solution Supporting the Heavy Marine Accessory Load Drives the Marine AGM Battery Market
10 Geographic Analysis (Page No. – 87)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US, Being the Home for the Majority of Well-Established AGM Battery Manufacturers, has A Huge Growth Opportunity
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada is Set to Install AGM Batteries for Renewable Integration and Data Centers
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Rising Investments in the Automotive Sector are Propelling the Growth of the AGM Battery Market in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Well-Established Automotive Sector in Germany is Boosting the German AGM Battery Market
10.3.2 UK
10.3.2.1 Focus on the Recycling of All Lead-Acid Batteries is Propelling the Growth of the AGM Battery Market in the UK
10.3.3 France
10.3.3.1 UPS is One of the Major Applications Driving the AGM Battery Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 AGM Battery Market is Likely to Witness Growth in China, as It is the Largest Producer and Consumer of Lead
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Increasing Sales of Lead-Acid Batteries for Start-Stop Vehicles in Japan is Driving the AGM Battery Market in the Automotive Industry
10.4.3 India
10.4.3.1 Increasing Deployment of Off-Grid Solar Systems in Rural Communities is Leading to the Growth of the AGM Battery Market
10.4.4 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 Middle East & Africa
10.5.1.1 UAE is Expected to Install Infrastructure to Boost the Telecom Sector
10.5.2 South America
10.5.2.1 Brazil to Make Massive Investments in the Telecom Industry and Data Centers
11 Competitive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Situations and Trends
11.4.1 Product Launches and Developments
11.4.2 Expansions, Acquisitions and Agreements
12 Company Profiles (Page No. – 120)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 Key Players
12.1.1 Exide Technologies
12.1.2 Clarios
12.1.3 Power Sonic Corporation
12.1.4 Enersys
12.1.5 East Penn Manufacturing Company
12.1.6 C&D Technologies
12.1.7 Panasonic Industry Europe
12.1.8 Storage Battery Systems
12.1.9 Fullriver Battery
12.1.10 Universal Power Group
12.2 Right-To-Win
12.3 Other Companies
12.3.1 Bosch
12.3.2 Crown Battery
12.3.3 Gs Battery
12.3.4 Cellpower Batteries
12.3.5 Fiamm Energy Technology
12.3.6 B.B. Battery
12.3.7 Concorde Battery Corporation
12.3.8 Leoch
12.3.9 Victron Energy
12.3.10 Rolls Battery
12.3.11 Vmax USA
12.3.12 Eaglepicher Technologies
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 151)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7482
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 風力タービン用鋳造品の世界市場分析:タイプ別(水平軸、垂直軸)、用途別(オンショア、オフショア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力タービン用鋳造品の世界市場について調査・分析し、風力タービン用鋳造品の世界市場動向、風力タービン用鋳造品の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力タービン用鋳造品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 資料カタログの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、資料カタログの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、資料カタログ市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(小規模企業、中規模企業、大規模企業)分析、データコンシューマー別(ビジネスインテリジェンス(BI)ツール、モバイル・ウェブアプリケーション、企業アプリケーション(EA))分析、エンドユーザー別(医療、通信・IT、メディア・エンターテインメント、製造、政府・防衛、小売・eコマース、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、研究・学術機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 資料カタログの世界市場:市場動向分析 ・ 資料カタログの世界市場:競争要因分析 ・ 資料カタログの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ 資料カタログの世界市場:展開方法別(オンプレミス、クラウド) ・ 資料カタログの世界市場:組織規模別(小規模企業 …
  • オートバイ用シートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用シートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用シート市場規模、用途別(ミッドプレミアムオートバイ、通勤用オートバイ、高級オートバイ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用シートの世界市場概要 ・オートバイ用シートの世界市場環境 ・オートバイ用シートの世界市場動向 ・オートバイ用シートの世界市場規模 ・オートバイ用シートの世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用シートの世界市場:用途別(ミッドプレミアムオートバイ、通勤用オートバイ、高級オートバイ) ・オートバイ用シートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用シートのアメリカ市場規模・予測 ・オートバイ用シートのヨーロッパ市場規模・予測 ・オートバイ用シートのアジア市場規模・予測 ・オートバイ用シートの主要国分析 ・オートバイ用シートの世界市場:意思決定フレームワーク ・オートバイ用シートの世界市場:成長要因、課題 ・オ …
  • ヘアスタイリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘアスタイリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアスタイリング用品の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はヘアスタイリング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Conair• Helen of Troy• Koninklijke Philips• Panasonic• TESCOM等です。
  • ペットフードの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ペットフードの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペットフード市場規模、製品別(ドライペットフード、ウェットペットフード、ペット用スナック・おやつ)分析、エンドユーザー別(ドッグフード、キャットフード、その他小動物用ペットフード)分析、流通経路別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、ペット専門店、動物病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ペットフードの世界市場概要 ・ペットフードの世界市場環境 ・ペットフードの世界市場動向 ・ペットフードの世界市場規模 ・ペットフードの世界市場:業界構造分析 ・ペットフードの世界市場:製品別(ドライペットフード、ウェットペットフード、ペット用スナック・おやつ) ・ペットフードの世界市場:エンドユーザー別(ドッグフード、キャットフード、その他小動物用ペットフード) ・ペットフードの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット …
  • フルサービス航空会社の世界市場(~2019)
  • データセンター構築の北欧市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター構築の北欧市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター構築の北欧市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社はデータセンター構築の北欧市場が2017-2021年期間中に年平均16.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AECOM• Arup Associates• DPR Construction• Mercury Engineering• NCC• Skanska等です。
  • 循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析)、用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究)、地域別予測
    本資料は、循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場について調べ、循環腫瘍細胞(CTC)の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析)分析、用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場概要 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場環境 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場動向 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模:技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析) ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模:用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究) ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・循環腫瘍細胞(CTC)の北米市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のアメリカ市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のヨーロッパ市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のアジア …
  • 世界の強化ガラス市場2015
    本調査レポートでは、世界の強化ガラス市場2015について調査・分析し、強化ガラスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLNG再ガス化産業展望2022
  • サウジアラビアのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場2016-2020:歯科矯正、歯内療法、歯周療法、歯科手術
    当調査レポートでは、歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用コーンビーム断層撮影法(CBCT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベトナムのプラスチック製バック/サック市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • コジェネレーション(熱電併給)の世界市場:市場規模、セグメント、規制、主要国分析
  • 航空宇宙プラスチックの世界市場:材料タイプ別(ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ポリメチルメタクリレート(PMMA)、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネート(PC)、ポリフェニレンサルファイド(PPS))、航空機のタイプ別(商用、軍用、回転翼、スペース)、用途別(キャビンインテリア、窓とフロントガラス、機体、推進システム)
    本市場調査レポートでは航空宇宙プラスチックについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、材料タイプ別(ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ポリメチルメタクリレート(PMMA)、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネート(PC)、ポリフェニレンサルファイド(PPS))分析、航空機のタイプ別(商用、軍用、回転翼、スペース)分析、用途別(キャビンインテリア、窓とフロントガラス、機体、推進システム)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・航空宇宙プラスチックの世界市場:材料タイプ別(ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ポリメチルメタクリレート(PMMA)、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、ポリカーボネート(PC)、ポリフェニレンサルファイド(PPS)) ・航空宇宙プラスチックの世界市場:航空機のタイプ別(商用、軍用、回転翼、スペース) ・航空宇宙プラスチックの世界市場:用途別(キャビンインテリア、窓とフロントガラス、機体、推進システム) ・航空宇宙プラスチックの …
  • 農業用機器の世界市場:用途別(収穫・脱穀、種蒔き・植え付け)、製品別(トラクター、収穫機)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、農業用機器の世界市場について調査・分析し、農業用機器の世界市場動向、農業用機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別農業用機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所)
    本資料は、ウシ胎児血清(FMS)の世界市場について調べ、ウシ胎児血清(FMS)の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場概要 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場環境 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場動向 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場規模 ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:市場シェア ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他) ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所) ・ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウシ胎児血清(FMS)の北米市場規模・予測 ・ウシ胎児血清(FMS)のアメリカ市場規模・予測 ・ウシ胎児血清(FMS)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ウシ …
  • マレーシアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • クラウド型VDIの世界市場:導入別(民間、公的、複合型)、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)、地域別予測
    本資料は、クラウド型VDIの世界市場について調べ、クラウド型VDIの世界規模、市場動向、市場環境、導入別(民間、公的、複合型)分析、最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウド型VDIの世界市場概要 ・クラウド型VDIの世界市場環境 ・クラウド型VDIの世界市場動向 ・クラウド型VDIの世界市場規模 ・クラウド型VDIの世界市場規模:導入別(民間、公的、複合型) ・クラウド型VDIの世界市場規模:最終用途別(政府、ヘルスケア、テレコム・IT、教育、その他) ・クラウド型VDIの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウド型VDIの北米市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアメリカ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウド型VDIのアジア市場規模・予測 ・クラウド型VDIの日本市場規模・予測 ・クラウド型VDIの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 移植診断の世界市場:技術、製品・サービス(装置、試薬、ソフトウェア)、用途、エンドユーザー
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 排煙脱硫装置(FGDシステム)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、排煙脱硫装置(FGDシステム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、排煙脱硫装置(FGDシステム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用ロードセンシングバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用ロードセンシングバルブ市場2016について調査・分析し、自動車用ロードセンシングバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 顕微鏡の世界市場:光学顕微鏡、電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡
    当調査レポートでは、顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカン・ウイスキーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカン・ウイスキーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカン・ウイスキーの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビタミンD受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるビタミンD受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ビタミンD受容体アゴニストの概要 ・ビタミンD受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のビタミンD受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ビタミンD受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ビタミンD受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車ステアリングコラム用軸受の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SKF、Federal-Mogul、NTN Bearing、Schaeffler、NSK等です。
  • 世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(製品(防火、ビデオ監視、アクセス制御)およびサービス(システム統合、リモート監視、防火、VSaaS、ACaaS))、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、セキュリティソリューショングの世界市場規模が2019年2579億ドルから2024年3976億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。本書は、世界のセキュリティソリューショング市場について調査・分析し、市場概要、提供別(セキュリティ製品、サービス)分析、業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のセキュリティソリューショング市場:提供別(セキュリティ製品、サービス) ・世界のセキュリティソリューショング市場:業種別(商業、住宅、政府、交通、小売、銀行、金融、教育、産業、エネルギー&ユーティリティ、スポーツ&レジャー、ヘルスケア、軍事&防衛) ・世界のセキュリティソリューショング市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)
    MarketsandMarkets社は、女性健康管理の世界市場規模が2019年96億ドルから2024年178憶ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の女性健康管理市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の女性健康管理市場:用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途) ・世界の女性健康管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 韓国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 1-デセンの世界市場分析:用途別(ポリアルファオレフィン(PAO)、洗剤用アルコール、ポリエチレン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、1-デセンの世界市場について調査・分析し、1-デセンの世界市場動向、1-デセンの世界市場規模、市場予測、セグメント別1-デセン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ラテラルフローアッセイの世界市場予測(~2023年)
    ラテラルフローアッセイの世界市場は、2018年の60億米ドルから2023年には87億米ドルに達し、この期間中5.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、感染症の高罹患率、急速に増加する高齢者人口、ラテラルフローアッセイ装置の在宅使用の増加、ポイントオブケア検査に対する需要の増加などが考えれられます。一方で、既存の診断方法からの変更に消極的なこと、医療機器に対する物品税、および厳格かつ時間のかかる規制方針により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(臨床検査、動物用検査、食品安全)分析、製品(リーダー、キット)分析、技術分析、エンドユーザー分析、ラテラルフローアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場分析:用途別(ボトル、技術系、消費財)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場動向、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • GABABモジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABABモジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABABモジュレーターの概要 ・GABABモジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABABモジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABABモジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABABモジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 乾癬市場:日本の治療薬市場
  • 噴霧乾燥装置の世界市場予測(~2022):種類別(回転噴霧器、ノズル噴霧器、流動層、閉ループ、遠心)、用途別、乾燥ステージ別、サイクル種類別、フロー種類別、地域別
    当調査レポートでは、噴霧乾燥装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、乾燥ステージ別分析、サイクル種類別分析、噴霧乾燥装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 母線の世界市場
    当調査レポートでは、母線の世界市場について調査・分析し、母線の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 母線の世界市場:市場動向分析 - 母線の世界市場:競争要因分析 - 母線の世界市場:導線別 ・銅 ・アルミ - 母線の世界市場:出力定格別 ・中出力 ・高出力 ・低出力 - 母線の世界市場:エンドユーザー別 ・産業用 ・住居用 ・公益事業 ・商業用 ・その他 - 母線の世界市場:主要地域別分析 - 母線の北米市場規模(アメリカ市場等) - 母線のヨーロッパ市場規模 - 母線のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・母線の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 車両用インターコム装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、車両用インターコム装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(軍用車両、商用車両、空港地上支援車両、緊急車両)分析、コンポーネントタイプ別(無線、有線)分析、技術別(アナログ、デジタル)分析、車両用インターコム装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属包装の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、金属包装の世界市場について調査・分析し、金属包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 金属包装市場の概要 3. 金属包装の世界市場 2016-2026 4. エンドユース部門別金属包装市場 2016-2026 5. 主要国の金属包装市場予測 2016-2026 6. 金属包装市場のSWOT分析 2016-2026 7. 金属包装市場における主要企業 2016 8. 結論 9. 用語集
  • CXCR4阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCXCR4阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CXCR4阻害薬の概要 ・CXCR4阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCXCR4阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CXCR4阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CXCR4阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 食肉検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食肉検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検査対象(病原菌、種、アレルゲン、GMO、マイコトキシン、重金属、残留獣医薬)別分析、サンプル(肉、シーフード)別分析、技術(PCR、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、分光法)別分析、食肉検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 研究室用温度制御製品の世界市場:細菌培養器、バス、サーキュレーター、チラー
    当調査レポートでは、研究室用温度制御製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研究室用温度制御製品市場規模、製品別(細菌培養器、バス、サーキュレーター、チラー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Corning, Grant Instruments, IKA, Julabo, Lauda Brinkmann, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研究室用温度制御製品の世界市場概要 ・研究室用温度制御製品の世界市場環境 ・研究室用温度制御製品の世界市場動向 ・研究室用温度制御製品の世界市場規模 ・研究室用温度制御製品の世界市場:業界構造分析 ・研究室用温度制御製品の世界市場:製品別(細菌培養器、バス、サーキュレーター、チラー) ・研究室用温度制御製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・研究室用温度制御製品の北米市場規模・予測 ・研究室用温度制御製 …
  • ハイドロゲルドレッシングのヨーロッパ市場2020-2024
  • 石油・ガス産業向けプロセスオートメーション及びインストゥルメンテーションの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、石油・ガス産業向けプロセスオートメーション及びインストゥルメンテーションの世界市場について調査・分析し、石油・ガス産業向けプロセスオートメーション及びインストゥルメンテーションの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ライスミルクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ライスミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライスミルクの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパワーエレクトロニクス産業におけるMOCVD市場
    当調査レポートでは、世界のパワーエレクトロニクス産業におけるMOCVD市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のパワーエレクトロニクス産業におけるMOCVD市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空気タイヤの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、空気タイヤの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、空気タイヤ市場規模、製品別(ラジアルタイヤ、クロスプライタイヤ)分析、車両別(二輪車、四輪車、航空機、自転車、オートバイ、その他)分析、販売種類別(取替需要、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 空気タイヤの世界市場:市場動向分析 ・ 空気タイヤの世界市場:競争要因分析 ・ 空気タイヤの世界市場:製品別(ラジアルタイヤ、クロスプライタイヤ) ・ 空気タイヤの世界市場:車両別(二輪車、四輪車、航空機、自転車、オートバイ、その他) ・ 空気タイヤの世界市場:販売種類別(取替需要、OEM) ・ 空気タイヤの世界市場:主要地域別分析 ・ 空気タイヤの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 空気タイヤのヨーロッパ市場規模 ・ 空気タイヤのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・空気タイヤの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • マルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、マルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はマルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CenturyLink、Digital Realty、Equinix、Global Switch、NTT Communications、Rackspace等です。
  • 世界のトリメチルほう素(TMB)市場2016
    本調査レポートでは、世界のトリメチルほう素(TMB)市場2016について調査・分析し、トリメチルほう素(TMB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUV吸収剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のUV吸収剤市場2016について調査・分析し、UV吸収剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"