"世界の農業キレート市場:種類別(EDTA、EDDHA、DTPA、IDHA)、用途別(土壌、種子粉衣、葉面散布、施肥)、微量栄養素種類別(鉄、マンガン)、作物種類別、エンドユーズ別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 4208)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の農業キレート市場:種類別(EDTA、EDDHA、DTPA、IDHA)、用途別(土壌、種子粉衣、葉面散布、施肥)、微量栄養素種類別(鉄、マンガン)、作物種類別、エンドユーズ別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global agricultural chelates market is projected to grow at a CAGR of 7.7% from 2019 to 2025.
The global agricultural chelates market size is estimated to be valued at USD 0.9 billion in 2019 and is projected to reach USD 1.5 billion by 2025, recording a CAGR of 7.7%. The usage of fertilizers and micronutrients for correcting and preventing micronutrient deficiency is a key growth opportunity, which is projected to encourage the adoption of agricultural chelates to enhance yields.

Fruits and vegetables are projected to be the largest segment during the forecast period.
Fruits and vegetables accounted for the largest share in the agricultural chelates market in 2019. This is attributed to the increase in the profit margins, rapid urbanization, and the rise in awareness of health benefits associated with fruits and vegetables, which are considered high-value crops. Many Asian Pacific countries such as India, Australia, and China are the major exporters of fruits and vegetables across the globe, due to the high demand for tropical fruits and vegetables, and high cropping intensity. Increase in the FDI in these regions has also contributed to the increase in the cultivation of high-value crops, such as corn, soybean, and canola.

The EDTA segment is projected to be the largest segment during the forecast period.
On the basis of type, the agricultural chelates market is categorized as EDTA, EDDHA, DTPA, IDHA, and others. With the growing soil degradation and nutrient deficiency of soil, there has been a rise in the adoption of agriculture chelates to enhance yield. The EDTA segment is projected to be the largest segment, during the forecast period, due to its ability to bind with micronutrients, such as iron, calcium, zinc, manganese, and copper. Along with EDTA, chelates are comparatively less expensive and easily available. These factors are projected to contribute to the growth of the EDTA segment in the market.

Europe is estimated to account for the largest share in the agricultural chelates market.
In 2019, Europe accounted for the largest share in the market due to the increasing number of acquisitions, agreements, and developments from major players in the market, such as BASF SE (Germany), Nouryon (Netherlands), and The Dow Chemical Company (US). The adoption of precision farming techniques, such as greenhouse, the export of fruits and vegetables, and sustainable agricultural practices have also led to an increase in the use of agricultural chelates. Countries such as Spain and the Netherlands are the key exporters of fruits and vegetables in this region and have led to an increase in the growth of the market for agricultural chelates.
Break-up of Primaries
 By Manufacturer (Designation): Managers & Executives – 60%, Junior-level Employees – 20%, and Managing Directors – 20%
 By Designation : CXOs – 30%, Managers – 50%, and Executives – 20%
 By Country: US – 20%, India – 55%, Romania – 20%, China – 5%
Leading players profiled in this report
• BASF SE (Germany)
• Nouryon (Netherlands)
• The Dow Chemical Company (US)
• Yara International (Norway)
• ICL (Israel)
• Haifa Chemicals Ltd (Israel)
• Syngenta (US)
• Nufarm Ltd (Australia)
• Aries Agro Ltd (India)
• The Andersons, Inc. (US)
• ATP nutrition (Canada)
• Manvert (Spain)
• BMS-Micronutrients NV (Belgium)
• Wilbur-Ellis Company (US)
• Compo Expert GMBH (Germany)
• Greensmiths, Inc. (US)
• Agmin Chelates Pty. Ltd (Australia)
• Van Iperen International (Netherlands)
• Valagro SpA (Italy)
• Shandong Iro Chelating Chemical Co., Ltd. (China)
• Protex International SA (France)
• Deretil Agronutritional (Spain)

Research Coverage
This report segments the agricultural chelates market based on type, crop type, micronutrient type, mode of application, by end use and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the agricultural chelates market, the high-growth regions, countries, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the agricultural chelates market
• To gain knowledge regarding the agricultural chelate products of top players in the market
• To understand the global market of agricultural chelates and tap the potential regions to expand the business


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の農業キレート市場:種類別(EDTA、EDDHA、DTPA、IDHA)、用途別(土壌、種子粉衣、葉面散布、施肥)、微量栄養素種類別(鉄、マンガン)、作物種類別、エンドユーズ別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Segmentation
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Opportunities in the Agricultural Chelates Market
4.2 Agricultural Chelates Market, By Mode of Application
4.3 Europe: Agricultural Chelates Market, By Crop Type & Key Country
4.4 Agricultural Chelates Market, By Crop Type & Region
4.5 Agricultural Chelates Market, By Key Country
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Macroeconomic Indicators
5.2.1 Population Growth and Diverse Food Demand
5.2.2 Rise in Demand for High-Value Cash Crops
5.2.3 Limited Availability of Arable Land
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Strong Demand for High-Value Crops
5.3.1.2 Reduce Soil Degradation Due to Excessive Crop Cultivation
5.3.1.3 Increase in Adoption of Precision-Farming Technology
5.3.1.4 Rapid Growth in Greenhouse Vegetable Production
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Growth of the Organic Fertilizers Industry
5.3.2.2 Bioaccumulation of Non-Biodegradable Chelates
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Development of Biodegradable Chelates
5.3.3.2 Strong Growth in Fertilizer Consumption in Emerging Economies
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Lack of Awareness Among Farmers
5.4 Value Chain Analysis
5.5 Regulatory Framework
5.5.1 North America
5.5.1.1 US
5.5.1.1.1 Washington
5.5.2 Europe
5.5.3 Australia
5.5.4 China
5.5.5 South Africa
6 Agricultural Chelates Market, By Type (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 EDTA (Ethylenediamine Tetraacetic Acid)
6.2.1 EDTA is Used as the Key Agricultural Chelate Due to Its Strong Binding Ability
6.3 EDDHA [Ethylenediamine-N, N’-Bis (2-Hydroxyphenylacetic Acid)]
6.3.1 EDDHA is More Appropriate for Alkaline and Calcareous Soils
6.4 DTPA (Diethylenetriaminepentaacetic Acid Or Pentetic Acid)
6.4.1 DTPA Market is Expected to Increase in the Asia Pacific Region
6.5 IDHA [D, L-Aspartic Acid N- (1, 2-Dicarboxyethyl) Tetrasodium Salt]
6.5.1 IDHA is Gaining Importance Worldwide for Its Biodegradable Nature
6.6 Others
6.6.1 Organic Acids Result in Better Quality and Performance in Plant Growth
7 Agricultural Chelates Market, By Micronutrient (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Iron
7.2.1 Formation of Chlorophyll is A Key Driver for the Adoption of Iron
7.3 Manganese
7.3.1 Enhancement in the Availability of Key Nutrients Such as Phosphorus and Calcium With the Use of Manganese
7.4 Others
7.4.1 Copper Chelates
7.4.1.1 Enhancement in the Flavor of Fruits & Vegetables is A Key Driver for the Adoption of Copper Chelates
7.4.2 Zinc Chelates
7.4.2.1 Zinc Chelates Support the Growth of Plant Growth Hormones and Enzyme Systems
7.4.3 Calcium Chelates
7.4.3.1 Enhanced Absorption and Activation of Plant Regulating Enzymes
7.4.4 Magnesium Chelates
7.4.4.1 Key Component for Chlorophyll During Photosynthesis
8 Agricultural Chelates Market, By End Use (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 Agriculture
8.2.1 Increase in Demand for Food and Export Would Drive the Adoption of Chelates
8.3 Indoor Farming
8.3.1 Iron Chelates are Widely Adopted in Indoor Farming
9 Agricultural Chelates Market, By Mode of Application (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 Soil Application
9.2.1 Lower Costs Involved in the Use of Soil Application Propelling the Growth of the Market
9.3 Seed Dressing
9.3.1 Low Supply of Micronutrients and the Consequently Limited Yield is Driving the Market for Seed-Dressed Chelates
9.4 Foliar Sprays
9.4.1 Foliar Spray is More Popular in Europe
9.5 Fertigation
9.5.1 Growth in Adoption of Precision Irrigation Systems to Drive the Market for Fertigation Application
9.6 Other Modes
9.6.1 Growth in Adoption of Precision Irrigation Systems to Drive the Market for Other Modes
10 Agricultural Chelates Market, By Crop Type (Page No. – 75)
10.1 Macro Indicators
10.1.1 Crop Cultivation Pattern
10.2 Connected Market: Npk (N+P2o5 + K2o) Fertilizers
10.3 Introduction
10.4 Cereals & Grains
10.4.1 Increase in Yield and Grain Nutritional Quality is A Key Factor Contributing to the Growth of the Agricultural Chelates Market
10.5 Oilseeds & Pulses
10.5.1 Rise in Demand From Feed Manufacturers is A Key Factor Encouraging the Application of Agricultural Chelates
10.6 Fruits & Vegetables
10.6.1 Fruits & Vegetables to Witness the Highest Consumption of Agricultural Chelates
10.7 Other Crop Types
10.7.1 Increase in Chlorosis in Turf and Ornamental Crops is A Major Factor Encouraging the Adoption of Agricultural Chelates
11 Agricultural Chelates, By Region (Page No. – 85)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 The Increasing Trend of Using Micronutrients Has Contributed to the Growth of the Agricultural Chelates Market
11.2.2 Canada
11.2.2.1 The Deficiency of Micronutrients in the Soil Has Driven the Growth of the Agricultural Chelates Market
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 The Growth in Export of Agricultural Products is Driving the Chelates Market
11.3 Europe
11.3.1 Spain
11.3.1.1 With Spain Being the World’s Largest Producer of Wine, Grape Cultivation Has Increased Demand for Chelates
11.3.2 Netherlands
11.3.2.1 Demand for Worldwide Agricultural Exports Drives the Chelates Market in the Netherlands
11.3.3 Italy
11.3.3.1 High Demand for Cereals & Grains for Feed and Food to Drive the Market in Italy
11.3.4 France
11.3.4.1 Growth in Demand for Export of Food Products to Drive the Need for Chelates in France
11.3.5 UK
11.3.5.1 Food Production is Highly Influenced By Labor Inputs in the UK
11.3.6 Germany
11.3.6.1 Rise in Demand for Chelates Due to Decreasing Arable Land in the Country
11.3.7 Poland
11.3.7.1 The Need to Achieve Sustainability in Food Would Drive Growth in the Market
11.3.8 Rest of Europe
11.3.8.1 Private Investment Has Been Supporting the Development of Agriculture in This Region
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Micronutrient Deficiency in Soils of China is A Major Factor Driving the Growth of the Chelates Market
11.4.2 India
11.4.2.1 High Awareness Pertaining to Micronutrients Among Farmers Has Led to High Usage of Chelates Across the Country
11.4.3 Japan
11.4.3.1 Advanced Agricultural Practices are Factors That are Projected to Drive the Growth of the Agricultural Chelates Market
11.4.4 Australia
11.4.4.1 Investment in Advanced Nutrient Management Techniques Has Led to the Improvement in Crop Quality
11.4.5 Thailand
11.4.5.1 The Increased Awareness of Sustainable Agriculture Among Farmers Has Led to High Use of Advanced Technology
11.4.6 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World (RoW)
11.5.1 South Africa
11.5.1.1 High Growth in Consumption of Specialty Fertilizers Including Chelated Micronutrients
11.5.2 Argentina
11.5.2.1 Growth in the Market With the Increasing Awareness About Micronutrient Deficiency
11.5.3 Brazil
11.5.3.1 Demand for Export of Agricultural Products is the Driver for Agricultural Chelates Market
11.5.4 Others in Row
11.5.4.1 Potential Benefits of Agricultural Chelates are Slowly Being Recognized
12 Competitive Landscape (Page No. – 135)
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Ranking of Key Players, 2019
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 Expansions & Investments
13 Company Profiles (Page No. – 140)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 BASF SE
13.2 Yara International Asa
13.3 ICL
13.4 Syngenta
13.5 Nufarm Ltd
13.6 Aries Agro Ltd
13.7 The Andersons, Inc.
13.8 The Dow Chemical Company
13.9 Haifa Chemicals
13.10 ATP Nutrition
13.11 Manvert
13.12 Nouryon
13.13 BMS Micro-Nutrients Nv
13.14 Wilbur-Ellis Company
13.15 Compo Expert GmbH
13.16 Greensmiths, Inc.
13.17 Agmin Chelates Pty. Ltd
13.18 VAN Iperen International
13.19 Valagro Spa
13.20 Shandong Iro Chelating Chemical Co., Ltd.
13.21 Protex International Sa
13.22 Deretil Agronutritional
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 175)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の農業キレート市場:種類別(EDTA、EDDHA、DTPA、IDHA)、用途別(土壌、種子粉衣、葉面散布、施肥)、微量栄養素種類別(鉄、マンガン)、作物種類別、エンドユーズ別、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 4208
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の農業キレート市場:種類別(EDTA、EDDHA、DTPA、IDHA)、用途別(土壌、種子粉衣、葉面散布、施肥)、微量栄養素種類別(鉄、マンガン)、作物種類別、エンドユーズ別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 硫酸マグネシウムの世界市場:種類別(七水和物、無水、一水和物)、製品別(粉末、結晶、液体)、用途別(農業、食品添加物・医薬品、化学・工業、その他)、地域別予測
    本資料は、硫酸マグネシウムの世界市場について調べ、硫酸マグネシウムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(七水和物、無水、一水和物)分析、製品別(粉末、結晶、液体)分析、用途別(農業、食品添加物・医薬品、化学・工業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCOMPO GmbH & Co. KG、S. Chemicals LLC、Baymag、QingHai Salt Lake Industry、SDIC Xinjiang Luobupo Potash、Geermuzige Potash、Qinghai Hanhai Group、Rech Chemical、Yash Chemicals、Hengyang Jumbo Feed Additives、Jinxing Chemical、K+S Group、KOLOD、Mani Agro Chem、HebeiRongkemeiyeなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・硫酸マグネシウムの世界市場概要 ・ …
  • ハイパーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイパーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイパーカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チリの外傷固定装置市場見通し
  • クリーンルーム技術装置の世界市場:HVACシステム、HEPAフィルター、ファンフィルタ、層流空気流・バイオセイフティー、散気装置、エアーシャワ装置
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム技術装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルペイメントの世界市場2016-2020:スマートウォッチペイメント、フィットネスバンドペイメント
    当調査レポートでは、ウェアラブルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルペイメントの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 工業用セラミックの世界市場分析:材料別(アルミナセラミックス、チタン酸セラミックス、ジルコン酸セラミックス、フェライトセラミックス、窒化アルミニウム、炭化ケイ素、窒化ケイ素)、製品別(モノリシック、コーティング、マトリックス複合材)、用途別(電気機器、触媒サポート、電子機器、摩耗部品、エンジン部品、フィルター、バイオセラミックス)、エンドユーザー別(電気・電子、自動車、機械、環境・医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用セラミックの世界市場について調査・分析し、工業用セラミックの世界市場動向、工業用セラミックの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用セラミック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カートニング装置(カートナー)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カートニング装置(カートナー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カートニング装置(カートナー)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 カートニング装置 (カートナー) は包装機械の一種で、紙箱の折り曲げ・組み立て・封入・サイドシーミング作業を行います。Technavio社はカートニング装置(カートナー)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bosch• ECONOCORP• RAMA• LoeschPack等です。
  • デジタル・ユーティリティの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、デジタル・ユーティリティの世界市場について調査・分析し、デジタル・ユーティリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - デジタル・ユーティリティの世界市場:市場動向分析 - デジタル・ユーティリティの世界市場:競争要因分析 - デジタルユーティリティの世界市場:導入モード別 ・オンプレミス ・ハイブリッド ・クラウド - デジタルユーティリティの世界市場・技術別 ・ソフトウェア ・ハードウェア ・サービス - デジタルユーティリティの世界市場:ネットワーク別 ・送配電 ・発電 ・小売り - デジタル・ユーティリティの世界市場:主要地域別分析 - デジタル・ユーティリティの北米市場規模(アメリカ市場等) - デジタル・ユーティリティのヨーロッパ市場規模 - デジタル・ユーティリティのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・デジタル・ユーティリティの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動灌漑装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動灌漑装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動灌漑装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デマンドレスポンスマネジメントシステム(DRMS)の世界市場分析:技術別(従来型、自動型)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、用途別(住居用、産業用、商業用)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、デマンドレスポンスマネジメントシステム(DRMS)の世界市場について調査・分析し、デマンドレスポンスマネジメントシステム(DRMS)の世界市場動向、デマンドレスポンスマネジメントシステム(DRMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別デマンドレスポンスマネジメントシステム(DRMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハードウェア暗号化の世界市場
    当調査レポートでは、ハードウェア暗号化の世界市場について調査・分析し、ハードウェア暗号化の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ハードウェア暗号化の世界市場:市場動向分析 - ハードウェア暗号化の世界市場:競争要因分析 - ハードウェア暗号化の世界市場:アルゴリズムおよび基準別 ・リベスト・シャミア・エーデルマン(RSA)アルゴリズム ・最新式の暗号化基準(AES) ・その他 - ハードウェア暗号化の世界市場:使途別 ・外付ハードディスクドライブ ・インラインのネットワーク暗号化装置 ・内蔵ハードディスクドライブ ・ソリッドステートドライブ ・USBフラッシュドライブ - ハードウェア暗号化の世界市場:アーキテクチャ別 ・特定用途向け集積回路(ASIC) ・フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA) - ハードウェア暗号化の世界市場:用途別 ・自動車&運送 ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・家庭用電化製品 ・ヘルスケア ・IT&電気通信 ・軍事&航空宇宙部門 ・その他 - ハード …
  • 動物向け遺伝学的検査の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、動物向け遺伝学的検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、検査サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の患者モニター市場2015
    本調査レポートでは、世界の患者モニター市場2015について調査・分析し、患者モニターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用触媒の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用触媒の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用触媒市場規模、製品別(パラジウム、白金、ロジウム、その他)分析、用途別(小型車、大型車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用触媒の世界市場概要 ・自動車用触媒の世界市場環境 ・自動車用触媒の世界市場動向 ・自動車用触媒の世界市場規模 ・自動車用触媒の世界市場:業界構造分析 ・自動車用触媒の世界市場:製品別(パラジウム、白金、ロジウム、その他) ・自動車用触媒の世界市場:用途別(小型車、大型車) ・自動車用触媒の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用触媒の北米市場規模・予測 ・自動車用触媒のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用触媒のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用触媒の主要国分析 ・自動車用触媒の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用触媒の世界市場:成長要因、課題 ・自動車用触媒の世界市場:競争環境 ・自動車用触媒 …
  • 圧迫療法の南米市場
  • 世界の非澱粉多糖類酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界の非澱粉多糖類酵素市場2015について調査・分析し、非澱粉多糖類酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 情報セキュリティ製品・サービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、情報セキュリティ製品・サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、情報セキュリティ製品・サービス市場規模、導入形態別(クラウド、オンプレミス)分析、種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場概要 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場環境 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場動向 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場規模 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:業界構造分析 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:導入形態別(クラウド、オンプレミス) ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・情報セキュリティ製品・サービスのアメリカ市場規模・予測 ・情報セキュリティ製品・サービスのヨー …
  • グランドハンドリングソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、グランドハンドリングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、アプリケーション別分析、ソフトウェア別分析、空港クラス別分析、地域別分析、グランドハンドリングソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェアラブル・パソコン市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル・パソコン市場2015について調査・分析し、ウェアラブル・パソコンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンのマイクロ保険市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィリピンのマイクロ保険市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィリピンのマイクロ保険市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 基油の世界市場:自動車オイル、工業用オイル、金属加工油、グリース、油圧油
    当調査レポートでは、基油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日焼けアフターケア製品の世界市場2017-2021:日焼けアフターケアローション、日焼けアフターケアジェル、日焼けアフターケアスプレー
    当調査レポートでは、日焼けアフターケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日焼けアフターケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車トルクベクタリング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車トルクベクタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車トルクベクタリング装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アミノ酸の世界市場
    当調査レポートでは、アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アミノ酸の世界市場:製品別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:用途別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:地域別分析/市場規模 ・アミノ酸のアメリカ市場規模予測 ・アミノ酸のヨーロッパ市場規模予測 ・アミノ酸のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ナースコールシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ボタン、統合通信システム、インターコム、モバイルシステム)分析、技術別(有線、無線)分析、用途別(アラーム・通信、ワークフロー最適化、転倒検知器)分析、エンドユーザー別分析、ナースコールシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ナースコールシステムの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年25億ドルまで年平均9.2%成長すると予測しています。
  • 軍用発電機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用発電機の世界市場規模及び予測、部門別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 洋上風力発電の世界市場:コンポーネント別(タービン、基礎構造、電気インフラ、その他)、ロケーション別(暫定的な水、浅水域、深海域)、地域別予測
    本資料は、洋上風力発電の世界市場について調べ、洋上風力発電の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(タービン、基礎構造、電気インフラ、その他)分析、ロケーション別(暫定的な水、浅水域、深海域)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・洋上風力発電の世界市場概要 ・洋上風力発電の世界市場環境 ・洋上風力発電の世界市場動向 ・洋上風力発電の世界市場規模 ・洋上風力発電の世界市場規模:コンポーネント別(タービン、基礎構造、電気インフラ、その他) ・洋上風力発電の世界市場規模:ロケーション別(暫定的な水、浅水域、深海域) ・洋上風力発電の世界市場:地域別市場規模・分析 ・洋上風力発電の北米市場規模・予測 ・洋上風力発電のアメリカ市場規模・予測 ・洋上風力発電のヨーロッパ市場規模・予測 ・洋上風力発電のアジア市場規模・予測 ・洋上風力発電の日本市場規模・予測 ・洋上風力発電の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • シリコンアノード電池の世界市場予測(~2022年):円筒型電池、角柱型電池、パウチ型電池
    当調査レポートでは、シリコンアノード電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、容量別分析、用途別分析、地域別分析、シリコンアノード電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 医療産業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、医療産業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロバイダー別分析、プレイヤー別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 顔面紅潮(Hot Flashes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における顔面紅潮(Hot Flashes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・顔面紅潮(Hot Flashes)の概要 ・顔面紅潮(Hot Flashes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・顔面紅潮(Hot Flashes)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・顔 …
  • 地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場2017-2021:公共安全、交通、工業、公益事業、軍事・防衛、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Airbus Group、JVCKENWOOD、Motorola Solutions、Sepura等です。
  • プロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロラクチン受容体アンタゴニストの概要 ・プロラクチン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロラクチン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロラクチン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロラクチン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の実体顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の実体顕微鏡市場2015について調査・分析し、実体顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの原子力発電市場2016
  • フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場:ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他)、エンドユーザ別(食品および飲料、医療、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場予測 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他) ・市場セグメンテーシ …
  • 公衆衛生管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、公衆衛生管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、公衆衛生管理市場規模、作動形態別(クラウドベース、ウェブベース、オンプレミス)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(患者支援、自動化患者中心メディカルホーム(PCMH)、再入院の削減、患者の健康・従事程度の向上、予約日に来院しない患者比率の削減)分析、エンドユーザー別(雇用者グループ、医療提供者、医療サービス利用者、政府機関省庁)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 公衆衛生管理の世界市場:市場動向分析 ・ 公衆衛生管理の世界市場:競争要因分析 ・ 公衆衛生管理の世界市場:作動形態別(クラウドベース、ウェブベース、オンプレミス) ・ 公衆衛生管理の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ 公衆衛生管理の世界市場:用途別(患者支援、自動化患者中心メディカルホーム(PCMH)、再入院の削減、患者の健康・ …
  • 日本の外傷固定市場動向(~2021)
  • 紫外線(UV)分析装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、紫外線(UV)分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、処理種類別(液体、ガス)分析、デバイス種類別(オンライン、フィールド)分析、産業別(石油&ガス、化学品&医薬品、環境、食品&飲料)分析、用途別分析、紫外線(UV)分析装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、紫外線(UV)分析装置の世界市場規模が2019年10億ドルから2024年14億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • 飼料用酵母の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、飼料用酵母の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料用酵母の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プレハブ建築の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、プレハブ建築の世界市場について調べ、プレハブ建築の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、プレハブ建築の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(産業、商業、インフラ、家庭)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はプレハブ建築の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・プレハブ建築の市場状況 ・プレハブ建築の市場規模 ・プレハブ建築の市場予測 ・プレハブ建築の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業、商業、インフラ、家庭) ・プレハブ建築の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ホットドッグ及びソーセージの世界市場
    当調査レポートでは、ホットドッグ及びソーセージの世界市場について調査・分析し、ホットドッグ及びソーセージの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界主要国におけるゴム化合物市場2018-2023
    本調査レポートでは、ゴム化合物の世界市場について調査・分析し、ゴム化合物の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(タイプ1、タイプ2)、用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、ゴム化合物の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・ゴム化合物の世界市場概要 ・ゴム化合物の企業別市場シェア ・ゴム化合物の地域別市場規模 ・ゴム化合物の種類別市場規模(タイプ1、タイプ2) ・ゴム化合物の用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材) ・ゴム化合物の主要企業分析 ・ゴム化合物の北米市場規模 ・ゴム化合物の米国市場規模 ・ゴム化合物の南米市場規模 ・ゴム化合物の欧州市 …
  • 飼料用プレミックスの世界市場予測:ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗生物質、酸化防止剤
    MarketsandMarkets社は、飼料用プレミックスの世界市場規模が2019年216億ドルから2025年309億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、飼料用プレミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、成分種類別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗生物質、酸化防止剤、その他)分析、家畜別(家禽、反すう動物、豚、水生動物、ウマ、ペット)分析、フォーム別(乾燥および液体)分析、飼料用プレミックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタ重亜硫酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタ重亜硫酸カリウム市場2015について調査・分析し、メタ重亜硫酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:エンジン種類別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:構成品別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)のアメリカ市場規模予測 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 殺虫剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、殺虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、殺虫剤市場規模、作物別(青果、穀物、その他)分析、ソース別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Bayer, DowDuPont, FMC Corporation, Syngentaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・殺虫剤の世界市場概要 ・殺虫剤の世界市場環境 ・殺虫剤の世界市場動向 ・殺虫剤の世界市場規模 ・殺虫剤の世界市場:業界構造分析 ・殺虫剤の世界市場:作物別(青果、穀物、その他) ・殺虫剤の世界市場:ソース別 ・殺虫剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・殺虫剤の北米市場規模・予測 ・殺虫剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・殺虫剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・殺虫剤の主要国分析 ・殺虫剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・殺虫剤の世界市場:成長要因、課題 ・殺虫剤の世界市場:競争環境 ・殺虫剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場規模及び予測:遺伝子送達別(経口、吸入、経皮、注射、眼、鼻、局所)、遺伝子送達ベクター別(ウイルス性、非ウイルス性)、遺伝子送達別(その場、体外)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場について調査・分析し、薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場動向、薬物および遺伝子送達デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別薬物および遺伝子送達デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の熱可塑性プラスチック管市場2015
    本調査レポートでは、中国の熱可塑性プラスチック管市場2015について調査・分析し、熱可塑性プラスチック管の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"