"世界の炭酸ジメチル市場:用途別(ポリカーボネート合成、バッテリー電解質、溶媒、試薬)、エンドユーズ産業別(プラスチック、塗料およびコーティング、医薬品)、グレード別(産業、医薬品、バッテリー)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7497)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の炭酸ジメチル市場:用途別(ポリカーボネート合成、バッテリー電解質、溶媒、試薬)、エンドユーズ産業別(プラスチック、塗料およびコーティング、医薬品)、グレード別(産業、医薬品、バッテリー)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The dimethyl carbonate market is projected to grow at a CAGR of 6.2% from 2019 to 2024, in terms of value.”
The dimethyl carbonate market is projected to grow from USD 895 million in 2019 to USD 1,207 million by 2024, at a CAGR of 6.2% from 2019 to 2024. The increasing demand for polycarbonates and lithium-ion batteries is expected to drive the global dimethyl carbonate market.

“The battery electrolyte application segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on application, the battery electrolyte segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. With the rapid development in electric vehicles and other electronic products such as smartphones, tablets, and laptops, the demand for advanced batteries such as lithium-ion batteries has increased. To further improve the property of lithium-ion batteries, solvents consisting of organic carbonates such as propylene carbonate (PC) and ethylene carbonate (EC) who allow the dissolution of lithium salts, are widely used across industries. But their strong viscosity limits the efficiency of the lithium electrochemical cycle. In this aspect, linear alkyl carbonates such as DMC are usually introduced as co-solvents to increase the conductivity of the electrolyte because of their low viscosity as well as great solvation force toward lithium-ion, which leads to the diminution of the electrolyte resistance.

“The battery grade segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on grade, the battery grade segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Dimethyl carbonate with purity above 99.9% is majorly used as an electrolyte in lithium-ion batteries. Various researchers have proved that the electrochemical performance of graphite anodes cycled against lithium metal in DMC electrolytes, containing 1 M LiPF6 is strongly dependent on the solvent purity. The behavior of the graphite anodes in electrolytes containing DMC also depends mainly on the identity of the contamination present in the solvent. Hence, it is recommended that the DMC used as an electrolyte in lithium-ion batteries should be highly pure. Lithium-ion batteries are experiencing a rapid increase in demand for use in notebooks, PCs, and cell phones. The demand is also expected to grow for its use in hybrid electric vehicles (HEVs) and plug-in hybrid electric vehicles (PHEVs).

“The dimethyl carbonate market in Asia Pacific is projected to grow the highest CAGR during the forecast period.”
The dimethyl carbonate market in Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. The growth of this market can be attributed to the rapid economic expansion of various countries and the increasing consumption of dimethyl carbonate in major industries, such as plastics, paints & coating, pharmaceutical, and batteries in the region

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 22%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C-level Executives – 50%, Directors – 10%, and Others – 40%
• By Region: North America – 33%, Europe – 25%, Asia Pacific – 17%, South America – 17%, Middle East & Africa- 8%

As a part of the qualitative analysis of the dimethyl carbonate market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by the leading market players such as Ube Industries Ltd. (Japan), Merck KGaA (Germany), Kowa Company Ltd. (Japan), Kishida Chemical Co. Ltd. (Japan), Lotte Chemical (Korea), Shandong Shida Shenghua Chemical Group Co., Ltd. (China), Guangzhou Tinci Materials Technology Co., Ltd. (China), Haike Chemical Group (China), Arrow Chemical Group Corp. (China), and Panax Etec (Korea).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the dimethyl carbonate market based on application, end-use industry, grade, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as expansions, and joint-ventures undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
This report is expected to help the market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the dimethyl carbonate market and its segments. The report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の炭酸ジメチル市場:用途別(ポリカーボネート合成、バッテリー電解質、溶媒、試薬)、エンドユーズ産業別(プラスチック、塗料およびコーティング、医薬品)、グレード別(産業、医薬品、バッテリー)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews+
2.2 Market Engineering Process
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Definition and Scope
2.4 Base Number Calculation
2.4.1 Supply Side Approach
2.5 Forecast Number Calculations
2.6 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in Dimethyl Carbonate Market
4.2 Dimethyl Carbonate Market, By Region
4.3 Asia Pacific Dimethyl Carbonate Market, By Application & Country
4.4 Dimethyl Carbonate Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Polycarbonate From Various Industries
5.2.1.2 Growing Demand for Dimethyl Carbonate in Lithium-Ion Battery Electrolytes
5.2.1.3 Rapid Industrialization in Asia Pacific and Africa
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Use of Highly Toxic Raw Material for DMC Synthesis
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Dimethyl Carbonate as an Oxygenated Fuel Additive
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Significant Fluctuations in Oil & Gas Prices
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Rivalry
5.4 Macroeconomic Overview and Trends
5.4.1 Trends and Forecast of GDP
5.4.2 Trends of Oil & Natural Gas Prices
5.5 Economic Indicators
5.5.1 Industry Outlook
5.5.1.1 Electric Vehicles (EVS)
6 Dimethyl Carbonate Market, By Synthesis (Page No. – 54)
6.1 Introduction
6.2 Methanol Phosgenation:
6.3 Oxidative Carbonylation of Methanol (ENI):
6.4 Oxidative Carbonylation of Methanol Via Methyl Nitrate (UBE):
6.5 Ethylene Carbonate Transesterification Process (ASAHI):
6.6 Urea Transesterification:
6.7 Direct Synthesis From Co2:
7 Dimethyl Carbonate Market, By Application (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Polycarbonate Synthesis
7.2.1 DMC is Used as A Phosgene Substitute in the Production of Polycarbonates
7.3 Solvents
7.3.1 Dimethyl Carbonate Can Be Used as A Voc Exempt Solvent in Paints & Coatings, Adhesives, and Inks
7.4 Reagents
7.4.1 Growth of Pharmaceuticals End-Use Industry is Expected to Drive the Reagents Segment
7.4.2 Methylating Agent
7.4.3 Methoxycarbonylation Agent
7.5 Battery Electrolyte
7.5.1 Growing Demand for Lithium-Ion Batteries in Electric Vehicles is Expected to Drive the Battery Electrolyte Segment
7.6 Others
7.6.1 Fuel Additives
7.6.2 Electrolyte for Dye-Sensitized Solar Cells
7.6.3 Electrolyte for Supercapacitors
8 Dimethyl Carbonate Market, By Grade (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Industry Grade (>99.0 Weight %)
8.2.1 Industry Grade Accounted for the Largest Share in the Global DMC Market
8.3 Pharmaceutical Grade (>99.5 Weight %)
8.3.1 Pharmaceutical Grade Segment Accounted for Second Largest Share in Global DMC Market
8.4 Battery Grade (>99.9 Weight %)
8.4.1 Battery Grade is the Fastest Growing Grade Segment of the Global DMC Market
9 Dimethyl Carbonate Market, By End-Use Industry (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 Plastics
9.2.1 Plastics is the Largest End-Use Industry Segment of DMC Market
9.3 Paints & Coatings
9.3.1 DMC is an Excellent Coating Solvent That Can Replace Other Organic Solvents and Can Meet Existing Coating Index Requirements
9.4 Pharmaceuticals
9.4.1 Growing Demand of Antifungals, Antibiotics, Anti-Bacterial, Anti-Infection Drugs, and Others is Expected to Drive the Pharmaceutical Industry
9.5 Batteries
9.5.1 Demand for DMC Electrolytes is Driven By Sales and Production of Lithium-Ion Batteries
9.6 Agrochemicals
9.6.1 Agrochemicals Protect Crops, Increase Crop Yields, and Maintain Food and Soil Quality
9.7 Others
10 Regional Analysis (Page No. – 86)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 China Accounted for the Largest Share of the DMC Market in APAC in 2018
10.2.2 Japan
10.2.2.1 The Demand for DMC in Japan is Driven By the Growth of the Automotive and Consumer Electronics Industries
10.2.3 India
10.2.3.1 Growing Demand From End-Use Industries Such as Plastics, Batteries, Paints & Coatings and Batteries is Expected to Fuel the Growth of Indian DMC Market
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 Growth of the Electronics Industry in South Korea is Responsible to Drive the Demand for Polycarbonate Synthesis
10.2.5 Taiwan
10.2.5.1 Growing Demand From the Plastics Industry is Expected to Drive the DMC Market in Taiwan
10.2.6 Thailand
10.2.6.1 Growing Demand for Polycarbonate Synthesis is Expected to Drive the DMC Market in Thailand
10.2.7 Rest of Asia Pacific
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Expected to Be the Largest Market for DMC in Europe During Forecast Period
10.3.2 France
10.3.2.1 Solvents and Lithium Battery Electrolytes Applications in Industrial and Automotive Sectors are Expected to Drive the Demand for DMC in France
10.3.3 UK
10.3.3.1 Increased Manufacturing of Electric Vehicles Fuel the Demand for Lithium Battery Electrolyte in the UK
10.3.4 Spain
10.3.4.1 Growing Demand for Polycarbonate Synthesis is Expected to Drive the DMC Market in Spain
10.3.5 Netherlands
10.3.5.1 Growing Demand for DMC in Polycarbonate Synthesis is Expected to Fuel the Market for DMC
10.3.6 Italy
10.3.6.1 Growing Demand From the Plastics Industry is Expected to Drive the DMC Market in Italy
10.3.7 Rest of Europe
10.4 North America
10.4.1 US
10.4.1.1 US Projected to Be the Largest Market for DMC in North America During the Forecast Period
10.4.2 Canada
10.4.2.1 Growing Demand for Polycarbonate Synthesis is Expected to Drive the DMC Market in Canada
10.4.3 Mexico
10.4.3.1 Growing Demand From End-Use Industries is Expected to Fuel the DMC Market in Mexico
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Saudi Arabia Accounted for the Largest Share of the DMC Market in Middle East & Africa
10.5.2 UAE
10.5.2.1 Increasing Demand for DMC in Lithium Battery Electrolytes is Expected to Drive the DMC Market in the UAE
10.5.3 Israel
10.5.3.1 Israel Accounted for the Third Largest Share in the Middle East & Africa DMC Market
10.5.4 Turkey
10.5.4.1 Growing Demand for Polycarbonate Synthesis is Expected to Drive the DMC Market in Turkey
10.5.5 South Africa
10.5.5.1 Growing Demand From the Batteries Industry is Expected to Drive the DMC Market in South Africa
10.5.6 Rest of Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Brazil Accounted for the Largest Share of the South American DMC Market
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Growth of End-Use Industries is Expected to Fuel the Growth of DMC Market in South Africa
10.6.3 Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 160)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Visionary Leaders
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Strength of Product Portfolio
11.4 Business Strategy Excellence
11.5 Market Ranking of Key Players
11.5.1 UBE Industries LTD. (Japan)
11.5.2 Alfa Aesar (UK)
11.5.3 Merck KGaA (Germany)
11.5.4 Lotte Chemical (Korea)
12 Company Profiles (Page No. – 165)
(Business Overview, Products & Current Focus and Strategies, Threat From Competition, Right to Win, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Alfa Aesar
12.2 UBE Industries LTD.
12.3 Merck KGaA
12.4 Kowa Company LTD.
12.5 Kishida Chemical Co., LTD.
12.6 Tokyo Chemical Industry Co. LTD.
12.7 Lotte Chemical
12.8 Shandong Shida Shenghua Chemical Group Co., LTD
12.9 Guangzhou Tinci Materials Technology Co., LTD.
12.10 Haike Chemical Group
12.11 Additional Company Profiles
12.11.1 Arrow Chemical Group Corp.
12.11.2 Tongling Jintai Chemical Industrial Co., LTD
12.11.3 Dongying City Longxing Chemical Co., LTD
12.11.4 Dongying Hi-Tech Spring Chemical Industrial Co., LTD.
12.11.5 Panax ETEC
12.11.6 Hebei New Chaoyang Chemical Stock Co., LTD.
12.11.7 Shandong Wells Chemicals Co., LTD.
12.11.8 Shandong Depu Chemical Industry Science and Technology Co., LTD
12.11.9 Hefei TNJ Chemical
*Details on Business Overview, Products & Products & Current Focus and Strategies, Threat From Competition, Right to Win, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 183)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の炭酸ジメチル市場:用途別(ポリカーボネート合成、バッテリー電解質、溶媒、試薬)、エンドユーズ産業別(プラスチック、塗料およびコーティング、医薬品)、グレード別(産業、医薬品、バッテリー)、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7497
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の炭酸ジメチル市場:用途別(ポリカーボネート合成、バッテリー電解質、溶媒、試薬)、エンドユーズ産業別(プラスチック、塗料およびコーティング、医薬品)、グレード別(産業、医薬品、バッテリー)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の気道および麻酔装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、気道および麻酔装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・気道および麻酔装置の概要 ・気道および麻酔装置の開発動向:開発段階別分析 ・気道および麻酔装置の開発動向:セグメント別分析 ・気道および麻酔装置の開発動向:領域別分析 ・気道および麻酔装置の開発動向:規制Path別分析 ・気道および麻酔装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別気道および麻酔装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・気道および麻酔装置の最近動向
  • エナジードリンク(ソフトドリンク)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 気道確保装置の世界市場分析:製品別(声門、声門下、蘇生器、喉頭鏡)、用途別(麻酔、救急医療)、エンドユーザー別、セグメント予測 -2014-2025
    本調査レポートでは、気道確保装置の世界市場について調査・分析し、気道確保装置の世界市場動向、気道確保装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別気道確保装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 制汗剤・デオドラントのアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • イーサネット・コントローラーの世界市場予測(~2023年):イーサネット、ファストイーサネット、ギガビットイーサネット
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イーサネット・コントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機能別分析、帯域幅別分析、パッケージング別分析、用途別分析、イーサネット・コントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブプロジェクターの世界市場分析:技術別(DLP、 3LCD、LCoS)、投影方法別(標準スロー、ショートスロー、超短スロー)、用途別(教育、ビジネス、ヘルスケア)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、インタラクティブプロジェクターの世界市場について調査・分析し、インタラクティブプロジェクターの世界市場動向、インタラクティブプロジェクターの世界市場規模、市場予測、セグメント別インタラクティブプロジェクター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の携帯型ガス検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型ガス検知器市場2015について調査・分析し、携帯型ガス検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池商用車(FCCV)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池商用車(FCCV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は燃料電池商用車(FCCV)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Daimler、Renault、Toyota Motor Corporation等です。
  • 透析用カテーテルの世界市場
    当調査レポートでは、透析用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透析用カテーテルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用サイバーセキュリティの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、軍用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軍用サイバーセキュリティ市場規模、種類別(ネットワークセキュリティ、データセキュリティ、ID・アクセス、クラウドセキュリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場概要 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場環境 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場動向 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場規模 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場:業界構造分析 ・軍用サイバーセキュリティの世界市場:種類別(ネットワークセキュリティ、データセキュリティ、ID・アクセス、クラウドセキュリティ) ・軍用サイバーセキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・軍用サイバーセキュリティの北米市場規模・予測 ・軍用サイバーセキュリティのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軍用サイバーセキュリティのアジア太平洋市場規模・予測 ・軍用サイバ …
  • 世界のガス絶縁変電所市場2019
    本調査レポートでは、世界のガス絶縁変電所市場2019について調査・分析し、ガス絶縁変電所の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ガス絶縁変電所のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ガス絶縁変電所メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ガス絶縁変電所の市場概要 ・ガス絶縁変電所の上流・下流市場分析 ・ガス絶縁変電所のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ガス絶縁変電所のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ガス絶縁変電所のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ガス絶縁変電所のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ガス絶縁変電所の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ガス絶縁変電所の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ガス絶縁変電所の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ガス絶縁変電 …
  • 胃部・食道胃接合部腺癌市場:中国の治療薬市場
  • 世界及び欧州の湿潤剤市場-分析及び展望(~2022年)
  • パニック障害(Panic Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるパニック障害(Panic Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、パニック障害(Panic Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・パニック障害(Panic Disorders)の概要 ・パニック障害(Panic Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のパニック障害(Panic Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・パニック障害(Panic Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 肺水腫(Pulmonary Edema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺水腫(Pulmonary Edema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺水腫(Pulmonary Edema)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺水腫(Pulmonary Edema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺水腫(Pulmonary Edema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺水腫(Pulmonary Edema)治療薬剤
  • 世界のUSBフラッシュドライブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のUSBフラッシュドライブ市場2016について調査・分析し、USBフラッシュドライブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 加湿器の世界市場:気化式加湿器、超音波式加湿器
    当調査レポートでは、加湿器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加湿器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場予測(~2024年)
    船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場は、2019年の推定7億7,200万米ドルから2024年には10億3,900万米ドルに達し、この期間中6.13%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、エネルギー消費量とエネルギーコストの削減が考えられます。当調査レポートでは、船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ACドライブ、DCドライブ)分析、電圧別(低電圧(1kV未満)、中電圧(1kV以上))分析、用途別(ポンプ、ファン、コンプレッサー、推進・スラスタ、クレーン・ホイスト)分析、船舶用可変周波数ドライブ(VFD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シラミ症(アタマジラミ寄生症):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるシラミ症(アタマジラミ寄生症)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、シラミ症(アタマジラミ寄生症)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・シラミ症(アタマジラミ寄生症)の概要 ・シラミ症(アタマジラミ寄生症)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のシラミ症(アタマジラミ寄生症)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シラミ症(アタマジラミ寄生症)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シラミ症(アタマジラミ寄生 …
  • フリーズドライ食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フリーズドライ食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フリーズドライ食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 フリーズドライ(凍結乾燥)食品は、お湯で戻した後も元の食材のテクスチャーや味覚が保たれているため、最高の乾燥食品だと称されています。凍結乾燥できる食品としては、野菜、果物、肉、魚、乳製品があります。ネスレ等の企業では、離乳食を作るためにフリーズドライを採用しています。Technavio社はフリーズドライ食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Nestlé• OFD Foods• Unilever• Wise Company等です。
  • 世界のCAD/CAM歯科システム市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、CAD/CAM歯科システムのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CAD/CAM歯科システムの概要 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:開発段階別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:セグメント別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:領域別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:規制Path別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別CAD/CAM歯科システムの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・CAD/CAM歯科システムの最近動向
  • パウチ包装機械の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パウチ包装機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パウチ包装機械市場規模、製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パウチ包装機械の世界市場概要 ・パウチ包装機械の世界市場環境 ・パウチ包装機械の世界市場動向 ・パウチ包装機械の世界市場規模 ・パウチ包装機械の世界市場:業界構造分析 ・パウチ包装機械の世界市場:製品別(HFFS機械、VFFS機械、SUP機械) ・パウチ包装機械の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パウチ包装機械の北米市場規模・予測 ・パウチ包装機械のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・パウチ包装機械のアジア太平洋市場規模・予測 ・パウチ包装機械の主要国分析 ・パウチ包装機械の世界市場:意思決定フレームワーク ・パウチ包装機械の世界市場:成長要因、課題 ・パウチ包装機械の世界市場:競争環境 ・パウチ包装機械の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 男性不妊症(Male Infertility):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性不妊症(Male Infertility)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性不妊症(Male Infertility)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性不妊症(Male Infertility)の概要 ・男性不妊症(Male Infertility)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性不妊症(Male Infertility)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・男性不妊症(Male Infertility)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 核医学の世界市場:核医学装置、SPECT、PET、放射性医薬品
    当調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核医学の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バッテリーアナライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バッテリーアナライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バッテリーアナライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバッテリーアナライザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.72%成長すると予測しています。
  • 石油・ガスセパレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガスセパレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガスセパレーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は石油・ガスセパレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ALFA LAVAL• TechnipFMC • Frames• Halliburton• Schlumberger等です。
  • 世界の髄内釘市場2015
    本調査レポートでは、世界の髄内釘市場2015について調査・分析し、髄内釘の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場2017-2021:SFT、LFT、GFT、CFT
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱可塑性複合材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Celanese Corporation、DuPont 、LANXESS、SABIC等です。
  • 飲料加工装置の世界市場予測(~2025年)
    飲料加工装置の世界市場は、2019年の182億米ドルから2025年には243億米ドルに達し、この期間中5.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ソフトドリンク、ビール、栄養ドリンクなどの動きの速い消費財への消費支出の増加が考えられます。一方で、電力コストとエネルギーコストの上昇により、市場の成長が阻害されています。当調査レポートでは、飲料加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(醸造装置、ろ過装置、炭酸装置、砂糖溶解装置、ブレンダー・ミキサー、熱交換器)分析、飲料の種類別(アルコール、炭酸、非炭酸、乳製品)分析、飲料加工装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの次世代LMS(学習管理システム)市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 過活動膀胱治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、過活動膀胱治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、過活動膀胱治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートピルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートピルの世界市場について調べ、スマートピルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートピルの市場規模をセグメンテーション別(用途別(診断、薬物治療)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はスマートピルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートピルの市場状況 ・スマートピルの市場規模 ・スマートピルの市場予測 ・スマートピルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(診断、薬物治療) ・スマートピルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 急性疼痛(Acute Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性疼痛(Acute Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性疼痛(Acute Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性疼痛(Acute Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性疼痛(Acute Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性疼痛(Acute Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性疼痛(Acute Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性疼痛(Acute Pain)治療薬剤
  • 世界のロータリエンコーダ市場2015
    本調査レポートでは、世界のロータリエンコーダ市場2015について調査・分析し、ロータリエンコーダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドの股関節再建装置市場見通し
  • ウェアラブルセンサーの世界市場動向および予測:モーションセンサー、医療系センサー、イメージセンサー、ポジションセンサー、圧力センサー、慣性センサー
  • 電子兵器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電子兵器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子兵器市場規模、製品種類別(運用支援、装置)分析、性能別(電子攻撃、電子防護、電子支援)分析、プラットフォーム別(陸、空、宇宙、海)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電子兵器の世界市場:市場動向分析 ・ 電子兵器の世界市場:競争要因分析 ・ 電子兵器の世界市場:製品種類別(運用支援、装置) ・ 電子兵器の世界市場:性能別(電子攻撃、電子防護、電子支援) ・ 電子兵器の世界市場:プラットフォーム別(陸、空、宇宙、海) ・ 電子兵器の世界市場:主要地域別分析 ・ 電子兵器の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 電子兵器のヨーロッパ市場規模 ・ 電子兵器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・電子兵器の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • カリウムチャンネル緩下剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカリウムチャンネル緩下剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カリウムチャンネル緩下剤の概要 ・カリウムチャンネル緩下剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカリウムチャンネル緩下剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カリウムチャンネル緩下剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カリウムチャンネル緩下剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スペインの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 塗装装置の世界市場予測(~2021年):液体塗装装置、粉末塗装装置、特殊塗装装置
    当調査レポートでは、塗装装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、塗装装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の棺トロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界の棺トロリー市場2016について調査・分析し、棺トロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フェイスケア(スキンケア)の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 振動式レベルスイッチの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、振動式レベルスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、技術別(フォーク型、ロッド型)分析、用途別(液体、固体)分析、産業別(石油・ガス、化学品、食品・飲料、医薬品)分析、振動式レベルスイッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エリアラグ(カーペット)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エリアラグ(カーペット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エリアラグ(カーペット)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の装具市場動向(~2021)
  • 世界の家庭用除湿器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用除湿器市場2015について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用酸素センサーの世界市場:製品別(狭帯域ジルコニアセンサー、広帯域ジルコニアセンサー、チタニアセンサー)、用途別(乗用車、商用車、2輪車)、地域別予測
    本資料は、自動車用酸素センサーの世界市場について調べ、自動車用酸素センサーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(狭帯域ジルコニアセンサー、広帯域ジルコニアセンサー、チタニアセンサー)分析、用途別(乗用車、商用車、2輪車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用酸素センサーの世界市場概要 ・自動車用酸素センサーの世界市場環境 ・自動車用酸素センサーの世界市場動向 ・自動車用酸素センサーの世界市場規模 ・自動車用酸素センサーの世界市場規模:製品別(狭帯域ジルコニアセンサー、広帯域ジルコニアセンサー、チタニアセンサー) ・自動車用酸素センサーの世界市場規模:用途別(乗用車、商用車、2輪車) ・自動車用酸素センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用酸素センサーの北米市場規模・予測 ・自動車用酸素センサーのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用酸素センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用酸素センサーのアジア市場規模・予測 ・自動車用 …
  • ポリエステル製ストラップの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ポリエステル製ストラップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル製ストラップ市場規模、グレード別(機械グレード、ハンドグレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル製ストラップの世界市場概要 ・ポリエステル製ストラップの世界市場環境 ・ポリエステル製ストラップの世界市場動向 ・ポリエステル製ストラップの世界市場規模 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:グレード別(機械グレード、ハンドグレード) ・ポリエステル製ストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル製ストラップの北米市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップの主要国分析 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:成長要因、課題 ・ポリエステル製ス …
  • 酸化アルミニウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酸化アルミニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酸化アルミニウム市場規模、用途別(冶金、冶金以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酸化アルミニウムの世界市場概要 ・酸化アルミニウムの世界市場環境 ・酸化アルミニウムの世界市場動向 ・酸化アルミニウムの世界市場規模 ・酸化アルミニウムの世界市場:業界構造分析 ・酸化アルミニウムの世界市場:用途別(冶金、冶金以外) ・酸化アルミニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酸化アルミニウムの北米市場規模・予測 ・酸化アルミニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酸化アルミニウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・酸化アルミニウムの主要国分析 ・酸化アルミニウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・酸化アルミニウムの世界市場:成長要因、課題 ・酸化アルミニウムの世界市場:競争環境 ・酸化アルミニウムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の血漿用凍結庫市場2015
    本調査レポートでは、世界の血漿用凍結庫市場2015について調査・分析し、血漿用凍結庫の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"