"世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 5080)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The agricultural robots market is projected to grow at a CAGR of 22.8% during 2019–2024”
The agricultural robots market is expected to grow from USD 7.4 billion in 2020 and is projected to reach USD 20.6 billion by 2025; it is expected to grow at a CAGR of 22.8% during the forecast period. A shortage of new farmers, as indicated by the rising average age of farmers is driving the further use of automated agricultural equipment as well as the development of new agricultural robots. Development is taking place in all aspects of agriculture, such as imaging, navigation, planting, weeding, and harvesting. Large farms are also collaborating with companies developing agricultural technology to drive down costs and to maintain their cost advantage in the market. Increasing requirement for food globally will also require increasing productivity, which can only be achieved through robotic automation.

“UAVs are expected to maintain its market dominance during forecast period”
UAVs are expected to maintain the largest share of the market compared to other agricultural robots. Drones are the most inexpensive agricultural robots and can be deployed in all farms regarding of their size. Different variants of drones are available for different tasks. Fixed wing drones, offered by companies such as AgEagle Aerial Systems (US) are suitable for crop and livestock imaging. Rotary blade drones, such as those offered by DJI (China) have a more stable flight and can be used for precision spraying application. Most drone manufacturers also offer specialized software for farmers to gain actionable insights from captured data.

“Hardware components are expected to have the largest share of the market”
Hardware components, consisting of automation & control Systems and sensing & monitoring devices will continue to have the largest share of the market compared to either software or services. As agricultural robots are highly specialized in their design, they require specialized mechanical components and sensors to operate. These add a significant cost to the price of a robot. A strawberry picking robot cannot be programmed to be used for kiwi harvesting. Hardware systems are paramount to productivity, through faster working speed and reduced operational errors. Increased use of sensors and navigation modules in agricultural robots also contribute to the large market share of hardware.

“The market in the US is expected to have the largest share of the market”
Large farms and focus on agricultural productivity is one of the primary reason for the US having the largest market share when compared to other regions. With increasing restrictions on immigration and shortage of farm labor, large farms are investing in companies that develop agricultural robots. HARVEST CROO (US) is one such company, and is mainly funded by large strawberry farm operators. Robotic harvesting vehicles are also being tested in Florida and California to harvest other fruits such as apples and grapes to automate labor intensive tasks. Countries such as Canada, Mexico, and Brazil are also adopting various agricultural robots. Hence, North America is expected to have the highest share of the market.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the agricultural robots marketspace. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level Executives – 40%, Directors – 30%, and Others – 30%
• By Region: North America –40, APAC– 30%, Europe – 20%, and RoW – 10%

The report profiles key players in the agricultural robots market with their respective market ranking analysis. Prominent players profiled in this report are Deere & Company (US), Trimble (US), AGCO Corporation (US), AgJunction (US), DJI (China), Boumatic (Netherlands), Lely (Netherlands), DeLaval (Sweden), Topon (US), AgEagle Aerial Systems (US), YANMAR CO. (Japan), Deepfield Robotics (Germany), ecoRoborix (Switzerland), Harvest Automation (US), Naïo Technologies (France), ROBOTICS PLUS (New Zealand), CNH INDUSTRIAL N.V. (UK), KUBOTA Corporation (Japan), Harvest CROO (US), Autonomous Tractor Corporation (US), Abundant Robotics (US), Clearpath Robotics (Canada), Iron Ox (US), CLAAS KGaA mbH (Germany), and Ag Leader Technology (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the global agricultural robots market on the basis of offering, type, farming environment, farm produce, application, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the agricultural robotics market and forecasts the same till 2025. Apart from these, the report also consists of leadership mapping and analysis of all the companies included in the agricultural robots ecosystem.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the agricultural robotics market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product developments and launches, partnerships, and mergers and acquisitions.
4. The analysis of the top 25 companies, based on the strength of the product portfolio as well as the business strategy will help stakeholders visualize the market positioning of these key players.
5. PESTEL analysis and technological trends that will shape the market in the coming years has also been covered in this report.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Market Projections
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 36)
4 Premium Insights (Page No. – 40)
4.1 Attractive Opportunities in Agricultural Robots Market
4.2 Agricultural Robots Market, By Type
4.3 Agricultural Robots Market, By Offering
4.4 Agricultural Robots Market, By Farm Produce
4.5 Agricultural Robots Market in APAC, By Industry and By Country
4.6 Agricultural Robots Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Market Evolution
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Population and Increasing Labor Shortage Encouraging Automation
5.2.1.2 Maturing IoT and Navigation Technologies are Driving Down Cost of Automation
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Automation for Small Farms (10–1,000 Acres)
5.2.2.2 Technological Barriers Pertaining to Fully Autonomous Robots
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Untapped Scope and Market Potential for Automation in Agriculture
5.2.3.2 Use of Real-Time Multimodal Robot Systems in Field
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Concerns Over Data Privacy and Regulations
5.2.4.2 High Cost and Complexity of Fully Autonomous Robots
6 Industry Trends (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Major Players in Agricultural Robots Market
6.2.1.1 Robot OEMs
6.2.1.2 Suppliers
6.2.1.3 IT/Big Data Companies
6.2.1.4 Software Solution Providers
6.2.1.5 Startups
6.2.1.6 Research Centers
6.3 Technology Roadmap
6.4 Pestle Analysis
6.4.1 Political Factors
6.4.2 Economic Factors
6.4.3 Social Factors
6.4.4 Technological Factors
6.4.4.1 Agricultural IoT
6.4.4.2 AI in Agriculture
6.4.5 Legal Factors
6.4.6 Environmental Factors
7 Agricultural Robots Market, By Offering (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Automation & Control Systems
7.2.1.1 Displays
7.2.1.1.1 Farmers Can View Location, Fuel, and Steering Angle of Tractors Through Displays
7.2.1.2 Guidance & Steering
7.2.1.2.1 Many Tractors That Operate in Large Fields Utilize Automated Steering Or Auto-Steering
7.2.1.3 GPS/GNSS Systems
7.2.1.3.1 GPS/GNSS Systems are Used in Tractors and Autonomous Vehicles at Farms
7.2.1.4 Cameras
7.2.1.4.1 Spectral Imaging Allows Extraction of Information That Human Eyes Fail to Capture
7.2.1.4.2 Accumulation of Pests and Changes in Plant Color Appear in Infrared Frequencies Long Before They are Seen in Visible Spectrum
7.2.1.4.3 Thermal Cameras Can Identify Stress Caused in Crops Due to Improper Water Supply
7.2.1.4.4 Main Benefit of Lidar Cameras in Agriculture is 3D Mapping of Ground Elevation
7.2.1.4.5 High-Resolution Cameras Capture Detailed and Colored Photographs of Crops That Help in Studying Plant Health
7.2.1.5 Mobile Devices/Handheld Computers
7.2.1.5.1 Handheld Displays are Used to Guide Operators By Providing Real-Time Information on Various Inputs Such as Fertilizers, Pesticides, and Seeding
7.2.1.6 Flow & Application Control Devices
7.2.1.6.1 Flow & Application Control Devices Operate on Variable Rate Technology (VRT)
7.2.1.7 Others
7.2.2 Sensing & Monitoring Devices
7.2.2.1 Yield Monitors
7.2.2.1.1 Yield Monitoring Systems Can Detect Weed Levels in Crops
7.2.2.2 Soil Sensors
7.2.2.2.1 Electrochemical Sensors are Used to Measure Soil Nutrient Levels and Ph Concentrations
7.2.2.2.2 Moisture Sensors are Used to Manage Irrigation Systems Optimally
7.2.2.2.3 Thermistors, Thermocouples, Thermocouple Wires, and Averaging Thermocouples are Standard Soil Temperature Sensors
7.2.2.3 Water Sensors
7.2.2.3.1 Flow Sensors are Used for Water Sensing and Detecting Flow
7.2.2.4 Climate Sensors
7.2.2.4.1 Climate Sensors are Mostly Used for Indoor Applications in Greenhouses and Vertical Farms
7.2.2.5 Others
7.2.3 Software
7.2.3.1 Local/Web-Based Software
7.2.3.1.1 Web-Based Software are Popular Because They are Easy to Maintain and Update
7.2.3.2 Cloud-Based Software
7.2.3.2.1 Advantages Offered By Cloud-Based Farm Management Solutions Include Optimized Performance and Ease of Access
7.3 Services
7.3.1 System Integration & Consulting
7.3.1.1 System Integrators are Involved in Troubleshooting and Diagnosing Farm Management Solutions
7.3.2 Managed Services
7.3.2.1 Farm Operation Services
7.3.2.1.1 Farm Operation Services Help Generate Records and Integrate Unstructured Data
7.3.2.2 Data Services
7.3.2.2.1 Data Services Provide A Common Platform and Integrate Demand and Supply Side Participants
7.3.2.3 Analytics Services
7.3.2.3.1 Analytics Services Help Analyze Acquired Farm Data and Provide Real-Time Information
7.3.3 Connectivity Services
7.3.3.1 Connectivity Service Providers Provide Proper Connectivity Between Device Domain and End User Through Network Channel
7.3.4 Assisted Professional Services
7.3.4.1 Supply Chain Management Services
7.3.4.1.1 Service Providers Can Help Optimize Agricultural Supply Chain Facilities and Transportation
7.3.4.2 Climate Information Services
7.3.4.2.1 Climate Information Service Providers Keep Farmers Updated About Weather Condition
7.3.4.3 Others
7.3.5 Maintenance & Support Services
7.3.5.1 Maintenance & Support Services Include Troubleshooting Problems Related to Farming Software Solutions
8 Agricultural Robots Market, By Type (Page No. – 78)
8.1 Introduction
8.2 Unmanned Aerial Vehicles (UAVS)/Drones
8.2.1 Fixed-Wing Drones
8.2.1.1 Advantages of Fixed-Wing Drones Include Maximum Flying Time, Long Distance Coverage, and High Speed
8.2.2 Rotary Blade Drones
8.2.2.1 Rotary Blade Drones are Comparatively Smaller in Size and Cheaper Than Fixed-Wing Drones
8.2.3 Hybrid Drones
8.2.3.1 Hybrid Drones Can Hover, Fly at Fast Speed, and Remain Steady
8.3 Milking Robots
8.3.1 Milking Robots are Also Known as Voluntary Milking Systems
8.4 Driverless Tractors
8.4.1 Driverless Tractors Can Perform Seeding and Planting Autonomously
8.5 Automated Harvesting Systems
8.5.1 Automated Harvesting Systems Use A Combination of Cameras, Sensors, and Machine Vision to Harvest
8.6 Others
9 Agricultural Robots Market, By Farming Environment (Page No. – 104)
9.1 Introduction
9.2 Outdoor
9.2.1 UAVS Dominate Outdoor Farming Market as They Were Commercialized Earlier Than Other Robots
9.3 Indoor
9.3.1 Milking Robots are Expected to have Leading Share in Indoor Farming
10 Agricultural Robots Market, By Farm Produce (Page No. – 109)
10.1 Introduction
10.2 Fruits & Vegetables
10.2.1 Automated Harvesting Systems Dominate Agricultural Robots Market for Fruits & Vegetables
10.3 Field Crops
10.3.1 Driverless Tractors Dominate Agricultural Robots Market for Field Crops
10.4 Dairy & Livestock
10.4.1 Milking Robots are the Most Used Robots in Dairy & Livestock Produce Segment
10.5 Others
11 Agricultural Robots Market, By Application (Page No. – 117)
11.1 Introduction
11.2 Harvest Management
11.2.1 Harvest Management Applications Utilize UAVS and Automated Harvesting Systems
11.3 Field Farming
11.3.1 Crop Monitoring
11.3.1.1 Crop Monitoring is Performed Aerially Using Agricultural Drones
11.3.2 Plant Scouting
11.3.2.1 Agv Platforms are Used for Crop Scouting in Indoor and Outdoor Environments
11.3.3 Crop Scouting
11.3.3.1 Robots for Crop Scouting Application Monitor Plants in Real Time
11.4 Dairy & Livestock Management
11.4.1 Dairy Farm Management
11.4.1.1 Milking Robots Automate Manual Processes in Dairy Farms
11.4.2 Livestock Monitoring
11.4.2.1 Smart Tags Placed in Farm Animals Continuously Transmit Data for Remote Monitoring
11.4.3 Precision Fish Farming
11.4.3.1 Precision Fish Farming Leverages Ai-Based Image Processing to Perform Various Farm Operations
11.5 Soil Management
11.5.1 Moisture Monitoring
11.5.1.1 Moisture Monitoring Systems are Fitted With IoT Sensors for Data Transmission
11.5.2 Nutrient Monitoring
11.5.2.1 Nutrient Monitoring Systems are Mostly Used in Hydroponic Farming
11.6 Irrigation Management
11.6.1 Irrigation Management is Performed Using Drones Flying at Regular Intervals
11.7 Pruning Management
11.7.1 Pruning Management is Performed Mainly By Processing Data From Vision Systems
11.8 Weather Tracking & Monitoring
11.8.1 Drones are Mainly Adopted for Weather Tracking & Monitoring Applications
11.9 Inventory Management
11.9.1 Inventory Management is Mainly Performed Through Software Applications
11.10 Others
12 Geographic Analysis (Page No. – 134)
12.1 Introduction
12.2 Americas
12.2.1 North America
12.2.1.1 US
12.2.1.1.1 US is One of the Largest Markets for Agricultural Automation in North America
12.2.1.2 Canada
12.2.1.2.1 Drones are Increasingly Being Used in Canada for Agricultural Applications
12.2.1.3 Mexico
12.2.1.3.1 Crop Mapping Using Drones is Gaining Popularity in Mexico
12.2.2 South America
12.2.2.1 Brazil
12.2.2.1.1 Brazil is an Important Market for Automated Harvesting Systems
12.2.2.2 Argentina
12.2.2.2.1 Small Drones are Expected to Be Used in Small and Medium-Sized Farms in Argentina
12.2.2.3 Rest of South America
12.3 Europe
12.3.1 UK
12.3.1.1 Universities in UK are Involved in Development of Various Agricultural Robots
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Germany is Largest Market for Agricultural Robots in Europe
12.3.3 France
12.3.3.1 French Agricultural Robots Market Expected to have Highest Growth Among Other European Countries
12.3.4 Italy
12.3.4.1 Increase in Agricultural Activities Leading to Adoption and Acceptance of Agricultural Robots
12.3.5 Netherlands
12.3.5.1 Netherlands Represents One of the Largest Markets for Milking Robots
12.3.6 Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 Pesticide and Herbicide Spraying are Popular Applications for Agriculture Drones in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Japan Expected to Be One of the First Markets to Commercialize Driverless Tractors in APAC
12.4.3 Australia
12.4.3.1 Australia Expected to Be the Largest Market for Agricultural Robots During Forecast Period
12.4.4 India
12.4.4.1 India has Very Low Penetration of Agricultural Robots at Present
12.4.5 South Korea
12.4.5.1 South Korean Government is Subsidizing Milking Robots to Make Them Affordable to Farmers
12.4.6 Rest of APAC
12.5 RoW
12.5.1 Africa
12.5.1.1 South Africa has Been Recently Granted Clearance to Fly Agricultural Drones
12.5.2 Middle East
12.5.2.1 Feasibility of Drones in Middle East is Being Studied
12.5.3 Russia
12.5.3.1 Russia is A Growing Market for Various Agricultural Robots
13 Adoption of Agricultural Robots Based on Farm Size (Page No. – 158)
13.1 Introduction
13.2 Small Farms
13.3 Medium-Sized Farms
13.4 Large Farms
14 Competitive Landscape (Page No. – 160)
14.1 Overview
14.2 Market Share Analysis: Agricultural Robots Market, 2019
14.3 Competitive Leadership Mapping
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Dynamic Differentiators
14.3.3 Innovators
14.3.4 Emerging Companies
14.3.5 Strength of Product Portfolio (25 Players)
14.3.6 Business Strategy Excellence (25 Players)
14.4 Startup Scenario
14.4.1 Startup Categorization Based on Solutions Provided
14.4.1.1 Hardware Providers
14.4.1.2 Software and Service Providers
14.5 Competitive Situations and Trends
14.5.1 Product Launches
14.5.2 Partnerships and Collaborations
14.5.3 Expansions
14.5.4 Acquisitions
14.5.5 Contracts and Agreements
15 Company Profiles (Page No. – 173)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
15.1 Key Players
15.1.1 Deere & Company
15.1.2 Trimble
15.1.3 Agco Corporation
15.1.4 Delaval
15.1.5 DJI
15.1.6 Boumatic Robotics
15.1.7 Lely
15.1.8 Agjunction
15.1.9 Topcon Positioning System
15.1.10 Ageagle Aerial Systems
15.2 Right to Win
15.2.1 Deere & Company
15.2.2 DJI
15.2.3 Trimble
15.2.4 Agco Corporation
15.2.5 Delaval
15.3 Other Key Players
15.3.1 Yanmar Co.
15.3.2 Deepfield Robotics
15.3.3 Ecorobotix
15.3.4 Harvest Automation
15.3.5 Naïo Technologies
15.3.6 Robotics Plus
15.3.7 Cnh Industrial N.V.
15.3.8 Kubota Corporation
15.3.9 Harvest Croo
15.3.10 Autonomous Tractor Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 205)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports
16.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 5080
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の農業用ロボット市場:提供別、種類別(UAV、搾乳ロボット、ドライバーレストラクター、自動収穫システム)、農業環境別、農産物別、用途別(収穫管理、フィールドファーミング)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • グリコールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリコールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリコールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、SABIC、Shell、The Dow Chemical Company等です。
  • 中国のフレキシブルパッケージ市場
    当調査レポートでは、中国のフレキシブルパッケージ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のフレキシブルパッケージ市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの装具市場見通し
  • マラリア迅速診断装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、マラリア迅速診断装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マラリア迅速診断装置市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マラリア迅速診断装置の世界市場概要 ・マラリア迅速診断装置の世界市場環境 ・マラリア迅速診断装置の世界市場動向 ・マラリア迅速診断装置の世界市場規模 ・マラリア迅速診断装置の世界市場:業界構造分析 ・マラリア迅速診断装置の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・マラリア迅速診断装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・マラリア迅速診断装置の北米市場規模・予測 ・マラリア迅速診断装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・マラリア迅速診断装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・マラリア迅速診断装置の主要国分析 ・マラリア迅速診断装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・マラリア迅速診断装置の世界市場:成長要因、課題 ・マラリア迅速診断装置の世界市場:競争環境 ・マ …
  • 精密農業の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア・サービス)、技術別(可変レート技術、リモートセンシング、案内システム)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、精密農業の世界市場動向、精密農業の世界市場規模、市場予測、セグメント別精密農業市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラシレスDCモーターの世界市場:インナーローターブラシレスDCモーター、アウターローターブラシレスDCモーター
    当調査レポートでは、ブラシレスDCモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(内側ローターブラシレスDCモーターおよび外側ローターブラシレスDCモーター)分析、エンドユーザー別(産業機械、自動車、ヘルスケア、HVAC産業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ブラシレスDCモーターの世界市場:種類別(内側ローターブラシレスDCモーターおよび外側ローターブラシレスDCモーター) ・ブラシレスDCモーターの世界市場:エンドユーザー別(産業機械、自動車、ヘルスケア、HVAC産業、その他) ・ブラシレスDCモーターの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 産業用溶接ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用溶接ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用溶接ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの脊椎手術装置市場見通し
  • 半導体パッケージング及び組立装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体パッケージング及び組立装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体パッケージング及び組立装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場分析:用途別(ギアオイル、エンジンオイル、コンプレッサーオイル、グリース)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場について調査・分析し、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場動向、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリアルファオレフィン(PAO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 真空調理器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、真空調理器 の世界市場について調査・分析し、真空調理器 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別真空調理器 シェア、市場規模推移、市場規模予測、真空調理器 種類別分析()、真空調理器 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・真空調理器 の市場概観 ・真空調理器 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・真空調理器 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・真空調理器 の世界市場規模 ・真空調理器 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・真空調理器 のアメリカ市場規模推移 ・真空調理器 のカナダ市場規模推移 ・真空調理器 のメキシコ市場規模推移 ・真空調理器 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・真空調理器 のドイツ市場規模推移 ・真空調理器 のイギリス市場規模推移 ・真空調理器 のロシア市場規模推移 ・真空調理器 のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・真空調理器 の日本市場規模推移 ・真 …
  • 空気アルミニウム電池の世界市場予測2019-2024
    「空気アルミニウム電池の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、鉛蓄、Ni-Cd、MH-Ni、空気亜鉛、リチウムイオン、空気アルミニウムなど、用途別には、Military、Civilなどに区分してまとめた調査レポートです。空気アルミニウム電池のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・空気アルミニウム電池の世界市場概要(サマリー) ・空気アルミニウム電池の企業別販売量・売上 ・空気アルミニウム電池の企業別市場シェア ・空気アルミニウム電池の世界市場規模:種類別(鉛蓄、Ni-Cd、MH-Ni、空気亜鉛、リチウムイオン、空気アルミニウム) ・空気アルミニウム電池の世界市場規模:用途別(Military、Civil) ・空気アルミニウム電池の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・空気アルミニウム電池のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・空気アルミニウム電池の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イ …
  • キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 キャリアイーサネットとは、通信事業者にイーサネットサービスを提供するサービスです。このサービスにはE-Line、E-LAN、E-Treeがあります。Technavio社はキャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Arista Networks• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell• HPE• Juniper Networks等です。
  • 世界のナーシングホームベッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のナーシングホームベッド市場2015について調査・分析し、ナーシングホームベッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属鋳造の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属鋳造の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属鋳造市場規模、最終用途別(自動車、IM、航空宇宙・防衛、CM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属鋳造の世界市場概要 ・金属鋳造の世界市場環境 ・金属鋳造の世界市場動向 ・金属鋳造の世界市場規模 ・金属鋳造の世界市場:業界構造分析 ・金属鋳造の世界市場:最終用途別(自動車、IM、航空宇宙・防衛、CM) ・金属鋳造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属鋳造のアメリカ市場規模・予測 ・金属鋳造のヨーロッパ市場規模・予測 ・金属鋳造のアジア市場規模・予測 ・金属鋳造の主要国分析 ・金属鋳造の世界市場:意思決定フレームワーク ・金属鋳造の世界市場:成長要因、課題 ・金属鋳造の世界市場:競争環境 ・金属鋳造の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 降圧薬の世界市場:治療クラス別(利尿薬、ACE阻害薬、カルシウムチャネル遮断薬、血管拡張薬、ベータアドレナリン遮断薬、その他)、流通経路別(小売薬局、病院薬局、Eコマース、その他)
    本調査レポートでは、降圧薬の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、治療クラス別(利尿薬、ACE阻害薬、カルシウムチャネル遮断薬、血管拡張薬、ベータアドレナリン遮断薬、その他)分析、流通経路別(小売薬局、病院薬局、Eコマース、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・降圧薬の世界市場:治療クラス別(利尿薬、ACE阻害薬、カルシウムチャネル遮断薬、血管拡張薬、ベータアドレナリン遮断薬、その他) ・降圧薬の世界市場:流通経路別(小売薬局、病院薬局、Eコマース、その他) ・降圧薬の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク)、成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他)、流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他)
    本調査レポートでは、乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク)分析、成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他)分析、流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:種類別(乳児用調製乳、フォローオンミルク、特殊ベビーミルク、グローイングアップミルク) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:成分別(炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミン、その他) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:流通経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、薬局/医療店 、専門店、ディスカウントストア、eコマース、その他) ・乳児用フォーミュラのアジア太平洋市場:地域別 ・競争状況 ・企 …
  • 血液凝固分析装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血液凝固分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液凝固分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシックナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のシックナー市場2015について調査・分析し、シックナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 輸送産業向けエアコンの世界市場2017-2021:自動車、鉄道、航空機
    当調査レポートでは、輸送産業向けエアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送産業向けエアコンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓バイオマーカーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、心臓バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓バイオマーカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は心臓バイオマーカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Alere、F. Hoffmann-La Roche等です。
  • 設備監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、設備監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、監視種類(振動、熱、モーター電流、アラーム、GPS)別分析、監視プロセス別分析、導入方式別分析、産業別分析、設備監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • PLC(プログラマブルロジックコントローラ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 対UAV (無人機) 防衛システムとは、ドローンからの潜在的な脅威を探知し、その効力を無くすシステムです。現在、軍事・国土安全保障といった分野で活用されています。対UAV防衛システムは、UAV検知装置とUAV中和装置を組み合わせたものです。Technavio社は対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Airbus• Blighter Surveillance Systems• Leonardo• SRC• Thales等です。
  • スマートドアロックの世界市場:製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その他)、用途別(家庭、商業、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートドアロックの世界市場について調べ、スマートドアロックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その他)分析、用途別(家庭、商業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはASSA ABLOY、Samsung、Allegion、Kwikset、MIWA Lock、Master Lock、Guangdong Be-Tech、Adel、August、Honeywell、Jiangmen Keyu Intelligence、 Tenon、Locstar、Probuck、Guangdong Level Intelligent Lockなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートドアロックの世界市場概要 ・スマートドアロックの世界市場環境 ・スマートドアロックの世界市場動向 ・スマートドアロックの世界市場規模 ・スマートドアロックの世界市場規模:製品別(電子暗号ロック、指紋ロック、遠隔ロック、その …
  • 自動車外装用化学薬品の世界市場2014-2025:製品別(ワックス、研磨剤、保護剤、ホイール・タイヤクリーナー、ワイパー液)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、自動車外装用化学薬品の世界市場について調査・分析し、自動車外装用化学薬品の世界市場動向、自動車外装用化学薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車外装用化学薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク管理の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ネットワーク管理の世界市場について調査・分析し、ネットワーク管理の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ネットワーク管理の世界市場規模:サービス別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:ソリューション別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:用途別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:業界分野別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 特殊医薬品の世界市場:基油別(鉱物油、合成油、バイオ系油)、製品別(エンジンオイル、ギアオイル、トランスミッションフルード、ブレーキフルード、クーラント、グリース)、車両別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、地域別予測
    本資料は、特殊医薬品の世界市場について調べ、特殊医薬品の世界規模、市場動向、市場環境、基油別(鉱物油、合成油、バイオ系油)分析、製品別(エンジンオイル、ギアオイル、トランスミッションフルード、ブレーキフルード、クーラント、グリース)分析、車両別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPurdue Pharma、Tevu Pharma、SEP、Shire、Allergan、Mallickrodt、King Pharmaceutical、Alcon、Biogen idec、Forest、Gilead sciences、Lundbeck、Mundipharma、Servier、UCBなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・特殊医薬品の世界市場概要 ・特殊医薬品の世界市場環境 ・特殊医薬品の世界市場動向 ・特殊医薬品の世界市場規模 ・特殊医薬品の世界市場規模:基油別(鉱物油、合成油、バイオ系油) ・特殊医薬品の世界市場規模: …
  • リチウム硫黄電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、リチウム硫黄電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リチウム硫黄電池市場規模、最終用途別(航空、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リチウム硫黄電池の世界市場概要 ・リチウム硫黄電池の世界市場環境 ・リチウム硫黄電池の世界市場動向 ・リチウム硫黄電池の世界市場規模 ・リチウム硫黄電池の世界市場:業界構造分析 ・リチウム硫黄電池の世界市場:最終用途別(航空、自動車、その他) ・リチウム硫黄電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・リチウム硫黄電池のアメリカ市場規模・予測 ・リチウム硫黄電池のヨーロッパ市場規模・予測 ・リチウム硫黄電池のアジア市場規模・予測 ・リチウム硫黄電池の主要国分析 ・リチウム硫黄電池の世界市場:意思決定フレームワーク ・リチウム硫黄電池の世界市場:成長要因、課題 ・リチウム硫黄電池の世界市場:競争環境 ・リチウム硫黄電池の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS3プロテアーゼ阻害剤の概要 ・NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS3プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS3プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS3プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 原子分光装置の世界市場:原子吸光分析装置(AAS)、蛍光X線分光装置(XRF)、X線回折装置(XRD)、ICP-MS、ICP-OE、元素分析装置
    当調査レポートでは、原子分光装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤の概要 ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・上皮ナトリウム・チャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • メラトニンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、メラトニンの世界市場について調査・分析し、メラトニンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別メラトニンシェア、市場規模推移、市場規模予測、メラトニン種類別分析(医薬品グレード、食品グレード)、メラトニン用途別分析(健康補助食品、医療用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・メラトニンの市場概観 ・メラトニンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・メラトニンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・メラトニンの世界市場規模 ・メラトニンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・メラトニンのアメリカ市場規模推移 ・メラトニンのカナダ市場規模推移 ・メラトニンのメキシコ市場規模推移 ・メラトニンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・メラトニンのドイツ市場規模推移 ・メラトニンのイギリス市場規模推移 ・メラトニンのロシア市場規模推移 ・メラトニンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・メラトニンの日本 …
  • ゴーゼビールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゴーゼビールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴーゼビール市場規模、販売チャネル別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゴーゼビールの世界市場概要 ・ゴーゼビールの世界市場環境 ・ゴーゼビールの世界市場動向 ・ゴーゼビールの世界市場規模 ・ゴーゼビールの世界市場:業界構造分析 ・ゴーゼビールの世界市場:販売チャネル別 ・ゴーゼビールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゴーゼビールのアメリカ市場規模・予測 ・ゴーゼビールのヨーロッパ市場規模・予測 ・ゴーゼビールのアジア市場規模・予測 ・ゴーゼビールの主要国分析 ・ゴーゼビールの世界市場:意思決定フレームワーク ・ゴーゼビールの世界市場:成長要因、課題 ・ゴーゼビールの世界市場:競争環境 ・ゴーゼビールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)の概要 ・末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • スマートウィンドウの世界市場:電気作動式スマートウィンドウ、環境作動式スマートウィンドウ
    当調査レポートでは、スマートウィンドウの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウィンドウの世界市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タイヤ物流の世界市場
    当調査レポートでは、タイヤ物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイヤ物流の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 熱併給発電(コージェネレーション)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱併給発電(コージェネレーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、容量別分析、原動力別分析、需要先別分析、地域別分析、熱併給発電(コージェネレーション)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の慣性計測装置(IMU)市場2015
    本調査レポートでは、世界の慣性計測装置(IMU)市場2015について調査・分析し、慣性計測装置(IMU)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳がんスクリーニングの世界市場:スクリーニング検査別(マンモグラフィー、磁気共鳴画像法、超音波)、用途別(ID・アクセス管理システム、セキュアWebゲートウェイ、セキュアEメールゲートウェイ)、地域別予測
    本資料は、乳がんスクリーニングの世界市場について調べ、乳がんスクリーニングの世界規模、市場動向、市場環境、スクリーニング検査別(マンモグラフィー、磁気共鳴画像法、超音波)分析、用途別(ID・アクセス管理システム、セキュアWebゲートウェイ、セキュアEメールゲートウェイ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはA&G Pharmaceuticals, Inc、Myriad Genetics、Agendia BV、Metabolomic Technologies Inc、Siemens Ltd、Hologic Incなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・乳がんスクリーニングの世界市場概要 ・乳がんスクリーニングの世界市場環境 ・乳がんスクリーニングの世界市場動向 ・乳がんスクリーニングの世界市場規模 ・乳がんスクリーニングの世界市場規模:スクリーニング検査別(マンモグラフィー、磁気共鳴画像法、超音波) ・乳がんスクリーニングの世界市場規模:用途別(ID …
  • フォトニクスの世界市場
    当調査レポートでは、フォトニクスの世界市場について調査・分析し、フォトニクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 偽造防止パッケージの世界市場予測(~2023年)
    偽造防止パッケージの世界市場は、2018年の53億米ドルから2023年には94億米ドルに達し、12.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、市場における偽造品の増加、製品情報に関する購買者のブランド認知の高まり、電子商取引の拡大、印刷技術の発展、偽造パッケージが製品のブランドイメージに与える影響などが考えられます。さらに、アジア太平洋地域の新興市場では、包装業界における偽造防止パッケージの用途は広がっています。一方で、セットアップ費用が高いことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、偽造防止パッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(符号化・印刷、RFID、ホログラム、セキュリティラベル、パッケージデザイン)分析、使用上の機能(追跡、不正使用の証拠、フォレンジックマーカー)分析、最終用途産業分析、偽造防止パッケージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリケット用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クリケット用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリケット用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 脳損傷(Brain Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳損傷(Brain Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳損傷(Brain Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳損傷(Brain Injury)の概要 ・脳損傷(Brain Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳損傷(Brain Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳損傷(Brain Injury)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳 …
  • スイッチモード電源トランスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スイッチモード電源トランスの世界市場について調査・分析し、スイッチモード電源トランスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スイッチモード電源トランスシェア、市場規模推移、市場規模予測、スイッチモード電源トランス種類別分析(単一励起、二重励起)、スイッチモード電源トランス用途別分析(通信産業、鉱業分野、家電)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スイッチモード電源トランスの市場概観 ・スイッチモード電源トランスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スイッチモード電源トランスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スイッチモード電源トランスの世界市場規模 ・スイッチモード電源トランスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スイッチモード電源トランスのアメリカ市場規模推移 ・スイッチモード電源トランスのカナダ市場規模推移 ・スイッチモード電源トランスのメキシコ市場規模推移 ・スイッチモード電源トランスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • グライコミクス/糖鎖生物学の世界市場分析:製品別(酵素、キット、試薬、機器)、用途別(創薬および開発、診断)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、グライコミクス/糖鎖生物学の世界市場について調査・分析し、グライコミクス/糖鎖生物学の世界市場動向、グライコミクス/糖鎖生物学の世界市場規模、市場予測、セグメント別グライコミクス/糖鎖生物学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ダンプ車傾斜装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ダンプ車傾斜装置の世界市場について調査・分析し、ダンプ車傾斜装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:市場動向分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:競争要因分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:耐荷重能力別 30トン以上 15−30トン 15トン未満 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:フレーム金属別 アルミニウム 鋼鉄 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:傾斜装置種別 三種傾斜体 ロールオフ傾斜体 後部傾斜体 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:エンドユーザー別 廃棄物管理 採鉱 海洋サービス 建設 その他のエンドユーザー - ダンプ車傾斜装置の世界市場: 機構別 水力/油圧工学 空力 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:主要地域別分析 - ダンプ車傾斜装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ダンプ車傾斜装置のヨーロッパ市場規模 - ダンプ車傾斜装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ダンプ車傾斜装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の炭酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の炭酸カリウム市場2016について調査・分析し、炭酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナトリウムメタンチオラート市場2015
    本調査レポートでは、世界のナトリウムメタンチオラート市場2015について調査・分析し、ナトリウムメタンチオラートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"