"世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 4843)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Rise in maritime tourism and increase in world seaborne trade are major factors expected to drive the growth of the integrated bridge systems market globally”
The integrated bridge systems market size is projected to grow from USD 7.0 billion in 2019 to USD 8.8 billion by 2025, at a CAGR of 3.9% from 2019 to 2025.The market is driven by factors such as increasing demand for maritime tourism and a rise in seaborne trade across the globe. With increasing trade volume, the demand for new ships (such as dredgers, research vessels, cargo ships, bulk carriers, and oil & gas tankers) and the revamping of existing ships (with latest technologies) are also expected to increase. According to the United Nations Conference on Trade and Development, the seaborne trade is expected to grow between 2018 to 2023 at a CAGR of 3.8% on account of increasing population and demand for goods. Growing intra-Asian trade arising from a shift of low cost manufacturing activities from China to other neighboring East and South Asian countries are expected to boost the seaborne trade during the forecast period. Similarly, for Europe increase in merchandise trade and fleet growth curve have been increased since past few years. The increased seaborne trade worldwide has pushed the demand for merchant ships, subsequently driving the market for integrated bridge systems.

“By ship type, the commercial segment is estimated to account for a larger share of the overall market in 2019”
Commercial ships are vessels used to carry out commercial trade or transport passengers. They are classified based on their functions. For instance, the dry cargo vessel type consists of ships carrying general dry cargo, containerized cargo, wheeled cargo (RO – RO), and bulk cargo, whereas liquid vessels or tankers transport liquefied natural gas (LNG), crude oil and its products, and chemicals worldwide. An increase in the number of passengers resorting to marine transportation and a rise in demand for recreational boats are expected to lead to the growth of the commercial segment of the integrated bridge systems market across the globe.

“By component, the hardware segment is estimated to account for a larger share of the overall market in 2019“
Displays, control units, and data storage devices are some of the major hardware of the integrated bridge system. A display is an output device that presents information gathered from different sources. A data storage device is used to store, port, and extract data in a quicker and more efficient way. It deals with data security, data management, and harnessing of the information to meet the application and software networking needs of the end-user industries.

“Asia Pacific is estimated to be the largest market for integrated bridge systems in 2019”
The geographic analysis of this region includes China, South Korea, Japan, the Philippines, Singapore, and the Rest of APAC. According to the United Nations Conference on Trade and Development, in 2018, almost 39.1% of loaded and 53.8% unloaded seaborne trade took place in Asia. There is a growing trend by traditional large shipbuilders from countries such as South Korea, China, Japan as well as Southeast Asia toward enhancing offshore capabilities and providing a single marine solution for both, shipbuilding and offshore, thus driving the growth of the commercial integrated bridge systems market in the Asia Pacific region.
The break-up of profiles of primary participants for the integrated bridge systems market has been given as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C level – 35%, Director level – 25%, Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, Asia Pacific – 30%, and Rest of the World (RoW) – 5%
Some of the key players in the integrated bridge systems market are the Raytheon Company (US), Northrop Grumman Corporation (US), Wärtsilä (Finland), Kongsberg (Norway), and Furuno Electric Co. Ltd (Japan).

Research Coverage:
This research report categorizes the integrated bridge systems market based on end user (OEM, aftermarket), component (hardware and software), subsystem, ship type, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.
Reasons to buy this report: This report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall integrated bridge systems market and its subsegments. The report covers the entire ecosystem of the integrated bridge system in the maritime industry and will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Regional Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.3.1 Exclusion
2.1.4 Segment Definition
2.1.4.1 Component
2.1.4.2 End User
2.1.4.3 Ship Type
2.1.4.4 Subsystem
2.2 Research Approach & Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 OEM Market
2.2.1.1.1 OEM Market Research Methodology Sample
2.2.1.2 Aftermarket
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Primary and Secondary Research
2.4 Research Assumptions
2.4.1 Market Sizing and Market Forecasting
2.5 Risk Analysis
3 Executive Summary (Page No. – 37)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in Integrated Bridge Systems Market
4.2 Integrated Bridge Systems Market, By Component
4.3 Integrated Bridge Systems Market, By Ship Type
4.4 Integrated Bridge Systems Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in World Seaborne Trade
5.2.1.2 Growth in Maritime Tourism
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Digitalization Leading to Cyber Threats
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Number of Port Cities in Asian Countries
5.2.3.2 Precise Navigational Safety Standards & Regulations
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Extravagant Customization of IBS
5.2.4.2 Need for Training to Operate IBS
6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 IBS Technology Evolution
6.3 Industry Trends From 2013–2030
6.3.1 E-Loran
6.3.2 Cascade Adaptive Bridge System
6.3.3 Mobile Navigation Apps
6.3.4 Hicass
6.3.5 Bridge Alert Management
6.3.6 Alphabridge
6.3.7 E-Navigation
6.3.8 Wartsila’s Control Systems
6.3.9 3D Printing
6.3.10 Maritime Connect
6.3.11 Robotics
6.3.12 3D Sonar
6.3.13 Rolls-Royce Unmanned Ships
6.3.14 Wireless Monitoring
6.3.15 5G Connectivity
6.4 Technology Trends
6.4.1 Digital Marine Automation System
6.4.2 Sensor Fusion Solution
6.4.2.1 Control Algorithms
6.4.2.2 Conning Systems
6.4.2.3 Connectivity Solutions
6.4.3 Multifunctional Workstation
6.4.4 Internet of Things (IoT)
6.4.5 Artificial Intelligence
6.4.6 Integrated Closed-Circuit Television System
6.4.7 Integrated Onboard Training System
6.4.8 Integrated Fire Fighting Control System
6.5 Innovations and Patent Registrations (2011–2019)
7 Integrated Bridge Systems Market, By End User (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 OEM
7.2.1 Increase in Demand for Ships Equipped With Advanced Integrated Bridge Systems
7.2.2 OEM, By Ship Type
7.2.2.1 Commercial Ship
7.2.2.2 Defense Ship
7.3 Aftermarket
7.3.1 Maintenance of IBS Components is Driving the Growth of the Aftermarket for Integrated Bridge Systems
7.3.2 Parts
7.3.3 Maintenance
8 Integrated Bridge Systems Market, By Ship Type (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Commercial
8.2.1 Bulk Carriers
8.2.1.1 Increasing Maritime Trade, Especially in Asia Pacific, is Boosting the Demand for Bulk Carriers
8.2.2 Gas Tankers
8.2.2.1 Rising Demand for Oil & Gas From China and India is Increasing the Demand for Gas Tankers in Asia Pacific
8.2.3 Tankers
8.2.3.1 Increasing Fuel Requirements in Emerging Economies are Increasing the Demand for Tankers
8.2.4 Cruise Ships
8.2.4.1 Increasing Maritime Tourism is Driving the Demand for Cruise Ships Equipped With Integrated Bridge Systems
8.2.5 Offshore Supply and Passenger Ferries
8.2.5.1 Rising Use of Water-Based Public Transportation is the Driving Demand for Integrated Bridge Systems-Equipped Passenger Ferries
8.2.6 Dry Cargo Ships
8.2.6.1 Increasing Global Maritime Trade is Fueling the Demand for Dry Cargo Ships Equipped With Integrated Bridge Systems
8.2.7 Fishing Vessels
8.2.7.1 Rise in Fishing Activities has Driven the Demand for Integrated Bridge Systems
8.2.8 Research Vessels
8.2.8.1 Rising Concerns About Climate Change and Its Impact on Oceans have Resulted in the Increased Procurement of Research Vessels
8.2.9 Dredgers
8.2.9.1 Rising Exploration of Natural Resources and Increasing Construction Activities have Increased the Demand for Dredgers
8.3 Defense
8.3.1 Aircraft Carriers
8.3.1.1 Upgradation of Aircraft Carriers is Increasing the Demand for Integrated Bridge Systems
8.3.2 Amphibious Ships
8.3.2.1 Rise in Demand for Amphibious Ships Across the Globe is Expected to Drive the Market for Integrated Bridge Systems
8.3.3 Destroyers
8.3.3.1 Increased Use of Destroyers to Protect Large Vessels Against Small But Powerful Short-Range Attackers
8.3.4 Frigates
8.3.4.1 Demand for Up-Gradation of Existing Integrated Bridge Systems in Frigates
8.3.5 Corvettes
8.3.5.1 Increasing Use of Corvettes in Sea Warfare is Expected to Contribute to A Demand for Corvettes Equipped With Integrated Bridge Systems
8.3.6 Submarines
8.3.6.1 Increasing Submarine Modernization Programs are Driving the Demand for Submarine-Based Equipment
8.3.7 Minesweepers
8.3.7.1 Increasing Demand for Advanced Minesweepers Will Drive the Market for Advanced IBS
8.3.8 Offshore Patrol Vessels (OPVS)
8.3.8.1 Rising Threats From Piracy and Terrorism have Driven the Demand for Offshore Patrol Vessels
8.3.9 Missile Carrying Boats & Supply Boats
8.3.9.1 North Korea has the Maximum Number of Missile Boats in Operations
9 Integrated Bridge Systems Market, By Subsystem (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 Integrated Navigation System
9.2.1 Increasing Focus on Deployment of Advanced Sense and Avoid Systems Will Increase Demand for Advanced Ins
9.2.1.1 Navigation Radar
9.2.1.2 ARPA Radar
9.2.1.3 Gyro
9.2.1.4 Echo Sounder
9.2.1.5 Electromagnetic Log
9.2.1.6 Electronic Chart Display and Information System (ECDIS)
9.2.1.7 Differential Global Positioning System (DGPS)
9.2.1.8 Bridge Communication Console
9.2.1.9 Autopilot
9.2.1.10 Transmitting Magnetic Compass
9.2.1.11 Bridge Navigation Watch and Alarm System (BNWAS)
9.3 Automatic Weather Observation System
9.3.1 Automatic Weather Stations are Being Installed on IBS to Enhance Meteorological Observations in Oceans
9.4 Voyage Data Recorder (VDR)
9.4.1 VDR System Helps in Improving the Safety of Ships During Operations
9.5 Automatic Identification System (AIS)
9.5.1 Rising Demand for AIS in Commercial and Passenger Ships
10 Integrated Bridge Systems Market, By Component (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 Hardware
10.2.1 Increasing Requirement for IBS on Each Ship Type to Drive the Demand for IBS Hardware Components Over the Forecast Period
10.2.1.1 Displays
10.2.1.2 Control Units
10.2.1.3 Data Storage Devices
10.2.1.4 Sensors
10.2.1.5 Alarms
10.2.1.6 Others
10.3 Software
10.3.1 Rise in Demand for Software Applications for Ships From Shipbuilders
10.3.1.1 Synapsis NX
10.3.1.2 K – Bridge Sensor Integrator (SINT)
10.3.1.3 Visionmaster FT
10.3.1.4 Napa Logbook
10.3.1.5 Navi-Planner 4000
11 Regional Analysis (Page No. – 79)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Increasing Defense Budget for the Navy to Increase the Demand for Integrated Bridge Systems in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Trade Activities Expected to Drive the Demand for Integrated Bridge Systems in Canada
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Rising Export and Economic Development Expected to Drive the Demand for Integrated Bridge Systems in Mexico
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Growing Merchandise Trade and Rise in the National Fleet to Propel the Demand for Integrated Bridge Systems in Germany
11.3.2 Italy
11.3.2.1 Growing Cruise and Fishing Industries to Boost the Market for Integrated Bridge Systems in Italy
11.3.3 Norway
11.3.3.1 Rise in the Development of Passenger Ships and Ferries has Increased the Demand for Integrated Bridge Systems in Norway
11.3.4 UK
11.3.4.1 Growth in Its Defense Shipbuilding Industry to Boost the Demand for Integrated Bridge Systems in the UK
11.3.5 Netherlands
11.3.5.1 Rise in Oil & Gas Production and Exploration Activities and Increase in Maritime-Related Operations, Both on Coastal Waters and Inland Waterways, to the Increase Demand for Integrated Bridge Systems
11.3.6 Greece
11.3.6.1 Presence of the Biggest Merchant Ship Fleet to Propel the Demand for Integrated Bridge Systems in Greece
11.3.7 Denmark
11.3.7.1 Rising Adoption of Digitalize Parts and Introduction of New Technologies in the Shipping Industry to Drive the Demand for Integrated Bridge Systems in Denmark
11.3.8 Rest of Europe
11.3.9 China
11.3.9.1 Increasing Cruising and Fishing Activities and Rising Demand for Merchant Ships Expected to Stimulate the Demand for Integrated Bridge Systems in China
11.3.10 South Korea
11.3.10.1 Increasing Shipbuilding Activities are Expected to Boost the Demand for Integrated Bridge Systems in South Korea
11.3.11 Japan
11.3.11.1 Increasing Global Trade and Shipbuilding to Drive the Demand for Integrated Bridge Systems in Japan
11.3.12 Philippines
11.3.12.1 Steady Development of the Economy to Drive the Demand for Shipbuilding Activities in the Philippines
11.3.13 Singapore
11.3.13.1 Rising Shipping Industry and Increasing Global Sea Trade to Boost the Demand for Integrated Bridge Systems in Singapore
11.3.14 Rest of Asia Pacific
11.4 Middle East
11.4.1 Turkey
11.4.1.1 Increasing Export and Growing Number of Shipyards to Boost the Demand for Integrated Bridge Systems in Turkey
11.4.2 Israel
11.4.2.1 Increasing Deliveries of Ships in Defense and Commercial Sectors to Grow the Integrated Bridge Systems Market in Israel
11.4.3 Rest of Middle East
11.5 Rest of the World
11.5.1 Latin America
11.5.1.1 Increasing Oil & Gas Production and Growing Global Trade to Boost the Demand for Integrated Bridge Systems in Latin America
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Growing Economy and Increasing Trade Activities to Boost the Demand for Integrated Bridge Systems in Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 122)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Ranking of Key Players, 2018
12.3.1 Winning Imperatives, By Key Players
12.3.1.1 Kongsberg
12.3.1.2 Wärtsilä
12.3.1.3 Raytheon Company
12.3.1.4 Northrop Grumman Corporation
12.3.1.5 Furuno Electric Co. LTD.
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 New Product Launches
12.4.2 Other Strategies
13 Company Profiles (Page No. – 131)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Raytheon Company
13.2 Northrop Grumman Corporation
13.3 Wärtsilä
13.4 Kongsberg
13.5 Furuno Electric Co. LTD.
13.6 Consilium Marine & Safety Ab
13.7 Tokyo Keiki Inc.
13.8 Praxis Automation Technology B.V.
13.9 Marine Technologies LLC
13.10 Japan Radio Co., LTD.
13.11 Hensoldt UK
13.12 Alphatron Marine B.V.
13.13 Gem Elettronica
13.14 L3 Mapps Inc.
13.15 Noris Group GmbH
13.16 Mackay Communications, Inc.
13.17 Danelec Marine A/S
13.18 Naudeq
13.19 Prime Mover Controls Inc.
13.20 PC Maritime
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 174)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別
【発行日】2020年1月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 4843
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の統合ブリッジシステム市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、船種類別(商業:ばら積み貨物船、浚渫船、防衛:フリゲート、コルベット、OPV)、サブシステム別(INS、VDR、AWOS、AIS)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、赤外線検出器の世界市場規模が2020年498百万ドルから2025年683百万ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の赤外線検出器市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(テルル化カドミウム水銀(MCT)、ヒ化インジウムガリウム(InGaAs)、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)分析、技術別(冷却赤外線検出器、非冷却赤外線検出器)分析、波長別(近赤外線および短波赤外線、中波赤外線、長波赤外線)分析、用途別(人&動きの検知、温度測定、セキュリティ&監視、ガス&火災の検知、分光法&生物医学イメージング、科学的応用)分析、業種別(工業用、非工業用)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の赤外線検出器市場:種類別(テルル化カドミウム水銀(MCT)、ヒ化インジウムガリウム(InGaAs)、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他) ・世界の赤外線検出器市場:技術別(冷却赤外線 …
  • 放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場:種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)、地域別予測
    本資料は、放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場について調べ、放電加工(EDM)用グラファイトの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)分析、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPoco Graphite、 Tokai Carbon、SGL Group、 Mersen、 GTD Graphit Technologie GmbH、 IBIDEN Fine Graphite Material、 Novotecなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場概要 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場環境 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場動向 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模: …
  • 躁病(Mania):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における躁病(Mania)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、躁病(Mania)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・躁病(Mania)の概要 ・躁病(Mania)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の躁病(Mania)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・躁病(Mania)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・躁病(Mania)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電動アクチュエーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動アクチュエーターの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・エンドユーザー別市場分類 ・種類別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 水溶性肥料の世界市場分析:製品別(窒素、カリウム、リン酸、微量栄養素、二次栄養素)、用途別(施肥、葉面)、苗別(畑、園芸、プランテーション、芝生・装飾)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、水溶性肥料の世界市場動向、水溶性肥料の世界市場規模、市場予測、セグメント別水溶性肥料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 圧力軽減マットレスの世界市場2017-2021:空気充填、液体充填、固形物充填
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、圧力軽減マットレスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力軽減マットレスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は圧力軽減マットレスの世界市場が2016-2020年期間中に年平均4.63% Technavio’s analysts forecast the global pressure relief mattress market to grow at a CAGR of 4.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHill-Rom、Invacare、PARAMOUNT BED、Stryker 等です。
  • PowerStream Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 工事見積用ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工事見積用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工事見積用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 造血幹細胞移植(HSCT)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、造血幹細胞移植(HSCT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、造血幹細胞移植(HSCT)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験・測定の世界市場2017-2021:無線試験装置、汎用試験装置、半導体試験装置、リアルタイム試験装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、試験・測定の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、試験・測定の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は試験・測定の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Anritsu、Bureau Veritas、Fortive、Keysight Technologies、National Instruments等です。
  • 中国のグルタミン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、中国のグルタミン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、グルタミン酸ナトリウムの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートロックの世界市場予測(~2023年):デッドボルト、レバーハンドル、南京錠
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートロックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ロック種類別分析、通信プロトコル別分析、産業別分析、地域別分析、スマートロックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染症診断の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、感染症診断の世界市場規模が2017年148.2億ドルから2026年259億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、感染症診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、感染症診断市場規模、用途別(感染症、心血管感染症、CNS感染、真菌感染症、消化管感染症)分析、技術別(臨床微生物学、DNAマイクロアレイ、DNAシーケンシング&次世代シーケンシング(NGS)、免疫診断、等温核酸増幅技術(INAAT))分析、製品別(消耗品、器具、サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(外来診療所、受託研究機関、診断クリニック、病院ラボラトリーズ、研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 感染症診断の世界市場:市場動向分析 ・ 感染症診断の世界市場:競争要因分析 ・ 感染症診断の世界市場:用途別(感染症、心血管感染症、CNS感染、真菌感染症、消化管感染症) ・ 感染症診断の世界市場:技 …
  • コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024
    「コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024」は、コーポレートリーダーシップトレーニングについて市場概要、市場規模、用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場:用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 金ナノ粒子の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、金ナノ粒子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金ナノ粒子の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は金ナノ粒子の世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBBI Solutions、Cline Scientific、Cytodiagnostics、Goldsol、Meliorum Technologies、nanoComposix、TANAKA HOLDINGS等です。
  • N-メチルモルホリン N-オキシドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、N-メチルモルホリン N-オキシドの世界市場について調査・分析し、N-メチルモルホリン N-オキシドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別N-メチルモルホリン N-オキシドシェア、市場規模推移、市場規模予測、N-メチルモルホリン N-オキシド種類別分析()、N-メチルモルホリン N-オキシド用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・N-メチルモルホリン N-オキシドの市場概観 ・N-メチルモルホリン N-オキシドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・N-メチルモルホリン N-オキシドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・N-メチルモルホリン N-オキシドの世界市場規模 ・N-メチルモルホリン N-オキシドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・N-メチルモルホリン N-オキシドのアメリカ市場規模推移 ・N-メチルモルホリン N-オキシドのカナダ市場規模推移 ・N-メチルモルホリン N-オキシドのメキシコ市場規模推移 ・N-メチルモルホリン …
  • バーコードスキャナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バーコードスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バーコードスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルトランスフォーメーションの世界市場予測(~2023年)
    デジタルトランスフォーメーションの世界市場は、2018年の2,900億米ドルから2023年には6,650億米ドルに達し、この期間中18.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、変化する顧客の嗜好に応え、業務効率化を目的とした組織のビジネスファンクションのデジタル化、IoTの普及とクラウドサービス採用の増加につながるモバイル機器やアプリの急速な普及、競争上の優位性を得ることを目的とした運用実績改善の必要性などが考えられます。一方で、機密データに対するセキュリティとプライバシーの問題により、市場の成長が制限されることが予測されています。当調査レポートでは、デジタルトランスフォーメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(クラウドコンピューティング、ビッグデータ・アナリティクス、モビリティ・ソーシャルメディア、サイバーセキュリティ、人工知能)分析、導入タイプ別分析、ビジネスファンクション別分析、産業別(小売、教育)分析、デジタルトランスフォーメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企 …
  • シアン化ナトリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シアン化ナトリウムの世界市場について調査・分析し、シアン化ナトリウムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シアン化ナトリウムシェア、市場規模推移、市場規模予測、シアン化ナトリウム種類別分析(固体、液体)、シアン化ナトリウム用途別分析(鉱業、化学産業、染料・織物産業、医薬品)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シアン化ナトリウムの市場概観 ・シアン化ナトリウムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シアン化ナトリウムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シアン化ナトリウムの世界市場規模 ・シアン化ナトリウムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シアン化ナトリウムのアメリカ市場規模推移 ・シアン化ナトリウムのカナダ市場規模推移 ・シアン化ナトリウムのメキシコ市場規模推移 ・シアン化ナトリウムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シアン化ナトリウムのドイツ市場規模推移 ・シアン化ナトリウムのイギリス市場規模推移 ・シ …
  • 証券用紙の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、証券用紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、証券用紙市場規模、製品別(政府通貨、パスポート、OP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・証券用紙の世界市場概要 ・証券用紙の世界市場環境 ・証券用紙の世界市場動向 ・証券用紙の世界市場規模 ・証券用紙の世界市場:業界構造分析 ・証券用紙の世界市場:製品別(政府通貨、パスポート、OP) ・証券用紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・証券用紙の北米市場規模・予測 ・証券用紙のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・証券用紙のアジア太平洋市場規模・予測 ・証券用紙の主要国分析 ・証券用紙の世界市場:意思決定フレームワーク ・証券用紙の世界市場:成長要因、課題 ・証券用紙の世界市場:競争環境 ・証券用紙の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • エポキシ化大豆油の世界市場予測(~2026):原材料別、用途別(可塑剤、UV硬化用途、燃料添加剤)、最終用途別
    当調査レポートでは、エポキシ化大豆油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原材料別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、エポキシ化大豆油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の食品トレーサビリティ市場:技術、エンドユーザー、用途
  • 世界の完全置換型人工心臓市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、完全置換型人工心臓のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・完全置換型人工心臓の概要 ・完全置換型人工心臓の開発動向:開発段階別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:セグメント別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:領域別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:規制Path別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別完全置換型人工心臓の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・完全置換型人工心臓の最近動向
  • インシデント及び緊急事態管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、インシデント及び緊急事態管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(緊急/大量通知システム、境界侵入検知、および火災とHAZMAT)、サービス、および通信システム)分析、シミュレーション別分析、業種別分析、インシデント及び緊急事態管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、インシデント及び緊急事態管理の世界市場規模が2019年1070億ドルから2024年1485億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。
  • 除菌濾過製品の世界市場:メンブランフィルター、カートリッジ・カプセル、シリンジフィルター、真空フィルター、濾過用漏斗、付属品
    当調査レポートでは、除菌濾過製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェントピギングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、インテリジェントピギングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェントピギング市場規模、技術別(超音波試験(UT)、キャリパー、磁束漏洩(MFL))分析、用途別(ひび・漏れ検知、金属損失・腐食検知、形状測定・屈曲検知)分析、エンドユーザー別(ガス、石油)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ インテリジェントピギングの世界市場:市場動向分析 ・ インテリジェントピギングの世界市場:競争要因分析 ・ インテリジェントピギングの世界市場:技術別(超音波試験(UT)、キャリパー、磁束漏洩(MFL)) ・ インテリジェントピギングの世界市場:用途別(ひび・漏れ検知、金属損失・腐食検知、形状測定・屈曲検知) ・ インテリジェントピギングの世界市場:エンドユーザー別(ガス、石油) ・ インテリジェントピギングの世界市場:主要地域別分析 ・ インテリジェントピギングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ インテリジェントピギ …
  • 救命救急診療の世界市場分析:テスト別(ルーチン・特殊化学、フローサイトメトリー、血液学、免疫タンパク質、微生物および感染症、凝固試験)、エンドユーザー別(手術室、緊急治療室、集中治療室)、地域別(米国、カナダ、ドイツ、英国、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、救命救急診療の世界市場について調査・分析し、救命救急診療の世界市場動向、救命救急診療の世界市場規模、市場予測、セグメント別救命救急診療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タンパク質工学の世界市場分析:技術別(合理的タンパク質設計、指向進化、ハイブリッドアプローチ)、タンパク質別(インスリン、モノクローナル抗体)、製品別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、タンパク質工学の世界市場について調査・分析し、タンパク質工学の世界市場動向、タンパク質工学の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質工学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ファイバーオプティックスの世界市場予測(~2021):光ケーブル、光ファイバー
    当調査レポートでは、ファイバーオプティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ケーブ種類別分析、光ファイバー種類別分析、用途別分析、地域別分析、ファイバーオプティックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 母乳育児用品の世界市場:製品別(乳首ケア用品、ブレストシェル、乳房パッド、母乳保存用品・授乳用品)、セグメント予測
    母乳育児用品の世界市場は2025年には24億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新興国における医療インフラの改善や母乳バンクの数の増加が考えられます。さらに、発展途上地域の女性労働者数の増加に伴い、高度な母乳育児用品に対する関心も高まり、結果としてこの市場の成長に拍車がかかるでしょう。本調査レポートでは、母乳育児用品の世界市場について調査・分析し、母乳育児用品の世界市場動向、母乳育児用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別母乳育児用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の浄水器市場2016
    本調査レポートでは、世界の浄水器市場2016について調査・分析し、浄水器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経修復及び再生の世界市場:製品別(生体材料、神経刺激及び神経調節装置)、手術分野別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経修復及び再生の世界市場について調査・分析し、神経修復及び再生の世界市場動向、神経修復及び再生の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経修復及び再生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 火災用スプリンクラーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、火災用スプリンクラーの世界市場について調査・分析し、火災用スプリンクラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 火災用スプリンクラーの世界市場:市場動向分析 - 火災用スプリンクラーの世界市場:競争要因分析 - 火災用スプリンクラーの世界市場:用途別 ・業務用 ・住居用 ・商用 ・その他 - 火災用スプリンクラーの世界市場:製品別 ・湿式スプリンクラー装置 ・散水スプリンクラー装置 ・乾式スプリンクラー装置 ・プレアクション型スプリンクラー装置 ・その他 - 火災用スプリンクラーの世界市場:サービス別 ・設置と設計 ・検査 ・管理 ・技術サービス - 火災用スプリンクラーの世界市場:技術別 ・アクティブ防火(AFP) ・パッシブ防火(PFP) - 火災用スプリンクラーの世界市場:部品別 ・警報弁 ・火災用スプリンクラーヘッド ・停止弁 ・電動アラームベル ・アラームテスト弁 - 火災用スプリンクラーの世界市場:主要地域別分析 - 火災用スプリンクラーの北米市場規模(アメリカ市場等) …
  • ネットワーク管理の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ネットワーク管理の世界市場について調査・分析し、ネットワーク管理の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ネットワーク管理の世界市場規模:サービス別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:ソリューション別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:用途別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:業界分野別分析 ・ネットワーク管理の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムはリグノスルホン酸塩市場2015について調査・分析し、マグネシウムはリグノスルホン酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品添加物の世界市場:香料、強化剤、甘味料、着色料、酵素、乳化剤、安定剤、脂肪代替物
    当調査レポートでは、食品添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品添加物の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の尿路カテーテル市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、尿路カテーテルのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿路カテーテルの概要 ・尿路カテーテルの開発動向:開発段階別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:セグメント別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:領域別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:規制Path別分析 ・尿路カテーテルの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別尿路カテーテルの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・尿路カテーテルの最近動向
  • 電着塗装(E-Coat)の世界市場:陰極エポキシ塗料、陰極アクリル塗料、陽極塗料
    当調査レポートでは、電着塗装(E-Coat)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電着塗装(E-Coat)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホール効果電流センサの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ホール効果電流センサの世界市場について調査・分析し、ホール効果電流センサの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ホール効果電流センサの世界市場規模:技術別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:種類別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:出力別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • スウェーデンの関節鏡検査装置市場見通し
  • 中国のプラスチック加工機械市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック加工機械市場2015について調査・分析し、プラスチック加工機械の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用消防訓練プログラム及びサービスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用消防訓練プログラム及びサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、訓練タイプ別分析、システム別分析、地域別分析、産業用消防訓練プログラム及びサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタブレット市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット市場2015について調査・分析し、タブレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業保険の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、農業保険の世界市場について調査・分析し、農業保険の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別農業保険シェア、市場規模推移、市場規模予測、農業保険種類別分析()、農業保険用途別分析(穀物(MPCI)、穀物(Hail)、家畜、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・農業保険の市場概観 ・農業保険のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・農業保険のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・農業保険の世界市場規模 ・農業保険の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・農業保険のアメリカ市場規模推移 ・農業保険のカナダ市場規模推移 ・農業保険のメキシコ市場規模推移 ・農業保険のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・農業保険のドイツ市場規模推移 ・農業保険のイギリス市場規模推移 ・農業保険のロシア市場規模推移 ・農業保険のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・農業保険の日本市場規模推移 ・農業保険の中国市場規模推移 ・ …
  • ステープルPP(ポリプロピレン)不織布の世界市場分析:用途別(衛生、産業、医療、ジオテキスタイル、家具、カーペット、農業)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、ステープルPP(ポリプロピレン)不織布の世界市場について調査・分析し、ステープルPP(ポリプロピレン)不織布の世界市場動向、ステープルPP(ポリプロピレン)不織布の世界市場規模、市場予測、セグメント別ステープルPP(ポリプロピレン)不織布市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トレッドミルエルゴメーターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トレッドミルエルゴメーターの世界市場について調査・分析し、トレッドミルエルゴメーターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トレッドミルエルゴメーターシェア、市場規模推移、市場規模予測、トレッドミルエルゴメーター種類別分析()、トレッドミルエルゴメーター用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トレッドミルエルゴメーターの市場概観 ・トレッドミルエルゴメーターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トレッドミルエルゴメーターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トレッドミルエルゴメーターの世界市場規模 ・トレッドミルエルゴメーターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トレッドミルエルゴメーターのアメリカ市場規模推移 ・トレッドミルエルゴメーターのカナダ市場規模推移 ・トレッドミルエルゴメーターのメキシコ市場規模推移 ・トレッドミルエルゴメーターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・トレッドミルエルゴメータ …
  • 北米のヘルスケアIT市場:製品別(EHR、RIS、PACS、VNA、CPOE、HIE、PHM CRM、RCM、テレヘルス、ヘルスケア分析、サプライチェーン管理、mHealth、不正分析、投薬および請求管理)、エンドユーザー別(プロバイダー、支払人)
    MarketsandMarkets社は、ヘルスケアITの北米市場規模が2019年963億ドルから2025年2399億ドルまで年平均16.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、北米のヘルスケアIT市場を広く調査・分析し、市場概要、業界インサイト、製品&サービス別(ヘルスケアプロバイダーソリューション、ヘルスケア支払ソリューション、Hcitアウトソーシングサービス)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、エンドユーザー別(ヘルスケアプロバイダー、ヘルスケア支払者、プライベート支払者、パブリック支払者)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界インサイト ・北米のヘルスケアIT市場:製品&サービス別(ヘルスケアプロバイダーソリューション、ヘルスケア支払ソリューション、Hcitアウトソーシングサービス) ・北米のヘルスケアIT市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・北米のヘルスケアIT市場:エンドユーザー …
  • 解剖テーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、解剖テーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、解剖テーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の食肉用接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食肉用接着剤市場2015について調査・分析し、食肉用接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニトロセルローズの世界市場2017-2021:印刷用インク、自動車塗料、木材塗料、皮革処理、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ニトロセルローズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ニトロセルローズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はニトロセルローズの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DowDuPont、Manuco、Nitro Química、Synthesia、Tembec等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"