"抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE017)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global antifibrinolytic drugs market was valued at $1,3593 million in 2018 and is expected to reach $1,9333 million by 2026, registering a CAGR of 4.5% from 2019 to 2026. Antifibrinolytic is a type of drug that helps in the formation of blood clot. These drugs prevent the breakdown of fibrin, which is the main protein involved in blood clotting. These drugs can be used to prevent serious bleeding in patients suffering from life threatening conditions such as hemophilia, very heavy menstrual bleeding, or some types of vascular tumors. They are also widely used to prevent or control bleeding during or after surgery or after a traumatic injury. An increase in usage of these drugs has been witnessed since past few years, owing to their increased applications.

Rise in medical surgeries including dental and cardiac, accidental trauma, and increase in incidence of angioedema across the globe are the major factors that drive the antifibrinolytic drugs market growth. Antifibrinolytic drugs play a crucial role in the prevention of clot lysis and blood loss. Considerable surge in prevalence of bleeding disorders propels the antifibrinolytic drugs market growth. However, high cost of these drugs hamper the market growth. Furthermore, increase in research & development for developing novel innovative antifibrinolytic drugs is anticipated to create new opportunities for the market.

The market is segmented on the basis of indication, end-users, and region. On the basis of indication, it is classified into gynecology, hereditary angiedema, fibrinolytic response testing, surgeries, and others. By end user, it is divided into hospitals & clinics, ambulatory surgical centers, and healthcare specialty process. Region wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 The study provides an in-depth analysis of the market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
 It offers a quantitative analysis from 2018 to 2026, which is expected to enable the stakeholders to capitalize on prevailing market opportunities.
 Comprehensive analysis of all geographical regions is provided to determine the prevailing opportunities.
 Key players are profiled, and their strategies are analyzed thoroughly to understand the competitive outlook of the global market.

KEY MARKET SEGMENTS
By Indication
• Gynecology
• Hereditary Angiedema
• Fibrinolytic Response Testing
• Surgeries
• Others

By End User
• Hospitals & Clinics
• Ambulatory Surgical Centers
• Trauma Centers

By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o France
o UK
o Italy
o Rest of Europe
• Asia Pacific
o Japan
o China
o India
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Brazil
o Saudi Arabia
o South Africa
o Rest of LAMEA

KEY PLAYERS

• Acic Fine Chems
• Xanodyne Pharmaceuticals
• Aurobindo Pharma Ltd
• Akorn
• Mylan N.V.
• Pfizer (GenMed)
• Sanofi SA
• Zydus Cadila
• Takeda
• Amerigen Pharms Ltd


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets

3.3. Porter’S Five Forces Analysis

3.3.1. Moderate Bargaining Power of Buyers
3.3.2. Low Bargaining Power of Suppliers
3.3.3. Moderate Threat of Substitutes
3.3.4. Low Threat of New Entrants
3.3.5. Moderate Competitive Rivalry

3.4. Top Player Positioning
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Surge In Severe Road Accidents
3.5.1.2. Significant Increase In Surgical Procedures

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Cost of These Drugs

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Various Growth Opportunities In Emerging Economies

Chapter 4: Antifibrinolytic Drugs Market, By Indication

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Gynecology

4.2.1. Key Market Trends And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast
4.2.3. Market Share Analysis, By Country

4.3. Hereditary Angioedema

4.3.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast
4.3.3. Market Share Analysis, By Country

4.4. Fibrinolytic Response Testing

4.4.1. Key Market Trends And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast
4.4.3. Market Share Analysis, By Country

4.5. Surgeries

4.5.1. Key Market Trends And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast
4.5.3. Market Share Analysis, By Country

4.6. Others

4.6.1. Key Market Trends And Opportunities
4.6.2. Market Size And Forecast
4.6.3. Market Share Analysis, By Country

Chapter 5: Antifibrinolytic Drugs Market, By End User

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Hospitals

5.2.1. Market Size And Forecast
5.2.2. Market Share Analysis, By Country

5.3. Ambulatory Surgery Centers

5.3.1. Market Size And Forecast
5.3.2. Market Share Analysis, By Country

5.4. Trauma Centers

5.4.1. Market Size And Forecast
5.4.2. Market Share Analysis, By Country

Chapter 6: Antifibrinolytic Drugs Market, By Region

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Country
6.2.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.2.4. Market Size And Forecast, By End User
6.2.5. U.S.

6.2.5.1. U.S. Market Size And Forecast, By Indication
6.2.5.2. U.S. Market Size And Forecast, By End User

6.2.6. Canada

6.2.6.1. Canada Market Size And Forecast, By Indication
6.2.6.2. Canada Market Size And Forecast, By End User

6.2.7. Mexico

6.2.7.1. Mexico Market Size And Forecast, By Indication
6.2.7.2. Mexico Market Size And Forecast, By End User

6.3. Europe

6.3.1. Key Growth Factors And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Country
6.3.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.3.4. Market Size And Forecast, By End User
6.3.5. Germany

6.3.5.1. Germany Market Size And Forecast, By Indication
6.3.5.2. Germany Market Size And Forecast, By End User

6.3.6. France

6.3.6.1. France Market Size And Forecast, By Indication
6.3.6.2. France Market Size And Forecast, By End User

6.3.7. Uk

6.3.7.1. Uk Market Size And Forecast, By Indication
6.3.7.2. Uk Market Size And Forecast, By End User

6.3.8. Italy

6.3.8.1. Italy Market Size And Forecast, By Indication
6.3.8.2. Italy Market Size And Forecast, By End User

6.3.9. Rest of Europe

6.3.9.1. Rest of Europe Market Size And Forecast, By Indication
6.3.9.2. Rest of Europe Market Size And Forecast, By End User

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Growth Factors And Opportunities.
6.4.2. Market Size And Forecast, By Country
6.4.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.4.4. Market Size And Forecast, By End User
6.4.5. Japan

6.4.5.1. Japan Market Size And Forecast, By Indication
6.4.5.2. Japan Market Size And Forecast, By End User

6.4.6. China

6.4.6.1. China Market Size And Forecast, By Indication
6.4.6.2. China Market Size And Forecast, By End User

6.4.7. India

6.4.7.1. India Market Size And Forecast, By Indication
6.4.7.2. India Market Size And Forecast, By End User

6.4.8. Rest of Asia-Pacific

6.4.8.1. Rest of Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Indication
6.4.8.2. Rest of Asia – Pacific Market Size And Forecast, By End User

6.5. Lamea

6.5.1. Key Growth Factors And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Country
6.5.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.5.4. Market Size And Forecast, By End User
6.5.5. Brazil

6.5.5.1. Brazil Market Size And Forecast, By Indication
6.5.5.2. Brazil Market Size And Forecast, By End User

6.5.6. Saudi Arabia

6.5.6.1. Saudi Arabia Market Size And Forecast, By Indication
6.5.6.2. Saudi Arabia Market Size And Forecast, By End User

6.5.7. South Africa

6.5.7.1. South Africa Market Size And Forecast, By Indication
6.5.7.2. South Africa Market Size And Forecast, By End User

6.5.8. Rest of Lamea

6.5.8.1. Rest of Lamea Market Size And Forecast, By Indication
6.5.8.2. Rest of Lamea Market Size And Forecast, By End User

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Akorn Inc.

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Company Snapshot
7.1.3. Operating Business Segments
7.1.4. Product Portfolio
7.1.5. Business Performance

7.2. Aurobindo Pharma Limited

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Company Snapshot
7.2.3. Operating Business Segments
7.2.4. Product Portfolio
7.2.5. Business Performance

7.3. Bayer Ag

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Company Snapshot
7.3.3. Operating Business Segments
7.3.4. Product Portfolio
7.3.5. Business Performance

7.4. Ferring Holding Sa

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Company Snapshot
7.4.3. Operating Business Segments
7.4.4. Product Portfolio
7.4.5. Business Performance

7.5. Mylan N.V.

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Company Snapshot
7.5.3. Operating Business Segments
7.5.4. Product Portfolio
7.5.5. Business Performance

7.6. Novartis International Ag (Sandoz)

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Company Snapshot
7.6.3. Operating Business Segments
7.6.4. Product Portfolio
7.6.5. Business Performance

7.7. Pfizer Inc.

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Company Snapshot
7.7.3. Operating Business Segments
7.7.4. Product Portfolio
7.7.5. Business Performance

7.8. Sanofi S.A.

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Company Snapshot
7.8.3. Operating Business Segments
7.8.4. Product Portfolio
7.8.5. Business Performance

7.9. Takeda Pharmaceutical Company Limited

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Company Snapshot
7.9.3. Operating Business Segments
7.9.4. Product Portfolio
7.9.5. Business Performance

7.10. Vitruvias Therapeutics Inc.

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Company Snapshot
7.10.3. Operating Business Segments
7.10.4. Product Portfolio
7.10.5. Business Performance
7.10.1. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)
【発行日】2019年12月21日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE017
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • プロピオン酸カルシウムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロピオン酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、形状(ドライ、液体)別分析、地域別分析、プロピオン酸カルシウムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)屋根板市場2015
    本調査レポートでは、世界の無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)屋根板市場2015について調査・分析し、無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)屋根板の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱ショックタンパク質70阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における熱ショックタンパク質70阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・熱ショックタンパク質70阻害剤の概要 ・熱ショックタンパク質70阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の熱ショックタンパク質70阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・熱ショックタンパク質70阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・熱ショックタンパク質70阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ワイヤレスヘルスの世界市場:技術別(WLAN、WPAN、WiMAX、WWAN)、コンポーネント種類別、用途別(患者、プロバイダー)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ワイヤレスヘルスの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスヘルスの世界市場動向、ワイヤレスヘルスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイヤレスヘルス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生物製剤の世界市場動向・予測2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、生物製剤の世界市場について調査・分析し、生物製剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・生物製剤の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・生物製剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・生物製剤の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 殺菌剤の世界市場
    当調査レポートでは、殺菌剤の世界市場について調査・分析し、殺菌剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • Janusキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるJanusキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Janusキナーゼ阻害剤の概要 ・Janusキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のJanusキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Janusキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Janusキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 光ファイバーの世界市場:タイプ別(シングルモード、マルチモード、プラスチック光ファイバー(POF))、用途別(テレコム、石油・ガス、BFSI、イメージング)、地域別予測
    本資料は、光ファイバーの世界市場について調べ、光ファイバーの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(シングルモード、マルチモード、プラスチック光ファイバー(POF))分析、用途別(テレコム、石油・ガス、BFSI、イメージング)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・光ファイバーの世界市場概要 ・光ファイバーの世界市場環境 ・光ファイバーの世界市場動向 ・光ファイバーの世界市場規模 ・光ファイバーの世界市場規模:タイプ別(シングルモード、マルチモード、プラスチック光ファイバー(POF)) ・光ファイバーの世界市場規模:用途別(テレコム、石油・ガス、BFSI、イメージング) ・光ファイバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・光ファイバーの北米市場規模・予測 ・光ファイバーのアメリカ市場規模・予測 ・光ファイバーのヨーロッパ市場規模・予測 ・光ファイバーのアジア市場規模・予測 ・光ファイバーの日本市場規模・予測 ・光ファイバーの中国市場規模・予測 ・ …
  • ボックスオフィス(興業収益)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボックスオフィス(興業収益)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボックスオフィス(興業収益)の世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • LIDAR技術のアジア市場
    本調査レポートでは、LIDAR技術のアジア市場について調査・分析し、LIDAR技術のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 鉄筋の世界市場予測(~2021年):異形鋼、軟鋼
    当調査レポートでは、鉄筋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、鉄筋の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリイソブチレン(PIB)の世界市場分析:製品別(高分子量、中分子量、低分子量)、用途別(自動車、添加剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場について調査・分析し、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場動向、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリイソブチレン(PIB)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フラフープの世界市場
    本資料は、フラフープの世界市場について調べ、フラフープの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(フィットネスフラフープ、ダンスフラフープ)分析、用途別(オンラインショッピング、小売)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIntel Corporation、SAP SE、Cisco Systems, Inc、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、IBM、PTC Inc.、Google Inc.、Hewlett Packard Enterprise、Amazon Web Series Inc.、Bosch Software Innovation GmbH、General Electric 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フラフープの世界市場概要 ・フラフープの世界市場環境 ・フラフープの世界市場動向 ・フラフープの世界市場規模 ・フラフープの世界市場規模:種類別(フィットネスフラフープ、ダンスフラフー …
  • 沈殿法・遠心法の世界市場2017-2021:浄化器、分離板型遠心沈降機、デカンター、溶解空気浮上法、ハイドロ・サイクロン
    当調査レポートでは、沈殿法・遠心法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、沈殿法・遠心法の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 発酵化学物質の世界市場分析:製品別(アルコール、有機酸、酵素)、用途別(産業、食品・飲料、栄養・医薬品、プラスチックおよび繊維)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、発酵化学物質の世界市場について調査・分析し、発酵化学物質の世界市場動向、発酵化学物質の世界市場規模、市場予測、セグメント別発酵化学物質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 教育用ロボットの世界市場:製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他)、用途別(初等教育、中等教育、その他)、地域別予測
    本資料は、教育用ロボットの世界市場について調べ、教育用ロボットの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他)分析、用途別(初等教育、中等教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCochlear、MED-EL、Advanced Bionics、Oticon、Hangzhou Nurotron、Listent Medicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・教育用ロボットの世界市場概要 ・教育用ロボットの世界市場環境 ・教育用ロボットの世界市場動向 ・教育用ロボットの世界市場規模 ・教育用ロボットの世界市場規模:製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他) ・教育用ロボットの世界市場規模:用途別(初等教育、中等教育、その他) ・教育用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用ロボットの北米市場規模・予測 ・教育用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・教育用ロボットのヨーロ …
  • 冷凍冷蔵機器用圧縮機(コンプレッサ)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷凍冷蔵機器用圧縮機(コンプレッサ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍冷蔵機器用圧縮機(コンプレッサ)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場:マシンビジョンシステム、X線検査システム、金属検出システム、検量システム
    当調査レポートでは、食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品安全・検査における産業オートメーション市場規模、製品別(マシンビジョンシステム、X線検査システム、金属検出システム、検量システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advantech, Datalogic, Inspection Systems, METTLER TOLEDO, Teledyne Technologies, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場概要 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場環境 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場動向 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場規模 ・食品安全・検査における産業オートメーションの世界市場:業界構造分析 ・食品安全・検査におけ …
  • 黒鉛の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:天然、合成
  • 自動車用ステアリング装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ステアリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ステアリング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 消火用湿式スプリンクラーシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消火用湿式スプリンクラーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消火用湿式スプリンクラーシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 薬用菓子の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、薬用菓子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、薬用菓子の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人造ダイヤモンドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、人造ダイヤモンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、人造ダイヤモンドの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場について調査・分析し、化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:市場動向分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:競争要因分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:製造プロセス別 ・メタノール・ガソリン(MTG)プロセス ・ガソリンプラスプロセス ・フィッシャー・トロプシュプロセス - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:規模別 ・小規模 ・大規模 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:製品別 ・ディーゼル ・エタン ・LPG ・パラフィン ・基油 ・ナフサ - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:主要地域別分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 化学・エネルギー用GTLプロセスのヨーロッパ市場規模 - 化学・エネルギー用GTLプロセスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • 個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、個人および在宅医療部門におけるロボット市場規模、種類別分析、製品別(コンパニオンロボット、感情療法ロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場概要 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場環境 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場動向 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場規模 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:種類別 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:製品別(コンパニオンロボット、感情療法ロボット) ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・個人および在宅医療部門におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・個人 …
  • 軍用機アビオニクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍用機アビオニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機アビオニクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 院内感染対策の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、院内感染対策の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、院内感染対策の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎性貧血治療薬の世界市場:エポエチンアルファ、エポエチンベータ、その他
    当調査レポートでは、腎性貧血治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、腎性貧血治療薬市場規模、用途別(静脈(IV)、経口)分析、製品別(エポエチンアルファ、エポエチンベータ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AMAG Pharmaceuticals, AstraZeneca, Daiichi Sankyo, GlaxoSmithKline, PHARMACOSMOSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・腎性貧血治療薬の世界市場概要 ・腎性貧血治療薬の世界市場環境 ・腎性貧血治療薬の世界市場動向 ・腎性貧血治療薬の世界市場規模 ・腎性貧血治療薬の世界市場:業界構造分析 ・腎性貧血治療薬の世界市場:用途別(静脈(IV)、経口) ・腎性貧血治療薬の世界市場:製品別(エポエチンアルファ、エポエチンベータ、その他) ・腎性貧血治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・腎性貧血治療薬の北米市場規模・予測 ・腎性貧血治療薬のヨーロッパ・中 …
  • ガス検知器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ガス検知器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガス検知器市場規模、製品別(定置型、ポータブル型)分析、エンドユーザー別(産業、商業、住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガス検知器の世界市場概要 ・ガス検知器の世界市場環境 ・ガス検知器の世界市場動向 ・ガス検知器の世界市場規模 ・ガス検知器の世界市場:業界構造分析 ・ガス検知器の世界市場:製品別(定置型、ポータブル型) ・ガス検知器の世界市場:エンドユーザー別(産業、商業、住宅) ・ガス検知器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ガス検知器の北米市場規模・予測 ・ガス検知器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ガス検知器のアジア太平洋市場規模・予測 ・ガス検知器の主要国分析 ・ガス検知器の世界市場:意思決定フレームワーク ・ガス検知器の世界市場:成長要因、課題 ・ガス検知器の世界市場:競争環境 ・ガス検知器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • 重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、重要インフラストラクチャ保護(CIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、セキュリティ技術別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークコンサルティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワークコンサルティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークコンサルティングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストの概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用火災安全装置の世界市場:火災報知機、消火器
    当調査レポートでは、産業用火災安全装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用火災安全装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱変色性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(ロイコ染料、液晶、顔料)分析、エンドユーズ産業別(包装、印刷およびコーティング、医療、繊維)分析、熱変色性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱変色性材料の世界市場規模が2019年13億ドルから2024年21億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • 世界の集塵装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の集塵装置市場2016について調査・分析し、集塵装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビー・子供安全用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー・子供安全用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー・子供安全用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバーサーキュレーターの世界市場予測・分析
  • グラフデータベースの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、グラフデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、グラフデータベースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ドライブシャフトの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ドライブシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ドライブシャフトの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経形態学的コンピューティングの世界市場分析:用途別(信号処理、画像処理、データ処理、物体検出、その他)、エンドユーザー別(家電、自動車、ヘルスケア、軍用、防衛など)、2024年までに6,480,100,000米ドルに達すると思われる
    本調査レポートでは、神経形態学的コンピューティングの世界市場について調査・分析し、神経形態学的コンピューティングの世界市場動向、神経形態学的コンピューティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別神経形態学的コンピューティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の歯科用インプラント市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、歯科用インプラントのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯科用インプラントの概要 ・歯科用インプラントの開発動向:開発段階別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:セグメント別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:領域別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:規制Path別分析 ・歯科用インプラントの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別歯科用インプラントの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・歯科用インプラントの最近動向
  • データセンター向け冷却ソリューション世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター向け冷却ソリューション世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター向け冷却ソリューション世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボットサービスの世界市場2017-2021:マテリアルハンドリング、溶接、組立てライン
    当調査レポートでは、産業ロボットサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボットサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アセトニトリルの世界市場予測(~2022年):誘導体、溶媒
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アセトニトリルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、アセトニトリルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 潰瘍性大腸炎(UC)治療薬の世界市場予測・分析
  • 家庭用ボイラーの世界市場2017-2021:非復水ボイラ、復水ボイラ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用ボイラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用ボイラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はA.O. Smith Water Products、Bosch Thermotechnology、Bryant Heating & Cooling Systems、Immergas、Viessmann Manufacturing等です。
  • コーンビーム断層撮影法(CBCT) /コーンビーム画像化の世界市場予測(~2021):用途別(歯科(口腔および顎顔面外科手術、インプラント、矯正歯科、歯内治療)、患者の姿勢別(立ち姿勢/座り姿勢、着席、仰向け)、エンドユーザー別(病院、健康保険適用外開業医)
    当調査レポートでは、コーンビーム断層撮影法(CBCT) /コーンビーム画像化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、患者の姿勢別分析、需要先別分析、地域別分析、コーンビーム断層撮影法(CBCT) /コーンビーム画像化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用イベントデータレコーダー(EDR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用イベントデータレコーダー(EDR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用イベントデータレコーダー(EDR)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の抗乳化剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の抗乳化剤市場2015について調査・分析し、抗乳化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"