"抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE017)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global antifibrinolytic drugs market was valued at $1,3593 million in 2018 and is expected to reach $1,9333 million by 2026, registering a CAGR of 4.5% from 2019 to 2026. Antifibrinolytic is a type of drug that helps in the formation of blood clot. These drugs prevent the breakdown of fibrin, which is the main protein involved in blood clotting. These drugs can be used to prevent serious bleeding in patients suffering from life threatening conditions such as hemophilia, very heavy menstrual bleeding, or some types of vascular tumors. They are also widely used to prevent or control bleeding during or after surgery or after a traumatic injury. An increase in usage of these drugs has been witnessed since past few years, owing to their increased applications.

Rise in medical surgeries including dental and cardiac, accidental trauma, and increase in incidence of angioedema across the globe are the major factors that drive the antifibrinolytic drugs market growth. Antifibrinolytic drugs play a crucial role in the prevention of clot lysis and blood loss. Considerable surge in prevalence of bleeding disorders propels the antifibrinolytic drugs market growth. However, high cost of these drugs hamper the market growth. Furthermore, increase in research & development for developing novel innovative antifibrinolytic drugs is anticipated to create new opportunities for the market.

The market is segmented on the basis of indication, end-users, and region. On the basis of indication, it is classified into gynecology, hereditary angiedema, fibrinolytic response testing, surgeries, and others. By end user, it is divided into hospitals & clinics, ambulatory surgical centers, and healthcare specialty process. Region wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 The study provides an in-depth analysis of the market along with the current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
 It offers a quantitative analysis from 2018 to 2026, which is expected to enable the stakeholders to capitalize on prevailing market opportunities.
 Comprehensive analysis of all geographical regions is provided to determine the prevailing opportunities.
 Key players are profiled, and their strategies are analyzed thoroughly to understand the competitive outlook of the global market.

KEY MARKET SEGMENTS
By Indication
• Gynecology
• Hereditary Angiedema
• Fibrinolytic Response Testing
• Surgeries
• Others

By End User
• Hospitals & Clinics
• Ambulatory Surgical Centers
• Trauma Centers

By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o France
o UK
o Italy
o Rest of Europe
• Asia Pacific
o Japan
o China
o India
o Rest of Asia-Pacific
• LAMEA
o Brazil
o Saudi Arabia
o South Africa
o Rest of LAMEA

KEY PLAYERS

• Acic Fine Chems
• Xanodyne Pharmaceuticals
• Aurobindo Pharma Ltd
• Akorn
• Mylan N.V.
• Pfizer (GenMed)
• Sanofi SA
• Zydus Cadila
• Takeda
• Amerigen Pharms Ltd


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets

3.3. Porter’S Five Forces Analysis

3.3.1. Moderate Bargaining Power of Buyers
3.3.2. Low Bargaining Power of Suppliers
3.3.3. Moderate Threat of Substitutes
3.3.4. Low Threat of New Entrants
3.3.5. Moderate Competitive Rivalry

3.4. Top Player Positioning
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Surge In Severe Road Accidents
3.5.1.2. Significant Increase In Surgical Procedures

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Cost of These Drugs

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Various Growth Opportunities In Emerging Economies

Chapter 4: Antifibrinolytic Drugs Market, By Indication

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Gynecology

4.2.1. Key Market Trends And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast
4.2.3. Market Share Analysis, By Country

4.3. Hereditary Angioedema

4.3.1. Key Market Trends And Growth Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast
4.3.3. Market Share Analysis, By Country

4.4. Fibrinolytic Response Testing

4.4.1. Key Market Trends And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast
4.4.3. Market Share Analysis, By Country

4.5. Surgeries

4.5.1. Key Market Trends And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast
4.5.3. Market Share Analysis, By Country

4.6. Others

4.6.1. Key Market Trends And Opportunities
4.6.2. Market Size And Forecast
4.6.3. Market Share Analysis, By Country

Chapter 5: Antifibrinolytic Drugs Market, By End User

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Hospitals

5.2.1. Market Size And Forecast
5.2.2. Market Share Analysis, By Country

5.3. Ambulatory Surgery Centers

5.3.1. Market Size And Forecast
5.3.2. Market Share Analysis, By Country

5.4. Trauma Centers

5.4.1. Market Size And Forecast
5.4.2. Market Share Analysis, By Country

Chapter 6: Antifibrinolytic Drugs Market, By Region

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Country
6.2.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.2.4. Market Size And Forecast, By End User
6.2.5. U.S.

6.2.5.1. U.S. Market Size And Forecast, By Indication
6.2.5.2. U.S. Market Size And Forecast, By End User

6.2.6. Canada

6.2.6.1. Canada Market Size And Forecast, By Indication
6.2.6.2. Canada Market Size And Forecast, By End User

6.2.7. Mexico

6.2.7.1. Mexico Market Size And Forecast, By Indication
6.2.7.2. Mexico Market Size And Forecast, By End User

6.3. Europe

6.3.1. Key Growth Factors And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Country
6.3.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.3.4. Market Size And Forecast, By End User
6.3.5. Germany

6.3.5.1. Germany Market Size And Forecast, By Indication
6.3.5.2. Germany Market Size And Forecast, By End User

6.3.6. France

6.3.6.1. France Market Size And Forecast, By Indication
6.3.6.2. France Market Size And Forecast, By End User

6.3.7. Uk

6.3.7.1. Uk Market Size And Forecast, By Indication
6.3.7.2. Uk Market Size And Forecast, By End User

6.3.8. Italy

6.3.8.1. Italy Market Size And Forecast, By Indication
6.3.8.2. Italy Market Size And Forecast, By End User

6.3.9. Rest of Europe

6.3.9.1. Rest of Europe Market Size And Forecast, By Indication
6.3.9.2. Rest of Europe Market Size And Forecast, By End User

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Growth Factors And Opportunities.
6.4.2. Market Size And Forecast, By Country
6.4.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.4.4. Market Size And Forecast, By End User
6.4.5. Japan

6.4.5.1. Japan Market Size And Forecast, By Indication
6.4.5.2. Japan Market Size And Forecast, By End User

6.4.6. China

6.4.6.1. China Market Size And Forecast, By Indication
6.4.6.2. China Market Size And Forecast, By End User

6.4.7. India

6.4.7.1. India Market Size And Forecast, By Indication
6.4.7.2. India Market Size And Forecast, By End User

6.4.8. Rest of Asia-Pacific

6.4.8.1. Rest of Asia-Pacific Market Size And Forecast, By Indication
6.4.8.2. Rest of Asia – Pacific Market Size And Forecast, By End User

6.5. Lamea

6.5.1. Key Growth Factors And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Country
6.5.3. Market Size And Forecast, By Indication
6.5.4. Market Size And Forecast, By End User
6.5.5. Brazil

6.5.5.1. Brazil Market Size And Forecast, By Indication
6.5.5.2. Brazil Market Size And Forecast, By End User

6.5.6. Saudi Arabia

6.5.6.1. Saudi Arabia Market Size And Forecast, By Indication
6.5.6.2. Saudi Arabia Market Size And Forecast, By End User

6.5.7. South Africa

6.5.7.1. South Africa Market Size And Forecast, By Indication
6.5.7.2. South Africa Market Size And Forecast, By End User

6.5.8. Rest of Lamea

6.5.8.1. Rest of Lamea Market Size And Forecast, By Indication
6.5.8.2. Rest of Lamea Market Size And Forecast, By End User

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Akorn Inc.

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Company Snapshot
7.1.3. Operating Business Segments
7.1.4. Product Portfolio
7.1.5. Business Performance

7.2. Aurobindo Pharma Limited

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Company Snapshot
7.2.3. Operating Business Segments
7.2.4. Product Portfolio
7.2.5. Business Performance

7.3. Bayer Ag

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Company Snapshot
7.3.3. Operating Business Segments
7.3.4. Product Portfolio
7.3.5. Business Performance

7.4. Ferring Holding Sa

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Company Snapshot
7.4.3. Operating Business Segments
7.4.4. Product Portfolio
7.4.5. Business Performance

7.5. Mylan N.V.

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Company Snapshot
7.5.3. Operating Business Segments
7.5.4. Product Portfolio
7.5.5. Business Performance

7.6. Novartis International Ag (Sandoz)

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Company Snapshot
7.6.3. Operating Business Segments
7.6.4. Product Portfolio
7.6.5. Business Performance

7.7. Pfizer Inc.

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Company Snapshot
7.7.3. Operating Business Segments
7.7.4. Product Portfolio
7.7.5. Business Performance

7.8. Sanofi S.A.

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Company Snapshot
7.8.3. Operating Business Segments
7.8.4. Product Portfolio
7.8.5. Business Performance

7.9. Takeda Pharmaceutical Company Limited

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Company Snapshot
7.9.3. Operating Business Segments
7.9.4. Product Portfolio
7.9.5. Business Performance

7.10. Vitruvias Therapeutics Inc.

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Company Snapshot
7.10.3. Operating Business Segments
7.10.4. Product Portfolio
7.10.5. Business Performance
7.10.1. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)
【発行日】2019年12月21日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE017
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオ
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
抗線溶薬の世界市場:疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 空気輸送システムの世界市場予測(~2021):種類別(陽圧輸送、真空圧輸送、複合輸送)、オペレーション別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、空気輸送システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、オペレーション別分析、産業別分析、地域別分析、空気輸送システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パキスタンの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場について調査・分析し、可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:市場動向分析 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:競争要因分析 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:駆動タイプ別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:電圧範囲別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:出力範囲別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:VFDタイプ別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・可変周波数駆動装置(VFD)の北米市場規模・分析 ・可変周波数駆動装置(VFD)の欧州市場・分析 ・可変周波 …
  • アメリカの企業研修市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの企業研修市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの企業研修市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオガス精製の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオガス精製の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオガス精製市場規模、技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄)分析、用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオガス精製の世界市場:市場動向分析 ・ バイオガス精製の世界市場:競争要因分析 ・ バイオガス精製の世界市場:技術別(圧力スイング吸着システム、化学吸収、メンブレンシステム、物理吸収、ウォータースクラバー、低温技術、低温分離、化学洗浄) ・ バイオガス精製の世界市場:用途別(地方自治体・下水道、農業廃棄物、産業排水、廃棄物、食品廃棄物、エネルギー作物バイオガスプロジェクト) ・ バイオガス精製の世界市場:主要地域別分析 ・ バイオガス精製の北米市場規模(アメリカ市 …
  • 自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、構成品種類別分析、認証種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨てバイオプロセッシング装置の世界市場:バック、ミキサー、バイオリアクタ、発酵槽、フィルター、サンプリングシステム、バイオプロセス容器、チューブ
    当調査レポートでは、使い捨てバイオプロセッシング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨てバイオプロセッシング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳癌モノクローナル抗体(mAbs)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の腕時計市場2015
    本調査レポートでは、世界の腕時計市場2015について調査・分析し、腕時計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体IPの世界市場予測(~2023年):プロセッサIP、インターフェースIP、メモリIP
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、半導体IPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、デザインIP別分析、ソース別分析、産業別分析、地域別分析、半導体IPの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水浄化剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、水浄化剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水浄化剤市場規模、種類別(凝集剤、凝固剤、pH安定剤)分析、エンドユーザー別(地方自治体、発電、紙・パルプ、金属・鉱業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水浄化剤の世界市場概要 ・水浄化剤の世界市場環境 ・水浄化剤の世界市場動向 ・水浄化剤の世界市場規模 ・水浄化剤の世界市場:業界構造分析 ・水浄化剤の世界市場:種類別(凝集剤、凝固剤、pH安定剤) ・水浄化剤の世界市場:エンドユーザー別(地方自治体、発電、紙・パルプ、金属・鉱業、その他) ・水浄化剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水浄化剤の北米市場規模・予測 ・水浄化剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水浄化剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・水浄化剤の主要国分析 ・水浄化剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・水浄化剤の世界市場:成長要因、課題 ・水浄化剤の世界市場:競争環境 ・水浄化剤 …
  • 世界の射出成型プラスチック市場:詳細分析レポート2017-2022
  • オランダの体外式除細動器市場見通し
  • 滅菌技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、滅菌技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌技術市場規模、種類別(温熱殺菌、濾過減菌、電離放射滅菌、化学・ガス減菌、機器、消耗品、サービス)分析、工程別(物理、物理化学、化学、相乗工程)分析、用途別(医薬品、医療機器)分析、エンドユーザー別(製造、農業、医療機器、化粧品、飲食料、医薬品・バイオテクノロジー企業、病院・クリニック、外来外科センター、学術・研究機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 滅菌技術の世界市場:市場動向分析 ・ 滅菌技術の世界市場:競争要因分析 ・ 滅菌技術の世界市場:種類別(温熱殺菌、濾過減菌、電離放射滅菌、化学・ガス減菌、機器、消耗品、サービス) ・ 滅菌技術の世界市場:工程別(物理、物理化学、化学、相乗工程) ・ 滅菌技術の世界市場:用途別(医薬品、医療機器) ・ 滅菌技術の世界市場:エンドユーザー別(製造、農業、医療機器、化粧品、飲食料、医薬品・バイオテクノロジー企業、 …
  • 自動車産業向け炭素熱可塑性樹脂の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車産業向け炭素熱可塑性樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車産業向け炭素熱可塑性樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファ2ベータ1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ2ベータ1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ2ベータ1アンタゴニストの概要 ・アルファ2ベータ1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ2ベータ1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ2ベータ1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ2ベータ1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の熱可塑性加硫物市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性加硫物市場2015について調査・分析し、熱可塑性加硫物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • D3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD3アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D3アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • サウジアラビアの心臓血管手術装置市場見通し
  • ベースジャンピング用品の世界市場2017-2021:コンテナ/ハーネス、パラシュート、ウィングスーツ・ヘルメット、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベースジャンピング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベースジャンピング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はベースジャンピング用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はApex BASE、Squirrel、GLH Systems、Skylark等です。
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用補助エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)の概要 ・野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • エレクトリックバンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エレクトリックバンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エレクトリックバン市場規模、製品別(短・中距離(100マイル未満)、長距離(100マイル以上))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エレクトリックバンの世界市場概要 ・エレクトリックバンの世界市場環境 ・エレクトリックバンの世界市場動向 ・エレクトリックバンの世界市場規模 ・エレクトリックバンの世界市場:業界構造分析 ・エレクトリックバンの世界市場:製品別(短・中距離(100マイル未満)、長距離(100マイル以上)) ・エレクトリックバンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エレクトリックバンのアメリカ市場規模・予測 ・エレクトリックバンのヨーロッパ市場規模・予測 ・エレクトリックバンのアジア市場規模・予測 ・エレクトリックバンの主要国分析 ・エレクトリックバンの世界市場:意思決定フレームワーク ・エレクトリックバンの世界市場:成長要因、課題 ・エレク …
  • 世界のTLF太陽熱集熱器市場2015
    本調査レポートでは、世界のTLF太陽熱集熱器市場2015について調査・分析し、TLF太陽熱集熱器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択はんだ付け装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、選択はんだ付け装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、選択はんだ付け装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ペット用アニマルヘルスの世界市場:種類別、製品別(ワクチン、医薬品、飼料添加物)、流通経路別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ペット用アニマルヘルスの世界市場について調査・分析し、ペット用アニマルヘルスの世界市場動向、ペット用アニマルヘルスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ペット用アニマルヘルス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リアアクスルの世界市場
    当調査レポートでは、リアアクスルの世界市場について調査・分析し、リアアクスルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • コンテンツサービスプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、コンテンツサービスプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別(文書・記録管理、ワークフロー管理、データ収集・情報セキュリティ、ガバナンス)分析、サービス別分析、組織規模別分析、設置タイプ別分析、コンテンツサービスプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 院内感染性肺炎(HAP)治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、院内感染性肺炎(HAP)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、院内感染性肺炎(HAP)治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアウトドア(キャンプ、ハイキング)用調理器具市場2015
    本調査レポートでは、世界のアウトドア(キャンプ、ハイキング)用調理器具市場2015について調査・分析し、アウトドア(キャンプ、ハイキング)用調理器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 世界の縫製糸市場2015
    本調査レポートでは、世界の縫製糸市場2015について調査・分析し、縫製糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビー歩行器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビー歩行器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー歩行器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イムノアッセイ(免疫測定法)の世界市場2015-2022
  • ゴム製コンベアベルトの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ゴム製コンベアベルトの世界市場について調査・分析し、ゴム製コンベアベルトの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ゴム製コンベアベルトシェア、市場規模推移、市場規模予測、ゴム製コンベアベルト種類別分析(多重布補強ゴム製コンベアベルト、スチールコード補強ゴム製コンベアベルト、PVGソリッドウォーブンゴム製コンベアベルト )、ゴム製コンベアベルト用途別分析(鉱業、工業、建設、石油・ガス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ゴム製コンベアベルトの市場概観 ・ゴム製コンベアベルトのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ゴム製コンベアベルトのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ゴム製コンベアベルトの世界市場規模 ・ゴム製コンベアベルトの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ゴム製コンベアベルトのアメリカ市場規模推移 ・ゴム製コンベアベルトのカナダ市場規模推移 ・ゴム製コンベアベルトのメキシコ市場規模推移 ・ゴム製コンベアベルトのヨーロッパ市場分析(ドイツ …
  • スマートコネクテッド調理器具の世界市場2017-2021:レンジ、オーブン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートコネクテッド調理器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコネクテッド調理器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートコネクテッド調理器具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHaier、LG Electronics、Robert Bosch、SAMSUNG、Whirlpool等です。
  • インドのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016
  • 世界のウレタン接着剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のウレタン接着剤市場2016について調査・分析し、ウレタン接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家畜管理におけるIoT(モノのインターネット)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cisco Systems、IBM、KaaIoT Technologies、Oracle、Trimble等です。
  • クラウドソーシングテストの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラウドソーシングテストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、テスト種類別(パフォーマンステスト、機能テスト、ユーザビリティテスト、ローカリゼーションテスト、およびセキュリティテスト)分析、プラットフォーム別分析、組織規模別分析、業種別分析、クラウドソーシングテストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラウドソーシングテストの世界市場規模が2019年13億ドルから2024年20億ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。
  • Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-2アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-2アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パルスオキシメーターの世界市場:種類別(指先型、ハンドヘルド型)、最終用途(病院・医療施設、在宅医療)、地域別、セグメント予測
  • パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーエレクトロニクス市場規模、製品別(IC、ディスクリート、モジュール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パワーエレクトロニクスの世界市場概要 ・パワーエレクトロニクスの世界市場環境 ・パワーエレクトロニクスの世界市場動向 ・パワーエレクトロニクスの世界市場規模 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:製品別(IC、ディスクリート、モジュール) ・パワーエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パワーエレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスの主要国分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・パワーエレクトロニクスの世界市場:成長要因、課題 …
  • 世界の搬送ロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界の搬送ロボット市場2015について調査・分析し、搬送ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血友病A(Hemophilia A):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血友病A(Hemophilia A)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血友病A(Hemophilia A)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血友病A(Hemophilia A)の概要 ・血友病A(Hemophilia A)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血友病A(Hemophilia A)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血友病A(Hemophilia A)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 排熱回収ボイラ(HRSG)の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、排熱回収ボイラ(HRSG)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、定格出力別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脊髄刺激装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、脊髄刺激装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脊髄刺激装置の概要 ・脊髄刺激装置の開発動向:開発段階別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:セグメント別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:領域別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:規制Path別分析 ・脊髄刺激装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別脊髄刺激装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・脊髄刺激装置の最近動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"