"防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE056)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Protective Clothing Market was valued at $8.0 billion in 2018, and is expected to reach $12.9 billion by 2026, supported by a CAGR of 6.2% during the forecast period 2019 to 2026. Innovation in textile industry and launch of new fibers have transformed the familiar functions of conventional textile to the advance textile industry. Protective clothing are manufactured using traditional textile production technologies such as weaving, knitting, and non-woven materials. Specialized techniques such as 3D weaving, spacer fabric knitting and braiding using natural and man-made fibers, and finishing technology are also employed in the manufacturing of protective clothing. Wide range of high performance fibers are used in manufacturing of protective clothing to impart protection from hazardous environment. For example, Kevlar, Nomex (DuPont), Twaron (Acordis) aramids, Spectra (Allied) HDPE fibers, PBI, Kermel (Rhone Poulenc), P84 (Inspec), carbon impregnated fibers, aramid spunlace materials, fiberglass, steel, copper, and other metal fibers finds application in the protective clothing.
Protective clothing are used in protection of workers and professionals in various end-use industries owing to their novel chemical and physical attributes, to counteract potential threats in hazardous environment. Heavy investment in R&D activities by government organizations is expected to propel the market growth. However, extended research timelines incur high cost to companies, which restricts the growth of the market.
The report segments the global protective clothing market based on material type, application, end-use industry and region. By material type, aramid & blends, polyolefin & blends, polybenzimidazole (PBI), cotton fibers and laminated polyesters are some of the major market segments. Laminated polyesters, PBI and aramid & blends are expected to be the most attractive markets for new entrants as well as for the industry players. The report is also segmented based on applications such as thermal, chemical, mechanical and others. Based on end-user industry, the market is segmented based on oil & gas, construction & manufacturing, pharmaceuticals, law enforcement & military, firefighting and others. Furthermore, the report is segmented based on four regions, namely, North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
Business agreements, collaboration and product launch are the leading strategies adopted by key players to strengthen their geographical outreach. E. I. du Pont de Nemours and Company, Lakeland Industries, Inc., 3M Company and Workrite Uniform Company, Inc., are the major companies who have adopted collaborations, supply and manufacturing agreements, and product launch as their key business strategy. The market players profiled in this report are protective clothing manufacturers who either use it internally in some applications, or supply it to other end-users in the industry.
Comprehensive competitive analysis and profiles of major market players in the report are:
• E. I. du Pont de Nemours and Company
• Lakeland Industries, Inc.
• 3M Company
• Workrite Uniform Company, Inc.
• W. L. Gore & Associates
• Glen Raven
• Ballyclare Limited
• Koninklijke Ten Cate NV
• Cetriko
• Teijin Limited

KEY MARKET BENEFITS:
• The study provides an in-depth quantitative analysis of the global protective clothing market with current trends and future estimations to elucidate the imminent investment pockets.
• The report provides the quantitative analysis of the current market and estimations through 2018–2026 to identify the prevailing market opportunities to capitalize on.
• Extensive analysis of application forecasts the various types of protective clothing that can be used in different end-user applications.
• Competitive analysis highlights the business practices followed by leading players across various regions.
• An in-depth analysis of current research and clinical developments that affect the market behavior.
• Comprehensive analysis of all geographic regions are provided that determines the prevailing opportunities there.
• Analysis of key market players and their strategies are discussed to identify the competitive outlook.

KEY MARKET SEGMENT:
The global protective clothing market is segmented based on application, material type, end-user industry and geography.
• By Application
o Thermal
o Mechanical
o Chemical
o Radiation
o Others

• By Material Type
o Aramid & blends
o Polyolefin & blends
o PBI
o Cotton Fibers
o Laminated Polyester
o Others

• By End-use Industry
o Oil & Gas
o Construction
o Pharmaceuticals
o Law Enforcement & Military
o Firefighting
o Others

• By Geography
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 Germany
 UK
 France
 Italy
 Spain
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 Japan
 China
 Taiwan
 South Korea
 ASEAN
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Brazil
 Argentina
 South Africa
 Rest of LAMEA


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1. Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Market Benefits
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2. Executive Summary

2.1. Cxos Perspective

Chapter 3. Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Investment Pockets
3.2.2. Top Player Positioning
3.2.3. Top Winning Strategy

3.3. Value Chain Analysis
3.4. Porters Five Forces Analysis

3.4.1. Bargaining Power of The Supplier
3.4.2. Bargaining Power of The Buyer
3.4.3. Threat of Substitute
3.4.4. Competitive Rivalry
3.4.5. Threat of New Entrant

3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Stringent Government Regulations
3.5.1.2. Increasing Demand From End-User Industries
3.5.1.3. Heavy Investments In R&D To Boost Market Growth

3.5.2. Restraints

3.5.2.1. High Cost

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Increasing Demand From Emerging Economies

3.6. Patent Analysis

3.6.1. Patent Analysis By Year
3.6.2. Patent Analysis By Region
3.6.3. Patent Analysis By Company

3.7. Emerging Trends In Protective Clothing Market

Chapter 4. Global Protective Clothing Market, By Material

4.1. Introduction

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Aramid & Blends

4.2.1. Key Market Trends
4.2.2. Key Growth Factors And Opportunities
4.2.3. Market Size And Forecast

4.3. Polyolefin & Blends

4.3.1. Key Market Trends
4.3.2. Key Growth Factors And Opportunities
4.3.3. Market Size And Forecast

4.4. Polybenzimidazole (Pbi)

4.4.1. Key Market Trends
4.4.2. Key Growth Factors And Opportunities
4.4.3. Market Size And Forecast

4.5. Cotton Fibers

4.5.1. Key Market Trends
4.5.2. Key Growth Factors And Opportunities
4.5.3. Market Size And Forecast

4.6. Laminated Polyesters

4.6.1. Key Market Trends
4.6.2. Key Growth Factors And Opportunities
4.6.3. Market Size And Forecast

4.7. Others

4.7.1. Key Market Trends
4.7.2. Key Growth Factors And Opportunities
4.7.3. Market Size And Forecast

Chapter 5. Global Protective Clothing Market, By Application

5.1. Introduction

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Thermal

5.2.1. Key Market Trends
5.2.2. Key Growth Factors And Opportunities
5.2.3. Market Size And Forecast

5.3. Mechanical

5.3.1. Key Market Trends
5.3.2. Key Growth Factors And Opportunities
5.3.3. Market Size And Forecast

5.4. Chemical

5.4.1. Key Market Trends
5.4.2. Key Growth Factors And Opportunities
5.4.3. Market Size And Forecast

5.5. Radiation

5.5.1. Key Market Trends
5.5.2. Key Growth Factors And Opportunities
5.5.3. Market Size And Forecast

5.6. Others

5.6.1. Key Market Trends
5.6.2. Key Growth Factors And Opportunities
5.6.3. Market Size And Forecast

Chapter 6. Global Protective Clothing Market, By End-User Industry

6.1. Introduction

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. Oil & Gas

6.2.1. Market Size And Forecast

6.3. Construction & Manufacturing

6.3.1. Market Size And Forecast

6.4. Pharmaceuticals

6.4.1. Market Size And Forecast

6.5. Law Enforcement & Military

6.5.1. Market Size And Forecast

6.6. Firefighting

6.6.1. Market Size And Forecast

6.7. Others

6.7.1. Market Size And Forecast

Chapter 7. Global Protective Clothing Market By Geography

7.1. Introduction
7.2. North America

7.2.1. Key Market Trends
7.2.2. Key Growth Factors And Opportunities
7.2.3. Market Size And Forecast
7.2.4. U.S.
7.2.5. Canada
7.2.6. Mexico

7.3. Europe

7.3.1. Key Market Trends
7.3.2. Key Growth Factors And Opportunities
7.3.3. Market Size And Forecast
7.3.4. Germany
7.3.5. France
7.3.6. Uk
7.3.7. Spain
7.3.8. Italy
7.3.9. Rest of Europe

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key Market Trends
7.4.2. Key Growth Factors And Opportunities
7.4.3. Market Size And Forecast
7.4.4. China
7.4.5. India
7.4.6. Japan
7.4.7. Korea
7.4.8. Asean
7.4.9. Rest of Asia-Pacific

7.5. Lamea

7.5.1. Key Market Trends
7.5.2. Key Growth Factors And Opportunities
7.5.3. Market Size And Forecast
7.5.4. Brazil
7.5.5. Argentina
7.5.6. South Africa
7.5.7. Rest of Lamea

Chapter 8. Company Profile

8.1. E. I. Du Pont De Nemours And Company

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Business Performance
8.1.5. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Lakeland Industries, Inc.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Business Performance
8.2.5. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Ballyclare Limited

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Key Strategic Moves And Developments

8.4. 3M Company

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Operating Business Segments
8.4.3. Business Performance
8.4.4. Key Strategic Moves And Developments

8.5. Koninklijke Ten Cate Nv

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Business Performance
8.5.5. Key Strategic Moves And Developments

8.6. Teijin Limited

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Operating Business Segments
8.6.4. Business Performance
8.6.5. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Workrite Uniform Company, Inc.

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Operating Business Segments
8.7.4. Key Strategic Moves And Developments

8.8. Cetriko S.L.

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Operating Business Segments

8.9. W.L. Gore & Associates, Inc.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Operating Business Segments

8.10. Glen Raven Inc.

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Operating Business Segments
8.10.4. Key Strategic Moves And Developments

Other Players In The Value Chain
• Fibertex A/S
• Kermel
• Rongxin Industry Manufacture Limited
• Ebruzen Textile Industry Trade Co Ltd.
• Wuhan Kinglong Protective Products Co., Ltd.
• Veridian Fire Protective Gear
• Ohnaka Industry Co., Ltd., Etc.

*Above Companies Were Not Profiled In The Report And Can Be Added Based On Client Request.

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)
【発行日】2019年12月31日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE056
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料・化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
防護服の世界市場:材料種類別(アラミド&ブレンド、ポリオレフィン&ブレンド、ポリベンズイミダゾール、綿繊維、積層ポリエステル、その他)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、エンドユーザー産業別(石油&ガス、建設&製造、医薬品、法執行&軍事、消防、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ホブ盤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホブ盤の世界市場について調査・分析し、ホブ盤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホブ盤シェア、市場規模推移、市場規模予測、ホブ盤種類別分析()、ホブ盤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホブ盤の市場概観 ・ホブ盤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホブ盤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホブ盤の世界市場規模 ・ホブ盤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホブ盤のアメリカ市場規模推移 ・ホブ盤のカナダ市場規模推移 ・ホブ盤のメキシコ市場規模推移 ・ホブ盤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ホブ盤のドイツ市場規模推移 ・ホブ盤のイギリス市場規模推移 ・ホブ盤のロシア市場規模推移 ・ホブ盤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ホブ盤の日本市場規模推移 ・ホブ盤の中国市場規模推移 ・ホブ盤の韓国市場規模推移 ・ホブ盤のインド市場規模推移 ・ホブ盤の東南アジア市場規模推移 …
  • 水性マーカーペンの世界市場予測(~2023年):ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水性マーカーペンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、耐水洗性別(ベーシックウォッシャブル、スーパーウォッシャブル)分析、エンドユーザー別(子供、プロフェッショナル)分析、水性マーカーペンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリックストリーム分析の世界市場予測(~2022年):クリック経路、ウェブサイト最適化、顧客分析、かご分析、パーソナライゼーション、トラフィック解析
    当調査レポートでは、クリックストリーム分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、アプリケーション別分析、種類別分析、企業規模別分析、導入モデル別分析、クリックストリーム分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力揚水の世界市場:種類別(水圧破砕、セメンティング)、ウェル型別(水平井、垂直井、傾斜井)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、圧力揚水の世界市場について調査・分析し、圧力揚水の世界市場動向、圧力揚水の世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力揚水市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別
    MarketsandMarkets社は、肉代用品の世界市場規模が2019年16億ドルから2026年35億ドルまで年平均12.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の肉代用品市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、クォーン、その他の製品)分析、由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質、その他のソース)分析、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)分析、フォーム別(固体、液体)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の肉代用品市場:製品別(豆腐、テンペ、セイタン、クォーン、その他の製品) ・世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質、その他のソース) ・世界の肉代用品市場:種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー) ・世界の肉代用品市場:フォーム別(固体、液体) ・世界の肉代用品市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 産業用ワイヤレスセンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ワイヤレスセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ワイヤレスセンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 支援技術の世界市場:装置別、地域別
    本レポートは、支援技術の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(植物ベースの牛肉、植物ベースの鶏肉、植物ベースの豚肉)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・支援技術の世界市場:装置別(感覚補助具、移動補助具、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場の見通し
    当調査レポートでは、電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場について調査・分析し、電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:市場動向分析 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:競争要因分析 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:産業別 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・防衛 ・エネルギー・ユーティリティ ・政府 ・医療 ・IT・通信 ・法務 ・メディア・エンターテイメント ・輸送・物流 ・旅行・サービス業 ・その他 - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:ソリューション別 ・データ処理 ・データ作成 ・訴訟案件の早期評価査定(ECA) ・訴訟ホールド ・テクノロジー支援型レビュー(TAR) - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:サービスタイプ別 ・コンサルティング ・執行 ・マネージドサービス ・トレーニング・サポート - 電子情報開示(eディスカバリ)の世界市場:導入形態別 ・ソフトウェア ・ソ …
  • 食道胃接合部腺がん:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、食道胃接合部腺がん治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・食道胃接合部腺がん:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・食道胃接合部腺がんのフェーズ3治験薬の状況 ・食道胃接合部腺がん治療薬の市場規模(販売予測) ・食道胃接合部腺がんの市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・食道胃接合部腺がんのフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の食道胃接合部腺がん治療薬剤
  • ガラス基板の世界市場予測(~2022年):ホウケイ酸ガラス、シリコン、セラミック、石英ガラス、クォーツガラス基板
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガラス基板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ガラス基板の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトラマドール市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラマドール市場2015について調査・分析し、トラマドールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞回収システムの世界市場2014-2025:用途別(臍帯、骨髄、末梢血、脂肪組織)、最終用途別(病院、診療所、研究・開発センター)
    本調査レポートでは、細胞回収システムの世界市場について調査・分析し、細胞回収システムの世界市場動向、細胞回収システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別細胞回収システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 二酸化チタン(TiO2)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二酸化チタン(TiO2)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二酸化チタン(TiO2)市場規模、用途別(塗料、プラスチック、紙、その他)分析、工程別(塩化物、硫酸塩)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場概要 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場環境 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場動向 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場規模 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:業界構造分析 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:用途別(塗料、プラスチック、紙、その他) ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:工程別(塩化物、硫酸塩) ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・二酸化チタン(TiO2)のアメリカ市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)のヨーロッパ市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)のアジア市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)の主要国分 …
  • スペインのアクリル酸市場(~2019)
  • 狂犬病診断薬の世界市場:分析方法別(蛍光抗体検査、組織学的、血清学)、技術別(ELISA、PCR)、セグメント予測
    本調査レポートでは、狂犬病診断薬の世界市場について調査・分析し、狂犬病診断薬の世界市場動向、狂犬病診断薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別狂犬病診断薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ファスナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用ファスナーの世界市場について調査・分析し、自動車用ファスナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用ファスナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用ファスナー種類別分析(ねじ式ファスナー、非ねじ式ファスナー)、自動車用ファスナー用途別分析(自動車OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用ファスナーの市場概観 ・自動車用ファスナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用ファスナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用ファスナーの世界市場規模 ・自動車用ファスナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用ファスナーのアメリカ市場規模推移 ・自動車用ファスナーのカナダ市場規模推移 ・自動車用ファスナーのメキシコ市場規模推移 ・自動車用ファスナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用ファスナーのドイツ市場規模推移 ・自動車用ファスナーのイギリ …
  • 世界のボールバルブ市場2016
    本調査レポートでは、世界のボールバルブ市場2016について調査・分析し、ボールバルブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低侵襲手術(MIS)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、低侵襲手術(MIS)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低侵襲手術(MIS)装置の概要 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:開発段階別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:セグメント別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:領域別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:規制Path別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別低侵襲手術(MIS)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・低侵襲手術(MIS)装置の最近動向
  • 小型衛星の世界市場:ナノ衛星、ミニ衛星、マイクロ衛星
    当調査レポートでは、小型衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴーシェ病(Gaucher’s Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるゴーシェ病(Gaucher's Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ゴーシェ病(Gaucher's Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)の概要 ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のゴーシェ病(Gaucher's Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ゴーシェ病(Gaucher's Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • アジアの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • ジオテキスタイルの世界市場:材質別(PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン))、製品別(不織布、織布)、用途別(道路建設、浸食防止)、地域別
    本調査レポートでは、ジオテキスタイルの世界市場について調査・分析し、ジオテキスタイルの世界市場動向、ジオテキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ジオテキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ディスクリート・ダイオードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディスクリート・ダイオードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディスクリート・ダイオードの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心筋梗塞後(Post-Myocardial Infarction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心筋梗塞後(Post-Myocardial Infarction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心筋梗塞後(Post-Myocardial Infarction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心筋梗塞後(Post-Myocardial Infarction)の概要 ・心筋梗塞後(Post-Myocardial Infarction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心筋梗塞後(Post-Myocardial Infarction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心筋梗塞後(Post-Myocardial In …
  • 移植の世界市場:組織製品、臓器保存ソリューション、移植製品、移植診断
    当調査レポートでは、移植の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移植の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 地上制御局(GCS)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、地上制御局(GCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、システム別分析、サービス別分析、地上制御局(GCS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プリプレグの世界市場分析:タイプ別(カーボン、ガラス、アラミド)、樹脂別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)、製造プロセス別(ホットメルト、溶剤ディップ)、用途別(航空宇宙・防衛、風力エネルギー、スポーツ用品、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、プリプレグの世界市場について調査・分析し、プリプレグの世界市場動向、プリプレグの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリプレグ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 転倒検知システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、転倒検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成品別分析、アルゴリズム別分析、システム別分析、需要先別分析、転倒検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの体外式除細動器市場見通し
  • アジア太平洋の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場について調査・分析し、アジア太平洋の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • セルフケア用医療機器の世界市場:血糖自己測定(SMBG)デバイス、腹膜透析、睡眠時無呼吸、インシュリンポンプ、体温モニタ、吸入器、歩数計、血圧モニタ、ネブライザー、男性用外付けカテーテル、ホルターモニター
    当調査レポートでは、セルフケア用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフケア用医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の足場市場2016
    本調査レポートでは、世界の足場市場2016について調査・分析し、足場の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高度道路交通システム(ITS)の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、高度道路交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、高度道路交通システム(ITS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:セグメント別市場分析 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • がん診断検査の世界市場2016-2020:販売規模、市場シェア
  • リードセンサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リードセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、コンタクト位置別(フォームA、フォームB、フォームC)分析、用途別(自動車・運輸、民生機器、ロボット・オートメーション、セーフティ・セキュリティ)分析、リードセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024
    「コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024」は、コーポレートリーダーシップトレーニングについて市場概要、市場規模、用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場:用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 自動給餌システムの世界市場予測(~2023年)
    自動給餌システムの世界市場は、2018年の約51億米ドルから2023年には約74億米ドルに達し、7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、農場所有者が操業コストや損失を削減するために手作業による給餌を自動化することを選好する傾向にあることが考えられます。一方で、ステークホルダーは、給餌装置および給餌ラインの標準化の欠如という大きな課題に直面しています。さらに、初期の設置における資本金規制が厳しいことから、中小規模の農場は給餌プロセスの自動化を敬遠する可能性があります。当調査レポートでは、自動給餌システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、家畜(反芻動物、ブタ、家禽)分析、機能(管理、調合、充填、スクリーニング)分析、提供分析、技術分析、自動給餌システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パージ剤の世界市場予測(~2022年):押出成形用パージ剤、射出成形用パージ剤、ブロー成形用パージ剤
    当調査レポートでは、パージ剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、プロセス別分析、地域別分析、パージ剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場について調査・分析し、平板型固体酸化物燃料電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:市場動向分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:競争要因分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:部品別 ・セパレータープレート ・シール ・平形電池 ・マニホールド ・その他 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:用途別 ・携帯型 ・移動型 ・固定 - 平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主要地域別分析 - 平板型固体酸化物燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) - 平板型固体酸化物燃料電池のヨーロッパ市場規模 - 平板型固体酸化物燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・平板型固体酸化物燃料電池の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ソーラー照明システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソーラー照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェアとソフトウェアとサービス)分析、光源別(LEDおよびその他)分析、グリッドタイプ別(オングリッドおよびオフグリッド)分析、用途別(高速道路・道路、産業、商業)分析、ソーラー照明システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソーラー照明システムの世界市場規模が2019年52億ドルから2024年108億ドルまで年平均15.6%成長すると予測しています。
  • 半導体生産装置の東南アジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体生産装置の東南アジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体生産装置の東南アジア市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体生産装置の東南アジア市場が2017-2021年期間中に年平均9.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASML, • Applied Materials, • Tokyo Electron, • KLA-Tencor, • Lam Research等です。
  • フロック接着剤の世界市場予測(~2022年):アクリル、ポリウレタン、エポキシ樹脂
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フロック接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、フロック接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム鋳物の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アルミニウム鋳物の世界市場について調査・分析し、アルミニウム鋳物の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アルミニウム鋳物シェア、市場規模推移、市場規模予測、アルミニウム鋳物種類別分析(ダイカスト、永久成型用鋳型、砂型鋳物、その他)、アルミニウム鋳物用途別分析(自動車、航空宇宙・軍事、土木機械、一般工業用機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アルミニウム鋳物の市場概観 ・アルミニウム鋳物のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アルミニウム鋳物のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アルミニウム鋳物の世界市場規模 ・アルミニウム鋳物の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アルミニウム鋳物のアメリカ市場規模推移 ・アルミニウム鋳物のカナダ市場規模推移 ・アルミニウム鋳物のメキシコ市場規模推移 ・アルミニウム鋳物のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アルミニウム鋳物のドイツ市場規模推移 ・アルミニウム鋳物のイギリ …
  • 音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は音楽プロダクション用ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ableton、Cakewalk 、PreSonus Audio Electronics 、Steinberg Media Technologies 等です。
  • Eコマース(電子商取引)物流の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、Eコマース(電子商取引)物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマース(電子商取引)物流の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はEコマース(電子商取引)物流の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aramex, • Deutsche Post DHL Group, • FedEx, • UPS等です。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場:製品別、エンドユーザー別、樹脂タイプ別、ファイバータイプ別、地域別
    本レポートは、熱可塑性複合材料の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(短繊維熱可塑性プラスチック、長繊維熱可塑性プラスチック、連続繊維熱可塑性プラスチック、ガラスマット熱可塑性プラスチック)分析、顧客状況、エンドユーザー別(自動車、建設、風力、その他)分析、地域別状況、樹脂タイプ別(ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエーテルエーテルケトン、ハイブリッド、その他)分析、ファイバータイプ別(グラスファイバー、炭素繊維、鉱物繊維、その他)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・熱可塑性複合材料の世界市場:製品別(短繊維熱可塑性プラスチック、長繊維熱可塑性プラスチック、連続繊維熱可塑性プラスチック、ガラスマット熱可塑性プラスチック) ・顧客状況 ・熱可塑性複合材料の世界市場:エンドユーザー別(自動車、建設、風力、その他) ・地域別状況 ・熱可塑性複合材料の世界市場:樹脂タイ …
  • 胸腰椎手術器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、胸腰椎手術器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、胸腰椎手術器具市場規模、手順別(直視下手術、MIS)分析、製品別(インプラント・器具、生物製剤)分析、最終用途別(病院、外来外科センター(ASC))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・胸腰椎手術器具の世界市場概要 ・胸腰椎手術器具の世界市場環境 ・胸腰椎手術器具の世界市場動向 ・胸腰椎手術器具の世界市場規模 ・胸腰椎手術器具の世界市場:業界構造分析 ・胸腰椎手術器具の世界市場:手順別(直視下手術、MIS) ・胸腰椎手術器具の世界市場:製品別(インプラント・器具、生物製剤) ・胸腰椎手術器具の世界市場:最終用途別(病院、外来外科センター(ASC)) ・胸腰椎手術器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・胸腰椎手術器具のアメリカ市場規模・予測 ・胸腰椎手術器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・胸腰椎手術器具のアジア市場規模・予測 ・胸腰椎手術器具の主要国分析 ・胸 …
  • 自動車用アダプティブ緊急ブレーキライトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用アダプティブ緊急ブレーキライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アダプティブ緊急ブレーキライトの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラストップディスプレイフリーザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン製コンドームの世界市場2016-2020:小売店、オンラインショップ
    当調査レポートでは、ポリウレタン製コンドームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリウレタン製コンドームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"