"特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE057)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global specialty chemicals market was valued at $211.2 million in 2018, and is projected to reach $316.5 million by 2026, growing at a CAGR of 5.2% from 2019 to 2026.
Specialty chemicals are particular chemical products that help in providing variety of effects to various industries that they cater to such as textile, ink additives, construction, oil & gas, cosmetics, and food among others. Specialty chemicals can be single-chemical formulations or entities whose composition greatly influences the performance of the customers’ product. These chemicals are used on the basis of their function and performance. Continuous R&D in this market has facilitated development of products with optimum and advanced features. This is one of the major factor that is driving the growth of this market. With rapid industrialization, noticeable demand from Asian countries such as India and China has arisen. There has been rise in investments in construction and infrastructure development projects in Asia-Pacific. This has led to emergence of Asia-Pacific as a favorable destination for the specialty chemical manufacturers and thus, fostered the growth of this market. Whereas, variations in raw material cost and strict regulations by the government are estimated to hamper the growth of the global specialty chemical market.
The global specialty chemicals market is segmented into type and region. Depending on type, the specialty chemicals market is bifurcated into food additives, cosmetic chemicals, water treatment chemicals, paper & pulp chemicals, textile chemicals, construction chemicals, oil field chemicals, and ink additives. Region wise, the specialty chemicals market is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
Key players operating in the global specialty chemicals market are BASF SE, Dow, Inc., Bayer AG, Evonik Industries AG, Lanxess AG, Solvay SA, Clariant AG, Huntsman International LLC, Albemarle Corporation, and Ashland LLC.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The report provides an extensive qualitative and quantitative analysis of the current trends and future estimations of the global specialty chemicals market from 2018 to 2026 to determine the prevailing opportunities.
• A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the growth of the specialty chemicals market is provided.
• Estimations and forecast are based on factors impacting the market growth, in terms of both value and volume.
• Profiles of leading players operating in the specialty chemicals market are provided to understand the global competitive scenario.
• The report provides extensive qualitative insights on the significant segments and regions exhibiting favorable market growth.
KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
 Food additives
 Cosmetic chemicals
 Water treatment chemicals
 Paper & pulp chemicals
 Textile chemicals
 Construction chemicals
 Oil field chemicals
 Ink additives

• By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 Germany
 France
 Italy
 Spain
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Brazil
 Saudi Arabia
 South Africa
 Rest of LAMEA

KEY MARKET PLAYERS
• BASF SE
• Dow, Inc.
• Bayer AG
• Evonik Industries AG
• Lanxess AG
• Solvay SA
• Clariant AG
• Huntsman International LLC
• Albemarle Corporation
• Ashland LLC
The other players operating in the value chain of the global specialty chemicals market are Henkel Ag & Co. KGAA, Merck & Co., Inc. Sasol Limited, Koninklijke DSM N.V., PPG Industries Inc., 3M, H.B. Fuller, and others.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter: 1 Introduction

1.1 Report Description
1.2 Key Market Benefits
1.3 Key Market Segment
1.4 Research Methodology

1.4.1 Secondary Research
1.4.2 Primary Research
1.4.3 Analyst Tools And Models

Chapter: 2 Executive Summary

2.1 Cxo Perspective
2.2 Market Beyond: What To Expect By 2025

2.2.1 Moderate Growth Scenario
2.2.2 Rapid Growth Scenario
2.2.3 Critical Growth Scenario

Chapter: 3 Market Overview

3.1 Market Definition And Scope
3.2 Key Findings

3.2.1 Top Investment Pockets
3.2.2 Top Winning Strategies

3.3 Porters Five Forces Analysis

3.3.1 Low Threat of New Entrants
3.3.2 Medium Threat of Substitutes
3.3.3 Low Bargaining Power of Suppliers
3.3.4 High Bargaining Power of Buyers
3.3.5 Rivalry Amongst Firms

3.4 Market Dynamics

3.4.1 Drivers

3.4.1.1The Emerging Markets of Asia-Pacific Region
3.4.1.2 Constant Focus On Research & Development
3.4.1.3 Rising Population

3.4.2 Restraints

3.4.2.1 Fluctuating Cost of Raw Materials
3.4.2.2 Stringent Regulations Governing The Market

3.4.3 Opportunities

3.4.3.1 Development of Eco-Friendly Products
3.4.3.2 Commercialization And Industrialization of Specialty Chemicals Market

Chapter: 4 World Specialty Chemicals Market, By Type

4.1 Introduction

4.1.1 Market Size And Forecast

4.2 Food Additives

4.2.1 Food Flavors

4.2.1.1 Market Size And Forecast

4.2.2 Hydrocolloids

4.2.2.1 Market Size And Forecast

4.2.3 Flavor Enhancers

4.2.3.1 Market Size And Forecast

4.2.4 Others

4.2.4.1 Market Size And Forecast
4.2.4.2 Emulsifiers
4.2.4.3 Colorants
4.2.4.4 Enzymes
4.2.4.5 Preservatives
4.2.4.6 Antioxidants

4.2.5 Market Size And Forecast

4.3 Cosmetic Chemicals

4.3.1 Emollients, Film Formers, & Moisturizers

4.3.1.1 Market Size And Forecast

4.3.2 Surfactants

4.3.2.1 Market Size And Forecast

4.3.3 Single-Use Additives

4.3.3.1 Market Size And Forecast

4.3.4 Others

4.3.4.1 Market Size And Forecast
4.3.4.2 Thickening Agent
4.3.4.3 Carriers
4.3.4.4 Colorants (Color Additives)
4.3.4.5 Pigments

4.3.5 Market Size And Forecast

4.4 Water Treatment Chemicals

4.4.1 Corrosion & Scale Inhibitor

4.4.1.1 Market Size And Forecast

4.4.2 Biocides & Disinfectants

4.4.2.1 Market Size And Forecast

4.4.3 Coagulants & Flocculants

4.4.3.1 Market Size And Forecast

4.4.4 Activated Carbon

4.4.4.1 Market Size And Forecast

4.4.5 Anti-Foaming Agents

4.4.5.1 Market Size And Forecast

4.4.6 Ph Adjusters & Softeners

4.4.6.1 Market Size And Forecast

4.4.7 Market Size And Forecast

4.5 Textile Chemicals

4.5.1 Colorants & Auxiliaries
4.5.2 Coating & Sizing Chemicals
4.5.3 Finishing Chemicals
4.5.4 Others

4.5.4.1 Surfactants
4.5.4.2 Desizing Agents
4.5.4.3 Bleaching Agents
4.5.4.4 Yarn Lubricants

4.5.5 Market Size And Forecast

4.6 Construction Chemicals

4.6.1 Protective Coatings

4.6.1.1 Market Size And Forecast

4.6.2 Adhesives & Sealants

4.6.2.1 Market Size And Forecast

4.6.3 Concrete Admixtures

4.6.3.1 Market Size And Forecast

4.6.4 Asphalt Additives

4.6.4.1 Market Size And Forecast

4.6.5 Market Size And Forecast

4.7 Paper & Pulp Chemicals

4.7.1 Bleaching & Rcf Chemicals

4.7.1.1 Market Size And Forecast

4.7.2 Process Chemicals

4.7.2.1 Market Size And Forecast

4.7.3 Functional Chemicals

4.7.3.1 Market Size And Forecast

4.7.4 Coating Chemicals

4.7.4.1 Market Size And Forecast

4.7.5 Pigments & Fillers

4.7.5.1 Market Size And Forecast

4.7.6 Market Size And Forecast

4.8 Oil Field Chemicals

4.8.1 Drilling Fluids

4.8.1.1 Market Size And Forecast

4.8.2 Cementing Chemicals

4.8.2.1 Market Size And Forecast

4.8.3 Acidizing Chemicals

4.8.3.1 Market Size And Forecast

4.8.4 Fracturing Chemicals

4.8.4.1 Market Size And Forecast

4.8.5 Oil Production Chemicals

4.8.5.1 Market Size And Forecast

4.8.6 Market Size And Forecast

4.9 Ink Additives

4.9.1 Market Size And Forecast

Chapter: 5 World Specialty Chemicals Market, By Geography

5.1 Introduction

5.1.1 Market Size And Forecast

5.2 North America

5.2.1 Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2 Market Size And Forecast

5.3 Europe

5.3.1 Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.3.2 Market Size And Forecast

5.4 Asia-Pacific

5.4.1 Key Market Trend Growth Factors And Opportunities
5.4.2 Market Size And Forecast

5.5 Lamea

5.5.1 Key Market Trends, Growth Factor And Opportunities
5.5.2 Market Size And Forecast

Chapter: 6 Company Profiles

6.1 Basf Se

6.1.1 Company Overview
6.1.2 Operating Business Segment Overview
6.1.3 Financial Performance
6.1.4 Strategic Moves And Developments
6.1.5 Swot Analysis

6.2 The Dow Chemical Co.

6.2.1 Company Overview
6.2.2 Operating Business Segment Overview
6.2.3 Financial Performance
6.2.4 Swot Analysis

6.3 Bayer Ag

6.3.1 Company Overview
6.3.2 Operating Business Segment Overview
6.3.3 Financial Performance
6.3.4 Strategic Moves And Developments
6.3.5 Swot Analysis

6.4 Akzonobel N.V.

6.4.1 Company Overview
6.4.2 Financial Performance
6.4.3 Strategic Moves And Developments
6.4.4 Swot Analysis of Akzonobel N.V.

6.5 Huntsman Corporation

6.5.1 Company Overview
6.5.2 Financial Performance
6.5.3 Strategic Moves And Developments
6.5.4 Swot Analysis

6.6 Chemtura Corporation

6.6.1 Company Overview
6.6.2 Financial Performance
6.6.3 Strategic Moves And Developments
6.6.4 Swot Analysis of Chemtura Corporation

6.7 Rhodia S.A.

6.7.1 Company Overview
6.7.2 Strategic Moves And Developments
6.7.3 Swot Analysis of Rhodia S.A.

6.8 Clariant Ag

6.8.1 Company Overview
6.8.2 Financial Performance
6.8.3 Strategic Moves And Developments
6.8.4 Swot Analysis of Clariant Ag Company

6.9 Evonik Industries Ag

6.9.1 Company Overview
6.9.2 Financial Performance
6.9.3 Strategic Moves And Developments
6.9.4 Swot Analysis of Evonik

6.10 Novozymes A/S

6.10.1 Company Overview
6.10.2 Financial Performance
6.10.3 Strategic Moves And Developments
6.10.4 Swot Analysis of Novozymes

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)
【発行日】2019年12月31日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE057
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料・化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
特殊化学品の世界市場:種類別(食品添加物、化粧品化学物質、水処理化学物質、繊維化学物質、建設化学物質、紙・パルプ化学物質、油田化学物質、インク添加物)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ジメチルエーテル(DME)の世界市場動向・予測:LPGブレンディング、エアロゾル噴霧剤、輸送燃料
  • 自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ステアリングトルクセンサー市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場概要 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場環境 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場動向 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場規模 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用ステアリングトルクセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ステアリングトルクセンサーのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ステアリングトルクセンサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ステアリングトルクセンサーのアジア市場規模・予測 ・自動車用ステアリングトルクセンサーの主要 …
  • ファイル整合性監視の世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ファイル整合性監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、設置モード別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、ファイル整合性監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 材料試験機の世界市場:万能試験機(UTM)、油圧サーボ式試験機(SHTM)、硬さ試験機(HTM)、衝撃試験機(ITM)
    当調査レポートでは、材料試験機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、材料試験機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小児・整形外科インプラントの北米市場
  • 眼科装置の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、眼科装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 眼科装置市場の概要 3. 眼科装置の世界市場 2016-2026 4. 眼科手術装置市場 2016-2026 5. 眼科ビジョンケア装置市場 2016-2026 6. 眼科診断・モニター装置市場 2016-2026 7. 主要国の眼科装置市場 2016-2026 8. 主要な眼科装置企業 2016 9. 眼科装置市場の定性分析 2016-2026 10. 結論 11. 用語集
  • アナログクロスポイントスイッチの世界市場予測2019-2024
    「アナログクロスポイントスイッチの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、8x8、16x4、16x8、16x16、32x16、32x32、その他など、用途別には、Video Signals、Audio Signals、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アナログクロスポイントスイッチのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アナログクロスポイントスイッチの世界市場概要(サマリー) ・アナログクロスポイントスイッチの企業別販売量・売上 ・アナログクロスポイントスイッチの企業別市場シェア ・アナログクロスポイントスイッチの世界市場規模:種類別(8x8、16x4、16x8、16x16、32x16、32x32、その他) ・アナログクロスポイントスイッチの世界市場規模:用途別(Video Signals、Audio Signals、Other) ・アナログクロスポイントスイッチの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシ …
  • 細胞回収システムの世界市場2014-2025:用途別(臍帯、骨髄、末梢血、脂肪組織)、最終用途別(病院、診療所、研究・開発センター)
    本調査レポートでは、細胞回収システムの世界市場について調査・分析し、細胞回収システムの世界市場動向、細胞回収システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別細胞回収システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • ハイブリッドクラウドサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイブリッドクラウドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッドクラウドサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節リウマチ検査装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、関節リウマチ検査装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・関節リウマチ検査装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・関節リウマチ検査装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・関節リウマチ検査装置の製品パイプライン分析 ・関節リウマチ検査装置の治験動向 ・主要企業分析 ・関節リウマチ検査装置の世界市場規模予測 ・関節リウマチ検査装置の地域別市場規模予測
  • 石油・ガス産業向けモビリティの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向けモビリティの世界市場について調査・分析し、石油・ガス産業向けモビリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:市場動向分析 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:競争要因分析 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの北米市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの欧州市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティのアジア市場規模 ・石油・ガス産業向けモビリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動微生物検査の世界市場2016-2020
  • 歯充填材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯充填材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯充填材市場規模、エンドユーザー別(クリニック、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, COLTENE Group, Danaher, Dentsply Sirona, GC America, Ivoclar Vivadentなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯充填材の世界市場概要 ・歯充填材の世界市場環境 ・歯充填材の世界市場動向 ・歯充填材の世界市場規模 ・歯充填材の世界市場:業界構造分析 ・歯充填材の世界市場:エンドユーザー別(クリニック、病院) ・歯充填材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯充填材の北米市場規模・予測 ・歯充填材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・歯充填材のアジア太平洋市場規模・予測 ・歯充填材の主要国分析 ・歯充填材の世界市場:意思決定フレームワーク ・歯充填材の世界市場:成長要因、課題 ・歯充填材の世界市場:競争環境 …
  • 医療用放射線検出の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、医療用放射線検出の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・医療用放射線検出の世界市場:イントロダクション ・医療用放射線検出の世界市場:市場概観 ・医療用放射線検出の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・医療用放射線検出の世界市場:セグメント別市場分析 ・医療用放射線検出の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:種類別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・医療用放射線検出の世界市場:主要地域別市場分析 ・医療用放射線検出の世界市場:関連企業分析
  • ダイボンダー装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイボンダー装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイボンダー装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙用抗菌コーティング市場規模、原料別(銅、銀、その他)分析、適合別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(宇宙、航空)分析、用途別(航空、宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:市場動向分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:競争要因分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:原料別(銅、銀、その他) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:適合別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:プラットフォーム別(宇宙、航空) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:用途別(航空、宇宙) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:主要地域別分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングのヨーロッ …
  • 遺伝子発現解析の世界市場予測(~2023年)
    遺伝子発現解析の世界市場は、2018年の32億米ドルから2023年には49億米ドルに達し、この期間中に8.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、シークエンシングのコストの低下、技術の進歩、がん患者数の増加、政府の資金提供、新しい技術、遺伝子発現の応用分野の拡大、および遺伝子発現データベースの有用性などが考えれられます。一方で、機器のコストが高く、訓練を受けた専門家が不足していることにより、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、遺伝子発現解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス(消耗品、機器、サービス)分析、エンドユーザー(製薬・バイオテクノロジー企業、研究センター)分析、遺伝子発現解析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節鏡検査の世界市場分析:製品別(電動シェーバーシステム、視覚化システム、流体管理システム、アブレーションシステム、関節鏡、関節鏡インプラント、アクセサリー、使い捨て製品)、用途別(臀部、膝、肩、足と足首、手と手首、肘、スポーツ傷害)、セグメント予測
    本調査レポートでは、関節鏡検査の世界市場について調査・分析し、関節鏡検査の世界市場動向、関節鏡検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別関節鏡検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 双極性障害市場:日本の治療薬市場
  • イタリアの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 世界の整形外科用補綴市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、整形外科用補綴のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・整形外科用補綴の概要 ・整形外科用補綴の開発動向:開発段階別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:セグメント別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:領域別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:規制Path別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別整形外科用補綴の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・整形外科用補綴の最近動向
  • 地理空間情報分析のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、地理空間情報分析のヨーロッパ市場について調査・分析し、地理空間情報分析のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のトースター市場2015
    本調査レポートでは、世界のトースター市場2015について調査・分析し、トースターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:センサー別(レーダー、マイクロ波、赤外線)、ビデオ監視システム別(カメラ、ビデオ管理、ビデオ分析)、警報システム&GPS別、サービス別、用途別(地下鉄&電車)、地域別
    MarketsandMarkets社は、鉄道プラットフォームセキュリティの世界市場規模が2019年17億ドルから2024年23億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。本書は、世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、用途別(地下鉄、電車)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:用途別(地下鉄、電車) ・世界の鉄道プラットフォームセキュリティ市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • てんかん薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、てんかん薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、てんかん薬市場規模、薬物活性スペクトル別(狭いスペクトル、広いスペクトル)分析、病因別分析、発症年齢別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Eisai, GlaxoSmithKline, Novartis, Pfizerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・てんかん薬の世界市場概要 ・てんかん薬の世界市場環境 ・てんかん薬の世界市場動向 ・てんかん薬の世界市場規模 ・てんかん薬の世界市場:業界構造分析 ・てんかん薬の世界市場:薬物活性スペクトル別(狭いスペクトル、広いスペクトル) ・てんかん薬の世界市場:病因別 ・てんかん薬の世界市場:発症年齢別 ・てんかん薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・てんかん薬の北米市場規模・予測 ・てんかん薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・てんかん薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・てんかん薬の主要国分析 ・てんかん薬の世界市場: …
  • 空気清浄システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空気清浄システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気清浄システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空気清浄システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、DAIKIN INDUSTRIES、Honeywell International、Parker Hannifin等です。
  • 紫外線硬化樹脂および配合製品の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、紫外線硬化樹脂および配合製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オリゴ糖の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オリゴ糖の世界市場について調査・分析し、オリゴ糖の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オリゴ糖シェア、市場規模推移、市場規模予測、オリゴ糖種類別分析(イソマルト、ガラクト、フルクト、キシロ、その他)、オリゴ糖用途別分析(飲食料品、健康補助食品、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オリゴ糖の市場概観 ・オリゴ糖のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オリゴ糖のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オリゴ糖の世界市場規模 ・オリゴ糖の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オリゴ糖のアメリカ市場規模推移 ・オリゴ糖のカナダ市場規模推移 ・オリゴ糖のメキシコ市場規模推移 ・オリゴ糖のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オリゴ糖のドイツ市場規模推移 ・オリゴ糖のイギリス市場規模推移 ・オリゴ糖のロシア市場規模推移 ・オリゴ糖のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・オリゴ糖の日本市場規模推 …
  • ガラス欄干装置の世界市場:種類別(構造用ガラス欄干、フレームレスガラス欄干)、用途別(家庭用、商業用)、地域別予測
    本資料は、ガラス欄干装置の世界市場について調べ、ガラス欄干装置の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(構造用ガラス欄干、フレームレスガラス欄干)分析、用途別(家庭用、商業用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDaimler 、Honda、Hyundai、Toyota、Audi、Ballard Power Systems、BMW、Fuel Cell Energy、GM、Hydogenics、MAN、Volvo などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ガラス欄干装置の世界市場概要 ・ガラス欄干装置の世界市場環境 ・ガラス欄干装置の世界市場動向 ・ガラス欄干装置の世界市場規模 ・ガラス欄干装置の世界市場規模:種類別(構造用ガラス欄干、フレームレスガラス欄干) ・ガラス欄干装置の世界市場規模:用途別(家庭用、商業用) ・ガラス欄干装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ガラス欄干装置の北米市場規模・予測 ・ガラス欄干装置のアメリカ市場規模・予測 ・ガラ …
  • Kot Addu Power Company Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ランタイム・アプリケーション・セルフプロテクション(RASP)セキュリティの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲医療機器の北米市場
  • 騒音・振動・ハーシュネス(NVH)試験の世界市場予測(~2022):センサー、トランスデューサー、メーター、アナライザー、ソフトウェア
    当調査レポートでは、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の脊椎手術市場動向(~2021)
  • 自動倉庫システム(ASRS)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 泌尿生殖器薬の世界市場分析:指示薬別(前立腺、卵巣、膀胱、子宮頸がん、勃起不全、尿路感染症、尿失禁およびSTD)、製品別(泌尿器科学、ホルモン療法薬、婦人科、抗感染薬)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、泌尿生殖器薬の世界市場について調査・分析し、泌尿生殖器薬の世界市場動向、泌尿生殖器薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別泌尿生殖器薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サイクリング用ウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サイクリング用ウェアの世界市場について調査・分析し、サイクリング用ウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サイクリング用ウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、サイクリング用ウェア種類別分析(プロフェッショナル向け、アマチュア用)、サイクリング用ウェア用途別分析(男性用、女性用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サイクリング用ウェアの市場概観 ・サイクリング用ウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サイクリング用ウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サイクリング用ウェアの世界市場規模 ・サイクリング用ウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サイクリング用ウェアのアメリカ市場規模推移 ・サイクリング用ウェアのカナダ市場規模推移 ・サイクリング用ウェアのメキシコ市場規模推移 ・サイクリング用ウェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サイクリング用ウェアのドイツ市場規模推移 ・サイクリング用 …
  • ガーナの再生可能エネルギー政策ハンドブック2016
  • 蒸気回収ユニットの世界市場
    当調査レポートでは、蒸気回収ユニットの世界市場について調査・分析し、蒸気回収ユニットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 蒸気回収ユニットの世界市場:市場動向分析 - 蒸気回収ユニットの世界市場:競争要因分析 - 蒸気回収ユニットの世界市場:技術別 ・吸収 ・吸着 ・凝縮 ・膜分離 - 蒸気回収ユニットの世界市場:工程別 ・終了段階 ・開始段階 - 蒸気回収ユニットの世界市場:用途別 ・船舶への積込み ・パイプライン ・鉄道車両への積込み ・貯蔵タンクのベント ・トラックへの積込み ・その他 - 蒸気回収ユニットの世界市場:エンドユーザー別 ・醸造所および食品加工 ・埋立地 ・石油およびガス ・その他 - 蒸気回収ユニットの世界市場:主要地域別分析 - 蒸気回収ユニットの北米市場規模(アメリカ市場等) - 蒸気回収ユニットのヨーロッパ市場規模 - 蒸気回収ユニットのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・蒸気回収ユニットの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、等温核酸増幅技術/INAATの世界市場規模が2019年19億ドルから2024年33億ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(アッセイ・キット・試薬、システム)分析、種類別(転写媒介増幅、ループ媒介等温増幅、鎖置換増幅、ヘリカーゼ依存性増幅、核酸配列ベース増幅、その他の技術)分析、用途別(感染症診断、血液検査、その他の用途)分析、エンドユーザー別(病院、リファレンス研究所、学術研究所、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ・キット・試薬、システム) ・世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:種類別(転写媒介増幅、ループ媒介等温増幅、鎖置換増幅、ヘリカーゼ依存性増幅、核酸配列ベース増幅、その他の技術) ・世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場: …
  • 高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用保護フィルムのアメリカ市場分析
  • クラウドマネージドサービスの世界市場:ビジネスサービス、ネットワークサービス、セキュリティサービス、データセンターサービス、モビリティサービス
    当調査レポートでは、クラウドマネージドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、導入形態別分析、企業サイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業ロボットのアジア太平洋市場
  • 世界の血流測定装置デバイス市場規模・予測2017-2025:商品別(超音波、レーザードップラー)、用途別(侵襲的(CABG、微小血管外科)、非侵襲的用途別(心血管疾患、糖尿病、消化器系、腫瘍モニタリング))、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の血流測定装置デバイス市場について調査・分析し、世界の血流測定装置デバイス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の血流測定装置デバイス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • セイボリースナックの世界市場分析:製品別(ポテトチップ、押出成形技術使用スナック菓子、ナッツ・シード、ポップコーン)、流通経路別(スーパーマーケット、コンビニエンスストア)、風味別(ロースト/トースト、バーベキュー、スパイス、ビーフ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、セイボリースナックの世界市場について調査・分析し、セイボリースナックの世界市場動向、セイボリースナックの世界市場規模、市場予測、セグメント別セイボリースナック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リン酸塩の世界市場:リン酸アンモニウム、リン酸カルシウム、リン酸、リン酸カリウム、トリポリリン酸ナトリウム
    当調査レポートでは、リン酸塩の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、リソース別分析、地域別分析、リン酸塩の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯周炎(Periodontitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における歯周炎(Periodontitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、歯周炎(Periodontitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・歯周炎(Periodontitis)の概要 ・歯周炎(Periodontitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の歯周炎(Periodontitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・歯周炎(Periodontitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)の概要 ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"