"自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE070)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

A self-driving bus is a robotic vehicle designed to travel between destinations without the need of a human operator. It combines sensors and software to control, navigate, and drive and uses LiDAR and RADAR and several other sensors for operation. These self-driving systems create and maintain an internal map of their surroundings, based on a wide array of sensors. Artificial intelligence (AI) software controls all the functionality related to sensors working and RADAR sensor is used to detect obstacles. Such advance technologies helps control these vehicles efficiently. Self-driving buses provide advantages such as reduction in accidents caused due to driver’s error and reduction of hazardous gas (CO2) from vehicles.
The market is anticipated to witness a significant growth over the years, owing to the growth in connected infrastructure for automobile.
The global self-driving bus market is segmented on the basis of level of automation, component, and region. On the basis of level of automation, it is divided into level 3, level 4, and level 5. By component, it is categorized into hardware, software, and services. Region wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
The key players analyzed in the self-driving bus market include AV Volvo, Continental AG, Volkswagen AG, Tesla, Scania AB, Daimler AG, Proterra, Hyundai Motor Company, Hino Motors, Ltd., and Navya.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study presents the analytical depiction of the global self-driving bus market along with the current trends and future estimations to depict the imminent investment pockets.
• The overall market potential is determined to understand the profitable trends to enable stakeholders gain a stronger foothold in the market.
• The report presents information related to key drivers, restraints, and opportunities with a detailed impact analysis.
• The current market is quantitatively analyzed from 2019 to 2026 to highlight the financial competency of the market.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers.

KEY MARKET SEGMENTS
By Level of Automation
o Level 3
o Level 4
o Level 5

By Component
o Hardware
o Software
o Services

By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 Germany
 Russia
 France
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Latin America
 Middle East
 Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Impacting Factors
3.2.2. Top Investment Pockets
3.2.3. Top Winning Strategies

3.3. Porter’S Five Forces Analysis
3.4. Market Share Analysis (2019)
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Reduction In Traffic Congestion Due To Improved Safety
3.5.1.2. Growing Connected Infrastructure

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Manufacturing Cost
3.5.2.2. Data Management Challenges

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Development of Smart Cities.

Chapter 4: Self-Driving Bus Market, By Level of Automation

4.1. Overview
4.2. Level 3

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Level 4

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

4.4. Level 5

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Region
4.4.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Self-Driving Bus Market, By Component

5.1. Overview
5.2. Hardware

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis By Country

5.3. Software

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis By Country

5.4. Services

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis By Country

Chapter 6: Self-Driving Bus Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.3. Market Size And Forecast, By Component
6.2.4. Market Analysis By Country

6.2.4.1. U.S.

6.2.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.2.4.3. Mexico

6.2.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.3. Market Size And Forecast, By Component
6.3.4. Market Analysis By Country

6.3.4.1. Uk

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.2. Germany

6.3.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.3. Russia

6.3.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.4. France

6.3.4.4.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.4.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.5. Rest of Europe

6.3.4.5.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.5.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.3. Market Size And Forecast, By Component
6.4.4. Market Analysis By Country

6.4.4.1. China

6.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.2. Japan

6.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.3. India

6.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.4. Australia

6.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.5. Rest of Asia-Pacific

6.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By Component

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.3. Market Size And Forecast, By Component
6.5.4. Market Analysis By Country

6.5.4.1. Latin America

6.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.5.4.2. Middle East

6.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.5.4.3. Africa

6.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Av Volvo

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Company Snapshot
7.1.3. Operating Business Segments
7.1.4. Business Performance
7.1.5. Key Strategic Moves And Developments

7.2. Continental Ag

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Company Snapshot
7.2.3. Operating Business Segments
7.2.4. Product Portfolio
7.2.5. Business Performance
7.2.6. Key Strategic Moves And Developments

7.3. Volkswagen Ag

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Company Snapshot
7.3.3. Operating Business Segments
7.3.4. Business Performance
7.3.5. Key Strategic Moves And Developments

7.4. Tesla

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Company Snapshot
7.4.3. Operating Business Segments
7.4.4. Product Portfolio
7.4.5. Business Performance

7.5. Scania Ab

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Company Snapshot
7.5.3. Operating Business Segments
7.5.4. Business Performance
7.5.5. Key Strategic Moves And Developments

7.6. Daimler Ag

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Company Snapshot
7.6.3. Operating Business Segments
7.6.4. Business Performance
7.6.5. Key Strategic Moves And Developments

7.7. Proterra

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Company Snapshot
7.7.3. Key Strategic Moves And Developments

7.8. Hyundai Motor Company

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Company Snapshot
7.8.3. Operating Business Segments
7.8.4. Business Performance

7.9. Hino Motors, Ltd.

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Company Snapshot
7.9.3. Business Performance

7.10. Navya

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Company Snapshot
7.10.3. Product Portfolio
7.10.4. Business Performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)
【発行日】2019年12月31日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE070
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のレブリン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のレブリン酸市場2015について調査・分析し、レブリン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 専用工作機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、専用工作機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、専用工作機械の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ナンバー自動読取装置(ANPR)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ナンバー自動読取装置 (ANPR) の世界市場について調査・分析し、自動車ナンバー自動読取装置 (ANPR) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 食品廃棄物処理装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品廃棄物処理装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品廃棄物処理装置市場規模、流通チャネル別(オフライン、オンライン)分析、エンドユーザ―別(商業、住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anaheim Manufacturing Company, Emerson Electric, Franke Management, Haier, Hobart, Whirlpoolなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品廃棄物処理装置の世界市場概要 ・食品廃棄物処理装置の世界市場環境 ・食品廃棄物処理装置の世界市場動向 ・食品廃棄物処理装置の世界市場規模 ・食品廃棄物処理装置の世界市場:業界構造分析 ・食品廃棄物処理装置の世界市場:流通チャネル別(オフライン、オンライン) ・食品廃棄物処理装置の世界市場:エンドユーザ―別(商業、住宅) ・食品廃棄物処理装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品廃棄物処理装置の北米市場 …
  • 産業用保護手袋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用保護手袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用保護手袋の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物性ミルクの世界市場:アーモンドミルク、豆乳、ライスミルク
    当調査レポートでは、植物性ミルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、植物性ミルクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 泌尿器科用機器の世界市場予測(~2022年):内視鏡、ロボット、レーザー、砕石術、透析、尿動態システム、ガイドワイヤー、カテーテル、生検装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、泌尿器科用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、疾患別分析、需要先別分析、地域別分析、泌尿器科用機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メタノールの世界市場:原料(天然ガス、石炭)、誘導体(ホルムアルデヒド、MTO/MTP、ガソリン、MTBE、MMA)、サブ誘導体、産業、地域別分析
    当調査レポートでは、メタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、誘導体別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • 土木用ファスナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、土木用ファスナーの世界市場について調査・分析し、土木用ファスナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別土木用ファスナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、土木用ファスナー種類別分析(ボルト、ナット、その他)、土木用ファスナー用途別分析(ショベルカー、ローダー、ブルドーザー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・土木用ファスナーの市場概観 ・土木用ファスナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・土木用ファスナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・土木用ファスナーの世界市場規模 ・土木用ファスナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・土木用ファスナーのアメリカ市場規模推移 ・土木用ファスナーのカナダ市場規模推移 ・土木用ファスナーのメキシコ市場規模推移 ・土木用ファスナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・土木用ファスナーのドイツ市場規模推移 ・土木用ファスナーのイギリス市場規模推移 ・土木用ファスナー …
  • 化合物半導体の世界市場予測(~2024年)
    化合物半導体の世界市場は、2019年の372億米ドルから2024年には530億米ドルに達し、この期間中7.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、政府およびステークホルダーからの援助資金の増加、半導体業界におけるGaNおよびSiCの需要の増加と導入、LED用途における化合物半導体の多用などが考えられます。一方で、化合物半導体に関連する高い材料費や製造費は市場の成長を妨げる可能性があります。当調査レポートでは、化合物半導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(GaN、GaAs、InP、SiGe、SiC、GaP)分析、製品(LED、RF、オプトエレクトロニクス、パワーエレクトロニクス)分析、用途(テレコム、一般照明、軍用・防衛、データコム、自動車)分析、化合物半導体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • PTFE膜の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PTFE膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PTFE膜の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート農業の世界市場予測(~2023年):精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、農業種類別(精密農業、家畜モニタリング、養殖、スマートグリーンハウス)分析、ハードウェア別(GPS、ドローン、センサー、RFID、LEDライト)分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、スマート農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の解剖器具市場2016
    本調査レポートでは、世界の解剖器具市場2016について調査・分析し、解剖器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈血栓塞栓症(VTE)治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、静脈血栓塞栓症(VTE)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、静脈血栓塞栓症(VTE)治療の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジュアルアナリティクスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビジュアルアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、業務機能別分析、導入方式別分析、地域別分析、ビジュアルアナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 磁気センサーの世界市場
    当調査レポートでは、磁気センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、磁気センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品接触紙の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、食品接触紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品接触紙市場規模、タイプ別(非ポリコーティング、ポリコーティング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品接触紙の世界市場概要 ・食品接触紙の世界市場環境 ・食品接触紙の世界市場動向 ・食品接触紙の世界市場規模 ・食品接触紙の世界市場:業界構造分析 ・食品接触紙の世界市場:タイプ別(非ポリコーティング、ポリコーティング) ・食品接触紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品接触紙の北米市場規模・予測 ・食品接触紙のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食品接触紙のアジア太平洋市場規模・予測 ・食品接触紙の主要国分析 ・食品接触紙の世界市場:意思決定フレームワーク ・食品接触紙の世界市場:成長要因、課題 ・食品接触紙の世界市場:競争環境 ・食品接触紙の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 温室栽培の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、温室栽培の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、温室栽培市場規模、用途別分析、製品別(プラスチック、ガラス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Dalsem, Industries Harnois, Netafim, Richel Group, Ridder, Van der Hoevenなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・温室栽培の世界市場概要 ・温室栽培の世界市場環境 ・温室栽培の世界市場動向 ・温室栽培の世界市場規模 ・温室栽培の世界市場:業界構造分析 ・温室栽培の世界市場:用途別 ・温室栽培の世界市場:製品別(プラスチック、ガラス) ・温室栽培の世界市場:地域別市場規模・分析 ・温室栽培の北米市場規模・予測 ・温室栽培のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・温室栽培のアジア太平洋市場規模・予測 ・温室栽培の主要国分析 ・温室栽培の世界市場:意思決定フレームワーク ・温室栽培の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • カラー被覆鋼の世界市場:種類別(熱延鋼、冷延鋼、直接圧延鋼、鋼管、その他)、製品別、産業別、地域別予測
    本資料は、カラー被覆鋼の世界市場について調べ、カラー被覆鋼の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(熱延鋼、冷延鋼、直接圧延鋼、鋼管、その他)分析、製品別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・カラー被覆鋼の世界市場概要 ・カラー被覆鋼の世界市場環境 ・カラー被覆鋼の世界市場動向 ・カラー被覆鋼の世界市場規模 ・カラー被覆鋼の世界市場規模:種類別(熱延鋼、冷延鋼、直接圧延鋼、鋼管、その他) ・カラー被覆鋼の世界市場規模:製品別 ・カラー被覆鋼の世界市場規模:産業別 ・カラー被覆鋼の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カラー被覆鋼の北米市場規模・予測 ・カラー被覆鋼のアメリカ市場規模・予測 ・カラー被覆鋼のヨーロッパ市場規模・予測 ・カラー被覆鋼のアジア市場規模・予測 ・カラー被覆鋼の日本市場規模・予測 ・カラー被覆鋼の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • データセンターアクセラレーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データセンターアクセラレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、プロセッサーの種類別(CPU、GPU、FPGA、ASIC)分析、タイプ別(HPCアクセラレータ、クラウドアクセラレータ)分析、用途別(ディープラーニングトレーニング、パブリッククラウドインターフェイス、エンタープライズインターフェイス)分析、データセンターアクセラレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウイルスベクターの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ウイルスベクターの世界市場について調べ、ウイルスベクターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウイルスベクターの市場規模をセグメンテーション別(用途別(遺伝子治療、ワクチン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウイルスベクターの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ウイルスベクターの市場状況 ・ウイルスベクターの市場規模 ・ウイルスベクターの市場予測 ・ウイルスベクターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(遺伝子治療、ワクチン) ・ウイルスベクターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 石油・ガス腐食防止の世界市場2017-2021:上流、中流、下流
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、石油・ガス腐食防止の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス腐食防止の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は石油・ガス腐食防止の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Akzo Nobel、BASF、Hempel、The Sherwin-Williams Company等です。
  • 世界のテレビボックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のテレビボックス市場2015について調査・分析し、テレビボックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 被覆布の世界市場予測(~2023年):ポリマー、ゴム、布壁紙
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、被覆布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別(ポリマー、ゴム、布壁紙)分析、用途別(輸送、防護服、工業用、日除け・屋根材・天蓋、家具・椅子張り)分析、被覆布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Alpha-2Aアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAlpha-2Aアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Alpha-2Aアゴニスト(作動薬)の概要 ・Alpha-2Aアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAlpha-2Aアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Alpha-2Aアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Alpha-2Aアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)の概要 ・男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性の性的欲求低下障害(Male Hypoactive Sexual Desire Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 …
  • カーレンタルの欧州市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カーレンタルの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーレンタルの欧州市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はカーレンタルの欧州市場が2017-2021年期間中に年平均17.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Avis Budget、Enterprise、Europcar、Hertz、Sixt等です。
  • カナダの血栓管理装置市場(~2021)
  • ライブセルイメージングの世界市場分析:用途別、技術別(時間経過顕微鏡法、光退色後の蛍光回復、蛍光共鳴エネルギー移動、高含有量スクリーニング)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ライブセルイメージングの世界市場について調査・分析し、ライブセルイメージングの世界市場動向、ライブセルイメージングの世界市場規模、市場予測、セグメント別ライブセルイメージング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スリランカの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • エリアラグ(カーペット)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エリアラグ(カーペット)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エリアラグ(カーペット)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • セレニウムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セレニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セレニウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はセレニウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、American Elements、Hindalco Industries、Mitsubishi Materials Corporation、SUMITOMO METAL MINING、Umicore等です。
  • カルミンの世界市場:用途別(飲料、ベーカリー・菓子類、乳製品・冷凍製品、肉類、油脂)、セグメント予測
    カルミンの世界市場は2025年には2600万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、食品および飲料業界からカルミン独特の赤色が求められていることが考えられます。また、代用品がないことも今後の製品需要を押し上げる要因となるでしょう。本調査レポートでは、カルミンの世界市場について調査・分析し、カルミンの世界市場動向、カルミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別カルミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドネシアのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ベンゼンの世界市場2017-2021:スチレン、クメン、シクロヘキサン、アニリン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベンゼンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンゼンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベンゼンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、ExxonMobil、Reliance Industries Limited、Shell、The Dow Chemical Company等です。
  • 農業用ロボット・ドローンの世界市場予測2019-2024
    「農業用ロボット・ドローンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、マルチローター、固定翼 など、用途別には、Dairy Farms、Organic Farming、Fresh Fruit Harvesting、Crop Protection、Seeding、Nurseries、Data Mapping、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。農業用ロボット・ドローンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・農業用ロボット・ドローンの世界市場概要(サマリー) ・農業用ロボット・ドローンの企業別販売量・売上 ・農業用ロボット・ドローンの企業別市場シェア ・農業用ロボット・ドローンの世界市場規模:種類別(マルチローター、固定翼 ) ・農業用ロボット・ドローンの世界市場規模:用途別(Dairy Farms、Organic Farming、Fresh Fruit Harvesting、Crop Protection、S …
  • アジアの試験測定(T&M)装置市場2015-2019
    当調査レポートでは、アジアの試験測定(T&M)装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジアの試験測定(T&M)装置市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 銀ナノ粒子の世界市場分析:用途別(電子・電気、ヘルスケア、食品・飲料、テキスタイル)、セグメント予測
    本調査レポートでは、銀ナノ粒子の世界市場について調査・分析し、銀ナノ粒子の世界市場動向、銀ナノ粒子の世界市場規模、市場予測、セグメント別銀ナノ粒子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の人工血管開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、人工血管のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工血管の概要 ・人工血管の開発動向:開発段階別分析 ・人工血管の開発動向:セグメント別分析 ・人工血管の開発動向:領域別分析 ・人工血管の開発動向:規制Path別分析 ・人工血管の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工血管の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工血管の最近動向
  • 本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬剤
  • 滅菌サービスの世界市場予測(~2022年):蒸気滅菌、エチレンオキシド滅菌、ガンマ線滅菌、電子線滅菌
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、滅菌サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、方法別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、滅菌サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合脅威管理(UTM)の世界市場見通し2016-2022:マネージドUTM、サポート&メンテナンス
    当調査レポートでは、統合脅威管理(UTM)の世界市場について調査・分析し、統合脅威管理(UTM)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:市場動向分析 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:競争要因分析 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の北米市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の欧州市場規模 ・統合脅威管理(UTM)のアジア市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アメリカの放射線量管理市場
  • 腫瘍アブレーション機器の世界市場
    当調査レポートでは、腫瘍アブレーション機器の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:製品別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:治療別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:用途別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器の世界市場:地域別分析/市場規模 ・腫瘍アブレーション機器のアメリカ市場規模予測 ・腫瘍アブレーション機器のヨーロッパ市場規模予測 ・腫瘍アブレーション機器のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アメリカの屋外用家具市場2017-2021
    当調査レポートでは、アメリカの屋外用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの屋外用家具市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 手術用装置/機器の世界市場分析:縫合材料、外科用ステープラー、携帯式電気手術器
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、手術用装置/機器の世界市場について調査・分析し、手術用装置/機器の世界市場動向、手術用装置/機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別手術用装置/機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、原料別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドロワー冷蔵庫の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドロワー冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドロワー冷蔵庫の世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"