"自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE070)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

A self-driving bus is a robotic vehicle designed to travel between destinations without the need of a human operator. It combines sensors and software to control, navigate, and drive and uses LiDAR and RADAR and several other sensors for operation. These self-driving systems create and maintain an internal map of their surroundings, based on a wide array of sensors. Artificial intelligence (AI) software controls all the functionality related to sensors working and RADAR sensor is used to detect obstacles. Such advance technologies helps control these vehicles efficiently. Self-driving buses provide advantages such as reduction in accidents caused due to driver’s error and reduction of hazardous gas (CO2) from vehicles.
The market is anticipated to witness a significant growth over the years, owing to the growth in connected infrastructure for automobile.
The global self-driving bus market is segmented on the basis of level of automation, component, and region. On the basis of level of automation, it is divided into level 3, level 4, and level 5. By component, it is categorized into hardware, software, and services. Region wise, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.
The key players analyzed in the self-driving bus market include AV Volvo, Continental AG, Volkswagen AG, Tesla, Scania AB, Daimler AG, Proterra, Hyundai Motor Company, Hino Motors, Ltd., and Navya.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• This study presents the analytical depiction of the global self-driving bus market along with the current trends and future estimations to depict the imminent investment pockets.
• The overall market potential is determined to understand the profitable trends to enable stakeholders gain a stronger foothold in the market.
• The report presents information related to key drivers, restraints, and opportunities with a detailed impact analysis.
• The current market is quantitatively analyzed from 2019 to 2026 to highlight the financial competency of the market.
• Porter’s five forces analysis illustrates the potency of the buyers and suppliers.

KEY MARKET SEGMENTS
By Level of Automation
o Level 3
o Level 4
o Level 5

By Component
o Hardware
o Software
o Services

By Region
o North America
 U.S.
 Canada
 Mexico
o Europe
 UK
 Germany
 Russia
 France
 Rest of Europe
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
 Latin America
 Middle East
 Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Impacting Factors
3.2.2. Top Investment Pockets
3.2.3. Top Winning Strategies

3.3. Porter’S Five Forces Analysis
3.4. Market Share Analysis (2019)
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Reduction In Traffic Congestion Due To Improved Safety
3.5.1.2. Growing Connected Infrastructure

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Manufacturing Cost
3.5.2.2. Data Management Challenges

3.5.3. Opportunities

3.5.3.1. Development of Smart Cities.

Chapter 4: Self-Driving Bus Market, By Level of Automation

4.1. Overview
4.2. Level 3

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By Region
4.2.3. Market Analysis By Country

4.3. Level 4

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By Region
4.3.3. Market Analysis By Country

4.4. Level 5

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By Region
4.4.3. Market Analysis By Country

Chapter 5: Self-Driving Bus Market, By Component

5.1. Overview
5.2. Hardware

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2. Market Size And Forecast, By Region
5.2.3. Market Analysis By Country

5.3. Software

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.3.2. Market Size And Forecast, By Region
5.3.3. Market Analysis By Country

5.4. Services

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
5.4.2. Market Size And Forecast, By Region
5.4.3. Market Analysis By Country

Chapter 6: Self-Driving Bus Market, By Region

6.1. Overview
6.2. North America

6.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.2.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.3. Market Size And Forecast, By Component
6.2.4. Market Analysis By Country

6.2.4.1. U.S.

6.2.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.2.4.2. Canada

6.2.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.2.4.3. Mexico

6.2.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.2.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3. Europe

6.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.3.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.3. Market Size And Forecast, By Component
6.3.4. Market Analysis By Country

6.3.4.1. Uk

6.3.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.2. Germany

6.3.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.3. Russia

6.3.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.4. France

6.3.4.4.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.4.2. Market Size And Forecast, By Component

6.3.4.5. Rest of Europe

6.3.4.5.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.3.4.5.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4. Asia-Pacific

6.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.4.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.3. Market Size And Forecast, By Component
6.4.4. Market Analysis By Country

6.4.4.1. China

6.4.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.2. Japan

6.4.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.3. India

6.4.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.4. Australia

6.4.4.4.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.4.2. Market Size And Forecast, By Component

6.4.4.5. Rest of Asia-Pacific

6.4.4.5.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.4.4.5.2. Market Size And Forecast, By Component

6.5. Lamea

6.5.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities
6.5.2. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.3. Market Size And Forecast, By Component
6.5.4. Market Analysis By Country

6.5.4.1. Latin America

6.5.4.1.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.4.1.2. Market Size And Forecast, By Component

6.5.4.2. Middle East

6.5.4.2.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.4.2.2. Market Size And Forecast, By Component

6.5.4.3. Africa

6.5.4.3.1. Market Size And Forecast, By Level of Automation
6.5.4.3.2. Market Size And Forecast, By Component

Chapter 7: Company Profiles

7.1. Av Volvo

7.1.1. Company Overview
7.1.2. Company Snapshot
7.1.3. Operating Business Segments
7.1.4. Business Performance
7.1.5. Key Strategic Moves And Developments

7.2. Continental Ag

7.2.1. Company Overview
7.2.2. Company Snapshot
7.2.3. Operating Business Segments
7.2.4. Product Portfolio
7.2.5. Business Performance
7.2.6. Key Strategic Moves And Developments

7.3. Volkswagen Ag

7.3.1. Company Overview
7.3.2. Company Snapshot
7.3.3. Operating Business Segments
7.3.4. Business Performance
7.3.5. Key Strategic Moves And Developments

7.4. Tesla

7.4.1. Company Overview
7.4.2. Company Snapshot
7.4.3. Operating Business Segments
7.4.4. Product Portfolio
7.4.5. Business Performance

7.5. Scania Ab

7.5.1. Company Overview
7.5.2. Company Snapshot
7.5.3. Operating Business Segments
7.5.4. Business Performance
7.5.5. Key Strategic Moves And Developments

7.6. Daimler Ag

7.6.1. Company Overview
7.6.2. Company Snapshot
7.6.3. Operating Business Segments
7.6.4. Business Performance
7.6.5. Key Strategic Moves And Developments

7.7. Proterra

7.7.1. Company Overview
7.7.2. Company Snapshot
7.7.3. Key Strategic Moves And Developments

7.8. Hyundai Motor Company

7.8.1. Company Overview
7.8.2. Company Snapshot
7.8.3. Operating Business Segments
7.8.4. Business Performance

7.9. Hino Motors, Ltd.

7.9.1. Company Overview
7.9.2. Company Snapshot
7.9.3. Business Performance

7.10. Navya

7.10.1. Company Overview
7.10.2. Company Snapshot
7.10.3. Product Portfolio
7.10.4. Business Performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)
【発行日】2019年12月31日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE070
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動運転バスの世界市場:自動化レベル別(レベル3、レベル4、レベル5)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 屈折計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屈折計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屈折計市場規模、製品別(可搬型、卓上型)分析、エンドユーザー別(飲食料品、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、A.KRÜSS Optronic, AMETEK, ATAGO, METTLER TOLEDO, MISCO Refractometer, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屈折計の世界市場概要 ・屈折計の世界市場環境 ・屈折計の世界市場動向 ・屈折計の世界市場規模 ・屈折計の世界市場:業界構造分析 ・屈折計の世界市場:製品別(可搬型、卓上型) ・屈折計の世界市場:エンドユーザー別(飲食料品、医薬品、その他) ・屈折計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屈折計の北米市場規模・予測 ・屈折計のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屈折計のアジア太平洋市場規模・予測 ・屈折計の主要国分析 ・屈折計 …
  • サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘビーデューティーピックアップトラック市場規模、技術別(非電気、電気)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場概要 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場環境 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場動向 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場規模 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場:業界構造分析 ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場:技術別(非電気、電気) ・ヘビーデューティーピックアップトラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘビーデューティーピックアップトラックのアメリカ市場規模・予測 ・ヘビーデューティーピックアップトラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヘビーデューティーピックアップトラックのアジア市場規模・予測 …
  • 業務用ポテトフライヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用ポテトフライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ポテトフライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キャップとクロージャーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、キャップとクロージャーの世界市場について調査・分析し、キャップとクロージャーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - キャップとクロージャーの世界市場:市場動向分析 - キャップとクロージャーの世界市場:競争要因分析 - キャップとクロージャーの世界市場:製品の種類別 ・プラスチック製キャップ・クロージャー ・金属製キャップ・クロージャー ・その他 - キャップとクロージャーの世界市場:材料別 ・金属 ・プラスチック ・ゴム・コルク ・その他 - キャップとクロージャーの世界市場:用途別 ・調剤 ・飲料 ・製造 ・食品 ・パーソナルケア・ホームケア ・その他 - キャップとクロージャーの世界市場:包装の種類別 ・クラウン ・キャップ クロージャー ・その他 - キャップとクロージャーの世界市場:主要地域別分析 - キャップとクロージャーの北米市場規模(アメリカ市場等) - キャップとクロージャーのヨーロッパ市場規模 - キャップとクロージャーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • 産業用ジャガイモ選別機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用ジャガイモ選別機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ジャガイモ選別機市場規模、製品別(サイズ選別機、重量選別機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場概要 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場環境 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場動向 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場規模 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場:業界構造分析 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場:製品別(サイズ選別機、重量選別機) ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ジャガイモ選別機のアメリカ市場規模・予測 ・産業用ジャガイモ選別機のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用ジャガイモ選別機のアジア市場規模・予測 ・産業用ジャガイモ選別機の主要国分析 ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用ジャガイモ選別機の世界市場:成長要因、課題 ・産業用ジャガイ …
  • 世界のクロム金属粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロム金属粉市場2016について調査・分析し、クロム金属粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用インターネット(IIoT)の世界市場分析:コンポーネント別(ソリューション、サービス、プラットフォーム)、エンドユーザー別(製造、エネルギー・電力、石油・ガス、ヘルスケア、物流・輸送、農業)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、工業用インターネット(IIoT)の世界市場について調査・分析し、工業用インターネット(IIoT)の世界市場動向、工業用インターネット(IIoT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用インターネット(IIoT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場について調査・分析し、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオハザード対策用キャビネット(BSC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)種類別分析(Class II Type A、 Class II Type B、Class III Type)、バイオハザード対策用キャビネット(BSC)用途別分析(製薬工場、病院、疾病予防管理、学術研究、その他(食品検査、化学))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の市場概観 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の世界市場規模 ・バイオハザード対策用キャビネット(BSC)の北米市場 …
  • 中国の歯科診断及び手術装置市場
    当調査レポートでは、中国の歯科診断及び手術装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の歯科診断及び手術装置市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の胃運動機能障害(Gastric Motility Disorder)治療薬剤
  • カリクレイン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカリクレイン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カリクレイン阻害剤の概要 ・カリクレイン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカリクレイン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カリクレイン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カリクレイン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマート教室用書画カメラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート教室用書画カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート教室用書画カメラの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事衛星の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事衛星の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ラックアンドピニオンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、産業用ラックアンドピニオンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ラックアンドピニオン市場規模、用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング )分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場概要 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場環境 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場動向 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場規模 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:業界構造分析 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング ) ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ラックアンドピニオンの北米市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのアジア太平洋市場規模・予測 ・産 …
  • ゼオライトの世界市場分析:製品別(天然、合成)、用途別(触媒、吸着剤、洗剤増強剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ゼオライトの世界市場について調査・分析し、ゼオライトの世界市場動向、ゼオライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゼオライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ESD(静電気放電)パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ESD(静電気放電)パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ESD(静電気放電)パッケージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチパラメータ患者モニタリング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔用気管内チューブ(ETT)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の頭蓋内圧モニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の頭蓋内圧モニタ市場2015について調査・分析し、頭蓋内圧モニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オレオレジンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、オレオレジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、由来別(パプリカ、トウガラシ、種子スパイス、ウコン、ハーブ、ジンジャー、シナモン&カッシア)分析、用途別(食品および飲料、医薬品および栄養補助食品、パーソナルケア製品、飼料)分析、抽出プロセス別分析、オレオレジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オレオレジンの世界市場規模が2019年12億ドルから2025年17億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 非侵襲的出生前検査の世界市場分析:妊娠期間別(0-12週、13-24週、25-36週)、妊娠リスクレベル別、(高リスク – 平均リスク、低リスク)、地域別(アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、中国、ブラジル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、非侵襲的出生前検査の世界市場について調査・分析し、非侵襲的出生前検査の世界市場動向、非侵襲的出生前検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別非侵襲的出生前検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用ワークフォース管理システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用ワークフォース管理システムの世界市場について調査・分析し、医療用ワークフォース管理システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用ワークフォース管理システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用ワークフォース管理システム種類別分析()、医療用ワークフォース管理システム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用ワークフォース管理システムの市場概観 ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用ワークフォース管理システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用ワークフォース管理システムの世界市場規模 ・医療用ワークフォース管理システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用ワークフォース管理システムのアメリカ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのカナダ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのメキシコ市場規模推移 ・医療用ワークフォース管理システムのヨーロッパ市 …
  • 体重減量及び体重管理ダイエットの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、体重減量及び体重管理ダイエットの世界市場について調査・分析し、体重減量及び体重管理ダイエットの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 乳製品用殺菌機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、乳製品用殺菌機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳製品用殺菌機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は乳製品用殺菌機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Dion Engineering、GEA Group、Krones、SPX FLOW、Tetra Pak International等です。
  • モバイルビデオ監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モバイルビデオ監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供形態別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、モバイルビデオ監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のアクリル酸市場(~2019)
  • 世界のアブレーション装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、アブレーション装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アブレーション装置の概要 ・アブレーション装置の開発動向:開発段階別分析 ・アブレーション装置の開発動向:セグメント別分析 ・アブレーション装置の開発動向:領域別分析 ・アブレーション装置の開発動向:規制Path別分析 ・アブレーション装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別アブレーション装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・アブレーション装置の最近動向
  • 動物用診断の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、動物用診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物用診断市場規模、製品別(機器、消耗品、その他)分析、動物の種別(家畜、コンパニオンアニマル)分析、技術別(検尿、血液学、分子診断、臨床生化学、免疫診断)分析、エンドユーザー別(研究機関・大学、ポイントオブケア・社内検査、動物病院・診療所、獣医学研究所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 動物用診断の世界市場:市場動向分析 ・ 動物用診断の世界市場:競争要因分析 ・ 動物用診断の世界市場:製品別(機器、消耗品、その他) ・ 動物用診断の世界市場:動物の種別(家畜、コンパニオンアニマル) ・ 動物用診断の世界市場:技術別(検尿、血液学、分子診断、臨床生化学、免疫診断) ・ 動物用診断の世界市場:エンドユーザー別(研究機関・大学、ポイントオブケア・社内検査、動物病院・診療所、獣医学研究所) ・ 動物用診断の世界市場:主要地域別分析 ・ 動物用診断の北米市場規模(アメリ …
  • 日本の感染症検査市場動向(~2021)
  • 尿路感染症(UTI)治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、尿路感染症(UTI)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、尿路感染症(UTI)治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は尿路感染症(UTI)治療の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Merck, • Bayer,• Johnson & Johnson,• Novartis等です。
  • イタリアの股関節再建市場動向(~2021)
  • 医薬品包装機械の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医薬品包装機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品包装機械市場規模、包装種類別(一次包装機械、二次包装機械、ラベリング・シリアライゼーション機器)分析、製品別(液体包装用機器、固体包装用機器、半固体包装用機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医薬品包装機械の世界市場:市場動向分析 ・ 医薬品包装機械の世界市場:競争要因分析 ・ 医薬品包装機械の世界市場:包装種類別(一次包装機械、二次包装機械、ラベリング・シリアライゼーション機器) ・ 医薬品包装機械の世界市場:製品別(液体包装用機器、固体包装用機器、半固体包装用機器、その他) ・ 医薬品包装機械の世界市場:主要地域別分析 ・ 医薬品包装機械の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 医薬品包装機械のヨーロッパ市場規模 ・ 医薬品包装機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医薬品包装機械の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • オンショア風力発電システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、オンショア風力発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンショア風力発電システム市場規模、技術別(風力タービン、T&D、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンショア風力発電システムの世界市場概要 ・オンショア風力発電システムの世界市場環境 ・オンショア風力発電システムの世界市場動向 ・オンショア風力発電システムの世界市場規模 ・オンショア風力発電システムの世界市場:業界構造分析 ・オンショア風力発電システムの世界市場:技術別(風力タービン、T&D、その他) ・オンショア風力発電システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンショア風力発電システムの北米市場規模・予測 ・オンショア風力発電システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オンショア風力発電システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・オンショア風力発電システムの主要国分析 ・オンショア風力発電システムの世界市場:意思決定フレー …
  • アクリル酸の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、アクリル酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクリル酸市場規模、誘導体別(アクリルポリマー、アクリルエステル、その他)分析、エンドユーザー別(おむつ、界面活性剤・凝集剤、表面コート剤、水処理、接着剤・シール剤、織物、有機化学、水ろ過、パーソナルケア製品、洗剤、超吸収性ポリマー(SAP))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ アクリル酸の世界市場:市場動向分析 ・ アクリル酸の世界市場:競争要因分析 ・ アクリル酸の世界市場:誘導体別(アクリルポリマー、アクリルエステル、その他) ・ アクリル酸の世界市場:エンドユーザー別(おむつ、界面活性剤・凝集剤、表面コート剤、水処理、接着剤・シール剤、織物、有機化学、水ろ過、パーソナルケア製品、洗剤、超吸収性ポリマー(SAP)) ・ アクリル酸の世界市場:主要地域別分析 ・ アクリル酸の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ アクリル酸のヨーロッパ市場規模 ・ アクリル酸のアジ …
  • 水質モニタリング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水質モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水質モニタリング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 解剖テーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、解剖テーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、解剖テーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 海底用断熱材の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、海底用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海底用断熱材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は海底用断熱材の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Dow Corning、SHAWCOR、The Dow Chemical、Trelleborg等です。
  • 肥料散布機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、肥料散布機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、肥料散布機の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は肥料散布機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AGCO、CNH Industrial、CLAAS、Deere & Company等です。
  • ハイドロ・フライヤーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハイドロ・フライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイドロ・フライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はハイドロ・フライヤーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DEFY WaterFlight、FlyDive、Stratospheric Industries、Zapata等です。
  • 健康自然食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、健康自然食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、健康自然食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場予測(~2023年):ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンジニアリングプラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、PET・PBT、POM、フルオロポリマー)分析、最終用途産業(自動車・輸送、電気・電子、工業・機械、包装、民生機器)分析、エンジニアリングプラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗料保護フィルムの世界市場分析:用途別(自動車、電気・電子、航空宇宙・防衛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、塗料保護フィルムの世界市場について調査・分析し、塗料保護フィルムの世界市場動向、塗料保護フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別塗料保護フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レチノールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レチノールの世界市場について調査・分析し、レチノールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レチノールシェア、市場規模推移、市場規模予測、レチノール種類別分析()、レチノール用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レチノールの市場概観 ・レチノールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レチノールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レチノールの世界市場規模 ・レチノールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レチノールのアメリカ市場規模推移 ・レチノールのカナダ市場規模推移 ・レチノールのメキシコ市場規模推移 ・レチノールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レチノールのドイツ市場規模推移 ・レチノールのイギリス市場規模推移 ・レチノールのロシア市場規模推移 ・レチノールのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・レチノールの日本市場規模推移 ・レチノールの中国市場規模推移 ・レチノー …
  • メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メタロセンポリエチレン(mPE)市場規模、種類別(メタロセン高密度ポリエチレン(mHDPE)、メタロセン線状低密度ポリエチレン(mLLDPE)、その他)分析、用途別(押し出しコーティング、シート、射出成形、フィルム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:市場動向分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:競争要因分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:種類別(メタロセン高密度ポリエチレン(mHDPE)、メタロセン線状低密度ポリエチレン(mLLDPE)、その他) ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:用途別(押し出しコーティング、シート、射出成形、フィルム、その他) ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:主要地域別分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE …
  • 局所鎮痛剤の世界市場
    本資料は、局所鎮痛剤の世界市場について調べ、局所鎮痛剤の世界規模、市場動向、市場環境、治療クラス別(非麻薬様物質、、麻薬様物質)分析、種類別(処方箋鎮痛剤、店頭(OTC)鎮痛剤)分析、剤型別(クリーム、ジェル、スプレー、パッチ、その他)分析、流通経路別(薬局&ドラッグストア、E-コマース、小売&食料雑貨店)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはATC、Tyco、Econolite、Kyosan、Fama、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・局所鎮痛剤の世界市場概要 ・局所鎮痛剤の世界市場環境 ・局所鎮痛剤の世界市場動向 ・局所鎮痛剤の世界市場規模 ・局所鎮痛剤の世界市場規模:治療クラス別(非麻薬様物質、、麻薬様物質) ・局所鎮痛剤の世界市場規模:種類別(処方箋鎮痛剤、店頭(OTC)鎮痛剤) ・局所鎮痛剤の世界市場規模:剤型別(クリーム、ジェル、スプレー、パッチ、その他) ・局所鎮痛剤の世界市場規模:流通経路別(薬局&ドラッグストア、E-コマース …
  • ハンガリーの電気生理装置市場見通し
  • 心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の概要 ・心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心血管危険因子(C …
  • UAV(ドローン)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、UAV(ドローン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV(ドローン)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 大腸癌治療薬の世界市場予測・分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"