"ビチューメンのインド市場:種類別(舗装用ビチューメン、酸化ビチューメン、ポリマー改質ビチューメン、ビチューメンエマルジョン、その他)、最終用途産業別(道路建設、防水、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE073)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ビチューメンのインド市場:種類別(舗装用ビチューメン、酸化ビチューメン、ポリマー改質ビチューメン、ビチューメンエマルジョン、その他)、最終用途産業別(道路建設、防水、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The India bitumen market was valued at $2.8 billion in 2018, and is projected to reach $3.6 billion by 2026, growing at a CAGR of 2.8% from 2019 to 2026.

Bitumen is an oil-based substance and semi-solid hydrocarbon product produced by removing the lighter fractions (such as liquid petroleum gas, petrol, and diesel) from heavy crude oil during the refining process. Composition of bitumen includes carbon (87-92%), hydrogen (6-8%), sulphur (~5%), nitrogen (1%), and oxygen (1%). It possesses physical properties such as adhesion, water resistance, hardness, and viscosity.

Increase in road construction activities fuels the demand for bitumen. Bitumen is processed into asphalt for road construction. Asphalt is a mixture of rock aggregates and bitumen. Bitumen serves as a binding agent and improves the stability of asphalt. Depending on the type of bitumen or composition of the mixture used, asphalt roads can be made suitable for regions with different climatic conditions or various levels of operational demands. Asphalt is also used for airport runways, parking decks, and working areas in ports. In addition, India’s recent passed budget includes expenditure on development of National Highways, including projects relating to expressways, two-laning of highways, under the National Highways Development Project, six-laning of crowded stretches of the Golden Quadrilateral, a special program for the development of road connectivity in Naxal affected areas, development of Vijayawada—Ranchi road, and for providing last mile connectivity, which is anticipated to drive the growth of India bitumen market. Furthermore, bitumen adhesive is widely used in the construction industry for roofs. It is a cold applied adhesive for bonding bituminous roofing felts to asphalt, felt, metal, and concrete. Bitumen adhesive has physical properties that includes toughness, flexibility, and forms adhesive and cohesive film and provides good UV resistance. Owing to growth in construction industry due to rapid urbanization and launch of government initiatives such as “Housing for All” that includes construction of houses for urban poor is expected to drive the growth of the bitumen market across the country.

However, human health & environmental issues associated with bitumen, fluctuating international crude oil prices, and increase in use of an alternative for bitumen such as concrete in roadway construction application restrain the growth of the market across the India. Moreover, development of bio-based bitumen and EME (Enrobés á Module Elevé) binder is anticipated to provide lucrative opportunities for further development of the market.

The India bitumen market covered in the study includes paving grade bitumen, oxidized bitumen, polymer modified bitumen, and bitumen emulsions. By end-use industry, the market is classified into road construction (airports & runways and highways & express ways), waterproofing, and others. Region-wise, it is analyzed across North India (Uttar Pradesh, Rajasthan, Punjab, Haryana, rest of North India (Himachal Pradesh, Uttarakhand, Chandigarh, and Delhi)), East India (Bihar, Jharkhand, West Bengal, Odisha, and Andaman & Nicobar), Northeast India (Arunachal Pradesh, Assam, Tripura, Meghalaya, and rest of Northeast (Sikkim, Nagaland, and Mizoram)), and South India (Tamil Nadu, Karnataka, Andhra Pradesh, Telangana, Kerala, and rest of South India (Lakshadweep and Puducherry)), and West India (Maharashtra, Gujarat, Madhya Pradesh, Chhattisgarh, rest of West India (Goa, Dadra & Nagar Haveli, and Daman & Diu).

The major key players operating in the India bitumen market include Indian Oil Corporation Ltd., Hindustan Petroleum Corporation Limited, Bharat Petroleum Corporation Ltd., Oil & Natural Gas Corporation Ltd., Total India, Tiki Tar Industries India Ltd., Agarwal Industries Corporation Ltd., Juno Bitumix Pvt. Ltd., Universal Bituminous Industries Pvt. Ltd., and Swastik Tar Industries.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• Porter’s five forces analysis helps analyze the potential of the buyers & suppliers and the competitive scenario of the industry for strategy building.
• It outlines the current trends and future estimations of the market from 2019 to 2026 to understand the prevailing opportunities and potential investment pockets.
• The major countries in the region have been mapped according to their individual revenue contribution to the regional market.
• The key drivers, restraints, and opportunities and their detailed impact analysis are elucidated in the study.
• The profiles of key players along with their key strategic developments are enlisted in the report.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
• Paving Grade Bitumen
• Oxidized Bitumen
• Polymer Modified Bitumen
• Bitumen Emulsion
• Others

• By End-Use Industry
• Road Construction
o National Highways
o State Highways
o Rural Road
o Airport Runways
• Waterproofing
• Others

• By Region
• North India
o Uttar Pradesh
o Rajasthan
o Punjab
o Haryana
o Rest of North India
• East India
o Bihar
o Jharkhand
o West Bengal
o Odisha
o Andaman & Nicobar
• Northeast India
o Arunachal Pradesh
o Assam
o Tripura
o Meghalaya
o Rest of East India
• South India
o Tamil Nadu
o Karnataka
o Andhra Pradesh
o Telangana
o Kerala
o Rest of South India
• West India
o Maharashtra
o Gujarat
o Madhya Pradesh
o Chhattisgarh
o Rest of West India


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"ビチューメンのインド市場:種類別(舗装用ビチューメン、酸化ビチューメン、ポリマー改質ビチューメン、ビチューメンエマルジョン、その他)、最終用途産業別(道路建設、防水、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Key Findings

2.2.1. Top Investment Pockets

2.3. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Market Share Analysis, 2018 (Top Consumers Revenue Shares)
3.3. Key Forces Shaping India Bitumen Market
3.4. Pricing Analysis

3.4.1. Pricing Structure/Discount
3.4.2. Pricing Waterfall Across Entire Value Chain

3.5. Value Chain Analysis

3.5.1. List of Traders/Distributors/Commission Agents, By Key States
3.5.2. List of End-Users, By Key States

3.6. Impact of Government Regulations On India Bitumen Market
3.7. Bitumen Storage Trends And Analysis – Cost Structure/Norms of Storage
3.8. Data of Bulk/Drum Bitumen-Demand/Volume And Market
3.9. Approval Process For Bitumen
3.10. Patent Analysis

3.10.1. By Region, 2012–2018
3.10.2. By Applicant, 2012–2018

3.11. Market Dynamics

3.11.1. Drivers

3.11.1.1. Increasing Road Development Activities
3.11.1.2. Growth In Construction Industry
3.11.1.3. Rising Demand For Adhesives

3.11.2. Restraints

3.11.2.1. Health Issues Associated With Bitumen
3.11.2.2. Increase In Use of Bitumen Alternatives In Roadway Application
3.11.2.3. Fluctuating Crude Oil Prices

3.11.3. Opportunities

3.11.3.1. Development of Bio-Based Bitumen
3.11.3.2. Development of Eme (Enrobés Á Module Elevé) Binder

3.11.4. Parent Market Overview

Chapter 4: India Bitumen Market, By Type

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Paving Grade Bitumen

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.2.2. Market Size And Forecast, By State
4.2.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
4.2.4. Market Share Analysis, By State

4.3. Oxidized Bitumen

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.3.2. Market Size And Forecast, By State
4.3.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
4.3.4. Market Share Analysis, By State

4.4. Polymer Modified Bitumen

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.4.2. Market Size And Forecast, By State
4.4.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
4.4.4. Market Share Analysis, By State

4.5. Bitumen Emulsion

4.5.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.5.2. Market Size And Forecast, By State
4.5.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
4.5.4. Market Share Analysis, By State

4.6. Others

4.6.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
4.6.2. Market Size And Forecast, By State
4.6.3. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
4.6.4. Market Share Analysis, By State

Chapter 5: India Bitumen Market, By End-Use Industry

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Road Construction

5.2.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.2.2. Market Share Analysis, By State
5.2.3. Market Size And Forecast, By Road Type

5.2.3.1. National Highways
5.2.3.2. State Highways
5.2.3.3. Rural Roads
5.2.3.4. Airport Runways

5.2.4. Market Share Analysis, By State

5.3. Water Proofing

5.3.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.3.2. Market Share Analysis, By State
5.3.3. Market Share Analysis, By State

5.4. Others

5.4.1. Key Market Trends, Growth Factors And Opportunities
5.4.2. Market Share Analysis, By State
5.4.3. Market Share Analysis, By State

Chapter 6: India Bitumen Market, By Region

6.1. Overview

6.1.1. Market Size And Forecast

6.2. North India

6.2.1. Market Size And Forecast, By Type
6.2.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.2.3. Market Share Analysis, By State

6.3. East India

6.3.1. Market Size And Forecast, By Type
6.3.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.3.3. Market Share Analysis, By State

6.4. Northeast India

6.4.1. Market Size And Forecast, By Type
6.4.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.4.3. Market Share Analysis, By State

6.5. South India

6.5.1. Market Size And Forecast, By Type
6.5.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.5.3. Market Share Analysis, By State

6.6. West India

6.6.1. Market Size And Forecast, By Type
6.6.2. Market Size And Forecast, By End-Use Industry
6.6.3. Market Share Analysis, By State

Chapter 7: Competitive Landscape

7.1. Introduction

7.1.1. Market Player Positioning, 2018

7.2. Product Mapping of Top 10 Player
7.3. Competitive Heatmap
7.4. Key Developments

7.4.1. Expansions
7.4.2. Other Developments

Chapter 8: Company Profiles:

8.1. Indian Oil Corporation Ltd.

8.1.1. Company Overview
8.1.2. Company Snapshot
8.1.3. Operating Business Segments
8.1.4. Product Portfolio
8.1.5. Business Performance
8.1.6. Key Strategic Moves And Developments

8.2. Hindustan Petroleum Corporation Ltd.

8.2.1. Company Overview
8.2.2. Company Snapshot
8.2.3. Operating Business Segments
8.2.4. Product Portfolio
8.2.5. Business Performance
8.2.6. Key Strategic Moves And Developments

8.3. Bharat Petroleum Corporation Ltd. (Bpcl)

8.3.1. Company Overview
8.3.2. Company Snapshot
8.3.3. Operating Business Segments
8.3.4. Product Portfolio
8.3.5. Business Performance

8.4. Oil & Natural Gas Corporation (Ongc)

8.4.1. Company Overview
8.4.2. Company Snapshot
8.4.3. Operating Business Segments
8.4.4. Product Portfolio
8.4.5. Business Performance

8.5. Total Sa

8.5.1. Company Overview
8.5.2. Company Snapshot
8.5.3. Operating Business Segments
8.5.4. Product Portfolio
8.5.5. Business Performance

8.6. Tiki Tar Industries India Ltd.

8.6.1. Company Overview
8.6.2. Company Snapshot
8.6.3. Product Portfolio
8.6.4. Key Strategic Moves And Developments

8.7. Agarwal Industrial Corporation Ltd.

8.7.1. Company Overview
8.7.2. Company Snapshot
8.7.3. Operating Business Segments
8.7.4. Product Portfolio
8.7.5. Business Performance

8.8. Juno Bitumix Pvt. Ltd.

8.8.1. Company Overview
8.8.2. Company Snapshot
8.8.3. Product Portfolio

8.9. Universal Bituminous Industries Pvt. Ltd.

8.9.1. Company Overview
8.9.2. Company Snapshot
8.9.3. Product Portfolio

8.10. Swastik Tar Industries

8.10.1. Company Overview
8.10.2. Company Snapshot
8.10.3. Product Portfolio

8.11. Other Key Players Profile

8.11.1. Key Player Snapshot

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ビチューメンのインド市場:種類別(舗装用ビチューメン、酸化ビチューメン、ポリマー改質ビチューメン、ビチューメンエマルジョン、その他)、最終用途産業別(道路建設、防水、その他)
【発行日】2019年12月16日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE073
【対象地域】インド
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料・化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ビチューメンのインド市場:種類別(舗装用ビチューメン、酸化ビチューメン、ポリマー改質ビチューメン、ビチューメンエマルジョン、その他)、最終用途産業別(道路建設、防水、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高性能計算の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、高性能計算の世界市場について調査・分析し、高性能計算の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・高性能計算の世界市場:市場動向分析 ・高性能計算の世界市場:競争要因分析 ・高性能計算の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・高性能計算の世界市場:産業分野別分析/市場規模 ・高性能計算の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・高性能計算の世界市場:サーバー価格帯別分析/市場規模 ・高性能計算の世界市場:展開形式別分析/市場規模 ・高性能計算の世界市場:地域別分析/市場規模 ・高性能計算の北米市場規模・分析 ・高性能計算の欧州市場・分析 ・高性能計算のアジア市場・分析 ・高性能計算の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 心房細動治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、心房細動治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心房細動の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・心房細動の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・心房細動治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・心房細動治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・心房細動治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・心房細動治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 推進装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、推進装置の世界市場規模が2017年2610.0億ドルから2026年5438.0億ドルまで年平均8.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、推進装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、推進装置市場規模、種類別(経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、戦術的無人航空機、ミニ・マイクロ無人航空機、中高度長耐久無人機)分析、用途別(無人航空機、宇宙船、ミサイル、航空機、鉄道)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 推進装置の世界市場:市場動向分析 ・ 推進装置の世界市場:競争要因分析 ・ 推進装置の世界市場:種類別(経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、戦術的無人航空機、ミニ・マイクロ無人航空機、中高度長耐久無人機) ・ 推進装置の世界市場:用途別(無人航空機、宇宙船、ミサイル、航空機、鉄道) ・ 推進装置の世界市場:主要地域別分析 ・ 推進装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 推進装置のヨーロッパ市場規模 …
  • 建築用膜の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築用膜の世界市場について調査・分析し、建築用膜の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築用膜シェア、市場規模推移、市場規模予測、建築用膜種類別分析(ポリエステル布、ガラス布、ETFEシーティング、その他)、建築用膜用途別分析(引張建築、テント、日よけ・サンスクリーン、印刷、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築用膜の市場概観 ・建築用膜のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築用膜のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築用膜の世界市場規模 ・建築用膜の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築用膜のアメリカ市場規模推移 ・建築用膜のカナダ市場規模推移 ・建築用膜のメキシコ市場規模推移 ・建築用膜のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・建築用膜のドイツ市場規模推移 ・建築用膜のイギリス市場規模推移 ・建築用膜のロシア市場規模推移 ・建築用膜のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界の髄膜炎菌性コンジュゲート市場2016
    本調査レポートでは、世界の髄膜炎菌性コンジュゲート市場2016について調査・分析し、髄膜炎菌性コンジュゲートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸素テント市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸素テント市場2016について調査・分析し、酸素テントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グラフ分析の世界市場予測:コンポーネント別、組織規模別、用途別、業種別
    MarketsandMarkets社は、グラフ分析の世界市場規模が2019年584百万ドルから2024年2522百万ドルまで年平均34.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、グラフ分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、組織規模別分析、用途別(ルート最適化&不正検出)分析、業種別(ヘルスケア&ライフサイエンス、輸送&物流、およびBFSI)分析、グラフ分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳がん治療の世界市場
    当調査レポートでは、乳がん治療の世界市場について調査・分析し、乳がん治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ラウリル硫酸ナトリウムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ラウリル硫酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラウリル硫酸ナトリウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はラウリル硫酸ナトリウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、Huntsman International、Solvay、Stepan等です。
  • 民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、民間航空機用インタフェース装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、民間航空機用インタフェース装置市場規模、用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機)分析、航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場概要 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場環境 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場動向 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場規模 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:業界構造分析 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・民間航空機用インタフェ …
  • ブロノポールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ブロノポールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロノポールの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコーキングガン市場2016
    本調査レポートでは、世界のコーキングガン市場2016について調査・分析し、コーキングガンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の油圧ディスクブレーキウインチ市場2019
    本調査レポートでは、世界の油圧ディスクブレーキウインチ市場2019について調査・分析し、油圧ディスクブレーキウインチの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、油圧ディスクブレーキウインチのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、油圧ディスクブレーキウインチメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・油圧ディスクブレーキウインチの市場概要 ・油圧ディスクブレーキウインチの上流・下流市場分析 ・油圧ディスクブレーキウインチのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・油圧ディスクブレーキウインチのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・油圧ディスクブレーキウインチのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・油圧ディスクブレーキウインチのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・油圧ディスクブレーキウインチの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・油圧ディスクブレーキウインチ …
  • 心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の概要 ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心室性不整脈(Ventricular Arrhythmia)治療薬の評価    …
  • 中国のLSZHケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のLSZHケーブル市場2015について調査・分析し、LSZHケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業におけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、石油・ガス産業におけるAI(人工知能)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、機能別分析、地域別分析、石油・ガス産業におけるAI(人工知能)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 球技用バッグの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、球技用バッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、球技用バッグ市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・球技用バッグの世界市場概要 ・球技用バッグの世界市場環境 ・球技用バッグの世界市場動向 ・球技用バッグの世界市場規模 ・球技用バッグの世界市場:業界構造分析 ・球技用バッグの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・球技用バッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・球技用バッグの北米市場規模・予測 ・球技用バッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・球技用バッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・球技用バッグの主要国分析 ・球技用バッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・球技用バッグの世界市場:成長要因、課題 ・球技用バッグの世界市場:競争環境 ・球技用バッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界主要国におけるエンクロージャエアコン市場2018-2023
    本調査レポートでは、エンクロージャエアコンの世界市場について調査・分析し、エンクロージャエアコンの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(熱電式エンクロージャエアコン、コンプレッサー式エンクロージャエアコン、空調付き電撃防止エンクロージャ)、用途別市場規模(電子産業、軍用、食品・飲料、排水設備、発電所、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、エンクロージャエアコンの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・エンクロージャエアコンの世界市場概要 ・エンクロージャエアコンの企業別市場シェア ・エンクロージャエアコンの地域別市場規模 ・エンクロージャエアコンの種類別市場規模(熱電式エンクロージャエアコン、コンプレッサー式エンクロージャエアコン、空調付き電撃防止エンクロージャ) ・エンクロージャエアコンの用途別市場規模(電子産業、軍 …
  • 生鮮食料品の海上輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生鮮食料品の海上輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食料品の海上輸送の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は生鮮食料品の海上輸送の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• C.H. Robinson• CMA CGM• KUEHNE + NAGEL• Maersk Line• MSC (Mediterranean Shipping Company)等です。
  • 種子脱穀機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、種子脱穀機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子脱穀機市場規模、製品別(ディスク式、インパクト式)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・種子脱穀機の世界市場概要 ・種子脱穀機の世界市場環境 ・種子脱穀機の世界市場動向 ・種子脱穀機の世界市場規模 ・種子脱穀機の世界市場:業界構造分析 ・種子脱穀機の世界市場:製品別(ディスク式、インパクト式) ・種子脱穀機の世界市場:用途別 ・種子脱穀機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・種子脱穀機のアメリカ市場規模・予測 ・種子脱穀機のヨーロッパ市場規模・予測 ・種子脱穀機のアジア市場規模・予測 ・種子脱穀機の主要国分析 ・種子脱穀機の世界市場:意思決定フレームワーク ・種子脱穀機の世界市場:成長要因、課題 ・種子脱穀機の世界市場:競争環境 ・種子脱穀機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 電気殺虫器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気殺虫器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気殺虫器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロボット掃除機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロボット掃除機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット掃除機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フランスの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 世界のイースト・ベータ・グルカン市場2015
    本調査レポートでは、世界のイースト・ベータ・グルカン市場2015について調査・分析し、イースト・ベータ・グルカンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヒュームドシリカの世界市場予測(~2022年):親水性フュームドシリカ、疎水性フュームドシリカ
    当調査レポートでは、ヒュームドシリカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ヒュームドシリカの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンベヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のコンベヤー市場2015について調査・分析し、コンベヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるレストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)の概要 ・レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のレストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レストレスレッグス …
  • ガイドワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ガイドワイヤーの世界市場:原材料別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーのアメリカ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのヨーロッパ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • スマートシティの世界市場:ビジネス要因、技術、企業動向、ソリューション
  • カナダの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • o-キシレンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、o-キシレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、o-キシレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はo-キシレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Braskem、Formosa Chemicals & Fibre、Reliance Industries、Royal Dutch Shell、US Petrochemical等です。
  • マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 建築用石材の世界市場:建設用骨材、天然石
    当調査レポートでは、建築用石材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築用石材の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クメンの世界市場分析:生産別(ゼオライト、固体リン酸、塩化アルミニウム)、用途別(フェノール、アセトン)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、クメンの世界市場について調査・分析し、クメンの世界市場動向、クメンの世界市場規模、市場予測、セグメント別クメン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポーランドのオーソバイオロジクス市場見通し
  • オンデマンド交通の世界市場:サービスタイプ別(オンライン配車、レンタカー、カーシェアリング)、車両タイプ別(四輪車、マイクロモビリティ)、セグメント予測
    オンデマンド交通の世界市場は2025年には3049億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率19.8%で成長すると予測されています。スマートフォンやコネクテッドビークルの普及に伴い、オンライン配送サービス、カーシェアリング、レンタカー、ステーションベース型モビリティサービスといったオンデマンド交通サービスの利用が増えています。こういったサービスにより、ユーザーはUberやGettなどのモバイルアプリを利用してタクシーの事前予約、予約変更、または予約キャンセルが可能です。本調査レポートでは、オンデマンド交通の世界市場について調査・分析し、オンデマンド交通の世界市場動向、オンデマンド交通の世界市場規模、市場予測、セグメント別オンデマンド交通市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、推進力別分析、用途別(建設、鉱業、農業)分析、電池種類別分析、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オフハイウェイ電気自動車(EV)の世界市場規模が2019年49億ドルから2027年298億ドルまで年平均25.2%成長すると予測しています。
  • クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クライオクーラー(極低温冷凍機)市場規模、種類別(ギフォード・マクマホン冷凍機、パルス管冷凍機、スターリング冷凍機、その他)分析、産業別(航空宇宙・防衛、エネルギー、治金、半導体、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場概要 ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場環境 ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場動向 ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場規模 ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場:業界構造分析 ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場:種類別(ギフォード・マクマホン冷凍機、パルス管冷凍機、スターリング冷凍機、その他) ・クライオクーラー(極低温冷凍機)の世界市場:産業別(航空宇宙・防衛、エネルギー、治金、半導体、医療) ・クライオクーラー(極低温冷凍機 …
  • FMCG(日用品)包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FMCG(日用品)包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FMCG(日用品)包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レジオネラ検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場予測:CM別、CRM別、エンドユーザー別
    MarketsandMarkets社は、心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場規模が2019年207億ドルから2024年250億ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、CM別(ECG、ILR、イベントモニター、MCT)分析、CRM別(除細動器(ICD(CRT D)、外部除細動器(AED))、ペースメーカー(CRT P、デュアルチャンバーペースメーカー))分析、エンドユーザー別(病院)分析、心臓モニタリング&心調律管理デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の環境衛生・安全市場規模・予測2017-2025:商品別(ソフトウェア、サービス)、用途別(医療・医薬品廃棄物管理、産業用廃棄物管理、廃水管理)、エンドユーズ別、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の環境衛生・安全市場について調査・分析し、世界の環境衛生・安全市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の環境衛生・安全関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 含浸用樹脂の世界市場予測(~2023年)
    含浸用樹脂の世界市場は、2018年の15億米ドルから2023年には20億米ドルに達し、この期間中6.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車産業の技術的進歩、ならびに送配電網の強化および近代化が考えれられます。一方で、原材料価格の変動や溶剤系樹脂の効率低下などにより、市場の成長は抑制されています。含浸樹脂の製造に使用される原料のほとんどは石油製品です。これらの原材料の価格は、最近5年ぶりの安値を記録し、結果として市場の成長に影響を与えました。当調査レポートでは、含浸用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(無溶剤系、溶剤系)分析、用途(モーター・発電機、家電製品、トランス、自動車部品)分析、含浸用樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場:製品別(医療用・人工装具、繊維、シート、ロッド)、用途別
    本調査レポートでは、超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場動向、超高分子ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別超高分子ポリエチレン(UHMWPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 固定工具インサートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、固定工具インサートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固定工具インサートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫組織化学の世界市場予測(~2021):抗体、試薬、キット、スライド染色装置、組織マイクロアレイ
    当調査レポートでは、免疫組織化学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫組織化学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の呼吸モニタリング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の呼吸モニタリング装置市場2015について調査・分析し、呼吸モニタリング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロピペット市場2016
    本調査レポートでは、世界のマイクロピペット市場2016について調査・分析し、マイクロピペットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"