"バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE074)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Armenia banking market was valued at $519 million in 2018, and is expected to reach $996 million by 2026, registering a CAGR of 8.5% from 2019-2026. A bank is a financial institution licensed to accept deposits from the public and create credit in the market. The banking system operates into corporate banking, retail banking, investment banking, wholesale banking, and other such banking segments globally. It provides various products and services such as wealth management, credit and cash management, currency exchange, and other financial transactions and services in the industry. The banking system is highly regulated in most of the countries, responsible for ensuring financial stability and protecting depositors’ funds, regulate exchange rates to control inflation, and other such allied activities in the banking sector.

In Armenia, Central Bank of Armenia (CBA) is a single regulator responsible for the protection of consumer rights and other activities in the financial system of the country. The banking system is the biggest part of the financial market and is highly dominated by banks that account for 88% of the total assets of the system. It has 17 commercial banks operating in the Republic of Armenia, and all commercial banks are currently participating in exchange trading of Armenia.

Rise in adoption and implementation of digital banking technologies in the international financial system boosts the growth of the Armenian banking sector in the market. Moreover, continuous growth of small- and medium-sized enterprises (SMEs) in Armenia leads to large-scale financing and lending to SMEs in comparison with other countries, which in turn fuels the growth of the banking sector in the country. However, the financial sector is characterized by high dollarization at around 60%, which is one of the highest in the region. This financial dollarization of banks’ assets and liabilities leads to large scale foreign exchange and refinancing risks, which is expected to hamper the market growth. On the contrary, the country is set to introduce Basel III, providing an opportunity for banks to maintain capital buffers to cover bank losses during financial instability, and execute their existing offerings in the market. In addition, the liquidity rates of the banking system continue to stay high, providing an opportunity for banks to serve customers at the expense of liquidity means in the country.

The Armenia banking market is segmented on the basis of sector and type. On the basis of sector, it is segmented into retail banking, corporate banking, and investment banking. By type, it is bifurcated into closed joint-stock company (CJSC) and open joint-stock company (OJSC).

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 The study provides an in-depth analysis of the Armenia banking market share with the current trends and future estimations of the market.
 A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the market size is provided.
 A comprehensive quantitative analysis is provided from 2019 to 2026 to assist market stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
 An extensive analysis of the key segments of the industry helps understand the market trends.
 The key players and their strategies are provided to understand the competitive outlook of the market forecast.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Sector
o Retail Banking
o Corporate Banking
o Investment Banking

• By Type
o Closed Joint-Stock Company (CJSC)
o Open Joint-Stock Company (OJSC)
KEY PLAYERS PROFILED
• Ameriabank CJSC
• ARARATBANK OJSC
• ArmSwissBank CJSC
• Converse Bank CJSC
• HSBC Armenia
• ID Bank
• ACBA-CREDIT AGRICOLE BANK CJSC
• ArmBusinessBank CJSC
• Ardshinbank CJSC
• Inecobank CJSC
The other players in the market include (profiles not included in the report) the following:

• UniBank OJSC
• VTB Bank Armenia CJSC
• Artsakhbank CJSC
• Evocabank CJSC
• Mellat Bank CJSC


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments

1.3.1. List of Key Players Profiled In The Report

1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Winning Strategies, 2018

3.3. Top Player Positioning, 2018
3.4. Porter’S Five Forces Analysis
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Robust Economic Growth
3.5.1.2. Increase In Small And Medium-Sized Enterprises (Smes)
3.5.1.3. Rise In Development of Digital Banking

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Dollarization

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Expansion of Products And Services

3.5.4. Impact Analyses

Chapter 4: Armenia Banking Market, By Sector

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Retail Banking

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.3. Corporate Banking

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.4. Investment Banking

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

Chapter 5: Armenia Banking Market, By Type

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Closed Joint-Stock Company (Cjsc)
5.3. Open Joint-Stock Company (Ojsc)

Chapter 6: Company Profiles

6.1. Ameriabank Cjsc

6.1.1. Company Overview
6.1.2. Company Snapshot
6.1.3. Product Portfolio
6.1.4. Key Strategic Moves And Developments

6.2. Araratbank Ojsc

6.2.1. Company Overview
6.2.2. Company Snapshot
6.2.3. Product Portfolio
6.2.4. Key Strategic Moves And Developments

6.3. Armswissbank Cjsc

6.3.1. Company Overview
6.3.2. Company Snapshot
6.3.3. Product Portfolio

6.4. Converse Bank Cjsc

6.4.1. Company Overview
6.4.2. Company Snapshot
6.4.3. Product Portfolio
6.4.4. Key Strategic Moves And Developments

6.5. Hsbc Armenia

6.5.1. Company Overview
6.5.2. Company Snapshot
6.5.3. Product Portfolio
6.5.4. Key Strategic Moves And Developments

6.6. Id Bank

6.6.1. Company Overview
6.6.2. Company Snapshot
6.6.3. Product Portfolio
6.6.4. Key Strategic Moves And Developments

6.7. Acba-Credit Agricole Bank Cjsc

6.7.1. Company Overview
6.7.2. Company Snapshot
6.7.3. Product Portfolio

6.8. Armbusinessbank Cjsc

6.8.1. Company Overview
6.8.2. Company Snapshot
6.8.3. Product Portfolio

6.9. Ardshinbank Cjsc

6.9.1. Company Overview
6.9.2. Company Snapshot
6.9.3. Product Portfolio
6.9.4. Key Strategic Moves And Developments

6.10. Inecobank Cjsc

6.10.1. Company Overview
6.10.2. Company Snapshot
6.10.3. Product Portfolio
6.10.4. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])
【発行日】2019年12月17日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE074
【対象地域】アルメニア
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】金融
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 種子処理の世界市場:種類別(殺虫剤、殺菌剤、ノンケミカル)、作物種類別(トウモロコシ、大豆、小麦、キャノーラ、綿)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、種子処理の世界市場について調査・分析し、種子処理の世界市場動向、種子処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別種子処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のジヒドロキシ銅市場2015
    本調査レポートでは、世界のジヒドロキシ銅市場2015について調査・分析し、ジヒドロキシ銅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 空カプセルの世界市場・産業予測2016-2026
    当調査レポートでは、空カプセルの世界市場について調査・分析し、空カプセルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 空カプセル市場の概要 3. 空カプセルの世界市場2016-2026 4. 原料種類別の空カプセル世界市場予測2016-2026 5. 治療用途別の空カプセル世界市場予測2016-2026 6. 需要先別の空カプセル世界市場予測2016-2026 7. 主要国市場2016-2026 8. 空カプセル市場における主要企業 9. 空カプセルの世界市場シェア分析 10. 結論
  • スポーツ用品向け複合材料の世界市場2017-2021:炭素繊維、ガラス繊維、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スポーツ用品向け複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、スポーツ用品向け複合材料の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスポーツ用品向け複合材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDuPont、Hexion、SGL Group、TOPKEY、TORAY INDUSTRIES等です。
  • 工作機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工作機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工作機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 吸着剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、吸着剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、吸着剤市場規模、製品別(ゼオライトベース、活性炭ベース、シリカゲルベース、活性アルミナベース、その他)分析、アプリケーション別(プロセス産業、水処理、空気分離、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・吸着剤の世界市場概要 ・吸着剤の世界市場環境 ・吸着剤の世界市場動向 ・吸着剤の世界市場規模 ・吸着剤の世界市場:業界構造分析 ・吸着剤の世界市場:製品別(ゼオライトベース、活性炭ベース、シリカゲルベース、活性アルミナベース、その他) ・吸着剤の世界市場:アプリケーション別(プロセス産業、水処理、空気分離、その他) ・吸着剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・吸着剤の北米市場規模・予測 ・吸着剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・吸着剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・吸着剤の主要国分析 ・吸着剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・吸着剤の世界市場:成長要 …
  • パキスタンの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 油圧アキュムレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、油圧アキュムレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油圧アキュムレータの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 消泡剤(塗料添加物)の世界市場予測(~2021年):シリコーン系消泡剤、鉱油系消泡剤、植物油系消泡剤、水性消泡剤、ポリマー系消泡剤
    当調査レポートでは、消泡剤(塗料添加物)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、消泡剤(塗料添加物)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマウスウォッシュ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマウスウォッシュ市場2015について調査・分析し、マウスウォッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の外傷固定市場動向(~2021)
  • クリーンルーム技術の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(HVAC、HEPAフィルター、エアシャワー、アパレル、手袋、真空システム、消毒剤)分析、建設別(ドライウォール、ハードウォール、ソフトウォール)分析、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、病院)分析、クリーンルーム技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリーンルーム技術の世界市場規模が2019年57億ドルから2024年79億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • リチウム化合物の世界市場:炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム金属、ブチルリチウム
    当調査レポートでは、リチウム化合物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、誘導体別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用燃料電池の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用燃料電池の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用燃料電池の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Dynad International、PowerCell Sweden、Serenergy、Toshiba等です。
  • 医療用ガスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のテレビ・ビデオサービス市場: 地上波、衛星、ケーブル、IPTV、DVD、ブルーレイ、VoD
  • BFS(成形同時充填)製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BFS(成形同時充填)製品の世界市場について調査・分析し、BFS(成形同時充填)製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BFS(成形同時充填)製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、BFS(成形同時充填)製品種類別分析(PE、PP、その他)、BFS(成形同時充填)製品用途別分析(製薬、飲食料品、化粧品・パーソナルケア、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BFS(成形同時充填)製品の市場概観 ・BFS(成形同時充填)製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BFS(成形同時充填)製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BFS(成形同時充填)製品の世界市場規模 ・BFS(成形同時充填)製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BFS(成形同時充填)製品のアメリカ市場規模推移 ・BFS(成形同時充填)製品のカナダ市場規模推移 ・BFS(成形同時充填)製品のメキシコ市場規模推移 ・BFS(成形同時充填)製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • 自動車ブレーキ装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車ブレーキ装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、ZF Friedrichshafen、WABCO、Brembo等です。
  • 建設用ガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設用ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用ガラスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 弾性波センサの世界市場予測(~2023年):弾性表面波センサ、バルク弾性波センサ
    当調査レポートでは、弾性波センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、デバイス別分析、感知要素別分析、産業別分析、弾性波センサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業オートメーションにおける仮想化技術市場規模、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場概要 ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場環境 ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場動向 ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場規模 ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場:業界構造分析 ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・工業オートメーションにおける仮想化技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業オートメーションにおける仮想化技術のアメリカ市場規模・予測 ・工業オートメーションにおける仮想化技術のヨーロッパ市場規模・予測 ・工業オートメ …
  • 世界の抗菌コーティング市場:抗菌性粉末コーティング、表面修飾・コーティング
  • 世界の免疫化学分析装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、免疫化学分析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・免疫化学分析装置の概要 ・免疫化学分析装置の開発動向:開発段階別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:セグメント別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:領域別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:規制Path別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別免疫化学分析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・免疫化学分析装置の最近動向
  • 自動試験装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動試験装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動試験装置市場規模、エンドユーザ―別(家電、通信、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADVANTEST, Anritsu, National Instruments, ROHDE&SCHWARZ, Teradyneなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動試験装置の世界市場概要 ・自動試験装置の世界市場環境 ・自動試験装置の世界市場動向 ・自動試験装置の世界市場規模 ・自動試験装置の世界市場:業界構造分析 ・自動試験装置の世界市場:エンドユーザ―別(家電、通信、航空宇宙・防衛、その他) ・自動試験装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動試験装置の北米市場規模・予測 ・自動試験装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動試験装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動試験装置の主要国分析 ・自動試験装置の世界市場:意思決定フレームワ …
  • 世界の包装ライススナック市場:製品別、地域別
    本調査レポートは包装ライススナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ライスケーキ、ライスクラッカー、ライスクッキー、ライスビスケット、ライスチップス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・包装ライススナックの世界市場:製品別(ライスケーキ、ライスクラッカー、ライスクッキー、ライスビスケット、ライスチップス) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • デジタルレンディングプラットフォームの世界市場予測(~2023年)
    デジタルレンディングプラットフォームの世界市場は、2018年の51億米ドルから2023年には121億米ドルに達し、この期間中18.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマートフォンやモバイルデバイスが急増していること、企業が顧客エクスペリエンスを向上させるための金融サービスのデジタル化に注力していることなどが考えれられます。一方で、先進国ではデジタルリテラシーが欠如しており、高度なサイバー攻撃を受けてデータセキュリティおよびプライバシーに対する懸念が高まっているため、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、デジタルレンディングプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション(融資の組成、意思決定の自動化、ポートフォリオ管理、リスク・コンプライアンス管理、融資管理、ビジネスプロセス管理)分析、サービス分析、導入モード分析、産業分析、デジタルレンディングプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお …
  • イェルバマテ茶の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、イェルバマテ茶の世界市場について調べ、イェルバマテ茶の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、イェルバマテ茶の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はイェルバマテ茶の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・イェルバマテ茶の市場状況 ・イェルバマテ茶の市場規模 ・イェルバマテ茶の市場予測 ・イェルバマテ茶の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・イェルバマテ茶の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のプルラン市場2015
    本調査レポートでは、世界のプルラン市場2015について調査・分析し、プルランの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タワークレーンの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、タワークレーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タワークレーンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯内療法の世界市場予測(~2022年):スケーラー、アペックスロケーター、モーター、ハンドピース、レーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、歯内療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、消耗品別分析、需要先別分析、地域別分析、歯内療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フラットパネルディスプレイの世界市場:技術別(OLED、量子ドット、LED、LCD、その他)、用途別(スマートフォン&タブレット、スマートウェアラブル、テレビ&デジタルサイネージ、PC&ラップトップ、車両ディスプレイ、その他)、業種別(ヘルスケア、小売、BFSI、 軍事および防衛、自動車、その他)
    当調査レポートでは、フラットパネルディスプレイの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、用途別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フラットパネルディスプレイの世界市場:技術別(OLED、量子ドット、LED、LCD、その他) ・フラットパネルディスプレイの世界市場:用途別(スマートフォン&タブレット、スマートウェアラブル、テレビ&デジタルサイネージ、PC&ラップトップ、車両ディスプレイ、その他) ・フラットパネルディスプレイの世界市場:業種別(ヘルスケア、小売、BFSI、 軍事および防衛、自動車、その他) ・フラットパネルディスプレイの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • ソナー(SONAR)システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ソナー(SONAR)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソナー(SONAR)システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 米国の心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 世界の大豆外皮市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆外皮市場2015について調査・分析し、大豆外皮の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 疲労(Fatigue):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における疲労(Fatigue)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、疲労(Fatigue)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・疲労(Fatigue)の概要 ・疲労(Fatigue)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の疲労(Fatigue)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・疲労(Fatigue)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・疲労(Fatigue)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の塩素アルカリ市場2015
    本調査レポートでは、世界の塩素アルカリ市場2015について調査・分析し、塩素アルカリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エビ養殖飼料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エビ養殖飼料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エビ養殖飼料市場規模、種類別(育成期飼料、成体期飼料、初期試料)分析、成分別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エビ養殖飼料の世界市場概要 ・エビ養殖飼料の世界市場環境 ・エビ養殖飼料の世界市場動向 ・エビ養殖飼料の世界市場規模 ・エビ養殖飼料の世界市場:業界構造分析 ・エビ養殖飼料の世界市場:種類別(育成期飼料、成体期飼料、初期試料) ・エビ養殖飼料の世界市場:成分別 ・エビ養殖飼料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エビ養殖飼料の北米市場規模・予測 ・エビ養殖飼料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エビ養殖飼料のアジア太平洋市場規模・予測 ・エビ養殖飼料の主要国分析 ・エビ養殖飼料の世界市場:意思決定フレームワーク ・エビ養殖飼料の世界市場:成長要因、課題 ・エビ養殖飼料の世界市場:競争環境 ・エビ養殖飼料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の概要 ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウイルス性結膜炎(Viral Conjunctivitis)治療薬の評価    …
  • 産業用冷凍の世界市場:提供品別(産業用冷却装置&構成要素)、構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他)、冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他)、用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、家禽、魚、乳製品、アイスクリーム、飲料、化学薬品、医薬品、その他)、種類別(定置式冷凍&輸送用冷凍)
    本調査レポートでは、産業用冷凍の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供品別(産業用冷却装置&構成要素)分析、構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他)分析、冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他)分析、用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、家禽、魚、乳製品、アイスクリーム、飲料、化学薬品、医薬品、その他)分析、種類別(定置式冷凍&輸送用冷凍)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・産業用冷凍の世界市場:提供品別(産業用冷却装置&構成要素) ・産業用冷凍の世界市場:構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他) ・産業用冷凍の世界市場:冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他) ・産業用冷凍の世界市場:用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、家禽、魚、乳製品、アイスクリーム、飲料、化学薬品、医薬品、その他) ・産 …
  • 自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の多段式消火ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の多段式消火ポンプ市場2015について調査・分析し、多段式消火ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフィットネスアプリ市場:性別、用途別、地域別
    本調査レポートはフィットネスアプリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(ライフスタイルモニタリング、ヘルスモニタリング、その他)分析、顧客状況、地域別状況、性別(女性、男性)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・フィットネスアプリの世界市場:用途別(ライフスタイルモニタリング、ヘルスモニタリング、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・フィットネスアプリの世界市場:性別(女性、男性) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 乗務員管理システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、乗務員管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、アプリケーション別分析、システム別分析、デバイス別分析、地域別分析、乗務員管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用複合材の世界市場予測(~2023年):金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、船舶用複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材)分析、船舶タイプ(モーターボート、ヨット、クルーズ船)分析、船舶用複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC薬(一般用医薬品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTC薬(一般用医薬品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTC薬(一般用医薬品)の世界市場規模及び予測、種類別分析、治療クラス別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プレミアムアイスクリームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プレミアムアイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレミアムアイスクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプレミアムアイスクリームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amorino• Gelato Italia• Nestlé• R&R Ice Cream• Unilever等です。
  • キノコの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キノコの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キノコの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ解析の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビデオ解析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビデオ解析市場規模、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(物流・輸送、小売・消費財、製造、教育、トラフィック管理、防衛・国境警備、ホスピタリティ・エンターテインメント、重要インフラ、銀行・金融サービス・保険、都市監視、政府、エネルギー・ユーティリティー、医療、住宅、商業・産業、その他)分析、種類別(サービス、ソフトウェア)分析、用途別(顔認識/検出、侵入管理、ナンバープレート認識、人数計測、動作検知、ビデオインデックス作成、インシデント検出、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビデオ解析の世界市場:市場動向分析 ・ ビデオ解析の世界市場:競争要因分析 ・ ビデオ解析の世界市場:導入タイプ別(クラウド、オンプレミス) ・ ビデオ解析の世界市場:エンドユーザー別(物流・輸送、小売・消費財、製造、教育、トラフィック管理、防衛・国境警備、ホス …
  • バイオガス・バイオメタンの世界市場:種類別(発酵、気化)、用途別(発電、自動車、家庭用)、地域別予測
    本資料は、バイオガス・バイオメタンの世界市場について調べ、バイオガス・バイオメタンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(発酵、気化)分析、用途別(発電、自動車、家庭用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGasrec Ltd.、EnviTech Biogas AG、Planet Biogas Global GmbH、CNG Services Ltd.、SGN、Future Biogas Limited、VERBIO、MagneGas、Gazasia Ltd.、Biogas Products Ltd.、Schmack Carbotech GmbH、SoCalGas、ETW ENERGIETECHNIK GMBH、ORBITAL、J V Energenなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオガス・バイオメタンの世界市場概要 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場環境 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場動向 ・バイオガス・バイオメタンの世界市場 …
  • タッチパネルコントローラの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、タッチパネルコントローラの世界市場について調査・分析し、タッチパネルコントローラの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:タッチパネル技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:用途別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:インターフェース別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:スクリーンサイズ別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"