"バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE074)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Armenia banking market was valued at $519 million in 2018, and is expected to reach $996 million by 2026, registering a CAGR of 8.5% from 2019-2026. A bank is a financial institution licensed to accept deposits from the public and create credit in the market. The banking system operates into corporate banking, retail banking, investment banking, wholesale banking, and other such banking segments globally. It provides various products and services such as wealth management, credit and cash management, currency exchange, and other financial transactions and services in the industry. The banking system is highly regulated in most of the countries, responsible for ensuring financial stability and protecting depositors’ funds, regulate exchange rates to control inflation, and other such allied activities in the banking sector.

In Armenia, Central Bank of Armenia (CBA) is a single regulator responsible for the protection of consumer rights and other activities in the financial system of the country. The banking system is the biggest part of the financial market and is highly dominated by banks that account for 88% of the total assets of the system. It has 17 commercial banks operating in the Republic of Armenia, and all commercial banks are currently participating in exchange trading of Armenia.

Rise in adoption and implementation of digital banking technologies in the international financial system boosts the growth of the Armenian banking sector in the market. Moreover, continuous growth of small- and medium-sized enterprises (SMEs) in Armenia leads to large-scale financing and lending to SMEs in comparison with other countries, which in turn fuels the growth of the banking sector in the country. However, the financial sector is characterized by high dollarization at around 60%, which is one of the highest in the region. This financial dollarization of banks’ assets and liabilities leads to large scale foreign exchange and refinancing risks, which is expected to hamper the market growth. On the contrary, the country is set to introduce Basel III, providing an opportunity for banks to maintain capital buffers to cover bank losses during financial instability, and execute their existing offerings in the market. In addition, the liquidity rates of the banking system continue to stay high, providing an opportunity for banks to serve customers at the expense of liquidity means in the country.

The Armenia banking market is segmented on the basis of sector and type. On the basis of sector, it is segmented into retail banking, corporate banking, and investment banking. By type, it is bifurcated into closed joint-stock company (CJSC) and open joint-stock company (OJSC).

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 The study provides an in-depth analysis of the Armenia banking market share with the current trends and future estimations of the market.
 A comprehensive analysis of the factors that drive and restrict the market size is provided.
 A comprehensive quantitative analysis is provided from 2019 to 2026 to assist market stakeholders to capitalize on the prevailing market opportunities.
 An extensive analysis of the key segments of the industry helps understand the market trends.
 The key players and their strategies are provided to understand the competitive outlook of the market forecast.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Sector
o Retail Banking
o Corporate Banking
o Investment Banking

• By Type
o Closed Joint-Stock Company (CJSC)
o Open Joint-Stock Company (OJSC)
KEY PLAYERS PROFILED
• Ameriabank CJSC
• ARARATBANK OJSC
• ArmSwissBank CJSC
• Converse Bank CJSC
• HSBC Armenia
• ID Bank
• ACBA-CREDIT AGRICOLE BANK CJSC
• ArmBusinessBank CJSC
• Ardshinbank CJSC
• Inecobank CJSC
The other players in the market include (profiles not included in the report) the following:

• UniBank OJSC
• VTB Bank Armenia CJSC
• Artsakhbank CJSC
• Evocabank CJSC
• Mellat Bank CJSC


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments

1.3.1. List of Key Players Profiled In The Report

1.4. Research Methodology

1.4.1. Secondary Research
1.4.2. Primary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings of The Study
2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Findings

3.2.1. Top Winning Strategies, 2018

3.3. Top Player Positioning, 2018
3.4. Porter’S Five Forces Analysis
3.5. Market Dynamics

3.5.1. Drivers

3.5.1.1. Robust Economic Growth
3.5.1.2. Increase In Small And Medium-Sized Enterprises (Smes)
3.5.1.3. Rise In Development of Digital Banking

3.5.2. Restraint

3.5.2.1. High Dollarization

3.5.3. Opportunity

3.5.3.1. Expansion of Products And Services

3.5.4. Impact Analyses

Chapter 4: Armenia Banking Market, By Sector

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Retail Banking

4.2.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.3. Corporate Banking

4.3.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

4.4. Investment Banking

4.4.1. Key Market Trends, Growth Factors, And Opportunities

Chapter 5: Armenia Banking Market, By Type

5.1. Overview

5.1.1. Market Size And Forecast

5.2. Closed Joint-Stock Company (Cjsc)
5.3. Open Joint-Stock Company (Ojsc)

Chapter 6: Company Profiles

6.1. Ameriabank Cjsc

6.1.1. Company Overview
6.1.2. Company Snapshot
6.1.3. Product Portfolio
6.1.4. Key Strategic Moves And Developments

6.2. Araratbank Ojsc

6.2.1. Company Overview
6.2.2. Company Snapshot
6.2.3. Product Portfolio
6.2.4. Key Strategic Moves And Developments

6.3. Armswissbank Cjsc

6.3.1. Company Overview
6.3.2. Company Snapshot
6.3.3. Product Portfolio

6.4. Converse Bank Cjsc

6.4.1. Company Overview
6.4.2. Company Snapshot
6.4.3. Product Portfolio
6.4.4. Key Strategic Moves And Developments

6.5. Hsbc Armenia

6.5.1. Company Overview
6.5.2. Company Snapshot
6.5.3. Product Portfolio
6.5.4. Key Strategic Moves And Developments

6.6. Id Bank

6.6.1. Company Overview
6.6.2. Company Snapshot
6.6.3. Product Portfolio
6.6.4. Key Strategic Moves And Developments

6.7. Acba-Credit Agricole Bank Cjsc

6.7.1. Company Overview
6.7.2. Company Snapshot
6.7.3. Product Portfolio

6.8. Armbusinessbank Cjsc

6.8.1. Company Overview
6.8.2. Company Snapshot
6.8.3. Product Portfolio

6.9. Ardshinbank Cjsc

6.9.1. Company Overview
6.9.2. Company Snapshot
6.9.3. Product Portfolio
6.9.4. Key Strategic Moves And Developments

6.10. Inecobank Cjsc

6.10.1. Company Overview
6.10.2. Company Snapshot
6.10.3. Product Portfolio
6.10.4. Key Strategic Moves And Developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])
【発行日】2019年12月17日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE074
【対象地域】アルメニア
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】金融
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バンキングのアルメニア市場:セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • グリースの世界市場:金属石けん系増ちょう剤、非石けん系増ちょう剤、無機増ちょう剤
    当調査レポートでは、グリースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 道路照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、道路照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、道路照明の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業部門向け自動害虫監視システム市場規模、最終用途別(大規模農場、小規模農場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場概要 ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場環境 ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場動向 ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場規模 ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場:業界構造分析 ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場:最終用途別(大規模農場、小規模農場) ・農業部門向け自動害虫監視システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業部門向け自動害虫監視システムのアメリカ市場規模・予測 ・農業部門向け自動害虫監視システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・農業部門向け自動害虫監視システムのアジア市場規模・予測 ・農業部門向け自動害虫監視システムの主要国 …
  • ワクチン受託製造の世界市場2018–2025:ワクチンの種類別(弱毒生、不活化、サブユニット、トキソイド、DNA)、ワークフロー別(ダウンストリーム、アップストリーム)、用途別(人体用、動物用)
    本調査レポートでは、ワクチン受託製造の世界市場について調査・分析し、ワクチン受託製造の世界市場動向、ワクチン受託製造の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワクチン受託製造市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱可塑性加硫エラストマー(TPV)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、熱可塑性加硫エラストマー(TPV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性加硫エラストマー(TPV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のランドリーキャビネット市場2016
    本調査レポートでは、世界のランドリーキャビネット市場2016について調査・分析し、ランドリーキャビネットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結手術用機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、凍結手術用機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結手術用機器市場規模、製品別(器具、消耗品・付属品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BTG International, CSA Medical, HealthTronics, Medtronic, Schucoなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結手術用機器の世界市場概要 ・凍結手術用機器の世界市場環境 ・凍結手術用機器の世界市場動向 ・凍結手術用機器の世界市場規模 ・凍結手術用機器の世界市場:業界構造分析 ・凍結手術用機器の世界市場:製品別(器具、消耗品・付属品) ・凍結手術用機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・凍結手術用機器の北米市場規模・予測 ・凍結手術用機器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・凍結手術用機器のアジア太平洋市場規模・予測 ・凍結手術用機器の主要国分析 ・凍結手術用機器の世界市場:意思決定フレームワーク ・凍結手術用機器 …
  • ブラジルの原子力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • バナナペーパーの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、バナナペーパーの世界市場について調べ、バナナペーパーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、バナナペーパーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はバナナペーパーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・バナナペーパーの市場状況 ・バナナペーパーの市場規模 ・バナナペーパーの市場予測 ・バナナペーパーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・バナナペーパーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • クリーンコール・テクノロジーの世界市場
    当調査レポートでは、クリーンコール・テクノロジーの世界市場について調査・分析し、クリーンコール・テクノロジーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クリーンコール・テクノロジーの世界市場:市場動向分析 - クリーンコール・テクノロジーの世界市場:競争要因分析 - クリーンコール・テクノロジーの世界市場:技術別 ・ガス化技術 ・燃焼技術 ・実現するための技術 - クリーンコール・テクノロジーの世界市場:主要地域別分析 - クリーンコール・テクノロジーの北米市場規模(アメリカ市場等) - クリーンコール・テクノロジーのヨーロッパ市場規模 - クリーンコール・テクノロジーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・クリーンコール・テクノロジーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ポイントオブケア検査(POCT)の世界市場分析・予測
  • モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラフトビールの世界市場分析:流通別(オン・トレード、オフ・トレード)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、国別(米国、ドイツ、オーストラリア、日本)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、クラフトビールの世界市場について調査・分析し、クラフトビールの世界市場動向、クラフトビールの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラフトビール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロシアの整形外科処置動向(~2021)
  • AT自動車用トルクコンバータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、AT自動車用トルクコンバータの世界市場について調査・分析し、AT自動車用トルクコンバータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別AT自動車用トルクコンバータシェア、市場規模推移、市場規模予測、AT自動車用トルクコンバータ種類別分析(単段型、多段型)、AT自動車用トルクコンバータ用途別分析(4AT、6AT、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・AT自動車用トルクコンバータの市場概観 ・AT自動車用トルクコンバータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・AT自動車用トルクコンバータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・AT自動車用トルクコンバータの世界市場規模 ・AT自動車用トルクコンバータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・AT自動車用トルクコンバータのアメリカ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのカナダ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのメキシコ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • 世界の電子黒板 市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子黒板 市場2015について調査・分析し、電子黒板 の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食券・従業員給付ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食券・従業員給付ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食券・従業員給付ソリューション市場規模、用途別(職権、従業員給付)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場概要 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場環境 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場動向 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場規模 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:用途別(職権、従業員給付) ・食券・従業員給付ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食券・従業員給付ソリューションの北米市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションのアジア太平洋市場規模・予測 ・食券・従業員給付ソリューションの主要国分析 ・食券・従業員給付ソリュー …
  • 近距離無線通信チップの世界市場:製品タイプ別(補助的な製品、非補助的な製品)、デバイス別(スマートフォン・タブレット、PC・ラップトップ、その他)、用途別(情報共有、モバイル・非接触型決済、ヘルスケアシステムのモニタリング、その他)、地域別予測
    本資料は、近距離無線通信チップの世界市場について調べ、近距離無線通信チップの世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(補助的な製品、非補助的な製品)分析、デバイス別(スマートフォン・タブレット、PC・ラップトップ、その他)分析、用途別(情報共有、モバイル・非接触型決済、ヘルスケアシステムのモニタリング、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはApple Inc.、Broadcom Corporation、Infineon Technologies AG、INSIDE Secure、NXP Semiconductors、Samsung Electronics Co Ltd、STMicroelectronics N.V.、Texas Instruments Incorporated、Toshiba Corporation、Sony Corporation、VGXI Inc.、Virovekなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・近距離無線通信チ …
  • 移植可能な生物材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、移植可能な生物材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、移植可能な生物材料市場規模、材料別(天然材料、セラミックス、ポリマー、金属)分析、用途別(歯科、心臓血管、眼科、整形外科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 移植可能な生物材料の世界市場:市場動向分析 ・ 移植可能な生物材料の世界市場:競争要因分析 ・ 移植可能な生物材料の世界市場:材料別(天然材料、セラミックス、ポリマー、金属) ・ 移植可能な生物材料の世界市場:用途別(歯科、心臓血管、眼科、整形外科、その他) ・ 移植可能な生物材料の世界市場:主要地域別分析 ・ 移植可能な生物材料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 移植可能な生物材料のヨーロッパ市場規模 ・ 移植可能な生物材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・移植可能な生物材料の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 3Dレーダーの世界市場予測(~2022年):C/S/Xバンド、Lバンド、E/Fバンド
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、3Dレーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、周波数バンド別分析、範囲別分析、用途別分析、地域別分析、3Dレーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • チタン鉱採鉱の世界市場:チタン鉄鉱、ルチル
    当調査レポートでは、チタン鉱採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チタン鉱採鉱の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 搾乳ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、搾乳ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、搾乳ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトップドライブ装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のトップドライブ装置市場2015について調査・分析し、トップドライブ装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート発券の世界市場予測(~2023年)
    スマート発券の世界市場は、2018年の101億米ドルから2023年には204億米ドルに達し、この期間中14.99%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマートトランジットシステムと組み合わせることで手ごろな価格で高速輸送を利用できること、旅行や観光業界からのスマート発券の需要が高いこと、スマート発券システムの高度な技術、および高度交通市場の拡大が考えれられます。一方で、スマート発券システムの設置に高い費用かかること、そしてこのシステム用に集中化されている枠組みにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、スマート発券の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途(交通機関、スポーツ・娯楽)分析、収益経路分析、コネクティビティ分析、スマート発券の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク発現の世界市場予測(~2022年):大腸菌、哺乳類、イースト、ピキア属、昆虫、バキュロウイルス、無細胞
    当調査レポートでは、タンパク発現の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、タンパク発現の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成潤滑油の世界市場:ポリアルファーオレフィン(PAO)、エステル、グループ3、ポリアルキレングリコール(PAG)
    当調査レポートでは、合成潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LED照明モジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LED照明モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED照明モジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエチレンフォーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンフォーム市場2015について調査・分析し、ポリエチレンフォームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 道路安全ソリューションの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、道路安全ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別分析、展開種類別分析、業種別(IT及びテレコム、エネルギー及び公益事業、製造、輸送、物流)分析、フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場規模が2019年28億ドルから2024年59億ドルまで年平均16.2%成長すると予測しています。
  • アカウンタブルケアソリューションの世界市場予測
    当調査レポートでは、アカウンタブルケアソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス別分析、導入形態別分析、需要先別分析、地域別分析、アカウンタブルケアソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュールチラーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、モジュールチラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(空冷、水冷)分析、用途別(商業、産業、住宅)分析、モジュールチラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、モジュールチラーの世界市場規模が2019年26億万ドルから2024年35億万ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 機能性チューインガムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、機能性チューインガムの世界市場について調べ、機能性チューインガムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、機能性チューインガムの市場規模をセグメンテーション別(製品別(口腔衛生ガム、ニコチンガム、ウエイトガム、ライフスタイルガム)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は機能性チューインガムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・機能性チューインガムの市場状況 ・機能性チューインガムの市場規模 ・機能性チューインガムの市場予測 ・機能性チューインガムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(口腔衛生ガム、ニコチンガム、ウエイトガム、ライフスタイルガム) ・機能性チューインガムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 電子コンパスの世界市場予測:フラックスゲート、ホール効果、磁気抵抗技術
    当調査レポートでは、電子コンパスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、電子コンパスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、油田用特殊化学薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・油田用特殊化学薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・油田用特殊化学薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・油田用特殊化学薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • グレリン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグレリン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グレリン受容体アゴニストの概要 ・グレリン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグレリン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グレリン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グレリン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマート油田の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート油田の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート油田の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動給餌システムの世界市場予測(~2023年)
    自動給餌システムの世界市場は、2018年の約51億米ドルから2023年には約74億米ドルに達し、7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、農場所有者が操業コストや損失を削減するために手作業による給餌を自動化することを選好する傾向にあることが考えられます。一方で、ステークホルダーは、給餌装置および給餌ラインの標準化の欠如という大きな課題に直面しています。さらに、初期の設置における資本金規制が厳しいことから、中小規模の農場は給餌プロセスの自動化を敬遠する可能性があります。当調査レポートでは、自動給餌システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、家畜(反芻動物、ブタ、家禽)分析、機能(管理、調合、充填、スクリーニング)分析、提供分析、技術分析、自動給餌システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 薄膜電池の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「薄膜電池の世界市場2020-2024」は、薄膜電池について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・薄膜電池の世界市場:エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • POC診断の世界市場
    当調査レポートでは、POC診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・POC診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:製品別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・POC診断のアメリカ市場規模予測 ・POC診断のヨーロッパ市場規模予測 ・POC診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 航空宇宙材料の世界市場:種類別(複合、金属、プラスチック)、用途別(内部&外部)、航空機種類別(商業、軍事、回転翼、宇宙)
    本調査レポートでは、航空宇宙材料の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(複合、金属、プラスチック)分析、用途別(内部&外部)分析、航空機種類別(商業、軍事、回転翼、宇宙)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・航空宇宙材料の世界市場:種類別(複合、金属、プラスチック) ・航空宇宙材料の世界市場:用途別(内部&外部) ・航空宇宙材料の世界市場:航空機種類別(商業、軍事、回転翼、宇宙) ・航空宇宙材料の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 衛生陶器・浴室用アクセサリのベトナム市場
  • コイルドチュービング(CT)の世界市場分析:サービス別(井戸完了、井戸洗浄、掘削)、オペレーション別(循環/水除去、ポンプ、ロギング、穿孔)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コイルドチュービング(CT)の世界市場について調査・分析し、コイルドチュービング(CT)の世界市場動向、コイルドチュービング(CT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別コイルドチュービング(CT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハイドロサルファイトの世界市場
    当調査レポートでは、ハイドロサルファイトの世界市場について調査・分析し、ハイドロサルファイトの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、塗料&コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、ポリエステル)分析、技術別(水系、溶剤系、粉体)分析、用途別(建築[住宅、非住宅]、工業用)分析、塗料&コーティング剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、塗料&コーティング剤の世界市場規模が2019年1539億万ドルから2024年1999億万ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。
  • 自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)
    当調査レポートでは、自動芝刈り機の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機) ・自動芝刈り機の世界市場:用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技) ・自動芝刈り機の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • 自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱毛症(Alopecia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脱毛症(Alopecia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脱毛症(Alopecia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脱毛症(Alopecia)の概要 ・脱毛症(Alopecia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脱毛症(Alopecia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脱毛症(Alopecia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脱毛症(Alopecia)治療薬開発に取り組んでい …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"