"消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR20FE075)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Armenia consumer goods market by product type and distribution channel: Opportunity Analysis and Industry Forecast, 2019-2026, the Armenia consumer goods market size was valued at $1,734.5 million in 2018 and is projected to reach $ 2,519 million by 2026, growing at a CAGR of 4.7% from 2019 to 2026.

Consumer goods refer to the products purchased primarily for personal or household consumption. It includes products such as clothing, food, books, and cooking appliances. Consumer goods are primarily studied across two main categories in this report, namely FMCG (fast moving consumer goods) and consumer durables.

Armenia is a landlocked country in the South Caucasus region of Eurasia. It is a small market with positive economic growth prospects. The structural reforms and sound macroeconomic policy in the country enable it to maintain low inflation and attract foreign investments.

The rise in purchasing power parity (PPP) of Armenian consumers has generated a positive impact on the consumption of consumer goods. Armenia’s annual household income per capita reached $ 1,516.748 in December 2018 from $ 1,453.618 in Dec 2017. Shoppers in Armenia spend almost $ 100 million monthly on consumer goods, primarily on food and food products. In addition, the demand for convenience goods has gained high traction in recent past. Rise in internet penetration, denser urban population, fast pace lifestyles, and challenging working hours are deepening the complexity of consumer lives. Consumers are constantly opting for products which provide efficiency and are time saving. These factors cumulatively generate a positive impact on the growth of consumer goods market in Armenia. However, Armenia faces geopolitical issues with its neighboring countries. All the goods traded with Armenia have to pass through Georgia. During this process, high transport tariffs are levied, which ultimately increases the end price of the product. Hence, the presence of trade barriers cause hinderance in the growth of the Armenian consumer goods market.

On the contrary, the government in Armenia is engaged in developing comprehensive reforms in the business environment to provide promising investments and business opportunities for global stakeholders. This is intended to drive international players to Armenia. Initiatives by the government are aimed to reinforce the market scenario, which can be viewed as a growth opportunity for the market players in Armenia.

The report segments the Armenia consumer goods market based on product and distribution channel. By product, it is classified into FMCG (fast moving consumer goods) and consumer durables. The FMCG market is divided into food & beverages, personal care, health care, and home care. The consumer durables market is classified into refrigerator, air conditioner and heater, entertainment and information appliances, washing machine, kitchen appliances, cleaning appliances. and others. Among these, the food & beverages segment leads the market with maximum share in terms of revenue. However, the health care segment is expected to experience high demand in the market during the forecast period. By distribution channel, it is categorized into supermarkets & hypermarkets, specialty stores, e-commerce, and others. The retail trade in Armenia is gradually moving from small and medium stores to large supermarkets and hypermarkets. Hence, supermarkets & hypermarkets accounted for the highest market share in 2018. However, e-commerce channel is experiencing growth at a rapid pace owing to increase in internet penetration and convenience of online shopping.

The key players in the Armenia consumer goods market include Procter & Gamble Company, The Coca-Cola Company, PepsiCo, Inc., Nestlé S.A., Samsung Electronics Co., Ltd., LG Electronics Inc., Haier Group Corporation, Panasonic Corporation, Electrolux AB, and Koninklijke Philips N.V.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The study provides an in-depth analysis of the Armenia consumer goods market, with current and future trends to elucidate the imminent investment pockets in the market.
• Current and future trends are outlined in the report to determine the overall market attractiveness and single out profitable trends to gain a stronger foothold in the market.
• The report provides information regarding drivers, restraints, and opportunities with impact analysis.
• A quantitative analysis of the current market and estimation for the same from 2018 to 2026 is provided to showcase the financial competency of the market.
• Porter’s five forces model of the industry illustrates competitiveness of the market by analyzing various parameters such as, threat of new entrants, threat of substitutes, bargaining power of the buyers, and bargaining power of the suppliers operating in the market.
• Competitive intelligence highlights the business practices followed by the leading market players across various regions.

Key Market Segments
• By Product Type
o FMCG
 Food & Beverages
 Personal Care
 Health Care
 Home Care
o Consumer Durables
 Refrigerator
 Air Conditioner and Heater
 Entertainment and Information Appliances
 Washing Machine
 Kitchen appliances
 Cleaning appliances
 Others

• By Distribution Channel
o Supermarket & Hypermarket
o Specialty Stores
o E-commerce
o Others


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Chapter 1: Introduction

1.1. Report Description
1.2. Key Benefits For Stakeholders
1.3. Key Market Segments
1.4. Research Methodology

1.4.1. Primary Research
1.4.2. Secondary Research
1.4.3. Analyst Tools And Models

Chapter 2: Executive Summary

2.1. Key Findings

2.1.1. Top Investment Pockets

2.2. Cxo Perspective

Chapter 3: Market Overview

3.1. Market Definition And Scope
3.2. Key Forces Shaping Armenia Consumer Goods Market
3.3. Market Dynamics

3.3.1. Drivers

3.3.1.1. Purchasing Power Parity
3.3.1.2. Growth In Demand For Convenience Goods

3.3.2. Restraints

3.3.2.1. Robust Monopolies In Certain Business Sectors
3.3.2.2. Price Sensitive Consumers
3.3.2.3. Presence of Trade Barriers

3.3.3. Opportunities

3.3.3.1. Government Initiatives To Encourage New Entrants And Investments
3.3.3.2. E-Commerce – An Opportunity Not To Be Missed

3.4. Export Import Scenario of Consumer Goods In Armenia

3.4.1. Overview
3.4.2. Major Exporter Countries To Armenia
3.4.3. Key Products Imported In Armenia (2018)
3.4.4. Key Products Exported From Armenia (2018)
3.4.5. Import Potential of Armenia

Chapter 4: Armenia Consumer Goods Market, By Product

4.1. Overview

4.1.1. Market Size And Forecast

4.2. Fmcg

4.2.1. Market Size And Forecast
4.2.2. Food & Beverage

4.2.2.1. Market Size And Forecast

4.2.3. Personal Care

4.2.3.1. Market Size And Forecast

4.2.4. Health Care

4.2.4.1. Market Size And Forecast

4.2.5. Home Care

4.2.5.1. Market Size And Forecast

4.3. Consumer Durables

4.3.1. Market Size And Forecast
4.3.2. Refrigerator

4.3.2.1. Market Size And Forecast

4.3.3. Air Conditioner And Heater

4.3.3.1. Market Size And Forecast

4.3.4. Entertainment And Information Appliances

4.3.4.1. Market Size And Forecast

4.3.5. Washing Machine

4.3.5.1. Market Size And Forecast

4.3.6. Kitchen Appliances

4.3.6.1. Market Size And Forecast

4.3.7. Cleaning Appliances

4.3.7.1. Market Size And Forecast

4.3.8. Others

4.3.8.1. Market Size And Forecast

Chapter 5: Armenia Consumer Goods Market, By Distribution Channel

5.1. Overview

5.1.1. Supermarkets & Hypermarkets

5.1.1.1. Market Size And Forecast

5.1.2. Specialty Stores

5.1.2.1. Market Size And Forecast

5.1.3. E Commerce

5.1.3.1. Market Size And Forecast

5.1.4. Others

5.1.4.1. Market Size And Forecast

Chapter 6: Company Profiles

6.1. Procter And Gamble

6.1.1. Company Overview
6.1.2. Company Snapshot
6.1.3. Operating Business Segments
6.1.4. Product Portfolio
6.1.5. Business Performance
6.1.6. Key Strategic Moves And Developments

6.2. The Coca-Cola Company

6.2.1. Company Overview
6.2.2. Company Snapshot
6.2.3. Operating Business Segments
6.2.4. Product Portfolio
6.2.5. Business Performance
6.2.6. Key Strategic Moves And Developments

6.3. Pepsico, Inc.

6.3.1. Company Overview
6.3.2. Company Snapshot
6.3.3. Operating Business Segments
6.3.4. Product Portfolio
6.3.5. Business Performance
6.3.6. Key Strategic Moves And Developments

6.4. Samsung Electronics Co. Ltd.

6.4.1. Company Overview
6.4.2. Key Executive
6.4.3. Company Snapshot
6.4.4. Operating Business Segments
6.4.5. Product Portfolio
6.4.6. R&D Expenditure
6.4.7. Business Performance

6.5. Haier Electronics Group Co., Ltd.

6.5.1. Company Overview
6.5.2. Company Snapshot
6.5.3. Operating Business Segments
6.5.4. Product Portfolio
6.5.5. Business Performance
6.5.6. Key Strategic Moves And Developments

6.6. Ab Electrolux

6.6.1. Company Overview
6.6.2. Company Snapshot
6.6.3. Operating Business Segments
6.6.4. Product Portfolio
6.6.5. Business Performance
6.6.6. Key Strategic Moves And Developments

6.7. Nestle S A

6.7.1. Company Overview
6.7.2. Key Executive
6.7.3. Company Snapshot
6.7.4. Operating Business Segments
6.7.5. Product Portfolio
6.7.6. Business Performance

6.8. Lg Electronics

6.8.1. Company Overview
6.8.2. Company Snapshot
6.8.3. Operating Business Segments
6.8.4. Product Portfolio
6.8.5. Business Performance
6.8.6. Key Strategic Moves And Developments

6.9. Panasonic Corporation

6.9.1. Company Overview
6.9.2. Company Snapshot
6.9.3. Operating Business Segments
6.9.4. Product Portfolio
6.9.5. Business Performance

6.10. Koninklijke Philips N.V.

6.10.1. Company Overview
6.10.2. Company Snapshot
6.10.3. Operating Business Segments
6.10.4. Product Portfolio
6.10.5. Business Performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)
【発行日】2019年12月20日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR20FE075
【対象地域】アルメニア
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
消費財のアルメニア市場:製品種類別(日用品、耐久消費財)、流通経路別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、専門店、電子商取引、その他)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アピアランスボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アピアランスボードの世界市場について調査・分析し、アピアランスボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アピアランスボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、アピアランスボード種類別分析(ブロック・ボード、合板、中質繊維板、パーティクルボード、その他)、アピアランスボード用途別分析(商業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アピアランスボードの市場概観 ・アピアランスボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アピアランスボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アピアランスボードの世界市場規模 ・アピアランスボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アピアランスボードのアメリカ市場規模推移 ・アピアランスボードのカナダ市場規模推移 ・アピアランスボードのメキシコ市場規模推移 ・アピアランスボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アピアランスボードのドイツ市場規模推移 ・アピアランスボード …
  • 子宮内膜癌治療薬の世界市場:化学療法、ホルモン療法
    当調査レポートでは、子宮内膜癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、子宮内膜癌治療薬市場規模、製品別(化学療法、ホルモン療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CELGENE, Janssen Pharmaceuticals, Novartis, Pfizer, Teva Pharmaceutical Industriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場概要 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場環境 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場動向 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場規模 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・子宮内膜癌治療薬の世界市場:製品別(化学療法、ホルモン療法) ・子宮内膜癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・子宮内膜癌治療薬の北米市場規模・予測 ・子宮内膜癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・子宮内膜癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・子宮内膜癌治療薬の主要国分析 ・ …
  • マウスモデルの世界市場
    当調査レポートでは、マウスモデルの世界市場について調査・分析し、マウスモデルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 医療用食品の世界市場:投与ルート別(経口、経腸)、製品別(丸薬、粉末、その他)、用途別、販売チャネル別(小売、オンライン、機関)
    本調査レポートでは、医療用食品の世界市場について調査・分析し、医療用食品の世界市場動向、医療用食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルゼンチンの関節鏡検査装置市場見通し
  • 世界の垂直回転式噴霧器市場2015
    本調査レポートでは、世界の垂直回転式噴霧器市場2015について調査・分析し、垂直回転式噴霧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の概要 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • キルギスのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 好中球エラスターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における好中球エラスターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・好中球エラスターゼ阻害剤の概要 ・好中球エラスターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の好中球エラスターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・好中球エラスターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・好中球エラスターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場分析:製品別(グルコース試験、Hb1Ac試験、凝固、妊娠、心臓マーカー、感染症、プライマリーケアシステム、血液学、分化臨床化学、糞便、血液ガス電解質、外来化学、尿検査、薬物乱用検査)、エンドユーザー別(クリニック、病院、家庭、生活医療支援施設、研究所、緊急治療室)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場について調査・分析し、ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場動向、ポイントオブケア(PoC)診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポイントオブケア(PoC)診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • UVランプの世界市場
    当調査レポートでは、UVランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UVランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 商業用衛星画像の世界市場:用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、商業用衛星画像の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他)分析、エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・商業用衛星画像の世界市場:用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)のフェーズ3治験薬の状況 ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬の市場規模(販売予測) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の呼吸器系過敏症(Respiratory Hypersensitivity)治療薬剤
  • 世界の磁気ビーズ市場2016
    本調査レポートでは、世界の磁気ビーズ市場2016について調査・分析し、磁気ビーズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キサンタンガムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、キサンタンガムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - キサンタンガムの世界市場:市場動向分析 - キサンタンガムの世界市場:競争要因分析 - キサンタンガムの世界市場:仕様別 液体状 乾燥状 - キサンタンガムの世界市場:機能別 コート剤 脂質代用品 ゲル化剤 安定剤 濃厚剤 その他の機能 - キサンタンガムの世界市場:用途別 製薬化学 農薬 個人医療 石油及びガス 実験研究 プリンターインク ペンキ 食品及び飲料品 その他の用途 - キサンタンガムの世界市場:主要地域別分析 - キサンタンガムの北米市場規模(アメリカ市場等) - キサンタンガムのヨーロッパ市場規模 - キサンタンガムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・キサンタンガムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場について調査・分析し、プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模:製品別分析 ・プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・プリント回路基板(PCB)検査装置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 医療用チューブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医療用チューブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用チューブ市場規模、構造別(編組チューブ、熱収縮チューブ、マルチルーメン、共押出、シングルルーメン、バルーンチューブ)分析、用途別(カテーテル、カニューレ、薬物送達システム(DDS)、使い捨てバルクチューブ、特殊用途)分析、原料別(ポリオレフィン、熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU)、シリコン、熱可塑性エラストマー(TPE)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用チューブの世界市場:市場動向分析 ・ 医療用チューブの世界市場:競争要因分析 ・ 医療用チューブの世界市場:構造別(編組チューブ、熱収縮チューブ、マルチルーメン、共押出、シングルルーメン、バルーンチューブ) ・ 医療用チューブの世界市場:用途別(カテーテル、カニューレ、薬物送達システム(DDS)、使い捨てバルクチューブ、特殊用途) ・ 医療用チューブの世界市場:原料別(ポリオレフィン、熱可 …
  • 農業用微生物の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、農業用微生物の世界市場について調査・分析し、農業用微生物の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・農業用微生物の世界市場規模:作物種類別分析 ・農業用微生物の世界市場規模:種類別分析 ・農業用微生物の世界市場規模:機能別分析 ・農業用微生物の世界市場規模:製剤形態別分析 ・農業用微生物の世界市場規模:用途別分析 ・農業用微生物の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 室内空気質(IAQ)の世界市場
    当調査レポートでは、室内空気質(IAQ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、室内空気質(IAQ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のエアバッグ市場2016
    本調査レポートでは、世界のエアバッグ市場2016について調査・分析し、エアバッグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 陸上移動無線システム(LMRシステム)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、陸上移動無線システム(LMRシステム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、周波数別分析、用途別分析、陸上移動無線システム(LMRシステム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車エアバックセンサーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車エアバックセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車エアバックセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車エアバックセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.67%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Autoliv、Bosch、Continental、Delphi Automotive、DENSO CORPORATION等です。
  • 世界のフッ化バリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のフッ化バリウム市場2016について調査・分析し、フッ化バリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ニューロモーフィック・チップの世界市場
    当調査レポートでは、ニューロモーフィック・チップの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ニューロモーフィック・チップの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ニューロモーフィック・チップの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ニューロモーフィック・チップの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ニューロモーフィック・チップのアメリカ市場規模予測 ・ニューロモーフィック・チップのヨーロッパ市場規模予測 ・ニューロモーフィック・チップのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フレキシブルエレクトロニクスの北米市場
    本調査レポートでは、フレキシブルエレクトロニクスの北米市場について調査・分析し、フレキシブルエレクトロニクスの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場規模・予測2017-2025:商品別(簡易的PDU、メーターPDU、インテリジェントPDU、スイッチPDU)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場について調査・分析し、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターラック用電源タップユニット(PDU)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ビデオストリーミングの世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス)、ソリューションタイプ別(IPTV、オーバーザトップ、有料テレビ)、ストリーミングタイプ別(ライブ/リニアビデオストリーミング、ノンリニアビデオストリーミング)、展開モード別(クラウド、オンプレミス、ハイブリッド)、収益モデル別(サブスクリプション、トランザクション、広告、ハイブリッド)、エンドユーザー別(消費者、企業)
    本調査レポートでは、ビデオストリーミングの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション&サービス)分析、ソリューションタイプ別(IPTV、オーバーザトップ、有料テレビ)分析、ストリーミングタイプ別(ライブ/リニアビデオストリーミング、ノンリニアビデオストリーミング)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス、ハイブリッド)分析、収益モデル別(サブスクリプション、トランザクション、広告、ハイブリッド)分析、エンドユーザー別(消費者、企業)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ビデオストリーミングの世界市場:構成要素別(ソリューション&サービス) ・ビデオストリーミングの世界市場:ソリューションタイプ別(IPTV、オーバーザトップ、有料テレビ) ・ビデオストリーミングの世界市場:ストリーミングタイプ別(ライブ/リニアビデオストリーミング、ノンリニアビデオストリーミング) ・ビデオストリーミングの世界市場:展開モード別(クラウド、オンプレミス、 …
  • 自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用インダクティブワイヤレス充電システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の概要 ・未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・未熟児網膜症(Retinopathy …
  • 世界の音声クローニング市場2019
    本調査レポートでは、世界の音声クローニング市場2019について調査・分析し、音声クローニングの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、音声クローニングのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、音声クローニングメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・音声クローニングの市場概要 ・音声クローニングの上流・下流市場分析 ・音声クローニングのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・音声クローニングのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・音声クローニングのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・音声クローニングのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・音声クローニングの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・音声クローニングの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・音声クローニングの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 中国のタングステン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、中国のタングステン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、タングステン酸ナトリウムの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 膵臓がん(Pancreatic Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膵臓がん(Pancreatic Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膵臓がん(Pancreatic Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膵臓がん(Pancreatic Cancer)治療薬剤
  • 子供用屋外ブランコの世界市場
    当調査レポートでは、子供用屋外ブランコの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子供用屋外ブランコの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • インメモリー・コンピューティングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インメモリー・コンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インメモリー・コンピューティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • RFオーバーファイバーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、RFオーバーファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、周波数帯別(L、S、C、X、KU、KA)分析、用途別(テレコム、レーダー、ナビゲーション、ブロードキャスト、ブロードバンド)分析、垂直産業別(民間、軍事)分析、RFオーバーファイバーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水栽培の世界市場:トマト、レタス、キュウリ、コショウ
  • 足病学レーザの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、足病学レーザの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、足病学レーザ市場規模、エンドユーザー別(病院、足病クリニック、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aerolase, Fotona, intros Medical Laser, Sciton Theralase, Technologiesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・足病学レーザの世界市場概要 ・足病学レーザの世界市場環境 ・足病学レーザの世界市場動向 ・足病学レーザの世界市場規模 ・足病学レーザの世界市場:業界構造分析 ・足病学レーザの世界市場:エンドユーザー別(病院、足病クリニック、その他) ・足病学レーザの世界市場:地域別市場規模・分析 ・足病学レーザの北米市場規模・予測 ・足病学レーザのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・足病学レーザのアジア太平洋市場規模・予測 ・足病学レーザの主要国分析 ・足病学レーザの世界市場:意思決定フレームワー …
  • 化成肥料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、化成肥料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化成肥料市場規模、穀物種類別(油糧種子、果物・野菜、穀草類、その他)分析、種類別(完全化成肥料、不完全化成肥料)分析、形状別(液体、固体)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 化成肥料の世界市場:市場動向分析 ・ 化成肥料の世界市場:競争要因分析 ・ 化成肥料の世界市場:穀物種類別(油糧種子、果物・野菜、穀草類、その他) ・ 化成肥料の世界市場:種類別(完全化成肥料、不完全化成肥料) ・ 化成肥料の世界市場:形状別(液体、固体) ・ 化成肥料の世界市場:主要地域別分析 ・ 化成肥料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 化成肥料のヨーロッパ市場規模 ・ 化成肥料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・化成肥料の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 影響分析:中国の食品安全検査市場および法規制
  • ノイラミニダーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるノイラミニダーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ノイラミニダーゼ阻害剤の概要 ・ノイラミニダーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のノイラミニダーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ノイラミニダーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ノイラミニダーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バイオメタンプラントの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、バイオメタンプラントの世界市場について調べ、バイオメタンプラントの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、バイオメタンプラントの市場規模をセグメンテーション別(フォードストック種類別(農業、下水、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はバイオメタンプラントの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・バイオメタンプラントの市場状況 ・バイオメタンプラントの市場規模 ・バイオメタンプラントの市場予測 ・バイオメタンプラントの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:フォードストック種類別(農業、下水、その他) ・バイオメタンプラントの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 腎盂腎炎(Pyelonephritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腎盂腎炎(Pyelonephritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腎盂腎炎(Pyelonephritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)の概要 ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腎盂腎炎(Pyelonephritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腎盂腎炎(Pyelonephritis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • セイボリースナックの世界市場分析:製品別(ポテトチップ、押出成形技術使用スナック菓子、ナッツ・シード、ポップコーン)、流通経路別(スーパーマーケット、コンビニエンスストア)、風味別(ロースト/トースト、バーベキュー、スパイス、ビーフ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、セイボリースナックの世界市場について調査・分析し、セイボリースナックの世界市場動向、セイボリースナックの世界市場規模、市場予測、セグメント別セイボリースナック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 赤外線捜索追尾(IRST)システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、赤外線捜索追尾(IRST)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、需要先別分析、構成要素別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、赤外線捜索追尾(IRST)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッド・トラックの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コネクテッド・トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、範囲別分析、サービス別分析、構成要素別分析、地域別分析、コネクテッド・トラックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のポッティング化合物市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 自己免疫疾患の世界市場:疾患別(限局性、全身性)、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)、地域別予測
    本資料は、自己免疫疾患の世界市場について調べ、自己免疫疾患の世界規模、市場動向、市場環境、疾患別(限局性、全身性)分析、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)分析、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbott Laboratories、Active Biotech、Eli Lilly、Bristol-Myers Squibb、AstraZeneca plc、Pfizer、Biogen Idec、Lupin Limited、GlaxoSmithKline、Amgen、4SC、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、AutoImmune Inc.、Johnson & Johnson、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自己免疫疾患の世界市場概要 ・自己免疫疾患の世界市場環境 …
  • 世界の政府部門におけるDNA分析市場2015-2019
    当調査レポートでは、世界の政府部門におけるDNA分析市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の政府部門におけるDNA分析市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、医薬品包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"