"ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7505)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand from various packaging applications is expected to drive the biodegradable polymers market for extrusion coating.
The European biodegradable polymers market for extrusion coating size is expected to grow from USD 403 million in 2019 to USD 829 million by 2024, at a CAGR of 15.5% during the forecast period. The biodegradable polymers market for extrusion coating is driven by various factors, such as high demand from various packaging applications, such as rigid packaging, flexible packaging, and liquid packaging. The growth of these applications is likely to propel the market. However, the high cost of biodegradable polymers as compared to other polymers is likely to hinder the growth of the market.

The PLA segment is estimated to drive the European market during the forecast period.
The biodegradable polymers market for extrusion coating has been segmented based on type into PLA, starch, PBS, PHA and others. Among these types, the PLA segment accounted for the largest share of the market in 2018 and is likely to witness significant growth during the forecast period. PLA can be safely used for the packaging of hot soup, coffee, and other hot beverages. It is often blended with starch to increase its biodegradability and reduce its cost. The key applications of PLA used for extrusion coating are dairy containers, disposable tableware, agricultural mulch films, milk & juice cartons, and planter boxes. PLA is being adopted rapidly as it is easily available and economical to manufacture as compared with other biodegradable polymers.

The paper & paperboard substrate segment is estimated to drive the = market during the forecast period.
The biodegradable polymers market for extrusion coating has been segmented based on substrate into paper & paperboard, cellulose films, and others. Among these, the paper & paperboard segment accounted for the largest share of the market in 2018 and is likely to witness significant growth during the forecast period. Paper & paperboard is lightweight, recyclable, low-cost, and has an added advantage of improving the visual appearance of a product. The market in this segment is expected to grow in the coming years due to the increasing demand from the packaging industry.

The flexible packaging application is projected to register the highest CAGR during the forecast period.
The flexible packaging segment of the biodegradable polymers market for extrusion coating is the fastest-growing application. It is used in various industrial and consumer products. Many brands are shifting from rigid packaging to flexible packaging as it offers various advantages, such as longer shelf-life, low cost, consumer-friendliness, the capability of retaining the freshness of products, requirement of less energy, eco-friendliness, and others. In Europe, the demand for flexible packaging is expected to be driven by the food industry, specifically bakery and cereals segments of the industry.

The biodegradable polymers market for extrusion coating in Italy is expected to record the highest growth during the forecast period.
Italy is projected to be the fastest-growing country for biodegradable polymers market for extrusion coating and is expected to offer significant growth opportunities to the overall market during the forecast period. The demand in the country is driven by the use of flexible packaging for various products, such as biscuits, snacks, noodles, and pasta, among others. In addition, Italy also provided expansion opportunities for the major players in the market. Bio-On (Italy) has started a new biodegradable and bioplastic production facility at Castel San Pietro Terme, Bologna (Italy).

The new plant has been established to produce 100% natural and biodegradable special PHA bioplastics to be used in niche applications. In addition, Novamont S.P.A. (Italy) has started manufacturing compostable biopolymers in the Mater-Biopolymer plant (Italy), which will increase the production capacity by 40,000 tons to cater to the growth in demand for compostable and biodegradable products.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the biodegradable polymers market for extrusion coating market.
• By Company Type – Tier 1: 55%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 15%
• By Designation – C Level: 21%, Director level: 23%, Others: 56%

The biodegradable polymers market for extrusion coating comprises major solution providers, such as NatureWorks LLC (US), BASF SE (Germany), Total Corbion PLA (Netherlands), Mitsubishi Chemical Holdings Corporation (Japan), Biotech (Germany), Novamont S.P.A. (Italy), Biome Bioplastics (UK), Toray Industries (Japan), Bio-On (Italy), and Plantic Technologies (Australia). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the biodegradable polymers market for extrusion coating, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The report covers the European biodegradable polymers market for extrusion coating based on type, substrate, application, and region. This study aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segmentation types. It also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the European biodegradable polymers market for extrusion coating and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses in a better way and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Unit Considered
1.7 Limitations
1.8 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply Side Analysis
2.2.2 Forecast
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating
4.2 Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Type
4.3 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Substrate and Country, 2018
4.4 Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Application
5 Market Overview (Page No. – 28)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use in Food Packaging and Compostable Bags
5.2.1.2 Shift in Consumer Preference to Eco-Friendly Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Biodegradable Polymers as Compared to Other Polymers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Applications of Biodegradable Polymers for Extrusion Coating
5.2.3.2 Growing Market in the Developing Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Performance Issues Related to Biodegradable Polymers
5.3 Biodegradable Polymers Market: Pricing Analysis
5.3.1 Introduction
5.3.2 PLA (Polylactic Acid)
5.3.3 Starch
5.3.4 PBS (Polybutylene Succinate)
5.3.5 PHA (Polyhydroxyalkanoates)
5.3.6 Others
6 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Type (Page No. – 33)
6.1 Introduction
6.2 PLA (Polylactic Acid)
6.2.1 The Largest Use of PLA is in the Packaging Industry
6.3 Starch
6.3.1 Starch Blends Offer Tensile Strength and Elongation, and These Properties are Boosting Their Demand
6.4 PBS (Polybutylene Succinate)
6.4.1 The Excellent Processability Capacity of PBS is Driving the Demand in the Market
6.5 PHA (Polyhydroxyalkanoates)
6.5.1 The Market in This Segment is Projected to Grow Rapidly as It Fully Complies With Bio-Based, Biodegradable, Compostable, Or Biocompatible Requirements
6.6 Others
7 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Substrate (Page No. – 37)
7.1 Introduction
7.2 Paper & Paperboard
7.2.1 Craft Paper, Bleached Paper, and Glassine Paper are Used in Extrusion Coating
7.3 Cellulose Films
7.3.1 Low Permeability to Greases, Air, Bacteria, and Oils are Driving the Demand for Cellulose Films as A Substrate for Extrusion Coating of Biodegradable Polymers
7.4 Others
8 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Application (Page No. – 41)
8.1 Introduction
8.2 Rigid Packaging
8.2.1 The Medical Industry is the Largest Consumer of Rigid Packaging
8.3 Flexible Packaging
8.3.1 The Food & Beverage Industry is Expected to Drive the Market in This Segment
8.4 Liquid Packaging
8.4.1 Dairy Food Products, Seasoning, Dressings, Sauces, and Beer & Soft Drinks Segments are Propelling the Demand for Liquid Packaging
8.5 Others
9 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Region (Europe) (Page No. – 45)
9.1 Introduction
9.2 Italy
9.2.1 The Reviving Economy is Favorable for the Market in the Country
9.3 France
9.3.1 Government Initiatives are Encouraging the Use of Bio-Based and Biodegradable Polymers in the Country
9.4 Spain
9.4.1 The Market is Gaining Traction in the Country With the Growth of the Packaging Industry
9.5 UK
9.5.1 Stringent Regulations Regarding the Use of Non-Biodegradable Polymers are Driving the Market
9.6 Germany
9.6.1 Flexible Packaging Application is Expected to Drive the Market for Biodegradable Polymers Used in Extrusion Coating
9.7 Rest of Europe
10 Competitive Landscape (Page No. – 58)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Expansion
10.3.2 Merger & Acquisition
10.3.3 Joint Venture
10.3.4 New Product Launch
11 Company Profiles (Page No. – 63)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competitors, Right to Win and MnM View)*
11.1 Natureworks LLC
11.2 BASF SE
11.3 Total Corbion PLA
11.4 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
11.5 Biome Bioplastics
11.6 Biotec
11.7 Toray Industries
11.8 Novamont S.P.A.
11.9 Plantic Technologies LTD.
11.10 Bio-On S.P.A.
11.11 Additional Company Profiles
11.11.1 Succinity GmbH
11.11.2 Perstorp
11.11.3 The Mondi Group
11.11.4 Synbra Technology Bv
11.11.5 Bio-Fed
11.11.6 Futerro
11.11.7 Aquapak Hydropolymers LTD.
11.11.8 Clondalkin
11.11.9 Galactic S.A.
11.11.10 Kompuestos
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competitors, Right to Win and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 88)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別
【発行日】2020年1月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7505
【対象地域】ヨーロッパ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フレーバー及びレグランスの世界市場:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(食品香料、香粧品香料)、地域別
    本調査レポートでは、フレーバー及びレグランスの世界市場について調査・分析し、フレーバー及びレグランスの世界市場動向、フレーバー及びレグランスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フレーバー及びレグランス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウルトラセキュアスマートフォンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ウルトラセキュアスマートフォンの世界市場について調査・分析し、ウルトラセキュアスマートフォンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ウルトラセキュアスマートフォンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ウルトラセキュアスマートフォン種類別分析(アンドロイドシステム型、その他システム型)、ウルトラセキュアスマートフォン用途別分析(官公庁、軍事・防衛、航空宇宙、企業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ウルトラセキュアスマートフォンの市場概観 ・ウルトラセキュアスマートフォンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ウルトラセキュアスマートフォンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ウルトラセキュアスマートフォンの世界市場規模 ・ウルトラセキュアスマートフォンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ウルトラセキュアスマートフォンのアメリカ市場規模推移 ・ウルトラセキュアスマートフォンのカナダ市場規模推移 ・ウルトラセキュアスマートフォンのメキシコ市場規 …
  • パッケージ変電所の世界市場:電圧タイプ別(36kV~150kV、36kV未満)、用途別(インフラー、工業、電力整備・発電、その他)、地域別予測
    本資料は、パッケージ変電所の世界市場について調べ、パッケージ変電所の世界規模、市場動向、市場環境、電圧タイプ別(36kV~150kV、36kV未満)分析、用途別(インフラー、工業、電力整備・発電、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パッケージ変電所の世界市場概要 ・パッケージ変電所の世界市場環境 ・パッケージ変電所の世界市場動向 ・パッケージ変電所の世界市場規模 ・パッケージ変電所の世界市場規模:電圧タイプ別(36kV~150kV、36kV未満) ・パッケージ変電所の世界市場規模:用途別(インフラー、工業、電力整備・発電、その他) ・パッケージ変電所の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ変電所の北米市場規模・予測 ・パッケージ変電所のアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ変電所のヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ変電所のアジア市場規模・予測 ・パッケージ変電所の日本市場規模・予測 ・パッケージ変電所の中国市場規模・予測 ・ …
  • 二輪車用ノックセンサーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、二輪車用ノックセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用ノックセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は二輪車用ノックセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、Delphi Automotive、DENSO CORPORATION、NGK Spark Plugs (U.S.A)等です。
  • PVDC食品包装の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、PVDC食品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、PVDC食品包装市場規模、エンドユーザー別(乳製品、肉・鶏肉・シーフード、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・PVDC食品包装の世界市場概要 ・PVDC食品包装の世界市場環境 ・PVDC食品包装の世界市場動向 ・PVDC食品包装の世界市場規模 ・PVDC食品包装の世界市場:業界構造分析 ・PVDC食品包装の世界市場:エンドユーザー別(乳製品、肉・鶏肉・シーフード、その他) ・PVDC食品包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・PVDC食品包装の北米市場規模・予測 ・PVDC食品包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・PVDC食品包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・PVDC食品包装の主要国分析 ・PVDC食品包装の世界市場:意思決定フレームワーク ・PVDC食品包装の世界市場:成長要因、課題 ・PVDC食品包装の世界市場:競争環境 ・PVD …
  • 世界の自動車スターターソレノイド市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車スターターソレノイド市場2015について調査・分析し、自動車スターターソレノイドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 配電自動化システムの世界市場分析:実施方法別(変電所自動化、供給者自動化、消費者側自動化)、用途別)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、配電自動化システムの世界市場について調査・分析し、配電自動化システムの世界市場動向、配電自動化システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別配電自動化システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 住宅用ガス発電機の世界市場:発電機の種類別(据置型、ポータブル型)、エンドユーザー別(産業、テレコム、住宅、商業)、地域別予測
    本資料は、住宅用ガス発電機の世界市場について調べ、住宅用ガス発電機の世界規模、市場動向、市場環境、発電機の種類別(据置型、ポータブル型)分析、エンドユーザー別(産業、テレコム、住宅、商業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・住宅用ガス発電機の世界市場概要 ・住宅用ガス発電機の世界市場環境 ・住宅用ガス発電機の世界市場動向 ・住宅用ガス発電機の世界市場規模 ・住宅用ガス発電機の世界市場規模:発電機の種類別(据置型、ポータブル型) ・住宅用ガス発電機の世界市場規模:エンドユーザー別(産業、テレコム、住宅、商業) ・住宅用ガス発電機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・住宅用ガス発電機の北米市場規模・予測 ・住宅用ガス発電機のアメリカ市場規模・予測 ・住宅用ガス発電機のヨーロッパ市場規模・予測 ・住宅用ガス発電機のアジア市場規模・予測 ・住宅用ガス発電機の日本市場規模・予測 ・住宅用ガス発電機の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ガスタービンの世界市場分析:容量別(200MW以下、200MW以上)、技術別(オープンサイクル、コンバインドサイクル)、用途別(発電、産業、航空)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、ガスタービンの世界市場動向、ガスタービンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ガスタービン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 実験室用ラックの世界市場:チューブラック、ボトルラック
    当調査レポートでは、実験室用ラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用ラックの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の末梢塞栓防止装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、末梢塞栓防止装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・末梢塞栓防止装置の概要 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:開発段階別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:セグメント別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:領域別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:規制Path別分析 ・末梢塞栓防止装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別末梢塞栓防止装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・末梢塞栓防止装置の最近動向
  • 頭蓋内圧(ICP)モニタリングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、頭蓋内圧(ICP)モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頭蓋内圧(ICP)モニタリングの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の発作性夜間血色素尿症市場2019
    本調査レポートでは、世界の発作性夜間血色素尿症市場2019について調査・分析し、発作性夜間血色素尿症の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、発作性夜間血色素尿症のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、発作性夜間血色素尿症メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・発作性夜間血色素尿症の市場概要 ・発作性夜間血色素尿症の上流・下流市場分析 ・発作性夜間血色素尿症のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・発作性夜間血色素尿症のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・発作性夜間血色素尿症のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・発作性夜間血色素尿症のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・発作性夜間血色素尿症の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・発作性夜間血色素尿症の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・発作性夜間血色素尿症の北米市 …
  • 学校向けディスプレイ装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校向けディスプレイ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校向けディスプレイ装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 伝熱流体の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、伝熱流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(鉱油、合成液、グリコール、その他)分析、エンドユーズ産業別(化学、石油およびガス、自動車、再生可能エネルギー、医薬品、食品および飲料、HVACR、およびその他)分析、伝熱流体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、伝熱流体の世界市場規模が2019年32億ドルから2024年50億ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのロシア市場
  • 世界のナノファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノファイバー市場2015について調査・分析し、ナノファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳炎(Encephalitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳炎(Encephalitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳炎(Encephalitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳炎(Encephalitis)の概要 ・脳炎(Encephalitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳炎(Encephalitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳炎(Encephalitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳炎(Ence …
  • 液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の世界市場について調査・分析し、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム シェア、市場規模推移、市場規模予測、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム 種類別分析()、液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の市場概観 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の世界市場規模 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のアメリカ市場規模推移 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリウム のカナダ市場規模推移 ・液体アンモニア・液体チオ硫酸カリ …
  • 単一細胞分析の世界市場予測(~2022年):単一細胞分析消耗品、単一細胞分析装置
    当調査レポートでは、単一細胞分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、細胞種類別分析、技術別分析、用途別分析、単一細胞分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞アッセイの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、幹細胞アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、幹細胞アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品向け3Dプリンティングの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、食品向け3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、成分別分析、産業別分析、地域別分析、食品向け3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩化水素市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩化水素市場2016について調査・分析し、塩化水素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターUPSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターUPSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターUPSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・ファイブフォース分析 ・製品別市場分類 ・ティア別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 電動ドライヤーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電動ドライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動ドライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不活性フィラー市場2016
    本調査レポートでは、世界の不活性フィラー市場2016について調査・分析し、不活性フィラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 梱包用バイオ接着剤の世界市場2017-2021:植物性、動物性
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、梱包用バイオ接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、梱包用バイオ接着剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は梱包用バイオ接着剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.67%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDanimer Scientific、H.B. Fuller、Henkel、Ingredion、The Dow Chemical Company等です。
  • 淋病治療薬の世界市場2017-2021:単独療法、併用療法
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、淋病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、淋病治療薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は淋病治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.88%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bharat Pharmaceuticals、GlaxoSmithKline、Merck、Pfizer等です。
  • 自動車用運転シミュレーター世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用運転シミュレーター世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用運転シミュレーター世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 改質デンプンの世界市場:製品別(デンプンエステル・デンプンエーテル、抵抗性デンプン、カチオン性デンプン、アルファ化デンプン)、用途別、セグメント予測
    改質デンプンの世界市場は2024年には153億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、アジア太平洋地域からの大きな需要に伴うインスタント食品の普及が考えられます。健康や栄養に関する消費者意識の高まりと健康食品の選好の高まりもこの市場を拡大する要因とされています。エナジードリンクや非炭酸飲料に使用される天然甘味料の需要が急増することも考えられ、これにより、予測される期間にわたって改質デンプンの普及率もさらに向上するでしょう。本調査レポートでは、改質デンプンの世界市場について調査・分析し、改質デンプンの世界市場動向、改質デンプンの世界市場規模、市場予測、セグメント別改質デンプン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ジオコンポジットの世界市場:主な機能(分離、排水、封じ込め、その他)、種類別(ジオテキスタイル-ジオネット、ジオテキスタイル-ジオコア、ジオテキスタイル-ジオグリッド、ジオテキスタイル-ジオメンブレン、その他)、用途別(上下水道管理、道路・高速道路、埋立・採鉱、土木工事用土壌強化、その他)、地域別予測
    本資料は、ジオコンポジットの世界市場について調べ、ジオコンポジットの世界規模、市場動向、市場環境、主な機能(分離、排水、封じ込め、その他)分析、種類別(ジオテキスタイル-ジオネット、ジオテキスタイル-ジオコア、ジオテキスタイル-ジオグリッド、ジオテキスタイル-ジオメンブレン、その他)分析、用途別(上下水道管理、道路・高速道路、埋立・採鉱、土木工事用土壌強化、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオコンポジットの世界市場概要 ・ジオコンポジットの世界市場環境 ・ジオコンポジットの世界市場動向 ・ジオコンポジットの世界市場規模 ・ジオコンポジットの世界市場規模:主な機能(分離、排水、封じ込め、その他) ・ジオコンポジットの世界市場規模:種類別(ジオテキスタイル-ジオネット、ジオテキスタイル-ジオコア、ジオテキスタイル-ジオグリッド、ジオテキスタイル-ジオメンブレン、その他) ・ジオコンポジットの世界市場規模:用途別(上下水道管理、道路・ …
  • 研磨機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、研磨機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、研磨機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 不安障害とうつ病治療の世界市場分析:製品別(抗うつ薬、SSRI、SNRI、ベンゾジアゼピン、装置と治療、TNS、DBS、VBS)、症状別(MDD、OCD、恐怖症)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、不安障害とうつ病治療の世界市場について調査・分析し、不安障害とうつ病治療の世界市場動向、不安障害とうつ病治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別不安障害とうつ病治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 塩化ナトリウムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、塩化ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塩化ナトリウム市場規模、製法別(人工蒸発、天日蒸発)分析、等級別(天日、岩塩、その他)分析、用途別(水質調整、香味料・食品保存料、化学製品生産、医薬品、油田・繊維製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 塩化ナトリウムの世界市場:市場動向分析 ・ 塩化ナトリウムの世界市場:競争要因分析 ・ 塩化ナトリウムの世界市場:製法別(人工蒸発、天日蒸発) ・ 塩化ナトリウムの世界市場:等級別(天日、岩塩、その他) ・ 塩化ナトリウムの世界市場:用途別(水質調整、香味料・食品保存料、化学製品生産、医薬品、油田・繊維製品) ・ 塩化ナトリウムの世界市場:主要地域別分析 ・ 塩化ナトリウムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 塩化ナトリウムのヨーロッパ市場規模 ・ 塩化ナトリウムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・塩化ナトリウムの世界市場:主な市場開拓 ・ …
  • 世界のモバイルDRAM市場2015
    本調査レポートでは、世界のモバイルDRAM市場2015について調査・分析し、モバイルDRAMの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 殺菌剤の世界市場
    当調査レポートでは、殺菌剤の世界市場について調査・分析し、殺菌剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のマグネシウムメトキシド市場2016
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムメトキシド市場2016について調査・分析し、マグネシウムメトキシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物乱用検査の世界市場:アメリカ、ヨーロッパ、日本市場の検査数および販売予測
  • 世界の自動車エアコンコンホース市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車エアコンコンホース市場2015について調査・分析し、自動車エアコンコンホースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノコギリヤシエキスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ノコギリヤシエキスの世界市場について調査・分析し、ノコギリヤシエキスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ノコギリヤシエキスシェア、市場規模推移、市場規模予測、ノコギリヤシエキス種類別分析(液状製品(脂肪酸85-95%)、粉末製品(脂肪酸25-45%))、ノコギリヤシエキス用途別分析(製薬業、栄養補助食品)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ノコギリヤシエキスの市場概観 ・ノコギリヤシエキスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ノコギリヤシエキスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ノコギリヤシエキスの世界市場規模 ・ノコギリヤシエキスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ノコギリヤシエキスのアメリカ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのカナダ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのメキシコ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ノコギリヤシエキスのドイツ市場規模推移 ・ノコギリヤシ …
  • 痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))のフェーズ3治験薬の状況 ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬の市場規模(販売予測) ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の痛風性関節炎(痛風)(Gouty Arthritis (Gout))治療薬剤
  • 試験所専用試験の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、試験所専用試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、産業別(臨床診断(一般化学)、微生物学(病原体、無菌テスト)、食品、動物飼料(魚、野菜)、市販飲料(アルコール)、水)分析、技術別(PCR)分析、試験所専用試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 樹脂カプセルの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、樹脂カプセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、触媒種類別分析、樹脂種類別分析、需要先別分析、地域別分析、樹脂カプセルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物由来水の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、植物由来水の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物由来水市場規模、製品別(ココナッツウォーター、メイプルウォーター)分析、流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・植物由来水の世界市場概要 ・植物由来水の世界市場環境 ・植物由来水の世界市場動向 ・植物由来水の世界市場規模 ・植物由来水の世界市場:業界構造分析 ・植物由来水の世界市場:製品別(ココナッツウォーター、メイプルウォーター) ・植物由来水の世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、独立系小売業者・コンビニエンスストア) ・植物由来水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物由来水のアメリカ市場規模・予測 ・植物由来水のヨーロッパ市場規模・予測 ・植物由来水のアジア市場規模・予測 ・植物由来水の主要国分析 ・植物由来水の世界市場:意思決定フレーム …
  • バイオシミュレーションの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、用途別(医薬品開発、創薬、その他)、産業別(政府、IT・テレコム、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、バイオシミュレーションの世界市場について調べ、バイオシミュレーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(医薬品開発、創薬、その他)分析、産業別(政府、IT・テレコム、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオシミュレーションの世界市場概要 ・バイオシミュレーションの世界市場環境 ・バイオシミュレーションの世界市場動向 ・バイオシミュレーションの世界市場規模 ・バイオシミュレーションの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・バイオシミュレーションの世界市場規模:用途別(医薬品開発、創薬、その他) ・バイオシミュレーションの世界市場規模:産業別(政府、IT・テレコム、製造、その他) ・バイオシミュレーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオシミュレーションの北米市場規模・予測 ・バイオシミュレーションのアメリカ市場規模・予測 ・バイオシミュレ …
  • 重質炭酸カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、重質炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、重質炭酸カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 炭酸カルシウムは、無機化合物です。炭酸カルシウムは、重質炭酸カルシウムと沈降炭酸カルシウムの二つに分類されます。炭酸カルシウムは、紙、塗料、プラスチック産業など様々な分野で使用されています。Technavio社は重質炭酸カルシウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Imerys• J.M. Huber Corporation • Minerals Technologies • Mississippi Lime Company• Omya等です。
  • テレプロテクションシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、テレプロテクションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、テレプロテクションシステムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 球技用バッグの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、球技用バッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、球技用バッグ市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・球技用バッグの世界市場概要 ・球技用バッグの世界市場環境 ・球技用バッグの世界市場動向 ・球技用バッグの世界市場規模 ・球技用バッグの世界市場:業界構造分析 ・球技用バッグの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・球技用バッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・球技用バッグの北米市場規模・予測 ・球技用バッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・球技用バッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・球技用バッグの主要国分析 ・球技用バッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・球技用バッグの世界市場:成長要因、課題 ・球技用バッグの世界市場:競争環境 ・球技用バッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"