"ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7505)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand from various packaging applications is expected to drive the biodegradable polymers market for extrusion coating.
The European biodegradable polymers market for extrusion coating size is expected to grow from USD 403 million in 2019 to USD 829 million by 2024, at a CAGR of 15.5% during the forecast period. The biodegradable polymers market for extrusion coating is driven by various factors, such as high demand from various packaging applications, such as rigid packaging, flexible packaging, and liquid packaging. The growth of these applications is likely to propel the market. However, the high cost of biodegradable polymers as compared to other polymers is likely to hinder the growth of the market.

The PLA segment is estimated to drive the European market during the forecast period.
The biodegradable polymers market for extrusion coating has been segmented based on type into PLA, starch, PBS, PHA and others. Among these types, the PLA segment accounted for the largest share of the market in 2018 and is likely to witness significant growth during the forecast period. PLA can be safely used for the packaging of hot soup, coffee, and other hot beverages. It is often blended with starch to increase its biodegradability and reduce its cost. The key applications of PLA used for extrusion coating are dairy containers, disposable tableware, agricultural mulch films, milk & juice cartons, and planter boxes. PLA is being adopted rapidly as it is easily available and economical to manufacture as compared with other biodegradable polymers.

The paper & paperboard substrate segment is estimated to drive the = market during the forecast period.
The biodegradable polymers market for extrusion coating has been segmented based on substrate into paper & paperboard, cellulose films, and others. Among these, the paper & paperboard segment accounted for the largest share of the market in 2018 and is likely to witness significant growth during the forecast period. Paper & paperboard is lightweight, recyclable, low-cost, and has an added advantage of improving the visual appearance of a product. The market in this segment is expected to grow in the coming years due to the increasing demand from the packaging industry.

The flexible packaging application is projected to register the highest CAGR during the forecast period.
The flexible packaging segment of the biodegradable polymers market for extrusion coating is the fastest-growing application. It is used in various industrial and consumer products. Many brands are shifting from rigid packaging to flexible packaging as it offers various advantages, such as longer shelf-life, low cost, consumer-friendliness, the capability of retaining the freshness of products, requirement of less energy, eco-friendliness, and others. In Europe, the demand for flexible packaging is expected to be driven by the food industry, specifically bakery and cereals segments of the industry.

The biodegradable polymers market for extrusion coating in Italy is expected to record the highest growth during the forecast period.
Italy is projected to be the fastest-growing country for biodegradable polymers market for extrusion coating and is expected to offer significant growth opportunities to the overall market during the forecast period. The demand in the country is driven by the use of flexible packaging for various products, such as biscuits, snacks, noodles, and pasta, among others. In addition, Italy also provided expansion opportunities for the major players in the market. Bio-On (Italy) has started a new biodegradable and bioplastic production facility at Castel San Pietro Terme, Bologna (Italy).

The new plant has been established to produce 100% natural and biodegradable special PHA bioplastics to be used in niche applications. In addition, Novamont S.P.A. (Italy) has started manufacturing compostable biopolymers in the Mater-Biopolymer plant (Italy), which will increase the production capacity by 40,000 tons to cater to the growth in demand for compostable and biodegradable products.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the biodegradable polymers market for extrusion coating market.
• By Company Type – Tier 1: 55%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 15%
• By Designation – C Level: 21%, Director level: 23%, Others: 56%

The biodegradable polymers market for extrusion coating comprises major solution providers, such as NatureWorks LLC (US), BASF SE (Germany), Total Corbion PLA (Netherlands), Mitsubishi Chemical Holdings Corporation (Japan), Biotech (Germany), Novamont S.P.A. (Italy), Biome Bioplastics (UK), Toray Industries (Japan), Bio-On (Italy), and Plantic Technologies (Australia). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the biodegradable polymers market for extrusion coating, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The report covers the European biodegradable polymers market for extrusion coating based on type, substrate, application, and region. This study aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segmentation types. It also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the European biodegradable polymers market for extrusion coating and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses in a better way and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Unit Considered
1.7 Limitations
1.8 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply Side Analysis
2.2.2 Forecast
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating
4.2 Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Type
4.3 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Substrate and Country, 2018
4.4 Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Application
5 Market Overview (Page No. – 28)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Use in Food Packaging and Compostable Bags
5.2.1.2 Shift in Consumer Preference to Eco-Friendly Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Biodegradable Polymers as Compared to Other Polymers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Applications of Biodegradable Polymers for Extrusion Coating
5.2.3.2 Growing Market in the Developing Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Performance Issues Related to Biodegradable Polymers
5.3 Biodegradable Polymers Market: Pricing Analysis
5.3.1 Introduction
5.3.2 PLA (Polylactic Acid)
5.3.3 Starch
5.3.4 PBS (Polybutylene Succinate)
5.3.5 PHA (Polyhydroxyalkanoates)
5.3.6 Others
6 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Type (Page No. – 33)
6.1 Introduction
6.2 PLA (Polylactic Acid)
6.2.1 The Largest Use of PLA is in the Packaging Industry
6.3 Starch
6.3.1 Starch Blends Offer Tensile Strength and Elongation, and These Properties are Boosting Their Demand
6.4 PBS (Polybutylene Succinate)
6.4.1 The Excellent Processability Capacity of PBS is Driving the Demand in the Market
6.5 PHA (Polyhydroxyalkanoates)
6.5.1 The Market in This Segment is Projected to Grow Rapidly as It Fully Complies With Bio-Based, Biodegradable, Compostable, Or Biocompatible Requirements
6.6 Others
7 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Substrate (Page No. – 37)
7.1 Introduction
7.2 Paper & Paperboard
7.2.1 Craft Paper, Bleached Paper, and Glassine Paper are Used in Extrusion Coating
7.3 Cellulose Films
7.3.1 Low Permeability to Greases, Air, Bacteria, and Oils are Driving the Demand for Cellulose Films as A Substrate for Extrusion Coating of Biodegradable Polymers
7.4 Others
8 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Application (Page No. – 41)
8.1 Introduction
8.2 Rigid Packaging
8.2.1 The Medical Industry is the Largest Consumer of Rigid Packaging
8.3 Flexible Packaging
8.3.1 The Food & Beverage Industry is Expected to Drive the Market in This Segment
8.4 Liquid Packaging
8.4.1 Dairy Food Products, Seasoning, Dressings, Sauces, and Beer & Soft Drinks Segments are Propelling the Demand for Liquid Packaging
8.5 Others
9 Europe Biodegradable Polymers Market for Extrusion Coating, By Region (Europe) (Page No. – 45)
9.1 Introduction
9.2 Italy
9.2.1 The Reviving Economy is Favorable for the Market in the Country
9.3 France
9.3.1 Government Initiatives are Encouraging the Use of Bio-Based and Biodegradable Polymers in the Country
9.4 Spain
9.4.1 The Market is Gaining Traction in the Country With the Growth of the Packaging Industry
9.5 UK
9.5.1 Stringent Regulations Regarding the Use of Non-Biodegradable Polymers are Driving the Market
9.6 Germany
9.6.1 Flexible Packaging Application is Expected to Drive the Market for Biodegradable Polymers Used in Extrusion Coating
9.7 Rest of Europe
10 Competitive Landscape (Page No. – 58)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Expansion
10.3.2 Merger & Acquisition
10.3.3 Joint Venture
10.3.4 New Product Launch
11 Company Profiles (Page No. – 63)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competitors, Right to Win and MnM View)*
11.1 Natureworks LLC
11.2 BASF SE
11.3 Total Corbion PLA
11.4 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
11.5 Biome Bioplastics
11.6 Biotec
11.7 Toray Industries
11.8 Novamont S.P.A.
11.9 Plantic Technologies LTD.
11.10 Bio-On S.P.A.
11.11 Additional Company Profiles
11.11.1 Succinity GmbH
11.11.2 Perstorp
11.11.3 The Mondi Group
11.11.4 Synbra Technology Bv
11.11.5 Bio-Fed
11.11.6 Futerro
11.11.7 Aquapak Hydropolymers LTD.
11.11.8 Clondalkin
11.11.9 Galactic S.A.
11.11.10 Kompuestos
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competitors, Right to Win and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 88)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別
【発行日】2020年1月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7505
【対象地域】ヨーロッパ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 冠血流予備量比(FFR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冠血流予備量比(FFR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冠血流予備量比(FFR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動石鹸ディスペンサーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動石鹸ディスペンサーの世界市場について調査・分析し、自動石鹸ディスペンサーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動石鹸ディスペンサーシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動石鹸ディスペンサー種類別分析(自動・手動)、自動石鹸ディスペンサー用途別分析(ホテル・レストラン・病院・オフィス・その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動石鹸ディスペンサーの市場概観 ・自動石鹸ディスペンサーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動石鹸ディスペンサーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動石鹸ディスペンサーの世界市場規模 ・自動石鹸ディスペンサーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動石鹸ディスペンサーのアメリカ市場規模推移 ・自動石鹸ディスペンサーのカナダ市場規模推移 ・自動石鹸ディスペンサーのメキシコ市場規模推移 ・自動石鹸ディスペンサーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動石鹸ディスペンサーのドイ …
  • 奥行き感知の世界市場予測(~2023年):ステレオビジョン、立体照明、TOF
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、奥行き感知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、技術(ステレオビジョン、立体照明、TOF)別分析、産業別分析、地域別分析、奥行き感知の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノコンポジットの世界市場2017-2021:ポリマー・粘土、CNT・グラフェン、金属、セラミック、繊維
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ナノコンポジットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノコンポジットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はナノコンポジットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均23.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Arkema、BASF、Cabot、Evonik Industries等です。
  • 自動車ベンチレーテッドシートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車ベンチレーテッドシートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ベンチレーテッドシートの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シクロペンタンの世界市場予測(~2023年):膨張剤・冷媒、溶剤・試薬
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、機能別(膨張剤・冷媒、溶剤・試薬)分析、用途別(家庭用冷蔵庫、業務用冷蔵庫、断熱容器・シッパー、その他)分析、シクロペンタンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホホバオイルの世界市場の規模と予測:用途別(化粧品、医薬品、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ホホバオイルの世界市場について調査・分析し、ホホバオイルの世界市場動向、ホホバオイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ホホバオイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙マイクロ波デバイス市場規模、用途別(商用航空、軍用航空)分析、周波数帯別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場概要 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場環境 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場動向 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場規模 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:業界構造分析 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:用途別(商用航空、軍用航空) ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:周波数帯別 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空宇宙マイクロ波デバイスのアメリカ市場規模・予測 ・航空宇宙マイクロ波デバイスのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空宇宙マイクロ波デバイスのアジア市場規模・予測 ・航空宇宙マイクロ波デバイスの主要国分析 ・航空宇宙マイクロ波 …
  • サイバーセキュリティの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、サイバーセキュリティの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ロボット式フレキシブル部品供給システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ロボット式フレキシブル部品供給システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ロボット式フレキシブル部品供給システムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のICP-MS分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界のICP-MS分光計市場2015について調査・分析し、ICP-MS分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコーン油市場2016
    本調査レポートでは、世界のシリコーン油市場2016について調査・分析し、シリコーン油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:産業別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのアメリカ市場規模予測 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのヨーロッパ市場規模予測 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 集光型太陽光発電(CPV)の世界市場2014-2025:製品別(反射器、屈折媒体)、用途別(公益事業、業務用)、集光レベル別(高、低)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、CSA、MEA)
    本調査レポートでは、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場について調査・分析し、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場動向、集光型太陽光発電(CPV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別集光型太陽光発電(CPV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 企業用ネットワーキングの世界市場:イーサネットスイッチ、ルータ、WLAN、ネットワークセキュリティ、その他
    当調査レポートでは、企業用ネットワーキングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業用ネットワーキング市場規模、製品別(イーサネットスイッチ、ルータ、WLAN、ネットワークセキュリティ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cisco Systems, Huawei Technologies, Hewlett Packard Enterprise Development, Dell Technologies, Nokiaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・企業用ネットワーキングの世界市場概要 ・企業用ネットワーキングの世界市場環境 ・企業用ネットワーキングの世界市場動向 ・企業用ネットワーキングの世界市場規模 ・企業用ネットワーキングの世界市場:業界構造分析 ・企業用ネットワーキングの世界市場:製品別(イーサネットスイッチ、ルータ、WLAN、ネットワークセキュリティ、その他) ・企業用ネットワーキングの世界市場:地域別市場規模・ …
  • 衛生陶器の世界市場予測(~2022年):洗面台、トイレ、水洗便器、小便器、水槽
    当調査レポートでは、衛生陶器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、衛生陶器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィギュアスケート用品の世界市場2017-2021:フィギュアスケート靴、フィギュアスケートアクセサリ
    当調査レポートでは、フィギュアスケート用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィギュアスケート用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 腸管感染症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • マスターデータ管理(MDM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マスターデータ管理(MDM)の世界市場について調査・分析し、マスターデータ管理(MDM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マスターデータ管理(MDM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、マスターデータ管理(MDM)種類別分析(顧客データ、製品データ、その他)、マスターデータ管理(MDM)用途別分析(銀行・金融・保険(BFSI)、IT・遠距離通信、政府・医療、製造・ロジスティックス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マスターデータ管理(MDM)の市場概観 ・マスターデータ管理(MDM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マスターデータ管理(MDM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マスターデータ管理(MDM)の世界市場規模 ・マスターデータ管理(MDM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マスターデータ管理(MDM)のアメリカ市場規模推移 ・マスターデータ管理(MDM)のカナダ市場規模推移 ・マスターデータ管理(MDM)のメ …
  • 構成管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、構成管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム別(ソフトウェア及びアプリケーション、ストレージ、サーバー)分析、モジュール別(CMDB、サービスカタログ、サービス定義)分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、組織規模別分析、構成管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、構成管理の世界市場規模が2019年16億ドルから2024年33億ドルまで年平均15.1%成長すると予測しています。
  • マイクロアレイ解析の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロアレイ解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス別(消費財、計器、ソフトウェア、サービス)分析、タイプ別(DNA、タンパク質アレイ)分析、用途別(研究)分析、エンドユーザー別(診断ラボ、製薬・バイオテクノロジ企業)分析、マイクロアレイ解析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車部品ダイカストの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、自動車部品ダイカストの世界市場について調査・分析し、自動車部品ダイカストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車部品ダイカストの世界市場:市場動向分析 - 自動車部品ダイカストの世界市場:競争要因分析 - 自動車部品ダイカストの世界市場:製品別 ・加圧ダイカスト ・真空ダイカスト ・スクイズ併用ダイカスト ・セミソリッドダイカスト - 自動車部品ダイカストの世界市場:原材料別 ・アルミニウム ・亜鉛 ・マグネシウム ・その他 - 自動車部品ダイカストの世界市場:用途別 ・ボディアッセンブリー ・商用車 ・エンジン部品 ・乗用車 ・トランスミッション用部品 ・その他 - 自動車部品ダイカストの世界市場:主要地域別分析 - 自動車部品ダイカストの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車部品ダイカストのヨーロッパ市場規模 - 自動車部品ダイカストのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車部品ダイカストの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用コンベヤー式食器洗浄機市場規模、水温別(高温、低温)分析、製品種類別(単数タンク型、複数タンク型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場概要 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場環境 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場動向 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場規模 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場:業界構造分析 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場:水温別(高温、低温) ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場:製品種類別(単数タンク型、複数タンク型) ・業務用コンベヤー式食器洗浄機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機のアメリカ市場規模・予測 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用コンベヤー式食器洗浄機のアジア市場規模 …
  • フィットネスバンドの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、フィットネスバンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィットネスバンドの世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 磁気共鳴イメージング(MRI)の世界市場分析:構造別(オープン、クローズド)、磁界強度別(低、中、高)、用途別(脳神経、脊髄&筋骨格、血管、腹部・骨盤、心臓、乳房)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、磁気共鳴イメージング(MRI)の世界市場について調査・分析し、磁気共鳴イメージング(MRI)の世界市場動向、磁気共鳴イメージング(MRI)の世界市場規模、市場予測、セグメント別磁気共鳴イメージング(MRI)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、AR及びVRディスプレイの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年44億ドルまで年平均221.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、AR及びVRディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,技術別(AR、VR)分析、デバイス別(Hmd、Hud、プロジェクター)分析、用途別(消費者、企業、商業、ヘルスケア、航空宇宙&防衛)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・AR及びVRディスプレイの世界市場:技術別(AR、VR) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:デバイス別(Hmd、Hud、プロジェクター) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:用途別(消費者、企業、商業、ヘルスケア、航空宇宙&防衛) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど) ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 世界の投与装置市場:ダイアフラム、ピストン、蠕動型
  • 小児がん(Pediatric Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、小児がん(Pediatric Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・小児がん(Pediatric Cancer)の概要 ・小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の小児がん(Pediatric Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・小児がん(Pediatric Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 反射防止コーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、反射防止コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、反射防止コーティングの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフバランススクーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セルフバランススクーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフバランススクーターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用48Vシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用48Vシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用48Vシステム市場規模、用途別(マイルドHEV、低電力BEV、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用48Vシステムの世界市場概要 ・自動車用48Vシステムの世界市場環境 ・自動車用48Vシステムの世界市場動向 ・自動車用48Vシステムの世界市場規模 ・自動車用48Vシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用48Vシステムの世界市場:用途別(マイルドHEV、低電力BEV、その他) ・自動車用48Vシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用48Vシステムの北米市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムの主要国分析 ・自動車用48Vシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用48Vシステムの世界 …
  • 世界のシリコン・フォトトランジスタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のシリコン・フォトトランジスタ市場2016について調査・分析し、シリコン・フォトトランジスタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐食合金の世界市場2014-2025:タイプ別(鉄ベース、ニッケルベース、コバルトベース)、最終用途別(石油・ガス、輸送、航空・防衛、工業)、地域別
    本調査レポートでは、耐食合金の世界市場について調査・分析し、耐食合金の世界市場動向、耐食合金の世界市場規模、市場予測、セグメント別耐食合金市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドの商用車用テレマチックス市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの商用車用テレマチックス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、インドの商用車用テレマチックス市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット式トータルステーションの世界市場2017-2021:測量用、土木・建築用、掘削用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボット式トータルステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット式トータルステーションの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はロボット式トータルステーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCarlson Software、GENEQ、Leica Geosystems、Topcon、Trimble等です。
  • 鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の概要 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 自律走行トラクターの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、自律走行トラクターの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自律走行トラクターの欧州市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Technavio社は自律走行トラクターの欧州市場が2017-2021年期間中に年平均57.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AGCO• Kinze Manufacturing• New Holland• Yanmar等です。
  • 世界の監視システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の監視システム市場2015について調査・分析し、監視システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアロプリノール市場2016
    本調査レポートでは、世界のアロプリノール市場2016について調査・分析し、アロプリノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CFDの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、CFDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CFDの世界市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ボアスコープの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ボアスコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別(ビデオ、フレキシブル、内視鏡、セミリジッド、リジッド)分析、直径別(0 mmから3 mm、3 mmから6 mm、6 mmから10 mm、10 mm以上)分析、角度別(0°から90°、90°から180°、180°から360°)分析、産業別分析、ボアスコープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ボアスコープの世界市場規模が2019年674百万ドルから2024年837百万ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。
  • スマートフォンの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、スマートフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートフォン市場規模、価格帯別(500米ドル以上、200-500米ドル、100-200米ドル、100米ドル以下)分析、OS別(ウィンドウズ、アンドロイド、iOS、BlackberryOS、その他)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、サイズ別(6.0"以上、4.0"–5.0"、4.0"以下)分析、RAMサイズ別(8GB以下、2GB–4GB、2GB以下)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマートフォンの世界市場:市場動向分析 ・ スマートフォンの世界市場:競争要因分析 ・ スマートフォンの世界市場:価格帯別(500米ドル以上、200-500米ドル、100-200米ドル、100米ドル以下) ・ スマートフォンの世界市場:OS別(ウィンドウズ、アンドロイド、iOS、BlackberryOS、その他) ・ スマートフォンの世界市場:流通経路別(オフライン、 …
  • 赤痢菌(シゲラ)用ワクチンの世界市場機会分析
  • 電力供給の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力供給の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、出力電力別分析、製品タイプ別分析、産業別(照明、民生機器、テレコム、輸送、食品・飲料、医療・ヘルスケア、軍事・航空宇宙、工業)分析、電力供給の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤の概要 ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドイリミジンデヒドロゲナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フードロボティクスの世界市場2014-2025:ロボットのタイプ別(関節、平行、SCARA、円筒)、用途別(包装、再包装、パレタイジング、ピッキング、処理)、ペイロード別
    本調査レポートでは、フードロボティクスの世界市場について調査・分析し、フードロボティクスの世界市場動向、フードロボティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フードロボティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の据置型発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国の据置型発電機市場2015について調査・分析し、据置型発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子セラミックス・電気セラミックス市場規模、用途別(生活家電、スマート家電、電力網・エネルギー、医療機器、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, CeramTec, CoorsTek , KYOCERA, Morgan Advanced Materialsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場概要 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場環境 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場動向 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場規模 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場:業界構造分析 ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場:用途別(生活家電、スマート家電、電力網・エネルギー、医療機器、その他) ・電子セラミックス・電気セラミックスの世界市場:製 …
  • コンクリート及び道路建設機械の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、コンクリート及び道路建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンクリート及び道路建設機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はコンクリート及び道路建設機械の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Deere、Komatsu、Caterpillar、Volvo、Terex等です。
  • 消泡剤の世界市場
    当調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消泡剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"