"北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 4151)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“North American nuclear medicine market is projected to grow at a CAGR of 4.1%.”
The North American nuclear medicine market is projected to reach USD 2.7 billion by 2024 from an estimated USD 2.2 billion in 2019, growing at a CAGR of 4.1% during the forecast period. The North American nuclear medicine market has witnessed various advancements in products and their approvals to meet the needs of patients and radiologists worldwide.
Growth in the market can primarily be attributed to factors such as increasing incidence and prevalence of cancer and cardiac ailments and initiatives to lessen the demand-supply gap of Mo-99.

“The Technetium-99m segment to hold the largest share of the SPECT radiopharmaceuticals market in 2019”
Based on type, the SPECT Radiopharmaceuticals market is segmented into Tc-99m, Tl-201, Ga-67, I-123, and other isotopes. In 2019, the Tc-99m segment is expected to hold the largest share of the SPECT radiopharmaceuticals market. The large share of this segment can be attributed to the fact that Tc-99m is the most commonly used diagnostic radioisotope, which is used in around 80–90% of diagnostic scans and around 30 million patient examinations every year.

“The endocrine tumors segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Based on application, the North American nuclear medicine market is categorized into thyroid indications, bone metastasis, lymphoma, endocrine tumors, and other indications. The endocrine tumors segment is expected to be the fastest-growing application segment in the therapeutic nuclear medicine applications market. The growth in this segment is majorly driven by the increasing use of therapeutic radiopharmaceuticals in the treatment of endocrine tumors.

“The US to witness the highest growth during the forecast period.”
The North American nuclear medicine market is segmented into the US and Canada, based on country. The US is expected to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of the market in the US can be attributed to the development of novel technologies for radioisotope production, government funding, and company initiatives in the country

Break of primary participants was as mentioned below:
 By Company Type: Tier I: 55%, Tier II: 25%, Tier III: 20%
 By Designation: C-Level Executives: 35%, Directors: 25%, Others: 40%
 By Region: North America: 20%, Europe: 25%, Asia Pacific : 40%, RoW: 15%
Cardinal Health (US), GE Healthcare (US), and Curium (France) were the leading players in the North American nuclear medicine market.

Research Coverage
This report studies the North American nuclear medicine market based on type, application, procedural volume, and country. The report also studies the different factors (such as drivers, restraints, and opportunities) affecting the market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the North American nuclear medicine market, and their drivers, restraints, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the North American nuclear medicine and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.3 Primary Sources
2.2.4 Key Insights From Primary Sources
2.2.5 Market Size Estimation Methodology
2.2.6 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.7 Market Data Estimation and Triangulation
2.2.8 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 North American Nuclear Medicine Market Overview
4.2 Market, By Type, (2019)
4.3 North American Diagnostic Nuclear Medicine Procedures Market, By Type, 2019–2024
4.4 North American Therapeutic Procedures Market, By Type (2019–2024)
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.1.1 Market Dynamics
5.1.2 Drivers
5.1.2.1 Increasing Incidence and Prevalence of Target Conditions
5.1.2.2 Alpha Radioimmunotherapy-Based Targeted Cancer Treatment
5.1.2.3 Initiatives to Lessen the Demand-Supply Gap of Mo-99
5.1.3 Restraints
5.1.3.1 Short Half-Life of Radiopharmaceuticals
5.1.4 Opportunities
5.1.4.1 Use of Radiopharmaceuticals in Neurological Applications
6 North American Nuclear Medicine/ Radiopharmaceuticals Market: Pipeline Assessment (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Diagnostic Radioisotopes
6.3 Therapeutic Radioisotopes
7 North American Nuclear Medicine/ Radiopharmaceuticals Market, By Type (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Diagnostic Nuclear Medicine
7.2.1 SPECT Radiopharmaceuticals
7.2.1.1 TC-99m
7.2.1.2 TL-201
7.2.1.3 GA-67
7.2.1.4 I-123
7.2.1.5 Other SPECT Isotopes
7.2.2 Pet Radiopharmaceuticals
7.2.2.1 F-18
7.2.2.2 RU-82
7.2.2.3 Other Pet Isotopes
7.3 Therapeutic Nuclear Medicine
7.3.1 Alpha Emitters
7.3.1.1 RA-223
7.3.2 Beta Emitters
7.3.2.1 Iodine-131
7.3.2.2 Y-90
7.3.2.3 SM-153
7.3.2.4 LU-177
7.3.2.5 RH-186
7.3.2.6 Other Beta Emitters
7.3.3 Brachytherapy Isotopes
7.3.3.1 Iodine-125
7.3.3.2 Iridium-192
7.3.3.3 Palladium-103
7.3.3.4 Cesium-131
7.3.3.5 Other Brachytherapy Isotopes
8 North American Nuclear Medicine/Radiopharmaceuticals Market, By Application (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Diagnostic Applications
8.2.1 SPECT Applications
8.2.1.1 Cardiology
8.2.1.1.1 Rising Incidence of CVD has Increased Demand for Cardiac Diagnostic Scans
8.2.1.2 Bone Scans
8.2.1.2.1 Precision of SPECT in Bone Scanning has Driven Dependence on the Technology
8.2.1.3 Thyroid Applications
8.2.1.3.1 Introduction of Dual SPECT/CT Imaging is an Important Trend in the Thyroid Applications Segment
8.2.1.4 Pulmonary Scans
8.2.1.4.1 SPECT/CT has Shown High Accuracy and Sensitivity in Pulmonary Embolism Applications
8.2.1.5 Other SPECT Applications
8.2.2 PET Applications
8.2.2.1 Oncology
8.2.2.1.1 Increasing Cancer Incidence Will Fuel Market Growth
8.2.2.2 Cardiology
8.2.2.2.1 Growing Preference for FDG in Cardiac Imaging is Likely to Boost Market Growth
8.2.2.3 Neurology
8.2.2.3.1 R&D Into Alzheimer’s Disease has Positively Affected Demand for Nuclear Medicine
8.2.2.4 Other PET Applications
8.3 Therapeutic Applications
8.3.1 Thyroid Indications
8.3.1.1 Increasing Prevalence of Thyroid Disorders Will Fuel Market Growth
8.3.2 Bone Metastasis
8.3.2.1 Introduction of Novel Therapies for Bone Metastasis Will Positively Impact the Market
8.3.3 Lymphoma
8.3.3.1 Development of New Isotopes for the Treatment of Lymphoma Presents Huge Growth Opportunities
8.3.4 Endocrine Tumors
8.3.4.1 US Dominates the Therapeutic Nuclear Medicine Market for Endocrine Tumor Applications
8.3.5 Other Indications
9 North American Nuclear Medicine/Radiopharmaceuticals Market: Procedural Volume Assessment (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 Diagnostic Procedures
9.2.1 SPECT Procedures
9.2.2 PET Procedures
9.3 Therapeutic Procedures
9.3.1 Beta Emitter Procedures
9.3.2 Alpha Emitter Procedures
9.3.3 Brachytherapy Procedures
10 North American Nuclear Medicine/Radiopharmaceuticals Market, By Country (Page No. – 86)
10.1 Introduction
10.1.1 US
10.1.1.1 The US Holds the Largest Share of the North American Market
10.1.2 Canada
10.1.2.1 Investments to Secure Medical Isotope Supply are Likely to Boost Market Growth

11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product Launches & Approvals
11.3.2 Expansions
11.3.3 Acquisitions
11.3.4 Agreements,Partnerships, & Collaborations
12 Company Profile (Page No. – 106)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Cardinal Health
12.2 GE Healthcare
12.3 Curium
12.4 Lantheus Medical Imaging, Inc.
12.5 Bayer AG
12.6 Bracco Imaging S.P.A.
12.7 Eczacibaþi-Monrol Nuclear Products
12.8 Nordion, Inc. (A Subsidiary of Sterigenics International)
12.9 Advanced Accelerator Applications (AAA) (A Part of Novartis)
12.10 NTP Radioisotopes Soc, LTD. (A Subsidiary of South African Nuclear Energy Corporation)
12.11 Joint Stock Company Isotope (JSC Isotope)
12.12 Northstar Medical Radioisotopes, LLC
12.13 Eckert & Ziegler
12.14 Jubilant Draximage, Inc. (A Subsidiary of Jubilant Pharma)
12.15 Pharmalogic
12.16 Institute of Isotopes Co., LTD.
12.17 Sinotau Pharmaceuticals Group
12.18 Isotopia Molecular Imaging Limited
12.19 Shine Medical Technologies
12.20 Global Medical Solutions, LTD.
12.21 FDA Approved Radiopharmaceuicals
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 150)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)
【発行日】2020年1月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 4151
【対象地域】北米
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フルオロケミカルの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、フルオロケミカルの世界市場について調査・分析し、フルオロケミカルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・フルオロケミカルの世界市場:市場動向分析 ・フルオロケミカルの世界市場:競争要因分析 ・フルオロケミカルの世界市場:製品別分析/市場規模 ・フルオロケミカルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・フルオロケミカルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・フルオロケミカルの北米市場規模 ・フルオロケミカルの欧州市場規模 ・フルオロケミカルのアジア市場規模 ・フルオロケミカルの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 衛星製造・打ち上げの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、衛星製造・打ち上げの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星製造・打ち上げの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、原材料別(PAN、レーヨン、ピッチ)分析、製品タイプ別(軟質フェルト、硬質フェルト)分析、タイプ別(カーボンフェルト、グラファイトフェルト)分析、用途別(炉、バッテリー、フィルター)分析、カーボンフェルト・グラファイトフェルトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートパイロットシステムの世界市場
    当調査レポートでは、オートパイロットシステムの世界市場について調査・分析し、オートパイロットシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車コントロールパネルの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車コントロールパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海底電力ケーブルの世界市場:タイプ別(シングルコア、マルチコア)、電圧別(中圧、高圧)、導体材料(銅、アルミニウム)、エンドユーザー別(オフショア風力発電、内陸・島嶼部接続、オフショア石油・ガス)、地域別予測
    本資料は、海底電力ケーブルの世界市場について調べ、海底電力ケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(シングルコア、マルチコア)分析、電圧別(中圧、高圧)分析、導体材料(銅、アルミニウム)分析、エンドユーザー別(オフショア風力発電、内陸・島嶼部接続、オフショア石油・ガス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・海底電力ケーブルの世界市場概要 ・海底電力ケーブルの世界市場環境 ・海底電力ケーブルの世界市場動向 ・海底電力ケーブルの世界市場規模 ・海底電力ケーブルの世界市場規模:タイプ別(シングルコア、マルチコア) ・海底電力ケーブルの世界市場規模:電圧別(中圧、高圧) ・海底電力ケーブルの世界市場規模:導体材料(銅、アルミニウム) ・海底電力ケーブルの世界市場規模:エンドユーザー別(オフショア風力発電、内陸・島嶼部接続、オフショア石油・ガス) ・海底電力ケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・海底電力ケーブルの北米市場規模・予測 ・海底 …
  • 世界のプラスチックバック市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチックバック市場2015について調査・分析し、プラスチックバックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大腸菌感染症(Escherichia Coli Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における大腸菌感染症(Escherichia Coli Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、大腸菌感染症(Escherichia Coli Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・大腸菌感染症(Escherichia Coli Infections)の概要 ・大腸菌感染症(Escherichia Coli Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の大腸菌感染症(Escherichia Coli Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・大腸菌感染症(Escheri …
  • 世界の天然抗酸化剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の天然抗酸化剤市場2015について調査・分析し、天然抗酸化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛生陶器・浴室用アクセサリのベトナム市場
  • ポリエチレンワックスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ポリエチレンワックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエチレンワックス市場規模、製品種類別(酸化ポリエチレンワックス、高濃度重合ポリエチレンワックス、低濃度分解、酸修飾、高濃度重合ポリエチレンワックス、その他)分析、工程別(モディフィケーション、熱分解、重合)分析、用途別(印刷インク・塗料、プラスチック加工、熱溶融性接着剤、木材、マスターバッチ、包装、化粧品、ゴム、菓子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリエチレンワックスの世界市場:市場動向分析 ・ ポリエチレンワックスの世界市場:競争要因分析 ・ ポリエチレンワックスの世界市場:製品種類別(酸化ポリエチレンワックス、高濃度重合ポリエチレンワックス、低濃度分解、酸修飾、高濃度重合ポリエチレンワックス、その他) ・ ポリエチレンワックスの世界市場:工程別(モディフィケーション、熱分解、重合) ・ ポリエチレンワックスの世界市場:用途別(印刷インク・塗料 …
  • エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)の概要 ・エボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のエボラ・マールブルク感染症(Ebola and Marburg Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨 …
  • カバーガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カバーガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カバーガラスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 暗視ゴーグルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、暗視ゴーグルの世界市場について調査・分析し、暗視ゴーグルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別暗視ゴーグルシェア、市場規模推移、市場規模予測、暗視ゴーグル種類別分析(イメージインテンシファイア、サーマルイメージ)、暗視ゴーグル用途別分析(工業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・暗視ゴーグルの市場概観 ・暗視ゴーグルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・暗視ゴーグルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・暗視ゴーグルの世界市場規模 ・暗視ゴーグルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・暗視ゴーグルのアメリカ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのカナダ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのメキシコ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・暗視ゴーグルのドイツ市場規模推移 ・暗視ゴーグルのイギリス市場規模推移 ・暗視ゴーグルのロシア市場規模推移 ・暗視ゴーグルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)
    本資料は、スピルリナの世界市場について調べ、スピルリナの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)分析、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スピルリナの世界市場概要 ・スピルリナの世界市場環境 ・スピルリナの世界市場動向 ・スピルリナの世界市場規模 ・スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ) ・スピルリナの世界市場:用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他) ・スピルリナの世界市場:製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤) ・スピルリナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピルリナの北米市場規模・予測 ・スピルリナのアメリカ市場規模・予測 ・スピルリナのヨーロッパ市場規模・予測 ・スピルリナのアジア市場規模・予測 ・スピルリナの日本市場規模・予測 ・スピルリナの中国市 …
  • 世界の仮想ルーター市場2019
    本調査レポートでは、世界の仮想ルーター市場2019について調査・分析し、仮想ルーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、仮想ルーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、仮想ルーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・仮想ルーターの市場概要 ・仮想ルーターの上流・下流市場分析 ・仮想ルーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・仮想ルーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・仮想ルーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・仮想ルーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・仮想ルーターの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・仮想ルーターの北米市場:市場予測(生産 …
  • プリンテッドエレクトロニクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリンテッドエレクトロニクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)の概要 ・複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • 脂肪肉腫(Liposarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脂肪肉腫(Liposarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脂肪肉腫(Liposarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脂肪肉腫(Liposarcoma)の概要 ・脂肪肉腫(Liposarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脂肪肉腫(Liposarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脂肪肉腫(Liposarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脂 …
  • 地元の酒類の世界市場2014-2025:蒸留所規模別(大規模、中規模、小規模)、製品別(ウィスキー、ウォッカ、ジン、ラム、ブランデー、リキュール)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、MEA)
    本調査レポートでは、地元の酒類の世界市場について調査・分析し、地元の酒類の世界市場動向、地元の酒類の世界市場規模、市場予測、セグメント別地元の酒類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、機器)、技術別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)、イムノアッセイなど)、用途別(創薬、診断、個別化医療)、疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他)
    本資料は、バイオマーカー技術の世界市場について調べ、バイオマーカー技術の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(消耗品、機器)分析、用途別(創薬、診断、個別化医療)分析、疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオマーカー技術の世界市場概要 ・バイオマーカー技術の世界市場環境 ・バイオマーカー技術の世界市場動向 ・バイオマーカー技術の世界市場規模 ・バイオマーカー技術の世界市場:市場シェア ・バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、機器) ・バイオマーカー技術の世界市場:技術別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)、イムノアッセイなど) ・バイオマーカー技術の世界市場:用途別(創薬、診断、個別化医療) ・バイオマーカー技術の世界市場:疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他) ・バイオマーカー技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ …
  • 世界のデジタル・パワー・エレクトロニクス市場
  • 世界の腸鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の腸鏡市場2016について調査・分析し、腸鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoV(自動車インターネット)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(Bluetooth、セルラー、Wi-Fi、NFC、その他)、通信タイプ別(Vehicle-to-Vehicle(車-車間)、Vehicle-to-Infrastructure(車-インフラ間)、その他)
    本資料は、IoV(自動車インターネット)の世界市場について調べ、IoV(自動車インターネット)の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、通信タイプ別(Vehicle-to-Vehicle(車-車間)、Vehicle-to-Infrastructure(車-インフラ間)、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IoV(自動車インターネット)の世界市場概要 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場環境 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場動向 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場規模 ・IoV(自動車インターネット)の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・IoV(自動車インターネット)の世界市場:技術別(Bluetooth、セルラー、Wi-Fi、NFC、その他) ・IoV(自動車インターネット)の世界市場:通信タイプ別(Vehicle-to-V …
  • 電気ヒートトレースの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電気ヒートトレースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、電気ヒートトレースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワックスの世界市場
    当調査レポートでは、ワックスの世界市場について調査・分析し、ワックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オレキシン受容体タイプ1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオレキシン受容体タイプ1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体タイプ1アンタゴニストの概要 ・オレキシン受容体タイプ1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオレキシン受容体タイプ1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オレキシン受容体タイプ1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オレキシン受容体タイプ1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 合板の世界市場
    当調査レポートでは、合板の世界市場について調査・分析し、合板の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 合板の世界市場:市場動向分析 - 合板の世界市場:競争要因分析 - 合板の世界市場:用途別 ・熱帯木材の合板 ・軟材の合板 ・装飾的な合板 ・硬材の合板 - 合板の世界市場:主要地域別分析 - 合板の北米市場規模(アメリカ市場等) - 合板のヨーロッパ市場規模 - 合板のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・合板の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ポリウレタンの世界市場:軟質フォーム、硬質フォーム、CASE
    当調査レポートでは、ポリウレタンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ポリウレタンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 治療鍼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、治療鍼の世界市場について調査・分析し、治療鍼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別治療鍼シェア、市場規模推移、市場規模予測、治療鍼種類別分析(使い捨て鍼、非使い捨て鍼)、治療鍼用途別分析(病院、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・治療鍼の市場概観 ・治療鍼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・治療鍼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・治療鍼の世界市場規模 ・治療鍼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・治療鍼のアメリカ市場規模推移 ・治療鍼のカナダ市場規模推移 ・治療鍼のメキシコ市場規模推移 ・治療鍼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・治療鍼のドイツ市場規模推移 ・治療鍼のイギリス市場規模推移 ・治療鍼のロシア市場規模推移 ・治療鍼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・治療鍼の日本市場規模推移 ・治療鍼の中国市場規模推移 ・治療鍼の韓国市場規模推移 ・治療鍼のイン …
  • オーガニックパーソナルケアの世界市場:用途別(化粧品、スキンケア、オーラルケア、ヘアケア)、地域別
    本調査レポートでは、オーガニックパーソナルケアの世界市場について調査・分析し、オーガニックパーソナルケアの世界市場動向、オーガニックパーソナルケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別オーガニックパーソナルケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機用燃料タンクの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用燃料タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(外部、内部)分析、エンドユーズ別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(民間航空、軍事航空)分析、材料別(炭素系複合材料、金属合金、ハイブリッド、ポリマー)分析、航空機用燃料タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空機用燃料タンクの世界市場規模が2019年869百万ドルから2025年954百万ドルまで年平均1.6%成長すると予測しています。
  • わさびの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、わさびの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、わさび市場規模、用途別(食品・飲料、医療・栄養補助食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・わさびの世界市場概要 ・わさびの世界市場環境 ・わさびの世界市場動向 ・わさびの世界市場規模 ・わさびの世界市場:業界構造分析 ・わさびの世界市場:用途別(食品・飲料、医療・栄養補助食品、その他) ・わさびの世界市場:地域別市場規模・分析 ・わさびの北米市場規模・予測 ・わさびのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・わさびのアジア太平洋市場規模・予測 ・わさびの主要国分析 ・わさびの世界市場:意思決定フレームワーク ・わさびの世界市場:成長要因、課題 ・わさびの世界市場:競争環境 ・わさびの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 着色剤の世界市場予測(~2022年):種類(染料、色素、マスターバッチ、カラーコンセントレート )、産業(包装、建築・建設、自動車、テキスタイル、紙・印刷)、地域別分析
    当調査レポートでは、着色剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、着色剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用手術装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用手術装置市場2015について調査・分析し、眼科用手術装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 振動篩の世界市場:種類別(リニア振動篩、円振動篩、その他)、用途別(マイニング、集合体、リサイクル、食品&化学産業、自動車用カスト、その他)、地域別予測
    本資料は、振動篩の世界市場について調べ、振動篩の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(リニア振動篩、円振動篩、その他)分析、用途別(マイニング、集合体、リサイクル、食品&化学産業、自動車用カスト、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはYamaha 、Franz Sander、Stentor、Beth Blackberry、Feng Legend、Kapok、GCV-Violins、JinYin Musical、Bellafina、NS Design、Barcus Berry、Hofner、Silver Creek、Wood Violins、Jonathan Copper などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・振動篩の世界市場概要 ・振動篩の世界市場環境 ・振動篩の世界市場動向 ・振動篩の世界市場規模 ・振動篩の世界市場規模:種類別(リニア振動篩、円振動篩、その他) ・振動篩の世界市場規模:用途別(マイニング、集合体、リサイクル、食品&化学 …
  • 建設用ガラスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設用ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用ガラスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 建設用ガラスは、半透明のグレイジング材料であり、外壁や窓に建材として使用されます。建設用ガラスには、断熱性、太陽光線制御性、安全性、耐火性、防音性、耐化学性、電気抵抗性、インテリアデザイン性等の特性があります。 Technavio社は建設用ガラスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Asahi Glass, • Nippon Sheet Glass, • Central Glass, • Saint-Gobain, • SCHOTT.等です。
  • 点滴製品包装の世界市場:点滴バック包装、カニューレ包装
    当調査レポートでは、点滴製品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、点滴製品包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両牽引車の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道車両牽引車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両牽引車の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 鉄道車両牽引車は、軌道と道路の両方を走行可能な車両であり、鉄道車両を軌道から道路へ、または道路から軌道へ移動させるために使われています。入替機関車と比較して経済的で利便性も高く、操車場や各種工場・製油所・鉱山で貨物輸送に使われています。Technavio社は鉄道車両牽引車の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Trackmobile• Shuttlewagon• Unilokomotive• Rail King等です。
  • インターフェロン受容体結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターフェロン受容体結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターフェロン受容体結合剤の概要 ・インターフェロン受容体結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターフェロン受容体結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターフェロン受容体結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターフェロン受容体結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ワイヤレス検査の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ワイヤレス検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(機器、サービス)分析、技術別(Bluetooth、2G / 3G、4G / 5G、Wi-Fi)分析、用途別(家電、自動車、ITおよび通信、医療機器、航空宇宙および防衛)分析、ワイヤレス検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ワイヤレス検査の世界市場規模が2019年104億ドルから2024年144億ドルまで年平均6.7%成長すると予測しています。
  • メラミン・ホルムアルデヒドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メラミン・ホルムアルデヒドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、メラミン・ホルムアルデヒドの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • こびりつき防止フライパンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、こびりつき防止フライパンの世界市場について調査・分析し、こびりつき防止フライパンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別こびりつき防止フライパンシェア、市場規模推移、市場規模予測、こびりつき防止フライパン種類別分析(PTFE系、セラミック系)、こびりつき防止フライパン用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・こびりつき防止フライパンの市場概観 ・こびりつき防止フライパンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・こびりつき防止フライパンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・こびりつき防止フライパンの世界市場規模 ・こびりつき防止フライパンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・こびりつき防止フライパンのアメリカ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのカナダ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのメキシコ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・こびりつき防 …
  • 世界の溶存酸素計市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶存酸素計市場2015について調査・分析し、溶存酸素計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イベント用ロジスティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、イベント用ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、イベント用ロジスティクスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 イベント用ロジスティクスとは、顧客の要望に沿って、各種イベントの開催に必要な物品・情報の流れを管理・立案するサービスです。また、物品輸送・保管などの代行サービス業者も含まれています。Technavio社はイベント用ロジスティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• DHL International• DB SCHENKER• KUEHNE + NAGEL• UPS• Agility• Rhenus Logistics等です。
  • スマート・ビルディングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート・ビルディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、スマート・ビルディングの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロバイオティクス市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロバイオティクス市場2015について調査・分析し、プロバイオティクスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブルトレイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルトレイの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場について調査・分析し、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)種類別分析(ポリメリックMDI、ピュアMDI、編成MDI )、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)用途別分析(硬質フォーム、軟質フォーム、コーティング、エラストマー、接着剤・シーラント、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の市場概観 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の世界市場規模 ・ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシ …
  • 医療情報交換(HIE)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療情報交換(HIE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、導入方式別分析、アプリケーション別分析、ソリューション別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"