"北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 4151)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“North American nuclear medicine market is projected to grow at a CAGR of 4.1%.”
The North American nuclear medicine market is projected to reach USD 2.7 billion by 2024 from an estimated USD 2.2 billion in 2019, growing at a CAGR of 4.1% during the forecast period. The North American nuclear medicine market has witnessed various advancements in products and their approvals to meet the needs of patients and radiologists worldwide.
Growth in the market can primarily be attributed to factors such as increasing incidence and prevalence of cancer and cardiac ailments and initiatives to lessen the demand-supply gap of Mo-99.

“The Technetium-99m segment to hold the largest share of the SPECT radiopharmaceuticals market in 2019”
Based on type, the SPECT Radiopharmaceuticals market is segmented into Tc-99m, Tl-201, Ga-67, I-123, and other isotopes. In 2019, the Tc-99m segment is expected to hold the largest share of the SPECT radiopharmaceuticals market. The large share of this segment can be attributed to the fact that Tc-99m is the most commonly used diagnostic radioisotope, which is used in around 80–90% of diagnostic scans and around 30 million patient examinations every year.

“The endocrine tumors segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Based on application, the North American nuclear medicine market is categorized into thyroid indications, bone metastasis, lymphoma, endocrine tumors, and other indications. The endocrine tumors segment is expected to be the fastest-growing application segment in the therapeutic nuclear medicine applications market. The growth in this segment is majorly driven by the increasing use of therapeutic radiopharmaceuticals in the treatment of endocrine tumors.

“The US to witness the highest growth during the forecast period.”
The North American nuclear medicine market is segmented into the US and Canada, based on country. The US is expected to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of the market in the US can be attributed to the development of novel technologies for radioisotope production, government funding, and company initiatives in the country

Break of primary participants was as mentioned below:
 By Company Type: Tier I: 55%, Tier II: 25%, Tier III: 20%
 By Designation: C-Level Executives: 35%, Directors: 25%, Others: 40%
 By Region: North America: 20%, Europe: 25%, Asia Pacific : 40%, RoW: 15%
Cardinal Health (US), GE Healthcare (US), and Curium (France) were the leading players in the North American nuclear medicine market.

Research Coverage
This report studies the North American nuclear medicine market based on type, application, procedural volume, and country. The report also studies the different factors (such as drivers, restraints, and opportunities) affecting the market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the North American nuclear medicine market, and their drivers, restraints, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the North American nuclear medicine and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.3 Primary Sources
2.2.4 Key Insights From Primary Sources
2.2.5 Market Size Estimation Methodology
2.2.6 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.7 Market Data Estimation and Triangulation
2.2.8 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 North American Nuclear Medicine Market Overview
4.2 Market, By Type, (2019)
4.3 North American Diagnostic Nuclear Medicine Procedures Market, By Type, 2019–2024
4.4 North American Therapeutic Procedures Market, By Type (2019–2024)
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.1.1 Market Dynamics
5.1.2 Drivers
5.1.2.1 Increasing Incidence and Prevalence of Target Conditions
5.1.2.2 Alpha Radioimmunotherapy-Based Targeted Cancer Treatment
5.1.2.3 Initiatives to Lessen the Demand-Supply Gap of Mo-99
5.1.3 Restraints
5.1.3.1 Short Half-Life of Radiopharmaceuticals
5.1.4 Opportunities
5.1.4.1 Use of Radiopharmaceuticals in Neurological Applications
6 North American Nuclear Medicine/ Radiopharmaceuticals Market: Pipeline Assessment (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Diagnostic Radioisotopes
6.3 Therapeutic Radioisotopes
7 North American Nuclear Medicine/ Radiopharmaceuticals Market, By Type (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Diagnostic Nuclear Medicine
7.2.1 SPECT Radiopharmaceuticals
7.2.1.1 TC-99m
7.2.1.2 TL-201
7.2.1.3 GA-67
7.2.1.4 I-123
7.2.1.5 Other SPECT Isotopes
7.2.2 Pet Radiopharmaceuticals
7.2.2.1 F-18
7.2.2.2 RU-82
7.2.2.3 Other Pet Isotopes
7.3 Therapeutic Nuclear Medicine
7.3.1 Alpha Emitters
7.3.1.1 RA-223
7.3.2 Beta Emitters
7.3.2.1 Iodine-131
7.3.2.2 Y-90
7.3.2.3 SM-153
7.3.2.4 LU-177
7.3.2.5 RH-186
7.3.2.6 Other Beta Emitters
7.3.3 Brachytherapy Isotopes
7.3.3.1 Iodine-125
7.3.3.2 Iridium-192
7.3.3.3 Palladium-103
7.3.3.4 Cesium-131
7.3.3.5 Other Brachytherapy Isotopes
8 North American Nuclear Medicine/Radiopharmaceuticals Market, By Application (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Diagnostic Applications
8.2.1 SPECT Applications
8.2.1.1 Cardiology
8.2.1.1.1 Rising Incidence of CVD has Increased Demand for Cardiac Diagnostic Scans
8.2.1.2 Bone Scans
8.2.1.2.1 Precision of SPECT in Bone Scanning has Driven Dependence on the Technology
8.2.1.3 Thyroid Applications
8.2.1.3.1 Introduction of Dual SPECT/CT Imaging is an Important Trend in the Thyroid Applications Segment
8.2.1.4 Pulmonary Scans
8.2.1.4.1 SPECT/CT has Shown High Accuracy and Sensitivity in Pulmonary Embolism Applications
8.2.1.5 Other SPECT Applications
8.2.2 PET Applications
8.2.2.1 Oncology
8.2.2.1.1 Increasing Cancer Incidence Will Fuel Market Growth
8.2.2.2 Cardiology
8.2.2.2.1 Growing Preference for FDG in Cardiac Imaging is Likely to Boost Market Growth
8.2.2.3 Neurology
8.2.2.3.1 R&D Into Alzheimer’s Disease has Positively Affected Demand for Nuclear Medicine
8.2.2.4 Other PET Applications
8.3 Therapeutic Applications
8.3.1 Thyroid Indications
8.3.1.1 Increasing Prevalence of Thyroid Disorders Will Fuel Market Growth
8.3.2 Bone Metastasis
8.3.2.1 Introduction of Novel Therapies for Bone Metastasis Will Positively Impact the Market
8.3.3 Lymphoma
8.3.3.1 Development of New Isotopes for the Treatment of Lymphoma Presents Huge Growth Opportunities
8.3.4 Endocrine Tumors
8.3.4.1 US Dominates the Therapeutic Nuclear Medicine Market for Endocrine Tumor Applications
8.3.5 Other Indications
9 North American Nuclear Medicine/Radiopharmaceuticals Market: Procedural Volume Assessment (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 Diagnostic Procedures
9.2.1 SPECT Procedures
9.2.2 PET Procedures
9.3 Therapeutic Procedures
9.3.1 Beta Emitter Procedures
9.3.2 Alpha Emitter Procedures
9.3.3 Brachytherapy Procedures
10 North American Nuclear Medicine/Radiopharmaceuticals Market, By Country (Page No. – 86)
10.1 Introduction
10.1.1 US
10.1.1.1 The US Holds the Largest Share of the North American Market
10.1.2 Canada
10.1.2.1 Investments to Secure Medical Isotope Supply are Likely to Boost Market Growth

11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product Launches & Approvals
11.3.2 Expansions
11.3.3 Acquisitions
11.3.4 Agreements,Partnerships, & Collaborations
12 Company Profile (Page No. – 106)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Cardinal Health
12.2 GE Healthcare
12.3 Curium
12.4 Lantheus Medical Imaging, Inc.
12.5 Bayer AG
12.6 Bracco Imaging S.P.A.
12.7 Eczacibaþi-Monrol Nuclear Products
12.8 Nordion, Inc. (A Subsidiary of Sterigenics International)
12.9 Advanced Accelerator Applications (AAA) (A Part of Novartis)
12.10 NTP Radioisotopes Soc, LTD. (A Subsidiary of South African Nuclear Energy Corporation)
12.11 Joint Stock Company Isotope (JSC Isotope)
12.12 Northstar Medical Radioisotopes, LLC
12.13 Eckert & Ziegler
12.14 Jubilant Draximage, Inc. (A Subsidiary of Jubilant Pharma)
12.15 Pharmalogic
12.16 Institute of Isotopes Co., LTD.
12.17 Sinotau Pharmaceuticals Group
12.18 Isotopia Molecular Imaging Limited
12.19 Shine Medical Technologies
12.20 Global Medical Solutions, LTD.
12.21 FDA Approved Radiopharmaceuicals
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 150)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)
【発行日】2020年1月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 4151
【対象地域】北米
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
北米の核医学/放射性医薬品市場:種類別(診断(SPECT-テクネチウム、PET- F-18)、治療(ベータエミッター-I-131、アルファエミッター、近接照射療法-Y-90))、用途別(腫瘍学、心臓病学)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アメリカのホットドリンク包装市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのホットドリンク包装市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのホットドリンク包装市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型ドローンの世界市場:軍用、商用、マイクロ、ミニ、ナノ
    当調査レポートでは、小型ドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、サイズ別分析、ペイロード別分析、推進システム別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の金属ベローズ市場2016
    本調査レポートでは、世界の金属ベローズ市場2016について調査・分析し、金属ベローズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル・トランスフォーメーションの世界市場予測:クラウドコンピューティング、ビックデータ、モビリティ、ソーシャルメディア
    当調査レポートでは、デジタル・トランスフォーメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析、デジタル・トランスフォーメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バストアップ製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バストアップ製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バストアップ製品市場規模、販売経路別(小売店、オンライン店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BauerNutrition, California Exotic Novelties, E.T. Browne Drug, Inlife Pharma, Rozgé Cosmeceuticalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バストアップ製品の世界市場概要 ・バストアップ製品の世界市場環境 ・バストアップ製品の世界市場動向 ・バストアップ製品の世界市場規模 ・バストアップ製品の世界市場:業界構造分析 ・バストアップ製品の世界市場:販売経路別(小売店、オンライン店) ・バストアップ製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・バストアップ製品の北米市場規模・予測 ・バストアップ製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・バストアップ製品のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 物流ロボットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、物流ロボットの世界市場について調査・分析し、物流ロボットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別物流ロボットシェア、市場規模推移、市場規模予測、物流ロボット種類別分析()、物流ロボット用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・物流ロボットの市場概観 ・物流ロボットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・物流ロボットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・物流ロボットの世界市場規模 ・物流ロボットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・物流ロボットのアメリカ市場規模推移 ・物流ロボットのカナダ市場規模推移 ・物流ロボットのメキシコ市場規模推移 ・物流ロボットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・物流ロボットのドイツ市場規模推移 ・物流ロボットのイギリス市場規模推移 ・物流ロボットのロシア市場規模推移 ・物流ロボットのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・物流ロボットの日本市場規模推移 ・物 …
  • 自動車衝突修復の世界市場2014–2025:製品別(塗料・コーティング剤、消耗品・スペアパーツ)、車種別(小型車、大型車)、サービスチャネル別(DIY、OE、DIFM)
    本調査レポートでは、自動車衝突修復の世界市場について調査・分析し、自動車衝突修復の世界市場動向、自動車衝突修復の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車衝突修復市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高容量ガス発電機の世界市場2017-2021:300 kW以下、301-1,000 kW、1,000 kW超
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高容量ガス発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高容量ガス発電機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高容量ガス発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCaterpillar、Cummins、Generac Power Systems、Kohler等です。
  • ヒドラジンヒドラートの世界市場
    当調査レポートでは、ヒドラジンヒドラートの世界市場について調査・分析し、ヒドラジンヒドラートの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • セキュリティロボットの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、セキュリティロボットの世界市場について調査・分析し、セキュリティロボットの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 空気質監視の世界市場:固定ガス、携帯型モニター、粉じん・微粒子モニタ、AQMステーション
    当調査レポートでは、空気質監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、汚染物質別分析、需要先別分析、地域別分析、空気質監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アセチルイソバレリルの世界市場予測2019-2024
    「アセチルイソバレリルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、液状、 粉末状 など、用途別には、Food Industry、Beverage Industry、Chemical Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アセチルイソバレリルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アセチルイソバレリルの世界市場概要(サマリー) ・アセチルイソバレリルの企業別販売量・売上 ・アセチルイソバレリルの企業別市場シェア ・アセチルイソバレリルの世界市場規模:種類別(液状、 粉末状 ) ・アセチルイソバレリルの世界市場規模:用途別(Food Industry、Beverage Industry、Chemical Industry、Others) ・アセチルイソバレリルの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アセチルイソバレリルのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ …
  • スタイリング剤(ヘアケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • ホットメルト接着剤の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ホットメルト接着剤の世界市場について調査・分析し、ホットメルト接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ホットメルト接着剤の世界市場:市場動向分析 - ホットメルト接着剤の世界市場:競争要因分析 - ホットメルト接着剤の世界市場:用途別 製本 不織衛生製品 家具及び木材製品 梱包用剤 その他の用途 - ホットメルト接着剤の世界市場:種類別 アモルファスポリファオレフィン (APAO) エチレンビニールアセテート (EVA) メタロセンポリオレフィン (MPO) スチレンブロック共重合体 (SBC) ポリウレタン(PU) ポリオレフィン ポリアミド その他の種類 - ホットメルト接着剤の世界市場:主要地域別分析 - ホットメルト接着剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - ホットメルト接着剤のヨーロッパ市場規模 - ホットメルト接着剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ホットメルト接着剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自律走行バスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自律走行バスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自律走行バスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自律走行バスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均37.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDailmer、EasyMile、Proterra、Yutong等です。
  • 自動車用照明装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用照明装置の世界市場について調査・分析し、自動車用照明装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • テニスの世界市場
    本資料は、テニスの世界市場について調べ、テニスの世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(アパレル、フットウェア)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、エンドユーザー別(メンズ、ウィメンズ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKingspan Group、RPM、H.B. Fuller Construction Products、SHW、UMGG、Doyle Dickerson Terrazzo HJJC、Guangxi Mishi、Terrazzco、Lijie Technology、Terrazzo USA、Beijing Lu Xing 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テニスの世界市場概要 ・テニスの世界市場環境 ・テニスの世界市場動向 ・テニスの世界市場規模 ・テニスの世界市場規模:製品種類別(アパレル、フットウェア) ・テニスの世界市場規模:流通経路別(オンライン、オフライン) ・テニスの世界市場規模:エンドユーザー …
  • 世界の電解質分析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解質分析装置市場2016について調査・分析し、電解質分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟質プラスチックパッケージングの世界市場2016-2026
  • 結核診断の世界市場の規模と予測:試験別(放射線検査法、診断検査法、核酸検査、ファージアッセイ、潜伏感染の検出、サイトカイン検出アッセイ、薬剤耐性の検出)、セグメント予測、2013-2024
    本調査レポートでは、結核診断の世界市場について調査・分析し、結核診断の世界市場動向、結核診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別結核診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イタリアの整形外科処置動向(~2021)
  • LEDビルボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDビルボードの世界市場について調査・分析し、LEDビルボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDビルボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDビルボード種類別分析(単色ベースカラー、二色ベースカラー、フルカラー)、LEDビルボード用途別分析(室内用、室外用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDビルボードの市場概観 ・LEDビルボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDビルボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDビルボードの世界市場規模 ・LEDビルボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDビルボードのアメリカ市場規模推移 ・LEDビルボードのカナダ市場規模推移 ・LEDビルボードのメキシコ市場規模推移 ・LEDビルボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LEDビルボードのドイツ市場規模推移 ・LEDビルボードのイギリス市場規模推移 ・LEDビルボードのロシ …
  • カイトボーディング用品の世界市場2020-2024:製品別、流通チャンネル別、地域別
    「カイトボーディング用品の世界市場2020-2024」は、カイトボーディング用品について市場概要、市場規模、製品別(カイト、アクセサリー、ボード)分析、流通チャンネル別(小売、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・カイトボーディング用品の世界市場:製品別(カイト、アクセサリー、ボード) ・カイトボーディング用品の世界市場:流通チャンネル別(小売、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 髪修復サービスの世界市場:卵胞ユニット抽出、卵胞ユニット移植、レーザー治療、卵胞ユニットストリップ手術
    当調査レポートでは、髪修復サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、サービス種類別(毛包単位抽出、毛包単位移植、レーザー治療、毛包単位ストリップ手術、その他)分析、性別(男性、女性)分析、サービスプロバイダー別(病院、診療所、および外科センター)分析、地域別分析など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・髪修復サービスの世界市場:サービス種類別(毛包単位抽出、毛包単位移植、レーザー治療、毛包単位ストリップ手術、その他) ・髪修復サービスの世界市場:性別(男性、女性) ・髪修復サービスの世界市場:サービスプロバイダー別(病院、診療所、および外科センター) ・髪修復サービスの世界市場:地域別
  • USBシリアル変換器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、USBシリアル変換器の世界市場について調査・分析し、USBシリアル変換器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別USBシリアル変換器シェア、市場規模推移、市場規模予測、USBシリアル変換器種類別分析(トリプル、コンボ、シングル)、USBシリアル変換器用途別分析(商業グレード、工業グレード)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・USBシリアル変換器の市場概観 ・USBシリアル変換器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・USBシリアル変換器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・USBシリアル変換器の世界市場規模 ・USBシリアル変換器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・USBシリアル変換器のアメリカ市場規模推移 ・USBシリアル変換器のカナダ市場規模推移 ・USBシリアル変換器のメキシコ市場規模推移 ・USBシリアル変換器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・USBシリアル変換器のドイツ市場規模推移 ・USBシリア …
  • アジア太平洋の金属加工油剤市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋の金属加工油剤市場について調査・分析し、アジア太平洋の金属加工油剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 栽培ソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、栽培ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、栽培ソリューション市場規模、用途別(複合環境制御装置(CECE)、農業クラウド、生産サポートソリューション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 栽培ソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ 栽培ソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ 栽培ソリューションの世界市場:用途別(複合環境制御装置(CECE)、農業クラウド、生産サポートソリューション) ・ 栽培ソリューションの世界市場:主要地域別分析 ・ 栽培ソリューションの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 栽培ソリューションのヨーロッパ市場規模 ・ 栽培ソリューションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・栽培ソリューションの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • インドネシアの試験測定機器市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドネシアの試験測定機器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドネシアの試験測定機器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • GABA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABA受容体アゴニストの概要 ・GABA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ベントナイトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベントナイトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベントナイトの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タッチ・センサの世界市場:静電容量式タッチ・センサ、抵抗膜式タッチ・センサ
    当調査レポートでは、タッチ・センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タッチ・センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレールアクスルベアリングとシール市場2019
    本調査レポートでは、世界のレールアクスルベアリングとシール市場2019について調査・分析し、レールアクスルベアリングとシールの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、レールアクスルベアリングとシールのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、レールアクスルベアリングとシールメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レールアクスルベアリングとシールの市場概要 ・レールアクスルベアリングとシールの上流・下流市場分析 ・レールアクスルベアリングとシールのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・レールアクスルベアリングとシールのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レールアクスルベアリングとシールのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・レールアクスルベアリングとシールのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・レールアクスルベアリングとシールの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、 …
  • 吸着装置の世界市場予測(~2023年)
    吸着装置の世界市場は、2018年の3億7,000万米ドルから2023年には4億7,800万米ドルに達し、この期間中5.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、様々な最終用途産業における吸着装置に対する需要の増加、そしてVOC排出量を制限するための厳しい規制が考えられます。一方で、固定床式吸着装置のような低コストの代替品も利用可能であることから、市場の成長は妨げられると予測されます。当調査レポートでは、吸着装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、容量(10,000CFM未満、10,000〜50,000CFM、50,000CFM超)分析、最終用途産業(自動車、化学品、半導体、印刷)分析、吸着装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場予測2019-2024
    「アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、全自動、半自動など、用途別には、Food Industry、Pharma、Cosmetics、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミニウム管充填シーリングマシンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場概要(サマリー) ・アルミニウム管充填シーリングマシンの企業別販売量・売上 ・アルミニウム管充填シーリングマシンの企業別市場シェア ・アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場規模:種類別(全自動、半自動) ・アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場規模:用途別(Food Industry、Pharma、Cosmetics、Others) ・アルミニウム管充填シーリングマシンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミニウム管充填シーリングマシンのアジア市場規模( …
  • タイニーハウスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、タイニーハウスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タイニーハウス市場規模、製品別(移動型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タイニーハウスの世界市場概要 ・タイニーハウスの世界市場環境 ・タイニーハウスの世界市場動向 ・タイニーハウスの世界市場規模 ・タイニーハウスの世界市場:業界構造分析 ・タイニーハウスの世界市場:製品別(移動型、固定型) ・タイニーハウスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タイニーハウスのアメリカ市場規模・予測 ・タイニーハウスのヨーロッパ市場規模・予測 ・タイニーハウスのアジア市場規模・予測 ・タイニーハウスの主要国分析 ・タイニーハウスの世界市場:意思決定フレームワーク ・タイニーハウスの世界市場:成長要因、課題 ・タイニーハウスの世界市場:競争環境 ・タイニーハウスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • シュガーフリー食品・飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シュガーフリー食品・飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シュガーフリー食品・飲料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のカビ毒吸着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のカビ毒吸着剤市場2015について調査・分析し、カビ毒吸着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 蛋白質成分の世界市場:動物性蛋白質、植物性蛋白質
    当調査レポートでは、蛋白質成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、蛋白質成分の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の冷熱パッド市場2015
    本調査レポートでは、世界の冷熱パッド市場2015について調査・分析し、冷熱パッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドの火力発電市場2016
  • 電力線搬送通信(PLCC)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、電力線搬送通信(PLCC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調査・分析し、ホワイトボックスサーバーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホワイトボックスサーバーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ホワイトボックスサーバー種類別分析(ラックマウントサーバ、ブレードサーバ、フルキャビネット型サーバ)、ホワイトボックスサーバー用途別分析(データセンター、企業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホワイトボックスサーバーの市場概観 ・ホワイトボックスサーバーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホワイトボックスサーバーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホワイトボックスサーバーのアメリカ市場規模推移 ・ホワイトボックスサーバーのカナダ市場規模推移 ・ホワイトボックスサーバーのメキシコ市場規模推移 ・ホワイトボックスサーバーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシ …
  • 赤痢菌(シゲラ)用ワクチンの世界市場機会分析
  • 背部痛(Back Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における背部痛(Back Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、背部痛(Back Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・背部痛(Back Pain)の概要 ・背部痛(Back Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の背部痛(Back Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・背部痛(Back Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・背部痛(Back Pain)治療薬開発 …
  • 日本の市場見通し(~2021年)
  • 世界のイムモビライザー市場2015
    本調査レポートでは、世界のイムモビライザー市場2015について調査・分析し、イムモビライザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタンパク質アッセイ市場規模・予測2017-2025:商品別(試薬、キット、機器)、種類別(色素結合、試験紙、銅イオン)、用途別(創薬&開発、病状診断)、技術別(蛍光ベース、比色分析)、エンドユーザー別(医薬品、臨床ラボ、病院、学術研究機関)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のタンパク質アッセイ市場について調査・分析し、世界のタンパク質アッセイ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のタンパク質アッセイ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 航空貨物パレットの世界市場予測2019-2024
    「航空貨物パレットの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ローワーデッキ、メインデッキなど、用途別には、Cargo Air Transport、Civil Air Transport、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空貨物パレットのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空貨物パレットの世界市場概要(サマリー) ・航空貨物パレットの企業別販売量・売上 ・航空貨物パレットの企業別市場シェア ・航空貨物パレットの世界市場規模:種類別(ローワーデッキ、メインデッキ) ・航空貨物パレットの世界市場規模:用途別(Cargo Air Transport、Civil Air Transport、Other) ・航空貨物パレットの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空貨物パレットのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空貨物パレットの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリ …
  • 遺伝子パネルの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、遺伝子パネルの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(小パネルテスト、大パネルテスト)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・遺伝子パネルの世界市場:製品別(小パネルテスト、大パネルテスト) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"