"中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3358)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Initiatives by governments and corporates to promote emerging technologies, such as cloud and analytics, to propel the Middle East cloud applications market growth
The Middle East cloud applications market size is expected to grow from USD 2.0 billion in 2019 to USD 4.5 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 17.5% during the forecast period. In this region, the Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI), government, and energy and utilities verticals are shifting toward the adoption of cloud computing services rapidly. According to a survey done by Cisco, cloud traffic is expected to surge between 2016 and 2021. Moreover, the region is receiving investments for infrastructure by leading market players. The increased awareness of cloud applications, lower operational costs, scalability, and disaster recovery are a few factors driving the adoption of cloud computing in this region. Major US-based tech companies such as Google, Microsoft, and AWS have shown interest and launched their data centers in the region.

Among applications, the CRM segment to hold a significant market share in 2019
Cloud Enterprise Resource Management (ERM) solutions are deployed over the cloud environment and make the use of cloud computing platforms and services to provide businesses with flexible business process transformations. ERM implementation revolutionizes management across large enterprises and Small and Medium-sized Enterprises (SMEs), helping them improve their operations and making them manageable and more transparent. Vendors offer cloud-hosted ERM solutions that efficiently help organizations manage processes across functions, such as finance, marketing, sales, operations, and human resource. The major solution suppliers offer supporting services, such as integration and training, along with support and maintenance, for the smooth transition and implementation of cloud ERM solutions.

Under verticals, the BFSI vertical to hold the highest market share in 2019
The Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI) vertical is adopting digitalization initiatives at a rapid pace to meet the rising customer expectations and sustain the highly competitive market. Cloud-based services help vendors efficiently meet IT needs, while they also assist in saving Capital Expenditure (CAPEX) and Operating Expenditure (OPEX). The banking sector needs to store and manage customers’ confidential information, such as credit card details, transaction details, and personal information. This data needs to be securely stored as losing such data might result in customer loss and may create a negative brand value in the market. This is leading to the growing adoption of cloud computing services.

The UAE to record the highest growth rate during the forecast period
The adoption of cloud applications in the United Arab Emirates (UAE) has grown significantly in the last decade. In December 2018, according to a report developed by Dubai Silicon Oasis Authority (DSOA) and IBM in collaboration with Thomson Reuters, 70% of startup enterprises are currently leveraging the benefits of cloud computing services and are planning to spend more on cloud services in the next 2 years. The major challenges faced by them are data privacy concerns, compliance and regulatory issues, and infrastructure integration problems. To deal with these challenges, major cloud vendors are opening their data centers and business operations in this country due to the increasing customer potential and rising digital transformation initiatives. Several cloud players are establishing their data centers in the Middle East to accelerate the adoption of cloud computing and reach out to a broad customer base in the UAE.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the Middle East cloud applications market.
• By company type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 43%
• By designation: C-level – 62%, Directors – 20%, and Others – 18%
• By region: North America – 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, MEA– 5%, and Latin America- 5%
Major vendors offering cloud applications across the region include SAP (Germany), Oracle (US), Microsoft (US), Infor (US), Salesforce (US), Sage Group (UK), IBM (US), Epicor (US), 3I Infotech (India), Ramco Systems (India), Prolitus Technologies (India), IFS (Sweden), and QAD (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the Middle East cloud applications market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research coverage
The market study covers the Middle East cloud applications market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as applications, organization size, verticals, and countries. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall Middle East cloud applications market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Middle East Cloud Applications Market
4.2 Middle East Cloud Applications Market, By Application (2019 Vs. 2024)
4.3 Middle East Cloud Applications Market, By Organization Size (2019 Vs. 2024)
4.4 Middle East Cloud Applications Market, By Vertical (2019 Vs. 2024)
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Investment in Digital Transformation By Governments
5.2.1.2 Business Expansion By Global Vendors to Gain the First-Mover Advantage
5.2.1.3 Initiatives By Government Organizations to Promote the Latest Technologies
5.2.1.4 Increased Awareness of the Benefits of Cloud and Its Adjacent Technologies Among Enterprises
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Addressing Governance and Compliance Requirements
5.2.2.2 Limited Bandwidth Providers and Lack of Access to High-Speed Internet
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Improving Network Connectivity to Provide Seamless Saas Implementation
5.2.3.2 Telecom Service Providers Leveraging Existing Infrastructure to Offer Cloud-Based Services
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Latency and Workload Complexities in the Cloud Environment
5.3 Regulatory Landscape
5.3.1 Regulations in United Arab Emirates
5.3.1.1 UAE Civil Code Number 5 of 1985 on the Civil Transactions Law
5.3.1.2 UAE Federal Law Number 2 on the Prevention of It Crimes
5.3.1.3 Federal Law Number 1 of 2006 Concerning Electronic Transactions and Ecommerce
5.3.1.4 Dubai International Financial Centre Law Number 5 of 2012
5.3.1.5 Electronic Transactions Law, Difc Law Number 2 of 2017
5.3.2 Regulations in Saudi Arabia
5.3.2.1 Law Number 20 of 2014 Pertaining to Electronic Transactions
5.3.2.2 Anti-Cyber Crime Law
5.3.2.3 Saudi Arabia Telecommunications Act
5.3.2.4 Shariah Principles
5.3.3 Regulations in Qatar
5.3.3.1 Penal Code: Law 11 of 2004
5.3.3.2 Electronic Commerce and Transactions Law
5.3.3.3 Telecommunications Law
5.3.3.4 Banking Law: Law 33 of 2006
5.3.3.5 Qatar Computer Emergency Response Team (Q–CERT)
5.3.3.6 Data Protection and Privacy Law
6 Middle East Cloud Applications Market, By Application (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Enterprise Resource Management
6.2.1 Enterprise Resource Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.3 Customer Relationship Management
6.3.1 Customer Relationship Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.4 Human Capital Management
6.4.1 Human Capital Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.5 Supply Chain Management
6.5.1 Supply Chain Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.6 Business Intelligence and Analytics
6.6.1 Business Intelligence and Analytics: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.7 Collaboration and Content Management
6.7.1 Collaboration and Content Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.8 Others
7 Middle East Cloud Applications Market, By Organization Size (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 Large Enterprises: Middle East Cloud Applications Market Drivers
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Middle East Cloud Applications Market Drivers
8 Middle East Cloud Applications Market, By Vertical (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Banking, Financial Services, and Insurance
8.3 Energy and Utilities
8.4 Government and Public Sector
8.5 Healthcare and Life Sciences
8.6 Manufacturing
8.7 Retail and Consumer Goods
8.8 Telecommunications
8.9 Other Verticals
9 Middle East Cloud Applications Market, By Country (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Saudi Arabia
9.2.1 Saudi Arabia: Middle East Cloud Applications Market Drivers
9.3 United Arab Emirates
9.3.1 United Arab Emirates: Middle East Cloud Applications Market Drivers
9.4 Qatar
9.4.1 Qatar: Middle East Cloud Applications Market Drivers
9.5 Rest of Middle East
9.5.1 Rest of Middle East: Middle East Cloud Applications Market Drivers
10 Competitive Landscape (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 New Product Launches
10.2.2 Acquisitions
10.2.3 Partnerships
10.2.4 Business Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 82)
11.1 Introduction
(Business Overview, Applications Offered, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.2 SAP
11.3 Microsoft
11.4 Oracle
11.5 Infor
11.6 Salesforce
11.7 Sage
11.8 IBM
11.9 Epicor
11.10 Ramco Systems
11.11 3i Infotech
11.12 Prolitus Technologies
11.13 IFS
11.14 QAD
*Details on Business Overview, Applications Offered, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 103)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別
【発行日】2020年1月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3358
【対象地域】中東
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 耐熱塗料の世界市場
    当調査レポートでは、耐熱塗料の世界市場について調査・分析し、耐熱塗料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・耐熱塗料の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・耐熱塗料の世界市場:セグメント別市場分析 ・耐熱塗料の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 再生医療の世界市場予測(~2024年)
    再生医療の世界市場は、2019年の133億米ドルから2024年には387億米ドルに達し、この期間中23.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がん発生率の上昇、高齢者人口の増加、CAR-T細胞療法などの再生医療の技術的シフト、ヘルスケアセクターの成長や可処分所得の上昇につながる経済が考えられます。当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(細胞ベースの免疫療法・細胞療法、組織工学、遺伝子治療)分析、用途別(創傷・皮膚損傷、筋骨格系疾患、腫瘍)分析、再生医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器セキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション(暗号化、アンチウイルス、アイデンティティ&アクセス管理)別分析、サービス別分析、タイプ別分析、需要先別分析、医療機器セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシェード機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートシェード機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートシェード機器の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペプシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のペプシン市場2015について調査・分析し、ペプシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国の蛍光スクリーン市場2017-2022
  • 糖鎖生物学グライコミクス/グリコバイオロジーの世界市場予測(~2021):製品別(酵素(グリコシルトランスフェラーゼ、グリコシダーゼ)、機器別(高速液体クロマトグラフィー(HPLS)、質量分析、マトリックス支援レーザー脱離イオン化-飛行時間型質量分析(MALDITOF))、キットおよび試薬別(糖タンパク質))、用途別(診断、創薬、腫瘍学)、エンドユーザー 別
    当調査レポートでは、糖鎖生物学グライコミクス/グリコバイオロジーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、糖鎖生物学グライコミクス/グリコバイオロジーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Janusキナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるJanusキナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Janusキナーゼ1阻害剤の概要 ・Janusキナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のJanusキナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Janusキナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Janusキナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • IoTマネタイゼーション(収益化)市場:事例分析、活用事例
  • 世界の高速レールギアボックス市場2019
    本調査レポートでは、世界の高速レールギアボックス市場2019について調査・分析し、高速レールギアボックスの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、高速レールギアボックスのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、高速レールギアボックスメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・高速レールギアボックスの市場概要 ・高速レールギアボックスの上流・下流市場分析 ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・高速レールギアボックスのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速レールギアボックスの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高速レールギアボックスの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高速 …
  • 移植可能な生物材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、移植可能な生物材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、移植可能な生物材料市場規模、材料別(天然材料、セラミックス、ポリマー、金属)分析、用途別(歯科、心臓血管、眼科、整形外科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 移植可能な生物材料の世界市場:市場動向分析 ・ 移植可能な生物材料の世界市場:競争要因分析 ・ 移植可能な生物材料の世界市場:材料別(天然材料、セラミックス、ポリマー、金属) ・ 移植可能な生物材料の世界市場:用途別(歯科、心臓血管、眼科、整形外科、その他) ・ 移植可能な生物材料の世界市場:主要地域別分析 ・ 移植可能な生物材料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 移植可能な生物材料のヨーロッパ市場規模 ・ 移植可能な生物材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・移植可能な生物材料の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • フォトレジスト及びフォトレジスト付属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フォトレジスト及びフォトレジスト付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトレジスト及びフォトレジスト付属品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフォトレジスト及びフォトレジスト付属品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• JSR, • TOKYO OHKA KOGYA,• Merck • The Dow Chemical Company.等です。
  • 化学療法誘発性好中球減少(Chemotherapy Induced Neutropenia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性好中球減少(Chemotherapy Induced Neutropenia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性好中球減少(Chemotherapy Induced Neutropenia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性好中球減少(Chemotherapy Induced Neutropenia)の概要 ・化学療法誘発性好中球減少(Chemotherapy Induced Neutropenia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性好中球減少(Chemotherapy Induced Neutropenia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND …
  • 医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場2017-2021 
    当調査レポートでは、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハラール成分の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ハラール成分の世界市場規模が2017年401.7億ドルから2026年774.7億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ハラール成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハラール成分市場規模、成分種類別(製薬産業用成分、化粧品産業用成分、食品・飲料産業用成分)分析、エンドユーザー別(飲料産業、化粧品産業、製薬産業、食品産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ハラール成分の世界市場:市場動向分析 ・ ハラール成分の世界市場:競争要因分析 ・ ハラール成分の世界市場:成分種類別(製薬産業用成分、化粧品産業用成分、食品・飲料産業用成分) ・ ハラール成分の世界市場:エンドユーザー別(飲料産業、化粧品産業、製薬産業、食品産業) ・ ハラール成分の世界市場:主要地域別分析 ・ ハラール成分の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ハラール成分のヨーロッパ市場規模 ・ ハラール成分の …
  • 苦情管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、タイプ別(統合、スタンドアロン)、展開別(クラウド、オンプレミス)、業種別(BFSI、小売、政府および公共部門、ITおよびテレコム、ホスピタリティ)
    本市場調査レポートでは苦情管理ソフトウェアについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、タイプ別(統合、スタンドアロン)分析、展開別(クラウド、オンプレミス)分析、業種別(BFSI、小売、政府および公共部門、ITおよびテレコム、ホスピタリティ)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・苦情管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・苦情管理ソフトウェアの世界市場:タイプ別(統合、スタンドアロン) ・苦情管理ソフトウェアの世界市場:展開別(クラウド、オンプレミス) ・苦情管理ソフトウェアの世界市場:業種別(BFSI、小売、政府および公共部門、ITおよびテレコム、ホスピタリティ) ・苦情管理ソフトウェアの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 真菌症(Mycoses):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真菌症(Mycoses)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真菌症(Mycoses):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真菌症(Mycoses)のフェーズ3治験薬の状況 ・真菌症(Mycoses)治療薬の市場規模(販売予測) ・真菌症(Mycoses)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真菌症(Mycoses)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真菌症(Mycoses)治療薬剤
  • デブリスローダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デブリスローダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デブリスローダー市場規模、製品別(スキッドマウント型、ヒッチマウント型)分析、エンドユーザー別(業務用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デブリスローダーの世界市場概要 ・デブリスローダーの世界市場環境 ・デブリスローダーの世界市場動向 ・デブリスローダーの世界市場規模 ・デブリスローダーの世界市場:業界構造分析 ・デブリスローダーの世界市場:製品別(スキッドマウント型、ヒッチマウント型) ・デブリスローダーの世界市場:エンドユーザー別(業務用、住宅用) ・デブリスローダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デブリスローダーの北米市場規模・予測 ・デブリスローダーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デブリスローダーのアジア太平洋市場規模・予測 ・デブリスローダーの主要国分析 ・デブリスローダーの世界市場:意思決定フレームワーク ・デブリ …
  • 世界の自動車タイロッド・エンド市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車タイロッド・エンド市場2016について調査・分析し、自動車タイロッド・エンドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 世界の医療用ベッド付属品市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用ベッド付属品市場2015について調査・分析し、医療用ベッド付属品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酢酸エチルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酢酸エチルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酢酸エチル市場規模、用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Jubilant Life Sciences, Lonza, SEKABなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酢酸エチルの世界市場概要 ・酢酸エチルの世界市場環境 ・酢酸エチルの世界市場動向 ・酢酸エチルの世界市場規模 ・酢酸エチルの世界市場:業界構造分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他) ・酢酸エチルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酢酸エチルの北米市場規模・予測 ・酢酸エチルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酢酸エチルのアジア太平洋市場規模・予測 ・酢酸エチルの主要国分析 ・酢酸 …
  • ディセプション技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディセプション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディセプション技術の世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の概要 ・市場の状況 ・導入モデル別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・購買基準 ・ファイブフォース分析 ・競争状況 ・付録
  • ストーンベニアの世界市場:製品別(レッジストーン、キャッスルストーン、スプリットフェイス)、用途別(建築、装飾、その他)、地域別予測
    本資料は、ストーンベニアの世界市場について調べ、ストーンベニアの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(レッジストーン、キャッスルストーン、スプリットフェイス)分析、用途別(建築、装飾、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBoral、Stone Works、Sunset Stone、Pro-Via、Reno Stone、Boulder、Eldorado Stone、Ply Gem Stone、Quality Stone Veneer などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ストーンベニアの世界市場概要 ・ストーンベニアの世界市場環境 ・ストーンベニアの世界市場動向 ・ストーンベニアの世界市場規模 ・ストーンベニアの世界市場規模:製品別(レッジストーン、キャッスルストーン、スプリットフェイス) ・ストーンベニアの世界市場規模:用途別(建築、装飾、その他) ・ストーンベニアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ストーンベニアの北米市場規模・予測 …
  • サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ4阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ4阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 北米の移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 心臓メースメーカーの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、心臓メースメーカーの世界市場について調査・分析し、心臓メースメーカーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 心臓メースメーカーの世界市場:市場動向分析 - 心臓メースメーカーの世界市場:競争要因分析 - 心臓ペースメーカーの世界市場:製品別 ・体外式 ・埋込式 - 心臓ペースメーカーの世界市場:技術別 ・両室 ・単腔 ・二腔 - 心臓ペースメーカーの世界市場:最終用途別 ・クリニック・病院 ・通院外科診療所(ASC) ・心臓治療センター - 心臓メースメーカーの世界市場:主要地域別分析 - 心臓メースメーカーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 心臓メースメーカーのヨーロッパ市場規模 - 心臓メースメーカーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・心臓メースメーカーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ビタミン消費の世界市場:製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他)、用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料)、地域別予測
    本資料は、ビタミン消費の世界市場について調べ、ビタミン消費の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他)分析、用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビタミン消費の世界市場概要 ・ビタミン消費の世界市場環境 ・ビタミン消費の世界市場動向 ・ビタミン消費の世界市場規模 ・ビタミン消費の世界市場規模:製品別(ビタミンA、ビタミンB5、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB3、ビタミンD3、その他) ・ビタミン消費の世界市場規模:用途別(医薬品・化粧品、飼料添加物、食品・飲料) ・ビタミン消費の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビタミン消費の北米市場規模・予測 ・ビタミン消費のアメリカ市場規模・予測 ・ビタミン消費のヨーロッパ市場規模・予測 ・ビタミン消費のアジア市場規模・予測 ・ビタミン消費の日本市場規模・予測 ・ビタミン消費 …
  • HMC(ハイブリッドメモリーキューブ)及びHBM(広帯域メモリー)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、HMC(ハイブリッドメモリーキューブ)及びHBM(広帯域メモリー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、容量別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙資源採掘の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、宇宙資源採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、段階別(宇宙船設計、打ち上げ、オペレーション)分析、小惑星タイプ別(Cタイプ、Mタイプ、Sタイプ)分析、用途別(建設、燃料、その他)分析、地球-小惑星間距離別分析、宇宙資源採掘の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カプロラクタムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ナイロン6繊維(テキスタイル、工業、カーペット用フィラメント、ステープルファイバー)・ナイロン6エンジニアリングプラスチック(自動車、電気・電子、産業・機械、ワイヤー&ケーブル))分析、カプロラクタムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オメガ3の世界市場:用途別(栄養補助食品・機能性食品、ペットフード・動物用飼料、医薬品、乳児用調製粉乳)、地域別(北米、APAC)
    本調査レポートでは、オメガ3の世界市場について調査・分析し、オメガ3の世界市場動向、オメガ3の世界市場規模、市場予測、セグメント別オメガ3市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原子力廃炉サービスの世界市場:原子炉タイプ別(PWR、BWR、GCR)、戦略別(即時解体、遅延解体、遮蔽隔離)、容量別(800MW以下、801~1,000MW、1,000MW超)、地域別予測
    本資料は、原子力廃炉サービスの世界市場について調べ、原子力廃炉サービスの世界規模、市場動向、市場環境、原子炉タイプ別(PWR、BWR、GCR)分析、戦略別(即時解体、遅延解体、遮蔽隔離)分析、容量別(800MW以下、801~1,000MW、1,000MW超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・原子力廃炉サービスの世界市場概要 ・原子力廃炉サービスの世界市場環境 ・原子力廃炉サービスの世界市場動向 ・原子力廃炉サービスの世界市場規模 ・原子力廃炉サービスの世界市場規模:原子炉タイプ別(PWR、BWR、GCR) ・原子力廃炉サービスの世界市場規模:戦略別(即時解体、遅延解体、遮蔽隔離) ・原子力廃炉サービスの世界市場規模:容量別(800MW以下、801~1,000MW、1,000MW超) ・原子力廃炉サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・原子力廃炉サービスの北米市場規模・予測 ・原子力廃炉サービスのアメリカ市場規模・予測 ・原子力廃炉サー …
  • ニュートリコスメティクスの世界市場
    当調査レポートでは、ニュートリコスメティクスの世界市場について調査・分析し、ニュートリコスメティクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 石灰の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、石灰の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石灰の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧洗浄機の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、高圧洗浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧洗浄機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧洗浄機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alfred Kärcher、Briggs & Stratton、FNA Group、Generac Power Systems、Nilfisk Group等です。
  • 世界の超音波装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、超音波装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・超音波装置の概要 ・超音波装置の開発動向:開発段階別分析 ・超音波装置の開発動向:セグメント別分析 ・超音波装置の開発動向:領域別分析 ・超音波装置の開発動向:規制Path別分析 ・超音波装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別超音波装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・超音波装置の最近動向
  • イスラエルの股関節再建装置市場見通し
  • アドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アドレナリン作用取り込み阻害剤の概要 ・アドレナリン作用取り込み阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアドレナリン作用取り込み阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アドレナリン作用取り込み阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アドレナリン作用取り込み阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 仮想プライベートサーバーの世界市場:タイプ別(管理VPS、非管理VPS)、オペレーティングシステム別(Windows、Linux)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(ITおよびテレコミュニケーション、小売、BFSI、製造、ヘルスケア、その他)
    当調査レポートでは、仮想プライベートサーバーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、オペレーティングシステム別分析、組織規模別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・仮想プライベートサーバーの世界市場:タイプ別(管理VPSおよび非管理VPS) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:オペレーティングシステム別(Windows、Linux) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:業種別(ITおよびテレコミュニケーション、小売、BFSI、製造、ヘルスケア、その他) ・仮想プライベートサーバーの世界市場:地域別 ・競合分析
  • 自転車用カーボンホイールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自転車用カーボンホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自転車用カーボンホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自転車用カーボンホイールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均26.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Giant Bicycles• Mavic• Zelvy• Zipp Speed Weaponry等です。
  • 乗車券発券機(TVM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乗車券発券機(TVM)の世界市場について調査・分析し、乗車券発券機(TVM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乗車券発券機(TVM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、乗車券発券機(TVM)種類別分析(非現金支払い型、現金支払い型)、乗車券発券機(TVM)用途別分析(地下鉄駅、鉄道駅、バスターミナル)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乗車券発券機(TVM)の市場概観 ・乗車券発券機(TVM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乗車券発券機(TVM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乗車券発券機(TVM)の世界市場規模 ・乗車券発券機(TVM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乗車券発券機(TVM)のアメリカ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のカナダ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のメキシコ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・乗車券発券機(TVM …
  • 化粧品包装の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、化粧品包装の世界市場について調べ、化粧品包装の世界規模、市場動向、市場環境、材料の種類別(ガラス、紙、プラスチック、金属、その他)分析、用途別(スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、ネイルケア)分析、容器の種類別(ジャー、チューブ、ボトル、ポンプ・ディスペンサー、サシェ、その他)分析、容量別(50ml未満、50~100ml、100~150ml、150~200ml、200ml超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・化粧品包装の世界市場動向 ・化粧品包装の世界市場環境 ・化粧品包装の世界市場規模 ・化粧品包装の世界市場規模:材料の種類別(ガラス、紙、プラスチック、金属、その他) ・化粧品包装の世界市場規模:用途別(スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、ネイルケア) ・化粧品包装の世界市場規模:容器の種類別(ジャー、チューブ、ボトル、ポンプ・ディスペンサー、サシェ、その他 …
  • クリアブライン液の世界市場
    当調査レポートでは、クリアブライン液の世界市場について調査・分析し、クリアブライン液の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の水性塗料市場2015について調査・分析し、水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアリングプラスチックの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ポリアミド(PA)、ポリカーボネート(PC)、ポリアセタール(POM)、ポリエステル(PBT)、ABS樹脂(ABS)、スチレンアクリル(SAN)
  • 抗酸化剤の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、抗酸化剤の世界市場について調査・分析し、抗酸化剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・抗酸化剤の世界市場:市場動向分析 ・抗酸化剤の世界市場:競争要因分析 ・抗酸化剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・抗酸化剤の世界市場:天然系抗酸化剤 別分析/市場規模 ・抗酸化剤の世界市場:合成抗酸化剤 別分析/市場規模 ・抗酸化剤の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・抗酸化剤の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・抗酸化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・抗酸化剤の北米市場規模 ・抗酸化剤の欧州市場規模 ・抗酸化剤のアジア市場規模 ・抗酸化剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • スマートガラスの世界市場予測(~2022年):SPD(浮遊粒子デバイス)ガラス、エレクトロクロミックガラス、PDLCガラス、サーモクロミックガラス、フォトクロミックガラス
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、スマートガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマグネシウム サルフェート市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウム サルフェート市場2015について調査・分析し、マグネシウム サルフェートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド種子のインド市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッド種子のインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド種子のインド市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハイブリッド種子のインド市場が2017-2021年期間中に年平均12.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bayer CropScience• Mahyco• Nuziveedu Seeds• Rasi Seeds等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"