"中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3358)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Initiatives by governments and corporates to promote emerging technologies, such as cloud and analytics, to propel the Middle East cloud applications market growth
The Middle East cloud applications market size is expected to grow from USD 2.0 billion in 2019 to USD 4.5 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 17.5% during the forecast period. In this region, the Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI), government, and energy and utilities verticals are shifting toward the adoption of cloud computing services rapidly. According to a survey done by Cisco, cloud traffic is expected to surge between 2016 and 2021. Moreover, the region is receiving investments for infrastructure by leading market players. The increased awareness of cloud applications, lower operational costs, scalability, and disaster recovery are a few factors driving the adoption of cloud computing in this region. Major US-based tech companies such as Google, Microsoft, and AWS have shown interest and launched their data centers in the region.

Among applications, the CRM segment to hold a significant market share in 2019
Cloud Enterprise Resource Management (ERM) solutions are deployed over the cloud environment and make the use of cloud computing platforms and services to provide businesses with flexible business process transformations. ERM implementation revolutionizes management across large enterprises and Small and Medium-sized Enterprises (SMEs), helping them improve their operations and making them manageable and more transparent. Vendors offer cloud-hosted ERM solutions that efficiently help organizations manage processes across functions, such as finance, marketing, sales, operations, and human resource. The major solution suppliers offer supporting services, such as integration and training, along with support and maintenance, for the smooth transition and implementation of cloud ERM solutions.

Under verticals, the BFSI vertical to hold the highest market share in 2019
The Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI) vertical is adopting digitalization initiatives at a rapid pace to meet the rising customer expectations and sustain the highly competitive market. Cloud-based services help vendors efficiently meet IT needs, while they also assist in saving Capital Expenditure (CAPEX) and Operating Expenditure (OPEX). The banking sector needs to store and manage customers’ confidential information, such as credit card details, transaction details, and personal information. This data needs to be securely stored as losing such data might result in customer loss and may create a negative brand value in the market. This is leading to the growing adoption of cloud computing services.

The UAE to record the highest growth rate during the forecast period
The adoption of cloud applications in the United Arab Emirates (UAE) has grown significantly in the last decade. In December 2018, according to a report developed by Dubai Silicon Oasis Authority (DSOA) and IBM in collaboration with Thomson Reuters, 70% of startup enterprises are currently leveraging the benefits of cloud computing services and are planning to spend more on cloud services in the next 2 years. The major challenges faced by them are data privacy concerns, compliance and regulatory issues, and infrastructure integration problems. To deal with these challenges, major cloud vendors are opening their data centers and business operations in this country due to the increasing customer potential and rising digital transformation initiatives. Several cloud players are establishing their data centers in the Middle East to accelerate the adoption of cloud computing and reach out to a broad customer base in the UAE.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the Middle East cloud applications market.
• By company type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 43%
• By designation: C-level – 62%, Directors – 20%, and Others – 18%
• By region: North America – 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, MEA– 5%, and Latin America- 5%
Major vendors offering cloud applications across the region include SAP (Germany), Oracle (US), Microsoft (US), Infor (US), Salesforce (US), Sage Group (UK), IBM (US), Epicor (US), 3I Infotech (India), Ramco Systems (India), Prolitus Technologies (India), IFS (Sweden), and QAD (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the Middle East cloud applications market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research coverage
The market study covers the Middle East cloud applications market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as applications, organization size, verticals, and countries. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall Middle East cloud applications market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Middle East Cloud Applications Market
4.2 Middle East Cloud Applications Market, By Application (2019 Vs. 2024)
4.3 Middle East Cloud Applications Market, By Organization Size (2019 Vs. 2024)
4.4 Middle East Cloud Applications Market, By Vertical (2019 Vs. 2024)
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Investment in Digital Transformation By Governments
5.2.1.2 Business Expansion By Global Vendors to Gain the First-Mover Advantage
5.2.1.3 Initiatives By Government Organizations to Promote the Latest Technologies
5.2.1.4 Increased Awareness of the Benefits of Cloud and Its Adjacent Technologies Among Enterprises
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Addressing Governance and Compliance Requirements
5.2.2.2 Limited Bandwidth Providers and Lack of Access to High-Speed Internet
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Improving Network Connectivity to Provide Seamless Saas Implementation
5.2.3.2 Telecom Service Providers Leveraging Existing Infrastructure to Offer Cloud-Based Services
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Latency and Workload Complexities in the Cloud Environment
5.3 Regulatory Landscape
5.3.1 Regulations in United Arab Emirates
5.3.1.1 UAE Civil Code Number 5 of 1985 on the Civil Transactions Law
5.3.1.2 UAE Federal Law Number 2 on the Prevention of It Crimes
5.3.1.3 Federal Law Number 1 of 2006 Concerning Electronic Transactions and Ecommerce
5.3.1.4 Dubai International Financial Centre Law Number 5 of 2012
5.3.1.5 Electronic Transactions Law, Difc Law Number 2 of 2017
5.3.2 Regulations in Saudi Arabia
5.3.2.1 Law Number 20 of 2014 Pertaining to Electronic Transactions
5.3.2.2 Anti-Cyber Crime Law
5.3.2.3 Saudi Arabia Telecommunications Act
5.3.2.4 Shariah Principles
5.3.3 Regulations in Qatar
5.3.3.1 Penal Code: Law 11 of 2004
5.3.3.2 Electronic Commerce and Transactions Law
5.3.3.3 Telecommunications Law
5.3.3.4 Banking Law: Law 33 of 2006
5.3.3.5 Qatar Computer Emergency Response Team (Q–CERT)
5.3.3.6 Data Protection and Privacy Law
6 Middle East Cloud Applications Market, By Application (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Enterprise Resource Management
6.2.1 Enterprise Resource Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.3 Customer Relationship Management
6.3.1 Customer Relationship Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.4 Human Capital Management
6.4.1 Human Capital Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.5 Supply Chain Management
6.5.1 Supply Chain Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.6 Business Intelligence and Analytics
6.6.1 Business Intelligence and Analytics: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.7 Collaboration and Content Management
6.7.1 Collaboration and Content Management: Middle East Cloud Applications Market Drivers
6.8 Others
7 Middle East Cloud Applications Market, By Organization Size (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 Large Enterprises: Middle East Cloud Applications Market Drivers
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Middle East Cloud Applications Market Drivers
8 Middle East Cloud Applications Market, By Vertical (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Banking, Financial Services, and Insurance
8.3 Energy and Utilities
8.4 Government and Public Sector
8.5 Healthcare and Life Sciences
8.6 Manufacturing
8.7 Retail and Consumer Goods
8.8 Telecommunications
8.9 Other Verticals
9 Middle East Cloud Applications Market, By Country (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Saudi Arabia
9.2.1 Saudi Arabia: Middle East Cloud Applications Market Drivers
9.3 United Arab Emirates
9.3.1 United Arab Emirates: Middle East Cloud Applications Market Drivers
9.4 Qatar
9.4.1 Qatar: Middle East Cloud Applications Market Drivers
9.5 Rest of Middle East
9.5.1 Rest of Middle East: Middle East Cloud Applications Market Drivers
10 Competitive Landscape (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 New Product Launches
10.2.2 Acquisitions
10.2.3 Partnerships
10.2.4 Business Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 82)
11.1 Introduction
(Business Overview, Applications Offered, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.2 SAP
11.3 Microsoft
11.4 Oracle
11.5 Infor
11.6 Salesforce
11.7 Sage
11.8 IBM
11.9 Epicor
11.10 Ramco Systems
11.11 3i Infotech
11.12 Prolitus Technologies
11.13 IFS
11.14 QAD
*Details on Business Overview, Applications Offered, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 103)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別
【発行日】2020年1月17日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3358
【対象地域】中東
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
中東のクラウドアプリケーション市場:用途別(ERP、CRM、HCM、SCM、およびビジネスインテリジェンスと分析)、組織規模別、業種別(BFSI、製造、および通信)、国家別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のファザード市場規模・予測2017-2025:商品別(換気型、カーテン壁、非換気型、その他)エンドユーズ別(産業用、商業用、住宅用)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジアその他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のファザード市場について調査・分析し、世界のファザード市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のファザード関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 細胞培養表面のタンパク質コーティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 植物抽出物の世界市場予測(~2022年):スパイス、ハーブ、花、茶の葉
    当調査レポートでは、植物抽出物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、植物抽出物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業向け3Dプリンティングの世界市場
    当調査レポートでは、医療産業向け3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、医療産業向け3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医療産業向け3Dプリンティングの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医療産業向け3Dプリンティングの世界市場:セグメント別市場分析 ・医療産業向け3Dプリンティングの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ダイヤモンド採掘の世界市場:宝石細工、産業用途
    当調査レポートでは、ダイヤモンド採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ダイヤモンド採掘の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートミラーの世界市場:用途別(自動車、ホスピタリティ・小売、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートミラーの世界市場について調べ、スマートミラーの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(自動車、ホスピタリティ・小売、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートミラーの世界市場概要 ・スマートミラーの世界市場環境 ・スマートミラーの世界市場動向 ・スマートミラーの世界市場規模 ・スマートミラーの世界市場規模:用途別(自動車、ホスピタリティ・小売、その他) ・スマートミラーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートミラーの北米市場規模・予測 ・スマートミラーのアメリカ市場規模・予測 ・スマートミラーのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマートミラーのアジア市場規模・予測 ・スマートミラーの日本市場規模・予測 ・スマートミラーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の界面活性剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の界面活性剤市場2016について調査・分析し、界面活性剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの体外式除細動器市場見通し
  • 搾乳ロボットシステムの世界市場:製品別(バケットミルカー、パイプライン搾乳ロボット、その他)、種類別(シングルストールユニット、マルチストールユニット、自動搾乳ロータリー)、農業規模別(小、中、大)、地域別予測
    本資料は、搾乳ロボットシステムの世界市場について調べ、搾乳ロボットシステムの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バケットミルカー、パイプライン搾乳ロボット、その他)分析、種類別(シングルストールユニット、マルチストールユニット、自動搾乳ロータリー)分析、農業規模別(小、中、大)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・搾乳ロボットシステムの世界市場概要 ・搾乳ロボットシステムの世界市場環境 ・搾乳ロボットシステムの世界市場動向 ・搾乳ロボットシステムの世界市場規模 ・搾乳ロボットシステムの世界市場規模:製品別(バケットミルカー、パイプライン搾乳ロボット、その他) ・搾乳ロボットシステムの世界市場規模:種類別(シングルストールユニット、マルチストールユニット、自動搾乳ロータリー) ・搾乳ロボットシステムの世界市場規模:農業規模別(小、中、大) ・搾乳ロボットシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・搾乳ロボットシステムの北米市場規模・予測 ・搾 …
  • フィリピンの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ID・アクセス管理(IAM)の世界市場分析:展開別(クラウド、ハイブリッド、オン・プレミス)、エンドユーザー別(BFSI、エネルギー、石油・ガス、通信&IT、教育、ヘルスケア、公共部門・公益事業、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場について調査・分析し、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場動向、ID・アクセス管理(IAM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ID・アクセス管理(IAM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスポーツ医学用製品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツ医学用製品市場2015について調査・分析し、スポーツ医学用製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の遺伝子検査市場:製品別、エンドユーザー別、用途別、地域別
    本調査レポートは遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(機器、消耗品)分析、エンドユーザー別(臨床診断研究所、病院、バイオ医薬品企業及び研究センター)分析、用途別(予測及び診断テスト、出生前・新生児・着床前検査、薬理ゲノム検査、フォレンジック・血縁・先祖検査)分析、地域別状況、顧客状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・遺伝子検査の世界市場:製品別(機器、消耗品) ・遺伝子検査の世界市場:エンドユーザー別(臨床診断研究所、病院、バイオ医薬品企業及び研究センター) ・遺伝子検査の世界市場:用途別(予測及び診断テスト、出生前・新生児・着床前検査、薬理ゲノム検査、フォレンジック・血縁・先祖検査) ・地域別状況 ・顧客状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • Kv1.5カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるKv1.5カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Kv1.5カリウム・チャンネル遮断薬の概要 ・Kv1.5カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のKv1.5カリウム・チャンネル遮断薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Kv1.5カリウム・チャンネル遮断薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Kv1.5カリウム・チャンネル遮断薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場:薬物クラス別、疾患別、投与経路別
    当調査レポートでは、ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、薬物クラス別(ペニシリン、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタム、組み合わせ)分析、疾患別(尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、合併症のある尿路感染症(cUTI)、合併症のある腹腔内感染症(cIAI)、院内肺炎、血流感染症、その他の疾患)分析、投与経路別(経口、静脈内、その他の投与経路)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場:薬物クラス別(ペニシリン、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタム、組み合わせ) ・ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場:疾患別(尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、合併症のある尿路感染症(cUTI)、合併症のある腹腔内感染症(cIAI)、院内肺炎、血流感染症、その他の疾患) ・ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場:投与経路別(経口、静脈内、その他の投与経路) ・ベータラクタム …
  • 二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場分析:用途別(EOR、産業、農業)、捕集技術別(燃焼前、産業用、酸素燃焼、燃焼後)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場動向、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化炭素貯留(CCS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 発泡ポリスチレンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、発泡ポリスチレンの世界市場について調べ、発泡ポリスチレンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発泡ポリスチレンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(電子機器、食品及び飲料、健康管理、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は発泡ポリスチレンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発泡ポリスチレンの市場状況 ・発泡ポリスチレンの市場規模 ・発泡ポリスチレンの市場予測 ・発泡ポリスチレンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(電子機器、食品及び飲料、健康管理、その他) ・発泡ポリスチレンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の容量式タッチスクリーン市場2016
    本調査レポートでは、世界の容量式タッチスクリーン市場2016について調査・分析し、容量式タッチスクリーンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場2017-2021:FISH技術、CISH技術
    当調査レポートでは、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はin situ ハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.59%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Agilent Technologies• F. Hoffmann-La Roche• Thermo Fisher Scientific等です。
  • コールドチェーンの中国市場2017-2021
    当調査レポートでは、コールドチェーンの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コールドチェーンの中国市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 洗顔料・トナーの世界市場2019-2023
    洗顔料には肌のpHレベルとうるおいを保つための保湿成分と抗菌成分が含まれています。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に洗顔料・トナーの世界市場が4.51%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Beiersdorf、Kao Corporation、L’Oréal Group、Proctor & Gamble、Unileverなどです。 当調査レポートでは、洗顔料・トナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗顔料・トナー市場規模、製品別(洗顔料、トナー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗顔料・トナーの世界市場概要 ・洗顔料・トナーの世界市場環境 ・洗顔料・トナーの世界市場動向 ・洗顔料・トナーの世界市場規模 ・洗顔料・トナーの世界市場:業界構造分析 ・洗顔料・トナーの世界市場:製品別(洗顔料、トナー) ・洗顔料・トナーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・洗顔料・トナーの北米市場 …
  • クラウドPOSの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウドPOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別分析、組織サイズ別分析、用途別(小売・消費財、旅行・ホスピタリティ、輸送・物流、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア)分析、クラウドPOSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のITOスパッタリングターゲット市場2015
    本調査レポートでは、中国のITOスパッタリングターゲット市場2015について調査・分析し、ITOスパッタリングターゲットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体レンズの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液体レンズの世界市場について調査・分析し、液体レンズの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液体レンズシェア、市場規模推移、市場規模予測、液体レンズ種類別分析(エレクトロウェッティング型、液晶型)、液体レンズ用途別分析(コードリーダ、カメラ、医療用画像、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液体レンズの市場概観 ・液体レンズのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液体レンズのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液体レンズの世界市場規模 ・液体レンズの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液体レンズのアメリカ市場規模推移 ・液体レンズのカナダ市場規模推移 ・液体レンズのメキシコ市場規模推移 ・液体レンズのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・液体レンズのドイツ市場規模推移 ・液体レンズのイギリス市場規模推移 ・液体レンズのロシア市場規模推移 ・液体レンズのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 世界の患者ハンドリング装置市場:種類別(車いす、モビリティスクーター、医療用ベッド(電動ベッド)、患者移動装置(リフト(天井リフト)、スリング、スライドシート)、ストレッチャー)、エンドユーザー別(病院、在宅ケア設定)
    MarketsandMarkets社は、患者ハンドリング装置の世界市場規模が2019年89億ドルから2024年126億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当資料では、世界の患者ハンドリング装置市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(患者移送装置、医療用ベッド、可動装置、バスルーム&トイレ補助装置、ストレッチャー&輸送用椅子)分析、エンドユーザー別(病院、在宅ケア設定、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の患者ハンドリング装置市場:種類別(患者移送装置、医療用ベッド、可動装置、バスルーム&トイレ補助装置、ストレッチャー&輸送用椅子) ・世界の患者ハンドリング装置市場:エンドユーザー別(病院、在宅ケア設定、その他のエンドユーザー) ・世界の患者ハンドリング装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学療法誘発性好中球減少症治療薬市場規模、処置別(G-CSF療法、顆粒球輸血、抗生物質治療、脾臓摘出術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場概要 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場環境 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場動向 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場規模 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場:処置別(G-CSF療法、顆粒球輸血、抗生物質治療、脾臓摘出術) ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・化学療法誘発性好中球減少症治療薬のアジア市場規 …
  • 装着型温度センサの世界市場
    当調査レポートでは、装着型温度センサの世界市場について調査・分析し、装着型温度センサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 蛍光計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、蛍光計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、蛍光計市場規模、エンドユーザ―別(ヘルスケア産業、研究所・研究機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Hitachi High-Technologies, HORIBA, JASCO, PerkinElmer, TECHCOMP, Turner Designsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・蛍光計の世界市場概要 ・蛍光計の世界市場環境 ・蛍光計の世界市場動向 ・蛍光計の世界市場規模 ・蛍光計の世界市場:業界構造分析 ・蛍光計の世界市場:エンドユーザ―別(ヘルスケア産業、研究所・研究機関、その他) ・蛍光計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・蛍光計の北米市場規模・予測 ・蛍光計のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・蛍光計のアジア太平洋市場規模・予測 ・蛍光計の主要国分析 ・蛍光計の世界市場:意思決定フレームワーク ・蛍光計の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • ゴルフ用距離計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゴルフ用距離計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴルフ用距離計市場規模、製品別(レーザー距離測定器、GPS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゴルフ用距離計の世界市場概要 ・ゴルフ用距離計の世界市場環境 ・ゴルフ用距離計の世界市場動向 ・ゴルフ用距離計の世界市場規模 ・ゴルフ用距離計の世界市場:業界構造分析 ・ゴルフ用距離計の世界市場:製品別(レーザー距離測定器、GPS) ・ゴルフ用距離計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゴルフ用距離計のアメリカ市場規模・予測 ・ゴルフ用距離計のヨーロッパ市場規模・予測 ・ゴルフ用距離計のアジア市場規模・予測 ・ゴルフ用距離計の主要国分析 ・ゴルフ用距離計の世界市場:意思決定フレームワーク ・ゴルフ用距離計の世界市場:成長要因、課題 ・ゴルフ用距離計の世界市場:競争環境 ・ゴルフ用距離計の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 血液透析用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液透析用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液透析用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血液透析用カテーテルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AngioDynamics,• C.R. Bard, • Fresenius Medical Care,• Medical Components, • Medtronic等です。
  • 世界及び日本の地中熱ヒートポンプ市場2017-2022
  • ライダーの世界市場:空中LiDAR、地上LiDAR、UAV LiDAR
    当調査レポートでは、ライダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、構成品別分析、用途別分析、サービス別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓人工弁市場(~2021)
  • マイコプラズマ検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 体重減量及び体重管理ダイエットのアジア太平洋市場
  • ヒト混合ワクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヒト混合ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒト混合ワクチンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場について調査・分析し、複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:射程別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:補助タンク容量別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:内径幅別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:打ち上げ用ロケット別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • NMDA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNMDA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NMDA受容体アゴニストの概要 ・NMDA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のNMDA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NMDA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NMDA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スペインの滅菌器市場見通し(~2021)
  • 高性能電動オートバイの世界市場2017-2021:ストリート用、オフロード用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高性能電動オートバイの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Energica Motor Company、Lightning Motorcycle、SAROLÉA、Zero Motorcycles等です。
  • チップオンボード(COB)LEDの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、チップオンボード(COB)LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チップオンボード(COB)LEDの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の定量吸入器市場2015
    本調査レポートでは、世界の定量吸入器市場2015について調査・分析し、定量吸入器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 構造健全性監視(SHM)の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ワイヤードSHMシステムセグメント、ワイヤレスSHMシステムセグメント
  • 世界の高純度テレフタル酸(PTA)市場2015
    本調査レポートでは、世界の高純度テレフタル酸(PTA)市場2015について調査・分析し、高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線療法の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、放射線療法の世界市場について調査・分析し、放射線療法の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・放射線療法の世界市場:市場動向分析 ・放射線療法の世界市場:競争要因分析 ・放射線療法の世界市場:装置別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:技術別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:用途別分析/市場規模 ・放射線療法の世界市場:地域別分析/市場規模 ・放射線療法の北米市場規模 ・放射線療法の欧州市場規模 ・放射線療法のアジア市場規模 ・放射線療法の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他)、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車排気システムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルタ(GPF)、その他)分析、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他) ・自動車排気システムの世界市場:燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル) ・自動車排気システムの世界市場:車両タイプ別(乗用車&商用車) ・自動車排気システムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 心血管・軟組織修復パッチの世界市場:用途別(心臓、軽部組織)、原材料別(ePTFE(延伸ポリテトラフルオロエチレン)・バイオマテリアル)
    本調査レポートでは、心血管・軟組織修復パッチの世界市場について調査・分析し、心血管・軟組織修復パッチの世界市場動向、心血管・軟組織修復パッチの世界市場規模、市場予測、セグメント別心血管・軟組織修復パッチ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医薬品製剤開発・製造の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、医薬品製剤開発・製造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス別(医薬品、生物製剤、医薬品有効成分、錠剤、カプセル、非経口、経口液体)分析、エンドユーザー別(大製薬会社、小製薬会社、ジェネリック製薬、CRO)分析、医薬品製剤開発・製造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医薬品製剤開発・製造の世界市場規模が2019年900億ドルから2024年1266億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • 化学療法用機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、化学療法用機器の世界市場について調査・分析し、化学療法用機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別化学療法用機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、化学療法用機器種類別分析(LVP(大容量ポンプ)、シリンジポンプ、エラストマーポンプ)、化学療法用機器用途別分析(病院・クリニック、在宅治療)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・化学療法用機器の市場概観 ・化学療法用機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・化学療法用機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・化学療法用機器の世界市場規模 ・化学療法用機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・化学療法用機器のアメリカ市場規模推移 ・化学療法用機器のカナダ市場規模推移 ・化学療法用機器のメキシコ市場規模推移 ・化学療法用機器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・化学療法用機器のドイツ市場規模推移 ・化学療法用機器のイギリス市場規模推移 ・化学療法用機器のロシア市場規模 …
  • ターミナルトラクターの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ターミナルトラクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、トン数別分析、推進力別分析、用途別(空港、船舶、石油およびガス、物流)分析、ターミナルトラクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ターミナルトラクターのの世界市場規模が2019年603百万ドルから2027年832百万ドルまで年平均4.1%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"