"世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 2304)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The feed binders market is projected to grow at a CAGR of 3.4% from 2019 to 2025.
The global feed binders market size is estimated to account for a value of USD 4.8 billion in 2019 and is projected to grow at a CAGR 3.4% from 2019, to reach a value of USD 5.9 billion by 2025. The demand for feed binders is rising due to the increasing meat consumption, growing awareness toward animal health, and rising meat production. To maintain structural integrity and reduce the loss of feed ingredients, feed manufacturers use feed binders to maintain the high-quality of the meat products.

The clay segment, on the basis of type, is projected to be the largest segment during the forecast period.
By type, the clay segment is projected to hold the largest share in the feed binders market. Clay binders are effective for producing high-quality and durable feed products. Feed manufacturers are actively opting for feed binders due to its water absorption properties to reduce wet droppings. Moreover, a small amount of bentonite (clay) is enough to manufacture tougher, harder, and more durable pellets. Thus, clay is projected to witness significant demand over the years.

The poultry segment to witness the fastest growth during the forecast period.
By livestock, the feed binders market is segmented into poultry, ruminants, swine, and others (aquatic animals, pet animals, and equines). The per capita consumption of poultry meat is significantly higher than that of beef and pork due to the increased breeding of poultry birds and rising prices of red meat products as compared to poultry. The poultry sector is witnessing a shift in focus toward high-quality compound feed products due to the development of organized farm sectors. This has led to the increased usage of binders by poultry feed manufacturers to ensure the supply of high-quality and value-added feed products.

Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific is the fastest-growing region in the feed binders market due to the presence of some of the primary compound feed, feed additives, and feed binder producers in the world, such as China and India. Most of the South East Asian countries also focus on the production of feed binders due to the growing livestock population. The increasing trend of meat consumption in the Asia Pacific region has also led to the rise in the production of feed binders.

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 20%
 By Designation: C-level – 30%, D-level – 20%, and Others* – 50%
 By Region: Asia Pacific – 60%, Europe – 20%, North America – 10%, Rest of the World (RoW)** – 10%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
*RoW includes countries such as South Africa, Turkey, Egypt, and others (the Middle East & Africa).
Leading players profiled in this report
• Archer Daniels Midland Company (ADM)
• FMC Corporation
• DuPont
• Darling Ingredients, Inc.
• Roquette Freres
• Borregaard ASA
• Gelita AG
• Emsland Starke GmbH
• J. M. Huber Corporation
• Avebe U.A.
• Uniscope Inc
• Kemin Industries, Inc.
• Cargill
• Perstorp
• Adisso
• Nutreco
• Alltech
• CHR Hansen
• Novus
• Impextraco
• Agrifirm

Research Coverage
This report segments the feed binders market on the basis of ingredient type, livestock, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the feed binders industry, the high-growth regions, countries, government initiatives, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the feed binders market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions, in which the feed binders market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
1.7 Inclusions & Exclusions
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown & Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Opportunities in the Feed Binders Market
4.2 Feed Binders Market, By Key Livestock
4.3 Asia Pacific: Feed Binders Market, By Key Type and Country
4.4 Feed Binders Market, By Livestock and Region
4.5 Feed Binder Markets, By Key Country
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Macroindicators
5.2.1 Growth in Feed Production
5.2.2 Increase in the Demand for Animal Products in Developing Countries
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Strong Growth in the Compound Feed Industry
5.3.1.2 Growing Concerns Regarding Animal Health
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Price Volatility and Availability of Raw Materials
5.3.2.2 Regulatory Bans and Restrictions
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Increased Popularity of Natural Solutions for Pet Food Nutrition
5.3.3.2 Strategic Growth Initiatives for Manufacturers to Enter Untapped Markets
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Low Quality Products Can Be A Challenge in Developing Economies
5.3.4.2 to Identify Cost-Efficient Nutritive Binders
5.4 Industry Trends
5.5 Value Chain Analysis
5.6 Regulatory Framework
5.6.1 European Union
5.6.2 US
5.6.3 China
5.6.4 Canada
5.6.5 Brazil
5.6.6 Japan
5.6.7 South Africa
6 Feed Binders Market, By Type (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Lignosulfonates
6.2.1 The Demand for Lignosulfonates is Increasing, Owing to the Easy Availability of Raw Materials, Especially Cellulose Materials
6.3 Plant Gums & Starches
6.3.1 Strong Growth is Witnessed in the Asia Pacific Region, in Terms of Volume, Due to the High Availability of Guar Gum and Tapioca Starch at Cheaper Costs
6.4 Gelatin & Other Hydrocolloids
6.4.1 Growing Regulatory Challenges in European Countries Have Led to the Reduced Adoption of Gelatin as Feed Binders
6.5 Molasses
6.5.1 Molasses Binders, A Safe and Economical Source of Binders, Witnessing Strong Growth
6.6 Clay
6.6.1 The Utilization of Clay in Poultry Feed has Been Increasing Due to Its Water Absorption Properties to Reduce Wet Droppings
6.7 Others
6.7.1 These Feed Binders are Used on Premium Feed Products Due to High Prices
7 Feed Binders Market, By Source (Page No. – 63)
7.1 Introduction
7.2 Natural
7.2.1 Increasing Demand for Organic Or Natural Feed and Pet Food Propelling the Growth of the Market
7.3 Synthetic
7.3.1 Cost-Effectiveness of Synthetic Binders Continues to Create Demand
8 Feed Binders Market, By Livestock (Page No. – 67)
8.1 Macroindicators
8.1.1 Increase in Livestock Population
8.2 Introduction
8.3 Poultry
8.3.1 The Poultry Segment is Projected to Be the Largest During the Forecast Period
8.4 Swine
8.4.1 Increasing Pork Consumption to Present High-Growth Potential for Feed Binders
8.5 Cattle
8.5.1 Increasing Demand for Dairy and Dairy-Based Products to Drive the Demand for Cattle Segment
8.6 Aquatic Animals
8.6.1 High Growth in the Aquafeed Industry in the Asia Pacific Region to Offer Growth Opportunities for Manufacturers
8.7 Dogs & Cats
8.7.1 Increase in the Number of Pet Owners and Rising Expenditure on Pet Food to Offer Growth Opportunities for Feed Binder Manufacturers
8.8 Others
8.8.1 The Growing Need to Improve the Performance of Equine to Drive the Market Growth
9 Feed Binders Market, By Region (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Demand for Quality Feed Products Driving the Demand for Feed Binders
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Relatively Low Cost Feed Raw Materials Allows Manufacturers to Adopt High Quality Feed Binders for Compound Feed Production
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Rising Export Demand for High-Quality Meat to Boost the Market for Feed Binders
9.1 Europe
9.1.1 Spain
9.1.1.1 Increasing Demand to Produce Better Quality, Nutritious Livestock Feed Propelling the Demand for Feed Binders
9.1.2 Russia
9.1.2.1 The Russian Meat Industry has Witnessed Significant Growth in Recent Years, Which has Led to the Increased Consumption of Compound Feed and Feed Binders
9.1.3 Germany
9.1.3.1 Increased Production of Quality Feed has Led to the Usage of Feed Additives, Such as Feed Binders
9.1.4 France
9.1.4.1 Quality Concerns Pertaining to Disease Outbreaks Have Led to the Increased Adoption of High-Quality Feed Additives, Such as Feed Binders
9.1.5 Italy
9.1.5.1 Increased Focus on the Imports of Young Calves to Grow Them for Meat has Led to the Increased Demand for Feed and Feed Additives
9.1.6 UK
9.1.6.1 Intensive Farming Adoption has Led to Higher Usage of Feed Additives, Such as Feed Binders
9.1.7 Rest of Europe
9.1.7.1 Growth of the Swine Industry has Led to the Increased Demand for Compound Feed and Feed Binders
9.2 Asia Pacific
9.2.1 China
9.2.1.1 Significant Meat Consumption in the Country to Drive the Market Growth
9.2.2 India
9.2.2.1 Increased Inclination Toward Natural Ingredients to Drive the Demand for Feed Binders in the Country
9.2.3 Japan
9.2.3.1 Improvements in Feed Quality and Palatability Have Led to the Adoption of Feed Binders
9.2.4 Indonesia
9.2.4.1 Organized Development of Livestock Sector has Led to an Increased Usage of Feed Additives
9.2.5 South Korea
9.2.5.1 Increasing Consumption of Poultry and Beef Cattle Products to Drive Market Growth
9.2.6 Rest of Asia Pacific
9.2.6.1 The Increasing Focus on Meat Production, Productivity, and Improved Meat Quality Fuels the Growth of the Feed Industry
9.3 South America
9.3.1 Brazil
9.3.1.1 Growing Demand for Meat and Meat Products in Domestic and International Markets
9.3.2 Argentina
9.3.2.1 Increase in Meat Exports Driving the Usage of Feed Additives, Such as Feed Binders
9.3.3 Rest of South America
9.3.3.1 Lack of Awareness Toward the Usage of Feed Binders Hindering the Market Growth
9.4 Rest of the World
9.4.1 South Africa
9.4.1.1 The Advancements in the Meat and Dairy Processing Industries to Fuel the Market Growth
9.4.2 Egypt
9.4.2.1 Increased Investments in Feed Manufacturing Facilities Have Led to A Surge in Demand for Commercial Feed in the Country
9.4.3 Others in RoW
9.4.3.1 Increase in Dairy Cattle Imports has Led to A Slow But Promising Surge in Demand for Feed Additives, Such as Feed Binders, in the Region
10 Competitive Landscape (Page No. – 140)
10.1 Overview
10.2 Company Ranking
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Expansions & Investments
10.4.2 Acquisitions
10.4.3 Agreements & Joint Ventures
11 Company Profiles (Page No. – 147)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Archer Daniels Midland Company
11.2 Roquette Frères
11.3 Darling Ingredients
11.4 Ingredion Incorporated
11.5 Kemin Industries, Inc.
11.6 Gelita AG
11.7 Dupont
11.8 Borregaard
11.9 J. M. Huber Corporation
11.10 Beneo
11.11 Uniscope
11.12 Avebe
11.13 IRO Alginate
11.14 A.F. Suter & Co Ltd
11.15 Bentoli
11.16 Bonaventure Animal Nutrition
11.17 Cra-Vac Industries Inc.
11.18 Fuzhou Wonderful Biological Technology Co., Ltd
11.19 Panay Mineral Product Resources Corporation
11.20 Chemrose
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 177)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別
【発行日】2019年12月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 2304
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のフィードバインダー市場:種類別(粘土、植物ゴム、澱粉、ゼラチン、糖蜜、リグノスルホン酸塩、ヘミセルロース、CMCおよびその他のハイドロコロイド、小麦グルテンおよびミドリング)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、その他の動物)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フランスの市場見通し(~2021年)
  • スペースヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スペースヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スペースヒーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 情報セキュリティ製品・サービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、情報セキュリティ製品・サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、情報セキュリティ製品・サービス市場規模、導入形態別(クラウド、オンプレミス)分析、種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場概要 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場環境 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場動向 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場規模 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:業界構造分析 ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:導入形態別(クラウド、オンプレミス) ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・情報セキュリティ製品・サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・情報セキュリティ製品・サービスのアメリカ市場規模・予測 ・情報セキュリティ製品・サービスのヨー …
  • 使い捨て血圧測定用カフの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨て血圧測定用カフの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨て血圧測定用カフ市場規模、エンドユーザー別(ヘルスケアセンター、学術機関・研究機関、ホームケア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CONMED, Halma, Hill-Rom, Koninklijke Philips, Medline Industries, OSI Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場概要 ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場環境 ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場動向 ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場規模 ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場:業界構造分析 ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場:エンドユーザー別(ヘルスケアセンター、学術機関・研究機関、ホームケア) ・使い捨て血圧測定用カフの世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨て血圧測定用カフの北米市場規模・予測 ・使い捨て血圧測定 …
  • 卵代替成分の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、卵代替成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、卵代替成分市場規模、製品別(乳製品、デンプン、大豆ベース、その他)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・卵代替成分の世界市場概要 ・卵代替成分の世界市場環境 ・卵代替成分の世界市場動向 ・卵代替成分の世界市場規模 ・卵代替成分の世界市場:業界構造分析 ・卵代替成分の世界市場:製品別(乳製品、デンプン、大豆ベース、その他) ・卵代替成分の世界市場:用途別 ・卵代替成分の世界市場:地域別市場規模・分析 ・卵代替成分の北米市場規模・予測 ・卵代替成分のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・卵代替成分のアジア太平洋市場規模・予測 ・卵代替成分の主要国分析 ・卵代替成分の世界市場:意思決定フレームワーク ・卵代替成分の世界市場:成長要因、課題 ・卵代替成分の世界市場:競争環境 ・卵代替成分の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ドイツの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 食品用酵素の世界市場:カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品用酵素の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 庭・芝用ツールの世界市場:芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー
    Technavio社の本調査レポートでは、庭・芝用ツールの世界市場について調べ、庭・芝用ツールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、庭・芝用ツールの市場規模をセグメンテーション別(製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー)、エンドユーザ別(家庭用、商業用)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は庭・芝用ツールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・庭・芝用ツールの市場状況 ・庭・芝用ツールの市場規模 ・庭・芝用ツールの市場予測 ・庭・芝用ツールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・庭・芝用ツールの …
  • 世界の高分子ベース溶解性強化賦形剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子ベース溶解性強化賦形剤市場2015について調査・分析し、高分子ベース溶解性強化賦形剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペイメントゲートウェイの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ペイメントゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペイメントゲートウェイの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の水の微生物検査市場-分析及び展望(~2022年)
  • 中国の遺伝子組換えヒトエリスロポエチン(rhEPO)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の遺伝子組換えヒトエリスロポエチン(rhEPO)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の遺伝子組換えヒトエリスロポエチン(rhEPO)市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 衛星打ち上げ・宇宙保険の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、衛星打ち上げ・宇宙保険の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星打ち上げ・宇宙保険市場規模、製品別(打ち上げ保険、宇宙保険)分析、エンドユーザー別(衛星製造メーカー、衛星オペレーター、打ち上げサービスプロバイダー、ロケット製造メーカー、宇宙機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Allianz Global Corporate & Specialty, American International Group, Atrium Underwriting Group, Brit Group Services, elseco, Global Aerospace, Marsh & McLennan Companies, Munich Re, XL Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・衛星打ち上げ・宇宙保険の世界市場概要 ・衛星打ち上げ・宇宙保険の世界市場環境 ・衛星打ち上げ・宇宙保険の世界市場動向 ・衛星打ち上 …
  • グラフェン・エレクトロニクスの世界市場
    当調査レポートでは、グラフェン・エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、グラフェン・エレクトロニクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 直流電源システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、直流電源システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直流電源システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲機器のアジア太平洋市場
  • 掻痒症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、掻痒症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、掻痒症治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は掻痒症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allergan• GlaxoSmithKline• Pfizer• Sanofi等です。
  • 医療用シリコーンの世界市場:シリコーンゲル、ソフトスキン接着剤、感圧接着剤、塗料、液状シリコーン
    当調査レポートでは、医療用シリコーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品形状別分析、用途別分析、地域別分析、医療用シリコーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合受動デバイス(IPD)の世界市場分析:用途別(EMS・EMI保護IPD、RF IPD、LED照明、デジタル・混合シグナルIPD)、エンドユーザー別(自動車、家電、ヘルスケア)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、統合受動デバイス(IPD)の世界市場について調査・分析し、統合受動デバイス(IPD)の世界市場動向、統合受動デバイス(IPD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別統合受動デバイス(IPD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロシアの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 有毛細胞白血病治療薬の世界市場:化学療法、標的療法
    Technavio社の本調査レポートでは、有毛細胞白血病治療薬の世界市場について調べ、有毛細胞白血病治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、有毛細胞白血病治療薬の市場規模をセグメンテーション別(製品別(化学療法、標的療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は有毛細胞白血病治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・有毛細胞白血病治療薬の市場状況 ・有毛細胞白血病治療薬の市場規模 ・有毛細胞白血病治療薬の市場予測 ・有毛細胞白血病治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(化学療法、標的療法) ・有毛細胞白血病治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • グアーガムの世界市場分析:製品別(粉、角形、細片)、用途別(製菓、パン・パイ製造、小売、肉、微生物学・分子生物学)、地域別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、グアーガムの世界市場について調査・分析し、グアーガムの世界市場動向、グアーガムの世界市場規模、市場予測、セグメント別グアーガム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ココナッツ製品の世界市場:製品別(ココナッツ水、ココナッツオイル、ココナッツミルク、乾燥ココナッツ製品、その他)、用途別(食品、飲料、化粧品、その他)、形態別(固体、液体)
    本市場調査レポートではココナッツ製品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(ココナッツ水、ココナッツオイル、ココナッツミルク、乾燥ココナッツ製品、その他)分析、用途別(食品、飲料、化粧品、その他)分析、形態別(固体、液体)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ココナッツ製品の世界市場:製品別(ココナッツ水、ココナッツオイル、ココナッツミルク、乾燥ココナッツ製品、その他) ・ココナッツ製品の世界市場:用途別(食品、飲料、化粧品、その他) ・ココナッツ製品の世界市場:形態別(固体、液体) ・ココナッツ製品の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 自動車用イグニッションコイルの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用イグニッションコイルの世界市場について調査・分析し、自動車用イグニッションコイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:市場動向分析 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:競争要因分析 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:製品別 ・電子式ディストリビューターコイル ・缶型イグニッションコイル ・ダブルスパークコイル ・イグニッションコイルレール ・ペンシル型イグニッションコイル ・その他 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:車両の種類別 ・乗用車 ・小型商用車 ・大型商用車(HCV) - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:流通経路別 ・アフターマーケット ・相手先商標製品の製造会社(OEM) - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用イグニッションコイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用イグニッションコイルのヨーロッパ市場規模 - 自動車用イグニッションコイルのアジア …
  • 自動操縦装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動操縦装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動操縦装置市場規模、コンポーネント別(アクチュエーター、ソフトウェア・システム統合、ジャイロ、GPS(世界測位システム)、Evolution)分析、プラットフォーム別(海中、陸上、海上、空中)分析、航空機別(リージョナルジェット、ターボプロップ機、ワイドボディ機、ナローボディ機)分析、用途別(防衛・国土安全保障、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動操縦装置の世界市場:市場動向分析 ・ 自動操縦装置の世界市場:競争要因分析 ・ 自動操縦装置の世界市場:コンポーネント別(アクチュエーター、ソフトウェア・システム統合、ジャイロ、GPS(世界測位システム)、Evolution) ・ 自動操縦装置の世界市場:プラットフォーム別(海中、陸上、海上、空中) ・ 自動操縦装置の世界市場:航空機別(リージョナルジェット、ターボプロップ機、ワイドボディ機、ナローボディ機) …
  • アメリカの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 酸化亜鉛の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、酸化亜鉛の世界市場規模が2019年44億ドルから2024年57億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、酸化亜鉛の世界市場について調査・分析し、市場概要、プロセス別(直接プロセス(アメリカプロセス)、間接プロセス(フランスプロセス)、湿式化学プロセス)分析、グレード別(標準グレード、処理グレード、米国薬局方(USP)グレード、食品&化学コーデックス(FCC)グレード、その他)分析、用途別(ゴム、セラミックス、化学、農業、医薬品、化粧品、パーソナルケア、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・酸化亜鉛の世界市場:プロセス別(直接プロセス(アメリカプロセス)、間接プロセス(フランスプロセス)、湿式化学プロセス) ・酸化亜鉛の世界市場:グレード別(標準グレード、処理グレード、米国薬局方(USP)グレード、食品&化学コーデックス(FCC)グレード …
  • 血管アクセスデバイスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、血管アクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管アクセスデバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用安全リレー及びタイマーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用安全リレー及びタイマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用安全リレー及びタイマーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用安全リレー及びタイマーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、EATON、Rockwell Automation、Schneider Electric、Siemens等です。
  • エビ養殖飼料の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エビ養殖飼料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エビ養殖飼料市場規模、種類別(育成期飼料、成体期飼料、初期試料)分析、成分別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エビ養殖飼料の世界市場概要 ・エビ養殖飼料の世界市場環境 ・エビ養殖飼料の世界市場動向 ・エビ養殖飼料の世界市場規模 ・エビ養殖飼料の世界市場:業界構造分析 ・エビ養殖飼料の世界市場:種類別(育成期飼料、成体期飼料、初期試料) ・エビ養殖飼料の世界市場:成分別 ・エビ養殖飼料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エビ養殖飼料の北米市場規模・予測 ・エビ養殖飼料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エビ養殖飼料のアジア太平洋市場規模・予測 ・エビ養殖飼料の主要国分析 ・エビ養殖飼料の世界市場:意思決定フレームワーク ・エビ養殖飼料の世界市場:成長要因、課題 ・エビ養殖飼料の世界市場:競争環境 ・エビ養殖飼料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) …
  • ウェブパフォーマンスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ウェブパフォーマンスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェブパフォーマンス市場規模、組織規模別(中小企業、大企業)分析、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、展開方法別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(物流・輸送、メディア・エンターテインメント、銀行・金融サービス・保険、通信・IT、自動車、政府、医療、製造、小売、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェブパフォーマンスの世界市場:市場動向分析 ・ ウェブパフォーマンスの世界市場:競争要因分析 ・ ウェブパフォーマンスの世界市場:組織規模別(中小企業、大企業) ・ ウェブパフォーマンスの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・ ウェブパフォーマンスの世界市場:展開方法別(クラウド、オンプレミス) ・ ウェブパフォーマンスの世界市場:エンドユーザー別(物流・輸送、メディア・エンターテインメント、銀行・金融サー …
  • 世界のエレクトロニクス機器の契約製造サービス(EMS)市場規模・予測2017-2025:エンドユーズ別(自動車、航空宇宙、ヘルスケア、テレコム)、サービス別(デザイン、製造、組み立て)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のエレクトロニクス機器の契約製造サービス(EMS)市場について調査・分析し、世界のエレクトロニクス機器の契約製造サービス(EMS)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のエレクトロニクス機器の契約製造サービス(EMS)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 赤外線LEDの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、赤外線LEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、赤外線LEDの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 真性多血症(Polycythemia Vera):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真性多血症(Polycythemia Vera):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真性多血症(Polycythemia Vera)のフェーズ3治験薬の状況 ・真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の市場規模(販売予測) ・真性多血症(Polycythemia Vera)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真性多血症(Polycythemia Vera)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬剤
  • ベンゾジアゼピン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベンゾジアゼピン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベンゾジアゼピン受容体アゴニストの概要 ・ベンゾジアゼピン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベンゾジアゼピン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベンゾジアゼピン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベンゾジアゼピン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヒートポンプ給湯器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヒートポンプ給湯器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒートポンプ給湯器の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの整形外科装置市場見通し
  • 中小企業(SMB)IT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、中小企業(SMB)IT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業(SMB)IT支出の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートガラスの世界市場分析:製品別(エレクトロクロミック、PDLC、SPD、サーモクロミック)、用途別(建築、運輸、消費者家電)、輸送別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、スマートガラスの世界市場動向、スマートガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 発電装置用ボイラの世界市場:微粉炭タワーボイラ、循環流動層ボイラ
    当調査レポートでは、発電装置用ボイラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、燃料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の薄膜太陽電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の薄膜太陽電池市場2015について調査・分析し、薄膜太陽電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 重炭酸ナトリウムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、重炭酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、重炭酸ナトリウム市場規模、用途別(動物飼料、食品・飲料、FGT、製薬・化粧品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・重炭酸ナトリウムの世界市場概要 ・重炭酸ナトリウムの世界市場環境 ・重炭酸ナトリウムの世界市場動向 ・重炭酸ナトリウムの世界市場規模 ・重炭酸ナトリウムの世界市場:業界構造分析 ・重炭酸ナトリウムの世界市場:用途別(動物飼料、食品・飲料、FGT、製薬・化粧品、その他) ・重炭酸ナトリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・重炭酸ナトリウムの北米市場規模・予測 ・重炭酸ナトリウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・重炭酸ナトリウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・重炭酸ナトリウムの主要国分析 ・重炭酸ナトリウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・重炭酸ナトリウムの世界市場:成長要因、課題 ・重炭酸ナトリウムの世界市場:競争環境 …
  • 軟体動物駆除剤の世界市場:メタルアルデヒド、メチオカルブ、リン酸鉄
    当調査レポートでは、軟体動物駆除剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソース別分析、種類別分析、使用方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型通信装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、携帯型通信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、携帯型通信装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 鋼製グレーチングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、鋼製グレーチングの世界市場について調査・分析し、鋼製グレーチングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別鋼製グレーチングシェア、市場規模推移、市場規模予測、鋼製グレーチング種類別分析()、鋼製グレーチング用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・鋼製グレーチングの市場概観 ・鋼製グレーチングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・鋼製グレーチングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・鋼製グレーチングの世界市場規模 ・鋼製グレーチングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・鋼製グレーチングのアメリカ市場規模推移 ・鋼製グレーチングのカナダ市場規模推移 ・鋼製グレーチングのメキシコ市場規模推移 ・鋼製グレーチングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・鋼製グレーチングのドイツ市場規模推移 ・鋼製グレーチングのイギリス市場規模推移 ・鋼製グレーチングのロシア市場規模推移 ・鋼製グレーチングのアジア市場分析(日本、中 …
  • 中国の整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 脂肪吸引機器の世界市場
    当調査レポートでは、脂肪吸引機器の世界市場について調査・分析し、脂肪吸引機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脂肪吸引機器の世界市場:市場動向分析 - 脂肪吸引機器の世界市場:競争要因分析 - 脂肪吸引機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・美容整形センター ・病院 - 脂肪吸引機器の世界市場:技術別 ・吸引機器 ・レーザーによる脂肪吸引 ・電力による脂肪吸引 ・高周波による脂肪吸引 ・吸引による脂肪吸引 ・チューメセント法による脂肪吸引 ・2本のカニューレによる脂肪吸引 ・超音波による脂肪吸引 ・外付けの超音波による脂肪吸引 ・水による脂肪吸引 - 脂肪吸引機器の世界市場:製品別 ・持ち運び可能な脂肪吸引機器 ・スタンドアロンの脂肪吸引機器 - 脂肪吸引機器の世界市場:主要地域別分析 - 脂肪吸引機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 脂肪吸引機器のヨーロッパ市場規模 - 脂肪吸引機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脂肪吸引機器の世界市場:主な市場開拓 …
  • 不織布用接着剤の世界市場予測(~2023年)
    不織布用接着剤の世界市場は、2018年の20億米ドルから2023年には31億米ドルに達し、この期間中8.71%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ベビーケア用品、女性用生理用品、成人失禁用品などの新しい用途からの需要増加が考えられます。特にAPAC市場は、2018年~2023年、大きな成長の可能性を示しています。この地域は、2017年には市場全体の中で最大シェアを占めています。さらに、エンドユーザーからの需要の高まりにより、最高の年平均成長率で成長すると予測されています。当調査レポートでは、不織布用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術(ホットメルト)分析、タイプ(スチレン系ブロック共重合体、非晶性ポリαオレフィン、エチレン酢酸ビニル)分析、用途(ベビーケア用品、女性生理用品、成人失禁用品、医療)分析、不織布用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドネシアのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 太陽光発電モジュールの世界市場2016:市場規模、競争環境、主要国分析、予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"