"世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)、引火点別、用途別(シンナー&溶剤、燃料、洗浄剤、脱脂剤)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7488)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)、引火点別、用途別(シンナー&溶剤、燃料、洗浄剤、脱脂剤)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing demand for paints & coatings in various end-use industries to drive the market.”
The white spirit market size is estimated to be USD 6.7 billion in 2019 and projected to reach USD 8.1 billion by 2024, at a CAGR of 4.0%. The market is driven by the growing need for paints & coatings in various end-use industries. However, the increasing regulations on the use of environmentally-friendly products could hamper the market for white spirit.

“The type 3 product segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The type 3 segment is projected to witness a higher growth rate than other types during the forecast period. The demand for type 3 white spirit is driven mainly by the growing demand for low aromatic white spirit from the coating, adhesives, and industrial cleaning chemical manufacturers. The increased consumption of these compounds in the various end-use industries, such as automotive, construction, and chemical is another vital factor leading to the high demand for type 3 white spirit.

“The market in the thinner & solvent segment to account for the largest share during the forecast period.”
White spirit is an essential ingredient in the manufacturing of solvent-based paints & coatings and is used as a thinner. The main purpose of the white spirit as a thinner is to reduce the viscosity of the paint and provide a slower rate of evaporation. Hence, the paints that are thinned with white spirit dry to a smoother surface and form a leveled coat on the surface it is being applied to. The growth of the construction industry is fueling the paints & coatings demand in these regions, which will directly have an impact on the demand for white spirit.

“APAC is projected to be the fastest-growing region during the forecast period.”
APAC accounted for the largest share of the global white spirit market. The developing economies of APAC and Middle East & Africa are witnessing an increase in urbanization, increasing middle-class population, and the growing demand for new houses due to the rising number of nuclear families, which has led to the construction of new residential and commercial buildings, which is expected to increase in the future.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size of several segments and subsegments and information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 40%
• By Designation: C level – 10%, Director Level – 20%, and Others – 70%
• By Region: APAC – 50%, Europe – 10%, Middle East & Africa- 30%, South America – 10%
The leading players in the white spirit market are Royal Dutch Shell (The Netherlands), Total SA (France), ExxonMobil (US), Idemitsu Kosan Co. Ltd (Japan), Bharat Petroleum Corporation Limited (India), Indian Oil Corporation Limited (India), and ThaiOil Company (Japan). Twenty key players were covered in the report.

Research Coverage:
This research report categorizes the white spirit market based on type, flash point, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews, products, and key strategies associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the white spirit market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their positions in the business.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)、引火点別、用途別(シンナー&溶剤、燃料、洗浄剤、脱脂剤)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Supply Side
2.2.4 Demand Side
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the White Spirit Market
4.2 APAC White Spirit Market, By Application and Country
4.3 White Spirit Market, By Type
4.4 White Spirit Market, By Flash Point
4.5 White Spirit Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Paints and Coatings From Growing Economies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Environmental Regulations Boosting the Demand for VOC-Free Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Production Capacities of Paints and Coatings in Developing Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Handling and Storage of White Spirit
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Yc, Ycc Shift
5.4.1 Yc Shift
5.4.2 Ycc Shift
6 White Spirit Market, By Type (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Type 0
6.2.1 Stringent Regulations in Developed Economies is Declining the Demand for Type 0 White Spirit Across the Globe
6.3 Type 1
6.3.1 APAC is Expected to have A High Demand for Type 1 White Spirit During the Forecast Period
6.4 Type 2
6.4.1 Low Aromatic Content is Increasing the Demand for Type 2 White Spirit in Paints & Coatings, Cleaning, and Deagrasing Applications
6.5 Type 3
6.5.1 Robust Growth in Demand for De-Aromatic Solvent in the Paints & Coatings Industry Will Drive the Market
7 White Spirit Market, By Flash Point (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Low Flash Point
7.2.1 Risk Associated With the Low Flash Point White Spirits During Storage & Transportation is Decreasing Their Demand
7.3 Medium Flash Point
7.3.1 The Medium Flash Point Segment is Expected to Register Steady Growth During the Forecast Period
7.4 High Flash Point
7.4.1 Owing to High Stability and Low VOC Content, the High Flash Point White Spirit is Gaining Traction in the End-Use Industry
8 White Spirit Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Paints & Coatings
8.2.1 Steller Growth in Demand for Low Aromatic Content Solvent is Witnessed in the Paints & Coatings Industry
8.3 Cleaning
8.3.1 Increasing Demand for Cleaning Solvent in Developing Countries Will Spur the White Spirit Market Growth
8.4 Degreasing
8.4.1 Developing Manufacturing and Fabrication Sectors Across the Globe Will Provide an Impetus for the Growth of the Market
8.5 Fuel
8.5.1 Changing Government Regulations and Norms on Fuel Blending Will Hamper the Market Growth
8.6 Others
9 White Spirit Market, By Region (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Increasing Crude Oil Production Capacity and Growing Paints & Coatings and Fabrication Industries are Driving the Market Growth
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Expected Growth in Paints & Coatings Production Will Help the Market to Grow
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 The Steady Growth of the Manufacturing Sector Will Drive the Market
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Slow Demand for Solvent-Borne Coatings Will Hamper the Growth of the Market in the Country
9.3.2 UK
9.3.2.1 Government Initiatives in Infrastructure Projects to Increase the Demand for White Spirit
9.3.3 France
9.3.3.1 Increasing Manufacturing Activities are Contributing to the Market Growth
9.3.4 Russia
9.3.4.1 Growing Infrastructure Development Will Boost the Demand for White Spirit
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increasing Focus on Aerospace and Industrial Sectors is Boosting the Demand for White Spirit
9.3.6 Finland
9.3.6.1 White Spirit Market is Expected to Register Slow Growth in the Country During the Forecast Period
9.3.7 Poland
9.3.7.1 Steady Growth of the Paints & Coatings Industry Will Boost the Demand for White Spirit
9.3.8 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Amendment in Regulation and Policies Will Trigger the Demand for Type 3 White Spirit in Several Applications
9.4.2 Australia
9.4.2.1 Expected Growth in the Paints & Coatings Industry Will Boost the Demand for White Spirits in the Country
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Strong Production Capacity is Expected to Drive the Market
9.4.4 India
9.4.4.1 Healthy Growth of the Paints & Coatings Industry Will Boost the Market Growth
9.4.5 South Korea
9.4.5.1 Strong Production Capacity and Rising Demand for Eco-Friendly Chemicals Will Propel the White Spirit Market Growth
9.4.6 Rest of APAC
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Iran
9.5.1.1 Healthy Growth of the Solvent-Borne Paints & Coatings Sector in Iran Will Propel the Demand for White Spirit
9.5.2 South Africa
9.5.2.1 Thriving Demand for Thinners is Witnessed From the Paints & Coatings Industry
9.5.3 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Slow Growth of the Solvent-Borne Coatings Sector Will Hamper the White Spirit Market in the Country
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 White Spirit has High Demand From the Paints & Coatings Industry of the Country
9.6.3 Bolivia
9.6.3.1 The White Spirit Market is Expected to Register 1.2 Times Growth, in Terms of Value, During the Forecast Period
9.6.4 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 129)
10.1 Introduction
10.2 Market Shares of Key Players
10.2.1 Royal Dutch Shell PLC.
10.2.2 Exxonmobil Corporation
10.2.3 Total SA
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Expansion
11 Company Profiles (Page No. – 132)
(Business Overview, Products & Products Offered, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competition, Right to Win, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Royal Dutch Shell PLC
11.2 Total SA
11.3 Exxonmobil Corporation
11.4 ThaiOil Group
11.5 Idemitsu Kosan Co., LTD
11.6 Türkiye Petrol Rafinerileri A.S.
11.7 DHC Solvent Chemie GmbH
11.8 Neste OYJ
11.9 Bharat Petroleum Corporation Limited (BPCL)
11.10 Indian Oil Corporation Limited (IOCL)
11.11 Eagle Petroleum
11.12 AL Sanea Chemical Products
11.13 Haltermann Carless Deutschland GmbH
11.14 Kuwait International Factory
11.15 AL-Oga Factory for Manufacturing White Spirit
11.16 K H Chemicals
11.17 Gulf Factory for White Solvent
11.18 Brenntag AG (Distributer)
11.19 Banner Chemicals Limited (Distributer)
11.20 Pon Pure Chemicals Group
*Details on Business Overview, Offered, Winning Imperatives, Current Focus and Strategies, Threat From Competition, Right to Win, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 158)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)、引火点別、用途別(シンナー&溶剤、燃料、洗浄剤、脱脂剤)、地域別
【発行日】2019年12月19日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7488
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のホワイトスピリッツ市場:種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)、引火点別、用途別(シンナー&溶剤、燃料、洗浄剤、脱脂剤)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ボトルウォーターの世界市場2015
  • アジアの石油コークス市場
  • 工業用塗料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用塗料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用塗料市場規模、技術別(高固体、粉体塗装、溶剤型技術、水性技術、前処理、放射線硬化性塗料)分析、樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ樹脂、フッ素重合体、ポリエステル、ポリウレタン、その他)分析、エンドユーザー別(航空、プラスチック部品、自動車・輸送、包装、鉄道、耐久消費財、コイル・押出型工業用塗料、海洋、木材、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用塗料の世界市場:市場動向分析 ・ 工業用塗料の世界市場:競争要因分析 ・ 工業用塗料の世界市場:技術別(高固体、粉体塗装、溶剤型技術、水性技術、前処理、放射線硬化性塗料) ・ 工業用塗料の世界市場:樹脂別(アクリル、アルキド、エポキシ樹脂、フッ素重合体、ポリエステル、ポリウレタン、その他) ・ 工業用塗料の世界市場:エンドユーザー別(航空、プラスチック部品、自動車・輸送、包装、鉄道、耐久消費財、コイル・押出 …
  • ゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゴルフ用プッシュカート及び手引きカートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Big Max Golf• BagBoy• THE PROACTIVE SPORTS GROUP• SUN MOUNTAIN SPORTS• Adept Golf等です。
  • 世界の硝子体タンポナーデ市場2015
    本調査レポートでは、世界の硝子体タンポナーデ市場2015について調査・分析し、硝子体タンポナーデの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、産業別分析、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • スクレロチン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクレロチン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクレロチン阻害剤の概要 ・スクレロチン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクレロチン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクレロチン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクレロチン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の二酸化モリブデン市場2016
    本調査レポートでは、世界の二酸化モリブデン市場2016について調査・分析し、二酸化モリブデンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大腸内視鏡の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、大腸内視鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、大腸内視鏡市場規模、製品別(器具・付属品、大腸内視鏡)分析、エンドユーザー別(病院、外来外科センター(ASC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・大腸内視鏡の世界市場概要 ・大腸内視鏡の世界市場環境 ・大腸内視鏡の世界市場動向 ・大腸内視鏡の世界市場規模 ・大腸内視鏡の世界市場:業界構造分析 ・大腸内視鏡の世界市場:製品別(器具・付属品、大腸内視鏡) ・大腸内視鏡の世界市場:エンドユーザー別(病院、外来外科センター(ASC)、その他) ・大腸内視鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・大腸内視鏡の北米市場規模・予測 ・大腸内視鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・大腸内視鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・大腸内視鏡の主要国分析 ・大腸内視鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・大腸内視鏡の世界市場:成長要因、課題 ・大腸内視鏡の世界市場:競争環 …
  • リモコンの世界市場
    当調査レポートでは、リモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモコンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無人搬送車(AGV)の世界市場予測(~2022年):ユニットロード運送車、牽引車、フォークリフトトラック、バレット輸送用トラック、組立ライン用車両
    当調査レポートでは、無人搬送車(AGV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、ナビゲーション技術別分析、電池種類別分析、用途別分析、無人搬送車(AGV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結乾燥の世界市場:種類別(真空システム、コントロール&モニタリングシステム、ラボスケール 、乾燥室、その他)、運営スケール別(産業スケール凍結乾燥機、パイロットスケール凍結乾燥機、ラボスケール)、技術別(トレイスタイルラ凍結乾燥機、ラボスケール凍結乾燥機)、地域別予測
    本資料は、凍結乾燥の世界市場について調べ、凍結乾燥の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(真空システム、コントロール&モニタリングシステム、ラボスケール 、乾燥室、その他)分析、運営スケール別(産業スケール凍結乾燥機、パイロットスケール凍結乾燥機、ラボスケール)分析、技術別(トレイスタイルラ凍結乾燥機、ラボスケール凍結乾燥機)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBalcony Systems、Glass Balustrades Company UK、Abbey Glass、IQ Glass 、Fences Galore & Glass 、Absolute Balustrades 、Onlevel、Euroglass、Metro Glass、Guardian Fencing などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・凍結乾燥の世界市場概要 ・凍結乾燥の世界市場環境 ・凍結乾燥の世界市場動向 ・凍結乾燥の世界市場規模 ・凍結乾燥の世界市場規模:種類別( …
  • インドの無効電力補償市場(~2020)
  • 膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の概要 ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic E …
  • 熱傷治療の世界市場:製品別(先進被覆材、生物製剤、従来型熱傷治療製品)、熱傷の深度別(軽度の熱傷、中間層熱傷、全層性熱傷)、原因別(熱、電気)、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、熱傷治療の世界市場について調査・分析し、熱傷治療の世界市場動向、熱傷治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱傷治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IoTインフラの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、IoTインフラの世界市場について調査・分析し、IoTインフラの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・IoTインフラの世界市場規模:技術別分析 ・IoTインフラの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・IoTインフラの世界市場規模:プラットフォーム別分析 ・IoTインフラの世界市場規模:サービス別分析 ・IoTインフラの世界市場規模:用途別分析 ・IoTインフラの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 超伝導磁気エネルギー貯蔵の世界市場
    当調査レポートでは、超伝導磁気エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超伝導磁気エネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 避雷システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、避雷システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、避雷システムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 中電圧ケーブルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、中電圧ケーブルの世界市場について調査・分析し、中電圧ケーブルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 中電圧ケーブルの世界市場:市場動向分析 - 中電圧ケーブルの世界市場:競争要因分析 - 中電圧ケーブルの世界市場:エンドユーザー別 更新可能 基盤施設 産業 - 中電圧ケーブルの世界市場:設置別 架空ケーブル及び付属品 海底ケーブル及び付属品 地下ケーブル及び付属品 - 中電圧ケーブルの世界市場:主要地域別分析 - 中電圧ケーブルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 中電圧ケーブルのヨーロッパ市場規模 - 中電圧ケーブルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・中電圧ケーブルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))、製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他)、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)
    本資料は、腹膜透析の世界市場について調べ、腹膜透析の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD))分析、エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・腹膜透析の世界市場概要 ・腹膜透析の世界市場環境 ・腹膜透析の世界市場動向 ・腹膜透析の世界市場規模 ・腹膜透析の世界市場:市場シェア ・腹膜透析の世界市場:治療タイプ別(持続携帯式腹膜透析(CAPD)、自動腹膜透析(APD)) ・腹膜透析の世界市場:製品タイプ別(腹膜透析液、装置、腹膜透析セット、カテーテル、その他) ・腹膜透析の世界市場:エンドユーザー別(在宅透析、透析センター・院内透析) ・腹膜透析の世界市場:地域別市場規模・分析 ・腹膜透析の北米市場規模・予測 ・腹膜透析のアメリカ市場規模・予測 ・腹膜透析のヨーロッパ市場規模・予測 ・腹膜透析のアジア市場規模・予測 ・腹膜透析の …
  • 軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)の概要 ・軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軽度認知障害(Mild Cognitive Im …
  • 世界の大豆ペプチド市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆ペプチド市場2015について調査・分析し、大豆ペプチドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模、製品別(cPDM、DM、CAD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場概要 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場環境 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場動向 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場規模 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:業界構造分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:製品別(cPDM、DM、CAD) ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドベースPLM(製品ライフサイクル管理)のアメリカ市場規模・予測 ・クラウドベースPLM(製品ラ …
  • 世界の次世代水晶発振器市場
  • 世界の補聴器市場2016
    本調査レポートでは、世界の補聴器市場2016について調査・分析し、補聴器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマグネシウム サルフェート市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウム サルフェート市場2015について調査・分析し、マグネシウム サルフェートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のカートリッジ形弁市場2016
    本調査レポートでは、世界のカートリッジ形弁市場2016について調査・分析し、カートリッジ形弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルコキナーゼ活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルコキナーゼ活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルコキナーゼ活性因子の概要 ・グルコキナーゼ活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のグルコキナーゼ活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルコキナーゼ活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルコキナーゼ活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ビタミンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビタミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(ビタミンB、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンK)分析、用途別(ヘルスケア製品、食品・飲料、飼料、パーソナルケア製品)分析、由来別(人工、天然)分析、ビタミンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、幹細胞治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、幹細胞治療の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の反射シート市場2016
    本調査レポートでは、世界の反射シート市場2016について調査・分析し、反射シートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの末梢血管用装置市場見通し
  • 高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.09%成長すると予測しています。
  • 家具用木工塗料の世界市場2017-2021:溶媒系、水性系、放射線硬化型、粉末型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家具用木工塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具用木工塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家具用木工塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、The Sherwin-Williams Company、The Dow Chemical Company、PPG Industries等です。
  • 分子診断検査の世界市場:地域別販売予測、企業分析
  • インドの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • ゲノミクスの世界市場2020-2024
    「ゲノミクスの世界市場2020-2024」は、ゲノミクスについて市場概要、市場規模、ソリューション別(製品、サービス)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ゲノミクスの世界市場:ソリューション別(製品、サービス) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • CMPパッドコンディショナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CMPパッドコンディショナーの世界市場について調査・分析し、CMPパッドコンディショナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CMPパッドコンディショナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、CMPパッドコンディショナー種類別分析(メッキ、ロウ付け、焼結型、CVD)、CMPパッドコンディショナー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CMPパッドコンディショナーの市場概観 ・CMPパッドコンディショナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CMPパッドコンディショナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CMPパッドコンディショナーの世界市場規模 ・CMPパッドコンディショナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CMPパッドコンディショナーのアメリカ市場規模推移 ・CMPパッドコンディショナーのカナダ市場規模推移 ・CMPパッドコンディショナーのメキシコ市場規模推移 ・CMPパッドコンディショナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • ギフト小売業の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ギフト小売業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ギフト小売業市場規模、製品別(土産品・ノベルティアイテム、季節別飾付用品、グリーティングカード、贈答品、その他)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ギフト小売業の世界市場概要 ・ギフト小売業の世界市場環境 ・ギフト小売業の世界市場動向 ・ギフト小売業の世界市場規模 ・ギフト小売業の世界市場:業界構造分析 ・ギフト小売業の世界市場:製品別(土産品・ノベルティアイテム、季節別飾付用品、グリーティングカード、贈答品、その他) ・ギフト小売業の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・ギフト小売業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ギフト小売業のアメリカ市場規模・予測 ・ギフト小売業のヨーロッパ市場規模・予測 ・ギフト小売業のアジア市場規模・予測 ・ギフト小売業の主要国分析 ・ギフト小売業の世界市場:意思決 …
  • メディア・広告・エンターテイメント業界におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、メディア・広告・エンターテイメント業界におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プロバイダー別分析、用途別(ライセンス・権利管理、デジタル広告、スマートコントラクト、コンテンツセキュリティ、オンラインゲーム、決済)分析、企業サイズ別分析、メディア・広告・エンターテイメント業界におけるブロックチェーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア機能別分析、産業別分析、地域別分析、拡張現実(AR)用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアロスタットシステムの世界市場:気球、飛行船、ハイブリッド
    当調査レポートでは、エアロスタットシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、推進システム別分析、クラス別分析、ペイロード別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊紙の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊紙市場規模、種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他)分析、原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他)分析、用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊紙の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊紙の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊紙の世界市場:種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他) ・ 特殊紙の世界市場:原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他) ・ 特殊紙の世界市場:用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気 …
  • 世界の圧迫療法機器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、圧迫療法機器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・圧迫療法機器の概要 ・圧迫療法機器の開発動向:開発段階別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:セグメント別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:領域別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:規制Path別分析 ・圧迫療法機器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別圧迫療法機器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・圧迫療法機器の最近動向
  • 世界のくつクリーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のくつクリーム市場2016について調査・分析し、くつクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジオテキスタイル市場規模・予測2017-2025:材料の種類別(合成、天然)、商品タイプ別(不織、織布、ニット)、用途別(道路建設・舗装修繕、浸食制御、排水・廃棄物処理、鉄道、農業)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のジオテキスタイル市場について調査・分析し、世界のジオテキスタイル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のジオテキスタイル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • バイオマーカーの世界市場予測(~2021年):安全性マーカー、予測マーカー、代替マーカー、薬力学マーカー、予後マーカー
    当調査レポートでは、バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、疾患別分析、用途別分析、バイオマーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 協力ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、協力ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、協力ロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、組立、検査・試験、溶接、塗装・分配)分析、エンドユーザー別(自動車、エレクトロニクス・半導体、金属、ゴム・プラスチック、F&B)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, FANUC, Midea Group, Rethink Robotics, Teradyne, YASKAWA ELECTRICなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・協力ロボットの世界市場概要 ・協力ロボットの世界市場環境 ・協力ロボットの世界市場動向 ・協力ロボットの世界市場規模 ・協力ロボットの世界市場:業界構造分析 ・協力ロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、組立、検査・試験、溶接、塗装・分配) ・協力ロボットの世界市場:エンドユーザー別(自動車、エレクトロニクス・半導体、金属、ゴム・プラスチック、F&B) ・協力ロボットの …
  • 水処理用化学製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水処理用化学製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水処理用化学製品市場規模、用途別(地方自治体向け水処理、発電、パルプ・紙、石油・ガス、その他)分析、種類別(凝固剤・凝集剤、腐食・スケール抑制剤、殺生物剤、pH調整剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水処理用化学製品の世界市場概要 ・水処理用化学製品の世界市場環境 ・水処理用化学製品の世界市場動向 ・水処理用化学製品の世界市場規模 ・水処理用化学製品の世界市場:業界構造分析 ・水処理用化学製品の世界市場:用途別(地方自治体向け水処理、発電、パルプ・紙、石油・ガス、その他) ・水処理用化学製品の世界市場:種類別(凝固剤・凝集剤、腐食・スケール抑制剤、殺生物剤、pH調整剤、その他) ・水処理用化学製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水処理用化学製品のアメリカ市場規模・予測 ・水処理用化学製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・水処理用化学製品のア …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"