"世界の技術的絶縁市場:製品種類別(フレキシブル、リジッド、MMF)、用途別(暖房および配管、HVAC、冷凍、工業プロセス、音響)、最終用途別(産業およびOEM、エネルギー、輸送、商業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BC 7491)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の技術的絶縁市場:製品種類別(フレキシブル、リジッド、MMF)、用途別(暖房および配管、HVAC、冷凍、工業プロセス、音響)、最終用途別(産業およびOEM、エネルギー、輸送、商業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The technical insulation market is projected to register a CAGR of 4.0%, in terms of value, between 2019 and 2024.
The technical insulation market is projected to grow from USD 7.6 billion in 2019 to USD 9.2 billion by 2024, at a CAGR of 4.0% between 2019 and 2024. The major driving factors in the technical insulation market are the presence of stringent regulations regarding insulation of equipment and pipes and growing demand in the oil & gas sector.

However, volatile raw material prices are expected to restrain the growth of the market. The growing opportunities from emerging economies will bring new growth opportunities for this market. Corrosion under insulation leading to health and safety-related incidents is a challenges expected to be faced by this market during the forecast period.

The man-made mineral fibers segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.
Man-made mineral fiber can be divided into stone wool, fiberglass, cellular glass, calcium silicate, microporous insulation, aerogel, and vacuum insulated panels. This segment is projected to register the highest CAGR, in terms of value, between 2019 and 2024. This is because it is used in high-temperature applications in power, oil & gas, and other industries. Exceptional temperature sustainability, recyclability, long term stability, and availability in different forms, such as boards, pipes, foams, and blankets result in the extensive usage of these materials in diverse end-use industries, which has subsequently led to a stable rise in the use of man-made mineral fiber in the technical insulation market.

Industrial & OEM segment is expected to be the largest and fastest-growing end-use industry during the forecast period
The industrial & OEM end-use industry dominated the technical insulation market in 2018. The huge industrial base and necessity to insulate industrial plants are expected to drive this demand in the global marketplace. In industrial pipelines, high compressive strength insulation is used to maintain nominal thickness during and after installation of the insulation. Low thermal conductivity, low water absorption, effective noise reduction, and corrosion resistance are the other properties of insulation materials required for industrial insulation. These factors are expected to drive the demand for technical insulation in the industrial segment.

APAC is expected to be the largest region in the technical insulation market during the forecast period.
APAC was the largest market for technical insulation in the industrial application in 2018. The large market size in the region is attributed to the growth of manufacturing and mining industries in the region. Major manufacturing companies are shifting their base from Europe and North America to APAC due to low labor and raw-material costs.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in technical insulation market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 30%
• By Designation: C Level – 20%, D Level – 30%, and Others – 50%
• By Region: North America – 20%, APAC – 40%, Europe – 20%, South America- 10%, and the Middle East & Africa – 10%

The key companies profiled in this report are the Zotefoams Plc (UK), Owens Corning (US), Kingspan Group Plc (Ireland), ETEX Group SA (Belgium), Rockwool International A/S (Denmark), Recticel NV/SA (Belgium), Morgan Advanced Materials plc (UK), Armacell International S.A. (Luxembourg), Aspen Aerogels, Inc. (US), Knauf Insulation (Germany), L’ISOLANTE K-FLEX S.P.A. (Italy), Johns Manville (US), Saint-Gobain ISOVER (France), NMC SA (Belgium), Palziv Inc. (Israel), Unifrax I LLC (US), Durkee (Wuhan) Insulation Material Co., Ltd. (China), Huamei Energy-Saving Technology Group Co., Ltd. (China), Wincell Insulation Material Co., Ltd (China), and INTEREP SAS (France).

Research Coverage:
This report provides detailed segmentation of the technical insulation market based on product type, application, end-use industry, and region. Product type is divided into flexible foams, rigid foams, and man-made mineral fibers. Based on application, the technical insulation market has been segmented into heating & plumbing, HVAC, refrigeration, industrial processes, and acoustic. Based on end-use industry, the market has been segmented into industrial & OEM, energy, transportation, and commercial buildings. Based on region, the market has been segmented into North America, Europe, APAC, the Middle East & Africa, and South America.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share ranking of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の技術的絶縁市場:製品種類別(フレキシブル、リジッド、MMF)、用途別(暖房および配管、HVAC、冷凍、工業プロセス、音響)、最終用途別(産業およびOEM、エネルギー、輸送、商業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Opportunities in the Technical Insulation Market
4.2 Technical Insulation Market, By Material Type
4.3 Technical Insulation Market, By Application and Key Countries
4.4 Technical Insulation Market, By End-Use Industry
4.5 Technical Insulation Market, Developed vs. Developing Countries
4.6 APAC: Technical Insulation Market
4.7 Technical Insulation Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Power and Energy Requirements in Emerging Economies Owing to Rapid Industrialization and Urbanization
5.2.1.2 Stringent Regulations Mandating Use of Insulation Materials for Energy Conservation
5.2.1.3 Growth in Oil & Gas Demand
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Fluctuation in Availability and Prices of Raw Material
5.2.2.2 Low Awareness About Technical Insulation
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increased Infrastructure Spending in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Capital Cost and Lack of Skilled Labor for Installation
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Bargaining Power of Buyers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Analysis
5.4.1 GDP of Major Economies in Terms of Ppp
5.4.2 Trends and Forecast of Oil Industry and Its Impact on Technical Insulation Market
6 Technical Insulation Market, By Material Type (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Hot Insulation
6.2.1 Excellent Properties of Hot Insulation to Drive the Demand for Technical Insulation Market
6.2.2 Fiberglass
6.2.3 Stonewool
6.2.4 Calcium Silicate
6.2.5 Microporous Insulation
6.2.6 Aerogel
6.2.7 Vacuum Insulated Panel (VIP)
6.3 Cold-Flexible Insulation
6.3.1 Cold-Flexible Insulation Provides Superior Physical and Mechanical Properties
6.3.2 Elastomeric Foams
6.3.3 Ethylene Propylene Diene Monomer (EPDM)
6.3.4 Polyethylene (PE) & Xpe Foams
6.3.5 Polypropylene (PP)
6.3.6 Other Polyolefin (PO) & Extruded Polyolefin (XPO)
6.4 Cold-Rigid Insulation
6.4.1 Usage of Cold-Rigid Insulation in Commercial Buildings to Boost Consumption of Technical Insulation
6.4.2 Polyurethane (Pu/Pur) and Polyisocyanurate (PIR) Foam
6.4.3 Phenolic Foam
6.4.4 Expanded Polystyrene (EPS)
6.4.5 Extruded Polystyrene (XPS)
7 Technical Insulation Market, By Application (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 Industrial Processes
7.2.1 Need for Temperature, Noise, and Vibration Control in Industrial Processes Expected to Drive the Technical Insulation Market
7.3 Heating & Plumbing
7.3.1 Technical Insulation Mainly Used for Insulating Heating & Plumbing Systems to Ensure Safety
7.4 HVAC
7.4.1 Excellent Acoustic and Thermal Performance of Technical Insulation Materials to Drive Consumption in HVAC Segment
7.5 Acoustic
7.5.1 Increasing Need for Sound Control in Pipes and Ducts Expected to Drive the Technical Insulation Market
7.6 Refrigeration
7.6.1 Good Water Vapor Transmission and Low Water Absorption Characteristics Boosting the Demand in Refrigeration Application
8 Technical Insulation Market, By End-Use Industry (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Industrial & Oem
8.2.1 Need for Energy Conservation in Industrial Facilities and Oems Drives the Technical Insulation Market
8.3 Energy
8.3.1 Oil & Gas
8.3.1.1 Increase in Demand for Energy in Emerging Economies Driving the Technical Insulation Market in Oil & Gas Sector
8.3.2 Petrochemical
8.3.2.1 Rising Demand for Petrochemicals in Various Industries Driving the Consumption of Technical Insulation
8.3.3 Others
8.4 Transportation
8.4.1 Automotive
8.4.1.1 Growing Demand for Technologically Advanced Vehicles to Drive the Technical Insulation Market
8.4.2 Aerospace
8.4.2.1 Increasing Demand for Fuel-Efficient Aircraft to Spur the Demand for Technical Insulation
8.4.3 Marine
8.4.3.1 Need for Heat and Fire Protection in Boats and Ships to Drive the Technical Insulation Market
8.5 Commercial Buildings
8.5.1 Technical Insulation in Commercial Buildings Saves Cost and Provides Thermal Comfort
9 Technical Insulation Market, By Region (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 Europe
9.2.1 Russia
9.2.1.1 Growth of the Industrial Sector Fueling Demand in Major End-Use Industries
9.2.2 Germany
9.2.2.1 Investments in Chemical & Petrochemical Industry Driving the Technical Insulation Market
9.2.3 UK & Ireland
9.2.3.1 Public and Commercial Building Sectors to Exhibit Growth in the Country
9.2.4 France
9.2.4.1 Transition to Clean Economy Using Renewable Energy Expected to Boost the Demand for Technical Insulation
9.2.5 Benelux
9.2.5.1 Free International Labor Market Benefits the Industrial Sectors of Benelux Countries
9.2.6 Nordic Countries
9.2.6.1 Significant Oil & Gas Production Drives the Demand for Technical Insulation
9.2.7 Central Europe East
9.2.7.1 Strong Industrial Sector Driving Technical Insulation Market in the Region
9.2.8 Spain
9.2.8.1 Growth of Concentrated Solar Power Generation Expected to Drive the Technical Insulation Market
9.2.9 Central Europe North
9.2.9.1 Government Initiatives on Development of Chemical & Petrochemical Sector are Fueling the Market
9.2.10 Italy
9.2.10.1 Growing Investments in Petrochemical Industry Fueling Demand for Technical Insulation
9.2.11 Balcanic Countries
9.2.11.1 Huge Demand From Oil & Gas Industry to Drive the Market
9.2.12 Switzerland
9.2.12.1 Increasing Demand for Technical Insulation From Hydroelectricity and Nuclear Power Sectors
9.2.13 Austria
9.2.13.1 Growth of Industrial Sector in Newer Eu Countries Driving the Austrian Chemical Industry
9.2.14 Rest of Europe
9.3 APAC
9.3.1 China
9.3.1.1 Rapid Economic Growth is the Main Driver of Technical Insulation Market in China
9.3.2 Japan
9.3.2.1 Rise in Export of Chemical-Based Products Expected to Drive the Technical Insulation Market
9.3.3 India
9.3.3.1 Growing Urban Population Expected to Drive the Market in Commercial Buildings Sector
9.3.4 South Korea
9.3.4.1 Increase in Export of Petrochemicals and Electronics Propelling the Consumption of Technical Insulation
9.3.5 Australia
9.3.5.1 Lng Supply Contracts With Other Economies Driving the Technical Insulation Market
9.3.6 Rest of APAC
9.4 North America
9.4.1 US
9.4.1.1 US Leads the Demand for Technical Insulation in North America
9.4.2 Canada
9.4.2.1 Abundant Availability of Feedstock is Boosting the Demand for Technical Insulation
9.4.3 Mexico
9.4.3.1 Government’s Clean Energy Initiative is Expected to Propel Demand for Technical Insulation
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Refinery Integration Activities Expected to Drive the Technical Insulation Market
9.5.2 UAE
9.5.2.1 Oil & Gas Exploration Activities Likely to Boost the Market
9.5.3 Turkey
9.5.3.1 Growth in Commercial Construction Activities to Fuel Consumption of Technical Insulation
9.5.4 South Africa
9.5.4.1 Growing Urbanization and Industrialization Influencing the Technical Insulation Market in South Africa
9.5.5 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Growing Consumption of Electricity is Supporting the Growth of Technical Insulation Market in Brazil
9.6.2 Peru
9.6.2.1 Development in Downstream Activities to Strengthen the Oil & Gas Industry in the Country
9.6.3 Colombia
9.6.3.1 Oil & Gas Exploration Activities Likely to Drive the Technical Insulation Market in Colombia
9.6.4 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 131)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Market Ranking Analysis
10.6 Competitive Scenario
10.6.1 Investment & Expansion
10.6.2 New Product Development/Launch
10.6.3 Acquisition
10.6.4 Contract & Agreement, Joint Venture, and Partnership
11 Company Profiles (Page No. – 142)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Rockwool International A/S
11.2 Saint-Gobain Isover
11.3 Owens Corning
11.4 Knauf Insulation
11.5 Kingspan Group PLC
11.6 Armacell International S.A.
11.7 L’isolante K-Flex S.P.A.
11.8 Morgan Advanced Materials PLC
11.9 Etex Group Sa
11.10 Aspen Aerogels, Inc.
11.11 Zotefoams PLC
11.12 Johns Manville
11.13 Recticel Nv/SA
11.14 NMC SA
11.15 Palziv Inc.
11.16 Unifrax I LLC
11.17 Durkee (Wuhan) Insulation Material Co., Ltd.
11.18 Huamei Energy-Saving Technology Group Co., Ltd.
11.19 Wincell Insulation Material Co., Ltd
11.20 Interep Sas
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 185)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の技術的絶縁市場:製品種類別(フレキシブル、リジッド、MMF)、用途別(暖房および配管、HVAC、冷凍、工業プロセス、音響)、最終用途別(産業およびOEM、エネルギー、輸送、商業)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BC 7491
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建築及び建設
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の技術的絶縁市場:製品種類別(フレキシブル、リジッド、MMF)、用途別(暖房および配管、HVAC、冷凍、工業プロセス、音響)、最終用途別(産業およびOEM、エネルギー、輸送、商業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 建設用骨材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、建設用骨材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、建設用骨材市場規模、製品種類別(砂、砕石、砂利、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・建設用骨材の世界市場概要 ・建設用骨材の世界市場環境 ・建設用骨材の世界市場動向 ・建設用骨材の世界市場規模 ・建設用骨材の世界市場:業界構造分析 ・建設用骨材の世界市場:製品種類別(砂、砕石、砂利、その他) ・建設用骨材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設用骨材のアメリカ市場規模・予測 ・建設用骨材のヨーロッパ市場規模・予測 ・建設用骨材のアジア市場規模・予測 ・建設用骨材の主要国分析 ・建設用骨材の世界市場:意思決定フレームワーク ・建設用骨材の世界市場:成長要因、課題 ・建設用骨材の世界市場:競争環境 ・建設用骨材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ミクロトームの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ミクロトームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(機器(ロータリー、クライオスタット)、アクセサリ)分析、用途別(疾患診断、医学研究)分析、技術別(手動、半自動、全自動)分析、エンドユーザー別(病院、臨床検査室)分析、ミクロトームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ミクロトームの世界市場規模が2019年129百万ドルから2024年177百万ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • 組み込みセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、組み込みセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品別分析、セキュリティタイプ別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、組み込みセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自律走行トラクターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自律走行トラクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自律走行トラクター市場規模、出力別(30HP以下、31-100HP、101HP以上)分析、コンポーネント別(レーダー、カメラ・視覚セグメント、ハンドヘルド装置、LiDAR、GPS、超音波センサー)分析、穀物種類別(油糧種子・豆類、穀草類・穀類、果物・野菜)分析、農業利用別(耕作、収穫、播種、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自律走行トラクターの世界市場:市場動向分析 ・ 自律走行トラクターの世界市場:競争要因分析 ・ 自律走行トラクターの世界市場:出力別(30HP以下、31-100HP、101HP以上) ・ 自律走行トラクターの世界市場:コンポーネント別(レーダー、カメラ・視覚セグメント、ハンドヘルド装置、LiDAR、GPS、超音波センサー) ・ 自律走行トラクターの世界市場:穀物種類別 …
  • ボディーアーマーの世界市場
    当調査レポートでは、ボディーアーマーの世界市場について調査・分析し、ボディーアーマーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者および中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 風力発電用塗料の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、風力発電用塗料の世界市場について調査・分析し、風力発電用塗料のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(ポリマーコーティング、金属コーティング、セラミックコーティング)、用途別販売分析(オンショア、オフショア)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、風力発電用塗料産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・風力発電用塗料市場概要 ・風力発電用塗料のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・風力発電用塗料の世界市場:種類別販売量(ポリマーコーティング、金属コーティング、セラミックコーティング) ・風力発電用塗料の世界市場:用途別販売量(オンショア、オフショア) ・風力発電用塗料の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・風力発電用塗料の米国市場規模 ・風力発電用塗料の中国市場規模 ・風力発電用塗料の欧州市場規模 ・風力発電用塗料の日本市場規模 ・風力発電用塗料の東南アジア市場規模 ・風力発電用塗料のインド市場規模 ・風力発電用塗料のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等 …
  • 医療用ガスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • オピオイドの世界市場:製品別(IR/短時間作用型、 ER/長時間作用型)、 用途別(疼痛緩和、麻酔)、地域別
    本調査レポートでは、オピオイドの世界市場について調査・分析し、オピオイドの世界市場動向、オピオイドの世界市場規模、市場予測、セグメント別オピオイド市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セルフペース型eラーニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セルフペース型eラーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフペース型eラーニングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ウォーターポンプ・アセンブリ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ウォーターポンプ・アセンブリ市場2016について調査・分析し、自動車ウォーターポンプ・アセンブリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ農薬のアジア市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬のアジア市場について調査・分析し、バイオ農薬のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリマー発泡体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリマー発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリマー発泡体の世界市場規模及び予測、用途別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の吸い取りシステム市場2016
    本調査レポートでは、世界の吸い取りシステム市場2016について調査・分析し、吸い取りシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食肉検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食肉検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検査対象(病原菌、種、アレルゲン、GMO、マイコトキシン、重金属、残留獣医薬)別分析、サンプル(肉、シーフード)別分析、技術(PCR、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、分光法)別分析、食肉検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケモカイン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるケモカイン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ケモカイン受容体アンタゴニストの概要 ・ケモカイン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のケモカイン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ケモカイン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ケモカイン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 心肺用自己輸血装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心肺用自己輸血装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心肺用自己輸血装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペインのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 圧迫潰瘍(Pressure Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における圧迫潰瘍(Pressure Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、圧迫潰瘍(Pressure Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・圧迫潰瘍(Pressure Ulcers)の概要 ・圧迫潰瘍(Pressure Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の圧迫潰瘍(Pressure Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・圧迫潰瘍(Pressure Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 世界の天然ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界の天然ワックス市場2015について調査・分析し、天然ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊化学品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊化学品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊化学品市場規模、機能別(解乳化剤、界面活性剤、特殊顔料、特殊コーティング剤、分離膜、特殊酵素、触媒、殺虫剤、抗酸化物質)分析、種類別(特殊ポリマー、印刷インキ、食品添加物、繊維化学品、油田用化学品、建設化学品、プラスチック添加剤、先端セラミック材料、ゴム加工剤、農薬、特殊紙化学品、電子化学品、接着剤、水処理薬品、鉱業用化学品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊化学品の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊化学品の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊化学品の世界市場:機能別(解乳化剤、界面活性剤、特殊顔料、特殊コーティング剤、分離膜、特殊酵素、触媒、殺虫剤、抗酸化物質) ・ 特殊化学品の世界市場:種類別(特殊ポリマー、印刷インキ、食品添加物、繊維化学品、油田用化学品、建設化学品、プラスチック添加剤、先端セラミック材料、ゴム加工剤、農薬、特殊紙化学品、電子化学品、接着剤 …
  • 天然・有機パーソナルケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、天然・有機パーソナルケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然・有機パーソナルケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍随伴体液性高カルシウム血症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の概要 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍随伴体液性高カルシウム …
  • 対UAV(C-UAV)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、対UAV(C-UAV)技術の世界市場について調査・分析し、対UAV(C-UAV)技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 対UAV(C-UAV)市場の概要 3. 対UAV(C-UAV)の世界市場 2016-2026 4. 世界の対UAV(C-UAV)2次市場予測 2016-2026 5. 対UAV(C-UAV)市場のSWOT分析 2016-2026 6. 専門家の意見 7. 対UAV(C-UAV)企業主要20社 8. 結論および推奨事項 9. 用語集
  • 自動車安全性の世界市場見通し2016-2022:パッシブセーフティ、アクティブセーフティ
    当調査レポートでは、自動車安全性の世界市場について調査・分析し、自動車安全性の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車安全性の世界市場:市場動向分析 ・自動車安全性の世界市場:競争要因分析 ・自動車安全性の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車安全性の世界市場:乗員種類別分析/市場規模 ・自動車安全性の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車安全性の北米市場規模 ・自動車安全性の欧州市場規模 ・自動車安全性のアジア市場規模 ・自動車安全性の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 太陽光集熱器の世界市場:用途別(住宅、産業、研究開発機関、商業、ラボ)、製品別(非集中型、集中型)、地域別予測
    本資料は、太陽光集熱器の世界市場について調べ、太陽光集熱器の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(住宅、産業、研究開発機関、商業、ラボ)分析、製品別(非集中型、集中型)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽光集熱器の世界市場概要 ・太陽光集熱器の世界市場環境 ・太陽光集熱器の世界市場動向 ・太陽光集熱器の世界市場規模 ・太陽光集熱器の世界市場規模:用途別(住宅、産業、研究開発機関、商業、ラボ) ・太陽光集熱器の世界市場規模:製品別(非集中型、集中型) ・太陽光集熱器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽光集熱器の北米市場規模・予測 ・太陽光集熱器のアメリカ市場規模・予測 ・太陽光集熱器のヨーロッパ市場規模・予測 ・太陽光集熱器のアジア市場規模・予測 ・太陽光集熱器の日本市場規模・予測 ・太陽光集熱器の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • アジアの凝集剤および凝固剤市場:硫酸バンド、硫酸第二鉄、硫酸第一鉄、塩化第二鉄
  • メタリックケーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メタリックケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メタリックケーブルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 金属絶縁材を含むケーブルは、メタリックケーブルと呼ばれています。メタリックケーブルには二種類あります。メタリックパワーケーブルとメタリックコミュニケーションケーブルです。メタリックパワーケーブルは、厳しい環境条件下における産業で広く使用されています。Technavio社はメタリックケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Prysmian Group• Nexans• General Cable• NKT • Sumitomo Electric Industries等です。
  • 企業向けLMS(学習管理システム)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業向けLMS(学習管理システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けLMS(学習管理システム)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 長鎖ジカルボン酸の世界市場分析:用途別(ナイロン・その他のポリアミド、粉体塗料、潤滑剤、接着剤、医薬品、腐食防止剤)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、長鎖ジカルボン酸の世界市場について調査・分析し、長鎖ジカルボン酸の世界市場動向、長鎖ジカルボン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別長鎖ジカルボン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オートバイ用バッテリーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用バッテリーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用バッテリーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GS Yuasa International、Exide Technologies、ENERSYS、BS-Battery等です。
  • 冷凍空気乾燥機の世界市場分析:製品別(サイクル式、非サイクル式)、用途別(化学、製紙、食品・飲料、医薬品、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、冷凍空気乾燥機の世界市場について調査・分析し、冷凍空気乾燥機の世界市場動向、冷凍空気乾燥機の世界市場規模、市場予測、セグメント別冷凍空気乾燥機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ノーメックス・ハニカムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ノーメックス・ハニカムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼内レンズ(IOL)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、眼内レンズ(IOL)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼内レンズ(IOL)の概要 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:開発段階別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:セグメント別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:領域別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:規制Path別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼内レンズ(IOL)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼内レンズ(IOL)の最近動向
  • 口腔衛生の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、口腔衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、口腔衛生の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乗用車用交換タイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乗用車用交換タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、乗用車用交換タイヤの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホームシアターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ホームシアターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホームシアター市場規模、製品別(スピーカー、サウンドバー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホームシアターの世界市場概要 ・ホームシアターの世界市場環境 ・ホームシアターの世界市場動向 ・ホームシアターの世界市場規模 ・ホームシアターの世界市場:業界構造分析 ・ホームシアターの世界市場:製品別(スピーカー、サウンドバー) ・ホームシアターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホームシアターのアメリカ市場規模・予測 ・ホームシアターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ホームシアターのアジア市場規模・予測 ・ホームシアターの主要国分析 ・ホームシアターの世界市場:意思決定フレームワーク ・ホームシアターの世界市場:成長要因、課題 ・ホームシアターの世界市場:競争環境 ・ホームシアターの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 韓国の電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • プラスチックフィルムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、プラスチックフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチックフィルム市場規模、技術別(ナノコンポジット、水溶性フィルム、生分解性フィルム、バリアポリマーフィルム)分析、ポリマー種類別(ポリエチレンフィルム、ポリプロピレンフィルム、ポリ塩化ビニルフィル、ポリエステル/ポリエチレンテレフタレート、バリアポリマー、生分解性ポリマー)分析、用途別(装飾、包装、産業、農業、医療・ヘルスケア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ プラスチックフィルムの世界市場:市場動向分析 ・ プラスチックフィルムの世界市場:競争要因分析 ・ プラスチックフィルムの世界市場:技術別(ナノコンポジット、水溶性フィルム、生分解性フィルム、バリアポリマーフィルム) ・ プラスチックフィルムの世界市場:ポリマー種類別(ポリエチレンフィルム、ポリプロピレンフィルム、ポリ塩化ビニルフィル、ポリエステル/ポリエチレンテレフタレート、バリアポリマー …
  • タンニンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タンニンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンニンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はタンニンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ajinomoto OmniChem、Laffort、TANAC、Tannin Corporation、W. ULRICH等です。
  • ケーブルアセンブリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ケーブルアセンブリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケーブルアセンブリ市場規模、用途別(自動車、家電、テレコム/データコム、工業、その他)分析、製品別(用途特化型、長方形、RF、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケーブルアセンブリの世界市場概要 ・ケーブルアセンブリの世界市場環境 ・ケーブルアセンブリの世界市場動向 ・ケーブルアセンブリの世界市場規模 ・ケーブルアセンブリの世界市場:業界構造分析 ・ケーブルアセンブリの世界市場:用途別(自動車、家電、テレコム/データコム、工業、その他) ・ケーブルアセンブリの世界市場:製品別(用途特化型、長方形、RF、その他) ・ケーブルアセンブリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケーブルアセンブリのアメリカ市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリのヨーロッパ市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリのアジア市場規模・予測 ・ケーブルアセンブリの主要国分析 ・ケーブ …
  • プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場
    当調査レポートでは、プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラミッシュバーム(BB)及び色補正(CC)製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 海底ケーブルシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、海底ケーブルシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(通信、電力)分析、コンポーネント別(乾式プラント、湿式プラント)分析、提供サービス別(設置・コミッショニング、メンテナンス、アップグレード)分析、海底ケーブルシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗糖尿病薬の世界市場:種類別(経口薬、注射薬)、用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、その他)、地域別予測
    本資料は、抗糖尿病薬の世界市場について調べ、抗糖尿病薬の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(経口薬、注射薬)分析、用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEli Lilly、Novartis、Boehringer Ingelheim 、Merck、Novo Nordisk、Sanofi、Astra Zeneca 、Takeda、Bayer、Pfizerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・抗糖尿病薬の世界市場概要 ・抗糖尿病薬の世界市場環境 ・抗糖尿病薬の世界市場動向 ・抗糖尿病薬の世界市場規模 ・抗糖尿病薬の世界市場規模:種類別(経口薬、注射薬) ・抗糖尿病薬の世界市場規模:用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠性糖尿病、その他) ・抗糖尿病薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・抗糖尿病薬の北米市場規模・予測 ・抗糖尿病薬のアメリカ市場規模・予測 ・抗糖尿病薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・抗糖 …
  • ブラジルの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • データセンター用ラックサーバーの世界市場予測(~2021):ソリューション、サービス、段タイプ、データセンタータイプ
    当調査レポートでは、データセンター用ラックサーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、段タイプ別分析、データセンタータイプ別分析、データセンター用ラックサーバーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、赤外線(IR)サーモグラフィーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属)、ろ過媒体別(織布、不織布、メッシュ)、エンドユーザー別(市町村処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学、医薬品)、地域別
    MarketsandMarkets社は、液体ろ過の世界市場規模が2019年21億ドルから2024年29億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。本書は、世界の液体ろ過市場について調査・分析し、市場概要、生地材料別(ポリマー、綿、金属)分析、ろ過媒体別(織物、不織布、メッシュ)分析、エンドユーザー別(地方自治体用処理、産業用処理)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の液体ろ過市場:生地材料別(ポリマー、綿、金属) ・世界の液体ろ過市場:ろ過媒体別(織物、不織布、メッシュ) ・世界の液体ろ過市場:エンドユーザー別(地方自治体用処理、産業用処理) ・世界の液体ろ過市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • ポーランドの風力発電市場2016
  • ファイバレーザの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバレーザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ファイバレーザの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファイバレーザの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• IPG Photonics• ROFIN-SINAR Technologies • TRUMPF• Newport• Coherent等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"