"世界の化学産業におけるIoT市場:技術種類別(有効化技術、運用技術)、化学分野別(鉱業および金属、食品および飲料、化学薬品、医薬品、紙およびパルプ)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7492)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の化学産業におけるIoT市場:技術種類別(有効化技術、運用技術)、化学分野別(鉱業および金属、食品および飲料、化学薬品、医薬品、紙およびパルプ)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing emphasis on technology for various industrial applications is expected to drive the IoT in Chemical Industry market.”
The IoT in Chemical Industry market is estimated to grow from USD 48.9 billion in 2019 to USD 77.9 billion by 2024, at a CAGR of 9.7%. It is largely driven by the increasing emphasis on technology for various industrial applications, such the growing use of IoT in the manufacturing process and the introduction of AI base models in predictive analytics for asset management and condition monitoring.

“Enabling technology is expected to be the fastest-growing type segment of the IoT in Chemical Industry market, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The enabling technology segment is projected to register the highest growth, in terms of value, during the forecast period. The growing concern toward the reduction of risk associated with chemical and metal industries, rising environmental concerns due to chemical release from the plants, and the rising emphasis on circular economy are driving the demand for digital transformation, which is leading to the growth in the IoT in Chemical Industry market.

“Chemical verticals segment is estimated to register the highest growth rate, between 2019 and 2024.”
The chemical verticals segment is estimated to register the highest growth rate, in terms of value, between 2019 and 2024. This is owing to the increase in chemical production across various regions and rise in demand for specialty chemicals in advanced engineering processes. The chemicals segment is expected to reach USD 5 trillion in next 5 years. This also reflects the growing chemical production facilities and infrastructure globally. The increased number of chemical refineries and production plants is expected to impact the market positively since new plants are highly anticipated to adopt technologies such as IoT, big data, augmented reality, and industrial robots.

“Rising customer demand from food & beverage and pharmaceutical industries and the growth in chemical production are likely to drive the demand for IoT in Chemical Industry in APAC.”
The APAC IoT in Chemical Industry market is estimated to witness significant growth during the forecast period. The growing chemical production in China and increasing urbanization and industrialization are driving the IoT in Chemical Industry market in the region. In addition, the rise of mining and metal companies in the region will further drive the IoT in Chemical Industry market. APAC has some of the highest growing countries in the world. This is possible due to the growth in industrial infrastructure and increased foreign investments. Various plants and production facilities are anticipated to start in the region in the coming years. Greenfield projects are likely to integrate new processing technologies, thus further boosting the growth of the IoT in Chemical Industry market.
• By Company Type: Tier 1 – 46%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 27%, and Others – 27%
• By Region: North America – 20%, Europe – 27%, APAC – 35%, South America – 7%, Middle East & Africa – 11%

The key players profiled in the report include as Siemens AG (Germany), General Electric Co (US), ABB Ltd (Switzerland), Rockwell Automation, Inc. (US), Emerson Electric Co (US), Yokogawa Electric Corporation (Japan), Honeywell International Inc. (US), Mitsubishi Electric Corporation (Japan), Schneider Electric SE (Germany).

Research Coverage
This report segments the market for IoT in Chemical Industry on the basis of type, chemical verticals, and region, and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, key strategies, new product launches, expansions, agreements, and acquisitions associated with the market for IoT in Chemical Industry.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market ranking analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the IoT in Chemical Industry market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.

The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on IoT in Chemical Industry solutions offered by top players in the global market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, R&D activities, and new product launches in the IoT in Chemical Industry market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for IoT in Chemical Industry across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global IoT in Chemical Industry market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the IoT in Chemical Industry market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の化学産業におけるIoT市場:技術種類別(有効化技術、運用技術)、化学分野別(鉱業および金属、食品および飲料、化学薬品、医薬品、紙およびパルプ)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Primary and Secondary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Secondary Data
2.3.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.4 Primary Data
2.4.1.1 Key Data From Primary Sources
2.4.1.2 Breakdown of Primary Interviews
2.4.1.3 Key Industry Insights
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Chemical 4.0 Market
4.2 Chemical 4.0 Market, By Region (2019–2024)
4.3 APAC: Chemical 4.0 Market, By Enabling Technology and Country
4.5 Chemical 4.0 Market, By Operational Technology
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.1.1 Market Evolution
5.1.2 Elements of Chemical 4.0
5.1.2.1 Cyber Physical Systems
5.1.2.2 Industrial Internet of Things
5.1.2.3 Cloud Computing
5.1.2.4 Cognitive Computing
5.1.2.5 Data
5.1.3 Essentials of Chemical 4.0
5.1.3.1 Technical Requirements
5.1.3.1.1 Connectivity
5.1.3.1.2 Sensor Technology
5.1.3.1.3 Automation
5.1.3.1.4 Data Analytics
5.1.3.2 Organizational Requirements
5.1.3.2.1 Digitization Strategy
5.1.3.2.2 Workforce Optimization
5.1.3.2.3 Change Management
5.1.3.2.4 Cross-Industry Collaborations
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increased Emphasis on Efficiency and Optimization
5.2.1.2 Increasing Adoption of Industrial Robots
5.2.1.3 Increasing Demand for Industry-Specific Solutions to Drive the Growth of the Market for IoT in Manufacturing
5.2.1.4 Increased Emphasis on Regulatory Compliances
5.2.1.5 Growth of the Semiconductor Industry and Other Supporting Industries
5.2.1.6 5g Communication
5.2.1.7 Circular Economy
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Capital Investment Required for Transformation
5.2.2.2 Low Adoption Rate of Technologies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Industrial Growth in Emerging Economies
5.2.3.2 Enterprise-Wide Integration Leading to Enhanced Efficiency
5.2.3.3 High Emphasis on Digitization By Governments Globally
5.2.3.4 Advancement in IoT, Cognitive Computing, and Additive Manufacturing
5.2.3.5 Real-Time Data Generation and Data-Driven Process
5.2.3.6 Better Working Conditions, Superior Sustainability, Increased Energy-Efficiency, and Environmentally Sustainable Production and Systems
5.2.3.7 Food Safety, Spoilage, and Contamination
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Threats to Data Security and Other Cybersecurity Risks
5.2.4.2 Skill Gap
5.2.4.3 Lack of Infrastructure
5.2.4.4 Challenges in Information Technology and Operational Technology Convergence
5.2.4.5 Low Adoption Rate of Industry 4.0 Infrastructure in Small- and Medium-Sized Industries
5.2.4.6 Employee Pushback and Change Management
5.2.4.7 Transparency, Ethics, and Regulatory Compliances
6 Chemical 4.0 Market, By Type (Page No. – 54)
6.1 Introduction
6.2 Operational Technology
6.3 Distributed Control System (DCS)
6.3.1 DCS Provide Safe Execution and Control of Critical Process, Which are Not Possible to Control Manually Due the Risks Involved
6.4 Programmable Logic Controller (PLC)
6.4.1 Increasing Number of Factories are Generating Demand for Micro and Nano Plcs
6.5 Manufacturing Execution System (MES)
6.5.1 High Rate of Adoption of Mes is Due to Its Increasing Benefits in Process and Discrete Industries
6.6 Enterprise Resource Planning (ERP)
6.6.1 Ability to Integrate All the Critical Business Information Across an Organization is Boosting the Adoption of Erp Solutions in Smart Factories
6.7 Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA)
6.7.1 Shift Toward Development of Scada App for Smartphones and Tablets is Likely to Encourage Chemical 4.0 Market Growth
6.8 Plant Asset Management (PAM)
6.8.1 Increasing Demand for Software Solutions Capable of Determining Failures in Advance is Favoring the Market for Pam
6.9 Human Machine Interface (HMI)
6.9.1 Evolution of Industrial Internet of Things ( IIoT) and the Growing Demand of Smart Automation Solutions are Driving the Market
6.10 Product Lifecycle Management (PLM)
6.10.1 Rising Demand for Efficiency and Productivity in Manufacturing Plants Across the Globe is Promising for the Market
6.11 Enabling Technology
6.12 Industrial Robotics
6.12.1 Traditional Robots
6.12.1.1 Cartesian Robots
6.12.1.1.1 Cartesian Robots Help With A High Degree of Mechanical Rigidity, Accuracy, and Repeatability
6.12.1.2 Scara Robots
6.12.1.2.1 Scara Robots Provide Higher Flexible Reach
6.12.1.3 Articulated Robots
6.12.1.3.1 These Robots Cover A Larger Work Envelope
6.12.1.4 Other Robots
6.12.2 Collaborative Robots
6.12.2.1 The Robotics Industry Players are Focusing on Designing Collaborative Robots as Per the Requirements of Smart Manufacturing Facilities
6.13 Machine Vision
6.13.1 Machine Vision Will Be Able to Reduce the Risk of Humans to Get Exposed to Hazardous and Toxic Conditions in Chemical Industries
6.14 Internet of Things (IoT)
6.14.1 IoT is Gaining Traction With Its Ability to Enhance Product Knowledge and Production Efficiency
6.15 3D Printing
6.15.1 The 3D Printing Market is Experiencing Growth With Strong R&D Regarding New Print Materials and Technologies
6.16 Big Data
6.16.1.The APAC Region Holds Immense Potential for the Growth of the Big Data Market
6.17 Machine Condition Monitoring
6.17.1 The Technology is Helpful in the Reduction of Maintenance Costs By Optimizing Machine Performance
6.18 Augmented Reality (AR) & Virtual Reality (VR)
6.18.1 The Implementation of These Technologies is Increasing in Various Industries, Including Chemical
6.19 Artificial Intelligence (AI)
6.19.1 The Major Factor Contributing to the Growth of the Market in the Ai Segment is the Ability of the Technology to Reduce Human Errors
6.20 Digital Twin
6.20.1 APAC is the Fastest-Growing Market in This Segment
7 Chemical 4.0 Market, By Industry Vertical (Page No. – 85)
7.1 Shift in Revenue Streams Due to Megatrends in Chemical Industry
7.2 Introduction
7.3 Metals & Mining
7.3.1 Rising Demand for Preventive Maintenance is Encouraging the Adoption of Industry 4.0 Solutions in the Mining Industry
7.4 Food & Beverage
7.4.1 The Implementation of Automation Technologies is Growing in This Industry
7.5 Chemical
7.5.1 Petrochemicals & Polymers
7.5.1.1 The Growth of the Petrochemicals & Polymers Segment is Opening Up Opportunities for the Adoption of Industry 4.0 Solutions
7.5.2 Specialty Chemicals
7.5.2.1 Data Analytics Have Immense Scope in This Segment of the Chemical Industry
7.5.3 Fertilizers & Agrochemicals
7.5.3.1 The Growing Demand for Organic Chemicals is Expected to Drive the Market
7.5.4 Others
7.6 Pharmaceutical
7.6.1 Increasing Demand for Industrial Automation to Ensure Product Standard is Driving Digital Transformation in This Industry
7.7 Pulp & Paper
7.7.1 The Ongoing Digitization of the Paper Manufacturing Process is Expected to Drive Chemical 4.0 Adoption in the Industry
7.8 Used Cases
8 Chemical 4.0 Market, By Process (Page No. – 101)
8.1 Introduction
8.2 Research & Development (R&D)
8.2.1 Reduced Product Development Time
8.3 Manufacturing
8.3.1 Leveraging Technology to Improve Production Process
8.4 Procurement
8.4.1 Inventory Management Complements Procurement Process
8.5 Packaging
8.5.1 Achieving Sustainability Through Automation and Technology
8.6 Supply Chain Management and Logistics
8.6.1 Faster and Flexible Distribution
8.6.2 Maintaining A Large Amount of Data
8.6.3 Automation as A Solution
8.6.4 Warehousing for Profit
9 Chemical 4.0 Market, By Region (Page No. – 107)
9.1.1 Introduction
9.1.2 APAC
9.1.2.1 China
9.1.2.1.1 The Country is Experiencing the Fastest Rate of Chemical 4.0 Adoption
9.1.2.2 India
9.1.2.2.1 The Country has Good Growth Opportunities for the Market in the Future
9.1.2.3 Japan
9.1.2.3.1 The Government is Working Toward the Automation of All Manufacturing Processes
9.1.2.4 South Korea
9.1.2.4.1 The Country is Witnessing A Digital Revolution in Its Industrial Manufacturing Sector
9.1.2.5 Rest of APAC
9.1.3 Europe
9.1.3.1 Germany
9.1.3.1.1 Germany is at the Forefront When It Comes to the Implementation of Chemical 4.0 Solutions
9.1.3.2 Italy
9.1.3.2.1 Italian Manufacturers are Emphasizing Chemical 4.0 to Enhance Their Productivity
9.1.3.3 France
9.1.3.3.1 The Opportunities for the Adoption of Chemical 4.0 is Promising in the Country
9.1.3.4 UK
9.1.3.4.1 The Implementation of Chemical 4.0 Solutions is Increasing in the Country’s Automotive Industry
9.1.3.5 Rest of Europe
9.1.4 North America
9.1.4.1 US
9.1.4.1.1 The Automation of Manufacturing Processes is Taking Place to Improve Operational Efficiency
9.1.4.2 Canada
9.1.4.2.1 The Market is Growing With Companies Investing in Cutting-Edge Technologies
9.1.4.3 Mexico
9.1.4.3.1 The Recent Structural Reforms in Mexico are Favorable for the Growth of the Market
9.1.5 Middle East & Africa
9.1.5.1 Turkey
9.1.5.1.1 The Government is Focusing on the Adoption of Industry 4.0
9.1.5.2 Saudi Arabia
9.1.5.2.1 The Growth of the Chemical and Oil & Gas Industries in the Country is Expected to Impact the Market Positively
9.1.5.3 Rest of Middle East & Africa
9.1.6 South America
9.1.6.1 Brazil
9.1.6.1.1 Apart From Chemical, the Oil & Gas Industry is Expected to Influence the Market Positively
9.1.6.2 Argentina
9.1.6.2.1 Argentina has the Second-Largest Oil Reserves After the US
9.1.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 134)
11 Company Profiles (Page No. – 144)
11.1 Siemens AG
11.1.1 Business Overview
11.1.2 Products Offered
11.1.3 Recent Developments
11.1.4 Winning Imperatives
11.1.5 Current Focus and Strategies
11.1.6 Threat From Competition
11.1.7 Siemens AG’s Right to Win
11.2 General Electric Co.
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 Recent Developments
11.2.4 Winning Imperatives
11.2.5 Current Focus and Strategies
11.2.6 Threat From Competition
11.2.7 Ge Electric’s Right to Win
11.3 ABB Ltd.
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 Winning Imperatives
11.3.5 Current Focus and Strategies
11.3.6 Threat From Competition
11.3.7 ABB’s Right to Win
11.4 Rockwell Automation, Inc.
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.3 Recent Developments
11.4.4 Winning Imperatives
11.4.5 Current Focus and Strategies
11.4.6 Threat From Competition
11.4.7 Rockwell Automation’s Right to Win
11.5 Emerson Electric Co.
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 Recent Developments
11.5.4 Winning Imperatives
11.5.5 Current Focus and Strategies
11.5.6 Threat From Competition
11.5.7 Emersion Electric’s Right to Win
11.6 Yokogawa Electric Corporation
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 Winning Imperatives
11.6.5 Current Focus and Strategies
11.6.6 Threat From Competition
11.6.7 Yokogawa’s Right to Win
11.7 Honeywell International Inc.
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.7.3 Recent Developments
11.7.4 Winning Imperatives
11.7.5 Current Focus and Strategies
11.7.6 Threat From Competition
11.7.7 Honeywell International’s Right to Win
11.8 Mitsubishi Electric Corporation
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.8.4 Winning Imperatives
11.8.5 Current Focus and Strategies
11.8.6 Threat From Competition
11.8.7 Mitsubishi International’s Right to Win
11.9 Schneider Electric SE
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.9.3 Recent Developments
11.9.4 Winning Imperatives
11.9.5 Current Focus and Strategies
11.9.6 Threat From Competition
11.9.7 Schneider Electric’s Right to Win
11.10 Fanuc Corporation
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.10.3 Recent Developments
11.10.4 Winning Imperatives
11.10.5 Current Focus and Strategies
11.10.6 Threat From Competition
11.10.7 Schneider Electric’s Right to Win
11.11 Fortive
11.11.1 Products Offered
11.12 International Business Machines Corporation
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Products Offered
11.12.3 Recent Developments
11.13 Cisco Systems, Inc.
11.13.1 Business Overview
11.13.2 Products Offered
11.13.3 Recent Developments
11.14 Microsoft Corporation
11.14.1 Business Overview
11.14.2 Products Offered
11.14.3 Recent Developments
11.15 Stratasys Ltd.
11.15.1 Business Overview
11.15.2 Products Offered
11.15.3 Recent Developments
11.16 Hewlett Packard Enterprise Company
11.16.1 Business Overview
11.16.2 Products Offered
11.16.3 Recent Developments
11.17 Qualcomm Inc.
11.17.1 Business Overview
11.17.2 Products Offered
11.17.3 Recent Developments
11.18 Samsung Electronics Co. Ltd
11.18.1 Business Overview
11.18.2 Products Offered
11.18.3 Recent Developments
11.19 Texas Instruments Inc.
11.19.1 Business Overview
11.19.2 Products Offered
11.19.3 Recent Developments
11.20 Atos SE
11.20.1 Business Overview
11.20.2 Products Offered
11.20.3 Recent Developments
11.21 3D Systems Corporation
11.21.1 Business Overview
11.21.2 Products Offered
11.21.3 Recent Developments
11.22 Denso Corporation
11.22.1 Business Overview
11.22.2 Products Offered
11.23 Other Players
12 Appendix (Page No. – 209)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の化学産業におけるIoT市場:技術種類別(有効化技術、運用技術)、化学分野別(鉱業および金属、食品および飲料、化学薬品、医薬品、紙およびパルプ)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7492
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の化学産業におけるIoT市場:技術種類別(有効化技術、運用技術)、化学分野別(鉱業および金属、食品および飲料、化学薬品、医薬品、紙およびパルプ)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 契約管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、契約管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソフトウェア及びサービス)分析、業務機能別(法的、販売、調達、財務)分析、展開種類別(オンプレミス&クラウド)分析、組織規模別分析、契約管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、契約管理ソフトウェアの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年29億ドルまで年平均13.5%成長すると予測しています。
  • レチノイドx受容体ガンマアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるレチノイドx受容体ガンマアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レチノイドx受容体ガンマアゴニストの概要 ・レチノイドx受容体ガンマアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のレチノイドx受容体ガンマアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・レチノイドx受容体ガンマアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・レチノイドx受容体ガンマアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メンタリングソフトウェアの世界市場
    本資料は、メンタリングソフトウェアの世界市場について調べ、メンタリングソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オンプレミス、クラウドベース)分析、用途別(中所企業(SMEs)、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAllscripts、Agamatrix、Apple、Honeywell、Medtronic Minimed、Vivify Health、IHealth Labs 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メンタリングソフトウェアの世界市場概要 ・メンタリングソフトウェアの世界市場環境 ・メンタリングソフトウェアの世界市場動向 ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模 ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模:種類別(オンプレミス、クラウドベース) ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模:用途別(中所企業(SMEs)、大企業) ・メンタリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メンタリングソフトウェアの北 …
  • 世界のレシチン市場2015
    本調査レポートでは、世界のレシチン市場2015について調査・分析し、レシチンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動遮断機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動遮断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動遮断機の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別
    MarketsandMarkets社は、工業用床コーティングの世界市場規模が2019年55億ドルから2024年68億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の工業用床コーティング市場を広く調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、ハイブリッド、その他)分析、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ、その他)分析、コンポーネント別(1成分、2成分、3成分、4成分、5成分)分析、技術別(ウォーターボーン、ソルベントボーン)分析、エンドユーズセクター別(製造、航空・輸送、食品加工、科学技術、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、ハイブリッド、その他) ・世界の工業用床コーティング市場:床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ、その他) ・世界の工業用床コーティング市場:コンポーネント別(1成分、2成分、3成分、4成分、5成分) ・世界の工業用床コー …
  • 変圧器オイルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、変圧器オイルの世界市場について調査・分析し、変圧器オイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 変圧器オイルの世界市場:市場動向分析 - 変圧器オイルの世界市場:競争要因分析 - 変圧器オイルの世界市場:用途別 電力変圧器 配給変圧器 計器及びその他の変圧器 - 変圧器オイルの世界市場:種類別 シリコン基 バイオ基盤 ミネラルオイル基盤 - 変圧器オイルの世界市場:主要地域別分析 - 変圧器オイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 変圧器オイルのヨーロッパ市場規模 - 変圧器オイルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・変圧器オイルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ユーザーエンティティ行動分析の世界市場見通し2016-2022:継続的な最適化、実効、データ消失防止、内部脅威、危険な資格証明書
    当調査レポートでは、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場について調査・分析し、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:市場動向分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:競争要因分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の北米市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の欧州市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析のアジア市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 水泳用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水泳用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水泳用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 水泳用品とは、水着、スイムゴーグル、スイムキャップ、アクセサリーなどを指します。市場では、幅広い種類のデザインやプリントの水泳用品があり、様々な素材のイノベーションが行われています。しかしながら、水泳用品素材の製造は様々な運営団体によって制限されており、市場にマイナスの影響を及ぼしています。Technavio社は水泳用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arena • Aqua Sphere• DIANA• Speedo• La Perla等です。
  • 世界の農薬市場におけるM&A動向:作物保護用化学品、除草剤、殺菌剤、殺虫剤
  • ロケーションインテリジェンスの世界市場:用途別(セールス・マーケティングの最適化、リモート監視)、サービス別、産業別(輸送、小売)、セグメント予測
    ロケーションインテリジェンスの世界市場は2025年には252億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率15.3%で成長すると予測されています。ネットワークインフラとスマートデバイスおよびデジタル化の急速な普及により、消費者、システムパフォーマンス、資産などのさまざまな情報にアクセスできるようになります。これにより、市場の成長が促進されると予想されます。さらに、事業運営を強化し、パーソナル化されたサービスを提供するための位置データの需要が高まっていることも成長を後押しする要因です。本調査レポートでは、ロケーションインテリジェンスの世界市場について調査・分析し、ロケーションインテリジェンスの世界市場動向、ロケーションインテリジェンスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ロケーションインテリジェンス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フォームトレーの世界市場
    当調査レポートでは、フォームトレーの世界市場について調査・分析し、フォームトレーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 大気質管理システムの世界市場:屋内、周囲
    当調査レポートでは、大気質管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(屋内および周囲)分析、汚染物質種類別(ガス、VOC、ダスト、その他)分析、エンドユーザー産業(パワートレイン管理、エネルギー&電力、鉱業、農業、半導体、医療&製薬、商業&住宅、輸送、その他)分析、用途別(トンネル、航空ターミナル、地下ガレージ、公共交通システム、大気汚染防止、自動車、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・大気質管理システムの世界市場:製品種類別(屋内および周囲) ・大気質管理システムの世界市場:汚染物質種類別(ガス、VOC、ダスト、その他) ・大気質管理システムの世界市場:エンドユーザー産業(パワートレイン管理、エネルギー&電力、鉱業、農業、半導体、医療&製薬、商業&住宅、輸送、その他) ・大気質管理システムの世界市場:用途別(トンネル、航空ターミナル、地下ガレージ、公共交通システム、大気汚染防止、自動車、その他) ・大気質管理システムの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 水処理および廃水処理設備の世界市場:設備別(膜分離、消毒、生物処理)、工程別、用途別
    本調査レポートでは、水処理および廃水処理設備の世界市場について調査・分析し、水処理および廃水処理設備の世界市場動向、水処理および廃水処理設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別水処理および廃水処理設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用調理機器の世界市場分析:製品別[クッキングトップ・クッキングレンジ(ガス、電気、IH); オーブン(従来型、マイクロ波、混合型); 専門家電]、地域別、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、家庭用調理機器の世界市場について調査・分析し、家庭用調理機器の世界市場動向、家庭用調理機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別家庭用調理機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のプラノサングラス市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはプラノサングラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・プラノサングラスの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • パラホルムアルデヒドの世界市場2017-2021:農業、樹脂、医療、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パラホルムアルデヒドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パラホルムアルデヒドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパラホルムアルデヒドの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCelanese、Chemanol、Ercros、INEOS、PT. Dover Chemical等です。
  • 医療機器委託製造の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、医療機器委託製造の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 医療機器委託製造: 概要 3. 医療機器委託製造市場 2016-2026 4. 医療機器委託製造市場: 2次市場分析と予測 2016-2026 5. 主要地域の医療機器委託製造市場 2016-2026 6. 医療機器委託製造の主要企業 2016-2026 7. 医療機器委託製造市場の定性分析 2016-2026 8. 一次調査における専門家の意見 9. 結論 10. 用語集
  • 世界のソーラーポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のソーラーポンプ市場2015について調査・分析し、ソーラーポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米・欧州の静脈瘤治療市場予測:治療モード(静脈アブレーション、硬化療法、抜去)、製品(レーザー&RF焼灼、静脈閉鎖、手術製品)
  • 民間航空機用アビオニクスシステムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、民間航空機用アビオニクスシステムの世界市場について調べ、民間航空機用アビオニクスシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間航空機用アビオニクスシステムの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(ラインフィット、アフターマーケット)、用途別(FCS、CN&S、FMS、AHMS)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は民間航空機用アビオニクスシステムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間航空機用アビオニクスシステムの市場状況 ・民間航空機用アビオニクスシステムの市場規模 ・民間航空機用アビオニクスシステムの市場予測 ・民間航空機用アビオニクスシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(ラインフィット、アフターマーケット) ・市場セグメンテーション:用途別(FCS、CN&S、FMS、AHMS) ・民間航空機用アビオニクスシステ …
  • ボロン酸アフィニティークロマトグラフィーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボロン酸アフィニティークロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボロン酸アフィニティークロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 動物用リファレンスラボの世界市場:臨床化学、血液学、免疫診断、分子診断
    当調査レポートでは、動物用リファレンスラボの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、動物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニストの概要 ・カンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のカンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カンナビノイド受容体タイプ1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 水痘生ワクチンの世界市場:製品別(一価水痘生ワクチン、水痘生ワクチンの組み合わせ)、用途別(帯状疱疹予防接種、MMRV予防接種)、プロバイダー別(公共プロバイダー、民間プロバイダー)
    当調査レポートでは、水痘生ワクチンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、用途別分析、プロバイダー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水痘生ワクチンの世界市場:製品別(一価水痘生ワクチン、水痘生ワクチンの組み合わせ) ・水痘生ワクチンの世界市場:用途別(帯状疱疹予防接種、MMRV予防接種) ・水痘生ワクチンの世界市場:プロバイダー別(公共プロバイダー、民間プロバイダー) ・水痘生ワクチンの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 高カルシウム血症(Hypercalcemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高カルシウム血症(Hypercalcemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高カルシウム血症(Hypercalcemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高カルシウム血症(Hypercalcemia)治療薬剤
  • 慢性心不全(Chronic Heart Failure):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性心不全(Chronic Heart Failure)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)の概要 ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性心不全(Chronic Heart Failure)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • ドイツの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • ナースコールシステムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、装置別分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、ナースコールシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乾燥果実市場2016
    本調査レポートでは、世界の乾燥果実市場2016について調査・分析し、乾燥果実の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用化学品の世界市場:製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤)、地域別予測
    本資料は、建設用化学品の世界市場について調べ、建設用化学品の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・建設用化学品の世界市場概要 ・建設用化学品の世界市場環境 ・建設用化学品の世界市場動向 ・建設用化学品の世界市場規模 ・建設用化学品の世界市場規模:製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤) ・建設用化学品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設用化学品の北米市場規模・予測 ・建設用化学品のアメリカ市場規模・予測 ・建設用化学品のヨーロッパ市場規模・予測 ・建設用化学品のアジア市場規模・予測 ・建設用化学品の日本市場規模・予測 ・建設用化学品の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • アジアの膝関節置換処置動向(~2021)
  • 水素生成装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、水素生成装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水素生成装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は水素生成装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Air Liquide、Air Products and Chemicals、Hydrogenics、Messer Group、The Linde Group等です。
  • 細胞培養の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(消耗品(メディア、FBS)、機器(バイオリアクター、遠心分離機、インキュベーター、顕微鏡、オートクレーブ))分析、用途別(幹細胞、ワクチン、治療用タンパク質)分析、エンドユーザー別(製薬、研究機関)分析、細胞培養の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、細胞培養の世界市場規模が2019年160億ドルから2024年292億ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。
  • 世界の酢酸n-プロピル市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸n-プロピル市場2016について調査・分析し、酢酸n-プロピルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場2014-2025:製品別(GaN無線周波数機器、光半導体、出力半導体)、ウェハサイズ別、用途別、地域別
    本調査レポートでは、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場について調査・分析し、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場動向、窒化ガリウム(GaN)半導体装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別窒化ガリウム(GaN)半導体装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤の概要 ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 業務用ウォーミング・ドロワー(引出し型温蔵庫)の世界市場
    当調査レポートでは、業務用ウォーミング・ドロワー(引出し型温蔵庫)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ウォーミング・ドロワー(引出し型温蔵庫)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 白色アルミナ研削材の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、白色アルミナ研削材の世界市場について調査・分析し、白色アルミナ研削材の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別白色アルミナ研削材シェア、市場規模推移、市場規模予測、白色アルミナ研削材種類別分析(耐火・セラミックグレード、研磨グレード)、白色アルミナ研削材用途別分析(固定・コート砥粒、耐火物質、セラミック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・白色アルミナ研削材の市場概観 ・白色アルミナ研削材のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・白色アルミナ研削材のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・白色アルミナ研削材の世界市場規模 ・白色アルミナ研削材の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・白色アルミナ研削材のアメリカ市場規模推移 ・白色アルミナ研削材のカナダ市場規模推移 ・白色アルミナ研削材のメキシコ市場規模推移 ・白色アルミナ研削材のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・白色アルミナ研削材のドイツ市場規模推移 ・白色アルミ …
  • 巡視船の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、巡視船の世界市場について調査・分析し、巡視船の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 巡視船の世界市場:市場動向分析 - 巡視船の世界市場:競争要因分析 - 巡視船の世界市場:製品別 ・ 無人艇巡視船 ・ 有人艇巡視船 - 巡視船の世界市場:主要地域別分析 - 巡視船の北米市場規模(アメリカ市場等) - 巡視船のヨーロッパ市場規模 - 巡視船のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・巡視船の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のパラシュート市場2015
    本調査レポートでは、世界のパラシュート市場2015について調査・分析し、パラシュートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 触媒コンバーターの世界市場予測(~2025年)
    触媒コンバーターの世界市場は、2018年の424億米ドルから2025年には731億米ドルに達し、この期間中8.10%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、厳格な排出基準、燃費規制、およびディーゼルエンジンにおけるSCRの採用増加が考えられます。一方で、BEVの売上増加や高価な貴金属により、市場の成長が抑制されています。当調査レポートでは、触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(FWCC、TWCC、SCR、DOC、LNT)分析、原料(プラチナ、パラジウム、ロジウム)分析、車両の種類(乗用車、LCV、バス・トラック、建設用、農業用・採鉱用)分析、アフターマーケット分析、触媒コンバーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管内超音波検査(IVUS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 感情検知・認識の世界市場予測(~2021):技術別(バイオセンサー、NLP、機械学習)、ソフトウェアツール別(表情、音声認識)、サービス別、用途分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、感情検知・認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、ソフトウェアツール別分析、サービス別分析、用途分野別分析、感情検知・認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンタプライズLBS(位置情報システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セキュアロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セキュアロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セキュアロジスティクス市場規模、サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brink's, G4S, Loomis, Prosegur, Securitasなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セキュアロジスティクスの世界市場概要 ・セキュアロジスティクスの世界市場環境 ・セキュアロジスティクスの世界市場動向 ・セキュアロジスティクスの世界市場規模 ・セキュアロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・セキュアロジスティクスの世界市場:サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス) ・セキュアロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セキュアロジスティクスの北米市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • カジノゲームのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、カジノゲームのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カジノゲームのアメリカ市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 強直性脊椎炎(ベクテレフ病):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)のフェーズ3治験薬の状況 ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬の市場規模(販売予測) ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・強直性脊椎炎(ベクテレフ病)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の強直性脊椎炎(ベクテレフ病)治療薬剤
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"