"世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4545)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global data lake market size to grow at a CAGR of 20.6% during the forecast period
The global data lake market size is projected to grow from USD 7.9 billion in 2019 to USD 20.1 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 20.6% during the forecast period. The major growth factors of the data lake market include the increasing need to extract in-depth insights from growing volumes of data to gain a competitive advantage, and simplified access to organizational data from departmental silos, mainframe, and legacy systems.

Services segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
Solutions and services are the 2 primary components available in the data lake market. The services segment, which covers managed and professional services, is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. An increasing deployment of data lake software solutions leads to the increasing the demand for pre- and post-deployment services, as these solutions require training due to technical complexities, thus driving the growth of the segment.

Healthcare and life sciences vertical to grow at the highest CAGR during the forecast period
The data lake market by vertical has been segmented into Banking, Financial Services and Insurance (BFSI), telecommunication and Information Technology (IT), retail and eCommerce, healthcare and life sciences, manufacturing, energy and utilities, media and entertainment, government, and others (travel and hospitality, transportation and logistics, and education). The healthcare and life sciences segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period as healthcare organizations are adopting data lake solutions to enhance patient experience, and enable data-driven and actionable analytics.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period owing to increasing investments by technology companies in major APAC countries, such as China, Australia and New Zealand (ANZ), Japan, and India; growing digitalization; increasing adoption of advanced big data and analytics technologies; and government regulations and initiatives are expected to drive the growth of the market in the APAC region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the data lake market.
 By Company: Tier I: 38%, Tier II: 41%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level Executives: 65%, Directors: 20%, and Others: 15%
 By Region: North America: 45%, APAC: 30%, Europe: 15%, MEA: 5%, and Latin America: 5%
The report includes the study of the key players offering data lake solutions and services. It profiles major vendors in the global data lake market. The major vendors include Microsoft (US), Teradata (US), Oracle (US), Cloudera (US), AWS (US), IBM (US), Informatica (US), SAS Institute (US), Zaloni (US), Koverse (US), HPE (US), Cazena (US), Google (US), Infoworks.io (US), Snowflake (US), Dremio (US), and Talend (US). It further includes an in-depth competitive analysis of key players in the data lake market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The study covers the data lake market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as component, deployment mode, organization size, business function, industry vertical, and region. The study further includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall data lake market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Data Lake Market: Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Research Assumptions
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Data Lake Market
4.2 Market Top 3 Business Functions
4.3 Market By Region
4.4 Market in North America, By Business Function and Industry Vertical
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Simplified Access to Organizational Data in Departmental Silos, Mainframe, and Legacy Systems
5.2.1.2 Increasing Need to Extract In-Depth Insights From Growing Volumes of Data to Gain Competitive Advantage
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Absence of Metadata in Data Lake Leading to Data Swamps
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Shift Toward Cloud-Based Data Platforms to Manage and Mitigate Data Issues
5.2.3.2 Rise in Adoption of Advanced Technologies, Such as Ai and Analytics
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complexities Due to Regulatory Compliance for Data Usage
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.3.4 Use Case: Scenario 4
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 Payment Card Industry Data Security Standard
5.4.3 The International Organization for Standardization 27001
5.4.4 California Consumer Privacy Act
5.4.5 Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996
5.4.6 Health Information Technology for Economic and Clinical Health Act
5.4.7 European Market Infrastructure Regulation
5.4.8 Basel Committee on Banking Supervision 239 Compliance
5.4.9 Sarbanes-Oxley Act of 2002
5.4.10 Personal Data Protection Act
5.5 Enterprise Data Lake Architecture
6 Data Lake Market By Component (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.3 Data Discovery
6.3.1 Growing Need to Identify the Useful Content in Data Driving the Adoption of Data Discovery Solutions
6.4 Data Integration and Management
6.4.1 Need to Ingest, Manage, and Govern Data Driving the Adoption of Data Integration and Management Solutions
6.5 Data Lake Analytics
6.5.1 Growing Demand for Real-Time Data Analytics to Make Business Decisions Driving the Adoption of Data Lake Analytics Solutions
6.6 Data Visualization
6.6.1 Business Need to Better Understand Insights Generated From Data Lake Analytics Driving the Adoption of Data Visualization Solutions
6.7 Services
6.7.1 Managed Services
6.7.1.1 Growing Need for Businesses to Focus on Core Operations and Streamline Automated Processes for Data Management Driving the Demand for Managed Services
6.7.2 Professional Services
6.7.2.1 Increase in Technicalities in the Deployment and Implementation of Data Lake Solutions to Drive the Demand for Professional Services
6.7.3 Consulting
6.7.3.1 Technicalities in Data Lake Solutions to Boost the Demand for Consulting Services
6.7.4 System Integration and Deployment
6.7.4.1 Need for Seamless Deployment of Data Lake Solutions to Drive the Demand for System Integration and Deployment Services
6.7.5 Support and Maintenance
6.7.5.1 Growing Deployment of Data Lake Solutions to Fuel the Demand for Support and Maintenance Services
7 Data Lake Market By Deployment Mode (Page No. – 67)
7.1 Introduction
7.2 On-Premises
7.2.1 Need for Data Security to Boost the Adoption of On-Premises Data Lake Solutions
7.3 Cloud
7.3.1 Benefits Such as Cost-Effectiveness and Scalability to Drive the Adoption of Cloud-Based Data Lake Solutions
8 Data Lake Market By Organization Size (Page No. – 71)
8.1 Introduction
8.2 Large Enterprises
8.2.1 Need to Store Large Volumes of Data Being Generated From Business and Customers and Enable Data-Driven Decisions Driving the Adoption of Data Lake Solutions and Services in Large Enterprises
8.3 Small and Medium-Sized Enterprises
8.3.1 Need to Store Data of the Growing Target Audience Globally and Extract Greater Value From Their Data Driving the Adoption of Data Lake Solutions in Small and Medium-Sized Enterprises
9 Data Lake Market By Business Function (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Marketing
9.2.1 Increased Demand for Precise Buyer Segmentation to Fuel the Adoption of Data Lake Solutions in Marketing
9.3 Sales
9.3.1 Need to Generate Automated Sales Pattern to Enhance Customer Targeting Driving the Adoption of Data Lake Solutions in Sales
9.4 Operations
9.4.1 Growing Need to Enhance Operations By Evaluating Internal Processes Driving the Adoption of Data Lake Solutions in Operations
9.5 Finance
9.5.1 Need to Manage Fraud and Risks By Determining Creditworthiness and Market Volatility Driving the Adoption of Data Lake Solutions in Finance
9.6 Human Resources
9.6.1 Need to Predict Leadership Requirements and Perform Employee Sentiment Analysis Driving the Adoption of Data Lake Solutions in Human Resources
10 Data Lake Market By Industry Vertical (Page No. – 82)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services, and Insurance
10.2.1 Growing Need to Personalize Customer Engagement and Mitigate Risks Driving the Adoption of Data Lake Solutions in the Banking, Financial Services, and Insurance Industry Vertical
10.3 Telecommunications and IT
10.3.1 Ability of Data Lake Solution to Visualize Complex Networks and Optimize Operations Driving Its Adoption in the Telecommunications and IT Industry Vertical
10.4 Retail and Ecommerce
10.4.1 Growing Demand for Personalized Buyer Segmentation and Real-Time Customer Behavior-Based Experience Driving the Adoption of Data Lake Solutions in the Retail and Ecommerce Industry Vertical
10.5 Healthcare and Life Sciences
10.5.1 Growing Need to Leverage Data to Control Fraud, Enhance Patient Experience, and Offer Personalized Treatment in Real Time Driving the Adoption of Data Lake Solutions in the Healthcare and Life Sciences Industry Vertical
10.6 Manufacturing
10.6.1 Growing Need to Adapt to the Changing Needs of Businesses, Extend the Lifespan of Factory Equipment, Enhance Product Quality, and Reduce the Risk of Production Delays Driving the Adoption of Data Lake Solutions in the Manufacturing Industry Vertical
10.7 Energy and Utilities
10.7.1 Growing Need to Analyze the Data Being Generated From Smart Meters and Assets Driving the Adoption of Data Lake Solutions in the Energy and Utilities Industry Vertical
10.8 Media and Entertainment
10.8.1 Need to Manage and Utilize the Growing Data Flow From Social Media and Personalize Viewer Experience Driving the Adoption of Data Lake Solutions in the Media and Entertainment Industry Vertical
10.9 Government
10.9.1 Growing Demand for Enhanced Data Security and Advanced Intelligence to Boost the Adoption of Data Lake Solutions in the Government Sector
10.10 Others
11 Data Lake Market By Region (Page No. – 94)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Government’s Focus on Innovation and Research to Fuel the Adoption of Data Lake Solutions in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Rise in Shift Toward Data Lake Infrastructure to Boost the Adoption of Data Lake Solutions and Services in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Increasing Government Initiatives to Fuel the Adoption of Data Lake Solutions in the UK
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Growing Adoption of IoT By Tech Companies to Provide Opportunities for Development of Data Lake Solutions in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Focus on R&D and Heavy Inflow of Capital From Global Players and Investors to Drive the Growth of Market in France
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Awareness Among Companies of the Opportunities That Data Analysis Offers to Boost the Growth of Market in Italy
11.3.5 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Focus on Integrating Ai, Iot, and Big Data Technologies to Drive the Adoption of Data Lake Solutions in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Existing Market and Already Adopted Big Data Analytics Technology to Boost the Growth of Data Lake Market in Japan
11.4.3 India
11.4.3.1 Enormous Data Generation From Increased use of Smart Devices Compelling Organizations to Adopt Data Lake Solutions for Efficient Data Management in India
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
11.5.1.1 Government Initiatives and Investments to Support the Adoption of Data Lake Solutions in KSA
11.5.2 United Arab Emirates
11.5.2.1 Advanced Analytics to Manage the Growing Volumes of Data Driving the Growth of Market in the UAE
11.5.3 South Africa
11.5.3.1 Increasing Adoption of Data Lake Among Enterprises to Boost the Market Growth in South Africa
11.5.4 Rest of Middle East and Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Need to Offer Enhanced Customer Experience and Improved Business Processes Driving the Growth of Market in Brazil
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Investments By Multinational Companies to Boost the Growth of Market in Brazil
11.6.3 Argentina
11.6.3.1 Investments By Multinational Companies to Fuel the Growth of Data Lake Market in Brazil
11.6.4 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 135)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
13 Company Profiles (Page No. – 137)
13.1 Introduction
(Business Overview, Platforms, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 Microsoft
13.3 AWS
13.4 IBM
13.5 Oracle
13.6 Cloudera
13.7 SAS Institute
13.8 Informatica
13.9 Teradata
13.10 TCS
13.11 Atos
13.12 HPE
13.13 Cazena
13.14 Zaloni
13.15 Temenos
13.16 Google
13.17 Dremio
13.18 Exacaster
13.19 Koverse
13.20 Upsolver
13.21 Infoworks.Io
13.22 Snowflake
13.23 Bigstep
13.24 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Platforms, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 182)
14.1 Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4545
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデータレイク市場:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、業務機能別(マーケティング、運用、および人事)、業種別(BFSI、ヘルスケアおよびライフサイエンス、製造)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ビタミン種類別分析、ミネラル種類別分析、家畜別分析、地域別分析、水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代シーケンシングの世界市場分析:用途別(HLA検査、出生前検査、腫瘍学、特発性および感染症)、技術別(全ゲノム配列、全エクソーム配列、標的配列決定および再配列)、ワークフロー別(NGSプレシーケンシング、NGSシーケンシング、NGSデータ解析)、セグメント予測
    本調査レポートでは、次世代シーケンシングの世界市場について調査・分析し、次世代シーケンシングの世界市場動向、次世代シーケンシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代シーケンシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のUV接着剤市場2016
    本調査レポートでは、世界のUV接着剤市場2016について調査・分析し、UV接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のSBC及び誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界のSBC及び誘導体市場2015について調査・分析し、SBC及び誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器リーダーシリーズ:コンパニオン診断薬(CDx)開発、製造および販売のトップ企業2016
    当調査レポートでは、コンパニオン診断薬(CDx)開発、製造および販売のトップ企業について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. コンパニオン診断薬の概要 3. コンパニオン診断薬の世界市場2016-2026 4. 米国に拠点を置くコンパニオン診断薬の主要企業2016 5. 欧州におけるコンパニオン診断薬の主要企業2016 6. その他地域におけるコンパニオン診断薬の主要企業2016 7. 調査インタビュー 8. コンパニオン診断薬市場の定性分析2016-2026 9. 調査・分析の結論
  • 自動車用安全システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用安全システム市場規模、提供物別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、電気自動車別(燃料電池電気自動車(FCEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、バッテリー式電気自動車(BEV))分析、技術別(受動型安全システム、むち打ち症保護システム、乗員保護、能動型安全システム)分析、オフハイウェー車別(建設用車両、農業用車両)分析、オンハイウェイ車別(小型商用車(LCV)、乗用車(PC)、トラック、バス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用安全システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用安全システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用安全システムの世界市場:提供物別(ソフトウェア、ハードウェア) ・ 自動車用安全システムの世界市場:電気自動車別(燃料電池電気自動車(FCEV)、ハイブリッド電気自動車( …
  • イギリスの体外式除細動器市場(~2021)
  • 世界の溶存酸素計市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶存酸素計市場2015について調査・分析し、溶存酸素計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メタマテリアル技術の世界市場
    当調査レポートでは、メタマテリアル技術の世界市場について調査・分析し、メタマテリアル技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 建設産業における環境技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設産業における環境技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、建設産業における環境技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グレリン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグレリン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グレリン受容体アゴニストの概要 ・グレリン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグレリン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グレリン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グレリン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • グルテンフリー食品の世界市場:ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品
    当調査レポートでは、グルテンフリー食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グルテンフリー食品市場規模、製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、FREEDOM FOODS, General Mills, GRUMA, Hain Celestial, THE HERSHEY COMPANYなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グルテンフリー食品の世界市場概要 ・グルテンフリー食品の世界市場環境 ・グルテンフリー食品の世界市場動向 ・グルテンフリー食品の世界市場規模 ・グルテンフリー食品の世界市場:業界構造分析 ・グルテンフリー食品の世界市場:製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品) ・グルテンフリー食品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・グルテンフリー食品の北米市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のアジア …
  • デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(レコーディング、エディティング、ミキシング)分析、エンドユーザー別(プロフェッショナル/オーディオエンジニア・ミキサー、エレクトロニクスミュージシャン、ミュージックスタジオ)分析、コンポーネント別分析、導入モデル別分析、デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接用ガス/シールドガスの世界市場:酸素、水素、二酸化炭素
    当調査レポートでは、溶接用ガス/シールドガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、貯蔵別分析、種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポンプ・バルブサービスの北米市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポンプ・バルブサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポンプ・バルブサービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポンプ・バルブサービスの北米市場が2017-2021年期間中に年平均4.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFranklin Electric、Wilo、Universal Plant Services、North American hydraulics、Lewis-Goetz等です。
  • 産業用ディーゼル発電機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ディーゼル発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ディーゼル発電機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用ディーゼル発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.65%成長すると予測しています。
  • 弓道具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、弓道具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、弓道具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 極端紫外線リソグラフィ(EUVL)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、極端紫外線リソグラフィ(EUVL)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーザー(垂直統合型デバイスメーカー(IDM)、ファウンドリ)別分析、装置(定性的)別分析、極端紫外線リソグラフィ(EUVL)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲脊椎手術の世界市場2016-2020:インプラント、器具、バイオマテリアル
    当調査レポートでは、低侵襲脊椎手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低侵襲脊椎手術の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 安定狭心症(Stable Angina):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における安定狭心症(Stable Angina)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、安定狭心症(Stable Angina)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・安定狭心症(Stable Angina)の概要 ・安定狭心症(Stable Angina)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の安定狭心症(Stable Angina)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・安定狭心症(Stable Angina)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • マスターバッチの世界市場
    当調査レポートでは、マスターバッチの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・マスターバッチの世界市場:種類別分析/市場規模 ・マスターバッチの世界市場:用途別分析/市場規模 ・マスターバッチの世界市場:地域別分析/市場規模 ・マスターバッチのアメリカ市場規模予測 ・マスターバッチのヨーロッパ市場規模予測 ・マスターバッチのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • CRMアウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CRMアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CRMアウトソーシング市場規模、最終用途別(小売、BFSI、通信・IT、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CRMアウトソーシングの世界市場概要 ・CRMアウトソーシングの世界市場環境 ・CRMアウトソーシングの世界市場動向 ・CRMアウトソーシングの世界市場規模 ・CRMアウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・CRMアウトソーシングの世界市場:最終用途別(小売、BFSI、通信・IT、医療) ・CRMアウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CRMアウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・CRMアウトソーシングのヨーロッパ市場規模・予測 ・CRMアウトソーシングのアジア市場規模・予測 ・CRMアウトソーシングの主要国分析 ・CRMアウトソーシングの世界市場:意思決定フレームワーク ・CRMアウトソーシングの世界市場:成長要因 …
  • 部分発作(Partial Seizure):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、部分発作(Partial Seizure)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・部分発作(Partial Seizure):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・部分発作(Partial Seizure)のフェーズ3治験薬の状況 ・部分発作(Partial Seizure)治療薬の市場規模(販売予測) ・部分発作(Partial Seizure)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・部分発作(Partial Seizure)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の部分発作(Partial Seizure)治療薬剤
  • スマートマテリアルの世界市場
    当調査レポートでは、スマートマテリアルの世界市場について調査・分析し、スマートマテリアルの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 産業用イーサネット/IPの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業用イーサネット/IPの世界市場について調査・分析し、産業用イーサネット/IPの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業用イーサネット/IPの世界市場:市場動向分析 - 産業用イーサネット/IPの世界市場:競争要因分析 - 産業用イーサネットの世界市場:プロトコル別 ・ Ethernet/IP ・ CC-Link IE ・ EtherCAT ・ Modbus-TCP ・ Powerlink ・ Sercos III ・ PROFINET - 産業用イーサネットの世界市場:用途別 ・航空宇宙・防衛 ・自動車 ・電気・電子製品 ・エンジニアリング・製造 ・食品・飲料 ・石油・ガス ・医薬品 ・上下水道 ・エネルギ・電力 ・鉱業 ・化学薬品・肥料 ・エンジニアリング・製造 ・その他 - 産業用イーサネットの世界市場:ソリューション別 ・ソフトウェア ・サービス ・ハードウェア - 産業用イーサネット/IPの世界市場:主要地域別分析 - 産業用イーサネット/IPの北米市場規模(アメリカ市 …
  • 電力産業用電気伝導体の世界市場2016-2020:電力ケーブル、変圧器、バスバー、海底電力ケーブル
    当調査レポートでは、電力産業用電気伝導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業用電気伝導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bumi Armada、BW Offshore、MODEC、Petrobras、SBM Offshore等です。
  • 世界のフライトシミュレータ市場規模・予測2017-2025:商品別(FFS、FTD)、用途別(軍事・防衛、・民営)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のフライトシミュレータ市場について調査・分析し、世界のフライトシミュレータ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のフライトシミュレータ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 石油及びガス用井導体設置サービスの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、石油及びガス用井導体設置サービスの世界市場について調べ、石油及びガス用井導体設置サービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、石油及びガス用井導体設置サービスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は石油及びガス用井導体設置サービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・石油及びガス用井導体設置サービスの市場状況 ・石油及びガス用井導体設置サービスの市場規模 ・石油及びガス用井導体設置サービスの市場予測 ・石油及びガス用井導体設置サービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オンショア、オフショア) ・石油及びガス用井導体設置サービスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 超高速整流器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、超高速整流器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超高速整流器市場規模、用途別(商業、工業、消費財、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Diodes, Infineon Technologies, ON Semiconductor, STMicroelectronics, Vishay Intertechnologyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超高速整流器の世界市場概要 ・超高速整流器の世界市場環境 ・超高速整流器の世界市場動向 ・超高速整流器の世界市場規模 ・超高速整流器の世界市場:業界構造分析 ・超高速整流器の世界市場:用途別(商業、工業、消費財、自動車、その他) ・超高速整流器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超高速整流器の北米市場規模・予測 ・超高速整流器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超高速整流器のアジア太平洋市場規模・予測 ・超高速整流器の主要国分析 ・超高速整流 …
  • 性器疣贅(尖圭コンジローム):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における性器疣贅(尖圭コンジローム)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・性器疣贅(尖圭コンジローム)の概要 ・性器疣贅(尖圭コンジローム)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬開発 …
  • 世界のオイル・アキュムレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のオイル・アキュムレータ市場2015について調査・分析し、オイル・アキュムレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫化バリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫化バリウム市場2015について調査・分析し、硫化バリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場分析:製品別(スプリンクラー、ドリップ、中央ピボット、側方移動)、苗別(プランテーション作物、果樹園作物、畑作物)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場について調査・分析し、マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場動向、マイクロ・機械化灌漑システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ・機械化灌漑システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 騎乗式トロウェルの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、騎乗式トロウェルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、騎乗式トロウェル市場規模、操舵装置別(機械式、油圧式)分析、刃の直径別(36”、46”/48”、48”超)分析、燃料別(電気、ガソリン、ディーゼル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:市場動向分析 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:競争要因分析 ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:操舵装置別(機械式、油圧式) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:刃の直径別(36”、46”/48”、48”超) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:燃料別(電気、ガソリン、ディーゼル) ・ 騎乗式トロウェルの世界市場:主要地域別分析 ・ 騎乗式トロウェルの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 騎乗式トロウェルのヨーロッパ市場規模 ・ 騎乗式トロウェルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・騎乗式トロウェルの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界の運輸・物流部門のIoT市場2019
    本調査レポートでは、世界の運輸・物流部門のIoT市場2019について調査・分析し、運輸・物流部門のIoTの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、運輸・物流部門のIoTのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、運輸・物流部門のIoTメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・運輸・物流部門のIoTの市場概要 ・運輸・物流部門のIoTの上流・下流市場分析 ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・運輸・物流部門のIoTのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸・物流部門のIoTの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・運輸・物流部門のIoTの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・運輸 …
  • ラミネートラベルの世界市場:組成(表面基材、接着剤、剥離ライナー、原料)、印刷インク、印刷技術、形状、地域別分析
    当調査レポートでは、ラミネートラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、組成別分析、印刷インク別分析、印刷技術別分析、形状別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用水処理装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商業用水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用水処理装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クロストリジウムディフィシル感染症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クロストリジウムディフィシル感染症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロストリジウムディフィシル感染症治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・薬剤分類別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 食道ステントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食道ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食道ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食道ステントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boston Scientific • Cook Medical• ELLA - CS• Merit Medical Systems • M.I. TECH• Taewoong Medical等です。
  • ゲートオペレータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ゲートオペレータの世界市場について調査・分析し、ゲートオペレータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ゲートオペレータシェア、市場規模推移、市場規模予測、ゲートオペレータ種類別分析(機械式、油圧式)、ゲートオペレータ用途別分析(スライダーゲート用、スイングゲート用、オーバーヘッドゲート用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ゲートオペレータの市場概観 ・ゲートオペレータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ゲートオペレータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ゲートオペレータの世界市場規模 ・ゲートオペレータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ゲートオペレータのアメリカ市場規模推移 ・ゲートオペレータのカナダ市場規模推移 ・ゲートオペレータのメキシコ市場規模推移 ・ゲートオペレータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ゲートオペレータのドイツ市場規模推移 ・ゲートオペレータのイギリス市場規模推移 ・ …
  • オーストリアの心臓律動管理装置市場見通し
  • 眼内レンズの世界市場2014-2025:製品別(眼内レンズ、角膜インプラント、緑内障インプラント、眼プロテーゼ)、用途別(緑内障、薬物送達)、最終用途別
    本調査レポートでは、眼内レンズの世界市場について調査・分析し、眼内レンズの世界市場動向、眼内レンズの世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のナトリウム低減成分市場:ミネラル塩、イースト抽出物、アミノ酸、グルタミン酸塩
  • 土壊処理の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、土壊処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、土壊処理市場規模、製品別(土壌保護製品、有機土壌改良剤、pH調整剤)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・土壊処理の世界市場概要 ・土壊処理の世界市場環境 ・土壊処理の世界市場動向 ・土壊処理の世界市場規模 ・土壊処理の世界市場:業界構造分析 ・土壊処理の世界市場:製品別(土壌保護製品、有機土壌改良剤、pH調整剤) ・土壊処理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・土壊処理の北米市場規模・予測 ・土壊処理のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・土壊処理のアジア太平洋市場規模・予測 ・土壊処理の主要国分析 ・土壊処理の世界市場:意思決定フレームワーク ・土壊処理の世界市場:成長要因、課題 ・土壊処理の世界市場:競争環境 ・土壊処理の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、AMVAC Chemical、Arkema、BASF、Bayer、DowDu …
  • 止血診断検査の世界市場2016-2020
  • 航空アナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空アナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空アナリティクス市場規模、事業部門別(営業・マーケティング、運営、サプライチェーン、財務・補修)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アプリケーション別(収益管理、在庫管理、フライトリスク管理、顧客分析、ナビゲーションサービス、その他)分析、エンドユーザー別(航空会社、空港、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空アナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ 航空アナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ 航空アナリティクスの世界市場:事業部門別(営業・マーケティング、運営、サプライチェーン、財務・補修) ・ 航空アナリティクスの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ 航空アナリティクスの世界市場:アプリケーション別(収益管理、在庫管理、フライトリスク管理、顧客分析、ナビゲーションサービス、その他) ・ 航空アナリテ …
  • 機械翻訳の世界市場:用途別(自動車、軍事・防衛、電子、IT、ヘルスケア)、技術別(RBMT、SMT)、地域別予測
    本資料は、機械翻訳の世界市場について調べ、機械翻訳の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(自動車、軍事・防衛、電子、IT、ヘルスケア)分析、技術別(RBMT、SMT)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・機械翻訳の世界市場概要 ・機械翻訳の世界市場環境 ・機械翻訳の世界市場動向 ・機械翻訳の世界市場規模 ・機械翻訳の世界市場規模:用途別(自動車、軍事・防衛、電子、IT、ヘルスケア) ・機械翻訳の世界市場規模:技術別(RBMT、SMT) ・機械翻訳の世界市場:地域別市場規模・分析 ・機械翻訳の北米市場規模・予測 ・機械翻訳のアメリカ市場規模・予測 ・機械翻訳のヨーロッパ市場規模・予測 ・機械翻訳のアジア市場規模・予測 ・機械翻訳の日本市場規模・予測 ・機械翻訳の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ツーリングの世界市場:ダイ&金型、鍛造、ジグ&治具、工作機械、ゲージ
    当調査レポートでは、ツーリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(金型、金型、鍛造、治具、治具、工作機械、ゲージ)分析、エンドユーザー産業別(自動車、電子、電気、航空宇宙、海洋、防衛、プラスチック、建設、鉱業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ツーリングの世界市場:製品種類別(金型、金型、鍛造、治具、治具、工作機械、ゲージ) ・ツーリングの世界市場:エンドユーザー産業別(自動車、電子、電気、航空宇宙、海洋、防衛、プラスチック、建設、鉱業、その他) ・ツーリングの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"