"世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4092)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global IoT in utilities market size to grow at a CAGR of 13.5% during the forecast period
The global Internet of Things (IoT) in utilities market size is expected to grow from USD 28.6 billion in 2019 to USD 53.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 13.5% during the forecast period. Factors, such as the rising trend of deregulating utility industry, and need for operational efficiency and control are expected to drive the growth of the market. The growing deregulation of the utility industry is increasing the entry of new innovative players into the market, bringing new innovations in the industry. It further increases market competitiveness to provide efficient services to the consumer. Companies offering IoT, Artificial Intelligence (AI), and Machine Learning (ML)-enabled utility solutions focus on improving their plant control and overall production and management. These technologies enables agaility and flexibility, thus increasing the control of the system. This has enforced utility companies to use operational efficient IoT-based solutions in their organizations.

Solutions segment to lead the IoT In Utilities market in 2019
The solutions segment includes solutions, such as asset monitoring and management, safety and security, Supervisory Control And Data Acquisition (SCADA), network management, workforce management, and Customer Information System (CIS) and billing systems. These solutions help utilities to maintain operational efficiency of the organization and provide seamless services to the customers. IoT technology solutions have helped utilities integrate various business processes, pushing the utility industry toward the growth phase in an exponential way. Integrating technologies with existing operations is further expected to increase enterprise operational efficiency even with less infrastructure investment.

Electricity grid management application segment to lead the market in 2019
The development of grid technology has benefitted traditional energy infrastructure vendors and offered business opportunities for emerging players that plan to serve untapped market opportunities. The replacement of aging utility infrastructure, and deployment of Advanced Metering Infrastructure (AMI), and smart grid applications are identified as major business opportunities for traditional vendors. Emerging market players, such as hardware providers, semiconductor companies, telecom and networking infrastructure companies, and software firms will are expected to benefit from major technology investments in IoT-based grid projects by regional governments.

North America to lead the IoT in utilities market in 2019
North America has been a leader in the adoption of smart grid technology and a large share of the major utilities in the region are now fully deployed or in the implementation or planning stages of full-scale rollouts. In the last few years, numerous utility companies in the US have agreed to deploy smart utility schemes, where one of the main objectives is to offer second-generation advanced metering infrastructure, communication modules, asset management, workforce management, security features, analytics, and Meter Data Management (MDM). Financial sound companies across the region enable heavy utility-related investments on leading tools and technologies for effective energy consumption. On the other hand, Canada has been emphasizing on enhancing its power supply capabilities and upgradation of its electric grid infrastructure. This has enforced technology vendors in the region to increase their presence in the North American region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the IoT in utilities market.
The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 46%, Tier 2: 38%, and Tier 3: 16%
 By Designation: C-level Executives: 52%, Director Level: 34%, and Others: 14%
 By Region: North America: 38%, Europe: 28%, Asia Pacific (APAC): 25%, Middle East and Africa (MEA): 6%, and Latin America: 3%
Major vendors in the global IoT in utilities market include IBM (US), Oracle (US), Verizon (US), Cisco (US), Vodafone (UK), Telit (UK), Landis Gyr (Switzerland), Itron (US), Schneider Electric (France), Huawei (China), Trimble (US), Aclara (US), Trilliant (US), Energyworx (Netherlands), HCL (India), Altair (US), Actility (France), Waviot (Russia), Rayven (Australia), Saviant Consulting (India), ABB (Switzerland), Siemens (Germany), Honeywell (US), and GE (US).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of key players in the IoT in utilities market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global IoT in utilities market by component, solutions, services, application, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide market leaders/new entrants in the IoT in utilities market, with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall IoT in utilities market and subsegments. The report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.2.1 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the IoT in Utilities Market
4.2 IoT in Utilities Market: Top 3 Components and Regions
4.3 Market, By Region
4.4 Market: Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Trend of Deregulating the Utilities Industry
5.2.1.2 Need for Operational Efficiency and Control
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Standards for Interconnectivity and Interoperability
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Smart Cities Initiatives Across the World
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Need to Focus on Cost Management and High Return on Investment
6 IoT in Utilities Market, By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Platform
6.2.1 IoT Platform Offers the Framework for Vendors to Develop the Solutions for the Utilities Industry
6.3 Solutions
6.3.1 Solutions Help Solve the Critical Challenges for Utilities Operations and Management
6.4 Services
6.4.1 Need for Consistent Performance of Solutions to Increase the Demand for Services in the IoT in Utilities Market
7 IoT in Utilities Market, By Solution (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Asset Monitoring and Management
7.2.1 Need for Consistent Performance of Assets and Reduced Downtime to Increase the Demand for Asset Monitoring and Management Solution
7.3 Safety and Security
7.3.1 High Number of IoT Devices Connected Across Platform to Increase the Demand for Safety and Security Solution
7.4 Supervisory Control and Data Acquisition
7.4.1 SCADA System Manages and Optimizes Generation and Transmission Processes of Utility Facilities
7.5 Workforce Management
7.5.1 Workforce Management to Help Monitor and Manage Human Resources More Efficiently for Avoiding Downtime of the System
7.6 Network Management
7.6.1 Network Management to Help Deliver Better Customer Services and Enhanced Operational Efficiencies
7.7 Customer Information System and Billing System
7.7.1 Cis and Billing System to Enable Utilities Organizations to be Timely and Proactive in Responding to Customer Requests, Market Forces, and Regulatory Changes
8 IoT in Utilities Market, By Service (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Consulting
8.2.1 Consulting Services to Help in Lowering Risks, Reducing Complexities, and Raising Return on Investment
8.3 Integration and Deployment
8.3.1 Integration and Deployment Services to Help in Creating High Opportunities and Accelerating Technological Innovations
8.4 Support and Maintenance
8.4.1 Support and Maintenance Services to Help in Improving Operational Plan and Control Over Systems
9 IoT in Utilities Market, By Application (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 Water and Wastewater Management
9.2.1 IoT to Help Utilities Companies to Improve the Performance of the Water Distribution System
9.3 Utility Gas Management
9.3.1 Need for Efficient Operations in Gas Utility to Increase the Demand for IoT in Utilities
9.4 Electricity Grid Management
9.4.1 IoT to Help Power Companies in Providing Consistent Electricity to Customers
10 IoT in Utilities Market, By Region (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Supportive Government Plans for Energy Optimization to Fuel the Growth of the Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government Initiatives to Optimize Utilities Operations to Fuel the Growth of Market
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Initiatives of Smart Cities to Fuel the Growth of Market
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Evolving Energy Policies and Changing Consumer Preferences to Fuel the Growth of Market
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Increasing Adoption of Building Automation Solutions to Fuel the Growth of Market
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Strong Government Initiatives to Drive the IoT in Utilities Market Growth
10.4.3 India
10.4.3.1 Higher Demand for Optimizing Operations of Utilities to Increase the Demand for IoT in Utilities
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Rise in the Adoption of Connected Technologies in the Utilities Industry to Increase the Demand for Iot
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 Government Initiatives to Fuel the Growth of Market
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing Initiatives of Utility Companies for Technological Adoption to Fuel the Growth of Market
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Growing Initiatives of Green Buildings to Fuel the Growth of IoT in Utilities Market
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 102)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Introduction
12.2 IBM
12.3 Oracle
12.4 Verizon
12.5 Cisco
12.6 Vodafone
12.7 Telit
12.8 Landis+Gyr
12.9 Itron
12.10 Schneider Electric
12.11 Huawei
12.12 Trimble
12.13 ABB
12.14 Honeywell
12.15 Siemens
12.16 General Electric
12.17 Aclara
12.18 Trilliant
12.19 Energyworx
12.20 HCL
12.21 Altair
12.22 Actility
12.23 Waviot
12.24 Rayven
12.25 Saviant Consulting
12.26 Right-To-Win
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 148)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4092
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国の放課後学習市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の放課後学習市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の放課後学習市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の可撓性カプラー市場2015
    本調査レポートでは、世界の可撓性カプラー市場2015について調査・分析し、可撓性カプラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脱塩ポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、脱塩ポンプの世界市場について調査・分析し、脱塩ポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別脱塩ポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、脱塩ポンプ種類別分析(渦巻ポンプ、容積移送式ポンプ)、脱塩ポンプ用途別分析(逆浸透法(RO)、多段式濾過法(MSE)、多重効用蒸留(MED)、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・脱塩ポンプの市場概観 ・脱塩ポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・脱塩ポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・脱塩ポンプの世界市場規模 ・脱塩ポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・脱塩ポンプのアメリカ市場規模推移 ・脱塩ポンプのカナダ市場規模推移 ・脱塩ポンプのメキシコ市場規模推移 ・脱塩ポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・脱塩ポンプのドイツ市場規模推移 ・脱塩ポンプのイギリス市場規模推移 ・脱塩ポンプのロシア市場規模推移 ・脱塩ポンプのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • ウォーターチラー産業の世界市場:種類別(スクリュチラー、遠心冷凍機、往復動冷凍機、水冷チラー、蒸発冷却)、用途別(メディカル、化学&製薬、プラスチック&ゴム、メタルフォーミング、食品加工)、地域別予測
    本資料は、ウォーターチラー産業の世界市場について調べ、ウォーターチラー産業の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(スクリュチラー、遠心冷凍機、往復動冷凍機、水冷チラー、蒸発冷却)分析、用途別(メディカル、化学&製薬、プラスチック&ゴム、メタルフォーミング、食品加工)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKennametal Inc.、KMT Waterjet、Flow International Corporation、H2O Jet、GMA Garnet Pty. Ltd.、Wardjet Inc.、Techni Waterjet、Jet Edge Inc.、V.V. Minerals、Barton International Inc.、Opta Minerals Inc.、Kimblad Technology AB、Oskar Moser Technische Edelsteine、Diamond Technology Innovations Inc.、OMAX C …
  • 医薬品包装機械の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、医薬品包装機械の世界市場について調査・分析し、医薬品包装機械の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医薬品包装機械の世界市場:市場動向分析 - 医薬品包装機械の世界市場:競争要因分析 - 医薬品包装機械の世界市場:包装の種類別 ・ブリスター包装機 ・ストリップ包装機 ・充填キャッパー複合機 ・小箱詰機 ・包装機 ・トレー包装機 ・その他 - 医薬品包装機械の世界市場:製品の種類別 ・固形物包装機械 ・半固形物包装機械 ・液体包装機械 ・その他 - 医薬品包装機械の世界市場:主要地域別分析 - 医薬品包装機械の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医薬品包装機械のヨーロッパ市場規模 - 医薬品包装機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医薬品包装機械の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スマート水筒の世界市場2016-2025:タイプ別(金属、高分子)、構成要素別(内蔵型、ハードウェア、水分補給追跡アプリ)、流通経路別、地域別
    本調査レポートでは、スマート水筒の世界市場について調査・分析し、スマート水筒の世界市場動向、スマート水筒の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート水筒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドネシアのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 子宮内膜症治療薬の世界市場予測・研究開発動向
    当調査レポートでは、子宮内膜症治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポート概要 ・子宮内膜症および子宮内膜症治療の概観 ・子宮内膜症治療薬の世界市場:地域別市場予測 ・子宮内膜症治療薬の世界市場:主要な薬剤分析 ・子宮内膜症治療薬の世界市場:研究開発動向 ・子宮内膜症治療薬の世界市場:定性分析 ・専門家の見解 ・結論
  • 卓球用品の世界市場:ラケット、ボール、卓球台
    当調査レポートでは、卓球用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓球用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場見通し2016-2022:アクセスコントロール、NAT、ルーティング、セキュリティ、VPN、WAN最適化
    当調査レポートでは、仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場について調査・分析し、仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:市場動向分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:競争要因分析 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:サービスモデル別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:機能別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の北米市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の欧州市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)のアジア市場規模 ・仮想顧客構内設備(V-CPE)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 脊髄ポンプの世界市場分析:用途別(痙攣管理、疼痛管理、非悪性疼痛、悪性疼痛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、脊髄ポンプの世界市場について調査・分析し、脊髄ポンプの世界市場動向、脊髄ポンプの世界市場規模、市場予測、セグメント別脊髄ポンプ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:用途別、技術別、地域別
    本レポートは、自動車先進運転支援システム(ADAS)の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、技術別(AEBS、TPMS、PAS、その他)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・顧客状況 ・自動車先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:技術別(AEBS、TPMS、PAS、その他) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 食品・飲料用包装機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・飲料用包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料用包装機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タルク(滑石)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タルク(滑石)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タルク(滑石)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 腸管感染症検査の世界市場2016-2020
  • 注意欠陥/多動性障害の疫学的予測
    当調査レポートでは、注意欠陥/多動性障害の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・注意欠陥/多動性障害の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・注意欠陥/多動性障害の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 世界の三フッ化ホウ素フェノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の三フッ化ホウ素フェノール市場2016について調査・分析し、三フッ化ホウ素フェノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガレージ装置の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ガレージ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(OEM、独立)分析、用途別(ボディショップ、診断及びテスト、排出、リフティング、ホイール&タイヤ、洗浄)分析、設置別(モバイル、固定)分析、機能別(機械、電子)分析、ガレージ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ガレージ装置の世界市場規模が2019年61億万ドルから2027年107億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 発泡剤の世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、発泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(HC、HFC、HCFC)分析、フォーム別(ポリウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム、フェノールフォーム、ポリオレフィンフォーム)分析、発泡剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、発泡剤の世界市場規模が2019年15億万ドルから2026年22億万ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。
  • 通信向けクラウド式課金サービスの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、通信向けクラウド式課金サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、通信向けクラウド式課金サービスの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンニンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タンニンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンニンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はタンニンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ajinomoto OmniChem、Laffort、TANAC、Tannin Corporation、W. ULRICH等です。
  • 日本の関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 船舶用複合材の世界市場予測(~2023年):金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、船舶用複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材)分析、船舶タイプ(モーターボート、ヨット、クルーズ船)分析、船舶用複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエーテルエステルTPEの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリエーテルエステルTPEの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエーテルエステルTPE市場規模、用途別(自動車、ホース・チューブ、医療、ワイヤー・ケーブル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場概要 ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場環境 ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場動向 ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場規模 ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場:業界構造分析 ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場:用途別(自動車、ホース・チューブ、医療、ワイヤー・ケーブル、その他) ・ポリエーテルエステルTPEの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエーテルエステルTPEの北米市場規模・予測 ・ポリエーテルエステルTPEのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポリエーテルエステルTPEのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポリエーテルエステルTPEの主要国 …
  • 鉄道用連結器の世界市場2019-2023
    仮想連結列車の概念は、鉄道用連結器の市場で牽引力を増しつつあります。この概念により、列車は物理的な接触なく互いに接近して走行することができます。 連結はランデブーマニューバにより動作中に行われるため、仮想結合により既存の鉄道ネットワークの利用が増加します。 仮想連結は、輸送コストと時間を削減することによって鉄道貨物サービスの効率を高めることができます Technavioのアナリストは、鉄道用連結器の世界市場が2023年までに3%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Dellner Couplers、Escorts、NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL、Titagarh Wagons、Voithなどです。 当調査レポートでは、鉄道用連結器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道用連結器市場規模、製品別(半自動、自動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道用連結器の世界市場概要 ・ …
  • レーダ装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、レーダ装置の世界市場規模が2017年192.5億ドルから2026年367.8億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、レーダ装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーダ装置市場規模、コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント)分析、技術別(連続波(CW)レーダー、パルスレーダー)分析、UAVレーダー別(海上パトロールレーダー、合成開口レーダ)分析、範囲別(長距離レーダ、短距離レーダ、中距離レーダー)分析、周波数帯域別(Lバンド、K / Ku / Kaバンド、Cバンド、ミリバンド、 V / UHFバンド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ レーダ装置の世界市場:市場動向分析 ・ レーダ装置の世界市場:競争要因分析 ・ レーダ装置の世界市場:コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント) ・ レーダ装置の世界市場:技術別(連続波(C …
  • プローブカードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プローブカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プローブカードの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 多発性骨髄腫治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、多発性骨髄腫治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、多発性骨髄腫治療薬の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)の概要 ・女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の女性性機能不全(Female Sexual Dysfunction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・女性性機能不全(Female Sexu …
  • 世界のスマートフォン用イメージセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートフォン用イメージセンサー市場2015について調査・分析し、スマートフォン用イメージセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性用コンドームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、女性用コンドームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用コンドームの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 防弾チョッキの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、防弾チョッキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防弾チョッキの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 温度計の世界市場:液体温度計、デジタル温度計
    Technavioが発行した当調査レポートでは、温度計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温度計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は温度計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Innovo Medical、Omron Healthcare、Terumo Medical Corporation等です。
  • 鉄キレート薬の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、鉄キレート薬の世界市場について調査・分析し、鉄キレート薬の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別鉄キレート薬シェア、市場規模推移、市場規模予測、鉄キレート薬種類別分析(デフェロキサミン、デフェリプロン、デフェラシロクス)、鉄キレート薬用途別分析(輸血鉄過剰症、輸血非依存性サラセミア(NTDT)による鉄過剰症)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・鉄キレート薬の市場概観 ・鉄キレート薬のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・鉄キレート薬のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・鉄キレート薬の世界市場規模 ・鉄キレート薬の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・鉄キレート薬のアメリカ市場規模推移 ・鉄キレート薬のカナダ市場規模推移 ・鉄キレート薬のメキシコ市場規模推移 ・鉄キレート薬のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・鉄キレート薬のドイツ市場規模推移 ・鉄キレート薬のイギリス市場規模推移 ・鉄キレート薬のロシア市場規模推移 …
  • 世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合アセンブリ)、用途別(フィルター、ストレージ)、ソリューション別(標準、カスタマイズ)、エンドユーザー別(製薬会社、CMO、CRO)
    MarketsandMarkets社は、使い捨て式アセンブリの世界市場規模が2019年805百万ドルから2024年1825百万ドルまで年平均16.5%成長すると予測しています。本書は、世界の使い捨て式アセンブリ市場について調査・分析し、市場概要、製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合システムアセンブリ、その他の製品)分析、ソリューション別(標準ソリューション、カスタマイズ型ソリューション)分析、用途別(ろ過、細胞培養および混合、保管、サンプリング、充填完了アプリケーション、その他)分析、エンドユーザー別(バイオ医薬品および製薬会社、受託研究機関および契約、学術研究機関)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の使い捨て式アセンブリ市場:製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合システムアセンブリ、その他の製品) ・世界の使い捨て式アセンブリ市場:ソリューション別(標準ソリューション、カスタマイズ型ソリューション) ・ …
  • 医薬品包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、医薬品包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・医薬品包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・医薬品包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・医薬品包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • Xバンドレーダーの世界市場予測(~2021年):モバイルXバンドレーダー、海上配備Xバンドレーダー
    当調査レポートでは、Xバンドレーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、種類別分析、アレイ別分析、地域別分析、Xバンドレーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セリアック病(Celiac Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるセリアック病(Celiac Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、セリアック病(Celiac Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・セリアック病(Celiac Disease)の概要 ・セリアック病(Celiac Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のセリアック病(Celiac Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セリアック病(Celiac Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 消火用スプリンクラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消火用スプリンクラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消火用スプリンクラの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スマートセキュリティの世界市場:監視システム、アクセス制御システム、侵入者警報装置
    当調査レポートでは、スマートセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートセキュリティの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、用途別分析、種類別分析、需要先別分析、マイクロバイオーム・シーケンシング・サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紡績機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、紡績機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紡績機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のキーレス自動車アクセス制御システム市場2015
    本調査レポートでは、世界のキーレス自動車アクセス制御システム市場2015について調査・分析し、キーレス自動車アクセス制御システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のITOスパッタリングターゲット市場2015
    本調査レポートでは、中国のITOスパッタリングターゲット市場2015について調査・分析し、ITOスパッタリングターゲットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビームーブメントモニターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビームーブメントモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビームーブメントモニター市場規模、製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他)分析、販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビームーブメントモニターの世界市場概要 ・ベビームーブメントモニターの世界市場環境 ・ベビームーブメントモニターの世界市場動向 ・ベビームーブメントモニターの世界市場規模 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビームーブメントモニターのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーム …
  • 小型自動車用OEホイールの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEホイールの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEホイールの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • 北米の装具市場動向(~2021)
  • 掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削土デサンダー及びデシルター市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場概要 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場環境 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場動向 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場規模 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場:業界構造分析 ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・掘削土デサンダー及びデシルターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削土デサンダー及びデシルターの北米市場規模・予測 ・掘削土デサンダー及びデシルターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・掘削土デサンダー及びデシルターのアジア太平洋市場規模・予測 ・掘削土デサンダー及びデシルターの主要国分析 ・掘削土デサン …
  • 世界のレイモンドミル市場2016
    本調査レポートでは、世界のレイモンドミル市場2016について調査・分析し、レイモンドミルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳化剤の世界市場予測(~2021年):バイオ乳化剤、合成乳化剤
    当調査レポートでは、乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"