"世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4092)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global IoT in utilities market size to grow at a CAGR of 13.5% during the forecast period
The global Internet of Things (IoT) in utilities market size is expected to grow from USD 28.6 billion in 2019 to USD 53.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 13.5% during the forecast period. Factors, such as the rising trend of deregulating utility industry, and need for operational efficiency and control are expected to drive the growth of the market. The growing deregulation of the utility industry is increasing the entry of new innovative players into the market, bringing new innovations in the industry. It further increases market competitiveness to provide efficient services to the consumer. Companies offering IoT, Artificial Intelligence (AI), and Machine Learning (ML)-enabled utility solutions focus on improving their plant control and overall production and management. These technologies enables agaility and flexibility, thus increasing the control of the system. This has enforced utility companies to use operational efficient IoT-based solutions in their organizations.

Solutions segment to lead the IoT In Utilities market in 2019
The solutions segment includes solutions, such as asset monitoring and management, safety and security, Supervisory Control And Data Acquisition (SCADA), network management, workforce management, and Customer Information System (CIS) and billing systems. These solutions help utilities to maintain operational efficiency of the organization and provide seamless services to the customers. IoT technology solutions have helped utilities integrate various business processes, pushing the utility industry toward the growth phase in an exponential way. Integrating technologies with existing operations is further expected to increase enterprise operational efficiency even with less infrastructure investment.

Electricity grid management application segment to lead the market in 2019
The development of grid technology has benefitted traditional energy infrastructure vendors and offered business opportunities for emerging players that plan to serve untapped market opportunities. The replacement of aging utility infrastructure, and deployment of Advanced Metering Infrastructure (AMI), and smart grid applications are identified as major business opportunities for traditional vendors. Emerging market players, such as hardware providers, semiconductor companies, telecom and networking infrastructure companies, and software firms will are expected to benefit from major technology investments in IoT-based grid projects by regional governments.

North America to lead the IoT in utilities market in 2019
North America has been a leader in the adoption of smart grid technology and a large share of the major utilities in the region are now fully deployed or in the implementation or planning stages of full-scale rollouts. In the last few years, numerous utility companies in the US have agreed to deploy smart utility schemes, where one of the main objectives is to offer second-generation advanced metering infrastructure, communication modules, asset management, workforce management, security features, analytics, and Meter Data Management (MDM). Financial sound companies across the region enable heavy utility-related investments on leading tools and technologies for effective energy consumption. On the other hand, Canada has been emphasizing on enhancing its power supply capabilities and upgradation of its electric grid infrastructure. This has enforced technology vendors in the region to increase their presence in the North American region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the IoT in utilities market.
The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 46%, Tier 2: 38%, and Tier 3: 16%
 By Designation: C-level Executives: 52%, Director Level: 34%, and Others: 14%
 By Region: North America: 38%, Europe: 28%, Asia Pacific (APAC): 25%, Middle East and Africa (MEA): 6%, and Latin America: 3%
Major vendors in the global IoT in utilities market include IBM (US), Oracle (US), Verizon (US), Cisco (US), Vodafone (UK), Telit (UK), Landis Gyr (Switzerland), Itron (US), Schneider Electric (France), Huawei (China), Trimble (US), Aclara (US), Trilliant (US), Energyworx (Netherlands), HCL (India), Altair (US), Actility (France), Waviot (Russia), Rayven (Australia), Saviant Consulting (India), ABB (Switzerland), Siemens (Germany), Honeywell (US), and GE (US).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of key players in the IoT in utilities market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global IoT in utilities market by component, solutions, services, application, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide market leaders/new entrants in the IoT in utilities market, with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall IoT in utilities market and subsegments. The report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.2.1 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in the IoT in Utilities Market
4.2 IoT in Utilities Market: Top 3 Components and Regions
4.3 Market, By Region
4.4 Market: Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Trend of Deregulating the Utilities Industry
5.2.1.2 Need for Operational Efficiency and Control
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Standards for Interconnectivity and Interoperability
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Smart Cities Initiatives Across the World
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Need to Focus on Cost Management and High Return on Investment
6 IoT in Utilities Market, By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Platform
6.2.1 IoT Platform Offers the Framework for Vendors to Develop the Solutions for the Utilities Industry
6.3 Solutions
6.3.1 Solutions Help Solve the Critical Challenges for Utilities Operations and Management
6.4 Services
6.4.1 Need for Consistent Performance of Solutions to Increase the Demand for Services in the IoT in Utilities Market
7 IoT in Utilities Market, By Solution (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Asset Monitoring and Management
7.2.1 Need for Consistent Performance of Assets and Reduced Downtime to Increase the Demand for Asset Monitoring and Management Solution
7.3 Safety and Security
7.3.1 High Number of IoT Devices Connected Across Platform to Increase the Demand for Safety and Security Solution
7.4 Supervisory Control and Data Acquisition
7.4.1 SCADA System Manages and Optimizes Generation and Transmission Processes of Utility Facilities
7.5 Workforce Management
7.5.1 Workforce Management to Help Monitor and Manage Human Resources More Efficiently for Avoiding Downtime of the System
7.6 Network Management
7.6.1 Network Management to Help Deliver Better Customer Services and Enhanced Operational Efficiencies
7.7 Customer Information System and Billing System
7.7.1 Cis and Billing System to Enable Utilities Organizations to be Timely and Proactive in Responding to Customer Requests, Market Forces, and Regulatory Changes
8 IoT in Utilities Market, By Service (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Consulting
8.2.1 Consulting Services to Help in Lowering Risks, Reducing Complexities, and Raising Return on Investment
8.3 Integration and Deployment
8.3.1 Integration and Deployment Services to Help in Creating High Opportunities and Accelerating Technological Innovations
8.4 Support and Maintenance
8.4.1 Support and Maintenance Services to Help in Improving Operational Plan and Control Over Systems
9 IoT in Utilities Market, By Application (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 Water and Wastewater Management
9.2.1 IoT to Help Utilities Companies to Improve the Performance of the Water Distribution System
9.3 Utility Gas Management
9.3.1 Need for Efficient Operations in Gas Utility to Increase the Demand for IoT in Utilities
9.4 Electricity Grid Management
9.4.1 IoT to Help Power Companies in Providing Consistent Electricity to Customers
10 IoT in Utilities Market, By Region (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Supportive Government Plans for Energy Optimization to Fuel the Growth of the Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government Initiatives to Optimize Utilities Operations to Fuel the Growth of Market
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Initiatives of Smart Cities to Fuel the Growth of Market
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Evolving Energy Policies and Changing Consumer Preferences to Fuel the Growth of Market
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Increasing Adoption of Building Automation Solutions to Fuel the Growth of Market
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Strong Government Initiatives to Drive the IoT in Utilities Market Growth
10.4.3 India
10.4.3.1 Higher Demand for Optimizing Operations of Utilities to Increase the Demand for IoT in Utilities
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Rise in the Adoption of Connected Technologies in the Utilities Industry to Increase the Demand for Iot
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 Government Initiatives to Fuel the Growth of Market
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing Initiatives of Utility Companies for Technological Adoption to Fuel the Growth of Market
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Growing Initiatives of Green Buildings to Fuel the Growth of IoT in Utilities Market
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 102)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Introduction
12.2 IBM
12.3 Oracle
12.4 Verizon
12.5 Cisco
12.6 Vodafone
12.7 Telit
12.8 Landis+Gyr
12.9 Itron
12.10 Schneider Electric
12.11 Huawei
12.12 Trimble
12.13 ABB
12.14 Honeywell
12.15 Siemens
12.16 General Electric
12.17 Aclara
12.18 Trilliant
12.19 Energyworx
12.20 HCL
12.21 Altair
12.22 Actility
12.23 Waviot
12.24 Rayven
12.25 Saviant Consulting
12.26 Right-To-Win
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 148)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4092
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のユーティリティにおけるIoT市場:コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション(資産の監視と管理、CISおよび請求)、サービス)、用途別(電気グリッド管理水および廃水管理)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の失禁用装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、失禁用装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・失禁用装置の概要 ・失禁用装置の開発動向:開発段階別分析 ・失禁用装置の開発動向:セグメント別分析 ・失禁用装置の開発動向:領域別分析 ・失禁用装置の開発動向:規制Path別分析 ・失禁用装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別失禁用装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・失禁用装置の最近動向
  • アメリカのデータセンタ用UPS(無停電電源装置)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのデータセンタ用UPS(無停電電源装置)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのデータセンタ用UPS(無停電電源装置)市場規模及び予測、トポロジー別分析、UPS位置別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 後天性(自己免疫性)溶血性貧血:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、後天性(自己免疫性)溶血性貧血治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血のフェーズ3治験薬の状況 ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血治療薬の市場規模(販売予測) ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・後天性(自己免疫性)溶血性貧血のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の後天性(自己免疫性)溶血性貧血治療薬剤
  • ホームセキュリティソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ホームセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホームセキュリティソリューション市場規模、住宅タイプ別(集合住宅、戸建て住宅、コンドミニアム)分析、製品別(警報器、カメラ、消火スプリンクラー・消火器、センサー、非常ボタン、電子ロック)分析、ソリューション別(防火装置、アクセス制御・管理ソリューション、統合セキュリティソリューション、侵入者警告ソリューション、ビデオ監視ソリューション、インターホン装置、医療警報システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:住宅タイプ別(集合住宅、戸建て住宅、コンドミニアム) ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:製品別(警報器、カメラ、消火スプリンクラー・消火器、センサー、非常ボタン、 …
  • 健康・ウェルネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、健康・ウェルネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、健康・ウェルネス市場規模、製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・健康・ウェルネスの世界市場概要 ・健康・ウェルネスの世界市場環境 ・健康・ウェルネスの世界市場動向 ・健康・ウェルネスの世界市場規模 ・健康・ウェルネスの世界市場:業界構造分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:製品別(健康食品、ウェルネスツーリズム、美容・パーソナルケア製品、予防医療・個別医療、フィットネス用品) ・健康・ウェルネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・健康・ウェルネスのアメリカ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・健康・ウェルネスのアジア市場規模・予測 ・健康・ウェルネスの主要国分析 ・健康・ウェルネスの世界市場:意思決定フレームワーク ・健康・ウェ …
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の小関節処置動向(~2021)
  • 凍結治療の世界市場2019-2023
    凍結療法は寒冷療法であり、神経因性疼痛を取り除くために身体の局所に凍結温度を使用し、痛みの治療を行います。 異常皮膚細胞の治療のため、皮膚科での使用も増えてきています。。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、冷凍療法の世界市場が8.45%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Brymill Cryogenic Systems、CryoConcepts、Impact Cryotherapy、Medtronic、Metrum Cryoflex、Zimmer Medizinsystemeなどです。 当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結治療市場規模、製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ)分析、用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結治療の世界市場概要 ・凍結治療の世 …
  • 心不整脈治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、心不整脈治療法の世界市場について調べ、心不整脈治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心不整脈治療法の市場規模をセグメンテーション別(用途別(オーラル、静脈内)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は心不整脈治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心不整脈治療法の市場状況 ・心不整脈治療法の市場規模 ・心不整脈治療法の市場予測 ・心不整脈治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(オーラル、静脈内) ・心不整脈治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストの概要 ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ムスカリン性アセチルコリン受容体M4アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • TCMS(列車制御・管理システム)の世界市場予測(~2021年):車両制御ユニット、モバイル通信ゲートウェイ、HMI
    当調査レポートでは、TCMS(列車制御・管理システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成要素別分析、列車種類別分析、ソリューション別分析、地域別分析、TCMS(列車制御・管理システム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マンモグラフィの世界市場
    当調査レポートでは、マンモグラフィの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マンモグラフィの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ミネラル化粧品の世界市場:メイクアップ、スキンケア、ヘアケア
    当調査レポートでは、ミネラル化粧品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミネラル化粧品市場規模、製品別(メイクアップ、スキンケア、ヘアケア)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Glo Skin Beauty, L’Oréal, Mineralissima mineral makeup , REVLON, Shiseidoなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミネラル化粧品の世界市場概要 ・ミネラル化粧品の世界市場環境 ・ミネラル化粧品の世界市場動向 ・ミネラル化粧品の世界市場規模 ・ミネラル化粧品の世界市場:業界構造分析 ・ミネラル化粧品の世界市場:製品別(メイクアップ、スキンケア、ヘアケア) ・ミネラル化粧品の世界市場:エンドユーザー別 ・ミネラル化粧品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミネラル化粧品の北米市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のアジア太平洋 …
  • コーンミールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コーンミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コーンミールの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • RFデュプレクサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFデュプレクサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFデュプレクサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • FK506結合剤タンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるFK506結合剤タンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・FK506結合剤タンパク質阻害剤の概要 ・FK506結合剤タンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のFK506結合剤タンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・FK506結合剤タンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・FK506結合剤タンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • シャンプーの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • ギリシャのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の概要 ・人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia (VAP))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • 水虫(足白癬)(Athlete’s Foot (Tinea Pedis)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis))のフェーズ3治験薬の状況 ・水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis))治療薬の市場規模(販売予測) ・水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の水虫(足白癬)(Athlete's Foot (Tinea Pedis))治療薬剤
  • ラボ用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラボ用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリン酸トリフェニル(TPP)市場2015
    本調査レポートでは、世界のリン酸トリフェニル(TPP)市場2015について調査・分析し、リン酸トリフェニル(TPP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オンハイウェイ車用照明の世界市場:車両タイプ別(バス、オートバイ、小型トラック、中型トラック、大型トラック、乗用車)、用途別(内装照明、ヘッドライト)、製品タイプ別(レーザー、ハロゲン、白熱電球、高輝度放電(HID)、LED)、地域別予測
    本資料は、オンハイウェイ車用照明の世界市場について調べ、オンハイウェイ車用照明の世界規模、市場動向、市場環境、車両タイプ別(バス、オートバイ、小型トラック、中型トラック、大型トラック、乗用車)分析、用途別(内装照明、ヘッドライト)分析、製品タイプ別(レーザー、ハロゲン、白熱電球、高輝度放電(HID)、LED)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オンハイウェイ車用照明の世界市場概要 ・オンハイウェイ車用照明の世界市場環境 ・オンハイウェイ車用照明の世界市場動向 ・オンハイウェイ車用照明の世界市場規模 ・オンハイウェイ車用照明の世界市場規模:車両タイプ別(バス、オートバイ、小型トラック、中型トラック、大型トラック、乗用車) ・オンハイウェイ車用照明の世界市場規模:用途別(内装照明、ヘッドライト) ・オンハイウェイ車用照明の世界市場規模:製品タイプ別(レーザー、ハロゲン、白熱電球、高輝度放電(HID)、LED) ・オンハイウェイ車用照明の世界市場 …
  • 体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別、地域別
    本レポートは、体外膜酸素化装置の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • Androgenアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAndrogenアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Androgenアゴニスト(作動薬)の概要 ・Androgenアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAndrogenアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Androgenアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Androgenアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のモバイルスキャナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモバイルスキャナー市場2015について調査・分析し、モバイルスキャナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別(デンプンベース、PLA、PHA、PBAT、PBS)、最終用途別(包装、消費財、農業)、セグメント予測
    生分解性プラスチックの世界市場は2025年には67億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、従来のプラスチックの使用を禁止するという法律と、プラスチック廃棄物の悪影響に対する一般市民の意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、生分解性プラスチックの世界市場動向、生分解性プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別生分解性プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用酵素市場規模、形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他)分析、タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他)分析、供給源別(動物由来酵素、植物由来酵素、微生物、真菌、細菌)分析、ブランド別(Ha-Lactase、Veron Xtender、Novozymes Novamyl、Powerflex、Rapidase、Brewers Compass、Maxilact、Novozymes Gluzyme、Brewers Clarex)分析、用途別(菓子、加工食品、飲料、ベーカリー製品、乳製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用酵素の世界市場:形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他) ・ 食品用酵素の世界市場:タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他) …
  • ペーパーエッジプロテクターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ペーパーエッジプロテクターの世界市場について調べ、ペーパーエッジプロテクターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ペーパーエッジプロテクターの市場規模をセグメンテーション別(製品別(角度、円形)、エンドユーズ産業別、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はペーパーエッジプロテクターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ペーパーエッジプロテクターの市場状況 ・ペーパーエッジプロテクターの市場規模 ・ペーパーエッジプロテクターの市場予測 ・ペーパーエッジプロテクターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(角度、円形) ・市場セグメンテーション:エンドユーズ産業別 ・ペーパーエッジプロテクターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 …
  • 世界の衣類乾燥機市場2015
    本調査レポートでは、世界の衣類乾燥機市場2015について調査・分析し、衣類乾燥機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)のフェーズ3治験薬の状況 ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬の市場規模(販売予測) ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬剤
  • AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤の概要 ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のAMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMP活性タンパク質キナーゼ(AMPK)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 手動モータースタータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動モータースタータの世界市場について調査・分析し、手動モータースタータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動モータースタータシェア、市場規模推移、市場規模予測、手動モータースタータ種類別分析(DC型、AC型)、手動モータースタータ用途別分析(石油・ガス、水・排水処理、工業生産、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動モータースタータの市場概観 ・手動モータースタータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動モータースタータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動モータースタータの世界市場規模 ・手動モータースタータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動モータースタータのアメリカ市場規模推移 ・手動モータースタータのカナダ市場規模推移 ・手動モータースタータのメキシコ市場規模推移 ・手動モータースタータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動モータースタータのドイツ市場規模推移 ・手 …
  • ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査市場規模、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場概要 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場環境 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場動向 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場規模 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場:業界構造分析 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査の北米市場規模・予測 ・ポイントオブケア(POC)RSウイルス検査のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ …
  • ブラジルの速達サービス市場
    当調査レポートでは、ブラジルの速達サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブラジルの速達サービス市場規模及び予測、サービス別分析、顧客別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスーパーキャパシタバッテリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のスーパーキャパシタバッテリー市場2015について調査・分析し、スーパーキャパシタバッテリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のねじロッドクランプ市場2019
    本調査レポートでは、世界のねじロッドクランプ市場2019について調査・分析し、ねじロッドクランプの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ねじロッドクランプのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ねじロッドクランプメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ねじロッドクランプの市場概要 ・ねじロッドクランプの上流・下流市場分析 ・ねじロッドクランプのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ねじロッドクランプのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ねじロッドクランプのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ねじロッドクランプのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ねじロッドクランプの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ねじロッドクランプの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ねじロッドクランプの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 多形膠芽細胞腫治療(GBM)の世界市場
    当調査レポートでは、多形膠芽細胞腫治療 (GBM) の世界市場について調査・分析し、多形膠芽細胞腫治療 (GBM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ノルウェーの末梢血管用装置市場見通し
  • 韓国の末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 世界のサロン・スタイリングチェア市場2015
    本調査レポートでは、世界のサロン・スタイリングチェア市場2015について調査・分析し、サロン・スタイリングチェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用フェムト秒レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品物流の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医薬品物流の世界市場について調査・分析し、医薬品物流の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医薬品物流シェア、市場規模推移、市場規模予測、医薬品物流種類別分析()、医薬品物流用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医薬品物流の市場概観 ・医薬品物流のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医薬品物流のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医薬品物流の世界市場規模 ・医薬品物流の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医薬品物流のアメリカ市場規模推移 ・医薬品物流のカナダ市場規模推移 ・医薬品物流のメキシコ市場規模推移 ・医薬品物流のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医薬品物流のドイツ市場規模推移 ・医薬品物流のイギリス市場規模推移 ・医薬品物流のロシア市場規模推移 ・医薬品物流のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・医薬品物流の日本市場規模推移 ・医薬品物流の中国市場規模推移 ・医薬品物 …
  • カーボンブラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カーボンブラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カーボンブラック市場規模、用途別(タイヤ、タイヤ以外)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カーボンブラックの世界市場概要 ・カーボンブラックの世界市場環境 ・カーボンブラックの世界市場動向 ・カーボンブラックの世界市場規模 ・カーボンブラックの世界市場:業界構造分析 ・カーボンブラックの世界市場:用途別(タイヤ、タイヤ以外) ・カーボンブラックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・カーボンブラックのアメリカ市場規模・予測 ・カーボンブラックのヨーロッパ市場規模・予測 ・カーボンブラックのアジア市場規模・予測 ・カーボンブラックの主要国分析 ・カーボンブラックの世界市場:意思決定フレームワーク ・カーボンブラックの世界市場:成長要因、課題 ・カーボンブラックの世界市場:競争環境 ・カーボンブラックの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場:機体別(ナローボディ、ワイドボディ、リージョナルジェット)、取り付け別(レトロフィット、ラインフィット)、ハードウェア別、技術別、地域別予測
    本資料は、ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場について調べ、ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界規模、市場動向、市場環境、機体別(ナローボディ、ワイドボディ、リージョナルジェット)分析、取り付け別(レトロフィット、ラインフィット)分析、ハードウェア別分析、技術別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場概要 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場環境 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場動向 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場規模 ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場規模:機体別(ナローボディ、ワイドボディ、リージョナルジェット) ・ワイヤレス機内エンターテイメント(W-IFE)の世界市場規模:取り付け別(レトロフィット、ラインフィット) ・ワイヤレス機内エンターテイメ …
  • オーストラリアの装具市場動向(~2021)
  • 幹細胞のアジア太平洋市場
  • イノシン5′-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるイノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤の概要 ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のイノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・イノシン5'-一リン酸塩デヒドロゲナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーストラリアの小関節処置動向(~2021)
  • インフュージョンポンプの世界市場:大容量輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸栄養注入ポンプ、インスリンポンプ、携行式輸液ポンプ、PCAポンプ
    当調査レポートでは、インフュージョンポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科インプラント・歯科補綴の世界市場予測(~2021年):インプラント、クラウン、ブリッジ、義歯、アバットメント、ベニア、インレー、アンレー
    当調査レポートでは、歯科インプラント・歯科補綴の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、歯科インプラント・歯科補綴の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"