"世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS 7501)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increased transparency and traceability of business operations is one of the major factors driving the aviation blockchain market growth.
The aviation blockchain market is projected to grow from USD 421 million in 2019 to USD 1,394 million by 2025, at a CAGR of 22.1% during the forecast period. The aviation blockchain market is growing at a significant pace during the forecast period. Blockchain enables stakeholders of the aviation industry to share a decentralized digital ledger which stores flight data and supply chain data of airlines. It also facilitates smoother and efficient operations that lead to cost savings. Improved passenger experience, increased transparency and traceability of operations, and reduced maintenance cost and transactional complexities are some of the factors driving this market.

By end market, the airports segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.
By end market, the airports segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. As per CAPA Centre for Aviation in 2017, around USD 1 trillion was invested across the globe for greenfield and brownfield airport projects. With the passenger traffic and number of inbound and outbound flights growing, airports are focusing on digitalizing and automating processes to increase the efficiency and pace of their operations. For example, airports are adopting blockchain in cargo & baggage tracking, passenger identity management, and smart contract applications.

As the passenger footfall is expected to increase, airports must find innovative business models to lower their operational costs and generate new revenue streams. By leveraging technologies such as blockchain, IoT, and AI, airports can enhance their efficiency specifically in the area of baggage handling and passenger handling.

By application, the smart contract segment is expected to account for the largest share of the aviation blockchain market during the forecast period.
The smart contract segment is expected to account for the largest share of the aviation blockchain market during the forecast period. Smart contracts can facilitate automated payment on completion of the task. A smart contract can be programmed using a computer algorithm that receives real-time information. This information can be verified and stored in the blockchain. Smart contracts can be used in ticketing, aircraft refueling, and leasing and supply chain management.

The aviation blockchain market in North America is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.
North America is among the major contributors to the aviation blockchain market. The US is expected to lead the market in North America during the forecast period. North America is the most advanced region in terms of technology adoption and infrastructure. The presence of key market players and major airports are the main factors driving the growth of the aviation blockchain market in North America.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation & technology directors, and executives from various key organizations operating in the aviation blockchain market.
By Company Type: Tier 1: 40%, Tier 2: 50%, and Tier 3: 10%
By Designation: C-level Executives: 20%, Directors: 20%, and Others 60%
By Region: North America: 30%, Europe: 10%, Asia Pacific: 50%, and RoW: 10%

Microsoft Corporation (US), IBM (US), Zamna Technologies (UK), Aeron Labs (Belize), Winding Tree (Switzerland), Volantio Inc (US), Filament (US), Infosys (India), Insolar Technologies (Switzerland), LeewayHertz Technologies (US), and Moog Inc. (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the aviation blockchain market in the industry, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the aviation blockchain market and aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as end market, function, application, deployment, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will provide market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall aviation blockchain market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 USD Exchange Rates, 2016–2018
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.4 Segment Definitions
2.1.4.1 Aviation Blockchain Market, By Application
2.1.4.2 Market, By End Market
2.1.4.3 Market, By Deployment
2.1.4.4 Market, By Function
2.1.4.5 Market, By Vertical
2.2 Research Approach and Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Aviation Blockchain Market
2.2.1.2 Market, By End Market
2.2.1.3 Market, By Application
2.2.1.4 Total Aviation Blockchain Market, By Country
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Market, By Function and Deployment
2.3 Data Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Secondary
2.3.2 Triangulation Through Primaries
2.4 Research Limitations
2.5 Research Assumptions
2.6 Risks
3 Executive Summary (Page No. – 36)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in Aviation Blockchain Market
4.2 Market, By Application
4.3 Market, By End Market
4.4 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increased Transparency and Traceability
5.2.1.2 Multivariate Applications of Blockchain
5.2.1.3 Reduced Costs and Transactional Complexities
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Regulations and Common Standards
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Blockchain With Other Upcoming Aviation Technologies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Blockchain Technology in Its Nascent Stage
5.2.4.2 Slow Integration and Reluctance Toward Change in the Aviation Industry
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Technology Trends
6.2.1 Blockchain in Internet of Things (IoT)
6.2.1.1 Blockchain of Things
6.2.2 Blockchain in Artificial Intelligence (AI)
6.2.2.1 Autonomous Blockchain
6.3 Industry Activities and Projects
6.3.1 Blockchain Challenges and Research Projects
6.3.1.1 Aviation Blockchain Challenge
6.3.1.2 Aviation Blockchain Sandbox
6.4 Consortiums & Alliances
6.4.1 Collaborations to Promote the Adoption of Blockchain in Aviation
6.4.1.1 Enterprise Ethereum Alliance (EEA)
6.4.1.2 Hyperledger Consortium
6.5 Use Cases
6.5.1 Ge Aviation Formed Partnership With Microsoft Azure to Develop Blockchain Based Solution to Streamline Tracking of Aircraft Parts and Reduce Inefficiencies
6.5.2 Air France Klm Partnered With Winding Tree to Develop Blockchain-Based Solution to Offer Attractive Travel to Customers
6.5.3 Accenture in Collaboration With Thales Developed Blockchain Prototype Supply Chain Activities for Aerospace & Defense Industry
6.5.4 Sita Collaborated With British Airways and International Airports to Explore Smart Contracts in Aviation Industry
6.5.5 Singapore Airlines is Using Blockchain to Help Passengers Maximize Their Loyalty Points and Enhance Customer Experience
6.5.6 Volantio is Helping Airlines and Passengers Overcome Overbooking Challenge Using Blockchain Technology
6.5.7 Air New Zealand Partnered With Winding Tree to Leverage Blockchain to Streamline Operations
6.5.8 Russian Airline S7 is Using Blockchain-Based Platform to Sell Tickets
6.5.9 Moog is Using Blockchain-Based Solution for 3D Printing of Aircraft Parts
6.5.10 Fizzy is A Smart Contract for Travel Insurance
7 Aviation Blockchain Market, By End Market (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Airlines
7.2.1 Airlines Can Incorporate Blockchain in Cargo & Baggage Tracking and Smart Contracts Applications
7.3 Mro
7.3.1 Blockchain in Mro is Used for Smart Contracts, Supply Chain Management, and Aircraft Maintenance
7.4 Airports
7.4.1 Airports are Adopting Blockchain in Smart Cargo & Baggage Tracking, Passenger Identity Management, and Smart Contracts
7.5 Manufacturers
7.5.1 Aircraft Manufacturers are Adopting Blockchain Technology to Increase Operational Efficiency
7.6 Lessors
7.6.1 Lessors Use Smart Contracts for Supply Chain Management Applications
8 Aviation Blockchain Market, By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Cargo & Baggage Tracking
8.2.1 Blockchain Can Help in Tracking the Status and Location of Valuable Assets Such as Passenger Bags and Cargo
8.3 Passenger Identity Management
8.3.1 Passenger Biometrics, Personal Details, and Travel History Can Be Stored in Blockchain
8.4 Flight & Crew Data Management
8.4.1 Blockchain Solution Provides Real-Time Flight Information to All Stakeholders
8.5 Frequent Flyer Programs
8.5.1 Reconciliation of Frequent Flyer Points is Done By Tokenizing Miles Flown Into A Digital Currency Using Blockchain
8.6 Smart Contracts
8.6.1 Smart Contracts Help Streamline Procurement Processes
8.6.2 Travel Insurance
8.6.2.1 Smart Contracts Can Track Insurance Claims
8.6.3 E-Ticketing & Ticket Tokenization
8.6.3.1 E-Ticketing & Tokenization Replaces the Need for Paper Tickets
8.6.4 Aircraft Refueling
8.6.4.1 Use of Smart Contracts for Aircraft Refueling Can Automate the Payment Process Eliminating Delays
8.6.5 Airline Revenue Sharing
8.6.5.1 Blockchain Presents an Opportunity to Create A Unified System That Uses Predetermined Criteria to Share Revenue
8.6.6 Leasing
8.6.6.1 Entire History of an Aircraft Can Be Traced and Tracked Using Blockchain
8.7 Supply Chain Management
8.7.1 Blockchain Technology is A Viable Option to Streamline the Procurement Process Through the Use of Smart Contracts
8.7.2 Parts Tracking
8.7.2.1 Blockchain-Based Supply Chain Solutions Could Efficiently Track and Trace the Movement, Modification, and Maintenance of Components
8.7.3 Parts Health Monitoring
8.7.3.1 Parts Health Monitoring Enable Users to Accurately Trace the Components Journey From the Beginning
8.7.4 Inventory Management
8.7.4.1 Procurement Strategy Can Be Formulated By Analyzing Historical Data and Real-Time Health Conditions Using Blockchain
8.8 Aircraft Maintenance
8.8.1 Blockchain Can Be Used to Track the Fitness of Individual Parts of Aircraft By Monitoring Data
9 Aviation Blockchain Market, By Deployment (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Public
9.2.1 Aviation-Based Applications of Public Blockchain Include Tokenization and Cryptocurrency
9.3 Private
9.3.1 Private Blockchain is Primarily Deployed for Record-Keeping and Secured Applications
9.4 Hybrid
9.4.1 Hybrid Blockchain is A Combination of Public and Private Blockchains
10 Aviation Blockchain Market, By Function (Page No. – 71)
10.1 Introduction
10.2 Record-Keeping
10.2.1 Components Details Such as Manufacturing Date, Repairs, Ownership, and Maintenance Can Be Stored on Blockchain, Thus Enabling Tracking the History of Components
10.3 Transactions
10.3.1 Blockchain Can Facilitate A Range of Transactions, Including Billing Among Airlines, Between Travel Agents and Airlines, Determining Loyalty Points Settlements and Travel Insurance
11 Aviation Blockchain Market, By Vertical (Page No. – 75)
11.1 Introduction
11.2 Civil & Commercial
11.3 Military
11.3.1 Location and Availability of Parts
11.3.1.1 Authenticity of Parts and Supply
11.3.1.2 Smart Contracts and Payments
12 Regional Analysis (Page No. – 77)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Presence of Major Manufacturers and Blockchain Providers Such as IBM, Microsoft, and Volantio is Driving the Market for Aviation Blockchain in the US
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Adoption of the Blockchain in Healthcare, Media and Entertainment, Government Bodies, and Manufacturing Verticals is Fueling the Market in Canada
12.3 Europe
12.3.1 France
12.3.1.1 Partnerships and Collaborations Between Aircraft Manufacturers and Tech Companies is A Major Factor Fueling the Market for Aviation Blockchain in France
12.3.2 UK
12.3.2.1 Increasing Adoption of Blockchain Technology to Replace Paper Documents in Airports is A Significant Driver of the Market in the UK
12.3.3 Germany
12.3.3.1 Government Support is One of the Major Factors Fueling the Market in Germany
12.3.4 Russia
12.3.4.1 Successful Execution of Pilot Blockchain Projects By Leading Airlines in Partnership With the Banking Sector is Driving the Aviation Blockchain Market in Russia
12.3.5 Rest of Europe
12.3.5.1 Increasing Government Initiatives Toward Adoption of Blockchain are Driving the Market for Aviation Blockchain in Rest of Europe
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.1.1 Airlines and Airports in China are Embracing Blockchain Technology to Provide Self-Service Experience to Passengers
12.4.2 India
12.4.2.1 Presence of Blockchain Providers Such as Infosys and Volantio is Driving the Market for Aviation Blockchain in India
12.4.3 Singapore
12.4.3.1 Singapore Airline Introduced Blockchain-Based Solutions for Frequent Flyer Program
12.4.4 Australia
12.4.4.1 Partnerships Between Airlines and Tech Companies to Identify New Revenue Streams Leveraging Blockchain are Driving the Market
12.4.5 Rest of Asia Pacific
12.4.5.1 Increase in Number of Greenfield Airports in Developing Countries is Driving the Market
12.5 Rest of the World
12.5.1 Latin America
12.5.1.1 Presence of Manufacturers Such as Embraer and A Large Number of Airports is Driving the Market for Aviation Blockchain in Latin America
12.5.2 Middle East
12.5.2.1 Airlines and Airports are Adopting Blockchain Technology to Enhance Customer Experience
12.5.3 Africa
12.5.3.1 Most of the Aviation Blockchain Projects in Africa are in the R&D Stage
13 Competitive Landscape (Page No. – 114)
13.1 Introduction
13.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
13.2.1 Visionary Leaders
13.2.2 Innovators
13.2.3 Dynamic Differentiators
13.2.4 Emerging Companies
13.3 Competitive Scenario
13.3.1 Agreements
13.3.2 New Product Launches
13.3.3 Collaborations & Partnerships
13.3.4 Other Strategies
14 Company Profiles (Page No. – 125)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.1 14bis Supply Tracking (Safeflights Inc.)
14.2 Aeron Labs
14.3 Avinoc LTD
14.4 Credits.Com Pte. LTD.
14.5 Filament
14.6 IBM
14.7 Infosys
14.8 Insolar Technologies
14.9 Leewayhertz Technologies
14.10 Microsoft Corporation
14.11 Moog Inc.
14.12 Olistics
14.13 Parts Pedigree
14.14 Quillhash Technologies Pvt. LTD.
14.15 Skybuys
14.16 Sorablocks
14.17 Sweetbridge, Inc.
14.18 Volantio Inc
14.19 Winding Tree
14.20 Zamna Technologies Limited
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 160)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS 7501
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フッ素系界面活性剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、フッ素系界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フッ素系界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のTOCアナライザー市場:種類別、地域別
    本調査レポートはTOCアナライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(実験室、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・TOCアナライザーの世界市場:種類別(実験室、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)のフェーズ3治験薬の状況 ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)治療薬の市場規模(販売予測) ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の糖尿病性腎障害(Diabetic Nephropathy)治療薬剤
  • 押出プラスチックの世界市場予測(~2026):種類別(高圧法低密度ポリエチレン(LDPE)、中低圧法高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル(PVC))、エンドユーザー別(梱包材、建築物、自動車、一般消費財、電気・電子)、地域別
    当調査レポートでは、押出プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、押出プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)の概要 ・髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎菌感染症(Neisseria Meningitidis Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • フライアッシュの世界市場2017-2021:ポートランドセメント、農業、道路建設、耐火れんが、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライアッシュの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoral、CEMEX、LafargeHolcim、SCB International、Titan America等です。
  • 船舶用潤滑油の世界市場
    当調査レポートでは、船舶用潤滑油の世界市場について調査・分析し、船舶用潤滑油の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ペルーの市場見通し(~2021年)
  • 聴診器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、聴診器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、聴診器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は聴診器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M• American Diagnostic Corporation• GF Health Products• Medline Industries• Rudolf Riester (a subsidiary of Halma)等です。
  • インドの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スマートホームの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、スマートホームの世界市場について調査・分析し、スマートホームの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 多血小板血漿の世界市場
    当調査レポートでは、多血小板血漿の世界市場について調査・分析し、多血小板血漿の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ブレーキ装置の世界市場予測(~2021年):ディスクブレーキ、ドラムブレーキ、電子制御ブレーキシステム
    当調査レポートでは、ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酢酸カリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸カリウム市場2016について調査・分析し、酢酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の蓄熱装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の蓄熱装置市場2015について調査・分析し、蓄熱装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポイントオブケア診断の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ポイントオブケア診断の世界市場規模が2019年285億ドルから2024年467億ドルまで年平均10.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ポイントオブケア診断の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(グルコースモニタリング製品、心臓代謝モニタリング製品、感染症検査製品、凝固モニタリング製品、妊娠および妊娠検査製品、腫瘍/がんマーカー検査製品、尿検査製品、コレステロール検査製品、血液検査製品、薬物乱用検査製品、 便潜血検査製品、その他のPOC製品)分析、プラットフォーム別(ラテラルフローアッセイ、ディップスティック、マイクロフルイディクス、分子診断、免疫アッセイ)分析、購入方法別(処方ベース製品、OTC製品)分析、エンドユーザー別(専門診断センター、病院/クリティカルケアセンター、在宅ケア施設、研究所、その他のエンドユーザー)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市 …
  • 半導体実装・試験サービスの世界市場2017-2021:実装サービス・試験サービス
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、半導体実装・試験サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体実装・試験サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は半導体実装・試験サービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Amkor Technology、ASE Group、Jiangsu Changjiang Electronics Technology (JCET)、Powertech Technology、Siliconware Precision Industries (SPIL)等です。
  • 認知評価・トレーニングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、認知評価・トレーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、評価種類別分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、認知評価・トレーニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高カルシウム血症治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高カルシウム血症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高カルシウム血症治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊食品成分の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊食品成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊食品成分市場規模、用途別(甘味・塩味スナック、ソース・ドレッシング・調味料、菓子、乾燥加工食品、乳製品、冷凍/冷蔵加工食品、飲料、ベーカリー製品、インスタント食品、肉製品、機能性食品、栄養補助食品、その他)分析、製品別(酵母、テクスチャラント、甘味料、高強度甘味料、膨脹剤、特殊デンプン、特殊油、タンパク質、食品防腐剤、フレーバー、乳化剤/安定剤、脂肪代替物・安定剤、培養菌.、色素、酸性化剤、酵素、栄養食品成分)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊食品成分の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊食品成分の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊食品成分の世界市場:用途別(甘味・塩味スナック、ソース・ドレッシング・調味料、菓子、乾燥加工食品、乳製品、冷凍/冷蔵加工食品、飲料、ベーカリー製品、インスタント食品、肉製品、機能性食品、栄養補助食品、その他) ・ 特殊食品成分の世界 …
  • ロシアの滅菌器市場見通し(~2021)
  • ティーバッグ自動包装装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ティーバッグ自動包装装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ティーバッグ自動包装装置市場規模、包装形状別(三角形(ピラミッド型、円形、その他)分析、包装原材料別(ナイロン、シルク、紙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:市場動向分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:競争要因分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:包装形状別(三角形(ピラミッド型、円形、その他) ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:包装原材料別(ナイロン、シルク、紙、その他) ・ ティーバッグ自動包装装置の世界市場:主要地域別分析 ・ ティーバッグ自動包装装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ティーバッグ自動包装装置のヨーロッパ市場規模 ・ ティーバッグ自動包装装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ティーバッグ自動包装装置の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業 …
  • ブチルアセテート(BAC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブチルアセテート(BAC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブチルアセテート(BAC)市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Thermo Fisher Scientific, Yip’s Chemical Holdings, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場概要 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場環境 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場動向 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場規模 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:業界構造分析 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、その他) ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:地 …
  • 中国の太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 水・廃水処理設備の世界市場分析:製品別(膜分離、消毒、スラッジ)、技術別(一次治療、二次治療、三次治療)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、水・廃水処理設備の世界市場について調査・分析し、水・廃水処理設備の世界市場動向、水・廃水処理設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別水・廃水処理設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場分析:用途別(EOR、産業、農業)、捕集技術別(燃焼前、産業用、酸素燃焼、燃焼後)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場動向、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化炭素貯留(CCS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 発泡ポリプロピレンフォーム(EPPフォーム)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、発泡ポリプロピレンフォーム(EPPフォーム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、発泡ポリプロピレンフォーム(EPPフォーム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 表面実装(SMT)配置装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、表面実装(SMT)配置装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、表面実装(SMT)配置装置の世界市場規模及び予測、エンドユーザー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タイのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • スクリュー圧縮機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スクリュー圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スクリュー圧縮機の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • 使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)、フォーム別(粉末、非粉末)、用途別(検査、手術)
    本資料は、使い捨て医療用手袋の世界市場について調べ、使い捨て医療用手袋の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)分析、用途別(検査、手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・使い捨て医療用手袋の世界市場概要 ・使い捨て医療用手袋の世界市場環境 ・使い捨て医療用手袋の世界市場動向 ・使い捨て医療用手袋の世界市場規模 ・使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:フォーム別(粉末、非粉末) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:用途別(検査、手術) ・使い捨て医療用手袋の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨て医療用手袋の北米市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のアメリカ市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のヨーロッパ市場規模・予測 ・使い捨て医療用手袋のア …
  • オートメーション産業用モニターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートメーション産業用モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートメーション産業用モニターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、画面サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、自動車用バッテリーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・車種別市場分類 ・地域別分類 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 無人水上艇(USV)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、無人水上艇(USV)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無人水上艇(USV)市場規模、エンドユーザー別(防衛、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ASV Global, thyssenkrupp (Atlas Elektronik), Group Gorge (ECA Group), Boeing (Liquid Robotics), Elbit Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無人水上艇(USV)の世界市場概要 ・無人水上艇(USV)の世界市場環境 ・無人水上艇(USV)の世界市場動向 ・無人水上艇(USV)の世界市場規模 ・無人水上艇(USV)の世界市場:業界構造分析 ・無人水上艇(USV)の世界市場:エンドユーザー別(防衛、商業) ・無人水上艇(USV)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無人水上艇(USV)の北米市場規模・予測 ・無人水上艇(USV)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • ハイドロタービンの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ハイドロタービンの世界市場規模が2017年7502.5億ドルから2026年1兆1078.0億ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ハイドロタービンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイドロタービン市場規模、設置種類別(マイクロ水力発電所(5 kw – 100 kw)、大規模水力発電所(500 kw以上)、ピコハイドロプラント(0 kw – 5 kw)、ミニ水力発電所(100 kw – 500 kw))分析、構造別(多段、スパイラルケーシング)分析、ヘッド種類別(ハイヘッド(300 mから1500 m)、中型ヘッド(30 mから300 m)、ローヘッド(30 m未満))分析、種類別(反応タービン、インパルスタービン、重力、その他の種類)分析、用途別(灌漑、発電、水力発電所、海兵隊、電力貯蔵)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ハイドロタービンの世界市場:市場動向分析 …
  • ヨーロッパの医療EDI(電子データ交換)市場
  • 実験用遠心分離機の世界市場予測(~2023年):装置、付属品
    実験用遠心分離機の市場は、2018年の11億米ドルから2023年には12億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は2.8%と予測されています。主に技術の進歩、研究の増加、対象疾患の蔓延などの要因が、この市場の成長を促す重要な原動力となっています。しかしながら、(ローターの不適当な保守により引き起こされる)装置の機械的故障、および遠心分離機に含まれる有害化学物質の放出といった重大な課題に直面しているのも事実です。遠心分離機の寿命は長く、取り替え価値が低いことが、成長の妨げとなることも考えられます。当調査レポートでは、実験用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(装置、付属品)分析、モデル別(ベンチトップ型、床置型)分析、用途別(微生物学、プロテオミクス)分析、エンドユーザー別(病院)分析、実験用遠心分離機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 治療用伸縮性テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、治療用伸縮性テープの世界市場について調査・分析し、治療用伸縮性テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別治療用伸縮性テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、治療用伸縮性テープ種類別分析(ロール形状、カット済み形状)、治療用伸縮性テープ用途別分析(薬局、オンラインショップ、モール・スーパーマーケット、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・治療用伸縮性テープの市場概観 ・治療用伸縮性テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・治療用伸縮性テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・治療用伸縮性テープの世界市場規模 ・治療用伸縮性テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・治療用伸縮性テープのアメリカ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのカナダ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのメキシコ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・治療用伸縮性テープのドイツ市場規模推移 ・治療用 …
  • モバイル機器用ジェスチャ認識の世界市場
    当調査レポートでは、モバイル機器用ジェスチャ認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル機器用ジェスチャ認識の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器診断の世界市場予測: 肺機能検査、イメージング検査、機械的検査、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)診断検査、従来式診断検査、分子診断検査
    当調査レポートでは、呼吸器診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品・サービス別分析、試験種類別分析、需要先別分析、地域別分析、呼吸器診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気薬学/生体電気薬の世界市場:心臓ペースメーカー、人工内耳、脊髄刺激器、植込み型除細動器、脳深部刺激器
    当調査レポートでは、電気薬学/生体電気薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、デバイス種類別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場
    当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場:動物種類別分析/市場規模 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場:細菌種類別分析/市場規模 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)のアメリカ市場規模予測 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)のヨーロッパ市場規模予測 ・動物飼料用プロバイオティクス(腸内有益菌)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 手術室統合システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、手術室統合システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術室統合システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術室統合システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Stryker• Steris• Karl Storz• Olympus• Merivaara等です。
  • バングラデシュのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 藻類バイオ燃料の世界市場予測&動向分析:用途別(輸送、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)、国別、セグメント予測 2018-2025
    本調査レポートでは、藻類バイオ燃料の世界市場について調査・分析し、藻類バイオ燃料の世界市場動向、藻類バイオ燃料の世界市場規模、市場予測、セグメント別藻類バイオ燃料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アシネトバクター感染症(Acinetobacter Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアシネトバクター感染症(Acinetobacter Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アシネトバクター感染症(Acinetobacter Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アシネトバクター感染症(Acinetobacter Infections)の概要 ・アシネトバクター感染症(Acinetobacter Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアシネトバクター感染症(Acinetobacter Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アシネト …
  • アルゼンチンの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 実践管理システムの世界市場分析:製品別(統合型、スタンドアロン)、送達モード別(オンプレミス、Webベース、クラウドベース)、コンポーネント別、エンドユーザー別(医師オフィス、薬局、診断研究所)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、実践管理システムの世界市場について調査・分析し、実践管理システムの世界市場動向、実践管理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別実践管理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"