"世界のタッチプローブ市場:種類別(3D、2D、工具長測定、工具タッチオフ)、伝送別(光学、ラジオ、ハードワイヤード)、用途別(CNC機械加工、CNC旋削、その他)、提供別、産業別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7485)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のタッチプローブ市場:種類別(3D、2D、工具長測定、工具タッチオフ)、伝送別(光学、ラジオ、ハードワイヤード)、用途別(CNC機械加工、CNC旋削、その他)、提供別、産業別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Touch probe market to exhibit significant growth during 2020–2025”
The touch probe market is estimated to reach USD 736 million by 2025 from USD 606 million in 2020 at a CAGR of 4.0%. The growth of this market is attributed to robust features of touch probe aiding in measurement of 3D part geometries, rise in industry safety standards, and increasing automation in automotive manufacturing. However, factors such as increasing adoption of 3D laser scanners, need of skilled professionals for implementation, and operation of touch probe systems are restraining the market growth.

“Optical touch probe market to grow at highest CAGR during forecast period “
Touch probes with optical transmission aid in the operations of the machining center more efficiently, thereby reducing cycle times and the percentage of rejects. The compact design of optical transmission touch probe with robust build and resistance to ambient conditions aids its use in rugged manufacturing conditions in the automotive and aerospace industries. The optical transmission touch probe also aids in managing multiple touch probes with the use of single receiver, thus simplifying the machining design system. These factors influence end-users from manufacturing industries to adopt optical touch probes in their machining centers.

“CNC machining center application market to grow at highest CAGR during forecast period “
The CNC machining center comprises an automatic tool changer and a table that holds the workpiece in place. On the CNC machining center, the machine tool rotates, but the workpiece or the product remains at the same place. Machining processes such as milling, drilling, tapping, and boring, which have traditionally been done on conventional machine tools, can be done more efficiently with the help of CNC machining centers. The growth of this market is driven by the growing focus of manufacturers on investing in technologies to develop innovative, energy-efficient, and advanced CNC solutions for the end-users.

“APAC to be largest market for touch probe during forecast period”
APAC is expected to lead the touch probe market, in terms of size, from 2020 to 2025. China and South Korea are the major markets for touch probes. Countries in APAC such as China, Japan, and South Korea are home to major automotive manufacturers and suppliers. The demand for automated equipment such as CNC machining in the automotive industry is on the rise. Furthermore, the market of medical devices in the APAC region is in the growth stage. Established medical device providers, as well as new manufacturers in APAC, are constantly trying to innovate and reduce the cost of production. These factors are driving the demand for CNC machining centers in the APAC region and thus drive the market of touch probe in this region for the next few years.

Profile break-up of primary participants for the report is given below:
• By Company Type – Tier 1 = 40%, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 25%
• By Designation – C-Level = 48%, Director Level = 33%, and Manager Level = 19%
• By Region – North America = 35%, Europe = 18%, APAC = 40%, and RoW = 7%
Key players in the market include Renishaw (UK), Hexagon (Sweden), DR. Johannes Heidenhain (Germany), Blum-Novotest (Germany), Tormach (Australia), Metrol (Japan), Marposs (Italy), Carl Zeiss (Germany), P-Tech Industries (India), J&M Precision Products (US).
The global touch probe market is segmented into type, transmission, application, offering, industry, and geography. The market based on type is segmented into 3D touch probes, 2D spindle probes, tool-length measuring probes, and tool touch-off probes. Based on transmission, the touch probe market has been split into optical, radio, and hard-wired. Based on application, the touch probe market is segmented into CNC machining centers, CNC turning centers, and others. Based on offering, the touch probe market has been split into hardware and software. Industries that are included in the study of the touch probe market include automotive, aerospace & defense, electronics manufacturing, medical devices, oil & gas, and others. The touch probe market is segmented into 4 regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on type, transmission, application, offering, industry, and region have been conducted to give an overall view of the touch probe market.
• The value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the touch probe market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges pertaining to the touch probe market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のタッチプローブ市場:種類別(3D、2D、工具長測定、工具タッチオフ)、伝送別(光学、ラジオ、ハードワイヤード)、用途別(CNC機械加工、CNC旋削、その他)、提供別、産業別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.3 Inclusions and Exclusions
1.4 Study Scope
1.4.1 Markets Covered
1.4.2 Years Considered
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Arriving at Market Size Using Bottom-Up Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Touch Probe Market, 2020–2025 (USD Million)
4.2 Market, By Type
4.3 Market, By Transmission
4.4 Market, By Offering
4.5 Market, By Industry and Region
4.6 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Low-Cost 3D Scanning of Workpieces Offered By Touch Probes
5.2.1.2 Improved Industry Safety Standards Leading to Adoption of Touch Probes in Various Industries
5.2.1.3 Automation of Automotive Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Increased Adoption of 3D Laser Scanners
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rise in Demand for Cnc Machining Centers From Different Industries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Sluggish Growth of Global Oil & Gas Industry
5.2.4.2 High Costs Involved in Installation of Touch Probes and Requirement of Skilled Professionals to Operate Them
5.3 Value Chain Analysis
6 Touch Probe Market, By Type (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 3D Touch Probes
6.2.1 3D Touch Probes Segment Held the Largest Share of Market in 2019
6.3 2D Spindle Probes
6.3.1 Optical Transmission Segment of 2D Spindle Probes Market Projected to Grow at the Highest CAGR From 2020 to 2025
6.4 Tool-Length Measuring Probes
6.4.1 Hard-Wired Segment Held the Largest Share of Tool Length Measuring Probes Market in 2019
6.5 Tool Touch-Off Probes
6.5.1 Hardware Segment Expected to Hold A Larger Share of Tool Touch-Off Probes Market Than Software Segment From 2020 to 2025
7 Touch Probe Market, By Transmission (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Hard-Wired
7.2.1 Hard-Wired Segment Projected to Hold the Largest Size of Market From 2020 to 2025
7.3 Radio
7.3.1 3D Touch Probes Segment Projected to Hold Largest Size of Radio Transmission Touch Probe Market From 2020 to 2025
7.4 Optical
7.4.1 Optical Segment of Market Projected to Grow at the Highest CAGR From 2020 to 2025
8 Touch Probe Market, By Offering (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Hardware
8.2.1 Hardware Segment to Hold A Larger Size of Market Than Software Segment From 2020 to 2025
8.2.1.1 Styli
8.2.1.2 Measuring Units
8.2.1.3 Battery Compartments
8.2.1.4 Shanks
8.2.1.5 Signal Cables
8.2.1.6 Optical Machine Probes (OMPS)
8.3 Software
8.3.1 Software Segment of Market to Grow at A Higher CAGR Than Hardware Segment From 2020 to 2025
9 Applications of Touch Probes (Page No. – 75)
9.1 Introduction
9.2 Cnc Machining Centers
9.2.1 Preference for Cnc Machining Centers in Manufacturing Industry and Machine Shops for Developing Parts of Accurate Sizes and Shapes
9.2.1.1 Cnc Vertical Machining Centers
9.2.1.2 Cnc Horizontal Machining Centers
9.3 Cnc Turning Centers
9.3.1 Emergence of Cnc Turning Centers as Most Suitable Option for Large-Scale Production
9.4 Others
10 Axes Measurement in Touch Probes (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 3-Axis Touch Probes
10.2.1 3-Axis Touch Probes Segment Held A Larger Share of Market Than 5-Axis Touch Probes Segment in 2019
10.3 5-Axis Touch Probes
10.3.1 Increase in Use of 5-Axis Touch Probes for Highly Precise Evaluation of Workpieces
11 Measuring Technologies Used in Touch Probes (Page No. – 78)
11.1 Introduction
11.2 Optical Touch Probes
11.2.1 Optical Touch Probes Segment Held the Largest Share of Market in 2019
11.3 Kinematic Resistive Touch Probes
11.3.1 Emergence of Kinematic Resistive Touch Probes as the Simplest Touch Probes Used in Different Applications
11.4 Strain Gauge Touch Probes
11.4.1 Strain Gauge Touch Probes are More Complicated Than Resistive Touch Probes
12 Touch Probe Market, By Industry (Page No. – 80)
12.1 Introduction
12.2 Automotive
12.2.1 Automotive Segment Projected to Lead Market From 2020 to 2025
12.3 Aerospace & Defense
12.3.1 North America to Account for the Largest Size of Market for Aerospace & Defense From 2020 to 2025
12.4 Electronics Manufacturing
12.4.1 APAC to Hold the Largest Size of Market for Electronics Manufacturing From 2020 to 2025
12.5 Medical Devices
12.5.1 North America to Hold the Largest Size of Market for Medical Devices From 2020 to 2025
12.6 Oil & Gas
12.6.1 3D Touch Probes Segment Projected to Account for the Largest Size of Market for Oil & Gas From 2020 to 2025
12.7 Others
13 Geographic Analysis (Page No. – 103)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 US
13.2.1.1 US to Hold the Largest Size of Market in North America From 2020 to 2025
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Oil & Gas Industry of Canada Expected to Support Growth of Market in Country
13.2.3 Mexico
13.2.3.1 Low-Cost Manufacturing of Aircraft-Related Products in Mexico to Fuel Growth of Market in Country
13.3 Europe
13.3.1 Germany
13.3.1.1 Germany Projected to Account for the Largest Size of Market in Europe From 2020 to 2025
13.3.2 Italy
13.3.2.1 Increased Demand for Touch Probes From Automotive Industry to Fuel the Growth of Market in Italy
13.3.3 France
13.3.3.1 Rise in Demand for Touch Probes From Aerospace Industry of France Expected to Fuel Growth of Market in Country
13.3.4 UK
13.3.4.1 Flourished Manufacturing Sector of UK Projected to Contribute to Growth of Market in Country
13.3.5 Rest of Europe (RoE)
13.4 APAC
13.4.1 China
13.4.1.1 China to Hold the Largest Share of Market in APAC From 2020 to 2025
13.4.2 Japan
13.4.2.1 Rise in Demand for Touch Probes in Electronics Manufacturing Industry Projected to Fuel Growth of Market in Japan
13.4.3 South Korea
13.4.3.1 Flourished Automotive Industry of South Korea Leading to Growth of Market in Country
13.4.4 India
13.4.4.1 Touch Probe Market in India Projected to Grow at the Highest Rate From 2020 to 2025
13.4.5 Rest of APAC (RoAPAC)
13.5 RoW
13.5.1 South America
13.5.1.1 South America Projected to Hold the Largest Size of Market in RoW
13.5.2 Middle East
13.5.2.1 Flourished Oil & Gas Industry in Middle East to Fuel Growth of Market in Region From 2020 to 2025
13.5.3 Africa
13.5.3.1 Increased Number of Manufacturing Activities in Africa to Support Growth of Market in Region
14 Competitive Landscape (Page No. – 121)
14.1 Overview
14.2 Ranking of Players in Touch Probe Market
14.3 Competitive Leadership Mapping
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Dynamic Differentiators
14.3.3 Innovators
14.3.4 Emerging Companies
14.4 Competitive Situations & Trends
14.4.2 Expansions and Partnerships
14.4.3 Acquisitions
14.4.4 Contracts and Agreements
15 Company Profiles (Page No. – 129)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
15.1 Key Players
15.1.1 Blum-Novotest
15.1.2 Hexagon
15.1.3 Marposs
15.1.4 Metrol
15.1.5 Renishaw
15.1.6 Carl Zeiss
15.1.7 Dr. Johannes Heidenhain
15.1.8 J&M Precision Products
15.1.9 P-Tech Industries
15.1.10 Tormach
15.2 Right to Win
15.3 Other Key Players
15.3.1 Capture 3D
15.3.2 Centroid
15.3.3 DP Technology
15.3.4 DRO PROS
15.3.5 Haff & Schneider
15.3.6 Kriatec Services
15.3.7 Mahr
15.3.8 Micro-Vu
15.3.9 Quality Vision International
15.3.10 Vici & C
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 155)
16.1 Insights of Industry Experts
16.2 Discussion Guide
16.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.4 Available Customizations
16.5 Related Reports
16.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のタッチプローブ市場:種類別(3D、2D、工具長測定、工具タッチオフ)、伝送別(光学、ラジオ、ハードワイヤード)、用途別(CNC機械加工、CNC旋削、その他)、提供別、産業別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7485
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子製品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のタッチプローブ市場:種類別(3D、2D、工具長測定、工具タッチオフ)、伝送別(光学、ラジオ、ハードワイヤード)、用途別(CNC機械加工、CNC旋削、その他)、提供別、産業別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 急性腎不全(急性腎傷害):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性腎不全(急性腎傷害)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性腎不全(急性腎傷害)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性腎不全(急性腎傷害)の概要 ・急性腎不全(急性腎傷害)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性腎不全(急性腎傷害)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性腎不全(急性腎傷害)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・急性腎不全(急性腎傷害)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • ペット用おやつの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペット用おやつの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット用おやつの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工調理済み食品用機械の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、加工調理済み食品用機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、作動方式別分析、地域別分析、加工調理済み食品用機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞のアジア太平洋市場
  • 世界のメタクリル酸メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタクリル酸メチル市場2015について調査・分析し、メタクリル酸メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、生産・供給・販売動向、販売チャネル分析、主要メーカー分析、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血小板凝集デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血小板凝集デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血小板凝集デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 血小板凝集デバイスは、遺伝性または後天性出血性疾患の診断、そして、抗血小板療法の監視のため使用されます。血小板凝集デバイス市場には、血小板機能テストに使われるシステム、器具、試薬、付属品、消耗品が含まれています。Technavio社は血小板凝集デバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• F. Hoffmann-La Roche• Haemonetics• Helena Laboratories• Instrumentation Laboratory• Siemens Healthineers等です。
  • 車両用ターボチャージャーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、車両用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、車両用ターボチャージャーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は車両用ターボチャージャーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Honeywell International、BorgWarner、IHI、Cummins、Mitsubishi Heavy Industries等です。
  • 酸化プロピレンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、酸化プロピレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酸化プロピレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオランザピン市場2015
    本調査レポートでは、世界のオランザピン市場2015について調査・分析し、オランザピンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業漁業の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、商業漁業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業漁業市場規模、種別(サーモン、マグロ、すり身用の魚、エビ、頭足類、その他)分析、タイプ別(単線ラインでの流し釣り、大きなネット、ライン、ポール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 商業漁業の世界市場:市場動向分析 ・ 商業漁業の世界市場:競争要因分析 ・ 商業漁業の世界市場:種別(サーモン、マグロ、すり身用の魚、エビ、頭足類、その他) ・ 商業漁業の世界市場:タイプ別(単線ラインでの流し釣り、大きなネット、ライン、ポール、その他) ・ 商業漁業の世界市場:主要地域別分析 ・ 商業漁業の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 商業漁業のヨーロッパ市場規模 ・ 商業漁業のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・商業漁業の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 光ファイバ減衰器(アッテネータ)の世界市場予測2015-2021
  • 世界のモアコンディショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモアコンディショナー市場2015について調査・分析し、モアコンディショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エラストマーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エラストマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エラストマー市場規模、車両別(商用車、乗用車、その他)分析、種類別(熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー)分析、用途別(医療、接着剤、自動車、消費財、産業、家電製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エラストマーの世界市場:市場動向分析 ・ エラストマーの世界市場:競争要因分析 ・ エラストマーの世界市場:車両別(商用車、乗用車、その他) ・ エラストマーの世界市場:種類別(熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー) ・ エラストマーの世界市場:用途別(医療、接着剤、自動車、消費財、産業、家電製品、その他) ・ エラストマーの世界市場:主要地域別分析 ・ エラストマーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ エラストマーのヨーロッパ市場規模 ・ エラストマーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エラストマーの世界市場:主な市場開拓 …
  • 水性エポキシ樹脂の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、水性エポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、水性エポキシ樹脂の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 水性エポキシ樹脂の世界市場:市場動向分析 - 水性エポキシ樹脂の世界市場:競争要因分析 - 水性エポキシ樹脂の世界市場:エポキシ樹脂タイプ別 ・低分子量 ・高分子量 - 水性エポキシ樹脂の世界市場:アプリケーション別 ・複合材 ・コーティング ・接着剤 ・その他 - 水性エポキシ樹脂の世界市場:エンドユーザー別 ・家具産業 ・包装産業 ・自動車産業 ・建設業 ・テキスタイル産業 ・その他 - 水性エポキシ樹脂の世界市場:主要地域別分析 - 水性エポキシ樹脂の北米市場規模(アメリカ市場等) - 水性エポキシ樹脂のヨーロッパ市場規模 - 水性エポキシ樹脂のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水性エポキシ樹脂の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場2017-2023
    本調査レポートでは、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場について調査・分析し、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • イタリアの脊椎手術市場動向(~2021)
  • エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 交通分野における人工知能(AI)の世界市場予測(~2030年):ディープラーニング、コンピュータビジョン、コンテキストアウェアネス、NLP
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、交通分野における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機械学習別分析、用途別分析、プロセス別分析、地域別分析、交通分野における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食肉代替食品の世界市場予測(~2022):豆腐、テンペ、植物性たんぱく質(TVP)、セイタン、クォーン
    当調査レポートでは、食肉代替食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、原料別分析、カテゴリ別分析、地域別分析、食肉代替食品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験用遠心分離機の世界市場:微量遠心機、多目的遠心機、床置型遠心機、超遠心機
    当調査レポートでは、実験用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レンタカーの世界市場(~2019)
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:技術別、製品別、用途別、需要先別、地域別予測
    本資料は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場について調べ、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場概要 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場環境 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場動向 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:技術別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:製品別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:用途別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模:需要先別 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場: …
  • 2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場2019-2023
    2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡は、細胞や組織を3次元で観察することを可能にする顕微鏡の一種です。2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率2.52%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Bruker、Danaher、Nikon Instruments、Oxford Instruments、ZEISSなどです。 当調査レポートでは、2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡市場規模、エンドユーザー別(PB、AR、CRO)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場概要 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場環境 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場動向 ・2光子励起共焦点レーザー走査型顕微鏡の世界市場規模 ・2光子励起共焦点レー …
  • 世界主要国におけるオキシ塩化ジルコニウム市場2018-2023
    本調査レポートでは、オキシ塩化ジルコニウムの世界市場について調査・分析し、オキシ塩化ジルコニウムの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(最適レベル、Aレベル、Oレベル)、用途別市場規模(従来型ジルコニウム製品、新型ジルコニウム製品、金属タイプのジルコニウム製品、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、オキシ塩化ジルコニウムの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・オキシ塩化ジルコニウムの世界市場概要 ・オキシ塩化ジルコニウムの企業別市場シェア ・オキシ塩化ジルコニウムの地域別市場規模 ・オキシ塩化ジルコニウムの種類別市場規模(最適レベル、Aレベル、Oレベル) ・オキシ塩化ジルコニウムの用途別市場規模(従来型ジルコニウム製品、新型ジルコニウム製品、金属タイプのジルコニウム製品、その他) ・オキシ塩化ジルコニウムの主要企業分 …
  • 熱交換器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱交換器市場規模、製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器)分析、最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱交換器の世界市場概要 ・熱交換器の世界市場環境 ・熱交換器の世界市場動向 ・熱交換器の世界市場規模 ・熱交換器の世界市場:業界構造分析 ・熱交換器の世界市場:製品別(プレート&シェル熱交換器、プレート・フレーム式熱交換器、冷却塔熱交換器、空気冷却熱交換器) ・熱交換器の世界市場:最終用途別(化学品産業、燃料加工産業、HVAC産業、その他) ・熱交換器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱交換器のアメリカ市場規模・予測 ・熱交換器のヨーロッパ市場規模・予測 ・熱交換器のアジア市場規模・予測 ・熱交換器の主要国分析 ・熱交換器の世界市場:意思決定フ …
  • デジタルエコノミー2025:通信およびインターネットエコシステムの未来
  • 圧力揚水の北米市場:水力破壊、セメンティング
  • メキシコのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 肺炎診断の世界市場
    当調査レポートでは、肺炎診断の世界市場について調査・分析し、肺炎診断の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 肺炎診断の世界市場:市場動向分析 - 肺炎診断の世界市場:競争要因分析 - 肺炎診断の世界市場:治療別 ・ワクチン ・抗生物質 - 肺炎診断の世界市場:検査別 ・血液検査 ・気管支鏡検査法 ・胸部X線 ・胸部コンピューター断層撮影(CT)スキャン ・パルスオキシメトリ ・胸水培養 ・喀痰検査 - 肺炎診断の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・診断センター ・病院 ・民間/私立研究所 ・その他 - 肺炎診断の世界市場:主要地域別分析 - 肺炎診断の北米市場規模(アメリカ市場等) - 肺炎診断のヨーロッパ市場規模 - 肺炎診断のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・肺炎診断の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • PT検査の世界市場:市場予測、技術、競争戦略
  • Chubu Electric Power Co., Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 沿岸警備の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、沿岸警備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、需要先別分析、構造別分析、地域別分析、沿岸警備の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 近赤外分光法の世界市場:卓上型、ポータブル型
    当調査レポートでは、近赤外分光法の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、近赤外分光法市場規模、製品別(卓上型、ポータブル型)分析、エンドユーザー別(医薬品・生物医学、飲食料品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Bruker, BUCHI, FOSS, PerkinElmer, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・近赤外分光法の世界市場概要 ・近赤外分光法の世界市場環境 ・近赤外分光法の世界市場動向 ・近赤外分光法の世界市場規模 ・近赤外分光法の世界市場:業界構造分析 ・近赤外分光法の世界市場:製品別(卓上型、ポータブル型) ・近赤外分光法の世界市場:エンドユーザー別(医薬品・生物医学、飲食料品、その他) ・近赤外分光法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・近赤外分光法の北米市場規模・予測 ・近赤外分光法のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模 …
  • バッグインボックス型容器の世界市場:材質別(低密度ポリエチレンポリエチレン、エチレン酢酸ビニール、エチレンビニルアルコール)、用途別(家庭用品、産業用液体、食品・飲料)
    本調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場動向、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場予測、セグメント別バッグインボックス型容器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用部品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用部品の世界市場について調査・分析し、自動車用部品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用部品シェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用部品種類別分析(ドライブライン・パワートレイン、内装・外装、エレクトロニクス、車体・シャーシ、シート、タイヤ・ハンドル、その他)、自動車用部品用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用部品の市場概観 ・自動車用部品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用部品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用部品の世界市場規模 ・自動車用部品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用部品のアメリカ市場規模推移 ・自動車用部品のカナダ市場規模推移 ・自動車用部品のメキシコ市場規模推移 ・自動車用部品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用部品のドイツ市場規模推移 ・自動車用部品のイギリス市場規模推移 ・自動車用部 …
  • ブラジルの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 細胞分析の世界市場:細胞分析装置、細胞分析消耗品
    当調査レポートでは、細胞分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、細胞分析の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用電気システムの世界市場予測(~2025年)
    航空機の電気・電子機器技術における最近の進歩は、部品メーカーに大きなチャンスをもたらしています。 航空機メーカーは、バリューチェーンのさまざまなレベルで新しい発電・配電技術の採用を検討しています。また、限られた航空機のスペースは今後、複雑な組み込みデジタルシステム、分散型アーキテクチャ、および主機関のスターター・発電システムにおけるパワーエレクトロニクスといった技術に占められると考えられています。当調査レポートでは、航空機用電気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、システム別(発電、変換、配電、エネルギー貯蔵)分析、コンポーネント別分析、プラットフォーム別(民間航空、軍用航空、ビジネス・一般航空)分析、エンドユーザー別分析、航空機用電気システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビスフェノールAの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビスフェノールAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビスフェノールAの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テレビ・映画関連商品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、テレビ・映画関連商品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テレビ・映画関連商品市場規模、製品種類別(衣類、玩具、アクセサリー、ビデオゲーム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テレビ・映画関連商品の世界市場概要 ・テレビ・映画関連商品の世界市場環境 ・テレビ・映画関連商品の世界市場動向 ・テレビ・映画関連商品の世界市場規模 ・テレビ・映画関連商品の世界市場:業界構造分析 ・テレビ・映画関連商品の世界市場:製品種類別(衣類、玩具、アクセサリー、ビデオゲーム、その他) ・テレビ・映画関連商品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テレビ・映画関連商品のアメリカ市場規模・予測 ・テレビ・映画関連商品のヨーロッパ市場規模・予測 ・テレビ・映画関連商品のアジア市場規模・予測 ・テレビ・映画関連商品の主要国分析 ・テレビ・映画関連商品の世界市場:意思決定フレームワーク ・テレビ・映画関連商品の世界市場:成長要因、 …
  • ツベルクリンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ツベルクリンの世界市場について調査・分析し、ツベルクリンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ツベルクリンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ツベルクリン種類別分析()、ツベルクリン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ツベルクリンの市場概観 ・ツベルクリンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ツベルクリンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ツベルクリンの世界市場規模 ・ツベルクリンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ツベルクリンのアメリカ市場規模推移 ・ツベルクリンのカナダ市場規模推移 ・ツベルクリンのメキシコ市場規模推移 ・ツベルクリンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ツベルクリンのドイツ市場規模推移 ・ツベルクリンのイギリス市場規模推移 ・ツベルクリンのロシア市場規模推移 ・ツベルクリンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ツベルクリンの日本市場規模推移 ・ツ …
  • ウィルスプロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるウィルスプロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤の概要 ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のウィルスプロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ウィルスプロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽量素材の世界市場分析:製品別(アルミニウム、高強度鋼、チタン、マグネシウム、ポリマーおよび複合材)、用途別(自動車、航空、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、軽量素材の世界市場について調査・分析し、軽量素材の世界市場動向、軽量素材の世界市場規模、市場予測、セグメント別軽量素材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の逆浸透膜(RO膜)市場2015
    本調査レポートでは、世界の逆浸透膜(RO膜)市場2015について調査・分析し、逆浸透膜(RO膜)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリチウム・マグネシウム合金市場2016
    本調査レポートでは、世界のリチウム・マグネシウム合金市場2016について調査・分析し、リチウム・マグネシウム合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機バインダーの世界市場
    当調査レポートでは、有機バインダーの世界市場について調査・分析し、有機バインダーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 有機バインダーの世界市場:市場動向分析 - 有機バインダーの世界市場:競争要因分析 - 有機バインダーの世界市場:製品別 ・アクリル ・ラテックス ・PVA(ポリ酢酸ビニル) ・PVC(ポリ塩化ビニル) - 有機バインダーの世界市場:形状別 ・ディスパージョン ・粉末 ・固体樹脂 - 有機バインダーの世界市場:用途別 ・塗布およびコーティング ・建設 ・その他 - 有機バインダーの世界市場:主要地域別分析 - 有機バインダーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 有機バインダーのヨーロッパ市場規模 - 有機バインダーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・有機バインダーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・上部尿路感染症(Upper Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の上部尿路感染症(Upper Respiratory Trac …
  • 乾癬薬の世界市場2016-2022:治療薬クラス別(腫瘍壊死因子阻害剤、インターロイキン阻害剤、ビタミンD類似体)、治療別(局所、全身、生物製剤)
    本調査レポートでは、乾癬薬の世界市場について調査・分析し、乾癬薬の世界市場動向、乾癬薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別乾癬薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"