"世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 2412)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The electrosurgery market is projected to grow at a CAGR of 5.2% during the forecast period.”
The global electrosurgery market is projected to reach USD 8.8 billion by 2025 from USD 6.4 billion in 2019, at a CAGR of 5.2%. The growth in this market is driven by technological advancements in electrosurgical instruments; the increasing demand for minimally invasive surgeries; the growing number of medical, cosmetic, and age-related surgeries performed; and the rising number of ambulatory surgery centers. However, risks associated with electrosurgical procedures are expected to restrain the growth of the electrosurgery market.

“The electrosurgical instruments segment accounted for the largest market share in 2018.”
Based on products, the electrosurgery market is segmented into electrosurgical instruments, electrosurgical generators, electrosurgical accessories, and smoke evacuation systems. The electrosurgical instruments segment accounted for the largest share of the global electrosurgery market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the high usage volume of disposable and reusable electrosurgical instruments. In addition, technological advancements in electrosurgical instruments and the increasing number of cosmetic and plastic surgeries are stimulating the growth of this segment.

“The general surgery segment accounted for the largest share of the electrosurgery market in 2018.”
On the basis of type of surgery, the electrosurgery market is segmented into general surgery, gynecology surgery, urological surgery, orthopedic surgery, cardiovascular surgery, cosmetic surgery, neurosurgery, oncological surgery, and other surgeries. The general surgery segment accounted for the largest share of the electrosurgery market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the rising geriatric population and the subsequent increase in the prevalence of various diseases/conditions, the growing volume of surgical procedures performed, and the rising prevalence of obesity.

“In 2018, North America accounted for the largest share of the electrosurgery market.”
On the basis of region, the electrosurgery market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. In 2018, North America accounted for the largest share of the electrosurgery market, followed by Europe. However, the Asia Pacific market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the growing popularity of cosmetic surgeries, government efforts to increase access to elective surgery, large population base, high patient population, and improving healthcare infrastructure in the region.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (45%), Tier 2 (34%), and Tier 3 (21%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (35%), Europe (32%), APAC (25%), Latin America (6%), and the Middle East & Africa (2%)

In 2018, Medtronic (Ireland), Ethicon (US), and Olympus (Japan) dominated the electrosurgery market. Other prominent players in this market include CONMED (US), B. Braun Melsungen AG (Germany), Applied Medical (Netherlands), Erbe Elektromedizin GmbH (Germany), Kirwan Surgical Products LLC (US), Bovie Medical Corporation (US), BOWA-electronic GmbH & Co. KG (Germany), KLS Martin Group (Germany), Boston Scientific (US), Smith & Nephew plc (UK), and CooperSurgical Inc. (US). In order to sustain their dominance in the electrosurgery industry, a majority of prominent players are focusing on increasing their geographical presence and strengthening their product portfolios through the strategies of product launches, agreements, partnerships, and acquisitions.

Research Coverage
This report studies the electrosurgery market based on product, type of surgery, end user, and region. The report also studies factors (such as drivers and restraints) affecting market growth. In addition, it analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions (and the respective countries in these regions).

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Type of Surgery-Based Market Estimation
2.2.3 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Limitations and Assumptions
2.4.1 Limitations
2.4.2 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Electrosurgery Market Overview
4.2 Regional Analysis: Market, By Product, (2019)
4.3 Market, By Type of Surgery, 2019 vs 2025 (USD Million)
4.4 Market, By End User, 2019 vs 2025 (USD Million)
4.5 Market, By Country (2019–2025)
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Technological Advancements in Electrosurgical Instruments
5.2.1.2 Rising Number of Medical, Cosmetic, and Age-Related Surgeries
5.2.1.3 Increasing Demand for Minimally Invasive Surgeries
5.2.1.4 Rising Number of Ambulatory Surgery Centers
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Risks Associated With Electrosurgical Procedures
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Countries
5.2.3.2 Expected Increase in the Number of Bariatric Procedures Due to the Growing Prevalence of Obesity
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Stiff Competition Among Market Players
6 Electrosurgery Market, By Product (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Electrosurgical Instruments
6.2.1 High Use of Instruments in Minimally Invasive Surgeries Will Increase the Demand for Market Products
6.2.1.1 Bipolar Electrosurgical Instruments
6.2.1.1.1 Advanced Vessel Sealing Instruments
6.2.1.1.2 Bipolar Forceps
6.2.1.2 Monopolar Electrosurgical Instruments
6.2.1.2.1 Electrosurgical Pencils
6.2.1.2.2 Electrosurgical Electrodes
6.2.1.2.3 Suction Coagulators
6.2.1.2.4 Monopolar Forceps
6.3 Electrosurgical Generators
6.3.1 Technological Advancements in Electrosurgical Generators have Lessened the Incidence of Thermal Injuries
6.4 Electrosurgical Accessories
6.4.1 Electrosurgical Accessories Account for A Small Share of the Market
6.4.1.1 Patient Return Electrodes
6.4.1.2 Cords, Cables, and Adapters
6.4.1.3 Other Accessories
6.5 Smoke Evacuation Systems
6.5.1 Smoke Evacuation Systems Hold A Niche Share in the Electrosurgery Market
7 Electrosurgery Market, By Surgery Type (Page No. – 75)
7.1 Introduction
7.2 General Surgery
7.2.1 Increasing Number of Bariatric Surgeries to Drive Market Growth
7.3 Obstetrics/Gynecology Surgery
7.3.1 Advantages Offered By Electrosurgery in Ob/GYN Procedures to Drive Market Growth
7.4 Orthopedic Surgery
7.4.1 The Orthopedic Surgery Segment to Grow at the Highest Rate During the Forecast Period
7.5 Cardiovascular Surgery
7.5.1 Rise in Aging Population Will Be the Main Factor in the Growth of Electrosurgery Market
7.6 Oncological Surgery
7.6.1 Radiotherapy and Chemotherapy Will Affect the Growth of Electrosurgery in Oncological Surgery
7.7 Cosmetic Surgery
7.7.1 Risk of Getting Electrosurgical Burns Will Hinder the Growth of This Segment
7.8 Urological Surgery
7.8.1 Rising Kidney and Urological Diseases to Drive Market Growth
7.9 Neurosurgery
7.9.1 Increasing Number of Patients Suffering From Neurological Disorders to Drive Market Growth
7.10 Other Surgeries
8 Electrosurgery Market, By End User (Page No. – 83)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals, Clinics, & Ablation Centers
8.2.1 in 2018, Hospitals, Clinics, & Ablation Centers Accounted for the Largest Share of the Market
8.3 Ambulatory Surgical Centers
8.3.1 Increasing Number of Outpatient Surgeries to Support Market Growth
8.4 Research Laboratories & Academic Institutes
8.4.1 Budgetary Restrictions of Researchers are Limiting the Adoption of High-End Electrosurgery Products
9 Electrosurgery Market, By Region (Page No. – 88)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Market for Electrosurgery
9.2.2 Canada
9.2.2.1 High Patient Wait Times have Negatively Affected Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Holds the Largest Share of the Market in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Increasing Surgical Volumes and Growing Disease Incidence Will Drive the UK Market
9.3.3 France
9.3.3.1 Awareness Initiatives and Relatively Lower Healthcare Costs have Supported Market Growth in France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Government Pressure to Reduce Healthcare Costs has Slowed Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Adoption of Spvats and Other Electrosurgery Devices Will Increase the Growth of Electrosurgery
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan Dominates the APAC Market for Electrosurgery
9.4.2 China
9.4.2.1 Rising Disposable Income Will Directly Affect the Market
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Medical Tourism and Low Cost of Surgeries are Contributing to Market Growth in India
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 High Cosmetic Surgery Volumes Project Strong Demand for Electrosurgical Instruments
9.4.5 Australia
9.4.5.1 Lack of Surgeons in Rural Areas Will Adversely Affect the Market
9.4.6 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Brazil is A Hotspot for Cosmetic Surgery
9.5.2 Mexico
9.5.2.1 Fragmented State of Mexico’s Healthcare System Will Create Challenges for the Growth of Its Electrosurgery Market
9.5.3 Rest of Latin America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Despite Political Instability, MEA Remains A Promising Region for Market Players
10 Competitive Landscape (Page No. – 145)
10.1 Introduction
10.2 Global Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.4 Vendor Dive Overview
10.5 Vendor Inclusion Criteria
10.6 Vendor Dive
10.6.1 Visionary Leaders
10.6.2 Innovators
10.6.3 Dynamic Differentiators
10.6.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 150)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Medtronic
11.2 Olympus Corporation
11.3 Ethicon, Inc. (Subsidiary of Johnson & Johnson)
11.4 Conmed Corporation
11.5 B. Braun Melsungen
11.6 Apyx Medical Corporation (Formerly Bovie Medical Corporation)
11.7 Boston Scientific
11.8 Smith & Nephew PLC
11.9 Erbe Elektromedizin GmbH
11.10 Applied Medical Resources Corporation
11.11 KLS Martin
11.12 Bowa-Electronic GmbH & Co. Kg
11.13 Coopersurgical, Inc. (A Subsidiary of the Cooper Companies, Inc.)
11.14 Kirwan Surgical Products LLC
11.15 Zimmer Biomet Holdings, Inc.
11.16 Other Companies
11.16.1 Utah Medical Products, Inc.
11.16.2 Encision Inc.
11.16.3 Meyer-Haake GmbH
11.16.4 Surgical Holdings
11.16.5 I. C. Medical, Inc.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 196)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 2412
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 胃潰瘍(Gastric Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の概要 ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃潰瘍(Gastric Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 世界のベアリング市場規模・予測2014-2025:用途別(自動車、農業、電子、鉱業・建築、線路・航空宇宙、自動車アフターマーケット・その他)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベアリング市場について調査・分析し、世界のベアリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベアリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • グリーンキレート/天然キレート剤の世界市場:グルコン酸ナトリウム、EDDS、MGDA、GLAD
    当調査レポートでは、グリーンキレート/天然キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラミネーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のラミネーター市場2015について調査・分析し、ラミネーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心筋梗塞(Myocardial Infarction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、心筋梗塞(Myocardial Infarction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心筋梗塞(Myocardial Infarction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・心筋梗塞(Myocardial Infarction)のフェーズ3治験薬の状況 ・心筋梗塞(Myocardial Infarction)治療薬の市場規模(販売予測) ・心筋梗塞(Myocardial Infarction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・心筋梗塞(Myocardial Infarction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の心筋梗塞(Myocardial Infarction)治療薬剤
  • 中国のアクリル酸市場(~2019)
  • シリコンアノード電池の世界市場見通し2016-2022:角柱型、パウチ型、円筒型
    当調査レポートでは、シリコンアノード電池の世界市場について調査・分析し、シリコンアノード電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・シリコンアノード電池の世界市場:市場動向分析 ・シリコンアノード電池の世界市場:競争要因分析 ・シリコンアノード電池の世界市場:種類別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:用途別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:容量別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:地域別分析/市場規模 ・シリコンアノード電池の北米市場規模 ・シリコンアノード電池の欧州市場規模 ・シリコンアノード電池のアジア市場規模 ・シリコンアノード電池の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ベビー パウダーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー パウダーの世界市場について調べ、ベビー パウダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー パウダーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベビー パウダーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビー パウダーの市場状況 ・ベビー パウダーの市場規模 ・ベビー パウダーの市場予測 ・ベビー パウダーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ベビー パウダーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 無水クロム酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無水クロム酸の世界市場について調査・分析し、無水クロム酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無水クロム酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、無水クロム酸種類別分析(純度99.7%、純度99.8%、純度99.9%)、無水クロム酸用途別分析(印刷・染色産業、電気メッキ産業、木材防腐、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無水クロム酸の市場概観 ・無水クロム酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・無水クロム酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・無水クロム酸の世界市場規模 ・無水クロム酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・無水クロム酸のアメリカ市場規模推移 ・無水クロム酸のカナダ市場規模推移 ・無水クロム酸のメキシコ市場規模推移 ・無水クロム酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・無水クロム酸のドイツ市場規模推移 ・無水クロム酸のイギリス市場規模推移 ・無水クロム酸のロシア市場規模推移 ・無水クロム酸のア …
  • 電子式金銭登録機(ECR)の世界市場
    当調査レポートでは、電子式金銭登録機(ECR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子式金銭登録機(ECR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビニール盤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビニール盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビニール盤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー・ユーティリティ産業向け分析ソリューションの世界市場予測(~2021年):ソフトウェア、サービス、アプリケーション
    当調査レポートでは、エネルギー・ユーティリティ産業向け分析ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、エネルギー・ユーティリティ産業向け分析ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物活性剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、植物活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物活性剤市場規模、製品別(生物学、合成)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Alltech, Isagro, NutriAg, Plant Health Care, Syngentaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・植物活性剤の世界市場概要 ・植物活性剤の世界市場環境 ・植物活性剤の世界市場動向 ・植物活性剤の世界市場規模 ・植物活性剤の世界市場:業界構造分析 ・植物活性剤の世界市場:製品別(生物学、合成) ・植物活性剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物活性剤の北米市場規模・予測 ・植物活性剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・植物活性剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・植物活性剤の主要国分析 ・植物活性剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・植物活性剤の世界市場:成長要因、課題 ・植物活性剤の世界市場:競争環境 ・植物活性剤の世界市場:関連企業情報 …
  • 腫瘍マーカー検査の世界市場:米国、欧州、日本
  • GigEカメラの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、GigEカメラの世界市場について調査・分析し、GigEカメラの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - GigEカメラの世界市場:市場動向分析 - GigEカメラの世界市場:競争要因分析 - GigEカメラの世界市場:技術別 ・電荷結合素子(CCD) ・相補型金属酸化膜半導体(CMOS) ・非冷却VOXマイクロボロメーター ・その他 - GigEカメラの世界市場:解像度別 ・6.0 - GigEカメラの世界市場:カメラの種類別 ・ラインスキャンカメラ ・エリアスキャンカメラ ・温度カメラ ・交通カメラ ・その他 - GigEカメラの世界市場:スペクトラム系 ・カラーカメラ ・白黒カメラ ・近赤外線(NIR)カメラ ・紫外線(UV)カメラ - GigEカメラの世界市場:用途別 ・製造 ・非製造 ・その他 - GigEカメラの世界市場:主要地域別分析 - GigEカメラの北米市場規模(アメリカ市場等) - GigEカメラのヨーロッパ市場規模 - GigEカメラのアジア市場規模(日本市場、中国 …
  • 早期毒性試験の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、早期毒性試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、早期毒性試験市場規模、エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー、学術機関・研究所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bio-Rad Laboratories, Charles River, Eurofins Scientific, Merck & Co, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・早期毒性試験の世界市場概要 ・早期毒性試験の世界市場環境 ・早期毒性試験の世界市場動向 ・早期毒性試験の世界市場規模 ・早期毒性試験の世界市場:業界構造分析 ・早期毒性試験の世界市場:エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー、学術機関・研究所、その他) ・早期毒性試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・早期毒性試験の北米市場規模・予測 ・早期毒性試験のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・早期毒性試験のアジア …
  • 注射剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、注射剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、注射剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は注射剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AbbVie • F. Hoffmann-La Roche• GlaxoSmithKline• Sanofi等です。
  • ファイバーグラス建築製品の世界市場
    当調査レポートでは、ファイバーグラス建築製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバーグラス建築製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質成分の世界市場;製品別(植物性、動物性)、用途別(食品・飲料、乳児用調製粉乳、パーソナルケア・化粧品)
    本調査レポートでは、タンパク質成分の世界市場について調査・分析し、タンパク質成分の世界市場動向、タンパク質成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ペット用品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ペット用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液培養検査の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、血液培養検査の世界市場について調査・分析し、血液培養検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血液培養検査の世界市場:市場動向分析 - 血液培養検査の世界市場:競争要因分析 - 血液培養検査の世界市場:用途別 ・マイコバクテリア検出 ・菌血症 ・真菌血症 - 血液培養検査の世界市場:技術別 ・プロテオミクス ・培養ベース ・分子 - 血液培養検査の世界市場:手法別 ・自動型 ・従来型/手作業 - 血液培養検査の世界市場:製品別 ・ソフトウェア・サービス ・機器 ・消耗品 - 血液培養検査の世界市場:最終用途別 ・学術研究所 ・病院検査室 ・参考検査室 ・その他 - 血液培養検査の世界市場:主要地域別分析 - 血液培養検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血液培養検査のヨーロッパ市場規模 - 血液培養検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血液培養検査の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 民間航空機用インタフェース装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、民間航空機用インタフェース装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、民間航空機用インタフェース装置市場規模、用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機)分析、航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場概要 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場環境 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場動向 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場規模 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:業界構造分析 ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:用途別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナルジェット機) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:航空機フィットメント別(レトロフィット、ラインフィット) ・民間航空機用インタフェース装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・民間航空機用インタフェ …
  • 世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別
    MarketsandMarkets社は、気中回路遮断器(ACB)の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年39億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本書は、世界の気中回路遮断器(ACB)市場について調査・分析し、市場概要、電圧別(低電圧(
  • 世界の低侵襲手術(MIS)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、低侵襲手術(MIS)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低侵襲手術(MIS)装置の概要 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:開発段階別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:セグメント別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:領域別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:規制Path別分析 ・低侵襲手術(MIS)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別低侵襲手術(MIS)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・低侵襲手術(MIS)装置の最近動向
  • 血栓除去機器の世界市場
    当調査レポートでは、血栓除去機器の世界市場について調査・分析し、血栓除去機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血栓除去機器の世界市場:市場動向分析 - 血栓除去機器の世界市場:競争要因分析 - 血栓除去機器の世界市場:用途別 ・末梢血管用 ・神経血管用 ・心臓血管用 - 血栓除去機器の世界市場:製品別 ・超音波血栓除去機器 ・流体力学的血栓除去機器 ・機械的/破砕的血栓除去機器 ・吸引型血栓除去機器 - 血栓除去機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・病院および外科センター ・研究所および学術機関 ・その他 - 血栓除去機器の世界市場:主要地域別分析 - 血栓除去機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血栓除去機器のヨーロッパ市場規模 - 血栓除去機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血栓除去機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 希土類金属(レアメタル)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、希土類金属(レアメタル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、希土類金属(レアメタル)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品押出成形装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品押出成形装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、プロセス別分析、食品別分析、地域別分析、食品押出成形装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動遮断機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動遮断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動遮断機の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラベルプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のラベルプリンター市場2015について調査・分析し、ラベルプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の膝関節置換処置動向(~2021)
  • 自動車用スマートパーキングシステムの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用スマートパーキングシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用スマートパーキングシステムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 人工呼吸器の世界市場
    当調査レポートでは、人工呼吸器の世界市場について調査・分析し、人工呼吸器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工呼吸器の世界市場:市場動向分析 - 人工呼吸器の世界市場:競争要因分析 - 人工呼吸器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来治療センター ・在宅治療 ・病院およびクリニック - 人工呼吸器の世界市場:人工呼吸器のモード別 ・複合モードの人工呼吸器 ・圧力モードの人工呼吸器 ・流量モードの人工呼吸器 ・その他 - 人工呼吸器の世界市場:種類別 ・集中治療用人工呼吸器 ・持ち運び可能/輸送可能な人工呼吸器 - 人工呼吸器の世界市場:インターフェース別 ・侵襲型人工呼吸器 ・非侵襲型人工呼吸器 - 人工呼吸器の世界市場:製品別 ・救命救急用人工呼吸器 ・新生児用人工呼吸器 ・輸送可能かつ持ち運び可能な人工呼吸器 ・その他 - 人工呼吸器の世界市場:年齢グループ別 ・成人/小児用の人工呼吸器 ・幼児/新生児用の人工呼吸器 - 人工呼吸器の世界市場:主要地域別分析 - 人工呼吸器の北米市場規模(アメリ …
  • 業務用フードプロセッサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用フードプロセッサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用フードプロセッサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品トレーサビリティの世界市場2017-2021:バーコード、RFID、GPS、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医薬品トレーサビリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、医薬品トレーサビリティの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は医薬品トレーサビリティの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAvery Dennison、Cognex、Datalogic、Impinj、Zebra Technologies等です。
  • がん胎児性抗原の世界市場分析:用途別(結腸直腸がん、膵臓がん、卵巣がん、乳がん、甲状腺がん)、セグメント予測
    本調査レポートでは、がん胎児性抗原の世界市場について調査・分析し、がん胎児性抗原の世界市場動向、がん胎児性抗原の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん胎児性抗原市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジア太平洋の生鮮食品市場2015-2019
    当調査レポートでは、アジア太平洋の生鮮食品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の生鮮食品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Boone Electric Cooperative:発電所および企業SWOT分析2015
  • 電源の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電源の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電源市場規模、製品別(DC-DCコンバーター、AC-DC電源)分析、出力電力別(高出力(1,000W以上)、中出力(500~1,000W)、低出力(500W以下))分析、エンドユーザー別(軍事・航空宇宙、電気通信、食品・飲料、家電、工業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電源の世界市場:市場動向分析 ・ 電源の世界市場:競争要因分析 ・ 電源の世界市場:製品別(DC-DCコンバーター、AC-DC電源) ・ 電源の世界市場:出力電力別(高出力(1,000W以上)、中出力(500~1,000W)、低出力(500W以下)) ・ 電源の世界市場:エンドユーザー別(軍事・航空宇宙、電気通信、食品・飲料、家電、工業) ・ 電源の世界市場:主要地域別分析 ・ 電源の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 電源のヨーロッパ市場規模 ・ 電源のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等 …
  • 臭素化難燃剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、臭素化難燃剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臭素化難燃剤市場規模、エンドユーザー別(電機・エレクトロニクス、建設、輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臭素化難燃剤の世界市場概要 ・臭素化難燃剤の世界市場環境 ・臭素化難燃剤の世界市場動向 ・臭素化難燃剤の世界市場規模 ・臭素化難燃剤の世界市場:業界構造分析 ・臭素化難燃剤の世界市場:エンドユーザー別(電機・エレクトロニクス、建設、輸送、その他) ・臭素化難燃剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臭素化難燃剤の北米市場規模・予測 ・臭素化難燃剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臭素化難燃剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・臭素化難燃剤の主要国分析 ・臭素化難燃剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・臭素化難燃剤の世界市場:成長要因、課題 ・臭素化難燃剤の世界市場:競争環境 ・臭素化難燃剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の手用器具開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、手用器具のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・手用器具の概要 ・手用器具の開発動向:開発段階別分析 ・手用器具の開発動向:セグメント別分析 ・手用器具の開発動向:領域別分析 ・手用器具の開発動向:規制Path別分析 ・手用器具の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別手用器具の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・手用器具の最近動向
  • アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイデンティティ及びアクセス管理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データセンター建設の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、データセンター建設の世界市場について調査・分析し、データセンター建設の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別データセンター建設シェア、市場規模推移、市場規模予測、データセンター建設種類別分析()、データセンター建設用途別分析(金融、インターネット、遠距離通信、政府、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・データセンター建設の市場概観 ・データセンター建設のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・データセンター建設のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・データセンター建設の世界市場規模 ・データセンター建設の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・データセンター建設のアメリカ市場規模推移 ・データセンター建設のカナダ市場規模推移 ・データセンター建設のメキシコ市場規模推移 ・データセンター建設のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・データセンター建設のドイツ市場規模推移 ・データセンター建設のイギリス市場規模推移 ・デ …
  • 世界のスマートフォン用ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートフォン用ディスプレイ市場2015について調査・分析し、スマートフォン用ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のICP-OES分光計市場2016
    本調査レポートでは、世界のICP-OES分光計市場2016について調査・分析し、ICP-OES分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の緑内障手術デバイス市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、緑内障手術デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緑内障手術デバイスの概要 ・緑内障手術デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:領域別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・緑内障手術デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別緑内障手術デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・緑内障手術デバイスの最近動向
  • 水添脱硫触媒の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水添脱硫触媒の世界市場について調査・分析し、水添脱硫触媒の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水添脱硫触媒シェア、市場規模推移、市場規模予測、水添脱硫触媒種類別分析(負荷型、無負荷型)、水添脱硫触媒用途別分析(ディーゼル水素処理、ナフサ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水添脱硫触媒の市場概観 ・水添脱硫触媒のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水添脱硫触媒のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水添脱硫触媒の世界市場規模 ・水添脱硫触媒の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水添脱硫触媒のアメリカ市場規模推移 ・水添脱硫触媒のカナダ市場規模推移 ・水添脱硫触媒のメキシコ市場規模推移 ・水添脱硫触媒のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水添脱硫触媒のドイツ市場規模推移 ・水添脱硫触媒のイギリス市場規模推移 ・水添脱硫触媒のロシア市場規模推移 ・水添脱硫触媒のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南 …
  • 造船の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、造船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、造船市場規模、用途別(商業、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・造船の世界市場概要 ・造船の世界市場環境 ・造船の世界市場動向 ・造船の世界市場規模 ・造船の世界市場:業界構造分析 ・造船の世界市場:用途別(商業、防衛) ・造船の世界市場:地域別市場規模・分析 ・造船の北米市場規模・予測 ・造船のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・造船のアジア太平洋市場規模・予測 ・造船の主要国分析 ・造船の世界市場:意思決定フレームワーク ・造船の世界市場:成長要因、課題 ・造船の世界市場:競争環境 ・造船の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BAE Systems、DSME、General Dynamics、Hyundai Heavy Industries、Samsung Heavy Industriesなどです。
  • 世界のTOCアナライザー市場:種類別、地域別
    本調査レポートはTOCアナライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(実験室、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・TOCアナライザーの世界市場:種類別(実験室、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場:サービス別、技術別(燃焼後、産業ガス分離、酸素-燃料燃焼、燃焼前)、用途別(農業、原油増進回収、産業)、エンドユーザー別(政府、情報通信、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場について調べ、二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界規模、市場動向、市場環境、サービス別分析、技術別(燃焼後、産業ガス分離、酸素-燃料燃焼、燃焼前)分析、用途別(農業、原油増進回収、産業)分析、エンドユーザー別(政府、情報通信、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場概要 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場環境 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場動向 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:サービス別 ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:技術別(燃焼後、産業ガス分離、酸素-燃料燃焼、燃焼前) ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:用途別(農業、原油増進回収、産業) ・二酸化炭素回収貯留(CCS)の世界市場規模:エンドユーザー別(政府、情報通信、製造、その他) ・二酸化炭 …
  • セラミックファイバーのアジア太平洋市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"