"世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2609)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global waterborne coatings market size is projected to register a CAGR of 4.4%, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The global waterborne coatings market size is projected to grow from USD 74.1 billion in 2019 to USD 91.8 billion by 2024, at a CAGR of 4.4%, between 2019 and 2024. The global market for waterborne coatings has witnessed significant growth over the past few years due to the governmental regulations and regulatory policies to reduce harmful VOC emissions, coupled with the consumers’ awareness and the rising demand from the end-product manufacturers for low-VOC products. The rising investment in the market, as well as support from the government policies and subsidies, are key factors for the growth of these coatings in both architectural and industrial applications.

“The epoxy resin segment is expected is expected to register the highest CAGR of the overall waterborne coatings market during the forecast period.”
Epoxy resins are well-known for their excellent chemical and corrosion resistance. This resin is hard and impact resistant. For most applications, epoxy coatings are used as functional coatings for substrate protection, where corrosion resistance, impact resistance, and adhesion are essential. Epoxies are often used for decorative applications. The growing construction, aerospace, and marine industries in the emerging countries of APAC, Europe, and South America, due to increasing disposable income and changing lifestyles have been a major driving factor for the segment.

“The waterborne coatings market in the architectural application is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
Waterborne architectural coatings possess various favorable properties such as high corrosion and temperature resistance, increased durability of end products, and low fire-hazards risk and, thus, are preferred for use in various commercial and industrial applications. With the growing population and increasing migration of population to the developed nations, the construction industry is estimated to develop substantially in the coming years. There is increasing urbanization and migration toward cities for employment, which results in the development of the housing sector in the urban areas of APAC. This is driving the demand for waterborne coatings market in architectural applications .

“APAC waterborne coatings market is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The APAC market is segmented into China, Japan, India, Indonesia, Thailand, and Rest of APAC. The APAC region is expected to continue to account for the largest share of the global waterborne coatings market during the forecast period. China is the largest consumer of waterborne coatings for the past few years. Favorable government policies such as lenient environmental regulations regarding emission levels and lower taxes for manufacturers and increased income levels have resulted in the growth of the waterborne coatings market in China.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the waterborne coatings market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C Level – 30%, D Level – 60%, and Others – 10%
• By Region: Europe – 20%, North America – 35%, APAC – 30%, South America- 5%, and the Middle East & Africa – 10%

The key companies profiled in this report are AkzoNobel N.V. (Netherlands), PPG Industries (US), The Sherwin-Williams Company (US), Nippon Paint Holding Co Ltd (Japan), Axalta Coatings System LLC (US), Tikkurila Oyj (Finland), and Jotun A/S (Norway).

Research Coverage:
This report provides a detailed segmentation of the waterborne coatings market based on resin type, application, and region. Based on resin type, the waterborne coatings industry has been segmented into acrylic, polyester, alkyd, epoxy, polyurethane, PTFE, PVDF, and PVDC. Based on application, the market has been segmented into architectural and industrial coatings. Based on region, the market has been segmented into APAC, Europe, North America, South America, and the Middle East & Africa.

Key Benefits of Buying the Report
From an insights perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Region Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Unit Considered
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Waterborne Coatings Market
4.2 Waterborne Coatings Market, By Resin Type
4.3 Waterborne Coatings Market, Developed vs. Developing Countries
4.4 APAC Waterborne Coatings Market, By Resin Type and Application
4.5 Waterborne Coatings Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Environmental Regulations Boosting the Demand for Voc-Free Coatings
5.2.1.2 High Growth in End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Uneven Enforcement
5.2.2.2 Availability of Substitutes
5.2.2.3 Sensitivity to Humidity
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth Prospects in Highly Regulated Regions
5.2.3.2 High Growth Potential in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Us-China Trade War
5.2.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.2.5.1 Threat of New Entrants
5.2.5.2 Threat of Substitutes
5.2.5.3 Bargaining Power of Buyers
5.2.5.4 Bargaining Power of Suppliers
5.2.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Waterborne Coatings Market, By Resin Type (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Acrylic
6.2.1 Exceptional Physical Properties are Driving the Demand for Acrylic Resins
6.3 Polyester
6.3.1 Effectiveness of Polyesters in Low-Voc Waterborne Formulations is Driving Their Demand
6.4 Alkyd
6.4.1 High Durability and Good Drying Characteristics are the Factors Driving the Demand for Alkyd Resins
6.5 Epoxy
6.5.1 Epoxy is the Most Versatile Resin Which Finds Applications in Various Industries
6.6 Polyurethane
6.6.1 Excellent Combination of Properties are Influencing the Demand for Polyurethane Coatings
6.7 Polytetrafluoroethylene (PTFE)
6.7.1 Ptfe Coatings are Preferred for General Industrial Applications
6.8 Polyvinylidene Fluoride (PVDF)
6.8.1 Emerging Pvdf Coating Technology is Expected to Gain High Growth in Future
6.9 Polyvinylidene Chloride (PVDC)
6.9.1 Pvdc Imparts A High Gloss Finish on Coated Products
6.1 Others
7 Waterborne Coatings Market, By Application (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Architectural
7.2.1 Residential
7.2.1.1 New Construction
7.2.1.1.1 Rising Homeownership is Leading to the High Growth of the Construction Industry in APAC and the Middle East & Africa
7.2.1.2 Remodel & Repaint
7.2.1.2.1 Harsh Weather Conditions Increase the Need for Renovation and Repair of Constructions Driving the Growth of the Segment
7.2.2 Non-Residential
7.2.2.1 Increased Commercial and Industrial Developments are Expected to Drive the Market in This Segment
7.3 Industrial
7.3.1 Automotive
7.3.1.1 Growing Demand for Electric Vehicles is Likely to Drive the Waterborne Coatings Market
7.3.2 General Industrial
7.3.2.1 Need for Efficient Process and Durable Coatings With Better Aesthetics is Boosting the Market Growth in This Segment
7.3.3 Protective
7.3.3.1 APAC is Emerging as A Strategic Location for Coating Manufacturers in the Protective Application
7.3.4 Wood
7.3.4.1 Increasing Construction and Infrastructure Activities are Increasing the Waterborne Coatings Demand
7.3.5 Marine
7.3.5.1 The Slow Growth of the Shipbuilding Sector is Hampering the Demand for Waterborne Coatings in Marine
7.3.6 Packaging
7.3.6.1 Improved Lifestyles and Changing Food Habits are Leading to the High Growth of the Market
7.3.7 Coil
7.3.7.1 Waterborne Coatings Offer Durability and Cost-Benefit Properties to Coils
7.3.8 Other End-Uses
8 Waterborne Coatings Market, By Region (Page No. – 79)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 High Investments By the Government in Infrastructure Development is Leading to the Growth of the Construction Industry of the Country
8.2.2 India
8.2.2.1 A Boom in the Real Estate Industry is Expected to Drive the Waterborne Coatings Market
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Investments in Infrastructural Markets By Public and Private Sectors are Expected to Boost the Demand for Waterborne Coatings
8.2.4 Indonesia
8.2.4.1 Increasing Penetration of Japanese Carmakers is Likely to Benefit the Waterborne Coatings Market in the Country
8.2.5 Thailand
8.2.5.1 Automotive Being the Key Industry in the Country Contributes Significantly to the Market Growth
8.2.6 Rest of APAC
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Favorable Economic Environment for the Construction Sector and Rising Demand for New Homes From New Migrants are Leading to the Market Growth
8.3.2 Russia
8.3.2.1 The Crisis in Automotive Industry Owing to Currency Devaluation is Leading to Moderate Growth of the Market
8.3.3 Italy
8.3.3.1 New Project Finance Rules and Investment Policies in the Construction Sector are Expected to Boost the Market Growth
8.3.4 Turkey
8.3.4.1 Rapid Urbanization and Diversification of Consumer Goods are Positively Impacting the Market
8.3.5 France
8.3.5.1 Reviving Economy Coupled With an Investment in Infrastructure is Expected to Boost the Demand for Waterborne Coatings
8.3.6 UK
8.3.6.1 The Growing Construction Sector Along With Government Spending Will Spur the Waterborne Coatings Market Growth
8.3.7 Spain
8.3.7.1 Increase in Housing Units Boosts the Waterborne Coatings Demand
8.3.8 Rest of Europe
8.4 North America
8.4.1 US
8.4.1.1 Presence of Major Manufacturers is Fueling the Market Growth
8.4.2 Canada
8.4.2.1 The Construction Industry Will Be the Major Contributor to Waterborne Coatings Market Growth
8.4.3 Mexico
8.4.3.1 New Construction in the Residential Segment is Likely to Drive the Waterborne Coatings Market
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Government has Made Huge Investments in Infrastructure Development to Boost Tourism
8.5.2 South Africa
8.5.2.1 There is Substantial Demand for Architectural Coatings in Building Projects
8.5.3 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Investment Partnership Program has Promoted the Private Sector Participation in Infrastructure Development
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 China-Built Projects in the Country Have Improved the Livelihood and Created Employment Opportunities
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 119)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Ranking Analysis
9.6 Competitive Scenario
9.6.1 Merger & Acquisition
9.6.2 Investment & Expansion
9.6.3 Partnership & Collaboration
9.6.4 New Product Development
10 Company Profiles (Page No. – 129)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 The Sherwin-Williams Company
10.2 BASF SE
10.3 Akzonobel N.V.
10.4 PPG Industries Inc.
10.5 RPM International Inc.
10.6 Asian Paints Limited
10.7 Axalta Coating Systems LLC
10.8 Nippon Paint Holdings Co. Ltd.
10.9 Kansai Paint Co. Ltd.
10.10 Tikkurila OYJ
10.11 Jotun Group
10.12 Other Key Companies
10.12.1 Berger Paints India Ltd.
10.12.2 Teknos Group
10.12.3 Masco Corporation
10.12.4 Hempel A/S
10.12.5 Duluxgroup Ltd.
10.12.6 Diamond-Vogel Paint Company
10.12.7 Benjamin Moore & Co.
10.12.8 Kelly-Moore Paints
10.12.9 Stahl Holdings B.V.
10.12.10 Cromology (Formerly Materis Paints)
10.12.11 Cloverdale Paint Inc.
10.12.12 Brillux GmbH & Co. KG
10.12.13 Carpoly Chemical Group Co., Ltd.
10.12.14 Lanco Paints
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 160)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2609
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の盗難警報器市場2016
    本調査レポートでは、世界の盗難警報器市場2016について調査・分析し、盗難警報器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コーヒー包装の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、コーヒー包装の世界市場規模が2017年から2026年まで年平均6.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コーヒー包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コーヒー包装市場規模、製品別(プレミアムコーヒー、ロースト・挽いたコーヒー、インスタントコーヒー)分析、材料種類別(紙・板紙、金属、グラス、プラスチック、その他の材料種類)分析、パッケージ種類別(缶、びん、バッグインボックス、ブロックボトムバッグ、サック)分析、エンドユーザー別(機関販売、小売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コーヒー包装の世界市場:市場動向分析 ・ コーヒー包装の世界市場:競争要因分析 ・ コーヒー包装の世界市場:製品別(プレミアムコーヒー、ロースト・挽いたコーヒー、インスタントコーヒー) ・ コーヒー包装の世界市場:材料種類別(紙・板紙、金属、グラス、プラスチック、その他の材料種類) ・ コーヒー包装の世界市場 …
  • 自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自己免疫および炎症性免疫調節剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンモックの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ハンモックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハンモックの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はハンモックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ban Mai、Dalian Eaglesight、Danlong Hammocks、Inca Hammocks、Lucky Johnny Hammock等です。
  • M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるM2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・M2プロトンチャンネル阻害剤の概要 ・M2プロトンチャンネル阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のM2プロトンチャンネル阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・M2プロトンチャンネル阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・M2プロトンチャンネル阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車ADASの世界市場:技術別、地域別
    本レポートは、自動車ADASの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(パッシブパークアシスト、FCWSおよびLDWS、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車ADASの世界市場:技術別(パッシブパークアシスト、FCWSおよびLDWS、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ストリングインバータの世界市場予測(~2021):単相式ストリングインバータ、三相式ストリングインバータ
    当調査レポートでは、ストリングインバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位相別分析、システム種類別分析、定格別分析、需要先別分析、ストリングインバータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低侵襲性手術機器の世界市場:手持ち器具、ガイド装置、拡張装置、切断装置
    当調査レポートでは、低侵襲性手術機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国のポリプロピレン市場(~2019)
  • 合成ゴムの世界市場予測(~2022年):SBR、BR、SBC、EPDM、IIR、NBR
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、合成ゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、合成ゴムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 上顆炎(Epicondylitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における上顆炎(Epicondylitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、上顆炎(Epicondylitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・上顆炎(Epicondylitis)の概要 ・上顆炎(Epicondylitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の上顆炎(Epicondylitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上顆炎(Epicondylitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 世界のLDPE生産能力および投資動向
  • 世界の溶接ロボット市場2016
    本調査レポートでは、世界の溶接ロボット市場2016について調査・分析し、溶接ロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途(ポリエステル、ポリブチレン・テレフタル酸塩、可塑剤)別分析、地域別分析、高純度テレフタル酸(PTA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カリウムチャンネル緩下剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカリウムチャンネル緩下剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カリウムチャンネル緩下剤の概要 ・カリウムチャンネル緩下剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカリウムチャンネル緩下剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カリウムチャンネル緩下剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カリウムチャンネル緩下剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 腎デナベーションの世界市場:技術別(マイクロインフュージョン、超音波、高周波)、セグメント予測
    腎デナベーションの世界市場は2026年には10億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率43.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高血圧症の増加、ライフスタイルの変化、および腎デナベーションの持続的な治療効果が考えられます。本調査レポートでは、腎デナベーションの世界市場について調査・分析し、腎デナベーションの世界市場動向、腎デナベーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別腎デナベーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高吸水性高分子(SAP)の世界市場2016-2020:ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリルアミド共重合体
    当調査レポートでは、高吸水性高分子(SAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高吸水性高分子(SAP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用エアーコンディショナー市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用エアーコンディショナー市場2016について調査・分析し、医療用エアーコンディショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動オイルタンク洗浄装置のEMEA市場
    当調査レポートでは、自動オイルタンク洗浄装置のEMEA市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動オイルタンク洗浄装置のEMEA市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動オイルタンク洗浄装置のEMEA市場が2017-2021年期間中に年平均4.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Veolia Environnement• Oreco A/S• M-I SWACO• Scanjet Systems• Alfa Laval等です。
  • 自律データプラットフォームの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自律データプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(プラットフォーム及びサービス)分析、組織規模別(大企業および中小企業)分析、展開種類別(オンプレミス及びクラウド)分析、業種別分析、自律データプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自律データプラットフォームの世界市場規模が2019年810百万ドルから2024年2210百万ドルまで年平均22.2%成長すると予測しています。
  • 放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)の概要 ・放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 農薬の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、農薬の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・農薬の世界市場:市場動向分析 ・農薬の世界市場:競争要因分析 ・農薬の世界市場:化学物質別分析/市場規模 ・農薬の世界市場:作物別分析/市場規模 ・農薬の世界市場:地域別分析/市場規模 ・農薬の北米市場規模 ・農薬の欧州市場規模 ・農薬のアジア市場規模 ・農薬の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 腎細胞癌治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、腎細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・腎細胞癌の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・腎細胞癌の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・腎細胞癌治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・腎細胞癌治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・腎細胞癌治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・腎細胞癌治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)のフェーズ3治験薬の状況 ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬の市場規模(販売予測) ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬剤
  • クラウドファンディングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドファンディングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドファンディングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドファンディングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(16.96%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GoFundMe, • Indiegogo, • Kickstarter, • Patreon, • Teespring等です。
  • コネクテッドカーエコシステムの世界市場予測(~2030)
  • 世界のネオペンチルグリコール市場2016
    本調査レポートでは、世界のネオペンチルグリコール市場2016について調査・分析し、ネオペンチルグリコールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動日射遮蔽装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動日射遮蔽装置の世界市場について調査・分析し、電動日射遮蔽装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動日射遮蔽装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、電動日射遮蔽装置種類別分析(布製、アルミニウム製)、電動日射遮蔽装置用途別分析(公共施設用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動日射遮蔽装置の市場概観 ・電動日射遮蔽装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電動日射遮蔽装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電動日射遮蔽装置の世界市場規模 ・電動日射遮蔽装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電動日射遮蔽装置のアメリカ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のカナダ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のメキシコ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電動日射遮蔽装置のドイツ市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のイギリス市場規模推移 ・電動日射遮蔽装置のロシア市場規模推移 ・電動 …
  • 胃食道逆流症(GERD)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、胃食道逆流症(GERD)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、胃食道逆流症(GERD)治療薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 使用済み再生プラスチックの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、使用済み再生プラスチックの世界市場規模が2019年77億ドルから2024年102億ドルまで年平均5.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、使用済み再生プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、サービス別(収集&輸送、リサイクル、焼却、埋立/廃棄)分析、ポリマー種類別(ポリエチレンテレフタレート(PET)、高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリウレタン(PUR)、ポリスチレン(PS)、その他)分析、処理種類別(化学処理、機械処理、生物学的処理)分析、エンドユーズ用途別(包装、建築・建設、自動車、家具、その他のエンドユーズ用途のリサイクルプラスチック)分析、地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・使用済み再生プラスチックの世界市場:サービス別(収集&輸送、リサイクル、焼却、埋立/廃 …
  • ポリ塩化ビニル(PVC)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリ塩化ビニル(PVC)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリ塩化ビニル(PVC)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ポリ塩化ビニル(PVC)の世界市場:材料別分析/市場規模 ・ポリ塩化ビニル(PVC)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ポリ塩化ビニル(PVC)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリ塩化ビニル(PVC)のアメリカ市場規模予測 ・ポリ塩化ビニル(PVC)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリ塩化ビニル(PVC)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:イントロダクション ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:市場概観 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:セグメント別市場分析 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:装置別分析/市場規模 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:主要地域別市場分析 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:関連企業分析
  • 世界の製紙用でん粉誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界の製紙用でん粉誘導体市場2015について調査・分析し、製紙用でん粉誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:製品別(ブランド、プライベートラベル)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、流通経路別(オンライン販売チャネル、スーパーマーケットおよびハイパーマーケット、デパートおよびコンビニエンスストア、独立した食料品店)
    本市場調査レポートでは食器洗い機用タブレット洗剤について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(ブランド、プライベートラベル)分析、エンドユーザー別(商業用、家庭用)分析、流通経路別(オンライン販売チャネル、スーパーマーケットおよびハイパーマーケット、デパートおよびコンビニエンスストア、独立した食料品店)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:製品別(ブランド、プライベートラベル) ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:エンドユーザー別(商業用、家庭用) ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:流通経路別(オンライン販売チャネル、スーパーマーケットおよびハイパーマーケット、デパートおよびコンビニエンスストア、独立した食料品店) ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 幹細胞アッセイのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、幹細胞アッセイのヨーロッパ市場について調査・分析し、幹細胞アッセイのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アルゼンチンの血栓管理装置市場見通し
  • 3D金属印刷の世界市場分析:製品別(チタン、ニッケル、スチール、アルミニウム)、用途別(航空宇宙・防衛、自動車、医療・歯科)、形状別(粉末、フィラメント)、地域別、国別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3D金属印刷の世界市場について調査・分析し、3D金属印刷の世界市場動向、3D金属印刷の世界市場規模、市場予測、セグメント別3D金属印刷市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ジメチルエーテル(DME)の世界市場動向・予測:LPGブレンディング、エアロゾル噴霧剤、輸送燃料
  • 中国の小型天然ガス自動車(NGV)市場2015
    本調査レポートでは、中国の小型天然ガス自動車(NGV)市場2015について調査・分析し、小型天然ガス自動車(NGV)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カプロラクタムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ナイロン6繊維(テキスタイル、工業、カーペット用フィラメント、ステープルファイバー)・ナイロン6エンジニアリングプラスチック(自動車、電気・電子、産業・機械、ワイヤー&ケーブル))分析、カプロラクタムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア産業における紫外線フィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パーソナルケア産業における紫外線フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パーソナルケア産業における紫外線フィルターの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ロケーションインテリジェンスの世界市場:用途別(セールス・マーケティングの最適化、リモート監視)、サービス別、産業別(輸送、小売)、セグメント予測
    ロケーションインテリジェンスの世界市場は2025年には252億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率15.3%で成長すると予測されています。ネットワークインフラとスマートデバイスおよびデジタル化の急速な普及により、消費者、システムパフォーマンス、資産などのさまざまな情報にアクセスできるようになります。これにより、市場の成長が促進されると予想されます。さらに、事業運営を強化し、パーソナル化されたサービスを提供するための位置データの需要が高まっていることも成長を後押しする要因です。本調査レポートでは、ロケーションインテリジェンスの世界市場について調査・分析し、ロケーションインテリジェンスの世界市場動向、ロケーションインテリジェンスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ロケーションインテリジェンス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 先進X線可視化システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、先進X線可視化システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進X線可視化システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は先進X線可視化システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Philips Healthcare、Siemens等です。
  • エピジェネティクスの世界市場:修飾酵素、DNAポリメラーゼ、アセチラーゼ、メチルトランスフェラーゼ、機器、消耗品、キット、試薬
    当調査レポートでは、エピジェネティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、研究分野別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無機シンチレータの世界市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、無機シンチレータの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 芝生保護の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、芝生保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、芝生保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 人数計測システムの世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、人数計測システムの世界市場について調査・分析し、人数計測システムの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:技術別(ウェアラブル、バーチャルリアリティ、拡張現実、外骨格、インテリジェントバーチャルアシスタント)、機能別(身体装着、非身体装着)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)の世界市場規模が2019年709億ドルから2024年2069億ドルまで年平均23.9%成長すると予測しています。本書は、世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場について調査・分析し、市場概要、技術別(ウェアラブル、バーチャルリアリティ、拡張現実、外骨格人体増強市場、インテリジェントバーチャルアシスタント)分析、機能性別(付着型、未付着型)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:技術別(ウェアラブル、バーチャルリアリティ、拡張現実、外骨格人体増強市場、インテリジェントバーチャルアシスタント) ・世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:機能性別(付着型、未付着型) ・世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 世界のラテックス手袋市場2016
    本調査レポートでは、世界のラテックス手袋市場2016について調査・分析し、ラテックス手袋の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高性能接着剤の世界市場予測(~2022年):エポキシ、ポリウレタン、アクリル、シリコーン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、高性能接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、技術別分析、地域別分析、高性能接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"