"世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2609)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global waterborne coatings market size is projected to register a CAGR of 4.4%, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The global waterborne coatings market size is projected to grow from USD 74.1 billion in 2019 to USD 91.8 billion by 2024, at a CAGR of 4.4%, between 2019 and 2024. The global market for waterborne coatings has witnessed significant growth over the past few years due to the governmental regulations and regulatory policies to reduce harmful VOC emissions, coupled with the consumers’ awareness and the rising demand from the end-product manufacturers for low-VOC products. The rising investment in the market, as well as support from the government policies and subsidies, are key factors for the growth of these coatings in both architectural and industrial applications.

“The epoxy resin segment is expected is expected to register the highest CAGR of the overall waterborne coatings market during the forecast period.”
Epoxy resins are well-known for their excellent chemical and corrosion resistance. This resin is hard and impact resistant. For most applications, epoxy coatings are used as functional coatings for substrate protection, where corrosion resistance, impact resistance, and adhesion are essential. Epoxies are often used for decorative applications. The growing construction, aerospace, and marine industries in the emerging countries of APAC, Europe, and South America, due to increasing disposable income and changing lifestyles have been a major driving factor for the segment.

“The waterborne coatings market in the architectural application is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
Waterborne architectural coatings possess various favorable properties such as high corrosion and temperature resistance, increased durability of end products, and low fire-hazards risk and, thus, are preferred for use in various commercial and industrial applications. With the growing population and increasing migration of population to the developed nations, the construction industry is estimated to develop substantially in the coming years. There is increasing urbanization and migration toward cities for employment, which results in the development of the housing sector in the urban areas of APAC. This is driving the demand for waterborne coatings market in architectural applications .

“APAC waterborne coatings market is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The APAC market is segmented into China, Japan, India, Indonesia, Thailand, and Rest of APAC. The APAC region is expected to continue to account for the largest share of the global waterborne coatings market during the forecast period. China is the largest consumer of waterborne coatings for the past few years. Favorable government policies such as lenient environmental regulations regarding emission levels and lower taxes for manufacturers and increased income levels have resulted in the growth of the waterborne coatings market in China.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the waterborne coatings market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C Level – 30%, D Level – 60%, and Others – 10%
• By Region: Europe – 20%, North America – 35%, APAC – 30%, South America- 5%, and the Middle East & Africa – 10%

The key companies profiled in this report are AkzoNobel N.V. (Netherlands), PPG Industries (US), The Sherwin-Williams Company (US), Nippon Paint Holding Co Ltd (Japan), Axalta Coatings System LLC (US), Tikkurila Oyj (Finland), and Jotun A/S (Norway).

Research Coverage:
This report provides a detailed segmentation of the waterborne coatings market based on resin type, application, and region. Based on resin type, the waterborne coatings industry has been segmented into acrylic, polyester, alkyd, epoxy, polyurethane, PTFE, PVDF, and PVDC. Based on application, the market has been segmented into architectural and industrial coatings. Based on region, the market has been segmented into APAC, Europe, North America, South America, and the Middle East & Africa.

Key Benefits of Buying the Report
From an insights perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high-growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Region Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Unit Considered
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Waterborne Coatings Market
4.2 Waterborne Coatings Market, By Resin Type
4.3 Waterborne Coatings Market, Developed vs. Developing Countries
4.4 APAC Waterborne Coatings Market, By Resin Type and Application
4.5 Waterborne Coatings Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Environmental Regulations Boosting the Demand for Voc-Free Coatings
5.2.1.2 High Growth in End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Uneven Enforcement
5.2.2.2 Availability of Substitutes
5.2.2.3 Sensitivity to Humidity
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth Prospects in Highly Regulated Regions
5.2.3.2 High Growth Potential in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Us-China Trade War
5.2.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.2.5.1 Threat of New Entrants
5.2.5.2 Threat of Substitutes
5.2.5.3 Bargaining Power of Buyers
5.2.5.4 Bargaining Power of Suppliers
5.2.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Waterborne Coatings Market, By Resin Type (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Acrylic
6.2.1 Exceptional Physical Properties are Driving the Demand for Acrylic Resins
6.3 Polyester
6.3.1 Effectiveness of Polyesters in Low-Voc Waterborne Formulations is Driving Their Demand
6.4 Alkyd
6.4.1 High Durability and Good Drying Characteristics are the Factors Driving the Demand for Alkyd Resins
6.5 Epoxy
6.5.1 Epoxy is the Most Versatile Resin Which Finds Applications in Various Industries
6.6 Polyurethane
6.6.1 Excellent Combination of Properties are Influencing the Demand for Polyurethane Coatings
6.7 Polytetrafluoroethylene (PTFE)
6.7.1 Ptfe Coatings are Preferred for General Industrial Applications
6.8 Polyvinylidene Fluoride (PVDF)
6.8.1 Emerging Pvdf Coating Technology is Expected to Gain High Growth in Future
6.9 Polyvinylidene Chloride (PVDC)
6.9.1 Pvdc Imparts A High Gloss Finish on Coated Products
6.1 Others
7 Waterborne Coatings Market, By Application (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Architectural
7.2.1 Residential
7.2.1.1 New Construction
7.2.1.1.1 Rising Homeownership is Leading to the High Growth of the Construction Industry in APAC and the Middle East & Africa
7.2.1.2 Remodel & Repaint
7.2.1.2.1 Harsh Weather Conditions Increase the Need for Renovation and Repair of Constructions Driving the Growth of the Segment
7.2.2 Non-Residential
7.2.2.1 Increased Commercial and Industrial Developments are Expected to Drive the Market in This Segment
7.3 Industrial
7.3.1 Automotive
7.3.1.1 Growing Demand for Electric Vehicles is Likely to Drive the Waterborne Coatings Market
7.3.2 General Industrial
7.3.2.1 Need for Efficient Process and Durable Coatings With Better Aesthetics is Boosting the Market Growth in This Segment
7.3.3 Protective
7.3.3.1 APAC is Emerging as A Strategic Location for Coating Manufacturers in the Protective Application
7.3.4 Wood
7.3.4.1 Increasing Construction and Infrastructure Activities are Increasing the Waterborne Coatings Demand
7.3.5 Marine
7.3.5.1 The Slow Growth of the Shipbuilding Sector is Hampering the Demand for Waterborne Coatings in Marine
7.3.6 Packaging
7.3.6.1 Improved Lifestyles and Changing Food Habits are Leading to the High Growth of the Market
7.3.7 Coil
7.3.7.1 Waterborne Coatings Offer Durability and Cost-Benefit Properties to Coils
7.3.8 Other End-Uses
8 Waterborne Coatings Market, By Region (Page No. – 79)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 High Investments By the Government in Infrastructure Development is Leading to the Growth of the Construction Industry of the Country
8.2.2 India
8.2.2.1 A Boom in the Real Estate Industry is Expected to Drive the Waterborne Coatings Market
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Investments in Infrastructural Markets By Public and Private Sectors are Expected to Boost the Demand for Waterborne Coatings
8.2.4 Indonesia
8.2.4.1 Increasing Penetration of Japanese Carmakers is Likely to Benefit the Waterborne Coatings Market in the Country
8.2.5 Thailand
8.2.5.1 Automotive Being the Key Industry in the Country Contributes Significantly to the Market Growth
8.2.6 Rest of APAC
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Favorable Economic Environment for the Construction Sector and Rising Demand for New Homes From New Migrants are Leading to the Market Growth
8.3.2 Russia
8.3.2.1 The Crisis in Automotive Industry Owing to Currency Devaluation is Leading to Moderate Growth of the Market
8.3.3 Italy
8.3.3.1 New Project Finance Rules and Investment Policies in the Construction Sector are Expected to Boost the Market Growth
8.3.4 Turkey
8.3.4.1 Rapid Urbanization and Diversification of Consumer Goods are Positively Impacting the Market
8.3.5 France
8.3.5.1 Reviving Economy Coupled With an Investment in Infrastructure is Expected to Boost the Demand for Waterborne Coatings
8.3.6 UK
8.3.6.1 The Growing Construction Sector Along With Government Spending Will Spur the Waterborne Coatings Market Growth
8.3.7 Spain
8.3.7.1 Increase in Housing Units Boosts the Waterborne Coatings Demand
8.3.8 Rest of Europe
8.4 North America
8.4.1 US
8.4.1.1 Presence of Major Manufacturers is Fueling the Market Growth
8.4.2 Canada
8.4.2.1 The Construction Industry Will Be the Major Contributor to Waterborne Coatings Market Growth
8.4.3 Mexico
8.4.3.1 New Construction in the Residential Segment is Likely to Drive the Waterborne Coatings Market
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Government has Made Huge Investments in Infrastructure Development to Boost Tourism
8.5.2 South Africa
8.5.2.1 There is Substantial Demand for Architectural Coatings in Building Projects
8.5.3 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Investment Partnership Program has Promoted the Private Sector Participation in Infrastructure Development
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 China-Built Projects in the Country Have Improved the Livelihood and Created Employment Opportunities
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 119)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Ranking Analysis
9.6 Competitive Scenario
9.6.1 Merger & Acquisition
9.6.2 Investment & Expansion
9.6.3 Partnership & Collaboration
9.6.4 New Product Development
10 Company Profiles (Page No. – 129)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 The Sherwin-Williams Company
10.2 BASF SE
10.3 Akzonobel N.V.
10.4 PPG Industries Inc.
10.5 RPM International Inc.
10.6 Asian Paints Limited
10.7 Axalta Coating Systems LLC
10.8 Nippon Paint Holdings Co. Ltd.
10.9 Kansai Paint Co. Ltd.
10.10 Tikkurila OYJ
10.11 Jotun Group
10.12 Other Key Companies
10.12.1 Berger Paints India Ltd.
10.12.2 Teknos Group
10.12.3 Masco Corporation
10.12.4 Hempel A/S
10.12.5 Duluxgroup Ltd.
10.12.6 Diamond-Vogel Paint Company
10.12.7 Benjamin Moore & Co.
10.12.8 Kelly-Moore Paints
10.12.9 Stahl Holdings B.V.
10.12.10 Cromology (Formerly Materis Paints)
10.12.11 Cloverdale Paint Inc.
10.12.12 Brillux GmbH & Co. KG
10.12.13 Carpoly Chemical Group Co., Ltd.
10.12.14 Lanco Paints
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 160)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2609
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の水性コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC)、用途別(建築および産業)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 神経インターベンション装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、神経インターベンション装置の世界市場について調査・分析し、神経インターベンション装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 神経インターベンション装置の世界市場:市場動向分析 - 神経インターベンション装置の世界市場:競争要因分析 - 神経インターベンションの世界市場:用途別 ・動静脈奇形および動静脈瘻 ・脳動脈瘤 ・虚血性脳梗塞 ・頭蓋内アテローム性動脈硬化 - 神経インターベンションの世界市場:製品別 ・ 頸動脈血管形成およびステント ・ 動脈瘤コイリングおよび塞栓装置 ・ マイクロサポートデバイス ・脳血栓除去 - 神経インターベンションの世界市場:技術別 ・血管形成・ステント ・脳血栓除去 ・術前腫瘍塞栓 ・椎体形成術 ・脳梗塞治療 - 神経インターベンションの世界市場:エンドユーザー別 ・外来ケアセンター ・病院 ・神経科診療所 - 神経インターベンション装置の世界市場:主要地域別分析 - 神経インターベンション装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 神経インターベンショ …
  • 体外肺の世界市場:タイプ別(2Dセルモデル、3Dセルモデル)、地域別予測
    本資料は、体外肺の世界市場について調べ、体外肺の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(2Dセルモデル、3Dセルモデル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・体外肺の世界市場概要 ・体外肺の世界市場環境 ・体外肺の世界市場動向 ・体外肺の世界市場規模 ・体外肺の世界市場規模:タイプ別(2Dセルモデル、3Dセルモデル) ・体外肺の世界市場:地域別市場規模・分析 ・体外肺の北米市場規模・予測 ・体外肺のアメリカ市場規模・予測 ・体外肺のヨーロッパ市場規模・予測 ・体外肺のアジア市場規模・予測 ・体外肺の日本市場規模・予測 ・体外肺の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 歯科画像技術の世界市場予測2017-2027:X線、CBCT、口腔内カメラ
    当調査レポートでは、歯科画像技術の世界市場について調査・分析し、歯科画像技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・歯科画像技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・歯科画像技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・歯科画像技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場について調査・分析し、化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:市場動向分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:競争要因分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:製造プロセス別 ・メタノール・ガソリン(MTG)プロセス ・ガソリンプラスプロセス ・フィッシャー・トロプシュプロセス - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:規模別 ・小規模 ・大規模 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:製品別 ・ディーゼル ・エタン ・LPG ・パラフィン ・基油 ・ナフサ - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:主要地域別分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 化学・エネルギー用GTLプロセスのヨーロッパ市場規模 - 化学・エネルギー用GTLプロセスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • ウルトラモバイル端末の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、ウルトラモバイル端末の世界市場について調査・分析し、ウルトラモバイル端末の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ウルトラモバイル端末の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ウルトラモバイル端末の世界市場:セグメント別市場分析 ・ウルトラモバイル端末の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別
    本調査レポートはトランスフェクション試薬&機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(試薬、機器)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・トランスフェクション試薬&機器の世界市場:製品別(試薬、機器) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤の概要 ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オルニチンデカルボキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーガニック&天然女性用ケア製品の世界市場:生理衛生用品、タンポン、パンティーライナー
    当調査レポートでは、オーガニック&天然女性用ケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、オーガニック&天然女性用ケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • E-リキッドの世界市場:プレフィルドE-リキッド、瓶詰E-リキッド
  • キノコの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キノコの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キノコの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スリランカの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 卵巣癌治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、卵巣癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、卵巣癌治療薬市場規模、種類別(上皮性卵巣癌、胚細胞卵巣癌、間質細胞卵巣癌、小細胞卵巣癌)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・卵巣癌治療薬の世界市場概要 ・卵巣癌治療薬の世界市場環境 ・卵巣癌治療薬の世界市場動向 ・卵巣癌治療薬の世界市場規模 ・卵巣癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・卵巣癌治療薬の世界市場:種類別(上皮性卵巣癌、胚細胞卵巣癌、間質細胞卵巣癌、小細胞卵巣癌) ・卵巣癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・卵巣癌治療薬の北米市場規模・予測 ・卵巣癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・卵巣癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・卵巣癌治療薬の主要国分析 ・卵巣癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・卵巣癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・卵巣癌治療薬の世界市場:競争環境 ・卵巣癌治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析 …
  • 自動車用レーダーの世界市場:用途別(適応クルーズコントロール(ACC)、自律緊急ブレーキ(AEB)、死角検知(BSD)、前方衝突警告システム、インテリジェントパークアシスト、その他)、周波数別(24GHz、77GHz、79GHz)、範囲別(長距離レーダー(LRR)&短中距離レーダー(S&MRR))、車両種類別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車用レーダーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(適応クルーズコントロール(ACC)、自律緊急ブレーキ(AEB)、死角検知(BSD)、前方衝突警告システム、インテリジェントパークアシスト、その他)分析、周波数別(24GHz、77GHz、79GHz)分析、範囲別(長距離レーダー(LRR)&短中距離レーダー(S&MRR))分析、車両種類別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車用レーダーの世界市場:用途別(適応クルーズコントロール(ACC)、自律緊急ブレーキ(AEB)、死角検知(BSD)、前方衝突警告システム、インテリジェントパークアシスト、その他) ・自動車用レーダーの世界市場:周波数別(24GHz、77GHz、79GHz) ・自動車用レーダーの世界市場:範囲別(長距離レーダー(LRR)&短中距離レーダー(S&MRR)) ・自動車用レーダーの世界市場:車両種類別(乗用車&商用車) ・自動車用レーダーの世界 …
  • エッグトレーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エッグトレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エッグトレーの世界市場規模及び予測、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MEPサービスの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、MEPサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEPサービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 飲料用カートン包装機械の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飲料用カートン包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、自動化別分析、用途別分析、地域別分析、飲料用カートン包装機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dディスプレイの世界市場:3Dテレビ、3Dスマートフォン、3D HMD
    当調査レポートでは、3Dディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dディスプレイの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アスタキサンチンの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、原料別分析、生産方式別分析、地域別分析、アスタキサンチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フルフラールの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、フルフラールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原材料別(スガカンバガス、コーンコブ、もみ殻など)分析、用途別(誘導体(フルフラールアルコール及びその他の誘導体)、溶媒)分析、フルフラールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フルフラールの世界市場規模が2019年551百万ドルから2024年700百万ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。
  • バイオ農薬のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬のヨーロッパ市場について調査・分析し、バイオ農薬のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 家庭用機器のアメリカ市場:製品別、流通経路別、セグメント予測
  • 韓国の患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 乳房生検の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の乳房生検市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・乳房生検の世界市場:イントロダクション ・乳房生検の世界市場:市場概観 ・乳房生検の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・乳房生検の世界市場:セグメント別市場分析 ・乳房生検の世界市場:主要地域別市場分析 ・乳房生検の世界市場:関連企業分析
  • 世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、およびプロテアーゼ)、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物)、由来別(微生物、植物、動物)、フォーム別(乾燥および液体)、地域別
    MarketsandMarkets社は、飼料用酵素の世界市場規模が2019年12億ドルから2025年20億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当資料では、世界の飼料用酵素市場を統合的に調査・分析し、市場概要、機能別(パフォーマンス強化、フィード効率)分析、種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他)分析、由来別(微生物、植物、動物)分析、フォーム別(気体、液体)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の飼料用酵素市場:機能別(パフォーマンス強化、フィード効率) ・世界の飼料用酵素市場:種類別(フィターゼ、プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、その他) ・世界の飼料用酵素市場:由来別(微生物、植物、動物) ・世界の飼料用酵素市場:フォーム別(気体、液体) ・世界の飼料用酵素市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他) ・世界の飼料用酵素市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 原子層堆積(ALD)法の世界市場:タイプ別(フィルム、プリカーサ、材料、その他)、製品タイプ別(酸化アルミニウムALD、触媒ALD、金属ALD、プラズマ使用ALD、その他)、用途別、最終用途別(半導体・電子、化学 、エネルギー、その他)、地域別予測
    本資料は、原子層堆積(ALD)法の世界市場について調べ、原子層堆積(ALD)法の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(フィルム、プリカーサ、材料、その他)分析、製品タイプ別(酸化アルミニウムALD、触媒ALD、金属ALD、プラズマ使用ALD、その他)分析、用途別分析、最終用途別(半導体・電子、化学 、エネルギー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・原子層堆積(ALD)法の世界市場概要 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場環境 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場動向 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:タイプ別(フィルム、プリカーサ、材料、その他) ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:製品タイプ別(酸化アルミニウムALD、触媒ALD、金属ALD、プラズマ使用ALD、その他) ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:用途別 ・原子層堆積(ALD)法の世界市場規模:最終用途別(半導体・電子、 …
  • キックボクシング用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キックボクシング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キックボクシング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの リアルタイム入札(RTB)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの リアルタイム入札(RTB)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの リアルタイム入札(RTB)市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バーチャル顧客構内設備(V-CPE)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、バーチャル顧客構内設備(V-CPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、サービスモデル別分析、応用分野別分析、企業規模別分析、バーチャル顧客構内設備(V-CPE)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、超音波装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超音波装置市場規模、携帯性別(ハンドヘルド型・コンパクト型超音波装置、カート型・台車型超音波装置)分析、種類別(ポータブル超音波画像診断、ワイヤレス超音波画像診断)分析、ディスプレイ別(白黒式超音波装置、カラー式超音波装置)分析、用途別(心臓病、血管、放射線・一般画像診断、泌尿器科、産科・婦人科、消化器科、麻酔科、神経科、筋骨格系、その他)分析、技術別(超音波治療、超音波診断、砕石術用超音波画像診断)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 超音波装置の世界市場:市場動向分析 ・ 超音波装置の世界市場:競争要因分析 ・ 超音波装置の世界市場:携帯性別(ハンドヘルド型・コンパクト型超音波装置、カート型・台車型超音波装置) ・ 超音波装置の世界市場:種類別(ポータブル超音波画像診断、ワイヤレス超音波画像診断) ・ 超音波装置の世界市場:ディスプレイ別(白黒式超音波装置、カラー …
  • 世界の医療用スリーパーチェア市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用スリーパーチェア市場2015について調査・分析し、医療用スリーパーチェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防火システムの世界市場:火災感知センサー、感知器、RFID、スプリンクラー設備、消火器
    当調査レポートでは、防火システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 下痢(Diarrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下痢(Diarrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・下痢(Diarrhea)の概要 ・下痢(Diarrhea)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の下痢(Diarrhea)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・下痢(Diarrhea)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・下痢(Diarrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • ゴム手袋の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ゴム手袋の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゴム手袋市場規模、種類別(粉無し、粉付き)分析、グレード別(工業用、医療用)分析、材料別(合成、天然、その他)分析、エンドユーザー別(化学、建設、食品加工、医療、石油・ガス、自動車、家庭、工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゴム手袋の世界市場:市場動向分析 ・ ゴム手袋の世界市場:競争要因分析 ・ ゴム手袋の世界市場:種類別(粉無し、粉付き) ・ ゴム手袋の世界市場:グレード別(工業用、医療用) ・ ゴム手袋の世界市場:材料別(合成、天然、その他) ・ ゴム手袋の世界市場:エンドユーザー別(化学、建設、食品加工、医療、石油・ガス、自動車、家庭、工業、その他) ・ ゴム手袋の世界市場:主要地域別分析 ・ ゴム手袋の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ゴム手袋のヨーロッパ市場規模 ・ ゴム手袋のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゴム手袋の …
  • 機能性食品の世界市場分析:製品別(カロテノイド、食物繊維、脂肪酸、鉱物、プレバイオティクス・プロビオティック、ビタミン)、用途別、エンドユーザー別(スポーツ栄養、体重管理、免疫、消化器の健康)、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、機能性食品の世界市場について調査・分析し、機能性食品の世界市場動向、機能性食品の世界市場規模、市場予測、セグメント別機能性食品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リン酸鉄リチウム(LFP)電池の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リン酸鉄リチウム(LFP)電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リン酸鉄リチウム(LFP)電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイアフラムポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ダイアフラムポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイアフラムポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PR(広報)用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、PR(広報)用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、PR(広報)用ロボットの世界市場規模及び予測、エンドユーザー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水泳用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水泳用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水泳用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 水泳用品とは、水着、スイムゴーグル、スイムキャップ、アクセサリーなどを指します。市場では、幅広い種類のデザインやプリントの水泳用品があり、様々な素材のイノベーションが行われています。しかしながら、水泳用品素材の製造は様々な運営団体によって制限されており、市場にマイナスの影響を及ぼしています。Technavio社は水泳用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.40%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arena • Aqua Sphere• DIANA• Speedo• La Perla等です。
  • 無機シンチレータの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・無機シンチレータの世界市場:イントロダクション ・無機シンチレータの世界市場:市場概観 ・無機シンチレータの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・無機シンチレータの世界市場:セグメント別市場分析 ・無機シンチレータの世界市場:用途別分析/市場規模 ・無機シンチレータの世界市場:種類別分析/市場規模 ・無機シンチレータの世界市場:主要地域別市場分析 ・無機シンチレータの世界市場:関連企業分析
  • 世界の医薬品用パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界の医薬品用パッケージ市場2015について調査・分析し、医薬品用パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーンゲルの世界市場2018-2022
    シリコーンゲルは、透明なゼリー状の構造を有し、優れた柔軟性、耐薬品性、電気的強度を示す軟質硬化ポリマーからなります。Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間に世界のシリコーンゲル市場が6.46%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、ChemChina、DowDuPont、KCC CORPORATION、Momentive、Shin-Etsu Chemical、Wacker Chemieなどです。 当調査レポートでは、シリコーンゲルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリコーンゲル市場規模、エンドユーザー別(電気・電子機器、医療・医薬品、化粧品・パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シリコーンゲルの世界市場概要 ・シリコーンゲルの世界市場環境 ・シリコーンゲルの世界市場動向 ・シリコーンゲルの世界市場規模 ・シリコーンゲルの世界市場:業界構造分析 ・シリコーンゲル …
  • ビジネスアナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビジネスアナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビジネスアナリティクス市場規模、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、ソフトウェア別(高度なアナリティクス・予測的アナリティクス、コンテンツアナリティクス、照会レポート・分析ツール、エンタープライズパフォーマンス管理、位置情報、データウェアハウジングプラットフォーム)分析、ユーザータイプ別(企業、SMBS)分析、サービス別(プロフェッショナル、マネージド)分析、エンドユーザー別(銀行、金融サービス、保険(BFSI)、テレコム・IT、政府、エネルギー・電力、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア、小売、教育、製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ ビジネスアナリティクスの世界市場:導入タイプ別(オンプレミス、クラウド) ・ ビジネスア …
  • スウェーデンの心臓補助装置市場見通し
  • 医学用語ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    医療用語ソフトウェアの世界市場は、2019年の7億700万米ドルから2024年には17億8,600万米ドルに達し、この期間中20.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、医療過誤の最小化への注目の高まり、HCIT採用に向けた政府の取り組み、医療機関の専門用語の内容の不一致および細分化、データの整合性を維持する必要性の高まりなどが考えられます。一方で、慣習に倣うことよりも用語集ソフトウェアを使用することへの抵抗感は、市場の成長にとって大きな課題となっています。当調査レポートでは、医学用語ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(データ集約、償還、意思決定支援、臨床試験)分析、製品・サービス(サービス、プラットフォーム)分析、エンドユーザー(医療提供者、保険者、ITベンダー)分析、医学用語ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンの北米市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンの北米市場について調査・分析し、ポリオレフィンの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ロボットシミュレーターの世界市場2019-2023
    ロボットシミュレーターは、設計およびプログラミングコードを含む仮想ロボットを作成するために使用されます。ロボットシミュレーターの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率11.37%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、ABB、FANUC、Midea Group、NVIDIA、Siemens、などです。 当調査レポートでは、ロボットシミュレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボットシミュレーター市場規模、タイプ別(オンプレミス、クラウドベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ロボットシミュレーターの世界市場概要 ・ロボットシミュレーターの世界市場環境 ・ロボットシミュレーターの世界市場動向 ・ロボットシミュレーターの世界市場規模 ・ロボットシミュレーターの世界市場:業界構造分析 ・ロボットシミュレーターの世界市場:タイプ別(オンプレミス、クラウドベース) ・ロボットシミュレーターの世界市場:地 …
  • プラスチック製ストラップの世界市場:タイプ別(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、紙、合成、コード付き、織布)、最終用途産業別(繊維、スチール、コットン、紙、レンガ・タイル)、地域別予測
    本資料は、プラスチック製ストラップの世界市場について調べ、プラスチック製ストラップの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、紙、合成、コード付き、織布)分析、最終用途産業別(繊維、スチール、コットン、紙、レンガ・タイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プラスチック製ストラップの世界市場概要 ・プラスチック製ストラップの世界市場環境 ・プラスチック製ストラップの世界市場動向 ・プラスチック製ストラップの世界市場規模 ・プラスチック製ストラップの世界市場規模:タイプ別(ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロン、紙、合成、コード付き、織布) ・プラスチック製ストラップの世界市場規模:最終用途産業別(繊維、スチール、コットン、紙、レンガ・タイル) ・プラスチック製ストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチック製ストラップの北米市場規模・予測 ・プラスチック製ストラップのアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • 世界のマイクロニードルユニット市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 飼料用非蛋白性窒素(NPN)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、飼料用非蛋白性窒素(NPN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、形態別分析、家畜別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代不揮発性メモリの世界市場の規模と予測:製品別(FeRAM、PCM、MRAM、ReRAM)、用途別(携帯電話、キャッシュメモリ・企業用ストレージ、組み込み型MCU・スマートカード)、地域別、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、次世代不揮発性メモリの世界市場について調査・分析し、次世代不揮発性メモリの世界市場動向、次世代不揮発性メモリの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代不揮発性メモリ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"