"世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7500)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growth of global construction sector is driving the overall inorganic pigments market.”
The inorganic pigments market size is expected to grow from USD 22.0 billion in 2019 to USD 28.3 billion by 2024, at a CAGR of 5.1% during the forecast period. The market is driven by various factors, such as increasing demand for paints & coatings from construction and automotive industries, along with demand from the packaging industry. However, stringent regulations related to cadmium and chromium-based pigments and fluctuations in raw material prices are restraining the growth of the market.

“Titanium dioxide segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”
Titanium dioxide is the fastest-growing type of inorganic pigments in the overall market. Titanium dioxide has better light-scattering properties that help to provide excellent opacity, brightness, and whiteness to the products. It is a white-colored inorganic pigment and is widely used in paints & coatings and plastics applications.

“Paints & coatings to be the fastest-growing application of inorganic pigments market during the forecast period.”
The inorganic pigments market has been segmented on the basis of application as paints & coatings, plastics, inks, and others. Paints & coatings and plastics are the fastest and the second-fastest growing applications for inorganic pigments. Paints & coatings and plastics are used in a wide number of industries, including building & construction, automotive, packaging, paper & printing, and textiles.

“Building & construction industry is expected to account for the largest market share during the forecast period.”
Inorganic pigments are used to improve the quality of construction as they provide heat stability, chemical inertness, durability, and weather resistance to construction materials. In the construction industry, inorganic pigments are also used in exterior applications such as fencing, decking, railing, siding, cladding, and roofing of buildings. Growing awareness and the booming business of interior decoration also drive the use of inorganic pigment in the building & construction industry.

“APAC is expected to register the highest growth during the forecast period.”
APAC is expected to register the highest growth during the forecast period due to the increasing population and urbanization. The increasing developments in the building & construction and automotive industries and increasing use of plastics in emerging countries of the region are providing huge growth opportunities for the inorganic pigments market.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the inorganic pigments market.
• By Company Type – Tier 1: 25%, Tier: 50%, and Tier 3: 25%
• By Designation – D Level: 30%, C Level: 20%, Others: 50%
• By Region – Europe: 30%, APAC: 25%, North America: 20%, South America: 15%, Middle East & Africa: 10%

The inorganic pigments market comprises major players such as Venator (UK), The Chemours Company (US), Tronox Limited (US), LANXESS (Germany), Kronos Worldwide, Inc. (US), Cathay Industries (China), Clariant (Switzerland), Ferro Corporation (US), Heubach GmbH (Germany), Lomon Billions (China), Alabama Pigments Company (US), Cabot Corporation (US), Carl Schlenk AG (Germany), Dominion Colour Corporation (Canada), DyStar (US), ECKART GmbH (Germany), Heubach GmbH (Germany), INEOS Pigments (US), Jiangsu Yuxing Industry & Trade Co., Ltd. (China), Matapel Chemicals (Indonesia), Tasnee (Saudi Arabia), Sudarshan Chemicals (India), Sun Chemical (US), Tata Pigments (India), and Zhejiang Huayuan Pigments Co., Ltd. (China).

Research Coverage:
The market study covers the inorganic pigments market and its segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market on the basis of pigment type, application, end-use industry, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall inorganic pigments market and the sub-segments. The stakeholders will be able to understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It will also help stakeholders comprehend the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Inorganic Pigments Market Analysis Through Primary Interviews
2.3.2 Inorganic Pigments Market Analysis Through Secondary Sources
2.4 Research Limitations
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
3.1 Introduction
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Inorganic Pigments Market
4.2 Inorganic Pigments Market, By Pigment Type
4.3 Inorganic Pigments Market, By Application
4.4 Inorganic Pigments Market, By End-Use Industry
4.5 Inorganic Pigments Market, By Region
4.6 APAC Inorganic Pigments Market, By End-Use Industry and Country
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growth of Global Construction Sector
5.2.1.2 Increasing Significance of Aesthetics in Packaging Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations Related to Cadmium and Chromium-Based Pigments
5.2.2.2 Raw Material Price Fluctuation
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rapid Industrialization in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Regulations Related to Plastic Recycling
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicator
5.4.1 Global GDP Trends and Forecasts
5.4.2 Trends in Plastics Industry
5.4.3 Trends in Automotive Industry
6 Inorganic Pigments Market, By Pigment Type (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Titanium Dioxide
6.2.1 Titanium Dioxide is the Most-Widely Consumed Inorganic Pigment
6.3 Iron Oxide
6.3.1 Increasing Demand From Construction Sector and Rapid Urbanization to Drive the Demand for Iron Oxide
6.4 Carbon Black
6.4.1 Carbon Black Mostly Used for Its Good Tinting Strength, UV Protection, and Thermal Conductivity
6.5 Others
7 Inorganic Pigments Market, By Application (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Paints & Coatings
7.2.1 Growth of Construction and Automotive Industries to Fuel Consumption of Inorganic Pigments
7.3 Plastics
7.3.1 Demand for Better Aesthetics in Plastics Driving Consumption of Inorganic Pigments
7.4 Inks
7.4.1 Digital Printing Industry to Drive the Demand for Inorganic Pigment in Inks Application
7.5 Others
8 Inorganic Pigments Market, By End-Use Industry (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Building & Construction
8.2.1 Growing Preference for Good Aesthetics in Building & Construction Industry to Drive the Demand
8.3 Automotive
8.3.1 Growth of Automotive Industry to Drive the Demand for Inorganic Pigment in Automotive Coating
8.4 Packaging
8.4.1 Increasing Significance of Aesthetics in Packaging Industry to Drive the Demand
8.5 Paper & Printing
8.5.1 Developing Countries Witnessing Increasing Demand for Paper
8.6 Textile
8.6.1 Changing Fashion Trend Fueling Consumption of Inorganic Pigments
8.7 Others
9 Inorganic Pigments Market, By Region (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 Growing Demand for Paints & Coatings to have Positive Impact on Inorganic Pigments Market
9.2.2 India
9.2.2.1 Growing Construction Industry Will Propel the Inorganic Pigments Market
9.2.3 Japan
9.2.3.1 Increasing Automobiles Production Expected to Boost the Market
9.2.4 South Korea
9.2.4.1 Increased Demand From the Construction Industry is Driving the Market
9.2.5 Indonesia
9.2.5.1 Steady Economic Growth of the Country to Drive the Demand for Inorganic Pigments
9.2.6 Thailand
9.2.6.1 Developing Industries are Expected to Drive the Market in Thailand
9.2.7 Rest of APAC
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Presence of Strong Industrial Base Likely to Drive Inorganic Pigments Market in Germany
9.3.2 France
9.3.2.1 Increasing Paints & Coatings Application Expected to Boost the Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Growth of Construction Sector to Spur the Demand for Inorganic Pigments
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Construction and Packaging Industries of Italy to Fuel the Inorganic Pigments Market
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth of Various Industries Will Drive the Inorganic Pigments Market
9.3.6 Russia
9.3.6.1 Automotive and Construction Sectors Likely to Drive the Inorganic Pigments Market
9.3.7 Rest of Europe
9.4 North America
9.4.1 US
9.4.1.1 Automotive and Construction Industries Will Drive the Inorganic Pigments Market in US
9.4.2 Canada
9.4.2.1 Recovery of Country’s Economy Favorable for Market Growth
9.4.3 Mexico
9.4.3.1 Growing Demand for Plastics in Mexico is Expected to Fuel Consumption of Inorganic Pigments
9.5 South America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 With A Growing Industrial Sector, Brazil is A Lucrative Market for Inorganic Pigments
9.5.2 Argentina
9.5.2.1 Shrinking Economy Impacting Inorganic Pigments Market in Argentina
9.5.3 Chile
9.5.3.1 Strong Growth of Construction Sector Expected to Increase Consumption of Inorganic Pigments
9.5.4 Rest of South America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Saudi Arabia
9.6.1.1 Increasing Investment in Infrastructure Expected to Spur the Demand for Inorganic Pigments
9.6.2 South Africa
9.6.2.1 Increased Investment in Construction Industry Boosting the Market
9.6.3 UAE
9.6.3.1 UAE’s Growing Infrastructure Will Drive the Inorganic Pigments Demand
9.6.4 Turkey
9.6.4.1 Increasing Investment in Industrial Sector Expected to Lead the Growth of Inorganic Pigments Market
9.6.5 Rest of Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 102)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Players
10.2.5 Strength of Product Portfolio
10.2.6 Business Strategy Excellence
10.3 Ranking of Key Players
10.3.1 Venator
10.3.2 The Chemours Company
10.3.3 Tronox Limited
10.3.4 Lanxess
10.3.5 Kronos Worldwide, Inc.
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Investment & Expansion
10.4.2 New Product Launch
10.4.3 Merger & Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 111)
(Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MNM view)*
11.1 Venator
11.2 The Chemours Company
11.3 Tronox Limited
11.4 Lanxess
11.5 Kronos Worldwide, Inc.
11.6 Cathay Industries
11.7 Clariant
11.8 Ferro Corporation
11.9 Heubach GmbH
11.10 Lomon Billions
11.11 Other Companies
11.11.1 Alabama Pigments Company
11.11.2 Cabot Corporation
11.11.3 Carl Schlenk AG
11.11.4 Dominion Colour Corporation
11.11.5 Dystar
11.11.6 Eckart GmbH
11.11.7 Habich GmbH
11.11.8 Ineos Pigments
11.11.9 Jiangsu Yuxing Industry & Trade Co., LTD.
11.11.10 Matapel Chemicals
11.11.11 National Industrialization Company (Tasnee)
11.11.12 Sudarshan Chemicals
11.11.13 Sun Chemical
11.11.14 Tata Pigments
11.11.15 Zhejiang Huayuan Pigment Co., LTD.
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies.
12 Appendix (Page No. – 137)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7500
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ガスタービンの世界市場分析:容量別(200MW以下、200MW以上)、技術別(オープンサイクル、コンバインドサイクル)、用途別(発電、産業、航空)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、ガスタービンの世界市場動向、ガスタービンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ガスタービン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア)、ハードウェア別(ビーコン、RFIDタグ、センサー、ウェアラブル機器)、サービス別(専門サービス、マネージドサービス)、技術別(Bluetooth Low Energy、Near Field Communication、ZigBee、その他)、地域別予測
    本資料は、小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場について調べ、小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、ハードウェア別(ビーコン、RFIDタグ、センサー、ウェアラブル機器)分析、サービス別(専門サービス、マネージドサービス)分析、技術別(Bluetooth Low Energy、Near Field Communication、ZigBee、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場概要 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場環境 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場動向 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場規模 ・小売業向けIoT(モノのインターネット)の世界市場規模:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア) ・小売業向けIoT(モノのインター …
  • 海底油井アクセス装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、海底油井アクセス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、海底油井アクセス装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリトラクター市場2015
    本調査レポートでは、世界のリトラクター市場2015について調査・分析し、リトラクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジアのプロピレン市場:ポリプロピレン、アクリロニトリル、クメン、酸化プロピレン
  • アジアの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 世界の圧延銅箔市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧延銅箔市場2015について調査・分析し、圧延銅箔の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒドロキシアパタイトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ヒドロキシアパタイトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヒドロキシアパタイト市場規模、種類別(マイクロサイズ、ナノサイズ、マイクロメータ以上)分析、製品別(研究用ヒドロキシアパタイト、医療用ヒドロキシアパタイト)分析、アプリケーション別(美容整形手術、歯科医療、整形外科、その他、生化学研究)分析、流通経路別(販売業者、直販)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ヒドロキシアパタイトの世界市場:市場動向分析 ・ ヒドロキシアパタイトの世界市場:競争要因分析 ・ ヒドロキシアパタイトの世界市場:種類別(マイクロサイズ、ナノサイズ、マイクロメータ以上) ・ ヒドロキシアパタイトの世界市場:製品別(研究用ヒドロキシアパタイト、医療用ヒドロキシアパタイト) ・ ヒドロキシアパタイトの世界市場:アプリケーション別(美容整形手術、歯科医療、整形外科、その他、生化学研究) ・ ヒドロキシアパタイトの世界市場:流通経路別(販売業者 …
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ1B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 1ブテンの世界市場:需要・供給および価格分析
  • ガス検知器の世界市場
    当調査レポートでは、ガス検知器の世界市場について調査・分析し、ガス検知器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • クラウドセキュリティソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドセキュリティソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cisco • IBM • McAfee• Symantec• Trend Micro等です。
  • 蛋白質治療の世界市場2017-2021:mAbs、ヒトインスリン、凝固因子、EPO、ヒト成長ホルモン
    当調査レポートでは、蛋白質治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、蛋白質治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))の概要 ・増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の増殖性硝子体網膜症(Proliferative Vitreoretinopathy (PVR))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • 繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場動向・予測(~2021年):ポリエステル繊維、エポキシ樹脂、炭素繊維、ガラス繊維
    当調査レポートでは、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナフタレン誘導体の世界市場予測:ナフタレンスルホン酸、SNF、ANS、ナフトール
    当調査レポートでは、ナフタレン誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、形状別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ナフタレン誘導体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のグルーミングバスタブ市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルーミングバスタブ市場2015について調査・分析し、グルーミングバスタブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別
    MarketsandMarkets社は、工業用床コーティングの世界市場規模が2019年55億ドルから2024年68億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の工業用床コーティング市場を広く調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、ハイブリッド、その他)分析、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ、その他)分析、コンポーネント別(1成分、2成分、3成分、4成分、5成分)分析、技術別(ウォーターボーン、ソルベントボーン)分析、エンドユーズセクター別(製造、航空・輸送、食品加工、科学技術、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、ハイブリッド、その他) ・世界の工業用床コーティング市場:床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ、その他) ・世界の工業用床コーティング市場:コンポーネント別(1成分、2成分、3成分、4成分、5成分) ・世界の工業用床コー …
  • 慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性蕁麻疹(Chronic Urticaria Or Hives)治療薬剤
  • 食品業界用流動層乾燥器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品業界用流動層乾燥器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品業界用流動層乾燥器市場規模、製品別(振動流動層乾燥機、静止流動層乾燥機)分析、作動別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場概要 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場環境 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場動向 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場規模 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:業界構造分析 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:製品別(振動流動層乾燥機、静止流動層乾燥機) ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:作動別 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品業界用流動層乾燥器のアメリカ市場規模・予測 ・食品業界用流動層乾燥器のヨーロッパ市場規模・予測 ・食品業界用流動層乾燥器のアジア市場規模・予測 ・食品業界用流動層乾燥器の主要国分析 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:意思決定フレーム …
  • 乳製品加工装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乳製品加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳製品加工装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、手術室/OR統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(一般外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、胸部外科)分析、エンドユーザー別(病院、ASC)分析、手術室/OR統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、手術室/OR統合の世界市場規模が2019年10億ドルから2024年17億ドルまで年平均12.4%成長すると予測しています。
  • グアーガムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、グアーガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、グアーガムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリウレタン接着剤の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ポリウレタン接着剤の世界市場規模が2019年70億ドルから2024年91億ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ポリウレタン接着剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、樹脂別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)分析、技術別(溶剤系、100%固形分、分散液、その他)分析、エンドユーズ産業別(自動車&輸送、建築&建設、包装、靴、工業、家具&装飾、その他)分析、地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・ポリウレタン接着剤の世界市場:樹脂別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂) ・ポリウレタン接着剤の世界市場:技術別(溶剤系、100%固形分、分散液、その他) ・ポリウレタン接着剤の世界市場:エンドユーズ産業別(自動車&輸送、建築&建設、包装、靴、工業、家具&装飾、その他) ・ポリウレタン接着剤の世界市場:地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米など) ・競合環境 ・企業概 …
  • ハイブリッドクラウドの世界市場:クラウド管理・組織化、災害復旧、セキュリティ・コンプライアンス、ハイブリッドホスティング
    当調査レポートでは、ハイブリッドクラウドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シロップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シロップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シロップの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸ナトリウムの世界市場2019-2023
    硫酸ナトリウムは、水溶性の高い白色の塩(ボウ硝)です。無水物、七水和物、および十水和物の形態で用いられます。硫酸ナトリウムの世界市場は、2019~2023年の間、1500万トン以上で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Alkim Alkali Kimya、Elementis、Grupo Industrial Crimidesa、LENZING、MINERA DE SANTA MARTA、Nippon Chemical Industrialなどです。 当調査レポートでは、硫酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硫酸ナトリウム市場規模、製品別(天然、合成)分析、用途別(洗剤、ガラス、パルプ・製紙、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硫酸ナトリウムの世界市場概要 ・硫酸ナトリウムの世界市場環境 ・硫酸ナトリウムの世界市場動向 ・硫酸ナトリウムの世界市場規模 ・硫酸ナトリウムの世界市場:業界構造分析 ・ …
  • 免疫組織化学の世界市場:用途別(診断、薬物検査)、製品別(抗体、試薬、装置、キット)、最終用途別、セグメント予測
    免疫組織化学の世界市場は2025年には31億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口の拡大に伴うがんの罹患率の増加と医療費の増加が考えられます。本調査レポートでは、免疫組織化学の世界市場について調査・分析し、免疫組織化学の世界市場動向、免疫組織化学の世界市場規模、市場予測、セグメント別免疫組織化学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 構内配線の世界市場:製品タイプ別(銅ケーブル、光ファイバーケーブル)、用途別(LAN、データセンター)、業種別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、構内配線の世界市場について調査・分析し、構内配線の世界市場動向、構内配線の世界市場規模、市場予測、セグメント別構内配線市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカのオフィス向けコーヒー・サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオフィス向けコーヒー・サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオフィス向けコーヒー・サービス市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グルタミン(Gln)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、グルタミン(Gln)の世界市場について調査・分析し、グルタミン(Gln)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別グルタミン(Gln)シェア、市場規模推移、市場規模予測、グルタミン(Gln)種類別分析(医薬品グレード、機能性食品グレード、その他)、グルタミン(Gln)用途別分析(機能性食品用、医薬品用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・グルタミン(Gln)の市場概観 ・グルタミン(Gln)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・グルタミン(Gln)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・グルタミン(Gln)の世界市場規模 ・グルタミン(Gln)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・グルタミン(Gln)のアメリカ市場規模推移 ・グルタミン(Gln)のカナダ市場規模推移 ・グルタミン(Gln)のメキシコ市場規模推移 ・グルタミン(Gln)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・グルタミン(Gln)のドイツ市場規模 …
  • IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、最終用途別(大企業、政府機関、中小企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場概要 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場環境 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場動向 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場規模 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:業界構造分析 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:最終用途別(大企業、政府機関、中小企業) ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・IAM …
  • 病理解剖向けトラック・トレースソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、病理解剖向けトラック・トレースソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病理解剖向けトラック・トレースソリューション市場規模、技術別(無線自動識別(RFID)、バーコード)分析、製品別(消耗品、ハードウェア、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(独立・リファレンスラボ、病院ラボ、その他)分析、用途別(組織カセット・ブロックトラッキング、スライドトラッキング、検体トラッキング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 病理解剖向けトラック・トレースソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ 病理解剖向けトラック・トレースソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ 病理解剖向けトラック・トレースソリューションの世界市場:技術別(無線自動識別(RFID)、バーコード) ・ 病理解剖向けトラック・トレースソリューションの世界市場:製品別(消耗品、ハードウェア、ソフトウェア) ・ 病理解剖向けトラック・トレースソリュー …
  • データセンターUPSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターUPSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターUPSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・ファイブフォース分析 ・製品別市場分類 ・ティア別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 旅行保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、旅行保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、旅行保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品産業用パルス電場(PEF)システムの世界市場2020-2024
    「食品産業用パルス電場(PEF)システムの世界市場2020-2024」は、食品産業用パルス電場(PEF)システムについて市場概要、市場規模、用途別(液体食品、固形食品)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・食品産業用パルス電場(PEF)システムの世界市場:用途別(液体食品、固形食品) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のCCクリーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のCCクリーム市場2016について調査・分析し、CCクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 環境試験の世界市場予測(~2022年):標本、汚染物質、技術、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、環境試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、標本別分析、汚染物質別分析、技術別分析、地域別分析、環境試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オリーブ葉エキスの世界市場:タイプ別(液体、固体)、用途別(化粧品、食品、飲料、栄養補助食品、医薬品、その他)、地域別予測
    本資料は、オリーブ葉エキスの世界市場について調べ、オリーブ葉エキスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(液体、固体)分析、用途別(化粧品、食品、飲料、栄養補助食品、医薬品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEvergreen Life Products、Olivus Incorporation、Vabori、Comvita Ltd.、Starwest Botanicals Inc.、Frutarom、Barleansなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オリーブ葉エキスの世界市場概要 ・オリーブ葉エキスの世界市場環境 ・オリーブ葉エキスの世界市場動向 ・オリーブ葉エキスの世界市場規模 ・オリーブ葉エキスの世界市場規模:タイプ別(液体、固体) ・オリーブ葉エキスの世界市場規模:用途別(化粧品、食品、飲料、栄養補助食品、医薬品、その他) ・オリーブ葉エキスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オリーブ葉エキスの北米市場規模・予測 ・オリ …
  • NTPC Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析
    当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場:タイプ別(栄養補助食品、機能性食品)、セグメント予測
    小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場は2025年には500億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、健康障害に対する予防対策の需要、食品部門におけるカスタマイズの高まり、より健康的な食事への注力、およびニュートリゲノミクスにおける継続的な活動の高まりが考えられます。本調査レポートでは、小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場について調査・分析し、小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場動向、小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネスの世界市場規模、市場予測、セグメント別小売業界におけるパーソナル栄養およびウェルネス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 複合イベント処理(CEP)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、複合イベント処理(CEP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、アプリケーション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽光発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽光発電機市場2015について調査・分析し、太陽光発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削データ管理システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、掘削データ管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、掘削データ管理システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の脊椎手術処置動向(~2021)
  • DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場見通し2016-2022:モバイルコンピュータ、バーチャルマシン、POS端末、ワイヤレス通信装置、IPテレフォニー
    当調査レポートでは、DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場について調査・分析し、DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:市場動向分析 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:競争要因分析 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:バージョン別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:インフラストラクチャ別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・DNSおよびDHCP、IPAM(DDI)の北米市場 …
  • 検査機械の世界市場:漏れ検出器、ビジョンマシン、X線検査装置、重量選別機、金属探知機
    当調査レポートでは、検査機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、包装別分析、需要先別分析、検査機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車AR(拡張現実)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車AR(拡張現実)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車AR(拡張現実)の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"