"世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7500)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growth of global construction sector is driving the overall inorganic pigments market.”
The inorganic pigments market size is expected to grow from USD 22.0 billion in 2019 to USD 28.3 billion by 2024, at a CAGR of 5.1% during the forecast period. The market is driven by various factors, such as increasing demand for paints & coatings from construction and automotive industries, along with demand from the packaging industry. However, stringent regulations related to cadmium and chromium-based pigments and fluctuations in raw material prices are restraining the growth of the market.

“Titanium dioxide segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”
Titanium dioxide is the fastest-growing type of inorganic pigments in the overall market. Titanium dioxide has better light-scattering properties that help to provide excellent opacity, brightness, and whiteness to the products. It is a white-colored inorganic pigment and is widely used in paints & coatings and plastics applications.

“Paints & coatings to be the fastest-growing application of inorganic pigments market during the forecast period.”
The inorganic pigments market has been segmented on the basis of application as paints & coatings, plastics, inks, and others. Paints & coatings and plastics are the fastest and the second-fastest growing applications for inorganic pigments. Paints & coatings and plastics are used in a wide number of industries, including building & construction, automotive, packaging, paper & printing, and textiles.

“Building & construction industry is expected to account for the largest market share during the forecast period.”
Inorganic pigments are used to improve the quality of construction as they provide heat stability, chemical inertness, durability, and weather resistance to construction materials. In the construction industry, inorganic pigments are also used in exterior applications such as fencing, decking, railing, siding, cladding, and roofing of buildings. Growing awareness and the booming business of interior decoration also drive the use of inorganic pigment in the building & construction industry.

“APAC is expected to register the highest growth during the forecast period.”
APAC is expected to register the highest growth during the forecast period due to the increasing population and urbanization. The increasing developments in the building & construction and automotive industries and increasing use of plastics in emerging countries of the region are providing huge growth opportunities for the inorganic pigments market.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the inorganic pigments market.
• By Company Type – Tier 1: 25%, Tier: 50%, and Tier 3: 25%
• By Designation – D Level: 30%, C Level: 20%, Others: 50%
• By Region – Europe: 30%, APAC: 25%, North America: 20%, South America: 15%, Middle East & Africa: 10%

The inorganic pigments market comprises major players such as Venator (UK), The Chemours Company (US), Tronox Limited (US), LANXESS (Germany), Kronos Worldwide, Inc. (US), Cathay Industries (China), Clariant (Switzerland), Ferro Corporation (US), Heubach GmbH (Germany), Lomon Billions (China), Alabama Pigments Company (US), Cabot Corporation (US), Carl Schlenk AG (Germany), Dominion Colour Corporation (Canada), DyStar (US), ECKART GmbH (Germany), Heubach GmbH (Germany), INEOS Pigments (US), Jiangsu Yuxing Industry & Trade Co., Ltd. (China), Matapel Chemicals (Indonesia), Tasnee (Saudi Arabia), Sudarshan Chemicals (India), Sun Chemical (US), Tata Pigments (India), and Zhejiang Huayuan Pigments Co., Ltd. (China).

Research Coverage:
The market study covers the inorganic pigments market and its segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market on the basis of pigment type, application, end-use industry, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall inorganic pigments market and the sub-segments. The stakeholders will be able to understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It will also help stakeholders comprehend the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Inorganic Pigments Market Analysis Through Primary Interviews
2.3.2 Inorganic Pigments Market Analysis Through Secondary Sources
2.4 Research Limitations
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
3.1 Introduction
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Inorganic Pigments Market
4.2 Inorganic Pigments Market, By Pigment Type
4.3 Inorganic Pigments Market, By Application
4.4 Inorganic Pigments Market, By End-Use Industry
4.5 Inorganic Pigments Market, By Region
4.6 APAC Inorganic Pigments Market, By End-Use Industry and Country
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growth of Global Construction Sector
5.2.1.2 Increasing Significance of Aesthetics in Packaging Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations Related to Cadmium and Chromium-Based Pigments
5.2.2.2 Raw Material Price Fluctuation
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rapid Industrialization in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Regulations Related to Plastic Recycling
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicator
5.4.1 Global GDP Trends and Forecasts
5.4.2 Trends in Plastics Industry
5.4.3 Trends in Automotive Industry
6 Inorganic Pigments Market, By Pigment Type (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Titanium Dioxide
6.2.1 Titanium Dioxide is the Most-Widely Consumed Inorganic Pigment
6.3 Iron Oxide
6.3.1 Increasing Demand From Construction Sector and Rapid Urbanization to Drive the Demand for Iron Oxide
6.4 Carbon Black
6.4.1 Carbon Black Mostly Used for Its Good Tinting Strength, UV Protection, and Thermal Conductivity
6.5 Others
7 Inorganic Pigments Market, By Application (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Paints & Coatings
7.2.1 Growth of Construction and Automotive Industries to Fuel Consumption of Inorganic Pigments
7.3 Plastics
7.3.1 Demand for Better Aesthetics in Plastics Driving Consumption of Inorganic Pigments
7.4 Inks
7.4.1 Digital Printing Industry to Drive the Demand for Inorganic Pigment in Inks Application
7.5 Others
8 Inorganic Pigments Market, By End-Use Industry (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Building & Construction
8.2.1 Growing Preference for Good Aesthetics in Building & Construction Industry to Drive the Demand
8.3 Automotive
8.3.1 Growth of Automotive Industry to Drive the Demand for Inorganic Pigment in Automotive Coating
8.4 Packaging
8.4.1 Increasing Significance of Aesthetics in Packaging Industry to Drive the Demand
8.5 Paper & Printing
8.5.1 Developing Countries Witnessing Increasing Demand for Paper
8.6 Textile
8.6.1 Changing Fashion Trend Fueling Consumption of Inorganic Pigments
8.7 Others
9 Inorganic Pigments Market, By Region (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 APAC
9.2.1 China
9.2.1.1 Growing Demand for Paints & Coatings to have Positive Impact on Inorganic Pigments Market
9.2.2 India
9.2.2.1 Growing Construction Industry Will Propel the Inorganic Pigments Market
9.2.3 Japan
9.2.3.1 Increasing Automobiles Production Expected to Boost the Market
9.2.4 South Korea
9.2.4.1 Increased Demand From the Construction Industry is Driving the Market
9.2.5 Indonesia
9.2.5.1 Steady Economic Growth of the Country to Drive the Demand for Inorganic Pigments
9.2.6 Thailand
9.2.6.1 Developing Industries are Expected to Drive the Market in Thailand
9.2.7 Rest of APAC
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Presence of Strong Industrial Base Likely to Drive Inorganic Pigments Market in Germany
9.3.2 France
9.3.2.1 Increasing Paints & Coatings Application Expected to Boost the Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Growth of Construction Sector to Spur the Demand for Inorganic Pigments
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Construction and Packaging Industries of Italy to Fuel the Inorganic Pigments Market
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth of Various Industries Will Drive the Inorganic Pigments Market
9.3.6 Russia
9.3.6.1 Automotive and Construction Sectors Likely to Drive the Inorganic Pigments Market
9.3.7 Rest of Europe
9.4 North America
9.4.1 US
9.4.1.1 Automotive and Construction Industries Will Drive the Inorganic Pigments Market in US
9.4.2 Canada
9.4.2.1 Recovery of Country’s Economy Favorable for Market Growth
9.4.3 Mexico
9.4.3.1 Growing Demand for Plastics in Mexico is Expected to Fuel Consumption of Inorganic Pigments
9.5 South America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 With A Growing Industrial Sector, Brazil is A Lucrative Market for Inorganic Pigments
9.5.2 Argentina
9.5.2.1 Shrinking Economy Impacting Inorganic Pigments Market in Argentina
9.5.3 Chile
9.5.3.1 Strong Growth of Construction Sector Expected to Increase Consumption of Inorganic Pigments
9.5.4 Rest of South America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Saudi Arabia
9.6.1.1 Increasing Investment in Infrastructure Expected to Spur the Demand for Inorganic Pigments
9.6.2 South Africa
9.6.2.1 Increased Investment in Construction Industry Boosting the Market
9.6.3 UAE
9.6.3.1 UAE’s Growing Infrastructure Will Drive the Inorganic Pigments Demand
9.6.4 Turkey
9.6.4.1 Increasing Investment in Industrial Sector Expected to Lead the Growth of Inorganic Pigments Market
9.6.5 Rest of Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 102)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Players
10.2.5 Strength of Product Portfolio
10.2.6 Business Strategy Excellence
10.3 Ranking of Key Players
10.3.1 Venator
10.3.2 The Chemours Company
10.3.3 Tronox Limited
10.3.4 Lanxess
10.3.5 Kronos Worldwide, Inc.
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Investment & Expansion
10.4.2 New Product Launch
10.4.3 Merger & Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 111)
(Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MNM view)*
11.1 Venator
11.2 The Chemours Company
11.3 Tronox Limited
11.4 Lanxess
11.5 Kronos Worldwide, Inc.
11.6 Cathay Industries
11.7 Clariant
11.8 Ferro Corporation
11.9 Heubach GmbH
11.10 Lomon Billions
11.11 Other Companies
11.11.1 Alabama Pigments Company
11.11.2 Cabot Corporation
11.11.3 Carl Schlenk AG
11.11.4 Dominion Colour Corporation
11.11.5 Dystar
11.11.6 Eckart GmbH
11.11.7 Habich GmbH
11.11.8 Ineos Pigments
11.11.9 Jiangsu Yuxing Industry & Trade Co., LTD.
11.11.10 Matapel Chemicals
11.11.11 National Industrialization Company (Tasnee)
11.11.12 Sudarshan Chemicals
11.11.13 Sun Chemical
11.11.14 Tata Pigments
11.11.15 Zhejiang Huayuan Pigment Co., LTD.
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies.
12 Appendix (Page No. – 137)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7500
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 塞栓防止装置の世界市場:閉塞装置、遠位フィルター
    当調査レポートでは、塞栓防止装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塞栓防止装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 髄膜炎(Meningitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎(Meningitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎(Meningitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎(Meningitis)の概要 ・髄膜炎(Meningitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎(Meningitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・髄膜炎(Meningitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・髄膜炎(Meningiti …
  • 保護コーティング用樹脂の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、保護コーティング用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護コーティング用樹脂の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は保護コーティング用樹脂の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、Axalta Coatings systems、RPM International、The Dow Chemical Company、The Sherwin-Williams Company等です。
  • デオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤の概要 ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のデオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デオキシリボ核酸ポリメラーゼベータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アメリカのアクリロニトリル市場(~2019)
  • カナダの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 船舶用潤滑油の世界市場
    当調査レポートでは、船舶用潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用潤滑油の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メインフレームの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、メインフレームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メインフレームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメインフレームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBMC Software、Dell EMC、FUJITSU、Hitachi Data System、IBM等です。
  • 衛星モデムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、衛星モデムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星モデム市場規模、用途別(通信、IPトランキング、追跡・監視)分析、種類別(MCPC、SCPC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・衛星モデムの世界市場概要 ・衛星モデムの世界市場環境 ・衛星モデムの世界市場動向 ・衛星モデムの世界市場規模 ・衛星モデムの世界市場:業界構造分析 ・衛星モデムの世界市場:用途別(通信、IPトランキング、追跡・監視) ・衛星モデムの世界市場:種類別(MCPC、SCPC) ・衛星モデムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・衛星モデムのアメリカ市場規模・予測 ・衛星モデムのヨーロッパ市場規模・予測 ・衛星モデムのアジア市場規模・予測 ・衛星モデムの主要国分析 ・衛星モデムの世界市場:意思決定フレームワーク ・衛星モデムの世界市場:成長要因、課題 ・衛星モデムの世界市場:競争環境 ・衛星モデムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 慢性肝疾患(Chronic Liver Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性肝疾患(Chronic Liver Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性肝疾患(Chronic Liver Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性肝疾患(Chronic Liver Disease)の概要 ・慢性肝疾患(Chronic Liver Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性肝疾患(Chronic Liver Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性肝疾患(Chronic Liver Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泌尿生殖器疾患治療薬市場規模、種類別(生殖器疾患、尿路疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場概要 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場環境 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場動向 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場規模 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場:業界構造分析 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場:種類別(生殖器疾患、尿路疾患) ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泌尿生殖器疾患治療薬の北米市場規模・予測 ・泌尿生殖器疾患治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・泌尿生殖器疾患治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・泌尿生殖器疾患治療薬の主要国分析 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・泌尿生殖器疾患治療薬の世界市場:競争環 …
  • OTT端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTT端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTT端末・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用内装材の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用内装材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用内装材市場規模、原料種類別(複合材、織物、金属、プラスチック、人工皮革、その他)分析、用途別(エアバッグ、エアダクト、バンパー、ダッシュボード、ドアトリム、フロアマット、ライトカバー、タンク、スカッフプレート、シートベルト、シートカバー、車内装飾材、その他)分析、車両種類別(大型商用車、小型商用車、乗用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用内装材の世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用内装材の世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用内装材の世界市場:原料種類別(複合材、織物、金属、プラスチック、人工皮革、その他) ・ 自動車用内装材の世界市場:用途別(エアバッグ、エアダクト、バンパー、ダッシュボード、ドアトリム、フロアマット、ライトカバー、タンク、スカッフプレート、シートベルト、シートカバー、車内装飾材、その他) ・ 自動車用内装材の世界市場:車両種 …
  • 水圧破砕プロパントの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、水圧破砕プロパントの世界市場について調査・分析し、水圧破砕プロパントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 水圧破砕プロパントの世界市場:市場動向分析 - 水圧破砕プロパントの世界市場:競争要因分析 - 水圧破砕プロパントの世界市場:種類別 ・樹脂コートプロパント ・フラクサンド ・セラミック - 水圧破砕プロパントの世界市場:用途別 ・炭層ガス ・シェールガス ・タイトガス - 水圧破砕プロパントの世界市場:主要地域別分析 - 水圧破砕プロパントの北米市場規模(アメリカ市場等) - 水圧破砕プロパントのヨーロッパ市場規模 - 水圧破砕プロパントのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水圧破砕プロパントの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 音声認識技術の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、音声認識技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CD40アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD40アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD40アゴニスト(作動薬)の概要 ・CD40アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD40アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD40アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD40アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 軍用GPS装置の世界市場2016-2020:空中配備軍用GPS装置、陸上配備軍用GPS装置、海上配備軍用GPS装置、兵器システム用GPS装置
    当調査レポートでは、軍用GPS装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用GPS装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 朝食用シリアルの世界市場2017-2021:インスタントシリアル、ホットシリアル
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、朝食用シリアルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、朝食用シリアルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は朝食用シリアルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はGeneral Mills、Kellogg、PepsiCo、Post Holdings等です。
  • 皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)治療薬剤
  • シリコンEPIウェーハの世界市場:種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー)、ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他)、用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス)、業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他)
    本市場調査レポートではシリコンEPIウェーハについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー)分析、ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他)分析、用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス)分析、業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・シリコンEPIウェーハの世界市場:種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他) ・シリコンEPIウェーハの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界のアイライナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のアイライナー市場2015について調査・分析し、アイライナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の政府部門におけるDNA分析市場2015-2019
    当調査レポートでは、世界の政府部門におけるDNA分析市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の政府部門におけるDNA分析市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臭素の世界市場予測(~2022年):有機臭素、CBF、臭化水素
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、誘導体別分析、用途別分析、地域別分析、臭素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂質異常症薬の世界市場
    当調査レポートでは、脂質異常症薬の世界市場について調査・分析し、脂質異常症薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマート変圧器のアジア太平洋市場
  • ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場について調査・分析し、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)種類別分析(熱処理、塩素アルキル化)、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)用途別分析(ポリイソブチレンサクシニミド、乳化剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の市場概観 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場規模 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)のアメリカ …
  • 世界及び米国の心臓手術装置市場2017-2022
  • 食品・飲料加工機器の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品・飲料加工機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(加工処理、前処理)分析、用途別(ベーカリー・菓子類、食肉・鶏肉、乳製品、アルコール・ノンアルコール飲料)分析、操作モード別分析、最終製品の形態別分析、食品・飲料加工機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 筆記・マーキング用具の世界市場2017-2021:ペン、鉛筆、彩色用具、マーカー・ハイライトマーカー、筆記用具アクセサリ
    当調査レポートでは、筆記・マーキング用具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、筆記・マーキング用具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外受精(IVF)サービスのインド市場:性別(男性、女性、その他)、手順別(ICSI IVF、非ISI IVFおよびIUI)、サイクルタイプ別(新鮮IVFサイクル、解凍IVFサイクル、ドナー卵IVFサイクル)、エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、外科センター、臨床研究機関)、提供別(IVF薬物、IVFメディアおよび試薬、IVFおよびIUIサービス)
  • 成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)のフェーズ3治験薬の状況 ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)治療薬の市場規模(販売予測) ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の成長ホルモン欠乏症(Growth Hormone Deficiency)治療薬剤
  • 手術器具追跡システムの世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(バーコード、RFID)、エンドユーザー別、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、手術器具追跡システムの世界市場について調査・分析し、手術器具追跡システムの世界市場動向、手術器具追跡システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別手術器具追跡システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージング印刷の世界市場
    当調査レポートでは、パッケージング印刷の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・パッケージング印刷の世界市場:材料別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:技術別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:用途別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:インキ種類別分析/市場規模 ・パッケージング印刷の世界市場:地域別分析/市場規模 ・パッケージング印刷のアメリカ市場規模予測 ・パッケージング印刷のヨーロッパ市場規模予測 ・パッケージング印刷のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ポリマーバインダーの世界市場予測(~2023年)
    ポリマーバインダーの世界市場は、2018年の241億米ドルから2023年には350億米ドルに達し、7.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。建築用コーティング剤、接着剤・シーラント、建築用添加剤などのポリマーバインダーの用途の大部分は、建設業界に関連しています。 建設業界の成長は、ポリマーバインダー市場の成長にもつながります。 建設業界では、ポリマーバインダーは、タイル接着剤、補修用モルタル、化粧モルタル、防水モルタル、および上塗といった用途に使用され、加工性、耐久性、および引張強度などのモルタルの特性を改善します。世界の建設業における生産額は2030年までに85%増の15兆5000億米ドルに上ると予測されています。中国、アメリカ、インドの3大国は経済成長に伴って建設業界全体の成長に50%以上貢献すると見られています。アジア開発銀行(ADB)によると、アジア太平洋地域の現在の成長率に基づくと、この地域のインフラには2030年までに1兆7,000憶米ドルの投資が必要です。当調査レポートでは、ポリマーバインダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト …
  • クラウドゲームの世界市場2020-2024:プラットフォーム別、種類別、地域別
    「クラウドゲームの世界市場2020-2024」は、クラウドゲームについて市場概要、市場規模、プラットフォーム別(ゲーム機、コンピューター、スマートテレビ、モバイル機器)分析、種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・クラウドゲームの世界市場:プラットフォーム別(ゲーム機、コンピューター、スマートテレビ、モバイル機器) ・クラウドゲームの世界市場:種類別(ビデオストリーミング、ファイルストリーミング) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のポリエーテル・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエーテル・ワックス市場2015について調査・分析し、ポリエーテル・ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子商取引による自動車アフターマーケットの世界市場:消費者のタイプ別(B2B、B2C)、製品の種類別(内装品、外装品、パフォーマンスパーツ、ホイール・タイヤ、ツール・ガレージ、自動車部品、オイル・冷却剤・フルード、その他)、提供別(製品、サービス)、地域別予測
    本資料は、電子商取引による自動車アフターマーケットの世界市場について調べ、電子商取引による自動車アフターマーケットの世界規模、市場動向、市場環境、消費者のタイプ別(B2B、B2C)分析、製品の種類別(内装品、外装品、パフォーマンスパーツ、ホイール・タイヤ、ツール・ガレージ、自動車部品、オイル・冷却剤・フルード、その他)分析、提供別(製品、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAdvance Auto Parts、 Alibaba Group、 Amazon Inc.、AutoZone Inc.、National Automotive Parts Association、DENSO Corporation、Pep Boys、U.S. Auto Parts Network Inc.、EBay Inc.、Rakuten Commerce LLC、Cdiscount、Das Ersatzteil GmbH、ERA SPA、CATI SpA、AliExpressなどです …
  • 冷蔵ショーケースの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冷蔵ショーケースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冷蔵ショーケース市場規模、製品別(プラグイン型、リモート型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冷蔵ショーケースの世界市場概要 ・冷蔵ショーケースの世界市場環境 ・冷蔵ショーケースの世界市場動向 ・冷蔵ショーケースの世界市場規模 ・冷蔵ショーケースの世界市場:業界構造分析 ・冷蔵ショーケースの世界市場:製品別(プラグイン型、リモート型) ・冷蔵ショーケースの世界市場:地域別市場規模・分析 ・冷蔵ショーケースのアメリカ市場規模・予測 ・冷蔵ショーケースのヨーロッパ市場規模・予測 ・冷蔵ショーケースのアジア市場規模・予測 ・冷蔵ショーケースの主要国分析 ・冷蔵ショーケースの世界市場:意思決定フレームワーク ・冷蔵ショーケースの世界市場:成長要因、課題 ・冷蔵ショーケースの世界市場:競争環境 ・冷蔵ショーケースの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の光干渉断層計(OCT)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、光干渉断層計(OCT)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・光干渉断層計(OCT)の概要 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:開発段階別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:セグメント別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:領域別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:規制Path別分析 ・光干渉断層計(OCT)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別光干渉断層計(OCT)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・光干渉断層計(OCT)の最近動向
  • アパレル業界向け物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アパレル業界向け物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アパレル業界向け物流市場規模、サービス種類別(輸送、倉庫業・流通)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アパレル業界向け物流の世界市場概要 ・アパレル業界向け物流の世界市場環境 ・アパレル業界向け物流の世界市場動向 ・アパレル業界向け物流の世界市場規模 ・アパレル業界向け物流の世界市場:業界構造分析 ・アパレル業界向け物流の世界市場:サービス種類別(輸送、倉庫業・流通) ・アパレル業界向け物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アパレル業界向け物流のアメリカ市場規模・予測 ・アパレル業界向け物流のヨーロッパ市場規模・予測 ・アパレル業界向け物流のアジア市場規模・予測 ・アパレル業界向け物流の主要国分析 ・アパレル業界向け物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・アパレル業界向け物流の世界市場:成長要因、課題 ・アパレル業界向け物流の世界市場:競争環境 …
  • 食品強化剤の世界市場:ミネラル、ビタミン、炭水化物、プレバイオティクス、プロバイオティクス、脂質、タンパク質、アミノ酸
    当調査レポートでは、食品強化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベアメタルステント(BMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベアメタルステント(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアメタルステント(BMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 BMS(ベアメタルステント)とは、コーティングやカバーリングをされていないステントのことです。BMSは細いワイヤーのついた網状の管であり、ステンレススティール、コバルトクロム合金、その他の金属でできています。BMSは金属のコイルや管状の網の様な外観です。Technavio社はベアメタルステント(BMS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Boston Scientific• Medtronic等です。
  • プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場について調査・分析し、プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:市場動向分析 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:競争要因分析 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:用途別 ・包装用 ・非包装用 ・その他 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:製品の種類別 ・ポリ塩化ビニル(PVC) ・ポリエステル(PES) ・ポリアミド(PA) ・低密度ポリエチレン(LDPE) ・リニアポリエチレン(LLDPE) ・高密度ポリエチレン(HDPE) ・無軸延伸ポリプロピレン(CPP) ・二軸配向ポリエチレンテレフタレート(BOPET) ・二軸配向ポリエチレン(BOPP) ・その他 - プラスチックフィルムとプラスチックシート包装の世界市場:主要地域別分析 - プラスチックフィルムとプ …
  • 高圧ケーブルの世界市場:架空ケーブル、地中ケーブル、海底ケーブル
    当調査レポートでは、高圧ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗号通貨(仮想通貨)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暗号通貨(仮想通貨)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暗号通貨(仮想通貨)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床検査情報システム(LIS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、臨床検査情報システム(LIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(スタンドアロン、統合)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(病院ラボ、独立ラボ、Pols)分析、配信モード別(オンプレミス、クラウドベース)分析、臨床検査情報システム(LIS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、臨床検査情報システム(LIS)の世界市場規模が2019年18億ドルから2024年24億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。
  • 脳波記録(EEG)システムの世界市場
    当調査レポートでは、脳波記録(EEG)システムの世界市場について調査・分析し、脳波記録(EEG)システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:市場動向分析 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:競争要因分析 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:方式別 ・スタンドアロン型(固定)装置 ・携帯可能な装置 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:製品別 ・マルチチャンネルEEG ・40チャンネルEEG ・32チャンネルEEG ・25チャンネルEEG ・21チャンネルEEG ・8チャンネルEEG - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:用途別 ・外来用EEG ・ビデオ遠隔測定 ・所定のEEG ・睡眠時EEG - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:エンドユーザー別 ・診断センター ・病院 ・その他 - 脳波記録(EEG)システムの世界市場:主要地域別分析 - 脳波記録(EEG)システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 脳波記録(EEG)システムのヨーロ …
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 塩化カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塩化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塩化カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 青果用コーティング剤の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、青果用コーティング剤の世界市場について調べ、青果用コーティング剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、青果用コーティング剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(果物コーティング、野菜コーティング)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は青果用コーティング剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・青果用コーティング剤の市場状況 ・青果用コーティング剤の市場規模 ・青果用コーティング剤の市場予測 ・青果用コーティング剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(果物コーティング、野菜コーティング) ・青果用コーティング剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"